フォールディング小型電動三輪ビークル「URB-E」 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 自転車ニュース > フォールディング小型電動三輪ビークル「URB-E」

フォールディング小型電動三輪ビークル「URB-E」

Urbe2_04-copy-21.jpg
フォールディング小型電動三輪ビークル「URB-E」


URB-Eという折り畳み式電動三輪ビークルが、indiegogoで出資者
を募集している。

この電動三輪ビークルは折り畳み可能な、自走型電動三輪ビークル
でなんとアタッシュケースの様に、瞬時に折り畳み可能。
主に電車や都市交通を念頭に置いた、電動三輪ビークルですね。

しかしこれは面白いだけでなく走行性能もヤバくて、3時間のフル
充電で32kmの距離を走破可能。
時速24km以内に抑えて自走する能力を持っています。

リチュウムイオン電池によって動力を供給。
要するに、フレーム自身がバッテリー化しているんですね。
(前輪にモーター部分、ブレーキが採用されている)
urb-e-electric-bike-urban-transport.jpg
三角形フレームか。
これは電動三輪ビークルとしてではなく、自転車としても出て
欲しいかな。
なるほど……シンプルな折り畳み構造。


現在プロジェクトには15万ドルの資金が必要。
価格は799ドル程度の出資で手に入る。
出荷は順調にいけば、2014年9月辺りから世に出回る予定。
Urb-E-foldable-electric-scooter-2.jpg
重量はなんとたった13kg!
普通電動アシストだと20kgは重量があります。
13kg台に抑えているので、持ち運びが可能というわけか。
urbe-3-.jpg
この様に電車内にも気楽に持ち込める。
ほとんどアタッシュケース感覚ですね。
20140204114443-URB-E-Phone.jpg
個人的に面白いと思った点は、スマホに給電する能力を
持っている点かな。
これは、バッテリー残量を表示しているのだろうか……。
もしかしたら、後日何かスマホと小型電動三輪ビークル「URB-E」
が走行情報などをリンクする機能とか出てきたら面白そうだ。
もしかしたら、スマホビークルとして世に普及するかもしれない。
20140202223309-URB-E-Trike2.jpg
これはコミュータータイプのURB-E。
なんとリア部分に荷物を積載できる!
低速操縦性を追求した設計になっているそうな。
極小径車ですから、それはそうでしょうね。高速性なんか
追求する訳にはいかないか。


小型電動三輪ビークル「URB-E」の特集ページはこれですね。
生い立ちなど、なかなか濃い内容になっています。
出資はそれなりに集まっているのかな?
Wiggle 最大50%OFF バイク在庫一斉セール

スポンサードリンク

2014年03月15日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する