2014 LOUIS GARNEAU LGS-RSR4はフレームもモデルチェンジ、コンポも新型クラリスと機能を一新 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > LOUIS GARNEAU(ルイガノ) > 2014 LOUIS GARNEAU LGS-RSR4はフレームもモデルチェンジ、コンポも新型クラリスと機能を一新

2014 LOUIS GARNEAU LGS-RSR4はフレームもモデルチェンジ、コンポも新型クラリスと機能を一新

img61877552.jpg
6万クラスのフラットバーロードモデルの中において、コンポーネントが
一気に切り替わって、新型ロード系コンポシマノクラリス搭載モデルなんですよね。

リア8速モデルとはいえ、アルタスやアセラなどのMTB系コンポを避け
あくまでフラットバーロードとしての性能を突き詰めようとしています。

しかし、2014モデルは価格が高騰していてなかなか、選ぶのが難しい
ですね。
そんな中、LGS-RSR4はフレームもモデルチェンジ、コンポも新型クラリス
を搭載と機能を一新させてきました。
ヘッドも、とうとうテーパーヘッドチューブ化ですよ。
さすがに、新型コンポを採用させたと同時に、フロント剛性を強化してきたか。


販売価格は6万2000円程度かあ。
逆にあと1万円プラスすると、リア9速のSIMANO SORAスペックが買えちゃっ
たりするんですよね。

フロントフォークはアルミですが、シリコングリップを採用して衝撃吸収に
対応。

価格が上がったというよりも、かなり内容がリニューアルしたエントリー系
新型フラットバーロードという認識でいいのではないでしょうか?
img61877551.jpg
シフターが、ツーウェイリリースのシマノクラリスRAPIDFIRE Plus
ブレーキレバーも、クラリスですかね?
img61877550.jpg
ブレーキ TEKTROサイドプルブレーキ
フォーク LGS アルミ
img61877545.jpg
タイヤ KENDA 700 X 25c
やはり、スポーツ性重視の姿勢が見て取れますね。
img61877549.jpg
フレーム LGS 6061 アルミ
img61877548.jpg
重量は11.0kg。このあたりが、他社の軽量クロスバイクと比べていくらか
不利かな。
img61877547.jpg
クランクSHIMANO CLARIS 50/34T
シフト SHIMANO ALTUS HG-31 12-25T
フロント、リアディレーラーシマノクラリス。
今やシマノ唯一の、ロード系リア8速コンポですものね。
とりあえず、他のエントリー系MTB系コンポのみを搭載した
クロスバイクとは違い、最新コンポを実装してきたモデル。
img61877546.jpg
サドル LGS シティスポーツ
img61800956.jpg
タイヤKENDA 700 X 25c


しかし、LGS-RSR4もいつの間にかロードスペックになってしまいました。
以前はフロントがトリプルで、坂道とかに対応した設計だったんですけど。
(チェーンガードまで付いていたしタイヤサイズに至っては700×28Cと
太めだった)

いまや6万円とはいえ、できるだけロードに近づけようとしていますね。
出来ればRSR2あたりに乗って欲しいのですがね。
やはり、ティアグラスペックと、9kg台の重量のアドバンテージがかなり
巨大なんですよ。
もちろんRSRシリーズ特有の、直進安定性の高さは共通してはいますけどね。
【2014モデル 】LOUIS GARNEAU(ルイガノ)LGS-RSR4クロス・スピードバイク【送料プランC】

スポンサードリンク

2014年02月03日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する