2013 TREK 8.5DS (快適性とスピード性を持ったクロスバイク)  スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > TREK > 2013 TREK 8.5DS (快適性とスピード性を持ったクロスバイク)

2013 TREK 8.5DS (快適性とスピード性を持ったクロスバイク)

DSCN3777.jpg
さてトレックのDSシリーズに試乗しました。
今回試乗して驚いた点は、10万クラスながらクロスバイクが以前とは比べ物
にならないほど、高性能化していた事です。

MTB寄りのアルミクロスバイクですね。なんとWサス搭載の
700Cディスクブレーキ!

オンロードでもオフロードでも、なんでもこなせるデュアルスポーツ
バイクということで、ちょいと興味が。
シクロクロス感覚で、クロスバイクに乗れるかな? と期待しました。
(もちろん、コンポーネントはMTB系ディオーレでしたけど)



(快適性とスピード性を持ったクロスバイク)

あれ? これは走破性よりは、快適性が高いかな?
坂道の登りは、ロックアウト機構のおかげで、ぐいぐい登っていけたんですよね。
やっぱり、このWサスの浮き沈みをコントロール出来る、ロックアウト機構は
ありがたい。

とはいえ、速度にのっても路面状態を選ばすにアグレッシブに飛ばせるのが
かなりありがたい。

スピードの乗りはやはりMTBとは異なりますね。
うーん心地いい加速感。

あとディオーレの滑らかな変速感が実に素敵。
やはりこのグレードのMTB系コンポだと、変速操作が楽しくなってくる。
変速時、エントリー系MTBコンポの様な重さを感じない。

思った程、リアのサスペンションシステムはスピードを殺さないんだなあ。


こんなに快適に、ぐいぐいスピードを楽しめるとは思わなかった。
ディスクブレーキや、トリプルクランク、フロントサスの重みはそれ程
気にならないのが不思議。
フレームは2013モデルから軽量化したのが効いているのかな?
DSCN3759.jpg
手元でロックアウト操作が可能。
フロントサスをロックすると、なかなかのスピード感が楽しめる。
フラットバーロード感覚で、面白い。
DSCN3751.jpg
逆にサスが効いている状態だとMTB風な走行性能。
やはりWサスMTBに、ちょっと似た感じだった。
DSCN3756.jpg
軽量フレームのおかげで、あまり重い走行性能ではなかった。
このモデルって走破性重視だと思っていたけど、実は快適性とスピード性に
優れている。

DSCN3764.jpg
クランクはFSA Dyna Drive 48/36/26のトリプル。
画像だとそれ程じゃないけどBB付近の溶接が、肉厚だったのが
印象的。
DSCN3771.jpg
IsoZone機構について。
リアに、ゴム樹脂のサスペンションが付いています。
通常はスピードを殺さずに、細かい振動をどんどん拾っていくタイプ。

走行中は対して気にならないけど、路面の極端な凹凸にも対応して
くれたのには驚いた。
クロスバイクって、結構な速度で進化していたんですね。
ここまで、スピードを殺さないリアサスってあったんだ……。

8.5DSの高い快適性はこのリアサスと、フロントサスの影響が大きいと思う。
DSCN3754.jpg
リアディレーラーはShimano Deore
Shimano HG20 11-32 9speed

Shimano M395 hydraulic disc brakes
DSCN3755.jpg
タイヤBontrager LT3 700x38c


(二面性を持ったクロスバイク)

やはりロックアウト機構の存在が大きいのです。

フロントサスをロックすれば、フラットバーロードの様だし。
逆にフロントサスが効いた状態なら、まるでWサスMTB。
その操作が手元で、コントロール出来るのが面白い。
カラミータ [Calamita] 【お店で受取り選択可】 calamita(カラミータ) due(デュエ) クロモリフレーム カラー:シルクブラッシュ ロードバイク

スポンサードリンク

2013年04月07日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する