スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 月別アーカイブ 2016年07月

ヽ(`Д´)ノ ジェイミスのアウトレットSALE! なんと40%オフですぞおおぉぉぉぉ!!

ヽ(`Д´)ノ ジェイミスのアウトレットSALEが、なんと40%オフですぞおおぉぉぉぉ!!


100000033541-l0dcw.jpg
ジェイミス [JAMIS]【アウトレットSALE】【お店で受取り選択可】 2015 CODA SPORT(コーダスポーツ) JP EDITION 24段変速 クロスバイク
メーカー希望小売価格70,200円➝45%off販売価格38,800円(税込)


覚悟はいいか……クロモリダブルバテッド&24SPEEDのコーダースポーツがなんと38,800円(税込)だぜ……?

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ\ / \ / \
ジェイミスの名クロモリモデルが遂に3万円台!!!!


あまりに安すぎて、笑ってしまったではないですか……

リム打ちパンクに強いヴィットリア・タイヤ「ランドナー」を採用した
長距離に強い700×32cの幅広タイヤ路線!!
多少ダウングレードしたとはいえ、長距離&長時間乗るなら抜群のクッション性を持つ
名クロモリクロスバイクなんですけどね。

100000039879-l0brger.jpg
ジェイミス [JAMIS]【アウトレットSALE】【お店で受取り選択可】 2015 ICON RACE JP EDTION 外装20段変速
メーカー希望小売価格149,040円➝40%off販売価格89,799円(税込



ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブルうおおおお!
シフター105スペック、リアティアグラ10速!&8.8kgを誇る軽量アルミロード
アイコンレースがとうとう8万円台!!! 安っ!
サイスは48(160-170cm)か。


100000039876-l0.jpg
ジェイミス [JAMIS]【アウトレットSALE】【お店で受取り選択可】 2015 SUPER NOVA ELITE 外装20段変速 シクロクロスバイク
メーカー希望小売価格291,600円➝40%off販売価格174,800円(税込)
こちらはT700カーボン採用した、フルカーボンシクロクロスモデル!!
40%OFFか。これは壮絶な値引きですね。
9.3kgと軽量だし、SRAM Apex仕様。
100000039882-l0.jpg
ジェイミス [JAMIS]【アウトレットSALE】【お店で受取り選択可】 2016 QUEST SPORT JP EDITION 外装16段変速
メーカー希望小売価格85,320円➝35%off販売価格55,800円(税込)

いいなあ、クロモリ&クラリス(外装16段変速)のクェストスポー
ツがたったの5万円台。

( ;゚ω゚)……エントリー系クロスバイク並みの価格ではないですか??

ダブルバテッドクロモリの長距離用か。
クラリススペックながら、USA本国よりも軽量化に成功したモデルですね。
本来なら、10万円内で買えるロードとして人気を博してはいたのですが。
とうとう5万円台……うわあああ。
100000039877-l0.jpg
ジェイミス [JAMIS]【アウトレットSALE】【お店で受取り選択可】 2015 ALLEGRO SPORT JP EDITION 外装8段変速 クロスバイク
メーカー希望小売価格59,400円➝30%off販売価格41,800円(税込)
ジェイミスの6061アルミ系クロスバイクアレグロスポーツ
が4万円そこそこか。
いいな。個人的に、これが一番欲しい。
長距離走る、山を登るのにめっぽ強いクロスバイクですね。

長時間クロスバイクに乗るなら、これだよな。
スプロケットがSRAM PG 820 8-Speed 11-32Tとワイドであるし、そ
れ以上に扱いやすく乗り易いフレームなんですよね。
ロングライド系アルミロードを、エントリー系コンポにしてクロスバイ
ク化したらこんな感じか。
GT - Grade AL (Tiagra、2017)

2016年07月31日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 Bianch MINIVELO 10 DropBar Campagnolo 試乗体験インプレ 特にこのCampagnol仕様は、一目惚れしてしまう可能性あり。


DSCN9306vsd (2)
2017 Bianch MINIVELO 10 DropBar Campagnolo
2017年モデルより大幅モデルチェンジになった、ビアンキミニベ
ロ10ドロップCampagnolo VELOCE仕様に試乗してみました。
(知人にお願いを受けての試乗)
かなり、操作感が楽しかったな。
DSCN9298vd (1)
(MINIVELO 10 DropBar Campagnolo試乗体験)

やはり COLUMBUSのクロモリフレームをミニベロにもってきただけあって走り
がかなりシルキーです!
石畳の凹凸を巧みにコントロールしていました。

しかもですよ? やたらスピードの乗りがいいんですよね。
通常のクロモリミニベロよりも、剛性が高いかな?
シルキーというか走りが滑らかではあるけど、硬めのシルキーという印象。

ちょっと珍しいクロモリミニベロだな……スピードの乗りが断然いい。
走りに関しては滑らかな走行感が楽しめる上に、スポーティーな性能も見え
隠れします。
スポーティーに走る為に、快適性を提供しているフレームなんだろうか?
いずれにしても、快適性一辺倒ではありません。

DSCN9295vd (2)
(変速操作について)
Dia Compe ENE W-シフトレバーとCampagnolo VELOCEの相性は?


独特ですね! ヤバい。これ、変速操作が面白すぎる!(あくまで、管理人の個人的意見)

レバーを動かすと、カチカチと段階的に変速するのではなく、「勘」と変速感を
頼りに変速操作をする形になります。

慣れてくると「あー、この辺のレバー引きで変速するだろうな」という非常に
個人技的な変速操作が楽しめる。

ちなみに多少の慣れが必要ですが、変速レバーの引きはスムーズでしたよ。
もちろん、レバー変速ですので変速操作時はハンドルから片手を一時手を放す形に
なります。
DSCN9301vsd (1)
(ブレーキについて)
Tektro 992AGカンチブレーキだったんですが……んー、やはりカンチブレーキなので
キャリパーブレーキと比べると制動力が落ちますね。
ブレーキレバーの引きを強めにすれば、それなりにブレーキは効きますがね。
街乗り程度なら、この制動力でも問題ないけど。よりスポーティーに走りたい方は
シマノ製カンチブレーキあたりに交換して、ブレーキ性能を強化した方が良いかもしれま
せん。
DSCN9304ver (1)
DSCN9295vd (1)
DSCN9298vd (2)
DSCN9297vs (1)
DSCN9308vs (2)

(デザインについて)

男性でも女性でも、扱える実に美しいデザインです。
ティアグラバージョンは見ていないのですが、このCampagnolo
仕様の美しさは一見の価値があります。
見ての通り泥除けの細工、リム、ダウンチューブのロゴ、アンデル製クランクなど
ビジュアル的な完成度は非常に高いです。
特にこのCampagnol仕様は、一目惚れしてしまう可能性あり。
DSCN9304vevyuur (2)
DSCN9293vfd (1)
英国ブランドレザーサドルBrooks B-17 STANDARDには、やはりレザー製のサドルバッグが
取り付けてありました。
このレザーサドルバッグもブルックスに負けず劣らず、なかなか上質なレザーを使っている
感じでした。
(見た目の美しさだけでも、個人的にかなり盛り上がりました)
DSCN9293vfd (2)
DSCN9306vsd (1)
レザー製サドルバッグにはBIANCHIのロゴが刻印されていました。
金具で、バッグを開閉する仕組み。
DSCN9308vs (1)
とりあえず内部はこんな感じです。
思ったより、サドルバッグのレザーが肉厚な点に驚きました。
DSCN9301vsd (2)
サドルは、まだ試乗車なので馴染んでいなかったですが。
やはり乗り続けるにつれて、次第に自分色に染まっていくミニベロ
なのかな?
という気はしましたよ。

走行中前傾姿勢になります。やはり街乗り系ミニベロとは違い
レバー変速操作、カンチブレーキ操作、ポジショニングなどいく
らか「慣れ」がいります。
とはいえ、慣れると実に楽しいミニベロですよ。

また、何度も言いますがビジュアル的な完成度が高すぎるので
注意。この小悪魔的な美しさは、かなりのものです。
【先行予約受付開始!】ビアンキ 2017年モデル ミニベロ 10 ドロップバー Camp / MINIVELO 10 DropBar Camp 【小径車】【Bianchi】【※ロック・心拍計モニタープレゼント♪】

2016年07月31日 トラックバック(0) コメント(0)

今週のWiggleホイール一覧&あさひお勧めバイク 7月30日

今週のWiggleホイール一覧&あさひお勧めバイク 7月30日です
Wiggleでは、サマーセールが始まった模様。
すべての自転車の定価15%値下げキャンペーンを引き続き続行中
だそうです。
fulcrum_R3-2013-compvaere.jpg
Fulcrum - Racing 3 クリンチャーホイールセット
定価 ¥71099➝47% オフ¥37950
お買い得価格で購入できる機能性の高いホイールセットです。
トレーニングや日常のライドに天気を選ばず使用できます。トレ
ーニング用バイクとして最適な抜群の耐用性を発揮します。
easton-ea70sl-wheelsetfw.jpg
Easton - EA70 SL アロイクリンチャーロードホイールセット
定価 ¥86897➝47% オフ¥45900
EA70 SL は、EA70 より 60g 軽量でありながら、同等の強度と耐
久性を発揮するホイールセットです。 強い横風にも屈しないホイ
ールで、トレーニングやレースに最適です。 性能の高さは折り紙
付きです。
campagnolo-bora-ultra-50-wheelsetgerr.jpg
Campagnolo - Bora Ultra 50 クリンチャーロードホイールセット
定価 ¥348231➝27% オフ¥253669
最新 Bora Ultra 50 クリンチャーには、幅が拡張された最新リム
(24mm x 50mm) や G3 スポークテクノロジー、3Diamant ブレー
キ面処理などが採用され、旧モデルに比べて軽さや空力性能、
剛性、快適さの面で改良されています。
campagnolo-bora-one-50-dl-wheelsetfwrw.jpg
Campagnolo - Bora One 50 クリンチャーロードホイールセット
定価 ¥240791➝33% オフ¥161141
Bora One 50 は、チャンピオンになったような気分にさせるホイー
ルです。 このクリンチャーホイールセットは、極限まで高めた空力
性能と並外れたスピード、50mm カーボンリム、抜群のハンドリン
グ性を特長としています。 数多くの最新機能が追加されており、
どんな状況でもライドに大満足していただけるでしょう。
campy-zonda-wheelsetnhfmtu.jpg
Campagnolo - Zonda クリンチャーホイールセット
定価 ¥61619➝18% オフ¥50684
ウィグルCampagnolo - Zonda クリンチャーホイールセット価格推移表一覧

2016年07月30日 定価 ¥61619➝18% オフ¥50684(←今ここ)
2016年07月23日 定価 ¥61619➝23% オフ¥47351
2016年07月16日 定価 ¥55452➝35% オフ¥36059
2016年06月11日 定価 ¥61631➝38% オフ¥38236
2016年06月05日 定価 ¥61631➝38% オフ¥38237
2016年04月30日 定価 ¥61630→38% オフ¥38237 
2016年04月09日 定価 ¥61638→36% オフ¥39653 
2016年03月26日 定価 ¥61623 →36% オフ¥39652 
2016年03月19日 定価 ¥61623→43% オフ¥35170
2016年03月05日 定価 ¥61599→43% オフ¥35311(円高の影響による価格見直し)

(´・ω・`)……Campagnolo Zondaの価格が、更に高騰中。とうとう5万円台か。
うーん。
とはいえ、現在再度円高になってきているし。後日また、3万円台に下がらな
いかな。

2016年07月30日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 BIANCHI LUPO DISC  (;・∀・)何があったビアンキ!? いきなり、2017年モデルから40Cサイズのタイヤを装着している!!!


imgrc0065902377.jpg
2017 BIANCHI LUPO DISC グレー
2017モデルのクロモリシクロクロスのベストセラーモデル
LUPO DISC についてですけど。
タイヤ太くなったなぁ……装着しているタイヤサイズはなんと
700C X 40Cですって。
走破性を強化して、グラベルロード化を狙っているのだろうか?

あと、レッド系パーツをいきなりふんだんに採用していますね。
しかも、フレームはクラシカルなクロモリではないですか??

見た目だけの変更ではなく、タイヤサイズも32C➝40Cに
ボリュームアップしている事に、なにか危険な面白さを感じる。

しかもサドルには、2016年モデルより継続して
BROOKS B17 STANDARDを採用。

前にも話したけど、明らかにデザインが激変している。
やっぱりこの色使いや、なぜかシクロクロスでも華やかになる手法は
かつてのFUJIのテイストだよね……。

BIANCHI LUPO DISCって、2016年あたりからやたら
面白くなってきたクロモリシクロクロスだけど。
2017年モデルは一気に弾けたデザインになったという
印象。
imgrc0065902376.jpg
ブレーキレバー SHIMANO TIAGRA
imgrc0065902367.jpg
レッドのヘッドキャップ!!!
ヘッド系パーツが一気に赤に!!
imgrc0065902375.jpg
なんだこの謎のテイストのクロモリルポは??
imgrc0065902373.jpg
フォーク クロモリ
とりあえず強度のあるフルクロモリ路線は継続か。
imgrc0065902374.jpg
ブレーキ SHIMANO BR-R317 メカニカルディスクブレーキ

ロード/シクロクロス用 メカニカルディスクブレーキ
imgrc0065902372.jpg
フレーム クロモリ
BIANCHIの文字の前に、ビアンキロゴがあしらわれています。
うーん。
まるでこれは、ビアンキクロモリだと強調でもしているかの様だ。
imgrc0065902371.jpg
imgrc0065902369.jpg
フロント&リアディレーラー シマノ TIAGRA
クランク SHIMANO FC-CX50 46/36T
カセット SHIMANO TIAGRA 12/28T 10SPEED

シマノ シクロクロス用フロントダブルのFC-CX50 を継続採用。
46/36Tなのでアウターでも、街乗りなどでのゼロ発進が用意で
楽なのかな。

さすがに坂道では、どうしてもクロモリの重さがいくらか膝にきそうで
はあるけど。
imgrc0065902370.jpg
imgrc0065902368.jpg
シートクランプもレッドか。

やはりチェーンステーが短いので、立派なシクロクロス用クロモリなんですね。
とはいえ、デザインが非常に洗練されているのでグラベルロード的な使い方
も楽しそうだ。
imgrc0065902365.jpg
タイヤ MAXXIS RE-FUSE 700C X 40C

40Cサイズのタイヤを装着している!!!
うわあああ、クリアランス限界までタイヤサイズを太くしていませんか?

