スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 月別アーカイブ 2017年06月

2018 Bianchi JAB27.2 (ビアンキ ジャブ27.2)  SPECIALISSIMAのデザインセンスを感じるMTB

ci-512226_1.jpg
2018 Bianchi JAB27.2 (ビアンキ ジャブ27.2)
( ;゚ω゚)……う、上手い……これデザインした方は何者??? もしかして、某ロード部門がデザインしたMTBなのだろうか?
フ、フロントサスまでチェレステな上に、ビアンキロゴがシルバー??
(シルバーというよりも、ミラーに見えなくもない)

これが2018年モデルJAB 27.2??
し、しかも、シマノMTBコンポーネントのサードグレード「SLX」のワンバイイレブン!?
リア11速仕様MTB!?


このJAB27.2って、2018年モデルビアンキシリーズにおいて、デザイン的に最高得点を与えてもいいのでは?
どうもよくよく見て見ると、カラーリング面でもデザイン面でもカーボンロードモデル「BIANCHI SPECIALISSIMA CV」との共通点が見えるのですよ。
ci-512226_2.jpg
フレーム 27.5'' ALU
( ゚∀゚) あっ! トップチューブがいい感じで細い!!!
KUMAのマッチョなスローピングフレームも好きですが。
ci-512226_6.jpg
シフター Shimano SLX
ci-512226_18.jpg
フォーク Suntour XCM RL 27.5'' 100mm 1.1/8''

( ;゚ω゚)……通常ビアンキのチェレステ系カラーMTBには、サスカラーがホワイトあたりが好んで用いられるけど。
カラーリング的に、かなり挑戦的な試みをしていますね。
泥などにも対応できるように、ケーブルはインターナル仕様。
ci-512226_3.jpg
リモートロックアウト機能も付いているので、気楽に手元でサスの固定が可能。
登板時や、立ち上がり時のゼロ加速時、平坦な路面を長時間走破する際などにいいですね。
ci-512226_8.jpg
ブレーキ Shimano BR-M315 160mm
油圧ディスクグレードか。

ci-512226_7.jpg
ci-512226_4.jpg
ci-512226_13.jpg
多機能のはずなんですが、ワンバイイレブンのおかげで全体的にシャープなシルエット。
以前オールシルバーのビアンキMTBがあったのですが、逆にシルバーをビアンキロゴにするという手法を取っています。

ci-512226_9.jpg
クランクセットShimano SLX 34T 170/170/175/mm
BB Shimano BB-MT800
チェーン Kmc X11


軽量化&高剛性の4アームデザイン。しかもシングル(1x11)。
チェーン保持力が高いのもいいですね。
ci-512226_10.jpg
なんとカラーの型番に 「MATT_CK16」をこのBianchi JAB27.2に採用していますよ?
シートチューブのデザインだけ見ていると、まるでロードモデルのスぺッシャリマそのものではないですか?
試しに見比べてみると↓
DSCN9323fgrefgevf.jpg
SPECIALISSIMA CV シートチューブ部

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル おおお、そっくりだ!!!
SPECIALISSIMAをデザインされた方が、今回の2018 Bianchi JAB27.2を同様に担当しているのだろうか??
だとすると、走行性能面でもかなり期待が持てそうだ。
ci-512226_11.jpg
あああ……
ci-512226_12.jpg
あああああああ……
( ;゚ω゚)……シートステーやチェーンステー部もシルバー
渋い……これはたまらん!!

ci-512226_14.jpg
ci-512226_15.jpg
リアディレーラー Shimano SLX
スプロケット Shimano SLX 11sp 11/42T

11速用スプロケット!!
ci-512226_17.jpg
タイヤ Keda Honey Budger XC 27.5x2.2
リアも衝撃吸収性を狙った形状になっていますね。
27.5だから29erよりもコントロール性は、いいかな?
ci-512226_19.jpg
気になる価格は117,504円(税込)。

流行を取り入れたフロントシングルに、27.5インチ、更に細身のアルミフレーム、フルチェレステのカラーリング、SPECIALISSIMAを流用したとしか思えないデザインなど、ちょっとした野心作に仕上がったビアンキMTBではないですか?

( ;゚ω゚)……税込み11万か……
何よ? この強烈な物欲をそそる仕様は……
Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル JAB27.2 (ジャブ27.2)[27.5インチ][ハードテイルAM]

2017年06月30日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 Bianchi VIANIRONE7 PRO CLARIS  一気にニローネ全シリーズが4アームクランク化している!

cc-bianchi-via-nirone7-al-cl_2.jpg
2018 Bianchi VIANIRONE7 PRO CLARIS  MATT_BLACK

遂に、ニローネクラリスモデルも4アームクランク化ですよ!
(´・ω・`)……コンポが新型になっただけで、2018年モデルVIANIRONE7 PRO CLARISのデザインが激変している様に見えてしまいます。これがリア8速仕様のデザインなんですか? 

新型CLARISのSTIレバーは上位モデルと同じくコンパクトに設計。
ヽ('∀`)ノマットブラックだと、コンポカラーとも相性がいいんですね!
オールブラックに!!

あれ? もしかして2018年モデルからNIRONEモデルは全シリーズ4アームクランク化???
いずれにしてもシフターに新型 Shimano Clarisを持ってきたことで、ハンドル周りがすっきりしました。
それに、ブレーキの引きも大分軽くなったそうだし操作面においても、進化が著しいという訳か。
cc-bianchi-via-nirone7-al-cl_1.jpg
CELESTE
おお、チェレステだと逆にデザインが引き締まる……
(´・ω・`)それはそうと、2018年モデルNIRONEは、105モデルが消滅したんですね。
アルミモデル105は、レーシーなIMPULSOが担当する事に。
??105仕様のニローネって、人気があったはずだけど。なんで消滅したんでしょうね??
cc-bianchi-via-nirone7-al-cl_3.jpg
WHITE
逆にホワイトだと、ブラックな新クラリスコンポが目立つ訳か。
cc-bianchi-via-nirone7-al-cl_4.jpg
LAPIS_BLUE
グレー系のニローネも用意されている。
cc-bianchi-via-nirone7-al-cl_8.jpg
フレーム Full Alloy
(´・ω・`)ここ最近のニローネフレームの溶接面は綺麗に処理されているのが特徴。
ダウンチューブも徐々に大型化しているから、次第にカーボンフレーム寄りのシルエットデザインになってきています。
BB周辺の溶接跡とか見ると、正にアルミなんですが。
cc-bianchi-via-nirone7-al-cl_7.jpg
やっぱり流行のマットブラック系のニローネが人気になるんでしょうね。
cc-bianchi-via-nirone7-al-cl_6.jpg
cc-bianchi-via-nirone7-al-cl_5.jpg
cc-bianchi-via-nirone7-al-cl_9.jpg
フォーク Carbon with Alloy Steerer with Kevlar 1.1/8"
カーボン素材にケブラー繊維を混入させ、衝撃吸収性を向上させると共に、路面からの接地感を高めている。
(INTENSOもそうだけど、石畳のある路面なら振動を吸収して走り抜ける能力がある)
振動を一気に吸収してしまうCVカウンターヴェイル程ではないですが、アルミならでは振動吸収能力も有しています。
cc-bianchi-via-nirone7-al-cl_10.jpg
フロントディレーラー Shimano Claris
クランクセット Shimano Claris 50/34T,165/165/170/170/170/175mm
BB  Shimano BB-RS500

( ;゚ω゚)これが2018ニローネクラリスのビジュアル??
まだ頭が混乱している……

新型クラリスはクランクとクランク軸が一体化した2ピースクランクになったことで、BB-RS500対応になったんですね。
(旧クラリスはオクタリンクのBB対応)
cc-bianchi-via-nirone7-al-cl_11.jpg
NIRONEシリーズの中で最もリーズナブルに購入できる機種ではありますが。
STIレバーはスマートに内臓式になったし、クランクは4アーム化した事が大きい。

cc-bianchi-via-nirone7-al-cl_12.jpg
ブレーキ Shimano Claris
タイヤ Vittoria ZAFFIRO 700x25C

cc-bianchi-via-nirone7-al-cl_13.jpg
リアディレーラー Shimano Claris
スプロケット Shimano CS-HG50 8sp 11/34T


( ;゚ω゚)は???  11/34T!!???
一気にワイドなギア比になりましたね!!!??? 
見た目はレーシーになったけど、ツーリングバイクにも十二分に対応可能という事か。

2017年モデルは11/28Tだったのに……いい意味での坂道に強いツーリング仕様になったということか。
どんな変速感になったんだろう? 今からちょっと楽しみだ。
cc-bianchi-via-nirone7-al-cl_14.jpg
《在庫あり》Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル VIANIRONE7PROCLARIS (ヴィアニローネ7プロクラリス)[アルミフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

2017年06月29日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 Bianchi IMPULSO ALLROAD 105DISC (インプルーソオールロード105ディスク)  ( ;゚ω゚)IMPULSOが遂にグラベルロード化!!



ci-512205_1.jpg
2018 Bianchi IMPULSO ALLROAD 105DISC (インプルーソオールロード105ディスク)
( ;゚ω゚).アルミロード「IMPULSO」がグラベルロード化している……
しかもメカニカルディスクではなく、油圧ディスク仕様だとぉ?

……果たして、どんな感じでIMPULSOが山道を突破していくんだろう……。
フレームもカーボンもグラベル仕様の様ですね。しかもケーブルも以前のIMPULSO105 DISCとは違い、インターナル仕様!
(カーボンフォークはどうもグラベル版はフルカーボンらしい)

カテゴリーは「ALLROAD 」
気になるタイヤサイズはなんと700x35C!!

( ;゚ω゚)……IMPULSOの快速性を有しつつ、強力な走破性を有していたとしたら……ちょっと面白い事になりそうですね。
以前からIMPULSOはディスクモデル版「BIANCHI IMPULSO105 DISC」とか出していて、ディスクブレーキを採用する事に積極的な機種ではあったんですが。
今回の2018年モデルからとうとうグラベルロード化ですよ。
何気に、凄く実車を拝見するのを楽しみにしているのですが。
ci-512205_7.jpg
シフター  Shimano STRS505
シフターが真っ黒……
ロード用油圧式ディスク対応、デュアルコントロールレバー「Shimano STRS505」をグラベル版MPULSOに持ってきたか。

ci-512205_4.jpg
ケーブルはインターナルに、バーコードみたいなチェレステデザイン。
油圧ホースがフォーク内に貫通。
ci-512205_5.jpg
フォーク Full Carbon1.1/8"
ci-512205_6.jpg
ブレーキ Shimano BR-RS505
( ;゚ω゚)……グラベルロード風とかじゃなく、本格的なグラベルロード仕様じゃないか……

ci-512205_8.jpg
ci-512205_3.jpg
フレーム Full AlloyPF86
ci-512205_2.jpg
フレームに「MPULSO ALLROAD」とデザインされています。
ci-512205_10.jpg

フロントディレーラー Shimano 105
クランクセットShimano FC-RS510 50/34T,165/170/170/170/172.5mm
チェーン KmcX11


( ;゚ω゚)……5アームのSHIMANO FC-RS500って、いつの間にか4アームクランクFC-RS510へモデルチェンジ……
消えた……また5アームクランク消えた……
ci-512205_15.jpg
BB ShimanoSM-BB72-418
ci-512205_14.jpg
タイヤ Kendo Flintridge Sport700x35C
すげええええええ!!! かっこいい!! これがグラベル版 IMPULSO か!!
ドライブトレイン側じゃない方の、チェーンステーが面白い形状になっていますね。
ci-512205_12.jpg
ci-512205_13.jpg
ci-512205_11.jpg
リアディレーラー Shimano 105
スプロケット  Shimano 105 11sp 11/32T


一応105メイン&油圧ディスク仕様という仕様。
ci-512205_9.jpg
ここまでがブラックカラー。
( ;゚ω゚)……何気にチェレステカラー版のカラーリングがとんでもないことになっていましてね……
ci-512205_16.jpg
チェレステカラー版には「CK16」 というオルトレやスぺッシャリマなどに採用されているネオン系チェレステカラーが「 IMPULSO ALLROAD」に用意されています!
カウンターヴェイル採用モデルのみに採用されていたカラーリングと聞いていましたが。
フラグシップモデルに採用されていたチェレステカラーを、あえてIMPULSO ALLROADに持ってきた事に、ビアンキ側の密かな愛情を感じるのですが。
ci-512205_17.jpg
シクロクロスモデル「ZURIGO」にも、このネオン系チェレステカラーが採用されている模様。
いずれにしてもカラーリングに関しても、相当力が入ったモデルですね。
Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル IMPULSOALLROAD105DISC (インプルーソ105ディスク)[アルミフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

2017年06月28日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 Bianchi INTENSO SHIMANO 105 11SP MECHANICAL DISC(2018 ビアンキ インテンソディスク105) ( ;゚ω゚)インテンソまさかのディスク化!



ci-240365_1.jpg
2018 Bianchi INTENSO SHIMANO 105 11SP MECHANICAL DISC(2018 ビアンキ インテンソディスク105)

( ;゚ω゚)ついにビアンキカーボンモデルINTENSOが、ディスク化しちゃったぜ……
ちょっとした恐竜化ですね!!
フロントフォークとシートステイのカーボン素材にケブラーを挿入していることで、衝撃吸収性の高さをよくプッシュされるけど。

