コンポをフル105化した、FELT AR5に試乗しました。やっぱり直線に強いエアロロードだわ! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > FELT > コンポをフル105化した、FELT AR5に試乗しました。やっぱり直線に強いエアロロードだわ!

コンポをフル105化した、FELT AR5に試乗しました。やっぱり直線に強いエアロロードだわ!

DSCN4014rxydtc (2)
コンポをフル105化した、FELT AR5に試乗しました。

確か、2014年モデルはFSA製クランクでしたけど、今回は新105(5800系)
ノーマルクランク!
2015年モデルがなんか羨ましい・・・・・・と思いついつい試乗してしまいました。
やっぱり変速操作のスムーズさ、ブレーキの確実さといい新105とARフレーム
って相性がいいですね。


しかも去年に引き続き、普通に速い!! いいなあ、速度が確実に乗ってしま
う所が
羨ましい。
直進安定性の高さも健在で、直線の伸びも健在。

万能性を高めたという話だけど、やはりTTモデルみたいなエアロロード
だなと思います。

去年のFELT AR4はアルテグラノーマルクランク仕様で精悍したけど、
やはり105仕様ノーマルクランクもビジュアル的にブラックでいいな。
DSCN4009hbj (2)
(やはり、直線で加速したり巡航するのに優位なエアロロードだと思う)

カーブが多いコースよりも、やはり直線で一気に加速したり、巡航するのに
適したエアロロードなんだと認識しました。

実は万能性に関しては、LAPIERREの新型エアロロード
AIRCODE、SCOTT FOILなどの様に、他社のエアロロードが
どんどん進化しているのですよね。

ただし、FELT AR5に関しては翼断面フレームを採用しているせいか
やはり直線での走行性能に特化した強力なエアロロードだと思いました。

衝撃吸収性は個人的には普通。
それよりも、フレームの堅牢さが気になりました。
エアロフレームだけど、しっかりとした強度を有しているのか・・・・・・
重量は実測7.8kgというお話でした。
DSCN4013ghj (2)
横からAR5を眺めるとボリューム感がありますが、縦から見ると
まるで日本刀!
DSCN401vb2 (2)
DSCN4015ghvj (1)
DSCN4014rxydtc (1)
ダウンチューブ下部を覗きこんだらは曲面になっていて、なんか
黒とレッドのコンストラストがイタリアンでカッコいい! 
ドイツモデルなのに、カラーがイタリアンでなんか感動してしまった。
BB周辺が、まるで弁当箱の様なボリュームと面積。
DSCN4010hb (2)
やはり平地を高速で走るのに、特化しているのでノーマルクラ
ンク仕様なんだろうな。
DSCN4009hbj (1)
BB周辺の接合部が、なんとクランクよりも上にあるんですよね。
確実に踏み込める感じがしたのは、この形状のせいか。

リアホイールと、シートチューブとの間にクリアランスが全然ない!
えげつないエアロフレームなんだな・・・・・・

剛性そのものは、高いフレームなので踏んだら踏んだ分だけ反応。
ストレートでの加速を開始する。
ただしフラグシップモデルの様に一気に加速するのではなく、
次第に確実に加速していく感覚を覚えた。
DSCN4006hj.jpg
ブリッジのないシートステーは、エアロ+快適性を重視した結果
こういった形状になったそうな。
DSCN4015ghvj (2)
ひっくり返せるシートポストで、DHポジション対応VR(衝撃減衰)シー
トポストでもある。

長時間試乗したら、もう少しAR5の衝撃吸収性の凄さが体感できた
かもしれない。
DSCN4013ghj (1)
DSCN4010hb (1)
なんというか、やはりTTモデルやトライアスロンモデルの影響
を色濃く残したエアロロードだと思いました。
だからこそ巡航性能高めだし、直線がやたら速いです。
あと、アルテグラスペックのAR4もいいですが、新105スペックの
AR5もなかなか操作性がいい感じでした。

ビジュアル的にも、グレスカーボンカラーに新105カラーが似合うん
ですよね。
個人的にはコストを抑えるならAR5でも満足できるだろうな・・・・・・
と思います。
フェルト [FELT] 【お店で受取り選択可】 2017 AR5 カーボンフレーム ロードバイク

スポンサードリンク

2014年12月18日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する