シクロクロスというよりは、ちょっと太目のグラベルロードを意識して
いるのだろうか。
どんな乗り味なんだろう?
imgrc0064699370.jpg
サドル BROOKS B17 STANDARD
imgrc0065902388.jpg
チェレステクラシコのクロモリフレームだと、こんな感じになるのか。
これも、派手で面白そうだ。
しかし、なんで2017年モデルのビアンキモデルはこうも冒険に挑んだ
仕様&デザインになっているんだろう??
imgrc0065902390.jpg
imgrc0065902389.jpg
【2017モデル】LUPO(ルポ)BIANCHI(ビアンキ)シクロクロス・ツーリングバイク【送料プランB】

2016年07月29日 トラックバック(0) コメント(0)

AXMAN FALCON S3(アックスマン ファルコンS3) ジャイアント・メリダに続く台湾第3のブランド

ci-220066_3.jpg
AXMAN FALCON S3


これが噂のジャイアント、メリダに続く台湾ブランド、AXMAN(アックスマン)か。
台湾メジャーOEMブランド。
海外のフラグシップモデルのOEMを担当してきたメーカーさんで、この度
日本上陸を果たした訳ですね。
東レカーボンを積極的に採用し、フラグシップモデルの性能をリーズナブルに購入可能
なのが売り。
どこのOEM担当しているんだろう……ここから先は管理人の寝言ということで↓

e06fe2e256c96acc3_3.jpg
GIOS AERO LITE
DSCN88702014 NEILPRYDE BURA SL
FALCON S3
GIOS AERO LITEのフレーム形状に、FALCON S3のフレーム形状が似ているな。
NEILPRYDE BURA SLとか。
DSCN3145qwe (2)
DARE VSR
ニールプライドやGIOSのOEMを担当している、DAREのフレームにも
AXMANのフレームは酷似していますね。

なんだか、色々なテイストが混じっている……AXMAN FALCON S3
が上に挙げたモデルの性能を引き継いで、フレーム性能を最構築
しているとしたら、ちょっとした怪物クラスの性能を有しているかもし
れません。

要するに、AXMANは実際に海外の有名ブランドを手がけるという話は
間違いなさそうです。
13709823_399069603550725_8050377332851946811_n.jpg
スクエアタイプのチュービングに現代的なエアロフォルム

EUにおいて、人気急上昇のレーシングブランドが日本上陸
西ヨーロッパハイエンドブランドのOEM生産として30年以上の歴史とノウ
ハウを持ち、ジャイアント・メリダに続く台湾第3のブランドとして欧州を中
心に展開中の注目ブランド。

13699939_399069560217396_4466849131269854306_n.jpg
高いコストパフォーマンスを実現
カーボン素材は東レ製のカーボンを使用、またコンポーネントもShimano
製品で固める妥協のないこだわり。
なおかつ、日本人をはじめとしたアジア人の体形にあわせたジオメトリを
取り入れ、無理のない乗車が可能となっています。
13680841_399069470217405_6412620337122618650_n.jpg
スペック
FRAME: T1000 + M30 CARBON FRAME
FORK: CARBON ROAD FORK
HANDLE BAR : ZIPP SERVICE COURSE
STEM : ZIPP SERVICE COURSE
SHIFTER LEVER : ULTEGRA 6800
F/R DERAILLEUR : ULTEGRA 6800
SPEED : 22
BRAKE : ULTEGRA 6800
CHAINWHEEL : ULTEGRA 50-34T
FREEWHEEL : ULTEGRA 11-32T
CHAIN : KMC X11L
WHEEL SET : MAVIC KSYRIUM BLACK 23
TIRE : MAVIC YKSION ELITE 23
SADDLE : SELLE ITALIA X1 FLOW
SEAT POST : CARBON SEAT POST
COLOR : GLOSSY UD/GLOSSY RED/GLOSSY WHITE
WEIGHT : 7.67 kg (48cm)


ホイールがMAVIC KSYRIUMに、フルアルテグラ仕様。
なるほど、パーツもたしかに充実していますね。
ある日突然メリダみたいに、人気急上昇したりするかもしれません。
ci-220066_8.jpg
オートメーションの塗装設備も自社で有しているそうな。
塗装も自社で行っているんですね。

環境に配慮して塗装量を減らしているとか。
それはともかくとして、単純に速そうですね……トップチューブが
後方に行くにしたがって、見事にシェイプしている。
かっこいいな。
ci-220066_7.jpg
【先行予約受付中】AXMAN(アックスマン) 2016年モデル FALCON S3 (ファルコンS3)[カーボンフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

2016年07月28日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 BIANCHI ZURIGO(7005アルミシクロクロスロード SHIMANO 105搭載モデル) とうとう2017年モデルからZURIGOがリア11速化に!!

imgrc0065902445.jpg
2017 BIANCHI ZURIGO(7005アルミシクロクロスロード SHIMANO 105搭載モデル)

おおお!
BIANCHI ZURIGOが更にパワーUPしている!

2015年モデルあたりから、BIANCHI ZURIGOがディス
クブレーキ化したり、フロントトリプルがダブル化したりして、仕
様が激変していたのですが。

とうとう2017年モデルから、リア11速化か!!
2017モデルZURIGOはSHIMANO 105をメイ
ンスペックに採用ですよ。
しかも、フレーム素材は7005アルミ CICLOCROSS AXIS ALU。

以前はどちらかというと、カンチブレーキを採用したりツーリングに使
えるフロントトリプルを採用していたりして、クラシカル路線のシクロク
ロスモデルでしたが。
段々と、本格的な競技志向になってきた印象を受けます。

imgrc0065902444.jpg
シフター SHIMANO 105
imgrc0065902443.jpg
ブレーキ SHIMANO BR-R317 メカニカルディスクブレーキ

ふむふむ、このあたりは継続で、ツーリングにも使えるメカニカルデ
ィスクを採用ですね。
コンパクトタイプSHIMANO BR-R317 を(メカニカルディスク&シクロ
クロス向け)採用。
フロントフォークはカーボン。
ほう、2017年モデルはフォーク部にチェレステカラーをあしらっているのか。

imgrc0065902442.jpg
フレーム 7005アルミ CICLOCROSS AXIS ALU
そういえば7005系アルミを採用したシクロクロスモデルって
ほとんど乗った経験がないけど。
軽量化はともかくとして、どんだけ剛性高いんだろう?
ダウンチューブ部はインターナルか。
imgrc0065902441.jpg
imgrc0065902440.jpg
UCI公認マークがトップチューブ後部に確認出来ます。
更にチェレステカラーがトップチューブにもあしらわれて
いる。
ケーブルはシクロクロスモデルらしく、トップチューブ
上方に配置。
軽量7005系アルミにカーボンフォークを採用しているので
担いだ際の重量が軽くなる様に配慮してあるのかな。
imgrc0065902439.jpg
フロント&リア ディレーラー 105
クランク SHIMANO FC-RS500 46/36T
カセット SHIMANO 105 11-32T 11SPEED

11速化したとはいえ、さすがに105(5800系)クランクには46/36Tは出
ていないので……
11速にも対応可能なSHIMANO FC-RS500 46/36Tを持ってきたか。


にしても、凄いというか戸惑う。あの ZURIGOがとうとうリア11速化し
てしまった。
imgrc0065902437.jpg
タイヤ KENDA HAPPY MEDIUM PRO 700C X 32C
imgrc0065902438.jpg
サドル FIZIIK ARDEA
あらま。以前からZURIGO のサドルといえばSAN MARCO製サドル
だったのですが。
いつの間にかFIZIIK製に。
価格は税込 149,634 円

7005系アルミな上に、105リア11速モデルとはいえ結構リーズナブル
な価格設定にしてくれたんですね。


【P最大8倍/1,500円オフクーポン配布中(7/28 10時まで)】【2017モデル】ZURIGO(ズリゴ)BIANCHI(ビアンキ)シクロクロスバイク【送料プランB】【0722retail_coupon】

2016年07月27日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 RITEWAY SHEPHERD CITY  デジタルネコフラージュカラーは、なんとネコのドット絵!!

IMG_6418.jpg
IMG_6426-820x460.jpg
2017 RITEWAY SHEPHERD CITY (DIGITAL NEKO FLAGE / デジタルネコフラージュ)

2017年モデルのSHEPHERD CITYは14色展開!?
これが噂のドット絵デジタルネコフラージュか。

レトロゲームみたいで楽しいデザインですねー。
おお、トップチューブに猫が大量に隠れている!
IMG_6463.jpg
EIGHT ORANGE METALLIC / エイトオレンジメタリック
IMG_6485.jpg
GALAXY GRAY METALLIC / ギャラクシーグレーメタリック
IMG_6507.jpg
SUNSET BLACK / サンセットブラック
ブラック系カラーリングになると、ステムなどのカラーが
ブラックになるのか。
カラーリング別に、パーツカラーもコーディネートしているん
ですね。やはり芸が細かい。
IMG_6529.jpg
SKY BLUE / スカイブルー
IMG_6553.jpg
IMG_6572.jpg
FORTUNE YELLOW / フォーチューンイエロー

チェーンステー表やチェーンステー裏側にネコが隠れています。
IMG_6578.jpg
CLUBMAN BROWN METALLIC / クラブマンブラウンメタリック

クラブマンブラウンメタリック?
英国風のSHEPHERD CITYか。
ツーリング系に使うには、楽しいカラーリングかもしれない。
使用目的別にカラーリングを選択できるのもいいですね。
IMG_6580.jpg
RED HOT METALLIC / レッドホットメタリック
IMG_6584.jpg
KIWI GREEN METALLIC / キウイグリーンメタリック
IMG_6585.jpg
SNOW DOME WHITE METALLIC / スノードームホワイトメタリック
IMG_6586.jpg
MARIN ROUGE PURPLE METALLIC / マリンルージュパープルメタリック
IMG_6442.jpg
SABER BLUE METALLIC /セイバーブルーメタリック

もしかして、クロスバイクとしては2017年モデル中最多の
カラー展開??
以前から、年を追うごとにどんどんカラーリングが増えていき
ましたが。

もちろん、フェンダー、スタンド、キャリアーなども取り付け可能。
買い物からツーリングまでこなせるお得な一台。
日本人の体形に合わせたフレーム設計も健在。
コンポはターニーをメインに、ブレーキ、ハブに至るまで全て
シマノ製パーツで統一。
cc-ritwy-shepcity_5.jpg
シフター SHIMANO ST-EF510
cc-ritwy-shepcity_19.jpg
ハンドル アルミ合金
ステム アルミ合金
ギア数 3×8=24段変速
cc-ritwy-shepcity_8.jpg
フォーク 軽量スチール
cc-ritwy-shepcity_3.jpg
フレーム NFデザイン 6061アルミ合金
cc-ritwy-shepcity_7.jpg
ブレーキ SHIMANO BR-T4000 Vブレーキ
やはり、この辺は徹底してシマノ製にこだわっていますね。
cc-ritwy-shepcity_9.jpg
フロントハブ SHIMANO HB-TX800
この価格帯にしては、きちんとシマノ製ハブを採用。
cc-ritwy-shepcity_11.jpg
フロントディレーラー SHIMANO TOURNEY FD-TX800
クランク SHIMANO TOURNEY FC-TX801 (48x38x28T)
cc-ritwy-shepcity_12.jpg
タイヤ KENDA 700x32C
cc-ritwy-shepcity_13.jpg
サドル マシュマロサドル
cc-ritwy-shepcity_15.jpg
リアディレーラー SHIMANO TOURNEY RD-TX800
スプロケット SHIMANO CS-HG200 (12-32T)
cc-ritwy-shepcity_16.jpg
リム ALEX Z1000
cc-ritwy-shepcity_17.jpg
重量 12.2kg
フレームサイズ 380 / 420 / 460 / 500
適応身長 380(150〜170 cm)
420(155〜175 cm)
460(160〜180 cm)
500(165〜185 cm)
《在庫あり》RITEWAY(ライトウェイ) 2017年モデル SHEPHERD CITY (シェファードシティ)[Vブレーキ仕様][クロスバイク]

2016年07月26日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 Bianchi OLTRE XR.1 Ultegra試乗体験インプレ バージョンUPしたXR.1は加速が実にシルキー&美しいんですよね

DSCN9269vsd (2)

2017 Bianchi OLTRE XR.1 Ultegra

OLTRE XR.1 Ultegra(2017年モデルバージョン)試乗体験

2016年モデルからバージョンUPした、より乗り易くなったという
OLTRE XR.1 Ultegraか……。

( ;゚ω゚)ああ、ちくしょう。またXR.1乗りてえ……

確かに走りがどこまでもシルキー……あれ? オルトレってこんなに走りが美しく
極上だったっけ??
乗り手の要求に応じて、パワフルな剛性を発揮する場面もあれば、コンフォートに
も乗れるモデルなのは間違いないですが。
これは、快適性が更にUPしたな……
SPECIALISSIMAか、インフィニートにオルトレの性能が近づいていないか???
DSCN9280fwe.jpg
ただ、走りが恐ろしくシルキー(滑らか)に変化はしたんですけど、剛性
すらも以前より強化されていますね。
剛性感を生かしたシルキーな走りが、とにかく快感!!


