スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 月別アーカイブ 2014年07月

2015 DARE MR1超軽量ヒルクライム用カーボンフレーム ラピエール、ニールプライド、BMCを担当しているOEMブランドが、日本上陸してくるらしい!



100000025542-l4.jpg
へー。これがニールプライドとか、ラピエールとかBMCの
OEMを担当しているメーカー「DARE(ディアー)」って奴ですか。
今度2015年モデルから、日本に上陸してくるそうだけど。

ニールプライドとラピエールなどが、日本でも好評だった事から
OEMメーカー自ら乗りこんできたということですね。
ディアーか。
一応覚えておいた方が良さそうかな? ということでメモ代わりに。
サイクルモードとかに来るのかな?
100000025542-l3.jpg
でこれが、超軽量ヒルクライム用モデル2015 DARE MR1 カーボンフレーム
ですって。フレーム重量850gにカーボンフォーク重量350g。

面白い事に、この新興ディアーブランドを扱うのが「アキコーポレーション」
だったりします。

ふーむ。という事は、BHとかガノブースに行けばDAREブランド
のモデルがお披露目されているという事かな?
毎回アキコーポレーション様は、面白いブランドを見つけてくるな。


DSCN8870srdt.jpg
これはニールプライドの軽量ヒルクライムモデル
NEILPRYDE BURA SLなんですけど。
本当だ!2015 DARE MR1 モデルって、凄いニールプライドモデルに
似ていますね!
シートステーとトップチューブの独特の接合部あたり、そのまんまじゃ
ないですか!?
でもダウンチューブはDAREが四角形だけど、BURA SLは
丸型なんですよね。

もしかして、ラピエールかBMCのダウンチューブ
形状の技術が、投入されているのだろうか?

だとしたらDARE MR1はラピエール、BMC、ニールプライドの
技術が採用されたスペシャルな一台という事になります。
100000025542-l2.jpg
カラー ナイトホワイト、ファントム
フレーム MS-HMフルカーボンモノコック
フォーク MS-HMフルカーボンモノコック1-1/8-1/1/4テーパード
ヘッドセット DARE1-1/8-1/1/4フルカートリッジベアリング
ハンドルバー DAREコンパクトハンドルバー 31.8mm
ステム DARE 6061T6 31.8mm
ボトムブラケット 付属しません
シートポスト DAREフルカーボンシートポスト 27.2 x 300mm
シートポストクランプ DARE31.8mm CNCスーパーライトシートクランプ
参考重量 850g+330g(フレーム+フォーク)
その他 Di2ポストバッテリーマウント
100000025542-l1.jpg
DAREのカーボンは、東レカーボンから供給を受けている模様。

ニールプライドも東レのT700、単一方向性カーボン46Tと60Tを採用して
いるんですよね。
以上の様な経緯で、やはり東レカーボン製になったと推測できます。
100000025542-l0.jpg
2015 DARE MR1は高性能かつ軽量な山岳レース用カーボンフレー
ムということか。
で! 気になるフレーム価格は……販売価格268,920円!
うわ、結構するな! 
完成車売りはないそうです。

でも万能型ロードラピエールのゼリウスとか、超軽量ヒルクライムモデ
ルのニールプライドBURA の性能がDARE MR1に混じっているとしたら……
なんか凄いフレーム性能が気になるのですが。
もしかしたら、どんでもない大穴モデルだったりして。
De Rosa - SK Pininfarina (Dura Ace - 2017)

2014年07月31日 トラックバック(0) コメント(0)

ASAHI MUURZERO(ミュールゼロ) ST-2 アルミフレーム登場 販売価格9万ギリギリクラスで、シマノティアグラスペック

三浦様
100000025458-l0.jpg
ティアグラ アルミフレーム MUURZERO ST-2

さてと、サイクルベースあさひ様&三浦恭資氏プロデュースの
ロードバイクシリーズ「ミュールゼロ」から、アルミフレームモデルが
登場したそうです。
その名も MUURZERO ST-2。
どうもカーボンモデルMUURZERO ST-1が売れたそうで、続いてMUURZERO ST-2
も登場してきたのでしょう。
へえ、販売価格9万クラスでアルミ&ティアグラロードか。
100000025458-l1.jpg
100000025458-l2.jpg
アルミモデルとはいえ、反応性を高めたレーシングジオメトリを目指し、振動吸
収性の高いカーボンフォーク&10速化したシマノティアグラでコンポを固めてき
たそうな。

主な特徴はヘッド周りの剛性を高める下1-1/2テーパーヘッド
軽さと剛性感に優れる直線的アルミフレーム。前モデルの丸型パイプからス
クエアパイプを採用することで、軽さと剛性感のある進化させたフレームが特徴。

一度低価格なロードとか試乗してみたいとは思っていたけど、さすがに「ミュールゼロ」は
試乗する機会がないのですよね。
(当たり前か)
本当に四角形の太いダウンチュ―ブなもので。
実際、MUURZERO ST-2はどの程度のフレーム性能なんだろう?
100000007213-l0dgvs.jpg
BBはティアグラSM-BB4600。 (BSA規格のネジ切り)

MUURZERO ST-1のカーボンフレームは確かBB30でしたけど
アルミフレームのST-2は、ネジ切りか。

だからST-1のクランクはFSAだったんですけど、ST-2はシマノ
製クランクでいくそうな。

100000004102-l0.jpg
という訳でクランクはシマノ製ティアグラFC-4650 コンパクトクランク 歯数50/34T。
問題はブレーキなんですけど、公式には「アルミキャリパーブレーキ」と記載。

多分ブレーキは、ティアグラ以外の……テクトロあたりではないでしょうか?

ホイールは、やはりあさひオリジナルパーツと思われる、「MUURZERO アルミ」
重量 約9.1kg(ペダル無し)

3_full_1xdf.jpg
フルカーボン 105スペックMUURZERO ST-1

MUURZERO ST-2ホイールは、やはりあさひオリジナルパーツと思われる、
「MUURZERO アルミ」

そのあたりはやはりスペックに差があって、カーボンモデルMUURZ
ERO ST-1はシマノ WH-R501を採用していたりします。

現在販売価格が9~10万スペックのアルミロードだとSORAスペック
ではないですか?
MUURZERO ST-2の場合は、販売価格99,800円でティアグラスペ
ックが手に入るというのが、売りになると思います。
De Rosa - SK Pininfarina (Dura Ace - 2017)

2014年07月30日 トラックバック(0) コメント(0)

2015 GT EIGHTBALL  BMXテイストのクロスバイクもおかげさまで3代目

img63146928.jpg
GT 内装8段変速搭載バイクEIGHTBALって、アメリカの老舗M
TB&BMXメーカーGTが出したクロスバイクだけあってBMXテ
イストですよね。
ついでにフレーム強度が高いトリプルトライアングルフレーム!


この独特なデザインは2013年モデルから引き継いでおり、オー
ストラリアのカスタムバイクショップ「DEUCE」とのコラボモデルな
んですよ。
バイクショップ「DEUCE」はBMXテイストの他に、GTの「BALL」
シリーズに、ピストのシンプルなデザインテイストを導入したかったそ
うです。

ピストが持つ低メンテナンス性、シンプルな美しさをGT EIGHTBALL
に持ってきた結果こういった形になったとか。

またピストとは逆に、安全性を高く仕上げる事にもこだわりがあります。
その結果、制動性の高いディスクブレーキや、低メンテナンス性の高い内
装変速機を導入。
結果、BMXテイスト+ピストの様なシンプルな美しさ+高い安全性
を獲得した、GTならではの独特なクロスバイクに仕上がったという訳です。
一見するとBMXテストに見えますが、色々なテイストがミックスされた
面白いクロスバイクだと思うのですが。

だからシンプルなリジットフォークをGT EIGHTBALLに採用したのか。
思わず納得。

img63146940.jpg
ハンドルバー GT Cut Off ライザー, 6061アルミ
img63146939.jpg
シフター Shimano Alfine 8スピード

img63146938.jpg
ステム GT BMX 3D
img63146936.jpg
リム(ホイールセット)GT BALLERエアロ
タイヤSchwalbe Kojak 700x35c slicks
img63146941.jpg
BMXスタイルの太いリジットフォーク
img63146937.jpg
ブレーキ SHIMANO 油圧式ディスク, 160mmローター
img63146935.jpg
フレームTriple Triangle エキセントリックBB
img63146933.jpg
img63146934.jpg
フレームデザインというか、模様がタトゥー(刺青)みたいですね。
img63146932.jpg
クランクセット FSA Vero Track 46t
ペダルGTナイロン
img63146931nopm.jpg
リアハブ SHIMANO ALFINE 内装8段変速

内装変速&ディスクブレーキ。
広いなあ……どれだけエンド幅があるんだろう?
全然関係ないけど、ロードバイクのエンド幅は130mmが主流
だったけど。今後ディスクブレーキ搭載ロードフレームの
エンド幅135mmに移行していくんでしょうね。

結局スポーツバイクがどんどん進化していくと、エンド幅も拡大
していく運命にあるんでしょう。
段数も多くなる一方だし。
やはりフレーム設計も、まずコンポありきからという流れは変わらないか。
img63146930.jpg

EIGHTBALLも、おかげで三代目ですか。
てっきり一発屋みたいな感じで消えると思っていたら、みんなに愛され
るクロスバイクになってきました。
なんか続いてくれて嬉しいな。

初登場時は「なんじゃこりゃ?内装変速にディスクかっこいい!」だっ
たけど、ようやく時代がEIGHTBALLの仕様に追いついてきたのかな。
とはいえ未だに時代を先取りした、先鋭的なクロスバイクですよね。
【2015モデル/ご予約受付中】GTEIGHTBALL(エイトボール)内装変速搭載バイク・クロスバイク・BMX【送料プランC】 【RCP】

2014年07月29日 トラックバック(0) コメント(0)

2015 GT GRADE ALLOY 105 アーミーデザインのグラベルロード しかも新105採用!

img63161100.jpg
GTからアーミーデザインの、ロードが出るんですね!
しかも、28Cと太めのタイヤサイズを持つ荒れ道、砂利専用
グラベルロード(グラベル=砂利)というタイプ。

グラベルロードの特徴は
① 高目のハンドル位置。もちろんドロップハンドル
② 長距離走行向き
③ タイヤサイズを太めに確保するので、グリップ力が大きい
④ ロード程ハイスピードで走る必要が、無いのでディスクブレーキ。

長距離舗装路を走れて、その上荒れ道までこなせるロードという
事か。

シクロクロスモデルに似ていそうだけど、周回コースを走るシクロクロス
モデルに比べて、グラベルロードはより快適に長距離を走破する為の
仕様だそうだ。

何が凄い勝手2015 GT GRADE ALLOY 105って、新105 リア11速仕様
でもあるんですよ!
しかもカーボンフォークに、メカニカルディスクブレーキを実装までしてい
る!

