2014 CENTURION CROSS SPEED1000の仕様って、渋くていいですね。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > CENTURION センチュリオン > 2014 CENTURION CROSS SPEED1000の仕様って、渋くていいですね。

2014 CENTURION CROSS SPEED1000の仕様って、渋くていいですね。

52af27d716545e1b29_1.jpg
qbei_cc-cntur-crossspeed1000_1.jpg
CENTURIONのクロスバイク CROSS SPEED1000の仕様って、渋い。
豪華な仕様なのに渋い……さすがローマ100人隊隊長……って感じ。

久々に、ティアグラのトリプルクランクを見たわ。
SHIMANO ティアグラ、FC-4603、50/39/30T
リアスプロケットがティアグラCS-4600 12-30T 10スピード
通常のクロスバイクとは、スピードレンジが全然違う……。大体ロード系
コンポを実装したクロスバイクって最近フロントダブルのクランクじゃな
いですか?
4e9b45bc48a05792be_2.jpg
MTB系コンポを採用した上画像のCROSS SPEED 500のギア比もかなり
ワイドな設定なんですよね。
こっちのコンポは、ディオーレとアリビオのミックス。
フロント48-36-26Tでリア11-34T 9スピード。
坂道とか荒れ道に強い仕様になっている上に、8万クラスで手に入る。
MTB系コンポが、ロード系コンポかで好みが分かれるかもしれないけど。
CROSS SPEED1000、CROSS SPEED 500共に、ワイドなギア比設定
なのがドイツのセンチュリオンらしい。
qbei_cc-cntur-crossspeed1000_2.jpg
シフター SHIMANO ティアグラ、ST-4600(R)/SL-4603(L)
スラム軽量ブレーキレバーのAVID FR-5で、リニアプルカンチブレーキ
(Vブレーキ)AVID SD-5Rをコントロール。
qbei_cc-cntur-crossspeed1000_3.jpg
上下で異なる径のベアリングを用いたテーパーヘッド。
おお、この形状はセンチュリオンシクロクロスモデルと同一だ! 
剛性はシクロクロスモデルにも負けていなそうですね。むろん
軽量化も視野に入れているとは思うけど。
この形状というかデザインは個人的に好き。
qbei_cc-cntur-crossspeed1000_4.jpg
フォーク フィットネス アルミフォーク

なんとホイールにMAVIC アクシウムホイールを実装!
いいなあ、最初から付いてくるんだ……。
しかもタイヤはシュワルベですよ。
SCHWALBE デュラノ、700×32C、仏式バルブ。
qbei_cc-cntur-crossspeed1000_5.jpg
フロントディレーラー SHIMANO ティアグラ、FD-4603-B、34.9mm
リアディレーラー SHIMANO 105、RD-5701-GSクランク 
SHIMANO ティアグラ、FC-4603、50/39/30T、170mm(48/52cm)、175mm(55cm)
リアスプロケット SHIMANO ティアグラ、CS-4600、12-30T、10スピード。
ドライブトレインはティアグラですが、リアディレーラーだけこっそり105スペック。

ちなみにフレームはクロススピードV 6061 バテッドアルミフレーム
重量は10.2kg
レーシング系クロスバイクというよりも、ロードスペックながら走破性を強化し
たクロスバイクに思える。MAVICホイールが付いてくるわ、こっそり105
スペックだわで、豪華だなあ。実に快適に走れそうだ。

ドイツセンチュリオンは通勤での使用を想定しているみたいだけど。なるほど。
あえて、フロントダブルにしなかった点が面白い。
しかもリジットフォークというのが、これまた渋いですね。あえてカーボンフォーク
にしなかったんだ……。
【安全整備士による完全組立・点検整備】CENTURION (センチュリオン) 2014年モデル CROSS SPE...

スポンサードリンク

2014年04月20日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する