確かSPECIALISSIMAや、インフィニートに採用していたカウンターヴェイ
ル®(振動除去機能)CVを採用したOLTRE XR.4とかも後日登場するん
ですよね???
新型XR.4は更に、衝撃吸収能力が跳ね上がるのか……
あー、個人的にはXR.1の衝撃吸収性だけでも、十二分に満足なんですが……

ノーマルクランクの
Shimano ULTEGRA 52/36T(スプロケットShimano ULTEGRA 11sp 12/25T)
だったんだけど。
まるでコンパクトクランクかのように、脚に負荷がかかりにくかった。
自分の代わりに、フレームが勝手に走ってくれる感覚とでも言えばいいか。
DSCN9276fwe.jpg
旧オルトレは走りに安定感があり、その上で剛性や快適性を発揮してい
たけど。

なんなんだ? このシルキーな加速感は?

この2017年モデルビアンキオルトレXR.1に関しては、より走りが軽やかに
なった印象。
その上で、加速性能も強化され、走りが美しい……。
そうそう、加速が実に美しいんですよね、XR.1は。
なんかビアンキの王道を体現したかのような、走りですわ。
DSCN9269vsd (1)
ホイールはFulcrum RACING 5 LG
完全にホイールよりも、オルトレXR.1フレームが走りを支配していました。
Bianch INTENSO Ultegraは、このホイールの影響が
分かり易かったけど。
DSCN9270fcwe (1)
更に荒い石畳も走ってみたけど。
いいですね!
CV無しでも、十二分に軽やかにフレームが石畳からの振動を
コントロールしていました。
(さすがに、SPECIALISSIMA CVの衝撃吸収性の方が上で
はあるが)
やっぱり、オルトレはなんでもこなせる万能感があるな。
DSCN9284cw (1)
(問題)2017年モデルBianch INTENSOとBIANCHI INTREPIDAは
2017年モデルBianchi OLTRE XR.1に対抗できそう??


(答え)無理。不可能。圧倒的にOLTREの走りが格上。

ただし、インフィニートCVに関しては分からなく
なってきた。
今までインフィニートCV方がオルトレを走りの上で圧倒していたと思っていたのですが。
2017年モデルからBianchi OLTRE XR.1のほうが
インフィニートCVを圧倒する場合もあるかもしれない。
つまり、それだけバージョンUPしたOLTRE XR.1
の走行性能は、あなどれなくなってきたという事ですよ。

ビアンキストア様曰く、やはりインフィニートCVは衝撃吸収性を高めまくった
カーボンモデルだそうだ。
DSCN9283fwe.jpg
BB Shimano SM-BB72-41B

今回はBianchi OLTRE XR.1 Ultegra (Fulcrum RACING 5 LG)だったけど。
Shimano 105仕様のOLTRE XR.1 105(Fulcrum RACING 7 LG)だとどうか?
出来ればUltegra仕様をお勧めしたいけど……これだけOLTRE XR.1
のフレームが良ければ、105仕様でもそれなりに走ってくれるのでは?

ある意味フレームの性能で走ってしまうモデルなので、最初予算を
抑えたいなら105仕様でもいけなくもない。
105仕様だと、20万円台でこれだけいいフレームが完成車で手に入る
のか……凄い時代になりましたね。

ただ、予算が用意出来るなら、出来ればアルテグラ仕様がいいかな。
DSCN9270fcwe (2)
シートポスト OLTRE FULL CARBON AERO
DSCN9271fwe (1)
ビアンキ 2017年モデル オルトレ XR.1 105 / OLTRE XR.1 105 【ロードバイク/ROAD】【Bianchi】

2016年07月25日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 BIANCHI SPECIALISSIMA CV試乗体験インプレ    ( ;゚ω゚)……とうとう「技術のビアンキ」になるとは……スペシャリッシマはガチ!



DSCN9309ved.jpg
2017 BIANCHI SPECIALISSIMA CV

( ;゚ω゚)……。

新型SPECIALISSIMA CVに試乗してみました。

とうとう、ビアンキはここまで技術力を高めてきたか……。
 ( ;゚ω゚)……これからは、性能本位でビアンキモデルを購入するのもアリですね。
それ位、SPECIALISSIMA CVは個人的に高評価。
DSCN9311ger (2)

(SPECIALISSIMA CV試乗体験)

【衝撃吸収能力】
まず印象深かったのはSPECIALISSIMA CVの衝撃吸収能力です。
石畳を軽やかに走破してしまう性能が……快感。
スペシャリッシマってインフィニートより、衝撃吸収性能が高めてあるのか。

なんじゃこりゃ? 衝撃が強大な推進力に変換されていく。
走行途中で、「石畳の方が舗装路より速いんじゃね?」 「石畳を走りたい!」
と思わせる程の快適性。

ちなみに、極上のコンフォート性能を有していますが、全然速度が逃げない点も
驚きました。
確実に歴代ビアンキモデル中、特級クラスの衝撃吸収性能とコンフォート性能を
有していますね。
他社のフラグシップモデルと比較しても、このコンフォート性能は圧倒的。

imgcdsvcsdsa.jpg

【推力変更装置(スラストベクターエンジン)でも搭載していそうな機動性】

舗装路を走ってみると、無音。「あれ? スピードでているのかな?」と周囲を
確認。
そうしたら、風景が後方に超高速でぶっ飛び始めて、マジビビりました。
(そんなに脚力を使っていないのに、無音で熱狂的な大加速が開始されていたというべきか)

もう何が何やら訳が分からない。
抵抗感が、極限まで削ぎ落されているので……まるで「真空」の中を滑空している様だ。
しかも滑空中、凶暴な加速性能を発揮し始めるので、どこまでも速度が「伸びて」いくん
ですよね。

ビアンキ史上、最高傑作モデルは個人的にBIANCHI INFINITO CV
だと思っていたのですが。

快適性及び、剛性は圧倒的にSPECIALISSIMA CVが上回っています。
インフィニートCVが、凶暴じみた加速で空気を引き裂いている感覚でしたが。
スペシャリッシマは空気そのものを排除して、スマートに滑空している感覚。
DSCN9312rfe (2)
DSCN9323fgrefge.jpg
【とうとう「技術のビアンキ」になるとは】
実際SPECIALISSIMA CVはインフィニートを土台にして、剛性と快適性
を強化したモデルだそうです。
もちろん見た目もチェレステのタトゥーみたいで、実に美しい。
今まではデザイン本位でビアンキを選択されている方が多かったようですが……。

これからは技術というか、性能本位でビアンキを選んでもOKだと確信しました。
(特にオルトレやインフィニート、スペシャリッシマはガチ)
数年前のビアンキとは比べものにならない程、性能が飛躍的に向上してします。
DSCN9313e (2)
DSCN9321ed.jpg
おしゃれ番長だと思っていたら……
SPECIALISSIMAが試乗後「悪魔」に見えてきた……
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル 
DSCN9310fd.jpg
DSCN9313e (1)
DSCN9318gdf.jpg
DSCN9312rfe (1)
DSCN9322rwe (1)
DSCN9322rwe (2)
DSCN9311ger (1)

【反省会 管理人はSPECIALISSIMA CVをあなどっていたのかもしれない】


( ;゚ω゚)……あ、いや、その……あの……反省しています。
管理人が想像していたより、SPECIALISSIMAは更に上を行くモデルでした……
走りの系統的にSPECIALISSIMA CV似た他社のモデルはですね……
爆速虐殺マシーンFUJI ALTAMIRA SLかな。
(まさかビアンキスペシャリッシマは、フジの名機アルタミラの影響を受けているの
ではないでしょうね?)


両モデル共に強大過ぎる推進力、と強大な剛性を有しているのに、体力消費を
限界まで抑える事が出来るし。
体力消費における燃費が素晴らしい。燃費がいいのに、走りは凶暴で
サディステックな点が御兄弟みたいだ。
ビアンキ 2017年モデル センプレ プロ アルテグラ / SEMPRE PRO Ultegra【ロードバイク/ROAD】【Bianchi】

2016年07月24日 トラックバック(0) コメント(0)

今週のWiggleお勧めバイク&ホイール一覧 7月23日

De-Rosa-Idol-Ultegra-6800-2016-Road-Bikes-Black-Red-SS16-DERIDOLBK6800R4BR47-0.jpg
セール De Rosa - Idol (Ultegra 6800、2016)
定価 ¥379199➝33% オフ¥252661
今週のWiggleお勧めバイク&ホイール一覧 7月23日です。

(´・ω・`)……De Rosa - Idol (Ultegra 6800、2016)が引き続き人気ですって。
アルテグラ仕様&Fulcrum Racing 5 LG仕様で25万円台って、凄まじい
というか、おぞましい程の低価格ですね。
そりゃ、普通に売れるわ。
国内だとフレームセットだけで、軽く28万はするのに……


campy-scirocco-35-wheelsetvg.jpg
Campagnolo - Scirocco 35 クリンチャーホイールセット
定価 ¥43607➝47% オフ¥23020
Scirocco 35 の最新型 35mm ディープセクションリムは、空気抵抗を受けにくい
構造で、しかも強い横風の中でも楽にハンドリングができます。 また、感度が
伝わりやすく軽量ながら、アルミニウム製のブレーキ面を持つ標準的なクリン
チャーリムの利点も兼ね備えています。

fulcrum-racing-quattro-lg-vdswheelset.jpg
Fulcrum - Racing Quattro LG アロイクリンチャーホイールセット (2016)
定価 ¥47399➝47% オフ¥25084
2016 年モデルの Racing Quattro LG は、刺激的な最新クリンチャーホイール
セットです。 25c タイヤにも対応するやや幅広のリムを採用してデザインされ
ており、競技やサイクルマラソンでの高速走行を実現し、十分なグリップ力と
快適さも提供します。

campy-shamel-2waydl-wset-lkuyhgfzoom.jpg
カンパハブのみ!Campagnolo - Shamal Ultra Mega G3 クリンチャーホイールセット 
定価 ¥129085➝38% オフ¥79583
Shamal Ultra は、その優れた性能で名高いホイールですが、Campagnolo は
G3 スポークパターンをさらに改良しました。 オーバーサイズで、より軽く丈夫
な構造の Mega G3 スポークが採用された、用途が広く頑丈なホイールセット
です。
campagnolo-bora-one-50-dl-wheelsetdh.jpg
Campagnolo - Bora One 50 クリンチャーロードホイールセット
定価 ¥240791➝31% オフ¥166256
Bora One 50 は、チャンピオンになったような気分にさせるホイールです。 こ
のクリンチャーホイールセットは、極限まで高めた空力性能と並外れたスピー
ド、50mm カーボンリム、抜群のハンドリング性を特長としています。 数多くの
最新機能が追加されており、どんな状況でもライドに大満足していただけるで
しょう。

campagnolo-bora-ultra-50-myhmwheelset.jpg
Campagnolo - Bora Ultra 50 クリンチャーロードホイールセット
定価 ¥348231➝30% オフ¥242990
最新 Bora Ultra 50 クリンチャーには、幅が拡張された最新リム (24mm x 50mm)
や G3 スポークテクノロジー、3Diamant ブレーキ面処理などが採用され、
旧モデルに比べて軽さや空力性能、剛性、快適さの面で改良されていま
す。
campy-zonda-wheelsetnhf.jpg
Campagnolo - Zonda クリンチャーホイールセット
定価 ¥61619➝23% オフ¥47351
ウィグルCampagnolo - Zonda クリンチャーホイールセット価格推移表一覧

2016年07月23日 定価 ¥61619➝23% オフ¥47351(←今ここ)
2016年07月16日 定価 ¥55452➝35% オフ¥36059
2016年06月11日 定価 ¥61631➝38% オフ¥38236
2016年06月05日 定価 ¥61631➝38% オフ¥38237
2016年04月30日 定価 ¥61630→38% オフ¥38237 
2016年04月09日 定価 ¥61638→36% オフ¥39653 
2016年03月26日 定価 ¥61623 →36% オフ¥39652 
2016年03月19日 定価 ¥61623→43% オフ¥35170
2016年03月05日 定価 ¥61599→43% オフ¥35311(円高の影響による価格見直し)

(´・ω・`)……Campagnolo Zondaの現在価格が、7月16日現在一気に
高騰しました。
4万円台という価格は初めてですね。(2016年7月23日10時現在)
先週の7月16日が、一番Zondaの買い時だったのかもしれません。
引き続き、Zondaの価格を追っかけます。

2016年07月23日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 Bianch INTENSO Ultegra試乗体験インプレ Fulcrum RACING 5 LGの恩恵で加速性能がパワーUPしていた!

