2014 SCOTT CR1 30 フルカーボン&SORAスペックでなんと定価15万な上に、軽量8.88kgを達成! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > SCOTT(スコット) > 2014 SCOTT CR1 30 フルカーボン&SORAスペックでなんと定価15万な上に、軽量8.88kgを達成!

2014 SCOTT CR1 30 フルカーボン&SORAスペックでなんと定価15万な上に、軽量8.88kgを達成!

DSC03397.jpg
改めてまた紹介というか、チェックしていたんですけど2014 SCOTT CR1 30
って、フルカーボンなのに定価15万なんですね。
それもそのはず。
コンポはシマノソラ。

ですよねえ。さすがにこれでティアグラなら、販売価格におけるパワーバランス?
がおかしくなってしまいますよね。

2010モデルのCR1 SLなんか、デュラエース仕様に、なんとホイールはマヴィッ
ク・キシリウムSLなんか実装していたんですよね。

フロントフォークとリヤステー形状を、衝撃吸収性が高まるように設計。
かなりコンフォート寄りだけど、重量は6kg台と超軽量コンフォート
ロングライドモデルでした。

で、肝心の2014 SCOTT CR1 30についてなんですけど。
定価15万のフルカーボンな上に、重量はなんと8.88kg!

うらやましい。2010年当時の最新ショック吸収システムSDS(ショッ
クダンピングシステム)が、2014年モデルだと定価十五万で楽しめてしまう
訳ですから。

いいなあ。2010年当時は新開発した、ショック吸収システムでして。
普通に展示とかしてあったのに。
いまでは、カーボンエントリーグレードモデル扱いか。

別に、購入後、普通にスペックUPさせていいんじゃないですか?
凄い、いいフレームな訳ですし。
DSC03396.jpg

この2014 SCOTT CR1 20ですら、105スペックで定価19万ですからね。
しかも、重量が8.39 kgな訳ですよ。

ホイールはShimano WH R501-A
いずれにしても、これだけ優秀な軽量フレームが完成車19万クラスで
手に入ってしまう事が恐ろしい。

S字型に湾曲した、衝撃吸収性重視のCR1用フロントフォークも健在ですよ。
しかもフレーム内部まで、丁寧に処理されているんだからなあ。

とはいえ、予算が厳しい方でもSORAスペックとはいえ、いきなり
定価十五万フルカーボンで8.88kgのモデルが手に入ってしまう事が
ヤバい。

なんか下手な軽量アルミスペックより、価格面においても性能面に
おいてもいい感じではないですか?

2014 BIANCH INTENSOSORAなんかは新型フルカーボンフレーム
で定価14万ですけど。

2014 SCOTT CR1 30みたいな、伝統的な軽量&コンフォートフルカーボン
フレームが15万で手に入るというのも、嬉しいですね。

今後14~15万クラスで、フルカーボン&SORAスペックモデルが増えて
行くのかな?
あくまでエントリー向けという形になるとは思いますけど。
《在庫あり》 【純正ディスプレイスタンド付】Bianchi (ビアンキ) 2014年モデル INTENSO Sora (インテンソ ソラ)【ロードバイク】【ロードレーサー(カーボン)】

スポンサードリンク

2014年01月28日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する