あと楽天ハクセン様の説明によるとツーリングや長距離走る事を想定し
て、泥除け・キャリアのダボ穴をフレームに搭載しているそうな。
img63161108.jpg
シフター SHIMANO 105
img63161105.jpg
バーテープが迷彩塗装デザインか……普通に軍事用みたいな
雰囲気。
サバゲーで使えそう?


未舗装路を走る事も想定したモデルなので、さすがにハンドル幅が
広い。
グラベルレースという、未舗装路などを走るレースにおいては100km
以上のコースを走るそうだ。
それに対応したモデルなんだろうな。
img63161107.jpg
さり気なくヘッドにまで迷彩塗装??
なんか最近のGTはミートボールとかもそうだけど
アーミールックなバイクが多くておもろい。
img63161106.jpg
カーボンフォークにTektro 機械式ディスクブレーキを搭載!
img63161104.jpg
フレームはアルミで、トップチューブとダウンチューブ上部に
迷彩塗装が!
そうか、つまり上からGT GRADE ALLOY 105を見ると
アーミールックに見える訳?
img63161103.jpg
GT,モデルということで、伝統のトリプルトライアングル
フレーム。
img63161102.jpg
クランクセットFSA VERO
フロントディレーラー&リアディレーラー Shimano 105
15万円クラスというリーズナブルな、リア11速ディスクモデル
でもあるんですよね。
img63161101.jpg
img63161109.jpg
リム(ホイールセット)ALEX
タイヤ SCHWALBE 700×28C
GTの2015年モデルアルミロードって、積極的にディスクブレーキを
採用している傾向があります。
しかも全アルミモデルに、カーボン&ディスクブレーキなんだから
凄いですね。

【2015モデル/ご予約受付中】GTGRADE ALLOY 105(グレードアロイ105)ロードバイク【送料プランC】 【RCP】

2014年07月28日 トラックバック(0) コメント(1)

2015 BIANCHI ROMA TIAGRA ALLOY FORK(ローマティアグラアロイフォーク) ネービー&ホワイトがフルアルミディスクローマだけに採用されている。

img63095147.jpg
なんかこのBIANCHI ROMA ALLOY FORKのネイビーカラ―
がズルイな。
なんでアルミフォークの方が、カラーリングが自分好みなんだ
ろう?
img63095036igf.jpg
先日紹介した通り、上画像の2015モデルROMA CARBON FORKっ
てカーボンフォーク化の挙句、ディスクブレーキを搭載しちゃったじ
ゃないですか?

で、このBIANCHI ROMA ALLOY FORKって、モデル名どおり
アルミフォークにディスクブレーキを搭載した従来通りのローマ
なんですよ。
さすがにアルミフォークなので、カーボンフォーク採用モデルより
販売価格価格は1万程度安いのですが。

でも、カメレオンテ2もそうだったけど、なぜか2015年モデルの
ビアンキクロスバイクって、ネイビーがカッコいいのですよ。
(どうして、フラグシップモデルにネイビーカラ―を採用しないん
だろう? もしかしてネイビーカラ―は、アルミモデルだけの
特権か?)
img63095154.jpg
img63095153.jpg
シフター SHIMANO TIAGRA
ハイドローリックディスクブレーキレバーBL-M355
なんだかんだで、ネイビーカラ―にシフターやブレーキレバー
が合っていませんか?
img63095152.jpg
フォーク KINESIS アロイ
ブレ-キ SHIMANO BR-M355 油圧ディスクブレーキ
やはり高速走行時にたのもしい。
お気楽? かつ軽いタッチなのにしっかりブレーキングして
くれるから、ストレスが少ない。

コストパフォーマンスの高い油圧ディスクブレーキが登場してい
る為、クロスバイクなどにも採用する例が増えています。

ローマ2あたりにも、2016年あたり採用されてくるのかな。
img63095151.jpg
スポーツや高速走行に対応した大径ヘッドチューブ。
2014モデルから採用され、各所で評価が高いスムースウェルディン
グ加工が美しい。
img63095150.jpg
なんか心憎い事に、ダウンチューブ下やフロントフォークの裏側、
更にはチェーンステー下にホワイトカラーがあしらわれている。
img63095149.jpg
フロント&リアディレーラー Shimano TIAGRA
クランクSHIMANO TIAGRA 50/34T
カセットスプロケットSHIMANO TIAGRA 12/28T


フロントダブル&リア10速のロード系ドライブトレインに、油圧ディ
スクか。
やっぱりローマは、パーツが毎回豪華で安心感があります。
img63095148.jpg
サドル フィジーク ARDEA
img63095155.jpg
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO 700x28C

レバーの引きが軽いので、握力が弱い女性でも負担が少ない。
見た目はごついですけど、やっぱり楽ですよ。
ハイスピードだけでもなく、低速でも実に細やかなブレーキ操作
が可能ですし。

シクロクロスモデルで、油圧ディスクを操作した時、
ワンタッチでブレーキ出来てちょっと感動しましたし。

トレックなども、販売価格8万円台で油圧ディスクを採用したクロス
バイクモデル7.4FX Diskを投入してきて人気を博しています。

どちらかというとディスクブレーキを採用したクロスバイクモデルっ
て、快適性重視が多いですが。

2015ビアンキクロスバイクの場合、快適性というよりはスピード性
高速で走れるスポーツ系モデルに重点を置いて、油圧ディスクモ
デルをカメレオンテやローマなどに投入しています。
【2015モデル/ご予約受付中】BIANCHI(ビアンキ)ROMA ALLOY FORK(ローマアロイフォーク)クロスバイク【送料プランB】 【RCP】

2014年07月27日 トラックバック(0) コメント(0)

2015 KUOTA KHYDRA展示車に油圧ディスクブレーキBR-RS785が実装されている!

FG5.jpg
2015 KUOTA KHYDRAの展示品に油圧ディスクブレーキBR-RS785が
実装されている!
これが機械変速式油圧ディスクブレーキって奴か。

 KUOTA KHYDRAはディスク専用カーボンフレームだから、見事にフ
ィットしている。
全然違和感ないや。

シフターは機械式変速ST-RS685なのかな?
リア11速を変速しつつ、油圧ディスクを操作するなんて
どんな感覚なんだろ?
ケーブル……いや油圧だからホースか。
全然ホースが見えないや。ホース類の見事にカーボンフレーム内に
内蔵されている。
FG46.jpg

遠くから見ると、ディスクもあまり目立たないもんで。
その内機械式ブレーキキャリパーが、Wレバー変速みたいなレトロ扱
いされてしまう日が来るんだろうか。


普通にディスクブレーキ専用カーボンフレームがどんどん身近にな
ってきていませんか?
最初から、キャリパーブレーキ台座が消滅しているし。

だから、見た目がすっきりしているのかな。
FG56787.jpg
フロントフォークに油圧ディスクブレーキBR-RS785を固定しています。
マウントタイプはポストマウント方式。
ハブ軸に対して直角方向にボルトを通して固定。
利点はパッドの位置調節が用意であるし、ブレーキ力を面で受けるので
ブレーキング力が高い。
FG325 (2)
シマノが提唱する規格、センターロック方式ディスクローター
SM-RT99が確認できます。
放熱性に優れたアイステクノロジーローター&パッドにより、どの
様な環境下においても安定した制動力を維持。



ワイヤーの伸びにより、ブレーキング性能が変化するワイヤー式
ディスクブレーキと油圧式は違うんですね。
FG65.jpg

油圧式なので、レバー→マスターシリンダーからの入力でピストン
を動かすのでパッドの残量に関わらず安定したブレーキングを維
持出来る。
やはり長時間走るロングライド系モデルなので、長時間&長距
離という環境下にこの油圧ディスクブレーキが適しているのでしょう。

へえ、取り付け位置はシートステーだけではないんですか。
チェーンステーと、シートステーの間に上手く収納してあるですね。
ディスクブレーキ台座はカーボンだけに見えますが、内部にアルミ補
強が入っているそうな。
cc-rm-classic-n_1.jpg
cc-rm-classic-n_2.jpg
あと個人的にメモ用ですいませんがBD-1Classic に限定カラー仕様
が登場したそうな。
(なんと、グラファイトカラ―とスコッチブライトカラーの2色!)

大好きなミニベロなので、この追加カラ―が出てきた事がちょっと
嬉しい。
かっこいいし、それになんか懐かしさもあるし。
BD-1Classic の定番カラ―ブルーとレッドも売れているのかな?
BD-1(ビーディーワン) 2014年モデル Classic クラシック 【折りたたみ自転車(スポーティー)】【折りたたみ自転車(フォールディングバイク)】

2014年07月26日 トラックバック(0) コメント(0)

2015 BIANCHI ROMA CARBON FORKか! すっげ! マジで、カーボンフォークに油圧ディスクブレーキを 採用している!


img63095036.jpg
これが噂のBIANCHI ROMA CARBON FORKか!
すっげ! マジで、カーボンフォークに油圧ディスクブレーキを
採用している!

