2013 FUJI ALTAMIRA SL (アルタミラSL) ウルトラライトハイモジュラスカーボン採用 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > FUJI(フジ) > 2013 FUJI ALTAMIRA SL (アルタミラSL) ウルトラライトハイモジュラスカーボン採用

2013 FUJI ALTAMIRA SL (アルタミラSL) ウルトラライトハイモジュラスカーボン採用

13_fuji_058079_01_L.jpg
先日のFUJI SSTは凄かったけど、このALTAMIRA SLも気になる
なあ。
フラグシップモデルだから、普通にハイモジュラスカーボンを採用して
いるし。
11%の剛性度アップ10%の軽量化に成功とあるけど……じゃあ、けだものじみた
FUJI SSTより剛性があり、なおかつ軽量ということか。

でも、基本的な設計思想はFUJIのカーボンロードなんですね?

電動コンポーネント対応だし。
あとFUJIの特徴である大径ダウンチューブと極細シートステー路線も継続。
BBもSSTと同じくブレスフィットBB(BB86)採用かあ。

なんだかんだで、高剛性を徹底的に狙っている印象を受ける。
乗りたい、乗りたい、乗りたい、乗りたい。

SSTもALTAMIRA SLも、とうとうプロチームに供給が決まったそうだけど。
そりゃ、レースに使わなないで何に使うのか? てなもんですよ。
 
(´・ω・`)……え? あれだけの走りをするモンスターエアロロードだったのに
今までプロチームに供給されていなかったの?
と、違う意味で驚いたり。

13_fuji_058079_02_L.jpg
にしても、極細シートステーですね。
ほっそいなあ。
高剛性フレームという特徴と共に、走行中「軽さ」も体感出来るそうで。
やっぱりハイモジュラスカーボンの特徴を前面に押し出したモデル。
13_fuji_058079_04_L.jpg
FC-330フルカーボンフォーク、上下異径テーパーヘッドチューブかあ。
フラグシップモデルカーボンにしては、結構フレーム価格は18万とリー
ズナブルだと思うけど。
13_fuji_058079_03_L.jpg
2012 FUJI ALTAMIRA1.0に試乗した時もモンスターな走りを
見せてくれたけど。
もうあの時よりも、更に進化しているのか……。
13_fuji_058079_05_L.jpg

良く見てみるとエアロフレームではないのですね。
剛性と衝撃吸収性を強化しているフレームという印象。


そういえば、最近20万クラスのハイモジュラスカーボンモデル採用モデル
が増えてきたので嬉しい限り。
段々、手に入れやすくなってきましたね。
【ロードフレーム】FUJI (フジ) 2013年モデル ALTAMIRA SL (アルタミラSL) COLOR:Carbon/...

スポンサードリンク

2013年01月25日 トラックバック(0) コメント(2)

後ろに写っているKestrel TALONの紹介してほしいなw

自分乗ってますが平地素晴らしいです。

2013年01月28日 URL 編集

Kestrel TALON海苔の方ですか??
( ;゚ω゚)……あの、試乗出来るとことか御存じですか?

2013年02月07日 管理人 URL 編集












管理者にだけ公開する