DSCN9243few (2)
2017 Bianch INTENSO Ultegra

2017ビアンキINTENSO Ultegraスペックに試乗しました。
しかもホイールにFulcrum RACING 5 LGを採用した豪華版インテンソですよ。
以前はINTENSO SORAとティアグラスペックに試乗したことはあ
ったんですけど。
アルテグラは初です!
DSCN9242.jpg
(インテンソアルテグラスペック試乗体験)
やっぱりアルテグラスペックの操作感がいいですね。
変速操作やブレーキ操作に関してきっちり決まりすぎて、完璧すぎる。
これは楽だ……。

(´・ω・`)ほぅ
Fulcrum RACING 5 LGの恩恵で、通常のINTENSOよりもゼロ加速
性能や、走行中の加速性能がパワーUPしていています。


Fulcrum RACING 5 LGを持ってきた意味を実感。やっぱり加速が楽だし、
サクサク前へ進む。
若干乗り心地は硬めになったかな???
ただ速度が逃げにくく、インテンソの走行性能が更に向上しておりましたよ。


ここまで、コンポのグレードが上がってくると露骨に走りや操作感が
変化するとは。

とりあえず、インテンソの場合コンポのグレードによって走りの印象が
一気に変わってくると、体感しました。
DSCN9251dq (1)
(衝撃吸収性について)
やはり、ニローネなどよりははるかに衝撃吸収性が高いですね。
石畳を力技で、フレームが衝撃をコントロールしている感じ。
(路面状態は、それなりにつかめる)
ハイスピードで走っていても、速度が逃げにくいんですよね。
新型BIANCHI INTREPIDAの方が個人的には
衝撃吸収性が上に感じた。
ただ、衝撃を吸収しつつスピードが逃げにくいのはインテンソ
ですね。
やっぱり、INTENSO Ultegraスペックなら、レースに投入しても
それなりにいけるのでは。
DSCN9243few (1)
DSCN9239.jpg
(INTENSO Ultegraにはシートステーとカーボンフォーク先端にケブラーを挿入
してあるので、路面からの衝撃対策を十二分に施してある)


言葉では伝えにくいので、今度ビアンキ各カーボンモデルの衝撃吸収性
の比較とかした方がいいかな。
DSCN9241cds.jpg
平地の走りについてですが……やはり路面が石畳よりも、舗装された路面
こそが、インテンソアルテグラスペックの真価を発揮すると実感。
実際ミドルグレードクラスの、強力な走りを見せつけてくれます。
やはりインテンソは平地に強いな。
強力に加速していく感覚が、やはりたまらない……
DSCN9247few (2)
DSCN9240.jpg
DSCN9251dq (2)
DSCN9249dq (2)
DSCN9247few (1)
個人的にはコンフォートで快適な、美しい走りをしたいならINTREPIDA。
レーシーな走りをしたいならINTENSOというのが実際試乗して出した結
論でした。



石畳の際走り易かったのはINTREPIDAだけど、加速性能や
スポーツ性に勝っているには間違いなくINTENSO。
(´・ω・)……やはりコンフォート系カーボンの地位は、新型INTREPIDAが担当か……。

ただ短時間での試乗なので、長時間の場合はまた印象が変わってくる
のかもしれない。
【エントリーでポイント10倍!】【先行予約受付開始!】ビアンキ 2017年モデル インテンソ アルテグラ / INTENSO Ultegra【ロードバイク/ROAD】【Bianchi】【※ロック・心拍計モニタープレゼント♪】

2016年07月22日 トラックバック(0) コメント(2)

USAブランドMARIN 6061アルミ&クラリススペックロードARGENTA SEが 現在6万円台で購入可能です!

100000031300-l0.jpg
マリン [MARIN]【お店で受取り選択可】 【クリアランスSALE】 2016 ARGENTA SE(アルジェンタ) 外装16段変速 ロードバイク
メーカー希望小売価格93,960円➝34%off販売価格61,800円(税込)

USAブランドMARIN 6061アルミ&クラリススペックロードARGENTA SEが
現在6万円台で購入可能です。
( ;゚ω゚)……流石にクラリスアルミロードですと、他ブランドと比較しても9万円台だ
ったのが、とうとう6万円台ですか……。
下がりに下がりましたね。
ターニースペックアルミロードに近い価格帯まで突入か。

やっぱりお得感が強烈なので。現在ロード売れ筋ランキング、4位、5位!
今回のアルジェンダSEクリアランスセールの面白い所は、限定デザインを
選べる点かな。

100000031300_02.jpg
100000031300_14.jpg
シフターやディレーラー系はShimano Clarisスペック。


アルジェンダSEといえばアーバン系アルミロード
として、2014年あたりから日本での販売が開始されたモデル。

乗り心地の良い6061系アルミに、クラリススペック16速仕様の
アーバン系ロード。
100000031300_13.jpg
クランクはFSA Tempo, 50/34T

100000031301-l0.jpg
マリン [MARIN]【お店で受取り選択可】 【クリアランスSALE】 2016 ARGENTA SE(アルジェンタ) 外装16段変速 限定カラー ロードバイク
メーカー希望小売価格96,120円➝35%off販売価格62,800円(税込)
これは限定オレンジ・イエローカラーリング。
通常のアルジェンダSEよりも1000円高いけど、鮮やかなイエローカラーが
手に入ります。

もちろんアルジェンダSEシリーズなのでリヤキャリアも装着可能。
長距離のツーリングにも使用できます。
タイヤは信頼性が高いシュアルベ700 x 25c。
100000031301_07.jpg
アルジェンダSEの金属製のヘッドバッジには、
おなじみのグリズリーベアーではなくて、マウンテンバイク発祥の地、
タマルパイス山が描かれている。
(タマルパイス山は、サンフランシスコ市内から見て北に30km位置する)
100000031301_12.jpg
ARIN  ARGENTA SEのロゴデザインは90年代MTB
のデザインを意識。
90年代MTBデザインといえば……クラインとか?
100000031303-l0.jpg
100000031307_01.jpg
マリン [MARIN]【お店で受取り選択可】 【クリアランスSALE】 2016 ARGENTA SE(アルジェンタ) 外装16段変速 限定モデル カラー:ブラック/イエロー
メーカー希望小売価格102,600円➝35%off販売価格66,800円(税込)
フレームはマットブラックカラーを使用し、ロゴ部分はネオンイエロー、ホ
ワイトの2色。通常のアルジェンダSEと比べて高級感を演出。

30周年限定モデルとして日本限定にカスタムしたシリーズ。
見ての通り、マリンは2016年モデルのアルジェンダSEのデザインや
カラーリングに、とことん力を入れていました。
アーバン系ロードで、低価格だけどデザイン重視な方にいいかもしれない。
「在庫一掃SALE」「マリン」2016 ARGENTA SE(アルジェンタ) ロードバイク カラー:グロスレッド

2016年07月21日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 BIANCHI INTREPIDA Sora試乗体験インプレ 走りが想像以上にシルキー!! 

bddfbdfbd (1)

2017 BIANCHI INTREPIDA Sora

新型エントリーカーボンモデルINTREPIDA Soraに試乗しました。
短い時間での試乗でしたので、本格的な解説は無理ですが。
とりあえず、思った事を箇条書きにて。

コースは車道、石畳、軽いアップダウンがあった試乗コースでした
ので、衝撃吸収性やINTREPIDA が有する高い巡行性能を確認できたと思います。

(INTREPIDA Sora試乗体験)
走りが、想像以上にシルキー!! これは、走りが美しく乗り易いですね!!
いや、走りがあまりに綺麗なので驚きました。
確かに長距離用といえば長距離ロングライド用かもしれませんが。

速度に乗ってくると、速度を維持する能力が高い!
ゼロ加速性は、若干おっとりしていますが。
ただ、エントリーカーボンモデルによくみられるような「重さ」は
ないですね。
bddfbdfbd (2)
チェーンステーが思ったよりマッチョで、複雑な形状を
していた。
速度に乗ってきた際の「伸び」と衝撃を上手くコントロール
していると思う。

(INTREPIDA Soraは衝撃吸収性が良好)

石畳で確認したのですが、フレーム全体で路面からの衝撃をコントロール
してしまう能力を有しています。
(衝撃吸収性に関してはアルミ ニローネを圧倒)
石畳も軽やかに走れる能力を有していることに驚きました。
この辺はやはり、ビアンキカーボンの一員なのかもしれません。
vdvdfvdtrh (1)
新型Shimano SORAの変速性能について。

軽い……旧SORAの変速感って若干金属的で硬かったじゃないですか?
これは、劇的に変速性能が進化してしまいましたね。

現在のティアグラ4700系を、リア9速仕様にしたらこんな感じか?
(若干ティアグラの方が変速性能が、上の様な気もしますが)

ブレーキの引きも軽くなっています。
DSCN9262bdgbdf (2)
ハンドル回りのケーブルが、きちんと収納されていた。
低価格なのに、ルックスがいいな。
DSCN9256vsfv (1)
DSCN9266bdbd (1)
INTREPIDAはケーブルがインターナル。
……恐ろしいエントリーモデルだ……個人的な感想だけど
旧SORAと新SORAって、完全に別物。
DSCN9254dv (1)
剛性はエントリーカーボンモデル以上、ミドルグレードカーボン未満。
インテンソの加速性能には一歩劣るかな
ただ、状況によってはINTREPIDAのほうが、衝撃吸収性がいい場合も。
(インテンソはパワーで衝撃をコントロールする感じだが、INTREPIDAは
フレーム全体で美しく衝撃をコントロールしている)
INTREPIDAは走りの「美しさ」、「快適性」、「乗り易さ」の点について素敵な
完成度を誇る。
ぶっちゃけエントリーカーボンでこれだけ走ってくれるなら、相当美味しいモデ
ルだと思う。てか、試乗後恐ろしい物欲に襲われる。
DSCN9262bdgbdf (1)
ダウンチューブが太目で、なおかつ多角形形状。
最近のエントリーカーボンモデルは、段々ボリュームが増しているのですね。
DSCN9256vsfv (2)
DSCN9258bdb (1)
フロントディレーラー Shimano SORA 34.9mm
リアディレーラー Shimano SORA

クランク Shimano FC-R345 50/34T
スプロケット Shimano CS-HG-400 9sp 11/28T

クランクは新SORA4アームクランクではなく、Shimano FC-R345。
これだけが、唯一惜しい気がした。
これだけ、INTREPIDAがいい走りをしてくれるなら、若干
高くなっても4アームクランク方がいいな。
vdvdfvdtrh (2)
DSCN9254dv (2)
要するに2017 BIANCHI INTREPIDA Soraは、長距離&長時間走る為に走りの
性能を高めたカーボンモデル。

ただし速度に乗れば乗る程、INTREPIDAの中に隠れたスポーティーな一面も
確認出来た。

(ただし、レースに使うならインテンソからが無難。INTREPIDAはエントリー
カーボン以上、ミドルグレードカーボン未満という印象)
しかも、新SORAになって変速性能もかなり美味しい事になっている。
これは、性能の面において大成功したモデルなのでは。
【エントリーでポイント10倍!】【先行予約受付開始!】ビアンキ 2017年モデル イントレピダ ソラ / INTREPIDA Sora【ロードバイク/ROAD】【Bianchi】【※ロック・心拍計モニタープレゼント♪】

2016年07月20日 トラックバック(0) コメント(0)

ビアンキ横浜に立ち寄り、2017年ビアンキモデルを試乗してきました。

DSCN9252c (2)
DSCN9252c (1)
2017 ビアンキINTREPIDA (Sora)

ビアンキ横浜に立ち寄り、2017年ビアンキモデルを試乗してきました。
なんとか新型のINTREPIDA (Sora) に試乗できましたよ。
(10分程度&借り物なので慎重に試乗)

恐ろしい程、ビアンキの知識に深いスタッフ様達だった。

DSCN9236cw (2)
やはりビアンキ横浜はいいお店だった。
船が普通に見える……
いよいよ神奈川に戻ったら、このお店にリアルにお世話になるかもしれない。

DSCN9272cwd (1)
OLTRE XR1 (Ultegra)

たまらん……想像以上の万能性と乗り心地がパワーUPしていた。

DSCN9272cwd (2)
SPECIALISSIMA CV
とうとう、本格的に乗ってしまった……
DSCN9236cw (1)
INTENSO (Ultegra)
やはり、アルテグラスペックのINTENSOの性能は、なかなか興味
深かった。
やはりアルテグラスペックで全然美味しいではないですか?

ビアンキ横浜
ビアンキ横浜

店舗名 ビアンキ横浜
住所 神奈川県横浜市中区海岸通5-25-2-12シャレール海岸通1F
アクセス
みなとみらい線「馬車道駅」4番出口より徒歩3分
JR「桜木町駅」より徒歩11分
OPEN
11:00〜19:30
定休日
月曜日(祝日の場合は火曜日)(年末年始を除く)

2016年07月19日 トラックバック(0) コメント(2)

2017 KUOTA K-ALL ROAD LFS カモフラージュパターンを施した KUOTAのグラべルロードですよ!

IMG_7443-1.jpg
2017 KUOTA K-ALL ROAD LFS

2017 KUOTA K-ALL ROAD LFS

これはかっこいい! カモフラージュパターンを施した
KUOTAのグラべルロードですよ!

カラー カモフレッシュホワイト、カモフレッシュグリーン
しかもフレームは、グラベルロード専用の強度を有するフレーム。
荒れ道専用のグラベルロードの性能をデザインで表現したんですね


KUOTA K-ALL ROAD LFSに採用されコンポはTiagra・SORAの2種類
になるそうだ。

シクロクロスとロードバイクの間に存在するグラベルロードなので
細いタイヤだけでなく太いタイヤも装着させられることが可能。

IMG_7607.jpg
丁度上から見ると、カモフラージュパターンが目立って見えます。
IMG_7448.jpg
見た目エアロフレームの様に、トップチューブとシートステーが
一体型になっています。
普通にロードとして、高速走行にも対応可能っぽいですね。
IMG_7456.jpg
IMG_7450.jpg
フレームはカーボン。ヘッドチューブから見ると、まるでロードそのもの。
ケーブルもインターナル。
IMG_7454.jpg
フォーク先端にカモフラージュパターンが施してあります。
フロントフォークとリアにダボ穴があるため、前後にフェンダーが
取り付け可能。
ということは、普通にツーリング用としても使える便利さがあると
いう訳ですか。
だからブレーキはメカニカル仕様なのかな。
IMG_7463.jpg

あっ! これは凄い! シートステー上部にもカモフラージュ
パターンが施されている!!
さすがにグラベルロードだけあって、シートステーも堅牢に
出来ていますね。
それでいて、エアロ形状なカーボンフレームなんだからこれは
たまらない。

IMG_7457 (1)
IMG_7509.jpg
2017 KUOTA KIRAL

KUOTA KIRALに新カラーに、カモフラージュパターンが出る!?

