DARE VSR試乗体験インプレ 脅威の鬼加速!! ドイツ人プロバイクテスターが関係しているのブランドだったと判明した。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > DARE > DARE VSR試乗体験インプレ 脅威の鬼加速!! ドイツ人プロバイクテスターが関係しているのブランドだったと判明した。

DARE VSR試乗体験インプレ 脅威の鬼加速!! ドイツ人プロバイクテスターが関係しているのブランドだったと判明した。

DSCN3145qwe (2)
2015年最大の、大穴モデルDARE VSRです!!

BMC ラピエール KOGA ニールプライドなど著名な
ロードのOEM製造を担当している工場発のブランドDARE。

サイクルモードでエアロロードDARE VSRの試乗車が用意され
ていたので、試乗してみました・・・・・・

知らなかったんですが、ドイツ人プロバイクテスターベンツ氏が
DAREの製品開発を主導した、プロバイクテスター発のブランド
なんですって。
(各モデルのニューモデルのテストを担当するテストライダーなの
で、各ブランドの長所や短所を知りつくしている)

知り尽くしているプロバイクテスターだからこそ、ニールプライドやKOGA 
ラピエール BMCの技術をDAREに、投入する事が可能だった訳だ。

とりあえず試乗してみて、DARE VSRの気になった点を、メモ用に
5つピックアップしてみました。
DSCN3162ef (2)

(試乗体験インプレ)

①強大な加速性能を有するパワー系エアロバイク。

DARE VSRの特徴として、加速性能の鋭さが上げられます。
路面からの抵抗をまるで感じずに、一気に前面に突進していく。
しかも滑らかな走行感なのに、爆発的な圧倒的加速性能を有しています。
これ…・・・並みの高剛性フレームじゃないぞ・・・・・・
しかも爆発的な加速中、フレームの安定感が素晴らしい。

要するに、スッゲー速い!ですよ。
DSCN3152asd (2)
②短距離でも巡航中でも発動する、エアロ性能
爆発的な加速の後に、エアロ性能の出番となります。
超高剛性フレームが高速域までスピードを引っ張っていった
後に、エアロ性能を発動します。

速度が上がっても、まるで引力の様にどんどん前面にエアロ性能が
引っ張っていく。

エアロ性能がかなり高いモデルと言っていいでしょう。
DSCN3144dsf (2)
③快適性は、リアでカバーしている印象。
これほど超高剛性フレームなのに、特に硬いという感じがなかった。
通常クラスと言っていいだろう。
コンフォート性というよりは、剛性や加速性能、エアロ効果を重視して
いる。

エアロロード特有の硬さは、上手くコントロールされているのでは。
DSCN3155ewf (1)
④走りが優雅で洗練されている。剛性一辺倒というだけではない。
これが、DAREモデルの特徴と言っていいかもしれない。
剛性ありきのフレームだけではないのは確か。
路面からの抵抗が、フレームが処理してしまっているのだろう。

鏡面を、スケートで滑っているかの様な感覚。
DSCN3141dsf (2)
⑤良好なコントロール性。
コンフォート系ロードとは違い、前傾姿勢になるが大変扱い易い。
扱い易いフレームだから、疲労をあまり感じない。
DSCN3155ewf (2)
DSCN3139da (2)
DSCN3198fsd.jpg

DARE 製品開発デザインマネージャーAndreas Benz氏
主にヨーロッパ系有名ブランドの製品開発を担当してきたとか。

(彼の他にも、他のプロバイクテスターがこのDAREプロジェクトに参加
している)
要するにDAREはプロバイクテスター発の、ブランドと捉えて良さそうです。


このDAREというモデルはドイツ人プロバイクテスター(ベンツ氏)が、製品開発を
行ったロードだったのか。

通常プロバイクテスター発のロードって極めて珍しいそうです。
(プロレーサーはレースからのノウハウを新製品へ反映するが、最終的にはプロバ
イクテスターが実際にテストし、判断する)
DSCN3147sdf (2)
DSCN3138sdfc (1)
ダウンチューブは台形パイプで薄くして剛性を上げる。DAREがラピエール側に提
供している技術だそうです。
ボトルケージの位置も日本人向け。
対応するフレームは日本人向けなので、体の小さいサイズから優先して開発。
DSCN3139da (1)
BB周辺の補強はBMC。
各メーカーブランドに提供している技術を、DAREが初めて自社ブランドとして
落とし込んだバイク。
DSCN3142dsf (1)
フロントフォーク部分は完全にディアーオリジナル。
とダウンチューブが一体になるような
形状になっており

ストレートにすると、衝撃吸収がもろに路面からくるのを和らげる
為に細くしている。
DSCN3145qwe (1)
DSCN3144dsf (1)
ダイレクトマウント用のDURA-ACEブレーキ
DSCN3153gre (2)
DSCN3152asd (1)
DSCN3139da (1)
DSCN3138sdfc (2)
DSCN3147sdf (1)
DSCN3150wqe (1)
DSCN3158ewr.jpg
このシート周りの形状が、ニールプライドに提供してる技術。

(トレックは完全に自社ブランド発だが、ラピエールや他のブランドに工場側が
提案して、技術を選択してもらうのが実情らしい)
逆に、他のブランドの長所短所を知りつくしている工場=DAREだとか。
DSCN3153gre (1)
DSCN3150wqe (2)
DSCN3141dsf (1)
DSCN3158ewr.jpg
ま、2015年モデル最大の大当たりな訳だったんですが。
ニールプライドには申し訳ないけど、DAREの方が圧倒的にエアロ効果も
走りも格が上だと思う。

イメージ的にはラピエールやピナレロドグマに、更なる強大なエアロ効果と剛性
を強化したモデルと言えば、DAREをイメージし易いかもしれない。

DARE VSRは他社のフラグシップモデルと同クラス・・・・・・いや下手すれば
圧倒するほどの優れた走行性能を持つロードだと思う。

とにかく興味を持ったら、レビューを読むよりも、実際に試乗して欲しいモデル。
そうすれば、どれだけDAREが凄いか体感できるはず。


De Rosa - SK (Ultegra Di2 - 2017)

スポンサードリンク

2014年11月27日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する