なんで、ここ近年ローマシリーズがどんどんレベルUPしているの
でしょうね?
2014年モデルだって、フレームがスムースウェルディング加工に
インターナルケーブル路線に変更になったばかりだって!

とうとうカーボンフォークにディスクブレーキが、クロスバイクに実
装される時代になったか。
シクロクロスじゃないのに、素直に凄い。

あと、ROMA CARBON FORKのエンド幅はやはりディスクブレーキ
という事で135mmなんでしょうね?
でも、コンポは従来通りロードスペックフルティアグラ路線を継続。
いずれにしても、カーボンフォークに油圧ディスクを採用してきた
んだ!

2015年モデルビアンキ系クロスバイクは、このROMA CARBON
FORKが、一番の注目モデルという事になるんでしょう。



デザインもアルミの光沢を上手く引き出していて、実に好みだ。
あとなんだか、えらく目立つエアロリムが採用されているんですけど。
しかし、デザインといい、仕様といいなんでここまで気合が入っている
んだろう?
img63095046.jpg
img63095045.jpg
シフター SHIMANO TIAGRA
カメレオンテ3と同じく、ハイドローリックディスクブレーキレバーBL-M355
なんだ!
なんか、かっこいい!
いい! これはいい! なんてハンドル周りがかっこいいんだ!
カメレオンテ3より、個人的に好みだ。
img63095044.jpg
ケーブルもインターナル。
ローマシリーズの上位モデルという事で、表面処理も高級感
を演出しているのかな?
img63095042.jpg
KINESIS カーボン と記載してあるけど。
ディスクマウントを搭載した、シクロクロス用のカーボンフォーク?
img63095043.jpg
油圧ディスクブレーキの型式も2015年モデルから変更
SHIMANO BR-RT30(2014)→SHIMANO BR-M355 (2015)
img63095041.jpg
エアロディープリム。
インターナルケーブルもそうだけど、もしかしてエアロ効果まで
狙っているのかな?
いずれにしても、ディスク化のおかげで年々ローマのリムの形状が
大胆になっていく。
img63095039gf.jpg
フレーム DBアロイ スムースウェルディング 700C クロス
やはり、何かしらの光沢処理を施していますね。
高級感が半端ない。
img63095040.jpg
クランク SHIMANO TIAGRA 50/34T
フロントディレーラー Shimano TIAGRA
カセットスプロケットSHIMANO TIAGRA 12/28T
フロントダブル路線の20SPEED
ドライブトレインはロード系コンポTIAGRAで固めています。
img63095047.jpg
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO700x28C
img63095037.jpg
サドルはスポーツ用エントリーグレードFIZIK ARDEA
スポーツライドに適した快適性と、デザイン性を重視。

2015 BIANCHI ROMA CARBON FORKって、フレームといい
ディスクブレーキといい、なんでここまで頑張っちゃったん
でしょうね?
これで販売価格は11万か……

どうもビアンキは、クロスバイクやミニベロでは遊びに走る傾向
があるので、絶対面白がってこの仕様にしたんだろうな。
ここ最近のローマシリーズは、変化が激しいので面白い。
【2015モデル/ご予約受付中】BIANCHI(ビアンキ)ROMA CARBON FORK(ローマカーボンフォーク)クロスバイク【送料プランB】 【RCP】

2014年07月25日 トラックバック(0) コメント(0)

2015 BIANCHI CAMALEONTE6 ALU/CARBON 販売価格が15万程度と、リーズナブル路線に変更

img63091460.jpg
フロントトリプル&リア10速カーボンバックモデル「ビアンキカメレオンテ6」
の販売価格って、2014年モデルの場合定価27万だったじゃないですか?
ホイールから、ハンドル、シートポストまでカーボンづくめのスーパークロ
スバイクでしたけど。

でも、2015年モデルの場合、販売価格15万程度まで一気に価格が下がった
んですよね?
凄い買い易くなったなあ……と思っていたら仕様がかなりの部分において
変更されていました。


いずれにしてもロードスペッククロスバイクモデルにおいて、
このカーボンバック仕様はロングセラーですよ。
img63091462.jpg
例えばクランクがリア10速用 FSA GOSSAMRR Triple→SHIMANO10速
105対応FC-R563 トリプルクランクに変更。
2014モデルはミックスだったけど、2015年モデルからとうとうフルシマノ
コンポに変更に。
BBも変更になったのかな?

ドライブトレインのスペックを確認してみると……
フロント&リアディレーラー Shimano TIAGRA
クランクSHIMANO FC-R563 50/39/30T
カセットShimano 105 11/25T


リアディレーラーが105(2014)→TIAGRA (2015)に変更になった
のか。
img63091470.jpg
FSA v-drive アルミハンドルに変更……あれ? カーボンからアルミ系ハンドル
に変更している。
MTBやクロスバイク完成車によく使用されている型式。
ステムもアルミっぽいですね。
img63091464.jpg
アルミフレームは外付け。
やはり2014年モデル同様、溶接跡が丁寧に処理されています。
img63091469.jpg
img63091468.jpg
フォーク FC7 Bianchiカーボン
img63091467.jpg
ホイールSHIMANO WH-R501
エントリー系ロードホイール。クロスバイクでロード系ホイールを
楽しめるのが、カメレオンテのいいところ。
img63091466.jpg
img63091465.jpg
2015CAMALEONTE6のカラ―リングなんですけど、チェレステカラー
だけになるそうです。
img63091461.jpg
2015最強のクロスバイクカメレオンテ6。やはりカーボンバックですね。

ロードで同じ販売価格15万程度となると、リア11速のIMPULSO105
が買えてしまう!
リア11速のアルミロードIMPULSO105を選ぶか、カーボンバックを採
用したリア10速のカメレオンテ6を選ぶか……

要はカーボンバッククロスを選ぶか、リア11速ロードを選ぶか。
思わず考え込んでしまった。
結局ロードスペックに対抗出来るビアンキクロスバイクっていったら
このモデルになるんですよね。

VブレーキはコンパクトVブレーキティアグラShimano BR-R463
→SORA BR-R353に変更。

img63091463.jpg
サドル CIONLLI(シャンリー) 6130F-G
結局カーボンバックを採用した全カメレオンテシリーズには
シャンリーを採用。
img63091471.jpg
タイヤ CONTINENTAL ULTRA SPORT 700x28c

やはり2014年モデルのカメレオンテ6って、オーバースペック
過ぎたのかな?
カーボンホイールとか、凄まじかったし。
さすがに27万出して、カメレオンテ6を購入されるユーザー
は少なかったか。
(とはいえ、この手の怪物スペックってある一定の需要があるんだってさ)


多分2015年モデルの方が、販売価格15万という事で、数が動く
んだろうな。
だからこそ、あえてチェレステ単独カラ―を用意してきたんだろうし。
とはいえ2016年モデルは、一気にリア11速仕様カメレオンテ6
というのも見てみたい。
【2015モデル/ご予約受付中】BIANCHI(ビアンキ)CAMALEONTE6 ALU/CARBON(カメレオンテ6 アルカーボン)クロスバイク【送料プランB】 【RCP】

2014年07月24日 トラックバック(0) コメント(0)

2015 BIANCHI ROMA 4 上位ROMAモデル(10万)と、同様のフレームが6万程度で買えてしまう! ケーブル内臓&スムースウェルディング加工が美しい。



DSCN6516.jpg


これが、例の2015年モデルから登場したBIANCHI ROMA 4ですよ。
ビアンキ丸の内店での、展示車はイエローだったんですけど目立
つ、目立つ!

あまりに目立つので、ついついじっと観察していたんですけど。

ビアンキスタッフ様からの解説によると、上位モデルのROMAシリ
ーズと同様のフレームを採用しているそうな。
知らんかったなあ。

ディスクブレーキ&カーボンフォークモデルのROMAとか、シマノS
ORAスペックのROMAシリーズと同様のフレームだなんて。
10万クラスの上位モデルのフレームが、6万で手に入るんだ。

要は、予算や目的に応じてコンポや仕様を選択出来る幅を広げたのでしょうね。
img63096073.jpg

この画像は楽天ハクセン様より。
展示車がぎゅうぎゅうだったので、真横からROMA4を撮影でき
なかった。
上から見ると、結構ボリュームのあるフレームに見えるけど。横
から見るとほっそりしたシルエットに見える。
img63096074.jpg
上位ROMAモデルと同様のアルミフレームという事は、スムー
スウェルディング加工が施されているという事ですね。
溶接の継ぎ目が美しいのがROMAの特徴。
DSCN6517.jpg
img63096071.jpg
ところで、ROMAのコンポーネントはあのエントリーロード系のタ
ーニーなんですよ。
このターニーST-TX800 EZ FIRE Plusシフト&ブレーキレバー
(3×8スピード)
が巨大だった!
短いハンドルにこのターニー系シフターが、他のROMA
シリーズのシフターに比べて、サイズ大き目という事は覚えてお
いた方がいいかも。
たまりませんね。
DSCN6518.jpg
あとマジで驚いたのは、販売価格6万程度なのにケーブル内臓仕
様という事なんですよ!
たしか2014年モデルROMA3あたりは、ケーブル外付けだったじゃ
ないですか?
これは凄い!
よくこの価格帯で、インターナル仕様にしてきたな……
お見事に、ヘッドチューブ内にケーブルが貫通している。
DSCN6515.jpg
タイヤ Kenda KWEST 700x28C
2015年モデルのROMAシリーズは全て700x28Cサイズで統一されて
います。

img63096064.jpg
フロント&リアディレーラー Shimano TX800
クランク Shimano FC-TX801 48/38/28T(3×8スピード)
カセット Shimano CS-HG31, 11-32T
コンポーネントはオールシマノターニー。
ギア比も他のローマモデルと比べて(11-32T)とワイドですね。
低速で走る場合が多い街乗りなどで、使えるかな。
img63096065.jpg
DSCN6519.jpg
イエロー以外にも、ホワイトチェレステ、マットダークグレーカラ―
が用意されていますよ。
やはり溶接の継ぎ目が、エントリーモデルながら美しいモデルな
のでホワイトなんかも、ちょっと興味があります。
img63096063.jpg
個人的に2015年モデルのエントリー系ROMAシリーズは、フレームと
カラ―を充実させているという印象を受けました。
しかもリア8速シリーズで、販売価格6万そこそこを維持してきたんだから
やはり、売れ筋になるんでしょうね。
【2015モデル/ご予約受付中】BIANCHI(ビアンキ)ROMA4(ローマ4)クロスバイク【送料プランB】 【RCP】