これも……似合うな。
案外エアロフレームにカモフラージュパターンって、合うんですね。

カラー名は「カモフレッシュホワイト」というそうな。
ここ最近、MTBやミニベロ、グラベルロードにカモフラージュ
パターンをするのが流行していますが。
とうとうフルカーボンのロングライドやエンデューロ用フレームに
カモフラージュパターンか。
IMG_7516.jpg
IMG_7520.jpg
このデザインは、冬とかに本領発揮しそうですね。
(別に隠す意味はないと思うけど)
IMG_7510.jpg
KIRALはアップライドな姿勢がとれるカーボンフレーム。
これなら街乗りやストリートにも色々楽しめそうな
デザインですね。
IMG_7512.jpg
IMG_7517.jpg
IMG_7513.jpg
IMG_7522.jpg
IMG_7518.jpg
おお……シートポスト上部にまでカモフラージュ!!!!
カモフラージュカラーモデル、もっと増えないかな……
2017年モデル Bianchi(ビアンキ) Intrepida105 (イントレピダ105)[カーボンフレーム]純正ボトル&ケージ付[ロードバイク・ロードレーサー]

2016年07月18日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 BIANCHI INTENSO ULTEGRA なんだこの限界までパワーUPしたINTENSOは……フルアルテグラ仕様な上に、ホイールにFULCRUM RACING5 LG 採用!


imgrc0065901012.jpg
2017 BIANCHI INTENSO ULTEGRA

あれ? あれ?BIANCHI INTENSOのULTEGR仕様が出るのか!?
しかも、フルアルテグラ仕様な上に、ホイールにFULCRUM RACING5 LG
まで採用!?
なんだこの限界までパワーUPしたINTENSOは……
2016年は確か105スペックまででしたよね?


インテンソは確かに乗り易いし、長距離を走破出来る性能
を有している。
ただし、加速性性能や高速でも対応出来るコントロール
性能まで有しているので、どこかしらレーシーなカーボンモデル
ではあるんですよね。

だから、このアルテグラフルスペック路線は個人的にはかなり
正しい方向性かと。

インテンソはエントリー系カーボンながら、レーシーな戦闘
用ロードレーサーの性能を有していますしね。
エントリーカーボンのジャンルには2017年から新型 INTREPIDA
が出てきたからINTENSOはよりレーシーな面を強調する路線に
なったのでしょう。
imgrc0065900994.jpg
シフター Shimano ULTEGRA
imgrc0065900993.jpg
ブレーキ Shimano ULTEGRA

すげー! すげー! マジかよ!?
INTENSOのブレーキが、とうとうアルテグラスペックになっちまった……
imgrc0065900992.jpg
フォーク Bianchi C2C フルカーボン

ブラックなフォークにトリコロールカラー!
これは面白いセンスですね。
やはりINTENSO ULTEGRスペックに、謎の情熱を
感じる。
個人的に低価格ながら、それなりの走行性能が手に入るから
INTENSOが好きなんですよね。
imgrc0065900991.jpg
ホイール FULCRUM RACING5 LG

INTENSOになんとフルクラムホイール!!
このアルテグラ仕様版INTENSOはどこまで走りの性能が
向上したのか、激しく期待してしまう。
imgrc0065900990.jpg
フレーム カーボン

若干スローピングなブラックなカーボンフレーム
トップチューブ&ダウンチューブ下にトリコロールカラー!
imgrc0065900989.jpg
imgrc0065900987.jpg
imgrc0065900985.jpg
フロント&リアディレーラー SHIMANO ULTEGRA
クランクShimano ULTEGRA 52/36T
カセット Shimano ULTEGRA 11/28T


の、ノーマルクランク仕様……まさか、本気でINTENSOのレーシング性能を強化してきたのか。
これは、恐ろしい……
imgrc0065900986.jpg
imgrc0065900988.jpg
シートポスト FSA SL-K 31.6 Carbon

シートポストまでカーボン……
以前からは考えられない、超豪華仕様。
imgrc0065900984.jpg
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO 700X25c
imgrc0065900983 (1)
サドル Fizik ALDEA MG

INTENSOは走りを邪魔しない程度の、適度な衝撃吸収性を
確保してありますからね。
それをパーツとホイールを強化した場合、どこまで走りが
変化するのか楽しみです。
(INTENSO SORAの試乗はしたことありますけど、流石に
上位パーツをインストールしたのはまるで未体験なんですよね)
一部でBIANCHI INTENSO ULTEGRのカラーリングに
注目が集まっている様ですが。
【2017モデル/ご予約受付中】INTENSO ULTEGRA(インテンソアルテグラ)BIANCHI(ビアンキ)カーボンロードバイク【送料プランB】

2016年07月17日 トラックバック(0) コメント(0)

今週のWiggleお勧めホイール一覧2016年 7月16日 (´・ω・`)……ウィグルCampagnolo - Zonda クリンチャーホイールセット価格推移表一覧


campy-zonda-wheelsetlhbhklv.jpg
Campagnolo - Zonda クリンチャーホイールセット
定価 ¥55452➝35% オフ¥36059(2016年07月16日現在)

ウィグルCampagnolo - Zonda クリンチャーホイールセット価格推移表一覧

2016年07月16日 定価 ¥55452➝35% オフ¥36059(←今ここ)
2016年06月11日 定価 ¥61631➝38% オフ¥38236
2016年06月05日 定価 ¥61631➝38% オフ¥38237
2016年04月30日 定価 ¥61630→38% オフ¥38237 
2016年04月09日 定価 ¥61638→36% オフ¥39653 
2016年03月26日 定価 ¥61623 →36% オフ¥39652 
2016年03月19日 定価 ¥61623→43% オフ¥35170
2016年03月05日 定価 ¥61599→43% オフ¥35311(円高の影響による価格見直し)




(´・ω・`)……Campagnolo Zondaの実際の販売価格が、円高の影響でどう変化していったのか、簡単なデーターがとれたので参考にしてみてください。

3月~7月までのデーターですが、現在3月当初の販売価格にまで下がって
いるのが一目瞭然です。(とりあえず、在庫を無視した実際の販売価格を参考)

こうして見てみると、4月9日が一番販売価格が高かったのか……

Campagnolo Zondaの場合、35000~36000円あたりが買い時ですね。
fulcrum-racing5-lg-wheelset-dbhetd.jpg
Fulcrum - Racing 5 LG ディスクブレーキホイールセット (ボルトスルー 6 ボルト)
定価 ¥48343➝38% オフ¥30015
2016 年モデルのディスクブレーキ (6 ボルト) 用最新 Racing LG ホイー
ルセットです。 天気に関わらず毎日の使用やトレーニングに耐えるよう
デザインされています。快適なライドを実現するやや幅広のリムと、取り
付けが簡単な 25c タイヤが特長です。

fulcrum-racing-quattro-carbon-wheelset-dbfws.jpg
Fulcrum - Racing Quattro カーボンクリンチャーホイールセット (ディスク)
定価 ¥170624➝22% オフ¥132718
ディスクブレーキ (DB) 採用のカーボンクリンチャーホイールセットです。
深さ 40mm のフルカーボンリムとディスクブレーキハブにより、優れた
機能性と耐用性に加え、路面が乾いていても、濡れていても抜群のブ
レーキを発揮します。

shimano-c24-wheelsetfthr.jpg
Shimano - Dura-Ace (デュラエース) 9000 C24 クリンチャーホイールセット
定価 ¥113608➝34% オフ¥74679
超軽量のレースバイクやフルエアロをお探しなら、Dura-Ace で決まり
です。 アロイ/カーボン C24 (11スピード) ホイールは、どんなロード
バイクにも適し、最高の性能を発揮します。

2016年07月16日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 BIANCHI PISA SPORT DROP BAR ビアンキ唯一のSTI変速可能なミニベロに、ミリタリー系デザートカラー採用!! 


imgrc0065919448.jpg
2017 BIANCHI PISA SPORT DROP BAR

ロードコンポクラリスを採用したビアンキのアルミミニベロ
PISA SPORT DROP BAR のビジュアルがアーミー化している!!

なんだか、2017年モデルのビアンキ系ミニベロのモデル
チェンジが大胆な事になっていません?

だれが企画&設計したんだろ???
謎だ……(とはいえアーミー系デザインに強い、ビアンキの
伝統的な洗練されたテイストでもある)


ロード系ミニベロをアーミー系デザインにしようという
発想は、あんまり見たことないな。
いずれにしても、大胆過ぎる。
imgrc0065919444.jpg
シフター SHIMANO CLARIS
バーテープに、カモフラージュパターンを持ってきたか。
うーん、フレームのデザートストームカラーリングに合うなあ。

やはりビアンキがこれだけ、いきなりミニベロに力を入れてきた
という事が嬉しい。
imgrc0065919445.jpg
ブレ-キ TEKTRO キャリパーブレーキ

BIANCHI PISA SPORT DROP BARといえば、エントリーロード系
パーツを採用しているのが特徴。
imgrc0065919446.jpg
フレーム アロイ20
街中をアルミフレームで軽快に疾走するためのミニベロという
コンセプトは健在。
元々BIANCHI PISA SPORT DROP BARはビアンキが遊び心
で企画したモデルでもある。
だから、ミリタリーテイストで遊んでもOKという訳か。
imgrc0065919447.jpg
フォーク ハイテン
imgrc0065919442.jpg
このデザートストームカラーの他に、マットブラックや、定番のチェレ
ステカラーも用意されている。
imgrc0065919443.jpg
フロントディレーラー&リアディレーラー SHIMANO CLARIS
クランクSHIMANO CLARIS 50/34T
シフト SHIMANO 8SPEED 12-25T
変速 16SPD

よく考えたら2017年モデルにおいてもビアンキミニベロシ
リーズ中、唯一のSTI変速可能なミニベロなんですね。
最新ロードバイクの操作が可能なビアンキミニベロモデルが
欲しいならPISA SPORT DROP BARもあり。
imgrc0065919441.jpg
タイヤ KENDA K193 20 X 1-1/8

ところで、価格が定価ベースで見ても大胆に価格を下げていまして……
2016年モデル定価¥87,000 (税抜き)➝2017年モデル定価77,000円

( ;゚ω゚)……PISA SPORT DROP BARは定価ベースだと、なんと2017年モデルは……

2016年モデルと比較してみても、1万近くも値を下げているという……


実際の2017年モデルPISA SPORT DROP BAR販売価格は、なんと税込 70,686 円!!
安っ!!

相当2017年モデルは安くなりましたね!! 確か2016年モデルは軽く
8万オーバーしていましたし。
imgrc0065919440.jpg
サドル SELLE ROYAL ARCO
サドルはイタリアブランドを採用か……
実は、イタリア軍に採用されていたビアンキミリタリー系モデルの
オマージュ的なデザイン???
いずれにしても、PISA SPORT DROP BARのデザートストーム
カラーはちょっといいな。

【2017モデル/ご予約受付中】BIANCHI(ビアンキ)PISA SPORT DROP(ピサスポーツドロップ)小径自転車【送料プランB】

2016年07月15日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 BIANCHI MINIVELO10 DROP まさかのクロモリ化!! フレームがアルミからなんと、コロンバス製クロモリへ変更!!


imgrc0065907922.jpg
2017 BIANCHI MINIVELO10 DROP
BIANCHIの定番小径車  MINIVELO10 DROPが派手にモデルチェンジ
しましたね!
まさかのクロモリ化ですよ!!

フレームがアルミからなんと、コロンバス製クロモリへ変更!!
SHIMANO TIAGRA仕様とCAMPAGNOLO VELOCE仕様に分かれるんだ。
両方共に、リア10速仕様か。
しかもブルックスのサドルに、サドルバッグも付いてくるの?
imgrc0064740580ger.jpg
2016 BIANCHI MINIVELO10 DROP

これがアルミ版の2016年モデルだけど。
2017年モデルの方がクロモリ化したことで、少しフレームがスリムに
見える???
あと2016年モデルのフォークはストレート(ハイテンスチール)だけど。
2017年モデルはベントタイプのフォーク(クロモリ)になっている。

とはいえ、デザインそのものは2017年モデルが今までのミニベロランドナー
風デザインを継承しているんですね。
imgrc0065907920.jpg
imgrc0065907919.jpg
ブレーキレバーは見たところDia Compe DC-204Nみたいですね。

ランドナーに好んで使われるブレーキレバーですね。
このあたりは2017年モデルも継続して、フロントバッグを設置し易い
ケーブル配置になっています。
imgrc0065907916.jpg
imgrc0065907921.jpg
フレーム コロンバス製クロモ

とうとう2017年モデルよりコロンバス製クロモリですよ!!!
MINIVELO10 DROPをダイナミックにモデルチェンジして
きましたね。
そうか、MINIVELO10 DROPはクロモリミニベロになったのか。
走行性能もアルミ時代と比べて、激変している可能性が。

ミニベロとクロモリは相性がいいから、ちょっとその辺も期待。

imgrc0065907917.jpg
シフター DIA COMPE ENE W-Lever

ああ……シフターがShimano DuraAce W-Lever(2016)から
DIA COMPE ENE W-Lever(2017)へ変更か……
imgrc0065907912.jpg
タイヤ Kenda K-193 20x1-1/8"

鼈甲模様の泥除けデザインは継続かな。
imgrc0065907918.jpg
フォーク クロモリ
渋いな、MINIVELO10 DROPがフルクロモリミニベロになってしまった……・
imgrc0065907915.jpg
imgrc0065907913.jpg
コンポ F/SHIMANO TIAGRA R/SHIMANO TIAGRA
クランク ANDEL RCS7-277PW 52/42T
カセットShimano CS-HG500 12-28T
変速20段変速

ティアグラ仕様の場合とはいえ、クランクにANDELを持ってきて
見た目のクラシカルなデザインにもこだわっているんですね。
imgrc0065907914.jpg
ペダル搭載有:VP-365
imgrc0065907910.jpg
ブレーキ TEKTRO 992AG
泥除けが付くので、テクトロのカンチブレーキ仕様。
ミニベロランドナーを意識。
imgrc0065907911.jpg
サドル Saddle Brooks B17 standard


やはり2017年モデルのMINIVELO10 DROPにも
Brooks B17 standard を継続採用。
imgrc0065907909.jpg
BIANCHIと刻印した、レザー製サドルバッグが付くのか。
【2017モデル/ご予約受付中】BIANCHI(ビアンキ)MINIVELO10 DROP TIAGRA(ミニベロ10ドロップティアグラ)小径自転車【送料プランB】

2016年07月14日 トラックバック(0) コメント(0)

(´・ω・`)2016年ルイガノもクリアランスSALEを開始したそうです。


(´・ω・`)2016年ルイガノもクリアランスSALEを開始したそうです。
なんと、2016ルイガノ計61モデルに及ぶ壮大&大規模なセールに
なっていますね。
やはり25%OFFのモデルがお得感があり、人気が高い模様。
100000031208-l0gegw.jpg
【クリアランスSALE】【お店で受取り選択可】 2016 LGS-CR07 外装14段変速 ロードバイク
メーカー希望小売価格74,520円➝25%off販売価格55,890円(税込)
現在ロード売れ筋ランキング2位。
ルイガノのクリアランスセールの中でも、一番人気ですね。

5万円で購入可能なSTI変速可能な、デザイン性の良いブランド
街乗りロード。
毎年ベストセラー的な人気の高さですが、現在5万程度で買える
為、更に人気が加速しています。
100000031224-l0.jpg
ルイガノ [louisgarneau]【クリアランスSALE】【お店で受取り選択可】 2016 LGS-CTR-COMP 外装22段変速 ロードバイク
メーカー希望小売価格157,680円➝25%off販売価格118,260円(税込)
( ;゚ω゚)  105を採用してクリアランスセール販売価格販売価格
118,260円(税込)なんですよね……。
リア11速で、11万クラス!?
紹介していて、自分で驚いてしまった。
セール価格ならではの現象ですね!