個人的にはスピードが逃げにくい、快速モデルという印象。(特に高速になる程、剛性を発揮するスピードモデル)
確かに INTENSOは速度が出るから、ディスク化してもいいかもしれないが。

もちろんロングライド向けに持ってきたという意図はあるのだろうけど、ディスク化してよりスピードコントロール性能を強化したという印象。
この2018年モデルフレーム形状そのものは、今までのインテンソフレームの形状により近い形になっているし。インテンソの快速性はそのままなのでは?
ci-240365_6.jpg
シフター Shimano 105
ci-240365_4.jpg
ディスク化したことにより、かつてトップチューブに貫通していたリア用ブレーキケーブルが消滅している……
ci-240365_7.jpg
でもって、フロントフォーク内にディスクブレーキ用ケーブルが貫通している……
ci-240365_2.jpg
フォーク Full Carbon with Kevlar1.1/8".15"
ci-240365_3.jpg
ブレーキ Shimano BR-RS305

(´・ω・`)なんと、SORAスペック BR-RS305 機械式ディスクブレーキか。
XT、ULTEGRAクラスのセンターロックディスクローターSHIMANO SM-RT81 SSも確認。

フラットマウント規格を採用するSORAグレードの機械式ディスクブレーキを、今回のインテンソディスクモデルに持ってきたんですね。
(通常のワイヤーケーブルで操作可能なので、従来の105STIレバーでディスクブレーキコントロールするシステム)

ci-240365_5.jpg
フレーム Carbon
ci-240365_11.jpg
クランクセット Shimano FC-RSS1050/341,165/170/170/170/172.5mm
BB  Shimano SM-BBR60

ci-240365_12.jpg
フロントディレーラー  Shimano 105
ci-240365_13.jpg
レーシーな走りが可能なINTENSOフレームはそのままか。
これはこれでかなり速そうだな……
ci-240365_10.jpg
リアディレーラー Shimano 105
スプロケット  Shimano 105 11sp 11/32T

ギア差が大きい11/32Tワイドレシオ。ロングライド向けのスプロケット使用か。

ci-240365_9.jpg
タイヤ Vittoria Zaffiro 700x25C
( ;゚ω゚)インテンソのリアエンド幅が拡張している……
元々マッチョなステー部分が、更に迫力を増している。
ci-240365_8.jpg
ディスクブレーキケーブルがこんな感じでチェーンステー部を貫通しているのか。
完璧にインテンソがディスク化していますね……これは凄い……。
ci-240365_14.jpg
ci-240365_15.jpg
( ;゚ω゚)なんて頼もしいリア部の面構え!!
インテンソフレームは石畳からの振動を力技で、コントロールしてくれるから走行時頼もしくはあるんですよね。

とはいえコンフォート性能に徹したロングライド系ディスクモデルではなく、スピード性能も兼ね備えているスピード性重視のディスクモデルなのは確かですから。
実際の所、どんな走りをしてくれるんだろう??
Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル INTENSODISC105 (インテンソディスク105)[カーボンフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

2017年06月27日 トラックバック(0) コメント(0)

アウローラ [aurora]「ラブライブ!サンシャイン!!」 サイクルジャージ の予約受付がサイクルベースあさひにおいて始まった模様。

20170228110252437brhyt.jpg
(´・ω・`)サイクルベースあさひにおいて、アウローラ [aurora]「ラブライブ!サンシャイン!!」 サイクルジャージ の予約がサイクルベースあさひにおいて始まった模様。
2月に埼玉サイクルエキスポにおいて会場受注していた商品ですね。

「ラブライブ!サンシャイン!!」 サイクルウィンドブレーカーや、サイクルパンツ、グローブなどもあります。
2017年9月上旬頃発売予定分の予約で、ご予約受付期間は6/30まで。

100000045945-l0.jpg
「ラブライブ!サンシャイン!!」 サイクルジャージ 【高海千歌Ver.】
100000045946-l0.jpg
「ラブライブ!サンシャイン!!」 サイクルジャージ 【桜内梨子Ver.】
100000045948-l0.jpg
「ラブライブ!サンシャイン!!」 サイクルジャージ 【黒澤ダイヤVer.】
100000045950-l0.jpg
「ラブライブ!サンシャイン!!」 サイクルジャージ 【津島善子Ver.】
100000045949-l0.jpg
「ラブライブ!サンシャイン!!」 サイクルジャージ 【渡辺 曜Ver.】
100000045951-l0.jpg
「ラブライブ!サンシャイン!!」 サイクルジャージ 【国木田花丸Ver.】
100000045952-l0.jpg
「ラブライブ!サンシャイン!!」 サイクルジャージ 【小原鞠莉Ver.】
100000045947-l0.jpg
「ラブライブ!サンシャイン!!」 サイクルジャージ 【松浦果南Ver.】
100000045953-l0.jpg
「ラブライブ!サンシャイン!!」 サイクルジャージ 【黒澤ルビィVer.】
100000045956-l0.jpg
「ラブライブ!サンシャイン!!」 サイクルウィンドブレーカー
アウローラ [aurora] 【ご予約・9月上旬ごろ】 [6/30まで] 「ラブライブ!サンシャイン!!」 サイクルジャージ

2017年06月26日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 BIANCHI SEMPRE PRO SHIMANO SORA 9SP 遂にロングセラーカーボンモデル センプレシリーズがSORA化!!

ci-240363_2.jpg
2018 BIANCHI SEMPRE PRO SHIMANO SORA 9SP
( ;゚ω゚)ビアンキのロングセラーカーボンモデル「SEMPREシリーズ」が、SORA化している……
かつてのビアンキフラグシップカーボンモデルだったんですけどね。

今ではオルトレ、スペッシャリマなどのカーボンモデルが登場してきてから、ミドルグレード扱いでしたが。
今回のSORA化という事で、エントリーカーボンモデル扱いになったのかな?
いずれにしても、色々な意味でショックだ。
20170301100831c39kgu.jpg
2017 Bianchi SEMPRE PRO Tiagra

( ;゚ω゚)……うーん。ただここ最近のセンプレの走行性能って、一気に走行性能が向上してきているんですよね。
レースに使用可能な、レーシー寄りの性能になってきたというか。

以前のセンプレとは、全然走りがより軽く、加速性能も鋭くなったんですよね。
むむ……フレーム性能は本格的にグレードUP化したのに、コンポはSORA化か。

とはいえ、新型SORA R3000 4アームクランクにモデルチェンジしたばかりだから、これはこれでいいのかな。
ci-240363_1.jpg
人気定番カラーのチェレステ、マットブラックの他に、ビアンキでは珍しい青基調のラピスブルーの3色を展開。
使い込んでからコンポーネントなどのパーツを強化していきたい人向けの、ソラスペックということですが。
フレーム性能的には105位が一番釣り合いが取れていると思う。

とはいえ、現在のSEMPRE PROフレームの高い戦闘力が、格安販売価格51,470円 (税込) で手に入るのはありがたい。
(´・ω・`)個人的にはミドルグレード性能のフレームが、エントリーモデルカーボンで手に入る感覚ですよ。

ci-240363_10.jpg
新型SORA R3000を持ってきたことで、上位と同じ中通し。
逆に触覚版センプレも見て見たい気もするが……

デザインも良くなったし変速タッチも軽めになったから、一気にセンプレプロに持ってきたんでしょう。
しかもバーテープがチェレステですね。
ドイツロードとイタリアンロードの混血みたいなデザインに、なんか萌える。
ci-240363_5.jpg
とりあえず、ブレーキも含めてフルSORA仕様か。
ci-240363_9.jpg
うむむ……こうなったら……。

(`・ω・´)b レース時エントリーモデル面して、こっそりミドルグレード性能の「SEMPRE PRO フレームパワー」を発動させていまえばいですよ!

兎に角、最新のSEMPRE PRO フレームって速いですから。
まだ旧センプレのイメージが強すぎて、誰も新型SEMPRE PROフレームの性能の高さに気が付いていないと思う。
ci-240363_3.jpg
ci-240363_6.jpg
新型SORA R3000はチェーンリングの上に樹脂のカバーが付いています。
105の様にチェーンリング一体成型ではありませんが。

(´・ω・`)しかしまあ、SORAモデルでもなかなかのイケメン。
デザイン的にはバランスがとれているか。
ci-240363_15.jpg
新型SORA R3000のアームの形状は上位と同様。
確かに旧SORAよりも軽い力で変速可能なので、SORAスペック自体パワーアップしている。

ci-240363_12.jpg
ci-240363_13.jpg
ci-240363_7.jpg
ci-240363_11.jpg
もちろんケーブルはインターナル!
いいな、新型は……以前のセンプレは外付けでしたよ。IMGP2211vs.jpg
2012 BIANCHI SEMPRE 105
この頃のセンプレの乗り心地はソフトな感覚。コンフォート性重視。
ある程度速度に乗ってから、当時においてはそれなりの推進力&剛性を発揮していた。

(´・ω・`)ある意味、長年ビアンキを支えたロングセラーモデル。
それが、SORA化したというのは感慨深いものがあります。
ci-240363_14.jpg
ci-240363_16.jpg
ci-240363_17.jpg
ci-240363_18.jpg
ci-240363_8.jpg
先程も解説しましたが新型SEMPRE PROフレームは走りが軽快で、加速感まで「軽い」。
ですので、目的とする速度まで非常に軽快にスピードコントロールが可能です。

(´・ω・`)ここだけの話、あまり脚力が無くても快速で走れるビアンキカーボンロードですぜ?
初めてロードに挑む方において、性能面でも、価格面においても、うってつけの完成車仕様だと思います。
Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル SEMPREPROSORA (センプレプロアソラ)[エアロロード][ロードバイク・ロードレーサー]

2017年06月25日 トラックバック(0) コメント(0)

今週のセール品お勧め一覧6月24日サイクルベースあさひ在庫一掃SALEまとめ。

(´・ω・`)サイクルベースあさひ在庫一掃SALEについてまとめました。
なかなかユニークなバイクがセール品として登場していますよ。
使用目的別に、様々な機種を格安で選択出来るのがいいですね。

100000031236-l0.jpg
ルイガノ [louisgarneau]【在庫一掃SALE】【お店で受取り選択可】 2016 LGS-HST3 ロードバイク
メーカー希望小売価格129,600円➝40%off販売価格77,760円(税込)
ルイガノSALE1
サイクルベースあさひで始まったルイガノ40%OFF
他のルイガノセールと違う所は、やたら他機種をセールしているところですね。

( ;゚ω゚)その気になれば3万円台でロードからクロスバイク、ミニベロまで手に入るのがルイガノセールのメリットですね……

しかも、新車セール品というのもちょっとしたメリットです。
サイクルベースあさひ ルイガノ40%OFF在庫一掃SALE



100000045197-l0cds.jpg
フジ [FUJI]【お店で受取り選択可】【在庫一掃SALE】 2016 SL 2.5 カーボンフレームとメイン105仕様のハイコストパフォーマンスロードバイク
メーカー希望小売価格318,600円➝40%off販売価格191,160円(税込)

(´・ω・`)FUJI SL2.5カーボンやTRACK PRO、 TTバイクフレームNORCOM STRAIGHT1.1が現在40%OFF。

サイクルベースあさひ FUJI40%OFF在庫一掃SALE


100000045619-l0.jpg
ビーオール [BE_ALL]【在庫一掃SALE】【お店で受取り選択可】 2014 BS20 DI2 20型 内装11段変速 機械式ディスクブレーキ ミニベロ
メーカー希望小売価格222,782円➝40%off販売価格133,980円(税込)
(´・ω・`)内装11段の電動変速機シマノALFINE Di2を搭載したミニベロ「BS20 DI2」が人気の模様。
クロスバイクタイプの「BS26 DI2」40%OFF品は即完売した模様。(そりゃそうだ)
個人的に滅茶苦茶ほしい……

やっぱりみんな、ALFINE Di2搭載モデルセール品を狙っていたんだな。
サイクルベースあさひ  ビーオール [BE_ALL]在庫一掃SALE



100000034315-l0.jpg
ターン [tern]【在庫一掃SALE】【お店で受取り選択可】 2016 GLEAM(グリーム) 650c クロモリフレーム クロスバイク
メーカー希望小売価格170,640円➝50%off販売価格85,320円(税込)
あとこれは、個人的にちょっと欲しいセール品ですが……

(´・ω・`)650C逆スローピングクロモリフレームクロスバイクのターングリームが50%OFFなんですよ。
もちろん見た目通り都市系クロスバイクですが、田舎道で使いたい……
ターン側としては、表参道あたりで使ってほしいのだろうけど。
100000034315_14.jpg
100000034315_15.jpg
クロモリフレームにフィン加工と溶接跡をなめらかにするスムースウェルディングを施した高級系街乗りクロスバイク。
更にケーブルをインターナルにしてフレームの優美さを前面に出したクロスバイクです。
100000034315_05.jpg
(´・ω・`)いいですね……レザーグリップに、ステムなど全体的にポリッシュ加工が美しい。
しかもデュラエースWレバーを搭載しています。
100000034315_18.jpg
日本の都市での使用を考えた、美麗なクロスバイクではあるんですが…・…
案外そういうデザインのバイクに限って都市ではなく、地方で使用される方が似合う場合も多いと思います。
ターン [tern] 【在庫一掃SALE】【お店で受取り選択可】 2016 GLEAM(グリーム) 650c クロモリフレーム クロスバイク

2017年06月24日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 Bianchi FENICE PRO CENTAUR パンターニ ダブルツール20周年記念「チームメルカトーネウノ」レプリカカラー

ci-240364_1.jpg
あのスカンジウムアルミ合金仕様の超レーシング性能が高いフェニーチェプロにパンターニ ダブルツール20周年記念レプリカカラーが登場!