2014年07月23日 トラックバック(0) コメント(0)

2015 BIANCHI CAMALEONTE2 ALUのネイビーカラ―が良かった! ついでにカメレオンテがディスク化した理由も、ちょっとユニーク!?


DSCN6576.jpg
なんか2015年モデル カメレオンテ2の展示モデルが一番
いいところに飾ってあった。
確かにこのネイビーカラ―が、一番自分も気に行っています。
もちろん、ホワイトもチェレステもいいですけどね。

Shimano ALTUSリア9速スペックで販売価格が6万程度。
やっぱりリア9速となると、6万クラスになってくるか。
フルアルミモデルながら、やはりこのネイビーがいいなあ。
地味だけど、なんかいい!
DSCN6577.jpg
ところでスタッフ様に、なんでカメレオンテ3がディスク化に踏み切ったか
理由を聞いた所、2つの理由があるらしい。
① 制動性を高めて、雨の日など様々な環境下においてブレーキング
性能を高めたかった。

② もしかしたらこれが最大の理由。「ビジュアル性」
やっぱりディスクブレーキってかっこいいじゃないですか?
カメレオンテに油圧ディスクなんかを、搭載したらビジュアル性
が強化できる!
img63091818fg

なるほどディスク化の理由は……ビジュアル性か……確かに見た目
インパクトがあるわ。
結果として、強力なブレーキングパワーを獲得してしまったという
訳ですか。
個人的に、まさかビジュアル重視の結果化!と知り、思わず感心して
しまった。確かにカッコいいよな。

img63092037.jpg
img63092036.jpg

CAMELEONTE2って、やっぱりディスクブレーキ採用
ではないので
直ぐにホイールを外せて輪行とか車載に便利ですよ?
との事。

ま、確かにホイールを外せばミニベロみたいに、電車に
乗せたり色々出来るかな。


よりツーリングや遠乗りをするなら、やはりロードモデル
であるニローネあたりを勧められた。
(ドロップハンドルの方が、様々なポジショニングを変更できます)

まあ、そのあたりはバーエンドあたり取り付けて、対応しちゃい
ますけどね。
とはいえ、やはりこのネイビーカラ―がいいな。
img63092034.jpg
マットダークグレーは、チョイ悪風?
img63092038.jpg
このマットホワイトやチェレステもなんだかんだで人気が
出るんだろうな。
img63092033.jpg
シフター Shimano ALTUS
img63092032.jpg
ハンドル周りはブラックで統一。
img63092031.jpg
ヘッドバッジもシールじゃなく、しっかり取り付けてあります。
img63092030.jpg
img63092029.jpg
さすがに溶接跡も丁寧に処理してある。
にしても、2015年モデルのカメレオンロゴはなんでこの位置に
なったんだろう?
横から見ると分かりにくい。
しかし、走行中はトップチューブ上部に配置されているので
良く見えるんだろうな。
img63092027.jpg
フロント&リアディレーラー SHIMANO ALTUS
クランクSHIMANO FC-M371 48/38/28T
カセットShimano CS-HG41 8S 11/30T
img63092026.jpg
サドルVELO CAMALEONTE
img63092025.jpg
ホイールJALCO DRX-6000
タイヤMAXXIS ZAFFIRO 700X28C

やはり6万円クラスで、購入出来るというのが普通に嬉しい。

とはいえ、スタッフ様が提案してくださったアルミロード
ニローネクラリススペックなら、確かにぎりぎり7万クラスで
購入出来ちゃうんですよね。

1万程度上乗せすれば、クロスバイクから入門用アルミロードを
選択出来るというのがちょっといいかな。

個人的に感心したのは、もうそれほどクロスバイクとアルミロード
の価格差が無くなりつつあるということですね。

にしてもしつこいですが、カメレオンテ2のネイビーカラ―が好み
だった。
【エントリでP最大9倍(7/22 10時まで)】【2015モデル/ご予約受付中】BIANCHI(ビアンキ)CAMALEONTE2 ALU(カメレオンテ2アル)クロスバイク【送料プランB】 【RCP】

2014年07月22日 トラックバック(0) コメント(0)

2015 BIANCHI INTENSO105(ビアンキ インテンソ105) かなりこのピンクカラ―が目を引きますよ! もちろんリア11速化!

DSCN6525.jpg
先日のビアンキ丸の内店の試乗会で、初めて実車を見たんですけど。
2015 BIANCHI INTENSOがなんとピンクカラ―!
にしても、このピンクカラーが目立つ、目立つ!
他の上位モデルと比べても、かなりこのピンクが目を引きますよ!


しかもピンクな上にリア11速化しているので、ホイールはSHIMANO WH-RS010。
さすが新105仕様。
普通にSHIMANOコンプリートホイール仕様ですか。
(2014モデルは、FULCRUM RACING SPORTだった)


見ての通り、ヘッドチューブは若干長め。
アップライドに乗れるモデルなので、快適仕様に思われがちだけど。
個人的は結構レーシーに走れるカーボンモデルだと思います。
さすがにインフィニートCVやセンプレ程の剛性はありませんけど
高速領域で結構動いてくれるモデル。

ぶっちゃけ、自分が試乗した時はソラスペックだったけど。
新105仕様になり、どれだけ性能がUPしたんでしょうね。
DSCN6578.jpg
むむ。BELKINカラ―も新105 リア11速仕様になっていたのか!
ボーっとチェーンステー部分を観察していたんですけど、やっぱり
ニローネなどのアルミモデルとくらべて、INTENSOの方がボリュー
ムあるんですよね。
だから、高速領域であれだけパワーを発揮するのかな。
ゼロスタート時は普通なんですけどね。
DSCN6580.jpg

インテンソやインプルソなどの、BELKINカラ―モデルが揃い踏み。
純粋にカッコいい上に、パーツのグレードも普通に新105やアルテグラ
グレードを実装!

いいなあ、BELKINカラ―。
img63083489.jpg
INTENSO105ピンクカラ―の方が、BELKINカラ―よりも1万程度リーズナブル
なんですよね。
仕様は同じコンパクトクランク仕様だし、なぜかINTENSOのロゴカラーが
ピンク。
2014年モデルはニローネのピンクカラ―が用意されていたけど
やはり大人気だった様なので、2015年モデルはINTENSOにピンクカラ―が
採用されたのでしょう。


ケーブル内臓な上に、フル新105仕様。

この新105スペックに販売価格19万位らしいけど、販売価格14万程度の
INTENSO SORAスペックも用意されています。
予算が厳しいなら14万ソラスペックも、結構面白いと思います。
リア9速になっちゃうけど。
img63083498.jpg
シフター Shimano 105
img63083493.jpg
フロントフォークから、ヘッドチューブ、トップチューブへと
ピンクのラインが描かれている。
img63083497.jpg
ホイール SHIMANO WH-RS010
タイヤHUTHINSON EQUINOX2 700X25c
img63083496.jpg
img63083495.jpg
ピンクなINTENSOのロゴが、トップチューブ上部とダウンチューブ下部に配置。
ダイナミックに描かれているので、相当目立ちます!
img63083494.jpg
2015年モデルはケーブル内臓ですね。
こうして見ると、エントリー系カーボンモデルながら結構
ボリュームのあるカーボンフレーム。
img63083492.jpg
クランクShimano 105 50/34
カセット Shimano 105 11/28T
img63083491.jpg
サドルFizik ALDEA MG
なんか2015年ビアンキロードは、各モデルサドルにレッドカラーなどが
あしらわれています。
INTENSO 105の場合はもちろんピンクですけど。
img63083490.jpg
シートポスト FSA SL-K 31.6 Carbon
【エントリでP最大7倍(7/20 10時まで)】【2015モデル/ご予約受付中】INTENSO105(インテンソ105)BIANCHI(ビアンキ)カーボンロードバイク【送料プランB】【RCP】

2014年07月21日 トラックバック(0) コメント(3)

2015 ARAYA EXR(EXCELLA RACE)がなんと販売価格11万で、重量8.7kgを叩き出した!

img63138066.jpg
2015年モデルARAYA EXR(EXCELLA RACE)が大規模に
モデルチェンジを行ったみたいですよ?

軽量化! とにかく軽量化!!

なんと旧モデル重量9.1kgが、一気にこの新型は8.7kgまで軽量化を図ったらしい!

