2015 DARE MR1超軽量ヒルクライム用カーボンフレーム ラピエール、ニールプライド、BMCを担当しているOEMブランドが、日本上陸してくるらしい! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > DARE > 2015 DARE MR1超軽量ヒルクライム用カーボンフレーム ラピエール、ニールプライド、BMCを担当しているOEMブランドが、日本上陸してくるらしい!

2015 DARE MR1超軽量ヒルクライム用カーボンフレーム ラピエール、ニールプライド、BMCを担当しているOEMブランドが、日本上陸してくるらしい!



100000025542-l4.jpg
へー。これがニールプライドとか、ラピエールとかBMCの
OEMを担当しているメーカー「DARE(ディアー)」って奴ですか。
今度2015年モデルから、日本に上陸してくるそうだけど。

ニールプライドとラピエールなどが、日本でも好評だった事から
OEMメーカー自ら乗りこんできたということですね。
ディアーか。
一応覚えておいた方が良さそうかな? ということでメモ代わりに。
サイクルモードとかに来るのかな?
100000025542-l3.jpg
でこれが、超軽量ヒルクライム用モデル2015 DARE MR1 カーボンフレーム
ですって。フレーム重量850gにカーボンフォーク重量350g。

面白い事に、この新興ディアーブランドを扱うのが「アキコーポレーション」
だったりします。

ふーむ。という事は、BHとかガノブースに行けばDAREブランド
のモデルがお披露目されているという事かな?
毎回アキコーポレーション様は、面白いブランドを見つけてくるな。


DSCN8870srdt.jpg
これはニールプライドの軽量ヒルクライムモデル
NEILPRYDE BURA SLなんですけど。
本当だ!2015 DARE MR1 モデルって、凄いニールプライドモデルに
似ていますね!
シートステーとトップチューブの独特の接合部あたり、そのまんまじゃ
ないですか!?
でもダウンチューブはDAREが四角形だけど、BURA SLは
丸型なんですよね。

もしかして、ラピエールかBMCのダウンチューブ
形状の技術が、投入されているのだろうか?

だとしたらDARE MR1はラピエール、BMC、ニールプライドの
技術が採用されたスペシャルな一台という事になります。
100000025542-l2.jpg
カラー ナイトホワイト、ファントム
フレーム MS-HMフルカーボンモノコック
フォーク MS-HMフルカーボンモノコック1-1/8-1/1/4テーパード
ヘッドセット DARE1-1/8-1/1/4フルカートリッジベアリング
ハンドルバー DAREコンパクトハンドルバー 31.8mm
ステム DARE 6061T6 31.8mm
ボトムブラケット 付属しません
シートポスト DAREフルカーボンシートポスト 27.2 x 300mm
シートポストクランプ DARE31.8mm CNCスーパーライトシートクランプ
参考重量 850g+330g(フレーム+フォーク)
その他 Di2ポストバッテリーマウント
100000025542-l1.jpg
DAREのカーボンは、東レカーボンから供給を受けている模様。

ニールプライドも東レのT700、単一方向性カーボン46Tと60Tを採用して
いるんですよね。
以上の様な経緯で、やはり東レカーボン製になったと推測できます。
100000025542-l0.jpg
2015 DARE MR1は高性能かつ軽量な山岳レース用カーボンフレー
ムということか。
で! 気になるフレーム価格は……販売価格268,920円!
うわ、結構するな! 
完成車売りはないそうです。

でも万能型ロードラピエールのゼリウスとか、超軽量ヒルクライムモデ
ルのニールプライドBURA の性能がDARE MR1に混じっているとしたら……
なんか凄いフレーム性能が気になるのですが。
もしかしたら、どんでもない大穴モデルだったりして。
De Rosa - SK Pininfarina (Dura Ace - 2017)

スポンサードリンク

2014年07月31日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する