2015 FUJI WENDIGO(2015フジウェンディゴ) FUJIの海外ファッティバイクモデルを観察する スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > FUJI(フジ) > 2015 FUJI WENDIGO(2015フジウェンディゴ) FUJIの海外ファッティバイクモデルを観察する

2015 FUJI WENDIGO(2015フジウェンディゴ) FUJIの海外ファッティバイクモデルを観察する

IMG_2037_1600_1066.jpg
やった! 海外でFUJIのファッティバイクが、お披露目されている!

2015 FUJI WENDIGO(2015フジウェンディゴ)??
どうも、2014年から海外で発売されていたモデルみたいですけ
ど。
FUJI独自のファッションセンスを楽しめるようにデザインされた
ファッティバイク。
カラーリングが楽しめるように、リムにこだわった様です。

むむ……2015年モデルとして、日本に上陸するかな?

やはり2015 FUJI WENDIGOは、独自のデザイン性やスタイリッ
シュな外見だけではなく、ファッティバイク本来の優れた走りを
堪能できるモデル。

ところでウェンディゴって、雪の精霊という意味?
雪の乗馬を楽しめるファッティバイク、というシャレでしょうか?
IMG_2044_800_1200.jpg

穴の空いたリムに配置された、丸いボックスの色を交換出来るの
が特徴らしい。
ファッティバイクを外見からでも、走行中内側からでもこの鮮やか
なカラーリングを楽しめる。
超巨大ワイドタイヤサイズは3.0〜4.0インチ
(画像のFUJI WENDIGOの場合は26×4.0タイヤサイズ)

この穴が、軽量化にも役に立っているんだ。
またリアへ配置されたケーブルは、出来るだけ直線になる様に設
計されている。
IMG_2042_1600_1066.jpg

2015 FUJI WENDIGOはフロントと、リアでスポークの配置が異な
るんですね。
この画像はフロントですけど、スポークがリムの左右に配置されて
います。
IMG_2040_1600_1066.jpg
2015 FUJI WENDIGOのリアの場合は、スポークの配置が画像か
ら見て左寄り?
リアには変速機やギアがあるから、左寄りの設計になったのかな?
リムのデザインが楽しめるなんて、面白い!

ウェンディゴのホイールに加工された穴が車両の重量を低減し、トータル
で自転車の重量を低減する為に一役買っているらしい。
何気に、軽量化を目指したストリート系ファッティバイクでもあるのか!
height440.jpg
フレームはアルミでしょうね。
ストリート系ファッティみたいなデザイン!
2014年モデルの場合はFUJI A6アルミが採用されているから、こ
の2015モデルも恐らく動揺のフレーム素材を採用してくるのでは。
しかし、アーミーというかミサイルみたいなカラーリング!
ファッティバイクなのに、フレームがシャープなデザインではない
ですか?

既に欧州でファッティバイクは、雪上車の様に使用されているとか。
やはりこの極太タイヤが、滑り易い雪上で強力なグリップ力を生か
した、走りが可能。

雪の無いアジア圏ユーザーの場合、凶暴なワイドタイヤが繰り出す
優れたコーナーリング性能や、安定感のある走りを楽しめる。
実際アジア圏では、ビーチクルーザー風に活躍していたりもするんだ
から驚き!
確かに海にファッティバイクは似合いそうですね。
砂浜などの場合、どういった走りをするんだろう?
実際、サーフボード運搬用ファッティトライクなども海外では発売されてい
たりもしますし。


という事は、冬に雪が降る上に、砂浜などもある日本列島での使用に最適
なモデルではないですか?
普段はストリート風に乗ってもいいし、いざ大雪になればFUJI WENDIGO
が大活躍ですよ。
夏は夏で、観光地などで使えそうだ。
フジ [FUJI] 【お店で受取り選択可】 2017 NEVADA 27.5 1.5D (ネバダ27.5 1.5D) 27.5型 マウンテンバイク

スポンサードリンク

2014年05月29日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する