マルコ・パンターニがチームメルカトーネウノ時代に駆っていた(ビアンキ メガプロシリーズ)のカラーリング「チェレステ×イエロー」が復刻されるらしいです。
※ちなみにこの画像は「ブラック×ピンク」

2017年ではフレームセットのみの販売だったグラデーションカラーに、新しくなったイタリアカンパニョーロ「ケンタウル」が採用になった訳か。

もちろんFENICEPRO105仕様も出るらしい。
C4oLSh3UcAAd4v5.jpg
Bianchi Mega Pro XL

さすがに当時の現役時代は知りませんけど、あの有名なイタリアの英雄か。
今でも愛されているのが、ひしひしと伝わってきます。

確かに当時のカラーリングを再現するモデルは、現在ビアンキ最強の軽量アルミモデル「FENICE PRO」がふさわしいかと。
(´・ω・`)
ci-240364_14.jpg
フェニーチェプロは、ケーブルを外通しだから当時のバイクデザインを再現するのにうってつけだったわけか。
普通にカーボンとバトル可能な走行性能を有していますし。
バーテープもチェレステか……

アルミロードバイクの中で、唯一レースジオメトリーを採用しているフェニーチェ。
スカンジウムアルミ合金を採用したフレームは剛性に優れ、重量は1000g前後と軽量。

それ以上に下手なカーボンフレームすら圧倒する衝撃吸収性を兼ね備えています。
(´・ω・`)なんでビアンキスカンジウムフレームの衝撃吸収性が優秀なのか、未だに謎。
フレーム形状だけでない何かがあると思う。
ci-240364_2vfwr.jpg
今回の2018年モデルから、新しくなったカンパニョーロのCENTAUR(ケンタウル)を採用した完成車が登場。
ci-240364_6.jpg
ステムとハンドルはBianchi Mega Pro XLと同様に「ITM」。
ci-240364_4.jpg
(´・ω・`)とはいえフェニーチェプロは、現在の最新アルミモデルでもあるのでストレートフォーク仕様です。
ci-240364_13.jpg
ci-240364_5.jpg
ロゴデザインも当時のビアンキメガプロと同様にしたわけか。
凝っていますね。
ci-240364_7.jpg
カンパニョーロ新型コンポCENTAUR(ケンタウル)
アルミニウムをメイン素材にしたコンポだから、スカンジウム合金のフェニーチェプロに合う訳か。
しかもシルバーカラーのグループセットをフェニーチェに持ってきてデザインの統一性も図っている。
ci-240364_9.jpg
フロントディレーラーは直付け式。
あんまりビアンキアルミモデルや、この価格帯のカーボンモデルで直付け式は見なかった様な。
毎年、毎年年を追うごとにビアンキは、フェニーチェプロに対する愛情が増していますね。
ここ最近アルミモデルに力を注ぐ姿勢が、半端ない。
ci-240364_8.jpg
(´・ω・`)なるほど。ステー集合部が、ピンクになる訳か。
「チェレステ×イエロー」の場合は、この部分がイエローになるのかな。
ci-240364_11.jpg
ci-240364_10.jpg
ci-240364_12.jpg
日本国内においてカンパニョーロでアッセンブルされた完成車は少ない上に、更にスカンジュウム合金フレーム仕様という実にレアなビアンキモデルですね。
(´・ω・`)なんかビアンキのアルミ愛に圧倒される……
Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル FENICEPRO CENTAUR (フェニーチェプロ)Campagnolo カンパニョーロ CENTAUR ケンタウル[アルミフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

2017年06月23日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 Bianchi ARIA105 (ビアンキ アリア105) レッドカラー系ビアンキエアロロードが出る!!

ci-240361_5.jpg
2018 Bianchi ARIA105 (アリア105)RED
(´;ω;`)105仕様のBUANCHI ARIA REDカラーが出るんですね。
このレッドカラー仕様のアリアが頭から離れない……
まさかレッドカラーのビアンキエアロロードが出てくるなんて、夢にも思わなかったので。

このレッドのBUANCHI ARIAのカラーリングはちょっと反則かと。
105仕様の場合は、カラーリング展開が豊富になるんですね。

ci-240361_4.jpg
2018 Bianchi ARIA105 (アリア105)BLACK
( ;゚ω゚)ブラックは逆に前面が、チェレステカラーになるのか!?
なるほど。ビアンキがエアロロードブラックをデザインすると、こんな感じになるんですね。

販売価格はなんと255,204円 (税込)。
105仕様のアリアだと、25万で買えるのか……
新型アルテグラ仕様の販売価格は319,464円 (税込)
カラー展開は105の方が豊富か……
ci-240361_3.jpg
2018 Bianchi ARIA105 (アリア105)CELESTE
(´・ω・`)ARIA105 (アリア105)CELESTEカラー仕様は、ULTEGRA(R8000)仕様と同様の配色か。
個人的にはアリアの場合、レッド>ブラック>チェレステが好みだ。


ci-240362_1.jpg
2018 Bianchi ARIATRIATHLON105
でもってこれが、トライアスロン&TT仕様の ARIA TRIATHLON105。
105仕様になるのか。
ドロップハンドルではなく、エアロバー仕様。ハンドル周りはヴィジョンの模様。

同じくトライアスロン&TT仕様AQUILA CVのステム一体型ハンドルとは違い、ARIA TRIATHLONはハンドル位置が高くなっている。
ci-240362_3.jpg
トライアスロン専用パーツ VISION。
ブルホーンバー+バーエンドコントロール変速仕様。
ARIA TRIATHLON105の場合、エアロポジションのままバーエンドコントロールで変速できるのが利点。
ci-240362_4.jpg
フレームそのものは、後々ロードとしても使える訳か。
AQUILA CVみたいに、後日アリアにも衝撃吸収システムCOUNTERVAILが採用されたりして。
ci-240362_7.jpg
ci-240362_13.jpg
ブレーキ配置も、ロード寄り。
AQUILA CVみたいにBB下に配置したりはないか。
ci-240362_6.jpg
ci-240362_5.jpg
ci-240362_8.jpg
ci-240362_9.jpg
ci-240362_17.jpg
ci-240362_16.jpg
(´・ω・`)このARIAみたいに他のビアンキのロードも、次第にリア三角がコンパクト化していくんでしょうね。
凄いな……あのビアンキがなりふり構わず最新の形状を取り入れている。
最近著しく、性能がいいビアンキモデルが増える訳だ。
ci-240362_15.jpg
ci-240362_14.jpg
ci-240362_12.jpg
AQUILA CVと同様に翼断面のシートチューブ形状。やはりAQUILA CVの流れを汲む、TTモデルなんですね。

ci-240362_10.jpg
TT仕様の場合は価格255,204円 (税込)とかなり抑えている。
しっかし、2018年モデルビアンキはロードのラインナップがドンドン増えていますね。
ロードにかなり力を注いでいる印象。
Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル ARIA105 (アリア105)[エアロロード][ロードバイク・ロードレーサー]
Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル ARIATRIATHLON105 (アリアトライアスロン105)[トライアスロンバイク/TTバイク][ロードバイク・ロードレーサー]

2017年06月22日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 BIANCHI ARIA SHIMANO ULTEGRA 11SP  フレームもコンポも全て新型!! 新型アルテグラR8000系搭載エアロモデル



ci-240360_1.jpg
2018 BIANCHI ARIA SHIMANO ULTEGRA 11SP
(´・ω・`)これが新型エアロロードARIAのエアロフレームか……

いきなり新型アルテグラR8000系搭載モデルが出てくるとは……
かなり角ばった、本格的なエアロフレームなんですね。これで剛性がオルトレクラスだったら、ちょっと怖い存在になりそう。
あと、ビアンキ特有の快適性をどこまで実現できているか。
オルトレやインフィニート、スぺッシャリマと全然違う走りなんでしょうね。

ci-240360_8.jpg
ci-240360_7.jpg
(´・ω・`)ケーブルもチェレステのメタリック。
ARIAのカラーリングって、前方から見ると攻撃的なブラックに見える様に配慮されているんですね。
横から見ると、チェレステカラーが目立ちますが。
ci-240360_2.jpg
おおっ、ヘッドチューブを貫通している!!
この辺が確かにオルトレっぽい。
ci-240360_6.jpg
確かにダウンチューブも、ホイールに合わせてえぐれている!!
うわー、ダウンチューブまでブレードっぽいや。
ci-240360_5.jpg
「ARIA」はイタリア語で空気という意味だったか。
オペラのアリアと勘違いしてしまった。
その名の通り、空気=エアロを意識デザインになっており、フラグシップモデルのOLTREから得た知識や技術も取り入れられているそうだけど。
ボリューム感が近いし、確かにオルトレっぽい雰囲気もありますね。

また、フレーム重量も重くなりがちなエアロフレームながら55サイズで1100g(誤差±5%)。
エアロロードながら、サイズ展開もビアンキらしく豊富にサイズが展開される。(※海外では61サイズまで存在。)

ci-240360_4.jpg
OLTRE XR4を踏襲したエアロフォーク。
近年のエアロモデルに採用される、フォーク内を広くとるようなデザインになっています。
フルカーボン製。重量は370g。
ci-240360_3.jpg
ci-240360_9.jpg
ci-240360_20.jpg
BB周辺も流石にボリュームがあります。
BBはプレスフィット86
ci-240360_10.jpg
フロントディレーラーは直付け。
ci-240360_11.jpg
(´・ω・`)シートチューブ、シートステーも完璧にエアロだ……
シートステーの形状もコンパクトだし。
うーん、まるでビアンキ系ロードに見えない……
ci-240360_19.jpg
ci-240360_12.jpg
流石にリアブレーキはBB下に配置しなかったか。
ci-240360_13.jpg
シートクランプは臼式で、見ての通りフレームに内蔵。
TTバイク「AQUILA(アクイラ)」と同じようにシートポストも、翼断面で尖っている方は後ろ側になっています。
シートポストも、エアロ形状なのか。
ci-240360_15.jpg
ダウンチューブもシートチューブも、お見事にホイールに沿った形状にえぐれています。
どこまでも、エアロ性能を最優先。
ci-240360_16.jpg
ci-240360_17.jpg
ci-240360_18.jpg
オルトレとかは、ボリュームのあるフレームが徐々にエアロ化した印象がありますが。
新型BIANCHI ARIAは生まれながらのエアロフレームという感じですね。

フレームもコンポも全て新型の、2018 BIANCHI ARIA SHIMANO ULTEGRA 11SP。

気になる販売価格は319,464円 (税込) と抑え目。(もう少し高いかと思っていた)
BIANCHI ARIAは新型OLTRE XR3と違いカウンターヴェイルを搭載していない分、価格はリーズナブルになった訳か。

(´・ω・`)実際の所、この新型は高速巡行性に特化した機体の様で。
でも、どこか滑らかなエアロフレームな所が、ビアンキデザインですね。
Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル ARIAULTEGRA (アリアアルテグラ)[エアロロード][ロードバイク・ロードレーサー]

2017年06月21日 トラックバック(0) コメント(0)

いよいよ2018年モデルビアンキのお披露目が行われたようで。

bianchi-2018-aria-67.jpg
(´・ω・`)ほほう!?
Bianchi(ビアンキ) 2018年モデルにARIA ULTEGRA仕様と、ARIATRIATHLON105 (アリアトライアスロン105仕様)が出るの!?
エアロロードアリアと、トライアスロンアリアモデルの同時展開か……

いずれにしても新型エアロロードARIA日本初上陸!!


クロスバイクのリムがチェレステだったり、カラー面での遊びも楽しそうですね。
詳しくは明日の記事で。
Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル ARIAULTEGRA (アリアアルテグラ)[エアロロード][ロードバイク・ロードレーサー]

2017年06月20日 トラックバック(0) コメント(0)

楽天スーパーSALEまとめ。 2016 FUJI ROUBAIX 1.5が半額!? (`・ω・´) 下手すれば、中古価格より安くないですか!!???



デイリーランキング1
(´・ω・`)楽天スーパーSALE期間中は、異様にバイクの値段が下がるので色々チェックしてみました。
アウトレット品ですが、中古価格すら圧倒する値引きが行われているバイクがありましたよ?
2717000766901_1.jpg
FUJI(フジ) 2016年モデル ROUBAIX ルーベ 1.5 ブラック/シルバー サイズ52 完成車 【ロードバイク】【自転車】
メーカー希望小売価格 167,400円 (税込)➝価格83,700円 (税込) 送料別 

( ;゚ω゚)……実質、2016 FUJI ROUBAIX1.5が半額じゃね……?
確かに半額なら、楽天ロードバイクランキング(ディリー)に4位というのも納得!
そりゃ半額近くならランキング4位にもなりますよね。

この品は、あのクラウンギアーズ楽天市場店様が扱っているのか……
アウトレットですが、セーフティーメンテナンス1年間無料というのもありがたい。
かなり手堅いセール品なのでは?
sps-17bia-niron-cla.jpg
【※6/22 01:59までSALE!】【一万円相当パーツプレゼント】ビアンキ 2017年モデル ビアニローネ 7 プロ クラリス / VIANIRONE 7 PRO Claris【ロードバイク/ROAD】【Bianchi】
30%OFF 価格67,900円 (税込 73,332 円) 送料別
(販売期間 2017年06月17日19時00分~2017年06月22日01時59分)
ニローネプロクラリスが30%OFF???
このセール品を扱っているのは、オートリック楽天市場店様。
(`・ω・´) 下手すれば、中古価格より安くないですか!!???

