2014 RIDLEY NORA RS(リドレー ノアRS)試乗体験インプレ  スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > RIDLEY(リドレー) > 2014 RIDLEY NORA RS(リドレー ノアRS)試乗体験インプレ 

2014 RIDLEY NORA RS(リドレー ノアRS)試乗体験インプレ 

DSCN8592k
機動性重視のエアロロードでした。
エアロ性能を発動すると、力強くパワーあふれる加速も可能。
なんとなくだけど、このエアロフレームを上手に使いこなすと
とんでもなく化けるモデルではないかと思った。

快適性は上がっているそうだけど、他社のエアロロードと比べると
硬めのフレーム。
ただし、パワー伝達が優秀なので脚力を効率よく推進力に変換して
くれる。


快適性は低いけど、もしかしたら長距離走った場合、コンフォート
モデルよりも体力消費が少なくて済むかもしれない。
なんだかんだで加速や推進力が優秀。どんどん加速して前へ前へと
進んでくれる。

コンフォートモデルの場合、衝撃吸収性が高い分、加速性を殺してい
る場合がある。つまり、同じ距離を走る場合逆に体力を消費してしまう
場合もあるんじゃないかと。

(今時めずらしい、機動性重視のエアロロード)
最近こういう攻撃型エアロロードレーサーって、珍しい気がした。
こうも、見た目を裏切らない走行性能とパワーがあるモデル。

DSCN8586.jpg
(高速領域に近づくと、2014 NORA RSの機動力は飛躍的に向上)
正直、サイクルモードの会場と最も相性が悪いエアロロードなのでは。
低速域では、本来の性能が分かりにくかった。

低速域では、なんとなく性能がちくはぐな気がしたが、速度が上がるに
つれて比例するかのように、本来のエアロ性能を発揮し始める。
凄く動ける気になったんですよね。
いよいよ、ここから来るか? 
だがそこまで行った瞬間、コースが終わり。
ああ、残念だ。NORA RSにはコースが狭すぎる……。
これは、超高速専用の攻撃型エアロロードらしく、速ければ速い程
運動性がUPして、右に左に動かせるんですよね

高速領域で戦うにはこれ程頼もしいロードはないが、逆に街乗りや
低速で使うのにこれ程向いていないモデルも珍しい。
DSCN8585.jpg
エアロフレームだから、直進安定性が高いモデルかと思ったら
とんでもなかった。
動く、動く。
普通のカーボンロード並みに応用が利くじゃないですか。

これならエアロカーボンだということで、気を使わなくてもいいや。
荒れ道でも坂道でも、どんどん走りたい。
ま、結構衝撃は体にきそうだけど。
DSCN8594.jpg
DSCN8584.jpg
DSCN8582.jpg
DSCN8588.jpg

しっかし、これだけエアロなフレームなのになんであんなに剛性が
高く、頑丈そうなんだろう。
不思議というか、なんというか。
エアロフレームなのに、気を使わずに思いっきり走れそうだ。
サーヴェロのSシリーズとかは「線」の上を走っている感覚だった
けど、リドレーノアRSは「面」を走っている様だった。
むむむむ。
DSCN8597.jpg
DSCN8590.jpg
ファーストフォワードのエアロホイール。
やはり高速領域の際、機動力を発揮し始めたのもこのホイールの影響が
あるんですかね。
DSCN8591.jpg
(他社の快適性が高めのコンフォート系ロングライドモデルとは、やはり全然別物)
逆にいうと、NORA RSに試乗する前コンフォート系ロードばかりが
続いた。
だからちょっとNORA RSの戦闘性能重視なとこが、凄い面白いし、
楽しかった。

Wiggle 最大50%OFF バイク在庫一斉セール

スポンサードリンク

2013年11月16日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する