いかにコストを抑えて、11万クラスで重量8kg台を達成するかに
血眼になった新型アルミモデルです!
(なんか仕様を見ていると、もうアラヤ様が意地になったとかしか
思えない)



おおお! COLUMBUS製カーボンフォークがストレートに変更し
ている!
フレームもスローピング気味に?
タイヤまでSCHWLBEからPANARACER に変更!?
完全に、フルモデルチェンジではないですか?
img58773203dcs.jpg
(これは旧ARAYA EXRの画像)


フレームやカーボンフォークなど、大胆にモデルチェンジした事が
この旧モデル画像と新モデル画像を比較すると分かるはず。





販売価格が8万→11万クラスに上がったとはいえ、あえてリア10
速8万円を放棄し、一気に軽量化路線に舵を切ったか……。
ぶっちっけ、個人的にあの設計者様が知恵を絞ったモデルだと思う
のですが。
これは、ちょっと乗ってみたい……

最近アルミモデルフレームの進化が激しいですからね。
そろそろ、エクセラレースもフレームを改良してくるかな? とは思
っていたので
すが。いきなり軽量アルミ路線に舵を切ったか……
img63138065.jpg
コンポ構成は良心的でシマノティアグラをフルで採用。
シフターは旧105(5700系)
フロントのビジュアルを強化したかったらしい。
しかもフロントは50-34
リアは12-30とワイドレシオ
リアのギア比も最近の流行を取り入れています。

周辺コンポもやはり豪華仕様でCOLUMBUS製カーボン
コラムまでカーボン(330g)
テーパーテッドを採用し、レーシーなプロポーション。

ハンドルバーにステム、シートポストまで全てリッチー製!
サドルはセラロイヤル製。ARAYA AR713リム。
もちろんハブまでティアグラ仕様。

これはもう、限界まで軽量かつコンポを良質な仕様に近づけて
います。
最近軽量アルミモデルが流行しているから、軽量化及びレーシ
ング性能を重視したんでしょうね。
img63138067.jpg
あえて8万ながら重量9kg台のアルミロード路線よりは、先を
見据えて11万 軽量8kg台の方が展望あると踏んだのでしょう。

大体11万アルミティアグラロードモデルなら、大体重量は9kg台
あたりですよね。

8.7kgで11万か……いいなあ……
某社の軽量アルミモデルなんて、8.5kgで18~19万ですよ?
よくティアグラスペック11万で、8.7kg台を叩き出したもので……
……普通105スペックでようやくですよ?
しかもアラヤのことだから、軽量なだけではなく走行性能も良質な
はずだし。
【エントリでP最大7倍(7/20 10時まで)】【表示価格より割引!価格はメールにて】2015先行モデルARAYA(新家工業)EXR(EXCELLA RACE)エクセラレースロードバイク【送料プランB】 【RCP】

2014年07月20日 トラックバック(0) コメント(0)

2015 Fuji Transonic あのフジから、新型エアロロード登場!! 平地での高速巡航性能が、とんでもない事になっているとか!

1404717781670-1hkxu70y1177x-960-540.jpg
1404717624633-puc5nr3ql992-700-80.jpg
Fuji Transonic aero road
とうとうFUJIからも、新型エアロロードが登場するそうです。すで
にツールでも投入されているというアナウンスが。
エアロ性能、FUJIらしく高剛性、安全性にこだわった
最新鋭か。
なんか相当ヤバそうな、爆速エアロモデルらしいですよ?

平地での高速巡航性能が、とんでもない事になっているとか!

FUJIのエアロモデルって、SSTあたりから高性能だったじゃない
ですか?
どれだけ新型エアロモデルTRANSONICが、凶悪なエアロ性能を
発揮してくれるか大変興味があります。
1404717624660-1ol8nw7n7rfl8-700-80.jpg
風洞実験に相当時間をかけて、ツールや市場に投入する事になったんですって。
DSCN9529sdcsddfv.jpg
どれだけ速いかというと、仮に40km走った場合このFUJI ALTAMIRA
より55秒速いとか。
マジかよ……アルタミラだって相当速いぞ……
凄くいいモデルなのに、直線ではそれ以上って事?
DSCN0900adcssv.jpg
FUJI SSTより65秒速く、Fuji Transonicは高速で駆け抜ける
性能を有しているそうな。


は? そ、そんな馬鹿な!!!
あのアルタミラや爆速SSTより速いモデル!!???
だって、あのSSTだって驚異的なエアロ効果を発動するスーパー
エアロモデルだぞ!?
、新型Fuji Transonicは更に、エアロ効果があるっていう事???

あ、もう無理無理。そんなのあるわけない。SSTより速いなんてあ
りえないから!
SSTだって、レーザービームみたいな、強力なエアロ効果を発動
する怪物モデルですよ?
1404717624633-1z84dnn7yjdj-700-80.jpg
……もしSSTの性能をTransonicが上回ったら2015年全メーカー
エアロロードモデル中、最高峰のモデルという事になるか……あくま
で自分の中でだけど。
1404717912508-ptfk7t90xadr-700-80.jpg
リアと同様に、フロントブレーキは、直通マウントモデルです。
フォークはスムーズな空気の流れのためにブレーキと同様の形状。
1404717912508-1v7yuw8v7m076-960-540.jpg
エアロシートポストは、シートチューブ内でスリップしないように
前面を粗面処理してあるそうです。
あ、これはいい!
1404717912517-gjdaktg6i131-700-80.jpg
ダイレクトマウントリアブレーキのデザインが凄い!
リアブレーキが見事にシートステーに隠れています。
FUJIはフロントブレーキと、リアのアプリケーションを
適応させる為にシマノ社と協力したそうな。
1404718091057-1qff2tp7rqwtw-700-80.jpg
Transonic にはBB PF30を採用してくる模様。
1404718091057-1qwy5y35dfsk7-700-80.jpg
プロレベルのC10フレームは、高弾性率炭素繊維で構成。

にしても、リア三角がなんてコンパクトなんだろう。
エアロモデルというより、彫刻みたいなロードだ。
筋肉質なSSTフレームよりも、更にスリムになった印象を受ける。

TRANSONICって、航空機が飛行中音速に近い速度 (時速 970‐1
450 km )に達した時の単語ですって。
とにかく、エアロ性能にこだわった最新鋭モデルであるという事は
間違いなさそうだ。
FUJIといえば数年前、再上陸?してきた時に、クロモリシングル
スピードが大ヒットしたけど。
今や、とうとうエアロモデル投入ですからね。
Wiggle 最大50%OFF バイク在庫一斉セール

2014年07月19日 トラックバック(0) コメント(2)

2015 Lapierre Aircode ゼリウスのエアロモデル版がお披露目される。

SE8.jpg
これが2015年モデルにおける、ラピエールの新型エアロモデル「AIRCODE」か。
とうとうあのラピエールからエアロモデルが出るとは……
やっぱりゼリウスみたいに、快適性も兼ね備えたエアロロードなん
でしょうか?
ゼリウスを空力力学的に変換したモデルか……
いずれにしても、攻撃力はかなりありそうだ……

ちなみにこのAIRCODEはプロトタイプだそうで。
販売モデルのブレーキ部の接地箇所は、チェーンステーのダイレク
トマウント仕様になるそうです。
画像だと確かにシートステー部に設置してありますね。


ScreenShot2014-04-03at55124PM_zps6e18f0e5.jpg
ScreenShot2014-04-03at55421PM_zps5de6da5e.jpg
チューブのこの「涙滴」形状は、渦を排除することで
横風など強い構造になっている。
要するにスコットのエアロロードSCOTT FOIL
みたいにあらゆる方向に対応したエアロフレームという
事ですか?
SE7.jpg
AIRCODEって思ったよりヘッドチューブが長いな。
ついでにトップチューブが、波の様にうねっていません?
なんて美しくも、奇怪なトップチューブ形状だろう……

万能型ロードの Lapierreが作り出したのエアロロード
なんだから、あらゆる局面に対応してくれれば嬉しいけど。
CE2.jpg
2015 CERVELO NewS2 SHIMANO 105 11sp
エアロロードの老舗サーヴェロからS2 新105仕
様完成車も発売に。
いいな。
なんとブルーカラ―のロゴですよ。
CE1.jpg
BBはサーヴェロが独自に採用するBBライト。
2015年モデルもBBライトで頑張る方向性みたいです。
(BB30やプレスフィット30のシェルを、左側だけ11mm延長した
シェル規格)
見ての通り、高剛性を追求したBBを採用しています。

CE9.jpg
BBライトなのでFSA BBライト対応のクランクを採用しています。

そういえば、とうとうFELTミドルグレードロードモデルがネジ切り
タイプのスタンダードなBBになってしまったそうですね。
FELTが魔法の様に唱えていたBB30を放棄するとは!
BBライトの圧入式で、まだまだサーヴェロは頑張るのですね
CE3.jpg
個人的にはフレーム剛性などよりも、フレームのエアロ効果が
絶大な効果を発揮するモデルだと思っています。

見た目は剛性ばりばりの、扱いにくいモデルに見えますけど
実は大変乗り易く、体力消費を抑えてくれるエコロジーな
ロードなんですけどね。

でも見た目が攻撃的なので、やっぱり硬そうに見えちゃいます?


しかし、新型モデルといい継続モデルといい、エアロロードが
主役になってきました。
今回2015モデルを試乗する際は、更にエアロロード中心になって
きそうな予感。
Bianchi (ビアンキ) 2015年モデル先行予約受付開始!

