2015 GIOS AMPIO試乗体験インプレ レトロなクロモリクロスバイクだけど、思いの他スポーティだった! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > GIOS(ジオス) > 2015 GIOS AMPIO試乗体験インプレ レトロなクロモリクロスバイクだけど、思いの他スポーティだった!

2015 GIOS AMPIO試乗体験インプレ レトロなクロモリクロスバイクだけど、思いの他スポーティだった!

DSCN4216 vs (2)
ジオスのクロモリ系クロスバイク アンピーオに試乗しましたので、
試乗した感想を簡単にまとめておきます。

レトロな街乗り系クロスバイクかと思っていたら、思いの外スピードの
乗りがいいクロスバイクでした。

ツーリング凄く使えそうだ。いいな、クロモリ系クロスバイク・・・・・・。
巡航性能が極めて高く、なかなかスピードが落ちにくい。
しかもある一定の速度で巡航しながら、加速するのも得意ですね。


あと、やはりクロモリフレームの恩恵が大きく快適性が高い。
長時間乗るのに適したクロスバイクでして、やはりクロモリの
特徴が良く出ているのが特徴。


ブレーキはテクトロで、スピードコントロールする分にはこれはこれで
いい様な気がした。
街乗りで、頻繁にストップ&ゴーするならシマノ製ブレーキの方が
いいかもしれない。

割と長距離を走破する能力を持ったクロスバイクだと思う。

デザインはスギノやテクトロのシルバー系パーツを使用しているので
シック。
クロスバイクとしての基本性能はしっかり押さえてあるクロスバイク。

DSCN4222 sdv (2)
DSCN4205c x (2)
グリップのパターンが、異様に細かくて驚いた。
なんで、ここまで細かいんだろう・・・・・・異様に凝っている。
(もっと単純なグリップをイメージしていた)
シフターでの変速操作は、良好。SUGINOのチェーンリングとの
相性も良かった。

ハンドル幅はコンパクトではないので、くつろいた気分で乗れる。
DSCN4205c x (1)
ヘッドの周りの、溶接個所がきちんと処理されていて実に
滑らかな印象。
これで、7万クラスなんだから凄いな。
DSCN4224 vsd (2)
ツーリング感やレトロ感を重視して、このシルバーの
テクトロブレーキを採用したんでしょうね。
スピードコントロールし易かった。
DSCN4210 s (1)
フォークもクロモリなんですけど、フルクロモリで大正解なクロスバイク
だと思う。
これだけ、衝撃吸収性が高く滑らかな走りをしてくれるなら、下手なカーボン
フォークより、全然こちらの方が良い。
DSCN4204vsdv (1)
DSCN4210 s (2)
BB周辺の溶接も滑らかで、塗装も美しく思わず見惚れてしまう。
この画像より、実物の光沢感の方が全然いい。
DSCN4214cd (2)
クランク SUGINO XD350D 48/34T 170mm
フリーホイール SHIMANO CS-HG50 12-25T
このクラシカルな、スギノのクランクがいい味を出していた。
DSCN4224 vsd (1)
DSCN4222 sdv (1)

リアディレーラー シマノSORA
トリガーシフトも、SORAスペックなので変装操作そのものは
軽やか。
(あとセッティングが良かったと思う)

あと、このアンピーオの試乗車は超大人気で、とんでもない回数
の試乗をこなしていたけど、走りそのものには特に影響は
でていなかった。
(あの試乗回数は、ちょっと凄まじい。ありとあらゆるユーザー層
の試乗をこなしていた)
かなり耐久性が高いクロスバイクかも?
DSCN4214cd (1)
スピードに乗った時の、アンピーオの機動力と運動性能と
安定性は良く出来ている。
デザインもいいけど、中身も7万以上の価値があると思う。
DSCN4211sdv (2)
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO 700×25C
DSCN4216 vs (1)

上手くソラスペックを生かしているな、という印象。
レーシーな、一面もあるクロスバイクだと思う。
どちらかというと街乗り性能よりも、レース系に近いクロスかもしれない。


ジオスのクロモリ系クロスバイクは、初試乗だったわけですが
個人的に好印象です。
10万オーバーの高級アルミ系クロスバイクもいいけど、価格を抑
えたクロモリクロスも、これなら悪くないなと思いましたよ。
ジオス 2015 アンピーオ/AMPIO【クロスバイク】【自転車】【GIOS】

スポンサードリンク

2015年03月10日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する