Calamita due(カラミタ ドゥエ) クロモリフレームながら重量8.9kgを達成! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > Calamita(カラミータ) > Calamita due(カラミタ ドゥエ) クロモリフレームながら重量8.9kgを達成!

Calamita due(カラミタ ドゥエ) クロモリフレームながら重量8.9kgを達成!

img62265860.jpg
なんとクロモリフレームながら、脅威の8.9kgを達成したモデルですよ。
クロモリフレームにTig溶接、しかもカーボンフォークを実装しています。
やっぱり8.9kgというアドバンテージが大きいですね。
一応シマノソラスペックですけど、他社のクロモリだとどうしても10kg
は超えてしまうかな。

同じくアルミフレームにソラスペックのロードモデルだと大体10~9kg台
位だから、やはり8.9kgというCalamita DUEの軽量さは覚えておいた方が
良さげですね。

仕様も変わっていて、スレッドステムかと思いきやアヘッドステム。
逆に変速はSTIではなく、なんとWレバー変速。

あ、そうか。販売価格はなんと9万。
なんと9万で重量8.9kgを達成しているモデルでもあるんだ。
しかも、ドレスアップすれば、まだまだ軽量化可能!!

そういえば、Calamita due+に試乗した時も、変わったクロモリだな
と思いました。
確かに快適性というよりも、「軽さ」が前面に出た面白いロード
なんですね。
スポーティさもあると思うけど、「そんなに頑張らなくていい」と
いうデザインを目指したんだそうです。
確かに、ロードに乗るとどうしても「速く」走らなきゃという
気がしてしまいますからね。
「軽さ」を楽しみつつ、気軽に乗っちゃっていいんじゃないですか?
折角のWレバーなんですし。
img62265870.jpg
DUEはアヘッドステム。
ブレーキレバー DIACOMPE
img62265869.jpg
しかし、やはり塗料無しで軽量化を図っているんでしょうか?
img62265868.jpg
カーボンフォークを搭載。クロモリながら車重8.9kgというやばさ。
たまりませんな。
img62265867.jpg
ダブルレバーで変速。
軽量クロモリモデルをWレバーで操作する感覚が面白い?
img62265866.jpg
ハンドメイドのTIG溶接で作られたフレームを採用。
不良率が大変少ない優秀な工場で制作されているそうな。

さすがに言うだけあって、溶接跡とか綺麗なものですね。
img62265864.jpg
クランクには50X34のコンパクトクランクセットを採用
img62265865.jpg
ベントしたシートステー。
快適性も重視しているモデルだけど、個人的には「軽さ」が前面に出ている
モデルだと思う。
img62265863.jpg
リアディレーラー シマノソラ
アーバン・カフェレーサーがコンセプトだからソラスペックという所かな。
img62265862.jpg
アクションスポーツが運営するパーツブランドacorの軽量サドルを採用
img62265861.jpg
タイヤ 700X23C

Calamita dueで一度、坂道とか行ってみたいのですよ。
クロモリフレームながら重量8.9kgって、登りでは実際どんな感じなんで
すかね??


とりあえず、クロモリフレームの「軽量」モデルを探しているユーザー向けの
モデルかな。
普通「快適性」「シルキー」を売りにしているモデルが多いのですが。
色々個性があっていいではないですか?
【エントリー ポイント最大9倍(1/28 9:59まで)】Calamita(カラミータ)Calamita due(カラミタ ドゥエ)カラー:シルクブラッシュクロモリロードバイク【送料プランC】

スポンサードリンク

2014年01月27日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する