実際に乗ってみると、確かにミックスとはいえ105スペックの恩恵は巨大。
リア11速で細かな速度設定も可能だし。
本来の価格でも、かなり美味しいモデルなんですが。
安定性を最優先にしたアルミロードで、フル105でなくても
部分的に105パーツを取り入れる
意味が実に大きいという事を
実際走って見て、実感しました。
100000026983-l0.jpg
ルイガノ [louisgarneau]【クリアランスSALE】【お店で受取り選択可】 2016 LGS-JEDI MS 20型 外装9段変速 ディスクブレーキ
メーカー希望小売価格204,120円➝30%off販売価格142,884円(税込)
このディスク&ディオーレ9仕様のLGS-JEDI MSクリアランスセール品のほうが、
ロードティアグラ10速仕様の「LGS-JEDI RS」より人気が圧倒的に高い
模様。

やはりニッケルカラーとディスクブレーキ仕様は、誰でも欲しいですものね。
かつてのBD-1もディスク仕様の方が、Vブレーキ仕様よりも人気が高かった
もんな。
100000031196-l0.jpg
ルイガノ [louisgarneau]【クリアランスSALE】【お店で受取り選択可】 2016 LGS-GMT 前後キャリア付属 26型 外装24段変速 ランドナー
メーカー希望小売価格122,040円➝25%off販売価格91,530円(税込)
前後キャリア、前後フェンダーが標準装備され、シュワルベ マラソン プラス 26"X1.50"、
ダブルセンタースタンドが付いて9万円台か。

浮いたお金で、バニアバッグ類を補充すればいきなりツーリングに使えるな。
100000031196_03.jpg
100000031196_07.jpg
100000031196_04dfe.jpg
(´・ω・`)いいなあ、ダブルレッグスタンド。
最初から重量物を運搬したり、荷物を降ろしたり載せたりすることを最初から想定してある
から、ありがたいですね。
26インチホイールに車のバルブと同じ米式バルブのチューブを採用。
しかもドロよけ付きで、デザインもスタイリッシュ。
個人的に、ちょっと惹かれた。

【※30%OFF!】【送料無料】ルイガノ 2016 LGS-CR07【ロードバイク/ROAD】【LOUIS GARNEAU】【2016年モデル】【自転車】【※沖縄・離島は送料無料対象外】

2016年07月13日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 FELT F85(フル ティアグラ) 4アームクランク7005アルミ仕様なのに12万円台で買えてしまう


17riteway117.jpg
2017 FELT F85(フル ティアグラ) ブラック

2017年モデルのフェルトF85もF75と同じくフルティアグラスペックで
いくのか!!!

F85と言えば、2016年モデルから意地でフルティアグラだった良心的な
モデルだったけど。

2017年モデルのFELT F75(フル105) F85 (フルティアグラ)は、
グレードごとに純正コンポーネントを採用する路線なのね。

(F95は新SORA 一部別パーツを採用)

しかも2017年モデル F85は7005アルミフレームに4アームクラ
ンク採用で税込 124,416 円。

2016年モデルは税込み130,248 円だったから、2017年モデル
はなんと5000円以上も値を下げている。

ということはなにさ? 
2017年モデルは、4アームクランク7005アルミ仕様なのに12万で
買えてしまうということか。
17felt-f75.jpg
2017 FELT F75(フル 105)

とりあえず、これが105スペックの2017 FELT F85(フル ティアグラ)だが。
フレームはF75もF85も同型かつ同じカラーリングを採用しているのかな??

同じ4アームクランクだから、見分けがつかなくなってきた……

基本的にF75、F85もコンポグレードだけが異なるという事???
フレーム SuperLite 7005アルミ
フォーク Pefomanceカーボン



いずれにしても、フェルト新型SuperLite 7005アルミが驚きの低価格で手に入る訳か。
なかなか試乗車が出てこないが、相当レベルが高い7005アルミフレームなんだろうな。
フェルトのアルミモデルはどれも走りの個性が強いから、外見だけで走行性能を判断
出来ない所がある。
17riteway114.jpg
シフター SHIMANO Tiagra
17riteway113.jpg
クランク SHIMANO Tiagra
17riteway119.jpg
ブレーキ SHIMANO Tiagra

ホイール Felt Road RSL3
タイヤ 700x23C
17riteway118.jpg
重量 9.17kg

あー、やっぱり溶接跡とかも一段と美しく処理してある。
最近アンカーアルミもそうだけど、シンプルなデザインが流行しているし。
その流行にデザインを合わせてきたか。
(数年前は、逆にド派手路線だったが)
ティアグラや105などのブラック4アームクランクコンポカラーに合わせて
フレームカラーも精悍なブラックにしたのかな。
17felt-f85.jpg
2017 FELT F85(フル ティアグラ) ホワイト

これが、フェルト史上最もシンプルなホワイトカラーかもしれない。
ブラックのロゴとホワイトフレームカラーのシンプル路線。
デザイン路線もやはり時代に合わせて変化しているんですね。

以前はもうちょっとごつごつした感があったけど、どんどん
シンプルになっていきますね。
17riteway115.jpg
17riteway111.jpg
17riteway112.jpg
17riteway116.jpg
2017年モデルのFELT F75 F85は、純粋にレースに参加可能なスペック&
性能を目指しているんでしょうね。
だからこそ7005系アルミに、フルシマノスペックを用意してくれた
訳で。
やはりエントリーモデルとはいえ、レース用のFシリーズですから。
しかし、本当にシンプルデザインになりましたね。

(以前ミックスコンポ路線で、フェルトのアルミモデルの多段化を、無理矢理
図っていた時代が懐かしい。
あれはあれで面白かったが。
阪神タイガーズみたいなカラーリングとか。当時独特のカラーリングテイスト
だった)
【予約受付中】フェルト 2017年モデル F85【ロードバイク/ROAD】【FELT】

2016年07月12日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 BIANCHI MPULSO105 DISC(インプルソ105ディスク) 握力をまるで使わずに、本格レーシングアルミモデルを快適ブレーキング!

imgrc0065901411.jpg
2017 BIANCHI MPULSO105 DISC(インプルソ105ディスク)

ヽ('∀`)ノ IMPULSO 105 DISCが2017年モデルも出るのですね!!
フラットバー仕様が消滅したのは、ちと痛いけど……。

フラットバー仕様ですら滅茶苦茶走りが軽くで、速かったからな。
とうとう、ディスク無しのIMPULSOには乗れなかったけど。

試乗したとき、なんでディスク仕様なのかよくわかったわ。
こいつアルミモデルの中でも、特級に足が速いもの。ディスククラスの
制動力はとうしても必要なんですよね。

やたら速いので、ディスクブレーキにすることでコントロール性が安定して
常に安定したブレーキングが出来るのがいいな。

もちろんにシクロクロスが走る様な悪路は無理にしても、悪条件下においても
常にIMPULSO 105 DISCのブレーキングが安定なのはありがたい。

が、やはりIMPULSO 105 DISCの場合スピードコントロールにおいて
最大限能力を発揮するのでは。
(なんだかんだ言って、少ない力で「楽」に速度を制御できるのがありがたい)
imgrc0065901410.jpg
シフター Shimano 105
imgrc0065901409.jpg
imgrc0065901407.jpg
おお! IMPULSO 105 DISCのフォークに、ブレーキケーブルが内臓されている!!
さすがだな。
imgrc0065901406.jpg
フォーク Bianchi カーボン
なるほど……IMPULSO 105 DISCのカーボンフォークはケーブルが
内臓可能な形状なのか。
何気に、細かい所まで考えてカーボンフォークを設計しているんだな。
imgrc0065901405.jpg
フレーム IMPULSO フルアルミ

IMPULSOといい、フェニーチェプロのフレームといい、最近なんでかビアンキの
ミドルグレードモデルのアルミフレームは高性能。
imgrc0065901408.jpg
ブレーキ SHIMANO R317メカニカルディスクブレーキ
imgrc0065901404.jpg
ノーマル版のIMPULSO 105はクランクが105だが、IMPULSO 105 DISC
の場合はSHIMANO RS500
imgrc0065901403.jpg
ホイール ALEX DRAW1.9
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO 700x25c

タイヤは耐久性の高い、VITTORIA ZAFFIROの25Cか。
やはりロングライドやツーリングなども想定したディスクロード
なのかな。
走りそのものは、レーシーというかレース性能が強いんですが。
imgrc0065901402.jpg
サドル FIZIIK ARDEA

今回のIMPULSO105 DISCはマットブラックではなくチェレステカラーか。
精悍だったのが、いきなり華やかなディスクロードデザインになりましたね。
いずれにしても、IMPULSO105 DISCは人気がでて欲しいな。
【P最大18倍(7/14 2時まで/エントリ含)】【2017モデル/ご予約受付中】IMPULSO105 DISC(インプルソ105ディスク)BIANCHI(ビアンキ)アルミロードバイク【送料プランB】【02P09Jul16】

2016年07月11日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 BIANCHI FENICE PRO ULTEGRA ヌードカラー  ビアンキが塗装重量にまでこだわり抜いた、超軽量スカンジウム完成車を2017年モデルに投入!



imgrc0065900371.jpg
2017 BIANCHI FENICE PRO ULTEGRA ヌードカラー

B4Pスカンジウムアルミ合金系ロードバイク
BIANCHI FENICE PRO ULTEGRAにヌードカラーが出るのか!

このフェニーチェプロヌードカラーの重量は、噂では7.07kgって本当!?
ULTEGRAモデルはアルミの地カラーをそのままに閉じ込めたそうな。
スカンジウムアルミの地カラーって、こんなにスタイリッシュ感があるとは。

超軽量アルミ完成車に仕上げる為に、FENICE PRO ULTEGRAには特別に
ホイールには、走りが軽い&軽量なTOKEN C22Aを搭載。


てか、通常のFENICE PRO105ですら、その辺のカーボンロードを
軽く圧倒する走行性能を有しているんですけどね。

乗り心地のなぜかいいし、そしてさらに軽量となれば鬼に金棒で
はないですか?
imgrc0065900369.jpg
シフター Shimano ULTEGRA 6800
このハンドルはFSA K-force カーボンハンドル?
やはりカーボンハンドルも、カーボン仕様にして重量を稼いでいるか。

imgrc0065900368.jpg
ケーブルカラーリングも、ヌード仕様に合わせてブルーチェレステ系か。
渋いな。
imgrc0065900363.jpg
フレーム  スカンジウム

あ、すげ! スカンジウムフレームの溶接跡ってこんな感じになるのか。
初めて見たけど、溶接跡ですらデザインの一部みたいですね。

imgrc0065900367.jpg
フォーク FULL CARBON FORK
imgrc0065900366.jpg
BIANCHIのロゴが浮き出ている!!!
なんだこのFUJIみたいなテイストは!?