2014年07月18日 トラックバック(0) コメント(0)

2015 BIANCHI FENICE 105 画像&動画をUPしておきます。



これがスカンジウム合金を採用した、2015年ビアンキ最新鋭ロードバイク
フェニーチェの動画です。
2015新型フェニーチェを撮影しておいたので、画像や動画を
UPしておきました。

フェニーチェの周りは凄い人だかりで、撮影は困難を極めましたがなんとか
隙を見て撮影しました。

ビアンキスタッフに言わせると、アルミやカーボンとは全然別物のモデルと
言っていいそうです。

実は見ての通り、試乗車としてフェニーチェが用意されていたのですが
(しかも、新105 5800系仕様! いきなりリア11速!)
諸事情により、フェニーチェの試乗は中止に。
ここでは書けませんが、なぜ試乗を中止になったか事情を聞いた所、思わず
納得。

DSCN6597.jpg
ビアンキ丸の内店内入り口においてフェニーチェの展示車も用意されてお
り、やはり注目度の高さが頷けます。
DSCN6583.jpg
ところで、フェニーチェのトップチューブ形状がまるで人体の
様でした。上半身から下半身に行くにしたがってシェイプアップ
されています。
先端部は巨大な三角形で、後部が6~8角形に変化。
シカンジウム合金ですが、限界までカーボンフレームに近づけて
あります。
(最初、フェニーチェをカーボンフレームモデルと勘違いしてしまった)
DSCN6591.jpg
見ての通り先端部は三角形。溶接部は丁寧に処理されていましたが
それでもしっかり肉厚な溶接を施している。
DSCN6593.jpg
こうやって、トップチューブを後方から見ると多角形形状に
見えます。
後ろから見ると、実にスリムなトップチューブに見えてしまう。
DSCN6585.jpg
ダウンチューブも、やはり箇所により微妙に形状が
変化していました。
太くて、チェレステカラーの下に、まるで金属バット
みたいな凶暴な形状が隠れています。
DSCN6592.jpg
シートステーやトップチューブ、シートチューブの溶接部分も
滑らかそのもの。
しかし、やはりケーブルは外付けになったんですね。
DSCN6595.jpg
シートステーも先端部は横に幅があるんですけど、後方に行くに
したがって次第に丸みを帯びてくるんですよ。
軽量フレームモデルというよりは、カーボン感があるフレーム
なんかな。
DSCN6594.jpg
DSCN6588.jpg

やはりビアンキフェニーチェ初のお披露目という事で新型105
を採用していました。
BIANCHI FENICE 105の場合、ビアンキ最新鋭フレーム
になんと新型105コンポ採用と、なにもかもが新しいモデル
なんですわ。
DSCN6584.jpg

チェーンステーが、とんでもないボリューム感がありビビる。
剛性&加速性がありそう。
かっこいい……たしかにアルミモデルとは別物かもしれない。
DSCN6589.jpg
さすがにまだ試乗していないので、性能は不明ですが。
とても強力な走行性能を有している、美しいスカンジウムロードモデル
という印象を受けました。
筋肉質なカーボン感あふれる、スカンジウムフレームってカッコいい
ですね。
【2015モデル/ご予約受付中】FENICE_105BIANCHI(ビアンキ)スカンジウムロードバイク【送料プランB】【RCP】

2014年07月17日 トラックバック(0) コメント(0)

BIANCHI INFINITO CV 試乗体験インプレ マジで鳥肌が立った! ビアンキ史上、最高傑作モデル……です……よ。


DSCN6559.jpg
DSCN6548.jpg


( ;゚ω゚)……BIANCHI INFINITO CVについてなんですけど……
最高でした……
もう過去に試乗した、ビアンキモデルなんかどうでも良くなる
完成度ですね。

ビアンキ最高傑作モデルじゃないですか? しかも美しいチェレステカラーの
ビジュアルよりも、「中身」「性能」の方が充実している!
外見よりも、中身の方がいい! 

試乗中ずっとこんな感じ↓
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル う、うぅうわぁぁぁああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!
なんなんだよ!? このビアンキは? 美少女面した狼だ! おえっ……

極め切った快適性! 圧倒的かつ凶暴な加速性能……
喰い殺される!
恐ろしい物に触れてしまいました。しかも超クールに高速巡航もやってのけるし……
とうとう、パンドラの箱を空けてしまった気分。

DSCN6550.jpg
(`・ω・´)チェレステだけどマッチョ!
どんな状態でも頑張れる、超優秀フレーム!

石畳の振動を確実に吸収してしまうのですよ。

 ( ;゚ω゚)……石畳が、つるつるのスケートリンクの様だ……

しかも振動をコントロールしながら、低速から高速領域まで驚異的な加速をみ
せてくれる。
DSCN6549.jpg
明らかにセンプレよりもパワーがあるぞ!
エアロ効果は分からなかったが、エアロロードと競り合うだけのパワーがあると
思う。


ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル  す、すっげえ加速ですから!!
インフィニートCVが、凶暴じみた加速で空気を引き裂いているっ!!


DSCN6564.jpg
DSCN6555.jpg
DSCN6557.jpg

段差や荒れ道も楽々、滑らかにこなしてしまう。
パワーがセンプレを強化した感じかな? という気もする。
いままでのビアンキロードを発展強化させた進化型なのだ。
DSCN6569.jpg
DSCN6570.jpg
特に荒れ道(石畳)の衝撃をどんどん吸収しながら、加速してしまう
のが、なんだか性能が良すぎて恐ろしかったんですよね。
コンフォート系カーボンモデルとしても、極め切った性能を有している。
DSCN6572.jpg
DSCN6552.jpg
インフィニートCVに使用するコンポについてだけど、間違いなく
105以上のコンポが必要になってくる。
このパワーを受け止める為には、105スペックの確実なブレーキングが
不可欠。
可能なら、アルテグラなどどんどんコンポのスペックをアップグレード
した方がいい。
それだけ、強力なフレームなのだから。
DSCN6554.jpg
(荒れ道に強いロードという印象を受けた)
更に上品で滑らかかつ、力強い加速が素敵過ぎる。
どの速度域でも、最高の走りを見せてくれた事に感動。

明らかに、荒れ道、石畳を高速で走る為のロード!
そして、快適性というかまるで航空機のファーストクラスにでも
乗ったかのような、滑らかさが極上。
どんな状態でも、必要とあらば圧倒的パワーで加速してしまう。
TTモデルで走っている方がいらっしゃったので、並走してみたが
高速巡航も行ける。
しかも体力消費が極めて少なくて済む。
DSCN6553.jpg
DSCN6561.jpg
DSCN6560.jpg
DSCN6568.jpg
DSCN6558.jpg
(個人的にはオルトレより良く出来ていると思う。自分ならインフィニートCVを買う)


個人的に今まで試乗してきた全ビアンキロードの中で、インフィニートCVは
最強かつ最高傑作だと思う。

あえて、インフィニートCVの弱点を書くと、舗装路などで高速領域での更
なる伸びは、本格的なエアロロードの前に一歩譲るかもしれない。
やはり舗装路においてのエアロロードモデルにおけるエアロ効果の前には、
若干不利になるはず。

ただし不規則かつ過酷な路面状態だったりした場合、圧倒的な快適性と
インフィニートCVは、ビアンキ最強クラスの強大なパワーを発揮して
くれる。

あーだ、こーだ書いたけど、低速から一気に凶暴じみた加速をする
快感が忘れられない……乗りたい……もう一度でいいから乗りたい


ここまで、凄いロードをビアンキが創り上げてきた事に戦慄した。
ビアンキモデルの長所を、最大限生かした最新鋭モデルなんでしょうね。
【2015モデル/ご予約受付中】INFINITO CV ULTEGRA With Vision T42 Wheel(インフィニートCVアルテグラ Vision T42ホイール)BIANCHI(ビアンキ)カーボンロードバイク【送料プランB】【RCP】

2014年07月16日 トラックバック(0) コメント(1)

2015 BIANCHI Via Nirone AL CLARIS 試乗体験インプレ 快適性を強化した 良質なエントリーアルミモデルだった

DSCN6526.jpg

2015年モデルBIANCHI VIA NIRONE ALU CLARISに試乗しました。
要はニローネの、クラリスモデル版ですね。

7~8万クラスのビアンキアルミロードがどの程度の実力なのか、
確認したかったので試乗してみたのですが。


(試乗した感想)
やはり思った通り、直進安定性が高いロードだと思います。
低速でも、高速でも安定度の高さが極めて目立ちました。

これだけ安定していて、しかもアルミフレームなのに衝撃吸収
性も高ければ、長時間乗っていても楽だなと。
最近のアルミモデルはここまで乗り易いのかと。


DSCN9563fdvsfvsregrre.jpg
COLNAGOの軽量アルミモデルSTRADA SL
の乗り心地に近いかな?
つくづく最近のアルミは乗り心地がどんどん良くなってきている。
が、瞬発力や剛性は明らかにニローネよりもSTRADA SLの
方が高い。
レーシング性能は、ハイエンドの超軽量アルミモデルには
一歩及ばないが、ニローネは快適性の高さに特化した性能
があると思う。
DSCN6532.jpg
(コンポーネントクラリスの感想)
さすがに105変速よりも、変速操作性が多少おっとりしている。
だが、クロスバイクのトリガーシフトよりも扱いやすい。

変速は、上位モデルに比べて鈍いが確実に決まる。
ぶっちゃけ、日常やその辺を走る分にはこれで十分。
にしても、新クラリスだから親指シフトではないのですね。

105変速だと「か、か、か、か、か」とさくさく変速するけど
クラリスの場合は「がっ、がっ、がっ、がっ」と若干振動しながら
変速。

レース時の様に、秒単位を争う使用環境でなければこれはこれで
いけるかな。なんだかんだで、変速操作そのものは確実に決まるか
ら安心感がある。
DSCN6530.jpg
DSCN6536.jpg
そういえば、ダウンチュ―ブがカーボンモデルの様に極太で驚いた。
やはり、ニローネといえどカーボンフレームの形状を意識して
いるんですね。
なんだかんだで、進化しているのか……
DSCN6537.jpg
ニローネのフレーム性能は良いので、コンポのグレードを上げて
いけば更に良くなっていくはず。
やはりレースとか出たいなら、ティアグラか105あたりにしたいな
というのが本音。
その代わり、日常的に使ったり、週末にツーリングに使うならクラ
リスで全然OK。

