2014 FUJI SST Rad 低速で試乗した感想をメモしておく。剛性を更に高めまくっている高剛性フレーム スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > FUJI(フジ) > 2014 FUJI SST Rad 低速で試乗した感想をメモしておく。剛性を更に高めまくっている高剛性フレーム

2014 FUJI SST Rad 低速で試乗した感想をメモしておく。剛性を更に高めまくっている高剛性フレーム

DSCN9477.jpg
やっちまいました……FUJI SST Radカーボンロードバイクを試乗中
試乗コースが渋滞してしまいました……

超スローペース、超まったりモードでなんと攻撃型エアロロードSSTに
試乗するという残酷な結果に。
しかも風もなぜか無風になり、エアロ性能ですら分かりにくい。

しかも、このコースは直線が短いのでSSTにはかなり不利な試乗コース。
今回は、超低速でSSTに試乗した感想を書こうと思います。
ま、自分に対するメモでもありますが。
DSCN9478.jpg

(低速でSSTを試乗した感想)
低速ながら、剛性たけえええ!!! なんだ? このフレーム?
( ;゚ω゚)私の知ってるSST2.3Cと違う……更に剛性上がっている?
フレームが更に筋肉質になってる? やけくそですか?


どこまで、剛性を上げているんですか? 
これはSST2.3より剛性高めていない? 20万クラスのロードが通常有し
ている剛性ではないですよね?

もう完全に攻撃型エアロロードレーサーモードの剛性になっている……。
これはハイスピードで、走ったら偉い運動性を発揮してくれそうな感じ
です。
なんというか、脚力とか全てのパワーを受け止めてくれそうな予感。
ぶっちゃけなんですか? 低速ながらこの剛性の高さは20万クラスじゃない
ですね。
フレームの硬さそのものが、なんでか個人的に快感に感じました。
うわ、めっちゃ走りたい……といいながら、渋滞に巻き込まれる……
DSCN9484.jpg
で、結局その感想をFUJIスタッフ様にお伝えした所、こんなコメント
を頂きました。
(一字一句性格ではないですが、大体こんなご意見でした)
「ああ、でしょうね。これ2014FUJI SSTは、剛性を限界まで高めていますから。
本気で走りたい方とか、レーシーな性能というか。乗りやすさというよりは、と
にかく本気で速く走る為のロードなんですよ。普通にプロが使っても問題ない剛
性を持っていますからね」


DSCN8592asdsa.jpg
(低速ながら、めっちゃ似たロードがある事に気が付いた)
剛性を高めまくったFUJI SST RADについてなんですけど、最近実に似た
エアロロードがある事に気がついたんですよ。
これ、高出力のペダリングを一気に推進力に変換する高剛性フレームなんです
けど、これに似ているかな……いや、もしかしたらRIDLEY NOAH RSよりも
SST RADの方が剛性が高いかも。
DSCN9492.jpg
DSCN9479.jpg
DSCN9486.jpg
フロントフォーク内にまでリブ加工を施しているらしい。
もうなんかね、快適性重視のユーザをせせら笑うかのような、超高剛性路線。
たまりませんね。やってくれますよ……
DSCN9487.jpg
DSCN9488.jpg
DSCN9485.jpg
DSCN9501.jpg
DSCN9483.jpg
あくまで、自分へのメモですが。
トレーニングを積みまくって、超マッチョな状態でレースの先頭集団に勝負
を挑むならこれかな……。
逆にツーリングやロングライド、コンフォートに楽しく乗りたい方は全く
お勧め出来ない。
ある意味、人を選ぶカリスマ性のあるモデルだと思う。

レーシーな性能にフォーカス(集中)した点もチェックしておいた方がいい。
DSCN9497.jpg
ダウンチューブ内に補強リブが内蔵してあるそうだ。
ただでさえ、剛性高かったSSTの剛性が更に高まった理由はそれかな?
DSCN9480.jpg
クランクがコンパクトクランクOval 730 forged alloy, 50/34Tから、
ノーマルクランククランクOVAL 520 FORGED ALLOY 52/36T
に変更していた。
ここだけ見ても、レーシー路線に変更している。
DSCN9503.jpg
DSCN9500.jpg
DSCN9499.jpg
DSCN9482.jpg
DSCN9489.jpg
DSCN9490.jpg
DSCN9502.jpg
DSCN9481.jpg
今回SST RADの試乗記事を書くのをやめようかな? と思いましたけど。
低速なりにSSTに試乗したデーターを、きちんと残しておいてもいいだろう……。
そう思い書きました。

にしても、高速領域では一体どんな走りをしてくれるんでしょうね?
低速なりに分かった事ですが、2014 FUJI SST RADは20万クラスながら
限界まで剛性高めまくっているという事実。
フジ [FUJI] 【大型商品】 2017 SL ELITE (SLエリート)ロードフレームセット

スポンサードリンク

2013年12月26日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する