KUOTAの新型ロングライドモデル2014KUOTA KIRALなど、新型3モデルを観察してみる スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > KUOTA(クォータ) > KUOTAの新型ロングライドモデル2014KUOTA KIRALなど、新型3モデルを観察してみる

KUOTAの新型ロングライドモデル2014KUOTA KIRALなど、新型3モデルを観察してみる

DSC04009.jpg
ちょっと、2014 KUOTAに、超高速対応ロングライドモデル、ディスク搭載モデル
が出ていると聞き、軽くチェックしてみました。
(´・ω・)……機会があったら後日実車の方も、確認したいと思います。


で……これがKUOTAの新型ロングライドモデルKUOTA KIRALですか。
トップチューブが長くて、ダイナミックなアーチ形状ですねー。
うわー、確かに長時間乗ってもいけそう……フレームも、衝撃吸収性を
高めに設定してあるそうですよ。

シートステーまでアーチ形状になってる。徹底した快適ロードモデルなん
だなあ。
KUOTAがここまでコンフォート性能にこだわる時代になったと
いう事か。

定価は コンポーネントグレード別に設定

ULTEGRA Di2(6870)完成車が¥499,047(税抜)。
ULTEGRA(6800)完成車が¥380,952(税抜)。
105完成車¥299,047(税抜)。
フレームセット¥236,190(税抜)

BBはFSAの新型「BB386(EVO)」を採用。
DSC04010.jpg
なんて太いヘッドチューブだろう……
てっきり快適重視のロングライドモデルかと思っていたら、加速性能が
大変優秀らしい。

ホイールベースもそれなりにあるし、巡航性能にも長けているのは分かりますが
巡航中、更に加速する能力にも長けているとか。

ほお……ロングライドモデルで、推進力のある戦闘用モデル???
どの程度、速能力が優れているんだろう?
DSC04011s
KUOTA KHYDRA(キドラ)
これがKUOTA KIRALのディスクブレーキ搭載モデル。
フレームセット定価¥274,285(税抜)
ディスクブレーキ搭載可能だけあって、KUOTA KIRALよりもフレームは
高めの設定。
ディスクブレーキ搭載可能なだけあって、フレームの堅牢性も高いのかな?
DSC04012あ
超高速ロングライドモデルだけあって、強力な制動力を持つディスクブレーキ
を搭載させたそうな。
(そこまで、高速巡航出来るのか……)
やっぱり各社、ロングライドモデルあたりのディスク化に懸命になっているの
かな。
KIRALもディスク搭載のKHYDRAも、ボリュームのあるトップチューブ&ダウンチ
ューブに対してリアが細めではないですか?
なんかそのあたりが、不気味なんですよ。しかもディスク対応までしちゃうん
ですよね?
気になるなあ……
DSC04000s
フラグシップモデルの2014 KUOTA KOM「KING OF MOUNTAIN」
ですけど。
蛍光色バージョンがあるんですね。
今回の特徴として、軽量化ではなく徹底的に剛性を強化。
ただでさえ、ボリュームのあるフレームに、なんと補強リブ
までかませてきた!?
(しかも、外部補強リブ)
DSC0400あ1
おおおおおおおお、これだけボリュームのあるフレームなのに
更に補強リブが入っている!!!!
剛性をどこまで高めれば気が済むんだろう??
Bianchi (ビアンキ) 2014年モデル SEMPRE PRO Ultegra (センプレプロ アルテグラ)【ロードレーサー】【ロードレーサー(カーボン)】

スポンサードリンク

2013年10月12日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する