2014FUJI  FEATHER CX+(フジ フェザーCXプラス) ショートリーチハンドルに変更になっていた スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > FUJI(フジ) > 2014FUJI  FEATHER CX+(フジ フェザーCXプラス) ショートリーチハンドルに変更になっていた

2014FUJI  FEATHER CX+(フジ フェザーCXプラス) ショートリーチハンドルに変更になっていた

100000021106_12.jpg
去年試乗して、巡航性能と機動力の高さにビビってしまったクロモリシ
クロクロスフェザーCXプラスですね。
去年も書いたけど、ファッショナブルな街乗り系かと勘違いしてしまっ
たらクロモリなのにさくさく加速する上に、スピードの乗りがあまり
によかった。
こっそりお気に入りの一台なんですが。

とりあえず、ディスクブレーキ路線とシマノSORAコンポ路線は継続。
ただ、細かい所でパーツの変更が行われていた模様。

100000021106_06.jpg
2014モデルFEATHER CX+のドロップハンドルがショートリーチに変更に
なった模様。随分ハンドルが近くなったんですね
DSCN0839a.jpg
これが2013モデルFEATHER CX+のハンドル画像ですね。
ああ、2014年モデルの方が、よりお気楽に平地とかロングライド向けになったのかな?
100000021106_07.jpg
なんとなく2014年モデルの方が、フレームが輝いている。
光沢感が強いのか? 2013モデルはアーミーな感じでしたけど。
たまに街乗りシクロクロスと勘違いされているけど、本当は攻撃型ロングライド
系シクロクロスモデルだと思う。
きちんとケーブルもトップチューブ上部に配置。
100000021106_05.jpg
フォーク Fuji 1 1/8” custom triple-butted CrMo w/ cantilever brake mounts
ホイールセット Fuji custom alloy wheel disc hubs
タイヤ Kenda 700x35c

高いコントロール性を持ったシクロクロスなので、「重い」「もっさりしている」
という感じがまるでなかった。
とにかく俊敏に動き回れるバイクという印象。
100000021106_04.jpg
ブレーキ Tektro disc, 160mm/140mm wave rotors
機動性が高いので、走りをしっかりコントロールする為にディスクブレーキに
したんじゃないかと。
もしカンチブレーキだったら、また違った印象をフェザーCXプラスに対して
持っていたかもしれない。
個人的にはディスクブレーキで大正解だと思う。
100000021106_11.jpg
フロントディレーラー Shimano SORA, band type 31.8mm
クランク Fuji 鍛造アルミ 50/34t
100000021106_02.jpg
クロモリ&ディスクブレーキ搭載モデルなのに、重量が10.8kg。
やはりクロモリといえど、軽量化に取り組んだシクロクロスモデル。
トリック等の過酷な条件下でもいけるそうな。
100000021106_09.jpg
良く考えたらサドルや、フレーム、ハンドルなどオールブラック!
100000021106_01.jpg
さすがに、カンチを採用していないだけあってどこから見てもシンプル。
100000021106_08.jpg
シートポスト Fuji micro-adjust alloy, 27.2mm
サドル Fuji Retro
100000021106_03.jpg
カセットShimano, 11-30T 9-speed
リアディレーラー Shimano SORA, 9-speed

よくよく考えたら、クロモリといえどあれだけの機動力と素早い走りが出来る
フェザーのシクロクロス版ですからね。
やはり走行性能が高い点など、長所をしっかり引き継いでいたりします。
クロモリといえど、軽快に走れるモデルを毎回仕上げてくるあたりがFUJI。
性能ベースで考えると、これで8万は凄いと思うけど。
De Rosa - SK (Ultegra Di2 - 2017) ¥527270

スポンサードリンク

2014年03月20日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する