やっぱり2017年モデルの場合、FENICE PROだけがスカンジウムフレーム
仕様になるっぽいですね。
FENICE ELITE 105が7046アルミ。
FENICE SPORT TIAGRAがアルミ6061を採用。

となると、フレーム素材別にフェニーチェの走行性能が露骨に差が発生
するはず。
いずれにしても、FENICE PROが2017年モデル最強の
アルミロードという認識でいいはず。
imgrc0065900370.jpg
ブレーキ SHIMANO ULTEGRA6800

シートクランプもブルー系のシルバーチェレステか!

imgrc0065900364.jpg
シートチューブにもBIANCHIのロゴが浮き出ていますね。
いいなあ、このテイスト。
この2017年モデルの価格は税込 330,480 円。

2016年モデルより9000円程価格が下がっている。
imgrc0065900362.jpg
フロント&リアディレーラー Shimano ULTEGRA 6800
クランクSHIMANO ULTEGRA6800 52/36T
カセットSHIMANO ULTEGRA6800 12/25T


52/36Tを採用したノーマルクランク22SPEED仕様。
imgrc0065900361.jpg
ホイール TOKEN C22A
タイヤ VITTORIA RUBINO PRO SLICK 700x23c

imgrc0065900360.jpg
サドル Fizik ANTARES CARBON RAIL
シートポスト  FIZIIK R1 27.2 CARBON


カーボンドロップハンドル、カーボンフォーク、カーボンシートポスト
スカンジウムフレーム、地カラーをそのままに閉じ込めたヌードカラー
……もう軽量さを追求する為に、ビアンキがあの手この手で
知恵を絞った感があります。

何気に、FENICE PROは衝撃吸収性もスカンジウムフレームなのに
良質なので、カーボンパーツとの相乗効果も期待出来そう。
【P最大18倍(7/14 2時まで/エントリ含)】【2017モデル/ご予約受付中】【スカンジウムフレーム】FENICE PRO ULTEGRAフェニーチェプロ アルテグラBIANCHI(ビアンキ)スカンジウムロードバイク【送料プランB】【02P09Jul16】

2016年07月10日 トラックバック(0) コメント(0)

今週のWiggleお勧めバイク&ホイール一覧 7月9日

fulcrum-racing-quattro-lg-rim.jpg

今週のWiggleお勧めバイク&ホイール一覧 7月9日

( ;´Д`)円高の影響で、やはりホイール価格が下降しています。
実際に4~6月ごろの価格と単純に比較してみました。
大幅に価格が下がったホイールと、微妙に価格が下がったホイール
に分かれていますが。
全体的に価格の下落が見られますね。

campy-bullet-50-wset-zoomfutyu.jpg
Campagnolo - Bullet 50 カーボンクリンチャーホイールセット
定価 ¥119812➝39% オフ¥73460

(´・ω・)……ちなみに2016年6月18日時点で83554円でしたから。
現時点で10094円も安くなっています。
確実に円高効果か出ていますね。


ブレーキ面にアロイを使用したカーボン・アルミニウム一体型リムの利点
をすべて兼ね備えたホイールセット。 あらゆる状況に対応し、1年を通
して優れた機能性を発揮するホイールを求めるライダーに最適です。

fulcrum_R3-2013-compgregwer.jpg
Fulcrum - Racing 3 クリンチャーホイールセット
定価 ¥66562➝45% オフ¥36726

2016年6月18日時点で42202円でした。
……(´・ω・`)……なんと、5476円も安くなっています。


お買い得価格で購入できる機能性の高いホイールセットです。 トレ
ーニングや日常のライドに天気を選ばず使用できます。トレーニング
用バイクとして最適な抜群の耐用性を発揮します。

fulcrum-racing-quattro-lg-grewheelset.jpg
Fulcrum - Racing Quattro LG アロイクリンチャーホイールセット (2016)
定価 ¥44374➝45% オフ¥24625

2016年6月18日時点で26199円でした。
1574円安くなっていますね。

2016 年モデルの Racing Quattro LG は、刺激的な最新クリンチャーホイ
ールセットです。 25c タイヤにも対応するやや幅広のリムを採用してデザ
インされており、競技やサイクルマラソンでの高速走行を実現し、十分な
グリップ力と快適さも提供します。
easton-ea70sl-wheelsetger.jpg
Easton - EA70 SL アロイクリンチャーロードホイールセット
定価 ¥81352➝31% オフ¥55899
EA70 SL は、EA70 より 60g 軽量でありながら、同等の強度と耐久性
を発揮するホイールセットです。 強い横風にも屈しないホイールで、ト
レーニングやレースに最適です。 性能の高さは折り紙付きです。
campy-scirocco-35-wheelsetge.jpg
Campagnolo - Scirocco 35 クリンチャーホイールセット
定価 ¥40824➝41% オフ¥23958
2016年4月2日時点で25490円でした。
1532円安くなっています。

Scirocco 35 の最新型 35mm ディープセクションリムは、空気抵抗を受
けにくい構造で、しかも強い横風の中でも楽にハンドリングができます。
また、感度が伝わりやすく軽量ながら、アルミニウム製のブレーキ面を
持つ標準的なクリンチャーリムの利点も兼ね備えています。

campagnolo-vento-asy-g3-vsfwheelset.jpg
Campagnolo - Vento Asymmetric G3 ホイールセット
定価 ¥34907➝41% オフ¥20631
2016年5月30日時点で22338円でした。
1707円安くなっています。

2016年07月09日 トラックバック(0) コメント(0)

2017モデル BIANCHIJAB ADV(ビアンキ ジャブアドバンス)650Bマウンテンバイク ビアンキ伝統の、ミリタリー系カラーリング「マットデザートストーム」がかっこいい!



imgrc0065872631 (1)
2017モデル BIANCHIJAB ADV(ビアンキ ジャブアドバンス)650Bマウンテンバイク

クロスカントリー用のMTBフレームに、パニアバッグを装着した例ですね。
しかも JAB ADVはスリックタイヤ仕様だから舗装路も軽々走破可能。

ロングライドやツーリングに、堅牢なMTBフレームで走るというもの
面白そう。
アドベンチャー向けのJAB ADVなら、路面状態も気にしなくて良さげか。

(リアキャリア バッグは別売り)
imgrc0065872631te.jpg
これがビアンキのリアキャリア用パニアバッグか。
光沢のあるタイプが出ていたとは知らなかった。
imgrc0065872632.jpg
これがJAB ADVマットデザートストームカラー!!
陸戦仕様というか、文字通り砂漠戦でも始まりそうな勢い
です。
ここ最近アーミーなデザインを好んで、ビアンキ系MTBに
あしらう傾向にあるから毎年楽しみなんですよね。

2017年モデルはこう来たか!! 
(リアキャリアは別売り)
imgrc0065872634.jpg
imgrc0065872635.jpg
ロゴにカモフラージュカラーがあしらわれています。
第一次世界大戦時、ビアンキがイタリア軍向け軍用自転車を生産していた
名残ですかね。
imgrc0065872630.jpg
JAB ADV(ジャブアドバンス)のマットカラーは街乗りテイスト。
使用目的別に、カラーリングを選択しても良さげ。
やっぱりブロックタイヤではなく、スリック仕様なのでビジュアルが
ストリート風に。
imgrc0065872624.jpg
シフター Shimano ST-EF510
EZファイヤープラスシフト&ブレーキ一体式レバー シマノST-EF510
を採用。
imgrc0065872625.jpg
コンフォートグリップ仕様。これは面白いパターンをグリップにあしらって
います!
長距離や街乗りでの使用を元から想定している。
imgrc0065872623.jpg
フォーク SUNTOUR XCT HLO DS 100mm
imgrc0065872622.jpg
フロントサスペンションにはロックアウト機構も搭載。
登坂時や街乗りでサスの動きが邪魔な場合は、固定する
ことも非常に簡単です。
imgrc0065872621.jpg
ブレ-キ SHIMANO TX805メカニカルディスク

ツーリングバイクとしても使用を想定して、より軽量で扱いやすいメカニカル
ディスクブレーキ仕様なのかな。
imgrc0065872620.jpg
フレーム JAB27.5アルミ
imgrc0065872619.jpg
最近のMTBフレーム形状って、スローピングながら段々
ロードじみてきたな。
よくよく見てみたら、マットブラックのビアンキロゴ
にも、灰色のかもフラージュをあしらっているのか。
imgrc0065872617.jpg
imgrc0065872618.jpg
フロント&リアディレーラー Shimano ALTUS
クランク SHIMANO FC-M351 44/32/22T
シフト Shimano HG300 11-28T
変速:27段変速
imgrc0065872616.jpg
リム ALEX
タイヤ MAXXIS RE-FUSE 27.5X2.00

650B(27.5)というホイールサイズを採用したバイク。
しかも、2.0サイズのスリックタイヤを初期で搭載した
ちょっとレアなMTBモデル。
(タイヤは1.25まで細くすることが可能)
imgrc0065872626.jpg
サドル VELO VL-1745
【2017モデル 】BIANCHI(ビアンキ)JAB ADV(ジャブアドバンス)650Bマウンテンバイク【送料プランB】

2016年07月08日 トラックバック(0) コメント(0)

【速報】 新型2017年モデルFELT F75の販売価格がとうとう14万円台に! ブレーキは105スペックUP!



( ;゚ω゚)……ほぅ……。

……これがパーツがとうとうフル105化した、新型2017年モデルFELT F75か。
価格は遂に143856円!?
やった!! 1万近く値段が下がっている!!
ジオメトリーを観察してみると……


仕様

スーパーライト7005アルミ【SuperLite 7005 Alminium】
強度が高く高価な7005番アルミを、フレームサイズごとに最適なバテッド位置・厚み・形状に加工。
UHCパフォーマンスカーボンフォーク【UHC Perfomance Carbon Folk】
キビキビとした走行感と振動吸収性を併せ持つ、FELT自慢の高品質カーボンフォーク。
レースジオメトリー【Race Geometory】
鋭いコーナリングと高い反応性を実現したロードレースで勝負できるフレーム設計。
「SHIMANO 105仕様」
イタリアPrologo社製サドル
UHC Perfomance カーボンシートピラー


7005系アルミは継続。
元々105スペックのアルミロードだったけど。
おお! なんと2017年モデルからブレーキも105スペック採用。

なるほど……実質フル105にスペックUPした上に、14万円
クラスという低価格になったか。


17_f75_2.jpg
サイズ(適正身長) 480:155-165cm
510:160-175cm
540:170-180cm
560:175-185cm
カラー マットブラック、マットホワイト
重量 8.84kg
フレーム SuperLite7005アルミ
フォーク Perfomanceカーボン
ギア数 2×11=22段変速
シフター SHIMANO 105
リアディレイラー SHIMANO 105
クランク SHIMANO 105
ホイール Felt ROAD RSL3
タイヤ 700×23C
ブレーキ SHIMANO
ペダル 付属無


2016年モデルF75で採用されていたスレッドBB仕様 ワイドなギ
ア比設定(11-28T)は継続??

ふむふむ……重量に関しては2017年モデルも変わらず8.84kgか。

とりあえず2017年モデルF75に関しては価格が14万円
クラスにまで下がり、ブレーキが105スペックアップしたと
覚えておけばいいかな。

2017年モデルって、何もかもが凄まじい……普通にスペックUPした
上に、価格まで下がるのですか……
2016 FELT F75

逆に2017年モデルの販売価格14万円クラスF75の
登場を受けて、楽天において2016年FELT F75モデル
の値下げが始まっています。

上手く探せば、12~13万で2016年モデル105スペック
FELT F75が手に入るのでは。
(もちろんブレーキは105スペック以外になるが)
フェルト F75 2017 FELT ロードバイク 自転車 Fシリーズ【送料無料】【ワイヤーロックプレゼント】【期間限定防犯登録無料】

2016年07月07日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 BIANCHI CAMALEONTE4 ALU  Shimano DEORE(リア10速&油圧ディスク仕様)のCAMALEONTE4がとうとう 9万円台に!


imgrc0065876522.jpg
2017 BIANCHI CAMALEONTE4 ALU



CAMALEONTE4の価格が、定価ベースで9000円も価格が下落したか!!

2016年モデルの販売価格は軽く10万オーバーしていたのが、2017年モデル
で、とうとう9万円クラスになった!

しかしカーボンバック&ロードスぺックのCAMALEONTE6、5が
2017年モデルとしては出ないんですね。寂しいな。

ですので、MTBスペックディオーレリア10速仕様のCAMALEONTE4
がフラグシップという事になります。

いずれにしても価格が下がった上に、カメレオンテシリーズにこの
CAMALEONTE4が生き残ってくれてうれしい!!

長距離を走破する為の、ロードスペックを採用していた5、6よりは
街乗りなどで、パワフルに走破するための性能に徹したクロスバイク
のほうが今は需要があるのかな。

imgrc006587652ger1.jpg
シフター Shimano DEORE

実際CAMALEONTE4に乗ってみると、変速操作やディスク
ブレーキ操作の感覚がまさにMTB。
石畳や悪路などもパワフルに走破可能。
ですのでタイヤサイズも継続して32Cサイズを採用。

悪路が多い地域で、クロスバイク乗るならカメレオンテ4って
結構楽しく乗れると思う。
imgrc0065876520.jpg
いいなあ! 2017年モデルのグリップはチェレステカラーに
なったんだ。
ディスクブレーキを採用しているので、低速や高速時
においてもスピードコントロールがし易い。
油圧ディスクブレーキ操作の「楽」さは、Vブレーキを圧倒的に
しのぐ。
imgrc0065876519.jpg
imgrc0065876516.jpg
フォークはアルミ

実際走ってみると、快適性は700×32Cサイズのタイヤボリ
ュームに依存している。
ロードの様な滑らかさはないが、ガンガン攻撃的に前進する
パワーが頼もしい。
(特にフルアルミフレームが繰り出す、ゼロ加速性能はパワフルで快感)
imgrc0065876518.jpg
ブレーキ SHIMANO BR-M315油圧ディスクブレーキ
imgrc0065876515.jpg
トップチューブは楕円形のオーバルタイプ。
ケーブルはアウター仕様。
トップチューブに、ブラックストライプデザインを忍ばせて
あるのか。
正にカメレオンというか、忍者志向が強いデザインですね。
imgrc0065876514.jpg
フロント&リアディレーラーShimano DEORE
クランクSHIMANO FC-T521 48/36/26T
カセット Shimano HG500 11/34T
基本的に、どの速度域にも強いカメレオンテモデル。
ロードに近い高速走行に特化した、5と6が消えたのは意外だったが。

やはりユーザーはオールラウンド性能が強いカメレオンテ
に人気が集中していたのかな。
imgrc0065876512.jpg
グニャリと曲がったオールアルミのシートステー。
しかし、またカーボンバック仕様のカメレオンテにお目にかかりたいな。

REPARTO CORSE(レーサー部門)が開発したスーパーロングセラー
なクロスバイク。
でも今の新型クロスバイクの性能にも、全然負けていない点が凄い。
imgrc0065876517.jpg
タイヤCONTINENTAL SPORT CONTACT 700×32c

伝統の32Cサイズのタイヤ幅を持ってきたか。
エントリーモデルのCAMALEONTE2、1は28C。
やはり悪天候や悪路に対応できるタイヤサイズを採用して
きましたね。
imgrc0065876513.jpg
サドル SELLE ROYAL ARCO

コンポにShimano DEORE、SHIMANO BR-M315油圧ディスクブレーキを採用。
フルシマノ系パーツで固めた贅沢なクロスバイクだったんですが。
高品質はそのままなのに、今はあっさり9万で買えちゃうんだな……
これが円高パワーか。
【最大1,500円オフクーポン配布中(7/7 10時まで)】【2017モデル/ご予約受付中】BIANCHI(ビアンキ)CAMALEONTE4(カメレオンテ4)クロスバイク【送料プランB】

2016年07月06日 トラックバック(0) コメント(0)

ストライクウィッチーズ Operation Victory Arrow&新世紀GPXサイバーフォーミュラサイクルジャージ 



100000030899-l2.jpg
100000030899-l1.jpg
アウローラ [aurora]「ストライクウィッチーズ Operation Victory Arrow」 サイクルジャージ
「ストライクウィッチーズ Operation Victory Arrow」サイクルウェアの再受
注(2016年9月予定分)を、サイクルベースあさひで受付開始しましたね。

大人気アニメ「ストライクウィッチーズ」から待望のサイクルジャージ
が登場!
第501統合戦闘航空団のエンブレムとパーソナルマークで世界観を
クールに表現。
100000030284-l0.jpg
アウローラ [aurora]「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」 サイクルジャージ 【スゴウアスラーダVer.】
名作アニメ「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」TVシリーズの舞台
となった2015年を記念して、サイクルジャージが登場!スゴウア
スラーダのチームジャージをイメージしたウェアでトップタイムに
挑もう!
100000039385-l0.jpg
アウローラ [aurora]「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」 サイクルジャージ 【アオイZIP Ver.】

名作アニメ「新世紀GPX サイバーフォーミュラ」TVシリーズの舞台とな
った2015年を記念したサイクルウェアシリーズ。アオイZIPフォーミュラの
チームジャージをイメージしたウェアでライバルと競おう!