送料別とはいえ、販売価格税込 73,332 円ですよ……
とうとう75000円の壁を突破!!!
デイリーランキング1vfd

すげえ……ニローネが滅茶苦茶売れてる……
楽天ロードバイクランキングディリーのデーターですけど、いきなりも6位に食い込んできていますぜ?
ちょっとしたニローネプロクラリス争奪戦になってきましたよ。
17bia-parts-set.jpg
ついでに工具やケーブルロックも付いてくる!?
(´・ω・`)これが人気の秘密か?
ただ、いずれにしてもニローネプロクラリスが30%OFFになると、かなり気楽に購入可能な価格でビアンキロードが手に入るのが嬉しいですね。

しかし今回のセールは色々悩ましいな……なにせ2018年モデル発表前ですから。
17bianchi239.jpg
17bianchi235.jpg
17bianchi238.jpg
17bianchi231.jpg

2017年06月19日 トラックバック(0) コメント(0)

RENAULT GORDINI AL-FDB160 Lumie(レミュー)  ベルトドライブ仕様16インチフォールディングミニベロ

100000037109-l0.jpg
RENAULT GORDINI AL-FDB160 Lumie(レミュー) 16型

(´・ω・`)ちょっと変わったテイストのルノーフォールディングモデルです。
なんと、ベルトドライブ仕様16インチフォールディングミニベロ「レミュー」。
ベルトドライブの特性を生かし。かなり漕ぎ出しが軽いのが特徴らしい。

「電動ユニットにアシストされているような軽い漕ぎ出しの、超軽量ベルトドライブモデル」と公式HPでアナウンスされているくらいだから、相当そっち方面では自信があるんでしょうね。
100000037109-l2.jpg

DRIVE LINE社の台湾製クランク&フリー
Gates社(米国)が日本OEMにて製造しているベルトを採用


あ、本当にベルトドライブだ!!
(´・ω・`)自動車用タイミングベルトを、このフォールディングモデルに採用しているんでしょうね。
メンテの手間が省けるし、走行中チェーンに比べてかなり静寂ですからそれなりのメリットはあるか。

ベルトドライブって脚に負荷がかかりにくいけど、それなりに速度を出せるのも魅力。
更に走行中も、脚への負荷が徹底的に軽減されていて快適なんですよね。

チェーンのように伸びることがなく、常に高い動力伝達効率を維持するベルトドライブはクロスバイクや、折り畳み自転車と相性がいいですし。
20160308172721385vds.jpg
STRIDA EVO16

例えばベルトドライブ系フォールディングモデルというと、ストライダあたりが有名だけど。
(このモデルの変速方式はキックバック式内装3段変速)

ルノーも、ベルトドライブ搭載型折り畳み自転車を出していたんですね。
BRIDGESTONE HELMZにも、ベルトドライブ型シングルスピードが存在しているし。
最近、ベルトドライブ搭載型バイクが何気に増えているのかな?
DSCN2391vs (2)
DSCN2391vs (1)
DEROSA MILANINO
DEROSA MILANINOなんかは、内装3段変速(Sturmey Archer SX3)とベルトドライブを組み合わせて、驚異的な運動性能を獲得。
ベルトドライブでも、その気になればスポーティーなバイクモデルって作れるですよね。

(´・ω・`)なんだかんだで、ベルトドライブ搭載型って需要があるんですね。
あとはベルトドライブにおける変速機構は、内装変速方式を採用しています。
R8_Gordini_Pegomas-Tanneron_2005.jpg

ルノーゴルディーニブランドのミニベロバイクにはLumie(ルミエ)という名称が与えられている。
Lumie(ルミエ)とはフランス語の「軽い=lumiere」から、ベルトドライブ小径車の軽快さをイメージして命名。

(´・ω・`)ついでに自動車用のタイミングベルトなどを、この折り畳み自転車Lumie(レミュー)に持ってきている点も面白い。
100000037109-l1.jpg
スペック

BICYCLE NAME:AL-FDB160 Lumie
NUMBER/COLOR/JAN:87200-12 / White / JAN:456237337 7586
Frame:Aluminum
Folding Size:800x400x680mm
Component:ベルトドライブ、折りたたみ右ペダル
Weight:9.5kg
TIRE :16×1.2


(´・ω・`)ルノーウルトラライトシリーズとは別系統のフォールディングモデルとはいえ、9kg台と重量を抑えています。
やはりドライブトレインがベルトドライブ機構なので、日常的に使用してもドライブトレインが汚れにくいなどのメリットがあるそうな。

服装が汚れにくい折り畳み自転車を探しているなら、Lumie(レミュー)という選択肢もありか。
ルノー [RENAULT] 【お店で受取り選択可】 2016 GORDINI AL-FDB160 Lumie(レミュー) 16型 変速なし 折りたたみ自転車

2017年06月18日 トラックバック(0) コメント(0)

今週のセール品お勧め一覧6月17日 楽天ライドオン様で、2017年ビアンキモデルが最大30%OFFセールで販売されるそうです。



ss17bia-top.jpg
楽天ライドオン様で、2017年ビアンキモデルが最大30%OFFセールで販売されるそうです。
楽天スーパーセールが本日19:00~はじまりますから、それに合わせたイベントの様です。
期間は、本日6月17日19:00~6月22日1:59まで
(`・ω・´)b狙い目は30%OFF&14万円台で購入可能な、センプレカーボンモデルあたりですかね!
とりあえず本日は、一部の30%OFFセール品を特集してみました。
sps-17bia-spro-tia.jpg
30%OFF 価格147,000円 (税込 158,760 円)
【※6/22 01:59までSALE!】【一万円相当パーツプレゼント】ビアンキ 2017年モデル センプレ プロ ティアグラ / SEMPRE PRO Tiagra【ロードバイク/ROAD】【Bianchi】
( ;゚ω゚)おおっ……大体販売価格が19万程度のセンプレティアグラモデルが15万円台に……在庫があるのはMattSilverカラーか。

2017年モデルのセンプレプロは、走りが軽快で、軽い脚力でもパワフルな加速をしてくれますからね。
インテンソあたりと比べても、かなり強力なレーシング性能を有しています。
20170301100838973fw.jpg
参考画像SEMPRE PRO Tiagra CelesteBlackdecalカラー 注)MattSilverカラーではありません。
性能的にはやはりバランスが取れているので、オールラウンド系カーボンモデルではあるのですが。
ここ最近、高速性やレーシング性能がパワーアップしつつある。
逆にレーシーなセンプレプロの性能をもって、その辺を乗り回すのも楽しいだろうな……。

もちろんカーボンモデルのインテンソも、速度が乗ってくるとなかなか走りますけど。やはりセンプレプロの方が、走行性能に関して格上。
20170301100835581rgs.jpg
参考画像SEMPRE PRO Tiagra CelesteBlackdecalカラー 注)MattSilverカラーではありません。
剛性ガチガチレーシング系モデルよりは、はるかに2017年度版センプレのほうが乗り易い。
とはいえ2017年モデルのセンプレプロは多少快適性は減りましたけどね。
逆にスピード性や剛性が強化されている。
しかもあまり脚力や体力を消費せずに、加速が可能。

ぶっちゃけ、「ビアンキだから欲しい!」という購入目的でも全然OKなモデル。
購入後、センプレプロの走行性能の高さに驚くはずだ。
17bia-impu-tia.jpg
30%OFF 価格102,900円 (税込 111,132 円)
【※6/22 01:59までSALE!】【一万円相当パーツプレゼント】ビアンキ 2017年モデル インプルーソ ティアグラ / IMPULSO Tiagra【ロードバイク/ROAD】【Bianchi】
大体13万円台でIMPULSO Tiagraは売られているけど、11万円台で買える訳か。
6061系のFENICE SPORT Tiagraよりも、個人的にはIMPULSO Tiagraのほうが速そうでいいな。
スカンジウムフレームのFENICE Proだったら、IMPULSOよりは速いけど。

IMPULSOフレームはレーシー寄りで、ニローネよりもレーシング性能が圧倒的に上。
ティアグラスペックというよりも、レーシーアルミなIMPULSOフレーム目当てで欲しくなるな。
sps-17bia-mv8b.jpg
30%OFF 価格58,100円 (税込 62,748 円)
【※6/22 01:59までSALE!】ビアンキ 2017年モデル ミニベロ 8 ブルホーンバー / MINIVELO 8 BULL【小径車】【Bianchi】
クラリス8速仕様のミニベロ8 ブルホーンバー。
ブレーキレバーがDiaCompギドネットレバーに、Wレバー変速仕様。
17bia-mv8b_3.jpg

Persimmonカラーが残っているようだけど。30%OFFだからお得どうのこうのというより……個人的にブルホーンミニベロ8欲しい。

(´・ω・`)とりあえず今回の期間限定30%OFF品で、自分が欲しいと思ったのはこの3台ですね。

2017年06月17日 トラックバック(0) コメント(0)

新型BH G7 PRO登場!! なんとダイレクトマウント仕様!! 

( ;゚ω゚)……ついに来たか……
DAHGQg8UMAEoB9s.jpg
新型BH G7 PRO

BH G7 DISCではなく、ダイレクトマウント仕様???
ディスクではないの???

エアロロードBH G6 PROの正統な後継機???
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル 


もしかしたら、2018年ロードモデルにおいて、最速クラスのエアロロードかもしれませんぜ……
バロワーズ・ベルギーツアーにて既に、実戦投入か……
201512081057593f8cds.jpg
2016 BH G7 DISC ULTEGRA Di2

あー、確かにダイレクトマウントなら、BH G7の桁外れなパワーに対抗出来る制動力が確保されているかもしれませんね。
爆発しながら、前へ猪突猛進していくスーパーエアロモデルだからなあ……

でもBH G7 DISC ULTEGRA Di2の、ディスクブレーキとエアロフレームの相性は抜群に良かった。

リアのトライアングルとか、ダイレクトマウント化したことにより形状が変化したのだろうか?
ストレートなシートステー形状は、変化なさそうだが。
元々BH G7 DISCのリア三角は、ディスクブレーキのねじれに対応可能な形状を取っていたんですよね。
G7 PRO
新型BH G7 PROはエアロロードながら、オールラウンドな性能も獲得しているそうな。
( ;゚ω゚)……エアロロードなのに登りもOKか……
やはり得意の平坦な路面で、最高の高速巡行性能を発揮しそうな気もします……
(流石にULTRALIGHT EVOのほうが走りが軽快で、登り下りには強いはず……だと思うのですが)


いずれにしても、この新型が名機BH G6の正統な後継機という訳ですね。
これ、日本に入ってくるのですか??
BH G7 DISC ですら、そんなに数が来ていないはずですが……
DAfO4aFXkAANwP1fth.jpg
( ;゚ω゚)………………。
もしこのモンスターが日本に入ってきたら、2018 BH G7 PROという事になるんだろうか??

いいな……このレッドカラー……
ここ最近のBHは、BMWとのパートナー提携をした効果がいい感じででていますね。
BMWと共同でカーボン繊維の開発を行うようになって、品質が劇的に上がったそうですし。
自動車メーカーのクォリティーを、バイクに求めてきたりするそうな。
名機G6 PRO が出てきたのも、やはりBMWとの共同開発の恩恵の成果なんでしょうね。

(ちなみに、BMWはEUにおいてe-bikeの分野で躍進している。スポーツバイクの分野ではBHが担当。とはいえ、最近EUでBHの
e-bikeが存在するのも納得。何気にBMWとのパートナーシップ関係って、BHにとって大きな影響を受けているのね)
BH(ビーエイチ) 2017年モデル G7 DISC ULTEGRA DI2 (G7ディスクアルテグラDI2) RD1706[エアロロード][ロードバイク・ロードレーサー]

2017年06月16日 トラックバック(0) コメント(0)

【速報版】海外新型エアロロード2018 BIANCHI ARIA発表  ヽ('∀`)ノ全てののロードレースに対応可能! しかもトライアスロンイベントのために簡単にセットアップできる!!



hedtyh34663.jpg
海外2018 BIANCHI ARIA


ヽ('∀`)ノ 海外ビアンキ新型エアロロードの情報がきましたぜー!
高速フルエアロ BIANCHI ARIA(ビアンキ アリア)!!!

