2014 GIANT GREAT JOURNEY 1 とか、DEFYなどのエントリー系アルミモデルを観察してみる。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > GIANT(ジャイアント) > 2014 GIANT GREAT JOURNEY 1 とか、DEFYなどのエントリー系アルミモデルを観察してみる。

2014 GIANT GREAT JOURNEY 1 とか、DEFYなどのエントリー系アルミモデルを観察してみる。

DSC03647.jpg
え? 2014 GIANT DEFY 3って、10万程度になったの??
2013モデルが8万程度だったけど。

シマノソラスペックで8万はさすがに脅威的激安だったけど。
ううむ……。
一応補助ブレーキとベルはついてくるし、タイヤは万能700x25C
サイズ。
その代わりギアの万能性は増して、SRAM PG950 9S 11-32Tとワイド
にはなったんですね。
リアは9速。
もちろんSTIなので、ドロップハンドルを握ったまま変速操作可能。
しかも街乗りには補助ブレーキがついているので、クロスバイク風に
も乗れるロードです。

(なんとなくFELTのZシリーズっぽくなってきました)

その代わりチェーンは頑丈さ重視のKMC X9になってますね。(9速対応チェーン)
チタンコーティングしているやつで、変速抵抗と耐久性に優れたチェーン。
チェーンの表面をチタンコーティングした奴か!

なるほど……なんだかんだで、毎日乗るユーザーの事を考えてくれて
はいるんですね。

DSC03646.jpg
これがホワイトカラ―。
DSC03645.jpg
これがブラック。
あれ? 日本は円安とかで値上がりしちゃったけど、台湾本国ではどういう価
格帯になっているんだろう? 
値上がりしていないのかな?
DSC03649.jpg
2014 GIANT PACE
これが、8万で買える快適街乗り系ロードバイクGIANT PACE
例のシマノクラリス採用STI8速モデル!

フロントトリプルに、なんと28Cサイズのタイヤを採用!
トータル24速モデル!
確か2013モデルは25Cサイズのタイヤだったのが、限界まで
太めサイズのタイヤを採用してきた模様。

どこまでも快適性と走破性を高めたモデル。
公式ではライトツーリングや、フィットネスでの使用を歌っています。

やはり価格が許される限り、カーボンフォークにしたり、細めの
シートステーにしたり、タイヤを太くしたりして快適性を強化してい
ます。
(タイヤを太くした理由はビギナーの為に、耐パンク性を強化した
といういきさつもある)
DSC03650.jpg
GIANT PACE もギア比を11-32Tとワイドに設定。
これはパープル。
DSC03651.jpg
ホワイトカラ―がいい感じではないですか?
さすがにタイヤが太く見えます。
DSC03686.jpg
2014 GIANT GREAT JOURNEY 1 定価¥120,000(税抜)
シマノソラスペックに、合計4つの28リットル容量のバニアバッグを標準
搭載!
タイヤサイズは26×1.75
ホイールは耐久性を強化する為、36本のスポークとシマノハブを採用。
しかも2014モデルからフレームの耐久度を上げた新設計仕様!!
(特にダウンチューブを強化したらしい)
うーん、やっぱりこれだな。
バニアバッグ&フロントリアキャリア―搭載でこの価格はやはりお得過ぎる。
DSC03688.jpg
2014 GIANT GREAT JOURNEY 2 定価¥105,000(税抜)
きましたね! シマノクラリス採用のGREAT JOURNEYモデルが!!
さすがタイヤサイズ26×1.75。
これなら、重量物もどんどん運搬出来そうです。
ところで、なんとなくGREAT JOURNEY 2 は陸上自衛隊風のカラ―
リングですね。
[予約受付中]Bianchi (ビアンキ) 2014年モデル VIA NIRONE 7 ALU Claris (ヴィアニローネ7 アル クラリス)【ロードバイク】【コンフォートロード】

スポンサードリンク

2013年09月18日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する