BROOKS Cambium C17がとうとう発表されました。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 未分類 > BROOKS Cambium C17がとうとう発表されました。

BROOKS Cambium C17がとうとう発表されました。

ブルックス ニューサドル2
いよいよノーレザーサドルCambium C17が発表されました。
レザーの代わりに、ブルックス伝統の薄いオーガニックコットン
キャンバスと硫黄で処理された天然ゴムによって処理された
新型サドルです。
メンテナンスフリーであり防水処理された、気楽さもありその上
扱いやすいように設計。

ブルックス8
これが表面。
薄いコットン繊維の層から形成されただけあって、渋いですね、
なんとなく木製にも見えます。

もっと野暮ったくなるかと思っていまいましたが、シャープさを兼ね備えた
デザインなんですね。
ブルックス7
この底面が硫黄処理されたゴム部分ですね。
BROOKS Cambium C17はハンモックの様な構成をした新しいサドルとう
話ですけど。
このゴムが、コットンを張りつつも衝撃吸収も兼ねているのかな。
振動と衝撃を吸収しつつ、お気楽に乗れるそうです。

レザーの様に、お尻がなじむまで時間が必要ないのでしょうね。
ハンモックの様に、使用開始時からいきなり快適な訳ですか。
ブルックス ニューサドル4
このCambium C17サドルは交換可能な、パーツより組み立てられ
ています。


今までのレザーサドルと異なり、メンテナンスフリー。
(特に硫化ゴムの底面は、永久に使えるとか)
とりあえず、バイクにこのサドルを取り付ければ直ぐに乗れるんですね。
ブルックス ニューサドル
もう少し過酷な環境下において乗れるオーガニックレーシングサドル
BROOKS Cambium C15というのも後日登場するそうです。

ロード用オーガニックサドルというのは、やはり世界初? ですよね

ハンモックの様な快適性
防水性
メンテナンスフリーで環境に優しい
この3つを兼ね備えた、次世代のサドルなんでしょう。

これから世界中のバイクに採用されて、お目にかかる日も近いのかと
思うと嬉しいです。
Trekking/Touring LineBROOKS(ブルックス)B17 STANDARD

スポンサードリンク

2013年06月18日 トラックバック(0) コメント(2)

 ハンモックのような快適性ですか! 
 いままでブルックスの革サドルはどうも好きになれなくて敬遠していましたが、これなら使ってみたいです。
 雨の多い日本では防水性も大事ですしね。

2013年06月19日 クロスバイクスキー URL 編集

そうですよね! メンテナンスいらずの快適性重視&環境に優しいという点がいいです。

日本にはいつ頃入ってくるのか、気になる所。

結構日本国内においても、注目高いみたいですよ。

2013年06月21日 管理人 URL 編集












管理者にだけ公開する