この新型ビアンキーエアロロードバイクは、すべてのロードレースに対応可能!
しかもトライアスロンイベントのために簡単にセットアップできる、非常に空力的なフレームフォークシステムを有したモデルですって!
htdehe.jpg
Ariaは、レースを重視したジオメトリ。更に風洞で実証された設計を巧みに組み合わせて、究極のエアロ性能を発揮します。

(Ariaは精密に設計されたフレームと、高度な空力形状とレーシングジオメトリを備えたフォークを搭載)

この新型エアロロードの設計は、風洞実験とプロライダーとの協力によって大きく影響を受けた本格エアロロードの模様!!
見ての通り、アリアはトライアスロンに容易に対応可能。
新型ビアンキアリアはトライアスロンになると、ペースが速い多面性を発揮。
アリアの積極的なエアロジオメトリは、トライイベントで要求される高速レースパフォーマンスに完全に適しています。
20160723142248e85jyr.jpg
2017 BIANCHI SPECIALISSIMA CV

ビアンキスぺッシャリマに搭載されている衝撃吸収システムCV
「 Countervail®(カウンターヴェイル)」は新型アリアには搭載されていない模様。
20160723142250754jyr.jpg
Countervail®(カウンターヴェイル)
カウンターヴェイルさえ搭載していれば、石畳すら鏡面の様な平坦な舗装路に変換してしまう魔法の衝撃吸収システム。

衝撃吸収性はBIANCHI SPECIALISSIMA CVの方が高いと予想。
しかしエアロ性能は BIANCHI ARIAが圧倒的なんでしょうね。

ARIAは衝撃吸収性よりも、高速性&エアロ形状に特化したモデルということか。
( ;゚ω゚)高速性にこだわったビアンキロードって、珍しい。
どちらかというと、乗り易く万能性が高いモデルが多かった記憶が。
htedhe3663.jpg
BIANCHI ARIAはフレームがかなりエアロ形状の影響を受けている様で。
シートチューブは、後輪の前縁の周りに切り取られていますね。
更にダウンチューブは前輪の周りに切り取られていますよ……。今までのビアンキロードとは違い、エアロ性能を最優先させた設計な訳か。
しかしまあ、シートステーの位置も大胆に位置を下げましたね。
現在流行のエアロロードの形状そのものだ。
トライアスロンにも簡単にセットアップ可能というのが、なんかおっかないな……
ビアンキはOltre XR3とか発表したばかりなのに、なんか2018年モデルビアンキは新型ラッシュ!!
怒涛の勢いではないですか!!

ガノもコルナゴも、De Rosaまで本格的なフルエアロロードを市場に投入して、性能面において驚異的な走行性能を獲得していますからね。
BIANCHI ARIAは実際の所、どういった走行性能を有しているのか……凄く興味が沸くな……
Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル ARIAULTEGRA (アリアアルテグラ)[エアロロード][ロードバイク・ロードレーサー]

2017年06月15日 トラックバック(0) コメント(0)

【速報版】本体重量6.97kg!! 2018 DAHON DOVE PLUS ダホン史上最軽量モデル!! 日本国内市場へ一気に投入!!!


item_0000001797_01cs.jpg
ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

ついに……
ついにこの時が来た……!!
あのダホンが、遂に圧倒的な本気を出してきた!!

本体重量6.97kg!! なんとダホン史上最軽量モデル、日本国内市場へ一気に投入!!!

imgrc0068022436.jpg


DAHON史上最軽量モデル『2018 DAHON DOVE PLUS』!!
( ;゚ω゚)……本体重量6.97kg!!
折り畳み時のサイズもダホン試乗最小クラス!!!!

マジかよ……!!
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル 軽すぎでしょうが!!


どれだけ新型2018 DAHON DOVE PLUS軽いか、あえてルノーウルトラライトシリーズと比較すると……

201611041928382bfdcewbvdsf.jpg
RENAULT ULTRA LIGHT7
公式7.4kg(実際は7.3kg)
20170217105943ec5vsfeqw.jpg
2017 RENAULT MAGNESIUM8(MG-FDB167) 参考出展版
<変速付きで8.2kg! 


(´・ω・`)ちなみに14インチシングルスピード2017 RENAULT MAGNESIUM6(MG-FDB140) 14型 超軽量マグネシウムフレームは
本体重量(ペダル、スタンドを除く)6.7Kg!!


( ;゚ω゚)……ルノーはマグネシウムフレームを投入して、ようやく6.7kgという数字をルノーは叩き出した訳ですよ!!?
それなのに……

imgrc0068019003.jpg
( ;゚ω゚).軽量さを極めた新型DOVE PLUSは、アルミフレームながら6.97kgですよ!!??
チタンやマグネシウムフレームではなく、アルミフレームで6kg台をダホンは達成しちゃったわけ??
マジでアルミフレーム?? ほっ、本気? アルミで6kg台なんてありえへんやろ!!!???? 
まさに狂気の超軽量アルミフォールディングモデル……



imgrc0068019004.jpg
2018 新型DAHON DOVE PLUSスペック
フレーム:DALLOY SONUS Aluminum VICE GRIP
ハンドルバー:ONEPIECE HANDLEPOST
ブレーキ:V BRAKE
リム:ALUMINIUM
タイヤ:KENDA K-1029 14X1.35 F/V
変速:なし
コンポ:F:なし R:なし
シフター:なし
クランク:42T
カセット:9T
キックスタンド搭載
ペダル:FOLDING ALLOY
適合身長:142-180CM
フォールディングサイズ:W62xH56xD30cm
重量:6.97kg(ペダル、スタンド除く)

( ;゚ω゚).なるほど……ハンドル高は調節できないか? シングルスピード仕様で……
兎に角アルミフォールディングモデルにおける重量面での限界に挑んだ訳ですね。
高い衝撃耐久性を実現したVICE-gripテクノロジーを採用。
imgrc0066167694.jpg
2017 DOVE UNO 重量:8.8KG
これは初代2017年モデルの DOVE UNOですが。
2017 DOVE UNOを更に軽量化を図ったということが、新型2018 DAHON DOVE PLUSということか。
imgrc0066167673.jpg
( ;゚ω゚)……え~っと一番驚いた点は、あのダホンが……こんな2018 DAHON DOVE PLUSみたいなチャレンジャー的な超軽量モデルを出してきたことですね。
マジでダホンブランドで、ここまでやるのかよ……なんかダホンが突き抜けた感がありますね。


まさに、『2018 DAHON DOVE PLUSショック!』と命名してもいいですよ…… 

もしかして、ミニベロ界は軽量化が一段と進むんだろうか……多機能ではなく軽量化か。
なんか色々な意味で、流れが変わってきた気がする。
とりあえず今回は【速報版】ということで、急ぎ記事にしました。
【ポイント最大8倍(6/15 0時まで)】DAHON(ダホン)DOVE PLUS(ダブプラス)2017モデル 折り畳み・フォールディングバイク【送料プランC】 【完全組立】

2017年06月14日 トラックバック(0) コメント(0)

【速報版】2018 FELT F85 &2018 FELT F95  やはりエントリーモデルにも、継続して7005系アルミフレームを用意してきた模様。



(´・ω・`)人気の高いエントリーアルミモデル2018年モデルFELT F85 F95を、ざっくりチェックしてみました。
エントリーアルミモデルの価格帯とはいえ、やはり2018年モデルにも7005系アルミフレームを用意してきた模様。

また最近のフェルトアルミモデルは、コンポやフレームの充実度が高いですね。
可能な限り2018 FELT F85 &2018 FELT F95にシマノ製コンポを投入しています。

でも、特にフレームに上位モデルの品質をしっかり用意しているあたりが、フレーム重視のフェルトらしいです。

17_f85_6.jpg
17_f85_5.jpg
2018 FELT F85 シマノTiagra搭載

特徴
「SuperLite 7005 アルミ」を採用。
「UHC Perfomance カーボンフォーク」
「レースジオメトリ」
ブレーキも含めて、フルティアグラ
シートピラーがカーボン製
タイヤはシュワルベ製Schwalbe Lugano HS 471、700c×23c

楽天ファルコンバイクの販売価格は、2017年6月13日時点で税込 124,416 円

(´・ω・`)なんと12万円で、フルティアグラ4アームクランク&7005アルミ仕様のロードが購入可能。
2017年モデルと路線はそれ程変わっていないようですが、やはりコスパが高い。
(SuperLite Custom バテッド7005アルミニウム)
最近コンポさえ選ばなければ、BIANCH IINTREPIDA SORAみたいに14万円台でカーボンモデルが手に入る時代になりましたからね。

しかしFELT F85は12万円台で、戦闘力の高い7005系アルミが手に入るという魅力的なモデル。
(`・ω・´)b7000系アルミモデルの戦闘力はまだまだ侮れませんよ!
最近の、アルミモデルの性能は一時期に比べて格段に向上していますし。



FELT F85スペック
サイズ(適正身長) 480:155-165cm
510:160-175cm
540:170-180cm
560:175-185cm
カラー マットブラック、マットホワイト
重量 9.17kg
フレーム SuperLite Custom バテッド7005アルミニウム、スレッドBB
フォーク UHC Performanceカーボン、アルミニウムコラム
ヘッドセット FSA NO.38/42B-CUP、1.125"-1.5"
ステム Felt SuperLite、+/-7°ライズ、Φ31.8mm、
48cm=80mm、51cm=90mm、54-56cm=100mm
ハンドルバー Felt SuperLite Road、ショート 65mm リーチ、125mm ドロップ、Φ31.8mm、
48cm=380mm、51cm=400mm、54-56cm=420mm
シフター Shimano Tiagra 10スピード
フロントディレイラー Shimano Tiagra バンド式、Φ34.9mm
リアディレイラー Shimano Tiagra ロングケージ
クランクセット Shimano Tiagra 、
48cm=165mm、51cm=170mm、54-56cm=172.5mm
チェーンホイール Shimano 50/34T

ボトムブラケット Shimano Hollowtech2
フリーホイール/カセット Shimano 10スピード、12-28T
ブレーキレバー Shimano Tiagra
フロントブレーキ Shimano Tiagra dual pivot caliper
リアブレーキ Shimano Tiagra dual pivot caliper

サドル Felt SuperLite Road
シートポスト UHC Performanceカーボン、Φ27.2mm、300mm(ありがたい事にカーボン!)
シートポストクランプ Felt シングルボルト、Φ30.6mm
リム/ホイールセット Felt Road RSL3 (チューブレスレディ)、22mm ワイド、24mm ディープ
フロントハブ Felt R3、シールド ベアリング、28H
リアハブ Felt R3、シールドカートリッジベアリング、32H、10スピード(11スピード互換)
スポーク 2.0mm ステンレス
タイヤ Schwalbe Lugano HS 471、700c×23c


17_f95_7.jpg
17_f95_6.jpg
17_f95_8.jpg
2018 FELT F95 シマノSORA搭載


FELT F95特徴
「SuperLite 7005 アルミ」を採用。
「UHC Perfomance カーボンフォーク」
「レースジオメトリ」
Sora仕様
シートピラーがアルミ製
タイヤはシュワルベ製Schwalbe Lugano HS 471、700c×23c

楽天ファルコンバイクの販売価格は、2017年6月13日時点で(税込 97,005 円)

(´・ω・`)販売価格9万円台で買える、SORA系7005系アルミロードですよ。

FELT F95に7005系アルミを採用したのは、2015年モデル辺りからですが。高コスパの路線は、2018年モデルも継承されています。

上位7005系アルミモデルのフレームを、リーズナブルに手に入れたい方はお勧め。
コンポもフルシマノですし。
2017年モデルから、ブレーキがSORAになり制動力を強化した路線もこの2018年モデルは継承しています。


スペック
サイズ(適正身長) 480:155-165cm
510:160-175cm
540:170-180cm
560:175-185cm
カラー マットブラック、マットホワイト、マットレッド
重量 9.31kg
フレーム SuperLite Custom バテッド7005アルミニウム、スレッドBB
フォーク UHC Performanceカーボン、アルミニウムコラム

ヘッドセット FSA NO.38/42B-CUP、1.125"-1.5"
ステム Felt SuperLite、+/-7°ライズ、Φ31.8mm、
48cm=80mm、51cm=90mm、54-56cm=100mm
ハンドルバー Felt SuperLite Road、ショート65mmリーチ、125mmドロップ、Φ31.8mm
48cm=380mm、51cm=400mm、54-56cm=420mm
シフター Shimano R3000 Sora
フロントディレイラー Shimano R3000 Sora バンド式、Φ34.9mm
リアディレイラー Shimano R3000 Sora ショートケージ
クランクセット Shimano R3000 Sora、48-54cm=170mm、56cm=175mm
チェーンホイール Shimano 50/34T

ボトムブラケット Shimano Octalink、68×113mm
フリーホイール/カセット SunRace 9スピード、11-28T
ブレーキレバー Shimano R3000 Sora
フロントブレーキ Shimano R3000 Sora dual pivot caliper
リアブレーキ Shimano R3000 Sora dual pivot caliper

サドル Felt SuperLite Road
シートポスト Felt SuperLite Road、Φ27.2mm、300mm(流石にカーボンではない)
シートポストクランプ Felt シングルボルト、Φ30.6mm
リム/ホイールセット Felt Road RSL3 (チューブレスレディ)、22mm ワイド、24mmディープ
フロントハブ Felt R4、シールド ベアリング、28H
リアハブ Shimano、シールドベアリング、32H、9スピード
スポーク 2.0mm ステンレス
タイヤ Schwalbe Lugano HS 471、700c×23c



【店内全品ポイント10倍 スマホでエントリー 6/17〜】ロードバイク フェルト 2018年モデル F85【シマノTiagra搭載】FELT ROADBIKE F-85【7005アルミフレーム】自転車【送料無料】【ペダルプレゼント】【期間限定防犯登録無料】
【店内全品ポイント10倍 スマホでエントリー 6/17〜】ロードバイク フェルト 2018年モデル F95【シマノSORA搭載】FELT ROADBIKE F-95【7005アルミフレーム】自転車【送料無料】【ペダルプレゼント】【期間限定防犯登録無料】

2017年06月13日 トラックバック(0) コメント(0)

究極の空中輪行!! ヘリコプター専用バイク運搬ユニット「Bicycle Racks」を、カナダメーカーAero Designsが開発した!!



