2014 GARNEAU MVTI-R 試乗体験インプレ 大当たりのチタン系スピードミニベロだった スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > LOUIS GARNEAU(ルイガノ) > 2014 GARNEAU MVTI-R 試乗体験インプレ 大当たりのチタン系スピードミニベロだった

2014 GARNEAU MVTI-R 試乗体験インプレ 大当たりのチタン系スピードミニベロだった

DSCN8600.jpg
これは……こんな驚異的な走行能力を持ったミニベロが存在していたのか?
このチタンミニベロLGS-MVTI Rは……絶対ガノの技術じゃないだろ?
すげえ……一体なんだよ?




大当たり!!\(^o^)/ 人生ハジマタ


低速、中速、高速あらゆる速度域を完璧にこなす、モンスターミニベロじゃ
ないですか?
ここまで、完成度が高かったとは……くやしいが認めざるを得ない。
普通チタンミニベロのフレームって、アルミとクロモリの中間みたいな感じ
なんですけど。
これはなんだろう?
滑らかな走行感と、ミニベロらしくない剛性というかパワーがありませんか?
チタンらしく、硬めのフレームなのかな? と思ったら全然違う!

(他社のチタンモデルと比較しても、トップクラスの完成度)
チタンモデルはそれ程多くないけど、このミニベロの機動性は凄いものがある。
これだけの推進力を有しているなら、どの速度域でも乗り手を引っ張っていく
頼もしさがあった。
即レースに投入できるやばさがある。
滑らかな快適性もあるので、長時間乗ってもかなり疲労は軽減されるのでは?
さすがにエアロ効果はないけど、空気を切り裂くカッターナイフの様な
鋭い加速が楽しめる

DSCN8618.jpg
フレーム 3AL-2.5V TITANIUM DB

(生産はどうも台湾らしいが? ルイガノ内でも、このモデルはトップシークレ
ット扱いらしい)
スタッフに聞いてみたんですけど、どのメーカーがこのミニベロの生産を
担当しているかは極秘らしい。
あれ? 日本のチタニア製OEMじゃないのか?
どうも、色々な事情をはらんだ奇跡の一台の様だ。

一部のミニベロ専門店あたりならどうも事情を知っているみたいなので
聞いてみてもいいかもしれません。
てか、誰か教えて欲しい。
一体このフレームは、なんなんだ???

DSCN8601.jpg
(とりあえず、 MVTI-Rはミドルグレードフルカーボンロードクラスの戦闘力はあると思う)
 MVTI-Rに対抗出来るミニベロは限られてくると思います。
ある意味、高性能過ぎるチタンフレームに依存したミニベロではあるので
すが。
重量はなんと8.0kgと超軽量なのに、いくら飛ばしてもまるで怖さを感じな
いのですよ。
カーボンパーツを多用しているので、その恩恵もあるとは思いますが
それ以上にこのチタンフレームなら、どれだけ長時間、長距離のっても
こなしてくれるであろうという信頼感があります。
DSCN8614.jpg
ハンドルバー IDX FULL CARBON
ステムもフロントフォークもカーボンと、チタンフレームに限界までカーボン
パーツを採用。
ただ、走行感はミサイルみたいなパワーを秘めた加速と巡航を得意とする
DSCN8602.jpg
シフター SHIMANO R460
DSCN8616.jpg
どうも、会場のよそから聞いた話ですが、今回のガノのチタンミニベロは
某雑誌社の方が試乗した際、私と同じく高評価だったらしい。
そりゃそうだろうな。
誰が乗っても、このチタンミニベロは納得すると思いますよ。
高速系スピードミニベロならDAHONかターンが最強かと思っていたけど、
これは思わぬ伏兵。
しかし、どういう経緯でこのモデルは誕生したんだろう?
高性能だが、謎が一番多いミステリーな一台だと思う。
あくまでチタンを使った趣味的な一台かと思っていたら、とんでもない一台
だった。
DSCN8603.jpg
フォーク 12K CARBON
DSCN8611.jpg
DSCN8612.jpg
クランクSHIMANO 105 52/39T
ギア 105 11-28T 20speed
DSCN8607.jpg
ブレーキ IDX ALLOY CALIPER
DSCN8606.jpg
シートポスト IDX CARBON 27.2MM(300mm)
ホイール ALEX R390 451
にしても、スピードミニベロにおいては久々のHITモデルですわ。
イガノ [louisgarneau] 【お店で受取り専用】 2017 LGS-MV TI FRAME KIT カラー:TI RAW チタンミニベロフレームセット

スポンサードリンク

2013年11月30日 トラックバック(0) コメント(4)

チタン好きな私には選択肢が増えて嬉しかったですね。乗り味もよくある、まぁチタンだからこんな具合だね、という諦めもいらない上出来なものですねw
ただ戦闘的と言えるまではいってないし、狙ってもいないですね。上質なライド感と言えばいいかな。

2013年12月01日 いちまつ URL 編集

おお、まさかのチタンマスター登場!いちまつ様レビューありがと
うございます!!
上質なライド感ですか!
あー、そこはあんまり気が付かなかったですね。
やった! レビューが一つ増えた! すげえ嬉しかとです!

 ( ;゚ω゚)……あまりにチタンのスピード感が快感で、ハイペース&飛ばし
てばかりいたので、あんまり乗り心地までは確認できませんでした。
ちょっと変なやり方で、試乗をしちゃったかもしれません。

2013年12月01日 管理人 URL 編集

LGS-何とかが付くモデルはルイガノと同じくアキ・コーポレーション開発モデルです
ぶっちゃけガノ主体モデルはありきたり(GENNIXやジェネレーション)ではっちゃけったモデルはアキ・コーポレーションが頑張ってます

そもそもガノが生まれたのもルイガノの売上が良かったのでルイガノ本社が一枚かませろやと乗り込んできたんです

2013年12月06日 名前なんて無かったんや! URL 編集

で? 結局「名前なんて無かったんや! 」様は、このモデルの出所をどう予想されます?

型番がガノだけど、どう考えてもガノの技術じゃないだろうし、実はアキ製??
どんな小さい情報でもいいので、提供してくださると助かります。
一時機、このブログで溶接処理方法が似ているという事から、日本メーカー「チタニア」製造請負モデルではないかという話になったんですが。
しかしまあ、ミステリーな一台ですね。

2013年12月06日 管理人 URL 編集












管理者にだけ公開する