2014 GIANT PROPEL ADVANCED SL 0 新登場エアロロード「PROPEL」上位モデルをチェックしてみる。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > GIANT(ジャイアント) > 2014 GIANT PROPEL ADVANCED SL 0 新登場エアロロード「PROPEL」上位モデルをチェックしてみる。

2014 GIANT PROPEL ADVANCED SL 0 新登場エアロロード「PROPEL」上位モデルをチェックしてみる。

DSC03557.jpg
2014 GIANT PROPEL ADVANCED SL 0(電動デュラエース トップグレード)
へー、ジャイアントから新しいエアロモデルが出たんですね。
あらゆる方位に対応したエアロ性能と、登板性能を強化。
要するになんにでも使えるエアロモデルという事か。
BB86を投入したんだ。さぞや推進力が高いんだろうなあ。
T800グレードカーボン採用。
DSC03559.jpg
ステム一体型のエアロハンドル。
「CONTACT SLR AERO INTEGRATED DROP」
なんで一体型にしたんだろう?
剛性強化? エアロ効果?
ハンドル幅とステム長の組み合わせで12種類のエアロハンドルを用意。
DSC03543.jpg
2014 GIANT PROPEL ADVANCED SL 1(機械式デュラエース セカンドグレード)

これは機械式デュラエースを搭載したPROPEL ADVANCED SL 1。
エアロフレームながら、1000g程度の重量だそうで。
TTモデルにしか見えない。
DSC03549.jpg
そうかセカンドグレードのADVANCED SL 1になると、ステム一体型じゃなく
なるのですね。
ADVANCED SL 0というトップグレードだけに許された機構だったんだ。
DSC03544.jpg
おお、TTモデルらしくトップチューブ上部に、ケーブルが貫通している。
なるほど、他社のモデルと比べて1km毎に1秒タイムを短縮できるそうだけど
TTモデルなら頷ける性能だと思う。
DSC03545.jpg
なんとロードながら「ミニVブレーキ」を搭載!!
とうとうロードにVブレーキが……エアロモデルの爆発的なスピードをコントロール
するにはVブレーキを出すしかないと言う事か……。
確かにエアロ性能を発動すると、爆発的に速いもんなあ。
しかも、フロントフォーク後部に取り付けてあるのでエアロ効果も得られる。
DSC03547.jpg
ANT+対応のRIDESENSEセンサー標準装備
もはや宇宙船を思わせる、ビジュアル。
DSC03551.jpg
2014 GIANT PROPEL ADVANCED SL 2
SRAM RED 11速超軽量モデル!
重量はなんと6.7kg!!

サーヴェロやスコットのFOILを撃墜する為に生れたと思えないやばさ。
ちなみにPROPELのトップチューブがスローピングではなくなった理由は、やはり
エアロ効果を追求していった結果、トップチューブがホリゾンタル気味になったとか。
しかも、フレームは前から後ろに行くにしたがって、次第に細くなっていくという。
悪役というか、ヒールなビジュアルですね。
DSC03554.jpg
2014 GIANT PROPEL ADVANCED SL 3 機械式ULTEGRA(6800)11速。
できるだけ、手に入りやすい価格設定だそうです。
確かに100万オーバーの、上位モデルと比較すれば50万クラスは魅力的!?
しかし平地における高速巡航性能すら、他社のモデルを圧倒できるって本当?
DSC03555.jpg
ホイールはGIANT P-SLR 1 AERO
カーボン×スカンジウムの50mmディープホイールで最軽量の前後1575g。
少し広めの21mm幅のリムがタイヤとの一体感を増し、優れたエアロダイナミク
ス効果を発揮。
対応タイヤ クリンチャー。
[予約受付中]Bianchi (ビアンキ) 2014年モデル IMPULSO Ultegra (インプルーソ アルテグラ)【ロードバイク】【ロードレーサー】

スポンサードリンク

2013年09月16日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する