2014 Wilier GranTurismo Revolution ウィリエール グランツーリズモ 試乗体験インプレ スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > Wilier > 2014 Wilier GranTurismo Revolution ウィリエール グランツーリズモ 試乗体験インプレ

2014 Wilier GranTurismo Revolution ウィリエール グランツーリズモ 試乗体験インプレ

DSCN8223.jpg
うーんWilierグランツーリズモRなんですけど。
攻撃型高速巡航モデルですね……ロングライドモデルというより
レース仕様の大パワーロードレーサーに、巡航性能あえて持たせた感じ。

普通長距離巡航性能の中にレーシング性能を持たせたモデルが多い中で
このGTRは逆なんですね。
スタート時は静かだけど、確実に加速。
静かに巡航を開始するんですけど、ちょっと速度が欲しいなと思った途端
パワー主体の加速を開始。
どの速度域においても、強力な推進力を提供してくれます。
(特に、速度に乗れば乗る程、フレームがパワーを発揮し始める)
DSCN8225.jpg

高速パワー巡航が得意で、時速30km~あたりからグランツーリズモ本
来の性能を発揮し始めるのではないでしょうか?

最初は 剛性:快適性=5:5
スピードに乗ると 剛性:快適性=6:4に変化します。

またどの速度域でも、快適性は高め。
乗り手をフレームが衝撃から防御しながら、攻撃もしてくれるマシンという
印象でした。

(用途)
週末にツーリング風に乗るのもいい。
攻撃的な高速巡航が大変得意。アタック時においても、かなりのびが
あると思います。
乗り手次第で、性格が変わるモデルかもしれません。
DSCN8213.jpg
チェントウノはカーボンが薄いので、サイクルモードには持ってこれなかった
そうで。
(ま、確かに色々な意味で、サイクルモードの試乗車は条件が過酷ですしね……)
という訳で、頑丈なグランツーリズモを大量に持ってきたのがそうです。
なるほど……分かる、分かる。
DSCN8215.jpg
やはり試乗待ちの行列が発生。
とはいえ、色々スタッフ様からお話が聞けて面白かった。
イゾアールのリコール問題とか、イタリア本社の過酷な製品規格の話とか。

DSCN8234.jpg
DSCN8233.jpg
DSCN8232.jpg
DSCN8231.jpg
DSCN8236.jpg
DSCN8227.jpg
テーパーヘッドチューブとエアロフロントフォークを採用して、万能性を
持たせたとか。
なんとなくこのトリコロールカラ―のデザインが、イタリアのお美しい新
婚の若妻みたいなモデルかと思いました。

DSCN8226.jpg
DSCN8246.jpg
DSCN8245.jpg
DSCN8250.jpg
DSCN8230.jpg
DSCN8228.jpg
DSCN8240.jpg
DSCN8251.jpg
DSCN8254.jpg
DSCN8251.jpg
DSCN8247.jpg
DSCN8255.jpg
DSCN8235.jpg
DSCN8237.jpg
DSCN8238.jpg
DSCN8241.jpg
DSCN8244.jpg
DSCN8242.jpg
DSCN8221.jpg
服部産業株式会社の方々には大変
お世話になりました。
試乗待ちの時も、色々話せて面白かった。
(個人的に、お客様への接客している様子を見ていて、勉強にもなった。)
これだったら、グランツーリズモを購入しても、安心だと思いましたよ。
De Rosa - SK (Ultegra Di2 - 2017)

スポンサードリンク

2013年11月06日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する