2014 Merida Warp TT (メリダ ワープTT) ケーブル内臓可変ステム スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > MERIDA(メリダ) > 2014 Merida Warp TT (メリダ ワープTT) ケーブル内臓可変ステム

2014 Merida Warp TT (メリダ ワープTT) ケーブル内臓可変ステム

Merida-Warp-TT-team-lampre.jpg
merida2013-Bar-Head-Tube-Merida-TT.jpg

もうメリダは2014モデルを発表したんですね。
モジュラーヘッドシステムがカッコいい。
すごいなあ、エアロ可変ステムなんてものがこの世に存在するんだ。
ああ、いつ見てもハンドル位置が低いなあ。胸が弾むわ。

乗り手の空力抵抗まで、計算されつくしたTTバイクだそうで。
しかしこれだけ極端な形状なのに、UCIレギュレーションもクリアーしている
んだから、驚きですが。
FUJIもそうだけどTTモデルを次々に市場へ投入していますよね。
今度はTTモデルがくるのかな。

merida2013-Merida-TT.jpg
ステム内に、ケーブルが貫通している!
TT用油圧ディスクブーキではなく、互換性や扱い易さ、操作性を
考えてあえてノーマルブレーキ採用。

なるほど、確かにブレーキがむき出しになっている。
merida2013-Bar-set-up-Merida-TT.jpg
ステム内を貫通して、フレーム内にケーブルを供給する可変ステム
システムかあ。
(なんか発想が凄いですね。しかもあらゆる乗り手の身長にも対応する
可変ステムシステム)
将来的に、普通にエアロロードにも採用されてくる予感。

merida2013-Rear-Brake-Merida-TT.jpg
おお、BB下にリアブレーキが取り付けてある!
見事にリアブレーキに関しては、空力抵抗の問題はなさそうですね。
ダイレクトマウント方式。
merida2013-Merida-TT-4.jpg
コンポはデュラエースの9000系。
ホイールは新型フルクラムレーングディスク。
リアだけ見ても、まるで刃物で組み合わせた様な極端なエアロ形状。
最近のエアロロードは、どうしてもチェーンステーまではエアロ形状
になっていないけど。
(それでも、普通にエアロ効果を体感出来てしまうのだから恐ろしい)
ワープTTは、どういうエアロ効果が体感出来るんだろう?
やはりTTモデルなんですね。
merida2013-Rear-Stays.jpg
うわあ、ここからフレームをみると全然面積がないんだなあ。
これはえげつない。
どうしても、エアロロードだと部分部分がBOXみたいけどこいつは
シャープすぎる。

リアがなんとなく、BMCのTTモデル「timemachine 」に似ているけど
やはり、TTモデルって極めると段々似た様な傾向になるのかな。
しっかし、ネーミングセンスも面白い。
「タイムマシン」に「ワープ」ですか。地球の外でも
走るつもりなんでしょうか。
メリダ [MERIDA] 【お店で受取り専用】 2017 REACTO400(リアクト400) ロードバイク


P100075000k.jpg
P100075900k.jpg
 (´・ω・`)……なんだか、最近地震直後に変な雲がよく出現するのですよ。
なんですかね? この変な雲達は?
地震雲じゃないとは思いますが。

うーん。なんか変だなぁ……

スポンサードリンク

2013年04月19日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する