なんか最近のツーリングモデルに、クラリスが数多く採用されて
いる理由もなんとなく納得出来た。
確かにツーリング系モデルと相性良さそう。
DSCN6538.jpg

(カメレオンテと比較してどうか?)
やはりカメレオンテほど、上半身を起こさなくていいので空気抵
抗が低い。

さすがに段差を乗り超えるのは辛いが、石畳のある路面なら吸
収して走り抜ける能力がある。
これはやはりアルミモデルながら、衝撃に強く、安定度の高いニ
ローネの長所なのでは。
更に荒れた路面で、ハイスピードで走り抜けたいならより優秀な
カーボンモデルが必要になってくるだろう。
DSCN6531.jpg
DSCN6529.jpg
(日本人なら誰でも好きな乗り心地)
このニローネを嫌いになる人は、あまりいないだろうな。
よくこれだけ、パーツのコストを抑えてここまで性能を
引き出したもんだ。
DSCN6527.jpg
これで八万程度ならお得過ぎるし、やはりデザインがいい。
最近のエントリーアルミモデルって、ここまで乗り易いの
ですね。

とりあえず、乗り心地重視でいくならこれかな。
DSCN6539.jpg

ところで、新105スペック仕様の2015ニローネモデルは
男性&女性ユーザ共に、試乗車は超大人気争奪戦状態だっ
たので、試乗出来ませんでした。
こんな人気が過熱した? 試乗会って、初めてですよ……
他のメーカーの試乗会って、もっとまったりしているのに。

注文した場合の、第一陣の納期がどうのこうのという話が出て
いたから、もう既にかなりの各モデルが注文されていた模様。
(改めてビアンキユーザーの熱気って、凄すぎる……圧倒された)
DSCN6542.jpg
【2015モデル/ご予約受付中】Via Nirone 7 ALU CLARISBIANCHI(ビアンキ)【送料プランB】 【RCP】

2014年07月15日 トラックバック(0) コメント(0)

ビアンキ丸の内 2015年モデル展示会&試乗会に参加してきました。

DSCN6525.jpg
(´・ω・`)……というわけで短時間ではありますが、ビアンキ丸の内
店で開催されていた2015年モデルのお披露目に参加してきました。
一部2014モデルも試乗OKでした。
DSCN6508.jpg
こんなに、2015年モデルが注目されているとは思いませんでした。
なんという人だかり……
店外及び、店内にあふれかえる人、人、人!
なんという熱気!


仕事の移動の合間に、なんとか……滑り込みセーフ。

2モデルを試乗したり、パレスサイクリングのコースを走ってみたり……。
DSCN6576.jpg
カメレオンテもフルシリーズお披露目。

DSCN6527.jpg
なんとか2モデルを試乗し、パレスサイクリングに参加してみたり……。
DSCN6549.jpg
DSCN6548.jpg
おかげ様で、話題のインフィニートCV、ニローネの性能も確認できました。
旧105仕様でしたが……こいつはすげえ……この走行性能は本物だわ。
もしかしたら、近年稀にみるビアンキ最高傑作モデルかもしれない。

いずれにしてもインフィニート欲しい……
ここまで物欲をそそる機体だとは……
DSCN6546.jpg
DSCN6541.jpg
なんとか2モデルを試乗し、パレスサイクリングに参加してみたり……。
DSCN6599.jpg
Bianchi waterをビアンキ丸の内店様は配布されておりました。
次回記事は、7月15日あたりから再開します。
【エントリP9倍(7/13まで)】【2015モデル/ご予約受付中】INFINITO CV ULTEGRA With Vision T42 Wheel(インフィニートCVアルテグラ Vision T42ホイール)BIANCHI(ビアンキ)カーボンロードバイク【送料プランB】【RCP】

2014年07月13日 トラックバック(0) コメント(0)

2015 BIANCHI PISA SPORT DROP( PISA SPORTがドロップ化へ) 対ブルーノ系ミニベロキラーモデル

img63115374.jpg
え? 街乗り系ミニベロPISASPORTからドロップバーモデルが
出たの?

良く出てきましたね……まさかドロップハンドル仕様のPISASPORT
が出てくるなんて思いもしなかった。

しかも、ビアンキミニベロシリーズ中、唯一のSTI変速仕様ですよ。
大抵今までビアンキのミニベロといえば、クラシック路線を重視
してレバー変速仕様だったではありませんか?


SHIMANO CLARISを採用する事により、STI変速仕様のドロップ
ハンドルーモデルが可能になったのでしょう。
なんとクランクまで、CLARIS仕様ですよ。
img63115336.jpg
この路線は上画像の2015フラットバーモデルBIANCHI PISA SPORT
も同様。
ドロップバーモデル&フラットバーモデル共に 50/34Tコンパクトクラ
ンクを採用した16段変速だったりする。
img63115383.jpg
シフター SHIMANO CLARIS
本当にSTI化しちゃいましたね。
どういう訳か、ティアグラなどを採用したリア10速上位モデ
ルMINIVELO10 DROPはWレバー仕様。

興味深い事にリア8速のエントリー系ミニベロPISA SPORT DROP
の方が、STI変速仕様になっています。
ビアンキミニベロはWレバーの方が、高級系ミニベロモデルという
扱い。

6~7万程度で手に入るのがちょっと嬉しい。
何気に2015年モデルPISASPORTシリーズに、ビアンキは力を入れ
ている様で、このPISA SPORT DROPにチェレステカラーを用意して
います。
img63115382.jpg
この長いヘッドチューブを見ると、やはり街乗り系PISASPORTなん
だな、と。
img63115381.jpg
ホイールには451サイズ
タイヤには20x1 1/8を採用
img63115379.jpg
フレーム アロイ20
img63115378.jpg
img63115377.jpg
サドル VELO vl-3257
img63115376.jpg
クランクSHIMANO CLARIS 50/34T
スプロケット SHIMANO 8SPEED 12-25T
img63115375.jpg
ブレ-キ TEKTRO キャリパーブレーキ
タイヤKENDA K193 20 X 1-1/8
img63115385.jpg
自分だったら、このダークグレーカラーがいいな。
なんとなく、街乗りというかファミリー感がしない。
ビアンキミニベロモデルって、どうしても1980年代
のクラシカルなイメージでデザインせざるを得ないけど。

久々に現代風のデザインを持ってきた感がある。
ま、さすがにフルカーボンミニベロモデルや、フルチタンミニベロ
フレームモデルなどは存在しないけど。

どうでもいいけど、ビアンキ折り畳みモデル「Fretta」は2015年
モデルも復活しなかった……何気にショックだ。
できれば2016年あたり復活を……やっぱり厳しいかな?
img63115384.jpg
販売価格は6万程度で、税込で大体7万位か……。
2015PISASPORT DROPって、対ブルーノ系ミニベロモデルに対抗
してきたモデルなのかな?

ブルーノMINIVELO20 ROADの販売価格に近い価格設定だし。
ブルーノは恐らく2015年モデルも、多彩なカラーリングを出してくる
だろうから、あえて仕様チェレステカラー仕様の2015PISASPORT
DROPをビアンキは投入してきたんじゃないかと。
img63115035.jpg

ちなみにビアンキは同じく6~7万円程度の価格設定で、上画像の
2015 MINIVELO8 DROPも用意してある。つまり6~7万円価格帯で、な
つかしのWレバークラシカル路線と最新STI路線モデルを両方市場に
投入してきたと推測。)
【エントリP11倍(7/12まで)】【2015モデル/ご予約受付中】BIANCHI(ビアンキ)PISASPORT DROP(ピサスポーツドロップ)小径自転車【送料プランB】 【RCP】

2014年07月12日 トラックバック(0) コメント(0)

2015 BIANCHI IMOLA(ビアンキ イモラ)はイタリアンパーツを強化したり、チェレステカラーを強調

img63086808 (1)
おおお、2015 年モデルのクロモリロードビアンキ イモラがなんと
チェレステカラー化しちゃったじゃないですか?

なんとなくレーシークロモリだった、イモラの方向性が大幅変更。
ちょっと! 2015年モデルから急にイタリアンクラシカル路線に舵を切った? 

例えばデザインを注目するとホワイトカラーモデルから、随分デザインが
変わったというか。
胴抜きアルカンシェルから大胆に変更しちゃいましたね。



2015年モデルから、「最新」よりも「イタリアン」を重視した結果
イタリアンパーツを強化↓

シートポストをイタリア製MICHEに変更
サドルもイタリアSAN MARCO ROLLS製に変更

2014年モデルは、シートポストにカーボンを採用したり、11速対応のSH
IMANO RS11コンプリートホイールを採用してきたりして、最近のクロモリモデル
を目指していたのですが。

クラシカル路線ですねー。
フレームのチェレステカラーに合わせて、イタリアパーツをここまで用意してきた
のかな。

img61853372fcsad.jpg

高級ラグクロモリモデルBIANCHI DOLOMITIってあるじゃないですか?
2015年モデルイモラがより近くなった感があります。

ここだけの話、クロモリに最新パーツやリア11速化を目指すよりも
よりイタリア製パーツを充実させた方が、付加価値が向上すると
ビアンキが判断したんでしょう。

確かに、レーシーよりこっちの方が売れそうな気がする。
最新パーツは、アルミモデルとかクロモリモデルが頑張ってくれますものね。
クロモリモデルには、クロモリモデルにしか出来ない事がありますし。
img63086809.jpg
クランクSHIMANO TIAGRA 50/34T
カセットSHIMANO TIAGRA 12/28T 10SPEED
ディレーラー F/SHIMANO TIAGRA R/SHIMANO TIAGRA

コンポーネントを見て見ると、さすがにカンパまでは採用していませんが
フルティアグラ路線は継続。
2014年モデルはホイールにシマノRS11を採用し、リア11速化も可能でしたが。
とりあえず2015モデルは、リア10速で落ち着いた様です。

その代わり、イタリアンパーツを出来るだけ強化してイタリアンテイストを
強化してきたというのがポイントなのかな。
img63086818.jpg
もちろん変速はWレバーではなく、STIですけど。
いっそ、徹底してWレバーでも面白かったのかも?
img63086815.jpg
ブレーキ SHIMANO TIAGRA
あれ、ヘッドバッジがステッカーに変更?
どうも、最近ビアンキのクロモリはステッカー路線ですね。
なんか、それなりの意図があるらしいけど。
どういう意味なんだろう?

