2015 LAPIERRE AUDACIO300(ラピエール アウダシオ)FDJ CP 試乗体験インプレ 滑らかな走りをする、快適性の高いアルミフレーム スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > LAPIERRE ラピエール > 2015 LAPIERRE AUDACIO300(ラピエール アウダシオ)FDJ CP 試乗体験インプレ 滑らかな走りをする、快適性の高いアルミフレーム

2015 LAPIERRE AUDACIO300(ラピエール アウダシオ)FDJ CP 試乗体験インプレ 滑らかな走りをする、快適性の高いアルミフレーム



DSCN0295cas (2)
DSCN0290gfh (1)
2015 LAPIERRE  AUDACIO 300 FDJ CP

ラピエールの日常用デイリーユースアルミモデル「アウダシオ」に試乗して
みました。

これは滑らかな走りをするアルミフレーム! しかも、滑らかな走りをしつつも
アルミのパワーを生きています。

これはアルミフレームが良質だから、滑らかな走りをしてくれるんですね。


ラピエールらしいモデルですね。カーボンモデルのゼリウスがアルミ化
したらこんな感じになるかな?
コンポはシマノソラ、ホイールはShimano R501 だけど。フレームの性能
が前面に出ている日常用ロードだと思う。
アルミフレームが上質なので、出来ればティアグラスペックが欲しい所。

DSCN030fd3 (1)
シフター SHIMANO SORA ST-3500 2x9-SPEED

① 快適性・・・・・・アルミモデルにしては極めて高め。
② 剛性・・・・・・アルミらしく高め。
③ ゼロ加速度・・・・・・実に滑らかに加速。爆発的とはいかないまでも、くせになりそうな上品な加速。
④ コントロール性・・・・・・万能タイプ。扱いやすい。
⑤ ブレーキ・・・・・・低速には対応出来るが、時速30km以上となると
少し厳しい。重い。レースにアウダシオを使用する際は、もっとマシなの
に交換した方が良い。

路面からの衝撃を、優雅にコントロールしてくれる。
エントリーモデルにしては、ちょっと贅沢な乗り心地のアルミフレーム。
コンポをグレードUPすれば、更に化けそう。
DSCN0293sc (2)
ステム RITCHEY 4 AXIS 6° DIA:31.8 90mm(46,49)、100mm(52)、110mm(55)
DSCN0308sf (1)
トップチューブが長めで、快適性重視。
DSCN0290gfh (2)
ブレーキ Promax RC481
これはちょっとブレーキが重かった。コスト削減の為とはいえ、乗っ
ていてなんか惜しいと思った。

後にどんどんグレードUPさせていけば、かなり面白い事になる。
要するに、フレーム良質なアルミフレームを買う感覚でもいいかも
しれない。
DSCN0294fghb (1)
フォーク LAPIERRE CARBON/Alloy Steerer
ホイール SHIMANO WH-R501
タイヤ MICHELIN DYNAMIC SPORT 700x25C
DSCN0291cas (2)
DSCN0311ty (2)
DSCN0311ty (1)
FDJチームカラーデザインがエントリーモデル離れしたデザインだった。
ぶっちゃけ、デザインで惹かれてしまった部分もある。
長距離に使うとしたら、凄くいいアルミフレームかもしれない。
なんで、この仕様で16万なのか不思議だったけど、試乗して納得。
(でも、出来れば12万位だと更にお財布が助かる・・・・・・円安め・・・・・・)

要はラピエールってアルミフレームが良質なのね。
短距離や街乗りでも気軽にいけそうだし。
DSCN0313fg.jpg
DSCN0314sdf (1)
フォークの上側にもきちんとFDJチームデザインを配している。アウダシオ300は
デザインに関して、異様なこだわりというか執念を感じた。

フランスブランドって、エントリーモデルでもデザインやカラーに
こだわりまくるんですね。これはお見事。

アウダシオ300の優雅なデザインは、一見の価値有りです。
DSCN0298sdfc (2)
DSCN030fd3 (2)
BB SHIMANO SM-BB4600
DSCN0314sdf (2)
フロントディレイラー SHIMANO SORA FD-3500 34,9mm
クランク SHIMANO SORA FC-3550 50x34T
DSCN0300sdf.jpg
リアディレーラー SHIMANO SORA RD-3500-GS 9-SPEED
カセット SHIMANO CS-HG50-9 12-27T 9-SPEED
DSCN0298sdfc (1)
DSCN0294fghb (2)
DSCN0304fg (2)
DSCN0304fg (1)
サドル SELLE ITALIA X1
DSCN0293sc (1)
DSCN0291cas (1)

ここまで、快適性を強化してきたとは。エアコードもパルシウム
とは違う。カーボンモデルゼリウスの性能をそのまま引き継いだ
ラピエールらしいアルミモデルでした。

逆にアウダシオに慣れてしまった後に、他社のアルミモデルに乗ると
硬さを感じてしまうかもしれません。
スペック重視で、他のアルミモデルと比較してしまうとアウダシオ
の良さが分かりにくいですね。

少なくとも、デザインに惚れこんでアウダシオ300を購入してもOK
だと思う。
ラピエール 2017年モデル アウダシオ 500 CP / AUDACIO 500 CP【LAPIERRE】

スポンサードリンク

2014年11月14日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する