50110.jpg
おおおお!!! バイクが空をリアルに飛んでいる!!!
ヽ('∀`)ノ 



ヘリコプターでバイクを運ぶ問題を解決!!
これはカナダのヘリコプターアクセサリーメーカーAero Designs「エアロデザイン」が開発した、夢のバイク運搬ユニット「Bicycle Racks」です!!
これらのラックは最大6インチの自転車をヘリに固定し、26インチ〜29インチのホイールを最大4インチの幅に収納可能だそうです!
28271654882_81e59cb04e_b.jpg
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル うぉぉおおおぉぉおぉおお!! すげー!!! ヘリとバイクが空中で旋回している!?

自転車は、標準的な車載用キャリアラックのように、タイヤを締め付ける2本のアームで固定されています。
ですので、自転車をヘリコプターで運搬するのに、時間面でもコスト面でも短縮できます。


( ;゚ω゚)……てか、このヘリコプタージェットエンジンを搭載した、ジェットヘリ??
時速200km以上の速度で、バイクと人の運搬が可能って訳か……


28271657202_60a78cf8ec_b.jpg
現在多くのヘリコプターのシャトル会社は、人と自転車を同時に運ぶことが出来なかったとか。
本来はヘリコプターの底から自転車をぶら下らせなければならないため、複数回の運航をを行う必要があり、コストがかかったそうだ。


(;゚ω゚ )……しかし、カナダのヘリコプターアクセサリーメーカー「Aero Designs」に手によるこの新しいデザインは、6人のライダーとそのバイクを一度に飛行させることが可能なんですよ!!

しかも全ての乗客にとって、より安全な方法であるそうです。
いいなあ、ヘリで空を飛んだ後、バイクで疾走可能か。
たまらないですねー!
28296709541_258b529c30_b.jpg

飛行安全に関する米国とカナダの規制を満たすために、Aero Designs社は1〜6台の自転車がヘリコプターの性能にどのように影響するかについてパイロットに情報を与えるために、何度もパフォーマンステストを実施しなければならなかったのですよ。
なんでもこの「Bicycle Racks」を制作するよりも、過酷なテストだったそうです。
人と自転車が積まれたヘリコプターで何か問題が起こっていることを考えると、非常に意味があるテストだったとか。
aero-design-bike-as350-355-2.jpg

( ;゚ω゚)……ヘリコプター専用バイク運搬ユニット「Bicycle Racks」を使用すれば、バイクの行動範囲を無限に広げてくれそうですね。
バイク一台だけではなく、六台同時に運搬加工という所が斬新だ。
自転車を活用した災害救助や観光など、無限に可能性が広がりそう……。

ターン [tern] 【在庫一掃SALE40%off】【お店で受取り選択可】 2016 GLEAM(グリーム) 650c クロモリフレーム クロスバイク

2017年06月12日 トラックバック(0) コメント(0)

あさひオフィスプレスモバブル-H ( ;゚ω゚)なんと700Cサイズの、ラージサイズ折りたたみ自転車

100000041824-l1.jpg
ASAHI  オフィスプレスモバブル-H 700c 折りたたみ自転車[CBA-1]
( ;゚ω゚)なんだこりゃ? あさひ700Cサイズホイールの折り畳み自転車???
なによ? このラージサイズホイールは!!???

なんとなく雰囲気が、かつての26インチフォールディングモデル「ダホンエスプレッソ」を思い出させますね。
(ギミックではなく、雰囲気ですよ。雰囲気)

もっとも現在でもターンが、26インチ折り畳みモデル「TERN ECLIPSE 」シリーズを展開させていますが。
atoffice.jpg
名前は「オフィスプレスモバブル」というそうです。

スーツ姿でも乗りやすい装備、外観を兼ね備えており、通勤などのビジネスシーンに使えるフォールディングモデルだそうで。
クロスバイクと折り畳み自転車が融合した、「疾走感」と「ポータブル性」2つの顔を持った新しいバイクなんですって。

しかし、700Cサイズの折り畳み自転車って珍しい……
step1-img.jpg
気になる折り畳み方ですが……やはり、最初にフロントホイールを取り外すそうです!


①前輪用ブレーキのリードパイプと前輪のクイックレバーを解除し、前輪を取り外す。

step2-img.jpg
②メインフレームと後輪側フレームを繋げているジョイントロック金具を解除します。

step3-img.jpg
ハンドルステムとサドルを持ち上げ、後輪を前方に移動させて折り畳み完了。
横方向に折り畳むのではなく、垂直方向に折り畳む方式ですね。
一時期パシフィックサイクルのフォールディングバイクで、よく採用されていた折り畳み機構ではないですか?
100000041824_04gfre.jpg

フレームは6061アルミ折りたたみフレーム
何が凄いかって、なんとリアにサスペンションまで搭載。
なんか、色々な意味で来ていますね。
100000041824_08.jpg
リアの接合部はエラストマーとなっており、乗車時は振動吸収の役割を担っています。
荒れ道というよりは、舗装路の細かい振動を吸収するタイプ。
またオフィスプレスモバブルは、エルゴノミックグリップを採用しているので路面からの振動に手を守る対策をとっています。

100000041824_07.jpg 
( ;゚ω゚)なるほど。このポイントから変形する訳か。
折りたたみ操作の起点となる箇所がサスな訳ですね。
100000041824-l2.jpg
( ;゚ω゚)700Cホイールが折りたたまれている……シュールだ……
100000041824-l3.jpg
縦方向だとこんな感じか。
輪行袋は、ロード用のを用意すればいいかな……?
ontheroad2.jpg
(´・ω・`)なるほどね。こんな感じで、オフィスプレスモバブルを持ち運べばいい訳か。
fewwfegre453.jpg
fewwfegre453vs.jpg
個人的にはマンションとかに駐輪スペースがない場合に、オフィスプレスモバブルが向いていそうな気がする。
ontheroad1.jpg
タイヤ・チューブ 700x28C 仏式バルブ
R.ディレイラ― シマノ RD-TY300D
ギア シマノ MF-TZ21 7S 14-28T
ブレーキセット TEKTRO ミニVブレーキ


オフィスプレスモバブルは確かに色々な意味で乗ってみたい、フォールディングモデルではある。
ありそうで、なかったチャレンジャー的な要素を持っていますし。

100000041824-l4.jpg
100000041824-l0.jpg
(´・ω・`)最初は折り畳む際、戸惑うかもしれませんが。慣れてくると割とスムーズに折り畳んだり、展開させたり出来ると思います。

走行性能に関しては都市型アーバンタイプのラージサイズ折り畳み自転車として、街乗りとしての機能を重視していますね。
あさひ [ASAHI] 【お店で受取り選択可】 オフィスプレスモバブル-H 700c 折りたたみ自転車[CBA-1]

2017年06月11日 トラックバック(0) コメント(0)

今週のセール品お勧め一覧6月10日 ビアンキアウトレットSALEがサイクルベースあさひにてスタート! 

ビアンキアウトレットSALEがサイクルベースあさひにてスタートした模様。
ヽ('∀`)ノ ビアンキロードが7万円台で、現在購入可能になっています!

100000045107-l0.jpg
ビアンキ [BIANCHI]【アウトレットSALE】【指定地域お店で受取り選択可】 2015 VIA-NIRONE7-ALU Claris ロードバイク
メーカー希望小売価格100,440円➝24%off販売価格75,980円(税込)
(´・ω・`)サイクルベースあさひにおいて、ビアンキNIRONEシリーズのアウトレットが出てきました。
チェックしたところ、クラリススペックとSORAスペックが中心になっていますね。
個人的にクラリススペックのニローネって、何気に好きだ。
DSCN6532csa (2)
個人的には、ツーリングなどに使える堅牢なクラリスが欲しいな。
走行中安定感があるし。あと、この頃のNIRONEは既にカーボンフレームを意識した形状になっているので何気にかっこいい。
DSCN6532csa (1)
シフターは変速段数を表示するインジケーター(目盛り)付き。
通称「ツノ付き」
(´;ω;`)新クラリスからは、この愛らしい目盛りが消滅してしまうのですよね。
DSCN6531csa (1)
ブレーキ シマノ claris
(´・ω・`)2015年モデルのNIRONEはフルクラリス仕様。
DSCN6530ca.jpg
カーボンフォークブレードに、部分的にケブラーを挿入
衝撃吸収性を強化したアルミロードなので、石畳程度なら衝撃を確実に吸収してくれますよ?
DSCN6531csa (2)
ぶっちゃけ、2015年モデルとはいえ、ダウンチューブの太さはかなりのもの。
爆発的な剛性や推進力ことは無いが、確実にしっかりと脚力を受け止め名ながら前進する剛性を有している。
DSCN6527ca (2)
クランク シマノ claris, 50/34T,165/170/170mm
(´・ω・`)旧クラリスのクランクか。
多分2018年モデルNIRONEから、新型クラリスを採用してくると予想されるので4アームクランクになるのでは。
逆に旧クラリスが好みなら、このモデルも悪くないか。
DSCN6527ca (1)
タイヤサイズ:700×25c
重量:10.34kg(サイズ53 ペダルあり)
変速:2×8s 16段変速
ペダル:フラットペダル

さすがに24%OFFなので、そこそこお得ですね。
逆に30%OFFなら、相当お店が頑張っていると個人的に解釈しています。
(´・ω・`)とはいえ、とりあえず7万円台で【75,980円(税込)で】ビアンキロードが手に入る。
2017年モデルのNIRONE クラリスは、大体平均販売価格89000円程度で手に入るから13000円程度お得という事になります。



100000045100dt-l0.jpg
ビアンキ [BIANCHI]【アウトレットSALE】【指定地域お店で受取り選択可】 2015 VIA-NIRONE7-ALU sora
メーカー希望小売価格122,040円➝25%off販売価格91,980円(税込)

(´・ω・`)大体2017年モデルは106000円程度で販売されているから、このセール品は14000円程度安いか。
他にも2015年モデルのビアンキローマ3、ローマ4。KUMAなどがアウトレット品で放出されています。
100000045089-l0.jpg
ビアンキ [BIANCHI]【アウトレットSALE】【指定地域お店で受取り選択可】 2015 ROMA4(ローマ4)
メーカー希望小売価格73,440円➝24%off販売価格55,980円(税込)

5万円程度で、購入可能か……
(´・ω・`)やっぱり2018年モデルお披露目前の、この時期は美味しいな……
案外クロスバイクやMTB系ビアンキモデルのセール品をお探しなら、これはこれで面白いかもしれません。
ビアンキ [BIANCHI] 【アウトレットSALE】

2017年06月10日 トラックバック(0) コメント(0)

【速報版】2018年モデルFELT F75 サドルにイタリアProkogo社、タイヤにドイツSchwalbeか……パーツが随分豪華になってきていますね。



17_f75_5.jpg
2018年モデルFELT F75 ブラック

(´・ω・`)えっと、実質2018年モデルFELTの予約がスタートした模様。
現在判明しているスペックなどについて「速報版」ということで、失礼します。

やはり2018年モデルフェルトの注目点は、新型アルテグラR8000採用モデルFELT FR2、3モデルになるとは思いますが。

でもコスパの高い名アルミレーシングモデルなら、やっぱりこの2018年モデルもFELT F75ですね。
リーズナブルにレーシングスペック105採用モデル路線は継続。
105スペックが普通に販売価格14万円台で手に入るし、7000番台アルミフレーム仕様ですよ?
この2018年モデルFELT F85のスペックをチェックしてみると、なかなかパーツ面が豪華でして。

特徴

「SuperLite 7005 アルミ」を採用。
「UHC Perfomance カーボンフォーク」
「レースジオメトリ」
サドルにイタリアProkogo社
シートピラーがカーボン製
タイヤはSchwalbe


105スペック7005系アルミに、サドルにイタリアProkogo社、タイヤにドイツSchwalbeか……パーツが随分豪華になってきていますね。コストカットの為の、FELT系オリジナルパーツが見当たりません。

鋭いコーナーリングと高い反応性を実現したロードレースで勝負できるフレーム設計と歌われています。
2018年モデルも7005系フレーム&105スペックの、強力なアルミロードになる模様。
スレッドBB仕様は継続か……



スペック

サイズ(適正身長) 480:155-165cm
510:160-175cm
540:170-180cm
560:175-185cm
カラー マットブラック、マットホワイト
重量 8.84kg
フレーム SuperLite Custom バテッド7005アルミニウム、スレッドBB
強調文フォーク UHC Performanceカーボン、アルミニウムコラム

