2015 FUJI ALTAMIRA SL試乗体験インプレ 全体的に尖った万能性! アルタミラSLならあらゆる局面において、他社のロードを大量虐殺できますよ? スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > FUJI(フジ) > 2015 FUJI ALTAMIRA SL試乗体験インプレ 全体的に尖った万能性! アルタミラSLならあらゆる局面において、他社のロードを大量虐殺できますよ?

2015 FUJI ALTAMIRA SL試乗体験インプレ 全体的に尖った万能性! アルタミラSLならあらゆる局面において、他社のロードを大量虐殺できますよ?



DSCN3983xfc (1)
FUJIの軽量ヒルクライム&オールラウンダーカーボン
ロード、アルタミラSLに試乗しました。

・・・・・・この悪役の様なシルエットは、なんだか見ているだけで
威圧感が。

なんか怖い。でもカッコいい。恐怖感すら漂う、怖いシルエット。
レース前にメンタル面で優位に立てそうな位、恐怖感すら感じるブラ
ックデザイン。

思わず、アルタミラSLに試乗する前、あまりの迫力の前に、ためらっ
てしまったじゃないですか?
SRAM RED組み、OVALホイールで多分6kg台位?
試乗してみると、中身は更にとんでもない事になっておりました・・・・・・
なんておぞましい万能性・・・・・・
DSCN3995vhbjn (2)
(FUJI ALTAMIRA SL試乗体験インプレ)

これが、FUJI ALTAMIRA SLのパワーか!! か、格が違う・・・・・・!!


ぎゃ、虐殺マシーン・・・・・・

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル
あまりに走りが凄くて、身悶えしてしまったじゃないですか?

この走行性能のヤバさが、FUJIの恐ろしい所よ・・・・・・


普通に、これだけ推進力と強大な剛性を有していれば、その辺のロードを大量虐殺できますよ?
アルタミラSLって、他社のフラグシップモデルクラス以上の推進力じゃないですか? 
 

なんて、強大なパワー・・・・・・ これがアルタミラSLフレーム・・・・・・2014年モデル
のアルタミラ2.5Cと格が違う・・・・・・
一気に自分が欲する速度域まで、強大なパワーが引っ張っていって
くれます。しかも、軽やかに! 
(ただしSSTの方が更にパワーは上。ま、あちらは世界・・・・・・いや宇宙最高
クラスの剛性を有していますしね)

にしても、ヒルクライムモデルなのに、なんでこんなにSSTは平地も強いの
でしょうね?

DSCN3983xfc (2)
(あまりに快適すぎて、おぞましくなる程の快適性の高さ!)
快適性が高いなんてもんじゃなくて、極上。これに慣れたら他のロードに
乗るのが怖くなるレベルの乗り心地の良さ・・・・・・

ここまで快適性が極上ならレース中は、終盤まで体力を維持できます。
最終アタック時に一気に踏み込んで行けば、アルタミラの強大なパワ
ーと加速で集団を引き離す事も・・・・・・。

しかも、快適性が高いのに全然パワーが逃げないのですよ。
DSCN3987vbn (1)
(ヒルクライム性能)
どうも、かなり行けるらしい。さすがに平坦な試乗コースでは登板性能は確認
できず。
ただ、腕で持ってみるとあまりの軽さに、興奮!
さすがSRAM組みの超軽量モデル。
思わず胸が高鳴ってしまったじゃないですか?
DSCN3992cgv (1)
(全体的に尖った万能性)
営業の方曰く、アルタミラSLは、ヒルクライムと平地1人2役をこなせる
ロードらしい。
主に、週末レースに参加される方や、ロングライド目的で購入される方が
多いとか。

個人的に試乗して思ったけど、ロングライドに使える極上の快適性、平
地でも使える強大な剛性、ヒルクライムに使える超軽量フレーム、全ての
条件をクリアーするロードが実在する事に戦慄した。

正直タイムトライアルだろうが、ツーリングだろうがなんでもいけると思う。
なんでも、いける上にその分野において最高の性能を発揮してくれるはずだ。

去年と同じ感想になるが、60万クラスの高級フレームをしのぐ性能を
アルミラSL22万のフレームは有していると言っていい。

コストを抑えて、高級フレームモデルに対抗したい方、撃破したい方に
強くお勧め。
DSCN3989cgvhbn (2)
DSCN3987vbn (2)
DSCN3994cvb (1)
一見すると単純なフレームの様に見えるけど、実は全然箇所に
よりボリュームが、軟体生物の様に艶めかしく変化している。
まるで、生き物というか、生物みたいなフレームなんですよね。
形状も、乗り味も。
DSCN3986zdxf.jpg
DSCN3984xfc.jpg
DSCN3998cvb.jpg
試乗していて思ったのですが、アルタミラのパワーや快適性の秘密
ってカーボン素材というよりは、フレーム形状に依存している様な気が
した。
特にこの棍棒の様なダウンチューブの形状が、圧巻!!
DSCN3995vhbjn (1)
やはりこの細身のシートステーが、あの極上の乗り心地の秘密
なんでしょうね。
DSCN3994cvb (2)
DSCN3992cgv (2)
DSCN3989cgvhbn (1)
ちなみにFUJIのカーボンモデル中、一番扱い易い万能カーボンロードじゃ
ないですか?
しかしアルタミラSLは、どうしてここまで高い剛性と、快適性が融合して
いるんだろう。

夢の様な、試乗体験だった・・・・・・。
FUJI(フジ) 2016年モデル SL 1.1 カーボン/シトラス フレームセット 【ロード】【自転車】

スポンサードリンク

2014年12月13日 トラックバック(0) コメント(2)

BH PRISMA 2012に乗っています。
現在、次期主力戦闘機をALTAMIRAとQUARTZで迷っています。どちらも爆速のインプレですね。

2015年07月31日 N URL 編集

正直どっちもヤバイ爆速ロードですよ!
もし自分が剛脚の持ち主なら、QUARTZですかね。

ただ、このアルタミラは記事に書いてある通り極上の
快適性も有しています。

日本国内で走るなら、アルタミラの方が向いている感じがします。

数値化すると 

フジ アルタミラ:BH QUARTZ
剛性(推進力)     110:130
快適性         100:70
巡航性能        150:80



パワーはQUARTZの方が若干上回りますが、全体的な性能は
フジアルタミラの方がレベル高いです。

特に長時間乗った場合は、快適性が極上なアルタミラの方が有利
になってくるのでは。

逆に実業団の選手とか鍛え上げた肉体を有している方は、QUARTZ
の方が向いているかもしれません。

ま、いずれにしてもまともなロードでは、この2台に勝利するのは
かなり難しいかと思うのですが。




      

2015年08月04日 管理人 URL 編集












管理者にだけ公開する