2014 SCOTT ADDICT 10試乗体験インプレ 見た目よりも、走りが優雅過ぎて驚いた! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > SCOTT(スコット) > 2014 SCOTT ADDICT 10試乗体験インプレ 見た目よりも、走りが優雅過ぎて驚いた!

2014 SCOTT ADDICT 10試乗体験インプレ 見た目よりも、走りが優雅過ぎて驚いた!

DSCN9736.jpg
DSCN9743.jpg
全重量7.1 kgアルテグラ6800スペックのSCOTT Addict 10
に試乗しました。

改めて、スペックと紹介しておくと
2014 SCOTTモデルの中でも上から3番目。
完成車定価¥383,250(税込) フレームセット¥252,000(税込)
カーボン HMF(東洋レーヨン)
コンポはアルテグラ11速
完成車重量7.11kg

(試乗した正直な感想)
なんでしょうね。
他のロードと比べて、走りが美しいロードなんですね。
これに比べると、エアロロードFOILの方が機動性重視。
こちらAddict 10は走りの滑らかさ、美しさがいいですね。
路面からの衝撃の華麗に吸い上げてしまう、超優良フレームではないですか?

FOILは、「軽さ」と「高速性」を生かした機動性重視のモデルなんですけど、
衝撃吸収性は間違いなく
アディクトの方が上かな。
第二回 「このロードレーサーが凄い!!」2014モデルにSCOTT Addict 10
を7位に入賞させた訳はやはり、この走りの美しさですね。
「軽い」だけではなくて、快適性が見事に融合しているのですよ。

更にコーナーリングや、ストップ&ゴーも軽い上に華麗にこなしてしまう。

DSCN9747.jpg
(弱点)
さすがに、フラグシップモデル程の剛性やパワー
は持っていないかな?
あくまで100万オバークラスの、フラグシップモ
デルですよ?
その辺のミドルグレードよりは、遥かに優れた
剛性は有していますね。
DSCN9740.jpg
DSCN9739.jpg

バイク特有の低スピードにおけるエアロ効果を考えて設計されたフレームかあ。
ちなみに、スコットのスタッフ様からのアドバイスなんですけど、スコットアディクト
シリーズは、金型が同じでもカーボン素材が異なると、自分達でも驚く
程、走行性能や中身が一気に激変するそうだ。

フレームにHMXカーボンを採用した6kg台のADDICT TEAM
ISSUE。
「HMX-SL」新型カーボンを採用した、5kg台のADDICT SLには
は、全然別物という事か。

使用するカーボンによって、どの程度変化するかは実際スタッフでも
乗ってみないと分からない部分が多いという。

つまりADDICT 10の試乗経験があっても、更に上のグレードは
全然違う性能って事ね。

なるほど、なるほど。
DSCN9738.jpg
DSCN9749.jpg
DSCN9748.jpg
DSCN9745.jpg
BB部分は、プレスフィット86
圧入式
DSCN9741.jpg
DSCN9742.jpg
DSCN9750.jpg
(まとめ)
これはもう実力本位の、優しくも美しい走りをみせてくれた良質の
ロードですね。
やっぱりなんだかんだで、モノがいいロードなのは確か。

快適性が高い、巡航性能高めのカーボンロードってどうしても得意
とする速度域があるじゃないですか?
ADDICT 10は、どの速度域でもしっかり答えてしまう懐の深いロード
でもあります。

弱点があまり見当たらない、不気味なモデルでもあるんですよ。
あと体を痛めて、やむを得ずロードに乗らなきゃならない時はこいつを
選んじゃいますね。
Wiggle 最大45%OFF カリスマ性のあるDe Rosaが今ならお買い得

スポンサードリンク

2014年01月26日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する