ヘッドセット FSA NO.38/42B-CUP、1.125"-1.5"
ステム Felt SuperLite、+/-7°ライズ、Φ31.8mm、
48cm=80mm、51cm=90mm、54-56cm=100mm
ハンドルバー Felt SuperLite Road、ショート 65mm リーチ、125mm ドロップ、Φ31.8mm、
48cm=380mm、51cm=400mm、54-56cm=420mm
シフター Shimano 105
フロントディレイラー Shimano 105 バンド式、Φ34.9mm
リアディレイラー Shimano 105 ショートケージ
クランクセット Shimano 105、48cm=165mm、51cm=170mm、54-56cm=172.5mm
チェーンホイール Shimano 50/34T
ボトムブラケット Shimano Hollowtech2
フリーホイール/カセット Shimano 11スピード、11-28T
ブレーキレバー Shimano 105
フロントブレーキ Shimano BR-R561
リアブレーキ Shimano dual pivot caliper

サドル Prologo Nago Evo T2.0
シートポスト UHC Performanceカーボン、Φ27.2mm、300mm

シートポストクランプ Felt シングルボルト、Φ30.6mm
リム/ホイールセット Felt Road RSL3 (チューブレスレディ)、22mm ワイド、24mm ディープ
フロントハブ Felt R3、シールド ベアリング、28H
リアハブ Felt R3、シールドカートリッジベアリング、32H、11スピード
スポーク 2.0mm ステンレス
タイヤ Schwalbe Lugano HS 471、700c×23c
アクセサリー N/A

(´・ω・`)おおっ、やはり2018年モデルも継続してカーボンシートポストを採用か!
軽量化とケツの痛み対策も継続して取られている!
最初から14万円台ロードで105仕様狙いの方にもいいですね。




17_f75_6.jpg
2018年モデルFELT F75 ホワイト
2017年モデルFELT F75は、溶接跡が綺麗な7005系アルミフレームでしたから。
2018年モデルも、綺麗な仕上がりのフレームだといいな。
(´・ω・`)コンポはフルシマノで行きますか。

ただ仕様の変更などもあるかもしれないので、注文時にスペックの確認をした方がいいかもしれません。
(本当にこれだけ豪華なスペックで14万円台って、大丈夫なんだろうか?)
できれば、上記の仕様で2018 FELT F75は行ってほしいな……
ロードバイク フェルト 2018年モデル F75【シマノ105搭載】FELT ROADBIKE F-75【7005アルミフレーム】自転車【送料無料】【ペダルプレゼント】【期間限定防犯登録無料】

2017年06月09日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 FELT FR5&現在判明している2018 FELTモデルまとめ【速報版】

もう、2018フェルトモデルの情報が出てきました。
速いな……しかもアルミロードではなく、カーボンロードから予約が始まっていますよ。
(´・ω・`)オールラウンドピュアレーサー FELT FR5 と、多様なライディングシーンに対応な2018 FELT VR-6が登場。

17fr5_01.jpg
2018 FELT FR5 【シマノ105搭載】

フレーム Felt Race Road UHC Advanced カーボン、カーボン BB386 ボトムブラケットシェル、internal cable routing(機械式 電動式 互換)
フロントディレイラー Shimano 105 直付式
リアディレイラー Shimano 105 ショートケージ
フロントブレーキ Dual pivot caliper
リアブレーキ ダイレクトマウントキャリパー
フロントハブ Felt R3、シールドベアリング、28H
リアハブ Felt R3、シールドカートリッジベアリング、32H、10スピード (11スピード互換)
重量 7.98kg(510mm)

17vr6_01.jpg
2018 FELT VR-6 【シマノTiagra搭載】

フレーム UHC Performanceカーボン、BB386、12 x 142mm Syntaceスタイルスルーアクスル、フラットマウントディスク、internal cable routing(機械式 電動式 互換)
フロントディレイラー Shimano Tiagra 直付式
リアディレイラー Shimano Tiagra
フロントブレーキ Shimano RS405 油圧式ディスク Shimano Ice-Tech 160mm ローター
リアブレーキ Shimano RS405 油圧式ディスク Shimano Ice-Tech 140mm ローター
フロントハブ RSL3 ディスク、12mm スルーアクスル、シールドベアリング、28H、センターロック
リアハブ RSL3 ディスク、12mm スルーアクスル、シールドカートリッジベアリング 、28H、11スピード、センターロック
タイヤ Vittoria Zaffiro Folding、700c x 28c


R8000.jpg
(´・ω・`)2018年モデルのFELTはディスクモデルに力を入れているみたいですね。
いち早く、新型アルテグラR8000仕様モデルを市場に投入していますよ?
更に電動R8050Di2を搭載した、2018 FELT FR2も確認。
2018 FELT VR2と2018 FELT VR3はBR8070油圧式ディスク仕様になるのか。
凄いな……


2018 FELT FR2は新型アルテグラR8000&R8050Di2搭載モデル。
2018 FELT FR3は新型アルテグラR8000仕様、重量7.65kg
2018 FELT VR2はR8050Di2にBR8070油圧ディスク仕様
2018 FELT VR3は新型アルテグラR8000にBR8070油圧ディスク仕様
カーボンロードバイク フェルト 2018年モデル FR5【シマノ105搭載】FELT CARBON ROADBIKE FR-5【700×25C】自転車【送料無料】【ペダルプレゼント】【期間限定防犯登録無料】

2017年06月08日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 GIANT CONTEND 2 ジャイアント2018年新型クラリスモデル登場!!



00000093_l.jpg
2018 GIANT CONTEND 1
2018年ジャイアントロードモデルコンテンドが出てきました。
アップライドに乗れて、アルミならではの加速性能が楽しめるモデル。
CONTEND 1
ロングライドからヒルクライムに使える様に、CONTEND 1のギアは11-32Tもあるのか。
(SHIMANO CS-HG400 9S 11-32T)
更にアルミクラウン仕様の、カーボンフォーク仕様。
¥95,000(税抜価格)

サイズ 430(XS),465(S),500(M),535(ML)mm
重量 9.4kg(465mm)
フレーム ALUXX-Grade Aluminum
フォーク Advanced-Grade Composite,Aluminum OverDrive Column
ドライブトレイン SHIMANO SORA
クランクセット SHIMANO SORA Compact
ブレーキ SHIMANO SORA + TEKTRO R312
タイヤ GIANT S-R4 700x25C
SPEED 18 Speed
カラー グリーン,ブラック


00000094_l.jpg
2018 GIANT CONTEND 2
(´・ω・`)こちらのCONTEND 2の仕様はちょっと面白い事になっています。
新型クラリスを搭載! ケーブル内装式STIか……おおっ。

惜しいな……クランクは新型クラリス4アームクランクではなく、コンパクトクランクFSA TEMPO Compactですが。
ただ、ギアが11-34Tもありますね……(新発売の対応スプロケットSHIMANO CS-HG50 8S 11-34T採用か)

( ;゚ω゚)最初から、かなりワイドなローギア設定ではないですか……
いきなり新型クラリスの魅力を搭載した、初心者用アルミロードになりそうです。


ドロップバー初心者にも安心のサブブレーキレバーを標準装備。

ここまでワイドなギア比を搭載して、なおかつサブブレーキレバー仕様なので初めてロードに挑む方でも安心して乗れそうですね。
GIANT CONTEND 2面白そうだな……もちろんSORA仕様のGIANT CONTEND 1が本命なんでしょうが。

¥80,000(税抜価格)


サイズ 430(XS),465(S),500(M),535(ML)mm
重量 9.9kg(465mm)
フレーム ALUXX-Grade Aluminum
フォーク Advanced-Grade Composite,Aluminum OverDrive Column
ドライブトレイン SHIMANO CLARIS
クランクセット FSA TEMPO Compact
ブレーキ SHIMANO CLARIS + TEKTRO R312 with TEKTRO Sub Lever
タイヤ GIANT S-R4 700x25C
SPEED 16 Speed
カラー ブルー,ホワイト,ブラック

グッドスマイルレーシング [GOODSMILERACING] 【ご予約・8月下旬ごろ】 [6/12まで]「冴えない彼女の育てかた♭」サイクルジャージ 加藤恵Ver.

2017年06月07日 トラックバック(0) コメント(0)

( ;゚ω゚)なんと電動変速DI2仕様の、クロスバイクとミニベロが13万円台セールで登場!!


( ;゚ω゚)なんと電動変速DI2仕様の、クロスバイクとミニベロが13万円台セールで登場!!
今回は半額ではなく、40%OFFですが。
電動変速機「ALFINE Di2」のセール品って、かなり珍しいですね。
やはり6月なので、様々なセール品ラッシュにはなっていますが。
この時期は、何気に大幅割引のセール品が出やすいので色々探してみるだけでもなかなか面白いと思います。
100000045618-l3.jpg
ビーオール [BE_ALL] 【在庫一掃SALE】【お店で受取り選択可】 2014 BS26 DI2 内装11段変速 機械式ディスクブレーキ クロスバイク

メーカー希望小売価格225,115円➝40%off販売価格135,980円(税込)
( ;゚ω゚)……電動変速機「ALFINE Di2」リア11速仕様&メカニカルディスクブレーキのBE_ALL BS26 DI2が13万円台か。

26インチに最新の内装変速電動コンポを投入しまくった、最新型ですな……
電動変速音の「キュィン、キュィン!」と変速音がするのが滅茶苦茶かっこいいです!

ハブダイナモ発電式高機能LEDフルオートライト搭載を搭載するわ、バッテリーはシートチューブ内に隠してあるわ、有機ELディスプレーまで付いてくるちょっとありえない近未来型クロスバイク。

(´・ω・)……ギミックのヤバさに心が奪われますが、操作感が楽過ぎて色々な意味でヤバいクロスバイクでもあります。
逆に、機械式変速の楽しさを再発見する可能性もありますが。
100000045619-l1.jpg
ビーオール [BE_ALL] 【在庫一掃SALE】【お店で受取り選択可】 2014 BS20 DI2 20型 内装11段変速 機械式ディスクブレーキ ミニベロ

メーカー希望小売価格222,782円➝40%off販売価格133,980円(税込)

BS20 DI2も、上のBS26 DI2と同様に電動アルフィーネ11速ですよ。
やはり走りがデジタル感覚で、操作感が実に楽なモデルです。
2014112610411767chr.jpg
ブレーキはディスクブレーキできっちり来まるし、変速操作はまるで、半分フルオート感覚。
ただ、ハンドル操作とペダルを回す事に集中すればいいので、実に操作感が楽ですね。
見ての通り、有機ELディスプレーで変速段数を表示。
しかも、変速操作が右の四角形のパネルを押すだけ。(ちょっとしたキーボード感覚で、気楽に電動変速可能)
201411261040546d8hrt.jpg
リアディレイラー リアディレイラー SHIMANO ALFINE Di2 (11SPEED)内装ギア (11SPEED)内装ギア
(´・ω・`)パネル型スイッチと、電動内装変速リアディレイラーSHIMANO ALFINE Di2 (11SPEED)が連動している訳ですよ。

正直電動変速操作が楽過ぎて、機械式変速がしばらく苦痛になる可能性も。
もちろん、SHIMANO ALFINE Di2にも弱点はありまして。
加速時や、登板時など負荷が極めて大きい状態では、変速操作をしない方がいいかな。


100000033546-l0.jpg
フジ [FUJI] 【お店で受取り選択可】【在庫一掃SALE】 2016 TRACK PRO(トラックプロ) シングルスピード ロードバイク

メーカー希望小売価格205,200円➝40%off販売価格123,120円(税込)

エアロフレーム型最速シングルスピードのFUJI TRACK PROがセール品として出てきましたね。
A6-SLアルミ採用&Fフォークとシートポストはカーボン製。
クランクはスラム omniumuと豪華仕様。
重量はわずか8.13kg!!
オーバルからストリートまでライダーの意のままに操ることが出来る。
(´・ω・`)これ、シングルスピードとしては高級な部類に入りますが。40%OFFなら12万円台で購入可能なのか。
いいな……エアロフレームをこれなら気楽に楽しむ事が出来る……

ベルセルクの大剣みたいな、エアロなダウンチューブが魅力的。
実際、速度に乗ってくるとぐんぐん、加速してくれるそうだ。

2017年06月06日 トラックバック(0) コメント(0)

Calamita due+ レーシングブルーのデザインが秀逸!

imgrc0067995433.jpg
Calamita due+ レーシングブルー
注)写真はCalamita Dueですが、製品は”CalamitaDue+”のロゴになるそうです。
(´・ω・`)先日紹介した、モデルチェンジしたCalamita due+についてですが。
このレーシングブルーがいいですね……
もちろんTig溶接に、ベントカーボンフォーク仕様。更にCOLUMBUSクロモリな訳ですが。

レーシングブルーカラーに合わせて、ステム、シートポスト、クランクまでブラックカラー仕様ですよ。
フレームカラーに合わせてパーツのカラーまで変えてきているのがいいですね。

とりあえず、公称は「NEWカラミータ・デュエ・プラス」でいいみたいですね。

細いパイプにこだわり、なおかつ優美なデザイン性を長所として人気を博してきたクロモリモデルですが。
やはりデザイン性やカジュアル性が高いってことって重要なんですね。
「NEWカラミータ・デュエ・プラス」はレーシング性能よりも、クロモリらしい乗り易さにこだわりがあるそうで。
imgrc0067995432.jpg
シフトレバー SHIMANO SORA STI
おお、レーシングブルーだと新SORAシフターのビジュアルが生きてきますね。
しかし、いいな。
10万円台クロモリとはいえ、デザインが高く、作り手の愛情を感じる。
imgrc0067995429.jpg
ブレーキ ALLOYキャリパーブレーキ
imgrc0067995424.jpg
フォーク カーボン
おお……意地でもベントフォークでいくか……
案外耐久系レースにCalamitaDue+を投入しても楽しそうですね。
体への負荷も少ないし、なにより走りが軽くて楽なフレームですし。
多分、前モデルの長所は殺していないのでは?
imgrc0067995427.jpg
カラー:レーシングブルー
( ;゚ω゚)うぉっ……どこの色見本からこのカラーリングを見つけたんだろう??
こういうブルーカラーもあるのか……
imgrc0067995425.jpg
F/ディレ-ラ:SHIMANO SORA
R/ディレ-ラ:SHIMANO SORA
クランクセット:50/34T コンパクトクランク

imgrc0067995430.jpg
フレーム:COLUMBUSクロモリ
軽くて剛性のあるアルミフレームも素敵だけど。
Calamitaは日本で企画されているだけあって、とても乗り易いのですよね。
だからこそ走行感を軽く感じるのかな。
COLUMBUSクロモリを今回から採用したことで、どうフィーリングが変化したんだろう?