加賀さん……SAGAのブリード加賀は良かった……。
アウローラ [aurora]【ご予約・9月下旬ごろ】 【7/20まで】「ストライクウィッチーズ Operation Victory Arrow」 サイクルジャージ


(´・ω・`)あとついでに、大幅値引きしたクリアランスSALE品が、売れ筋ランキング
のトップ3に全てランクインしていましたので、まとめておきました。
やはり3~5万円台のセール品が売れ筋ですね。



あさひロードバイクの売れ筋第1位(2016・7・5)↓
100000035830-l1.jpg
2016 丸石 [MARUISHI] エンペラー レーシングフォース [E-RF-F] 
メーカー希望小売価格77,760円➝24%off販売価格58,799円(税込)

とうとう7万クラスのロードが5万か……あああ……。
丸石エンペラー(アルミ&ターニーリア7速)ロードがとうとう
5万円台で出てきました。
さすがに5万円台だけあって、現在ロード売り上げ部門一位か。
シティーライドに気軽に乗れるエントリースポーツモデルで、ターニー
STI変速も楽しめちゃう。

重量はこの価格帯ながら11.0kg。ちょっといじれば直ぐに10kg台になるか。
もちろんフルアルミですけど、無理しなくてもそれなりのロードが5万で手に入る
様になってきた。


なんか今年2016年6~7月って、3~5万の予算でかなりいいモデルが
手に入っちゃうますよね?? 

特に今年はどんどん加速的に価格が下落していくのを目の当たりにして
素直に驚いています。

丸石 [MARUISHI]【クリアランスSALE】【お店で受取り選択可】 2016 エンペラー レーシングフォース [E-RF-F] 外装14段変速 ロードバイク


あさひクロスバイクの売れ筋第2位(2016・7・5)↓

100000034191-l3.jpg
ターン [tern]現行モデル CLUTCH (クラッチ) 650c 外装8段変速
メーカー希望小売価格56,160円➝35%off販売価格36,799円(税込)

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル……ターン CLUTCHのクリアランスセールを続行するだと!!!???
こんな凝りに凝ったクロスバイクを、まだ3万という価格で行くのか……
クロスバイク売り上げ2位というのも納得。

( ;゚ω゚)……さすがに5万円台という、驚異的な値引きだったVerge N8は完売した模様。
(10万円台の高級モデルを5万という滅茶苦茶な値引きが功を奏した)
色々な意味で、歴史に残る値下げでしたね。
ターン [tern]【お店で受取り選択可】 【クリアランスSALE】 現行モデル CLUTCH (クラッチ) 650c 外装8段変速 クロスバイク



あさひ折りたたみ自転車の売れ筋第1位(2016・7・5)↓
100000031180-l4fw.jpg
メーカー希望小売価格49,680円➝30%off販売価格34,799円(税込)

ターン [tern] 現行モデル Link B7(リンク) 20型 外装7段変速
これが現在人気高騰中の、Link B7。
    
高級ターンブランドながら34,799円という、下手すればホームセンター
の折り畳みモデルにも対抗出来そうなセール価格のせいで、現在折
畳み売り上げ1位。

(しかもターンブランドなんだから、実にたまらない)

(´・ω・`)……サイクルベースあさひが直接売るんだから、安心感があり
ますよね。

ターンモデルはエントリーモデルといえどデザインが優美です。デザイ
ン優先で探している方でも、満足できるはず。

Dahon - Vitesse D8 Equipped (2016) 19% オフ

2016年07月05日 トラックバック(0) コメント(0)

2017モデルBIANCHI ROMA2 SHIMANO SORA NEW SORA仕様にタイヤはTHICKSLICKブランド採用! 



imgrc0065875492.jpg
2017モデルBIANCHI ROMA2 SHIMANO SORA

これが新型NEW SORAを採用した2017年モデルBIANCHI ROMA2か!!
NEW SORAって、かっこいいな……こんなにクロスバイクのルックスが
スポーティというかロードっぽくなるとは思わなかった。

んでもって、マットマンバカラーのローマ2っていいな。
2017年モデルのローマってカラーが好みだわ。

ローマ買うならBIANCHI ROMA2がいいな。
4アームクランクの存在感がこれ程巨大だとは思わなかった。
imgrc0065875491.jpg
タイヤはなんと、KENDA K-1029 700x28C(2016年モデル) から
WTB THICK SLICK 700x28C(2017年モデル)
へ変更!!
ああ、一時期うちのMTBに履かせていたTHICKSLICKブランドだ……。
割とグリップ力があって、なんか頼もしかったな。
まさかローマ2でお目にかかれるとは。
imgrc0065875493.jpg
imgrc0065875494.jpg
おー! ライトミントカラーはこんなに華やかか!!
アルミフォークに、ロゴをあしらうのが2017年モデルの特徴ですね。
imgrc0065875485.jpg
フレームには軽量アルミを採用。
スムースウェルディング加工を施し溶接の継ぎ目を処理している。
さらにシフトケーブルをフレームに内蔵。

これがブラッシュフィニッシュ!!
スポーティーカラーに乗るならこれか。
なんだか、ドロップハンドルでも不思議じゃない雰囲気。

気になる2017年モデルローマ2の価格は税込 84,456 円!!

2016年モデルローマ2の価格は税込 94,554 円だから……
2017年モデルローマは1万も値段が下がっている!!!??

しかも4アームクランク化まで遂げているのに!?
THICK SLICK タイヤを採用しているし、これは実に美味しい。
imgrc0065875484.jpg
imgrc0065875483.jpg
シフター Shimano SORA
ブレーキレバー AVID FR-5
imgrc0065875482.jpg
相変わらずトップチューブが長め。フレーム形状そのものの変更はなさそうなので
街乗りで扱いやすいかな。
imgrc0065875481.jpg
フォーク アルミ
imgrc0065875480.jpg
imgrc0065875479.jpg
imgrc0065875477.jpg
ブレ-キ SHIMANO BR-R353 V-BRAKE
タイヤ WTB THICK SLICK 700x28C
imgrc0065875478.jpg
フロントディレーラー Shimano SORA
リアディレーラー Shimano SORA
クランク SHIMANO SORA 50/34T
シフト SHIMANO CS-HG50 12-27T

18 SPEED
ドライブトレインがいきなりNEW SORA化したか。いいなあ……
8万でいきなりNEW SORA仕様のローマ2が買えてしまうんだ。
imgrc0065875476.jpg
サドル VELO VL-3289

非ディスク仕様のローマモデルの中において、2017年モデルローマ2が一番
2016年モデルと比べて価格が下がっているんですね。
しかもパーツとタイヤが面白い事になっているから、ちょっと驚いた。
そうか……マットマンバカラーはローマシリーズの中においては、
ローマ2だけか。
いずれにしても、2017年モデルローマ2は見ているだけで面白いや。
【最大1,500円オフクーポン配布中(7/7 10時まで)】【2017モデル/ご予約受付中】BIANCHI(ビアンキ)ROMA2 SHIMANO SORA(ローマ2シマノソラ)クロスバイク【送料プランB】

2016年07月04日 トラックバック(0) コメント(0)

2017年モデル Bianchi OLTRE XR.1 Ultegra&105の価格をチェック やはりフラグシップオルトレモデルも値下がり傾向



ci-550016_1kgg.jpg
2017年モデル Bianchi Intrepida Tiagra (ビアンキ イントレピダティアグラ)

ビアンキの新型コンフォートロード「イントレピダ」のティアグラスペックが
馬鹿売れだそうで……。
(楽天きゅうべいにおいて、現在売り上げ一位)

アルミモデルのニローネより、カーボンモデルが売れるなんてちょっと
した快挙ですよ!
ci-550016_17.jpg

買い方が賢いな。確かにフレーム性能は未知数だが、コンポは新型テ
ィアグラだからパーツに関しては確実だ。

フルティアグラ仕様に、フルカーボンで
価格 153,306円 (税込)
だもんな。
何度見ても、ぽかーんとしてしまう。
まだ、このアルミモデルより格安な価格設定に慣れない……
cc-bianc-oltre1-ul_1.jpg
cc-bianc-oltre1-ul_2.jpg
2017年モデル Bianchi OLTRE XR.1 Ultegra
価格 339,660円 (税込)


ハイエンドフルカーボンフレームのオルトレ。シマノ11速アルテグラを装備。空力
と振動吸収性、加速性のバランスに優れたロードバイクです。軽量のホイールに
交換すれば、ヒルクライムでも戦えるモデルです。
【スペック】
■フレーム: Carbon
■フォーク: Full Carbon 1.5"-1.1/8"
■重量: N/A
■シフター: Shimano ULTEGRA
■フロントディレーラー: Shimano ULTEGRA, 34.9mm
■リアディレーラー: Shimano ULTEGRA
■クランクセット: Shimano ULTEGRA, 52/36T, 165/170/170/170/172.5mm
■BB: Shimano SM-BB72-41B
■チェーン: Shimano ULTEGRA
■スプロケット: Shimano ULTEGRA, 11sp, 12/25T
■ブレーキ: Shimano ULTEGRA
■ブレーキレバー: Included
■ホイール: Fulcrum RACING5LG
■タイヤ: Vittoria ZAFFIRO PRO SLICK 700x23C
■ペダル: -


おお、こちらも3万は安くなっているな。

2017年モデル Bianchi OLTRE XR.1 Ultegra
価格 339,660円 (税込)

おお、こちらも2016年モデルに比べて3万は安くなっているな。
デザインもチェレステカラーをあしらったフレームに、ブラックの
ストライプをあしらいブラック感が強くなっている。

ホイールはFULCRUM RACIG5を継続か。

XR2よりも乗り易くなったOLTRRE XR1フレームは2016年モ
デルにおいても、価格を抑えたリーズナブルなフラグシップという
印象でしたが。

でも、2016年後半円が多分また円安傾向になるかもしれない
ので、また価格変動とかも覚悟した方がいいのかな?
(逆に円高になれば、更に値段が下がるのでそれはそれで嬉しいが)
cc-bianc-oltre1-05_1.jpg
cc-bianc-oltre1-05_2.jpg
2017年モデル Bianchi OLTRE XR.1 105 (ビアンキ オルトレXR.1 105)
価格 275,400円 (税込)


シマノ11速105を装備。ビアンキファンの中でも特に人気が高いモデル。
踏み込んだ力を推進力に変えているかのような加速を体験できます。
ハイエンドにありがちな硬すぎて足に来るという事もありません。
【スペック】
■フレーム: Carbon
■フォーク: Full Carbon 1.5"-1.1/8"
■重量: N/A
■シフター: Shimano 105
■フロントディレーラー: Shimano 105, 34.9mm
■リアディレーラー: Shimano 105
■クランクセット: Shimano 105, 52/36T, 165/170/170/170/172.5mm
■BB: Shimano SM-BB72-41B
■チェーン: Shimano 105
■スプロケット: Shimano 105, 11sp, 11/28T
■ブレーキ: Shimano 105
■ブレーキレバー: Included
■ホイール: Fulcrum RACING7LG
■タイヤ: Vittoria ZAFFIRO PRO SLICK 700x23C
■ペダル: -


30万円台だった(一部では29万程度)OLTRE XR.1 105がとうとう
27万円台になってしまった……
ノーマル105クランク仕様、Fulcrum RACING7LG。

これなら多少無理しなくても、普通にエアロロードのオルトレが買えちゃ
いますね。

ビアンキのロゴカラーが、チェレステではなくフレームに近い
ブラック。

Ultegra仕様も105仕様もエントリー系ホイールとはいえ、フルクラムホイールを
採用。
2017年モデル Bianchi(ビアンキ) Intrepida Tiagra (イントレピダティアグラ)[コンフォートロード][ロードバイク・ロードレーサー]
【先行予約受付中】2017年モデル Bianchi(ビアンキ) OLTRE XR.1 Ultegra (オルトレXR.1アルテグラ)[カーボンフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

2016年07月03日 トラックバック(0) コメント(0)