画像を良く見て見ますと……
どうもフレームはコロンバスのクロモリチューブCromor「クロマー」を採用しているらしい。
強度があって、そこそこ軽いか。
DSCN5654casde.jpg

例えばイタリア発のハンドメイドブランドBIXXIS PRIMAなんかは、COLUMBUS社に特注したBIXXIS専用設計でして。
かなりカーボンに近い走行感でした。
クロモリといえど、極めると次第に走行感が現在のカーボンフレームに近づいてくるんですよね。
質のいい最新鋭クロモリバイクは、アルミやカーボンの代わりに十二分に使えると体感しました。
imgrc0067995423.jpg
imgrc0067995422.jpg
タイヤ:KENDA 700X25C
重量:9.3kg(ペダル抜き)

(´・ω・`)うーん。レーシングブルーいいな……

やはり、全然ロゴが付いていないので、ブルーが引き立ちまくりではないですか??
税込 121,500 円だそうですが、ここまで仕様やデザインにこだわるクロモリが存在するとは……
【P最大11倍+クーポン配布(6/5 10時まで・エントリ含)】【STI搭載・新モデル】Calamita due+(カラミタ デュエ+)カラー:レーシングブルークロモリロードバイク【送料プランC】 【完全組立】

2017年06月05日 トラックバック(0) コメント(0)

Calamita DUE+ 今回リニューアルし、due +として新たに登場(とりあえず2017年度モデル版?)

imgrc0067995401.jpg
Calamita DUE+がリニューアルして新たに登場した模様。
ケーブル類が無くなって、大変すっきりしていますね。
①なんと変速がWレバーからSTIになったのが変更点だそうです。
②クロモリのパイプがイタリアのCOLUMBUS社製を採用。
以上の2点が変更点ですね。

気になる重量は9.3kg(ペダル抜き)
SHIMANO SORAのSTIレバー、25cタイヤ、ハンドルなどのパーツ構成も見直したそうで。

クロモリらしい乗りやすさを追求しているそうですけど、「速く走らない為のデザイン」は健在ですね!
下手にロゴをあしらっていませんし、その上どの世代の方にも違和感なく扱えるデザインがいい。


imgrc0067995402.jpg
前モデルでも、そんなにクロモリといえど重みは感じなかったけど。
振動吸収性に優れたクロモリフレームにカーボンフォークを使用して軽量化を図っています。
元々「軽さ」を追求していたクロモリなので、今回も期待。
シルキーさ快適性は、今回どういう方向性でいくんだろう?
走り易さと軽量感が魅力のクロモリですし。

変速にはSHIMANO SORAを使用した18段変速を搭載。
変速レバーにはSTIレバーを初期で搭載し手元で変速を行え効率よい走りを実現。
imgrc0067995414.jpg
imgrc0067995413.jpg
シフトレバー SHIMANO SORA STI
imgrc0067995408.jpg
フレーム COLUMBUSクロモリ
なんと今回の新型フレームチューブにCOLUMBUS CROMORを採用!?
ジオメトリーを一新したニューモデル。
以前からハンドメイドのTIG溶接で作られたフレームでしたけど。
溶接面は相変わらず綺麗ですね。
imgrc0067995412.jpg
タイヤ KENDA 700X25C
imgrc0067995410.jpg
これがシルクブラッシュカラーですか。マットブラック、レーシングブルーがあるけど。
このシルバー系カラーリングが一番に人気が出るんでしょうね。
imgrc0067995411.jpg
フォーク カーボン

美しいベントフォーク路線は継続。レース寄りではないクロモリには、やはりベントフォークが似合いますね。
imgrc0067995409.jpg
ホント、シンプルなデザイン。
ロゴの表示も、最小限に抑えています。
imgrc0067995407.jpg
imgrc0067995406.jpg
フロントディレ-ラ SHIMANO SORA
クランクセット 50/34T コンパクトクランク
流石に4アームクランクは持ってこないですよね。
imgrc0067995405.jpg
リアディレ-ラSHIMANO SORA
imgrc0067995403.jpg
ブレーキ ALLOYキャリパーブレーキ
imgrc0067995404.jpg
(´・ω・`)以前からもCalamita due+には、STI仕様のが出てはいましたが。
やはりCOLUMBUS社製のパイプを持ってきたのが、今回一番大きい変更点かもしれません。
電着塗装(メッキ)とか、謎にカラーリングにも独自のこだわりがありましたが。
今回はいい意味でシンプルなカラーリング。

アクションスポーツがプロデュースしたクロモリロード「Calamita」シリーズも、いつの間にか7週年ですよ。
色々な意味で、時代に左右されない秀逸なシンプルデザインは現在でもやはり魅力的ですよ。
【P最大11倍+クーポン配布(6/5 0時まで・エントリ含)】【STI搭載・新モデル】Calamita due+(カラミタ デュエ+)カラー:シルクブラッシュクロモリロードバイク【送料プランC】 【完全組立】

2017年06月04日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 Ferrari R7018 SORA ロードバイク  8万円台で、新ソラ4アームクランクが手に入る!?

100000042159-l1.jpg
2017 Ferrari R7018 SORA ロードバイク

メーカー希望小売価格146,880円➝39%off販売価格89,800円(税込)

(´・ω・`)最近、ジック株式会社の勢いが止まりませんね……
例の超軽量マグネシウムミニベロの2017モデル RENAULT MAGNESIUM 6 / MAGNESIUM 8は即完売御礼。
2017 Ferrari R7018 SORAは全国規模のロードバイク売れ筋で、とうとう一位にランクインしてしまいました。
(2017年9:00時点の順位。現在はランキングが入れ替わった模様)
8万円台で、新ソラスペックが手に入るのが理由だと思われますが。

なんだろう、最近のジックはどうも上手い所を突いてきて販売台数を伸ばしている感があります。
もうすべてのロードが、4アームクランクに切り替わっていく……

100000042159-l0.jpg
Ferrari R7018 SORAは一見カーボンフレームに見えますが、モノコック風アルミフレーム。
どこかで見たような記憶があるような、ないような。

(´・ω・`)でもいつの間に、SORA系フェラーリロードを出していたんだ?
2016年モデルは、クラリスのフロントトリプル仕様だったっけ。
ミニベロとかクロスバイクがオオトモ系フェラーリバイクのメインだったはずだが、今後ロードにも力を入れていくのだろうか?
軽量エアロアルミロード路線か。

でも8万で新型SORAか。コスパか!? コスパで今後勝負するつもりかな?
Gicでは様々な商品企画を既に2016年5月から計画していたそうで。
それが例のルノーウルトラライトシリーズのヒットにつながる訳ですが。
毎年定期的にフェラーリ系バイクを記事にしているのですが。
2017年モデルは、ちょっと真面目な路線になってきましたね。
100000042159_03.jpg
一応フロントフォークはカーボン仕様らしい。
しかし、8万円台でSORAスペックが手に入るなら、カスタムベースとしてもいいのかな?
タイヤ 700×23C フレンチバルブ
100000042159_05.jpg
SHIMANO SORA 18speed、前後クイックレリーズハブ
エントリー系アルミロードとはいえ、シートチューブがエアロにえぐれていますね。
そりゃコルナゴとフェラーリが共同開発したモデルとは、全然系統が違うエントリーアルミロードですが。


100000042159_04.jpg
エアロフィンタイプのシートポスト。
このシートポストの形状は……数多くのOEMを手掛けているアタッキ社系??
旧GIOSエアロライトや旧Scott Foilを思わせる形状。
……と色々想像できて楽しい。

201506091026jry26323 (2)
Ferrari F-01
20インチ トータル27SPEED&ディスク仕様「Ferrari F-01」

これとか、謎の妖しいオ―ラ―が素敵だった。
トリプルクランク×しかも旧ティアグラリア9速(4500系)仕様!
どういう訳か、ディスクブレーキが流行り出した2014年当時、いち早くディスク化を成し遂げてしまった謎のフォールディングモデル。
larmhui36998.jpg
Ferrari Carbon Road Bike FB7010
Ferrari Bicycle Thailand が送り出した、謎の非公式uciエアロフレームロードフェラーリモデルですよ。
リアブレーキの設置位置がもう、色々な意味でたまらない。
カスタマイズしたら、案外最速仕様フェラーリモデルという噂も。

今後謎のマグネシウム超軽量仕様のジック製フェラーリロードとか出てきたら楽しそうだな。
フェラーリ [Ferrari] 【お店で受取り選択可】 2017 R7018 SORA ロードバイク

2017年06月02日 トラックバック(0) コメント(0)

( ;゚ω゚)パナソニックジェッターが復活するのか……グラベルロード化したかのような強力な仕様に圧倒される!

img_produhjct_02_1.jpg
パナソニックジェッターが復活するのか……よかった!
( ;゚ω゚)ただ、仕様がえげつない事になっていましてね!
700×38Cに外装8段変速仕様??? 
え、えっ? しかも前後ディスク仕様!!???? 

前後ディスク仕様の700C新型ジェッター!!!
遂に前後ディスク仕様として、一気に復活してきたか!
 (`・ω・´)b先日のビーチクルーザー風BP02といい、なんかここ最近のパナソニック電動アシストモデルが攻めまくっているな。
DSCN9135fs.jpg
旧PANASONIC JETTER

またバッテリー容量もなかなかの大容量路線に舵を切りまして。
バッテリー容量16.0Ahで、搭載で軽快に長距離走行可能!??


(´・ω・`)確か以前のジェッターは、リア10速仕様700×32Cで、Vブレーキ仕様でしたよね??

タイヤサイズは太くなった上、バッテリーサイズは大容量。
前後ディスク仕様で制動力を強化しまくりか……
700Cサイズホイール採用のクロスバイク路線とはいえ、グラベルロード化したかのような強力な仕様になってしまったではないですか??
今回の新型ジェッターの設計&組み立ては昭和27年から稼働している老舗のパナソニック サイクルテック株式会社 大阪柏原工場で行い、made inジャパン品質の電動アシストになるそうだ。


(´・ω・`)……にしても一体何よ? この重武装&火力……この大胆な重武装&フルアーマーな仕様はもしかして……
2016111210414420ege.jpg
 ヽ('∀`)ノ YAMAHA新型電動クロスバイクYPJ-Cに喧嘩売っているのか???

YPJ-Cって、言うならばSHIMANO SORA&700×28C仕様の軽快フラットバーロード仕様ではないですか??
(走行距離:「ECO」モード48km)
4540774154623.jpg
( ;゚ω゚)新型パナソニックジェッターはロングモードで、なんと85kmいくらしい……
理論値とはいえYPJ-Cの、1.7倍の走行性能を有している訳か……
ただ、ロードとしてのフィーリングはYPJ-Cのほうが圧倒的に近いとはいえると思うが。

新型パナソニックジェッターは、よりグラベルロード化することによりYPJ-Cに走破面で挑もうとしているように見える。
興奮するな……
DSCN9117fwefe.jpg
パナソニック チタンフラットロードEB
(´・ω・`)これは旧モデルのパナソニック高級電動アシストモデル(2014年)ですが。
これは何気2014年モデルとはいえ前後油圧ディスクを、電動アシストモデルに持ってきているんですよね……
パナソニック的には、前後ディスクブレーキを電動アシストに採用するノウハウは以前から有していた訳で。
(ちなみに、チタンフレームって恐ろしく電動アシストユニットとの相性が抜群だったんですよね。高級チタンフレームが電動パワーアシスト伝達を全く逃さないというか)

世間的にはどういう評価になるか分かりませんが、管理人的に新型ジェッターに強い興味を覚えるのですが。
なんというか、パナソニック電動アシストモデルの長所を上手く伸ばしている感があります。
パナソニック [PANASONIC] 【お店で受取り選択可】 2017 ジェッター 「BE-ELHC49」 700x38C サイズ:490mm 電動自転車

2017年06月01日 トラックバック(0) コメント(0)