ケーブルカラーはあえてブラック。
img63086816.jpg
あ、カーボンフォークもチェレステカラー!?
徹底していますね。
img63086813.jpg
img63086814.jpg
img63086810.jpg
胴抜きチェレステカラーデザインから、大幅にデザインが変わりました。
多分ロゴデザインは、1980年代のビアンキロゴをりデザインしたんだと
思うけど。
パープルカラーのロゴで行くのか……
なんか、イモラがより女性化した印象を受ける。
img63086811.jpg

この穴が空いた、特徴あるシートポストデザインは……イタリア製MICHE
ではないですか?
カーボンシートポスト路線からイタリアンパーツ路線に変更か。
img63086812.jpg
1980年代に発表された名品
SAN MARCO ROLLS(サンマルコ ロールス)
これが、2015年モデルイモラの方向性を、一番強調して
いる箇所。
img63086817.jpg
リム JALCO DRX-2000
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO 700C X 23C
【エントリP企画開催中】 【2015モデル/ご予約受付中】IMOLA(イモラ)BIANCHI(ビアンキ)クロモリロードバイク【送料プランB】 【RCP】

2014年07月11日 トラックバック(0) コメント(0)

2015 BIANCHI CAMALEONTE4 ALCARBON なんとカーボンバック&CLARIS仕様のカメレオンテ登場! 

img63091769.jpg
え? カメレオンテのSHIMANO CLARIS(クラリス)仕様車が出ちゃ
うの?
リア8速モデルといえば、アルタスとかターニーモデルがあったけど。

しかも、なんとカーボンバック仕様!!!???
はあ?

クラリスのカーボンバックモデル????

な、なんという珍品。

な、なんか近年カメレオンテのエントリー系コンポを採用した
モデルの充実度合いが凄まじい。
エントリー系クロスバイク市場を、一気にかっさらうつもりか……。


にしても、クラリスにカーボンバックモデルって、初めて見た。
普通はティアグラとか、105仕様ですよね???
(とはいえ、カーボンバックそのものが、一時機より減少している
から何とも言えないけど)
しかも、これクロスバイクですよ……
 
CAMALEONTE5はSORA仕様リア9速。
CAMELEONTE6 はティアグラ仕様リア10速仕様となっています。
もちろんカーボンバック。
img63091778.jpg
ブレーキレバー SHIMANO SRT-R240

ストレートなカメレオンテのフラットバー!
シマノ クラリス フラットバー用ブレーキレバー!
シマノ クラリス フラットバー用変速レバー!
上位グレードとは違い、素敵な樹脂感。むむ。でもシンプル。

さすがにエントリーMTB系コンポを採用したカメレオンテモデルの
ハンドル周りより、クラリスを採用したカメレオンテ4の方がスマー
ト。

樹脂感はあるけど、思ったよりハンドル周りのビジュアルがいい
んですね。
なるほど、カメレオンテにクラリスを導入すると、こういう感じにな
るのか。
img63091777.jpg
最近シマノのエントリーグレード系コンポのラインナップの
充実度合いが凄まじい。
やはり街乗り重視の、カーボンバック系クロスバイクか。
img63091775.jpg
フレーム CAMELEONTE SPORT ALU/CARBON
img63091774.jpg
カメレオンテのアルミフレームは、箇所によって厚みが異なるバ
テッドチューブ。
しかもハイドロフォーミング(液圧成型)成型で、トップチューブ
に曲線を持たせたり、ダウンチューブを複雑な形状にしたりし
ています。
軽量性や快適性、剛性を重視しているクロスバイクフレーム。
img63091776.jpg
さすがに快適性重視なので、ヘッドチューブも長め。
img63091773.jpg
img63091779.jpg

アルミロードモデルのBIANCHI IMPULSOはむしろ、シートステ
ーを細くして路面からの衝撃吸収性と軽量化を図っているけど。

CAMALEONTE4 ALCARBONは、カーボンバックを採用して対応
している。
目的は同じだけど、問題に対する対処の仕方が異なるという点
が面白い。

今後カーボンバックは、クロスバイク方面で生き残っていったり
するのかな。
img63091772.jpg
タイヤCONTINENTAL ULTRASPORT 700x28c
ホイールJALCO GX-520
img63091770.jpg
SORAグレードSHIMANO BR-R353 コンパクトVブレーキを採用。
(STIでは使えないタイプ)
クラリスのフラットバータイプのブレーキレバーなので
この型式が採用されたのかな。
img63091771.jpg
サドル CIONLLI(シャンリー) 6130FG
ゲル入りなんだ……へえ。
【エントリP企画開催中】 【2015モデル/ご予約受付中】BIANCHI(ビアンキ)CAMALEONTE4 ALCARBON(カメレオンテ4アルカーボン)クロスバイク【送料プランB】 【RCP】

2014年07月10日 トラックバック(0) コメント(0)

2015 BIANCHI CAMELEONTE3 ALU とうとうディスク化! 全カメレオンテシリーズ唯一の、油圧式ディスクブレーキを採用!

img63091818.jpg

ヽ('∀`)ノ ワーイ 
カメレオンテ3が、ディスクブレーキ化しちゃったじゃありませんか?

やばい……欲しい……。
見なきゃよかった……。

(;゚∀゚)……はははは……、自分、完全にビアンキの術中に落ちている……。
10万以上だったら、「あっそう」で終わりになるけど。
8万程度なら、結構悩んでしまいますね。
この価格設定は、ズルイと思う。

ほ、ホイールもディスクブレーキ化の恩恵受けまくりで、なんとエアロ
な形状になっている!

ただし、ディスク化に伴いフロントフォークはカーボンからアルミフォ
ークに変更にはなりましたが。
ちなみにディスクブレーキは、ビアンキローマに使用されていた
新型油圧式ディスクSHIMANO BR-M355!
おお、とりあえずローマで採用されていたディスクブレーキをカメレオンテ
に投入してきたか。
img63091819.jpg
img63091817.jpg
img63091805.jpg

マットシルバー、マットブラック、ホワイト。
近年ロードもディスク化の動きが激しいから、カメレオンテもディスク化
っていう事?
それとも、MTB化という事だろうか? でもホイールはエアロ形状。
いずれにしても、よりロードスペックに近いカーボンバックモデル
のカメレオンテ6など も控えているし。

実験的な意味もあるのでしょう。
今後のカメレオンテの方向性を決める上で、かなり重要な一台になると
思います。
もし、このカメレオンテ3がヒットしたら、2016年モデルカメレオンテ
シリーズが一気にディスク化する可能性も。
(ビアンキのMTBも、一気にディスク化しましたし)
img63091815.jpg
あれ? 2015年モデルから、グリップがツイスト形状になっている!
img63091814.jpg

ハイドローリックディスクブレーキレバーBL-M355
を実装!
2フィンガーもしくは3フィンガーでも操作し易い
形状になっています。
ブレーキコントロールを簡単に行えるので初心者でも扱いやすい。
img63091813.jpg
img63091812.jpg
Shimano BR-M355 Hydraulic Disc Brake setを実装!

こいつが、今後のカメレオンテの運命を左右する訳か。
やはり雨の日とか、日常的に使う事を考えて、あえてカメレオンテ3に
採用したのかな?
img63091811.jpg
ホイール JALCO PR-300
まさかのエアロホイールですよ。
「CAMALEONTE」のロゴも確認。
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO 700X28C
img63091810.jpg
フォークBIANCHIアルミ
なるほどカメレオンテに、エアロリムにディスクブレーキ
を搭載するとこういうビジュアルになるのか。
かっこいい!
img63091809.jpg
img63091808.jpg
え? え? え? え?
カメレオンのロゴが、トップチューブ上部に配置されている!!
横から見て消えたと思っていたら、こんな所に隠れていたのか。
img63091806.jpg
フロント&リアディレーラー SHIMANO ALIVIO
クランクSHIMANO ALIVIO 48/36/26T
カセットShimano CS-HG30 9S 11/32T
やはり2015年モデルカメレオンテは、全てトリプルクランク
路線で行くみたいです。
フロントダブル路線は、無し。
img63091807.jpg
サドル VL-1534
なぜか、カメレオンのロゴがあしらわれている専用サドル。
そ、そこまでビアンキはカメレオンテ3に賭けているのか。
img63091816.jpg

やはりロード系コンポのカメレオンテシリーズはあえてディスク化
せずに、日常用のMTB系上位モデルであるカメレオンテ3に
採用してきたあたりが面白いですね。
(その代わりロード系コンポのカメレオンテシリーズは、全モデル
カーボンバックを採用するという、とんでもない事になっている!)

一番数が動くモデルでしょうから、ビアンキとしては様々なユーザ
ー層にカメレオンテディスクを楽しんでもらいたいのでしょう。
【2015モデル/ご予約受付中】BIANCHI(ビアンキ)CAMALEONTE3 ALU(カメレオンテ3アル)クロスバイク【送料プランB】 【RCP】

2014年07月09日 トラックバック(0) コメント(1)

2015 BIANCHI IMPULSO105(ビアンキ インプルソ105) アルミフレームに手間をかけている。

img63085991.jpg
img63086008.jpg
アルミロングライド仕様のBIANCHI IMPULSO 105についてですが。
やはりレースでの使用も視野に入れて、フル新105(5800)系11速
仕様で行くようです。
クランクももちろん誤魔化しが無い105。
やはり、変速操作は確実に決まる様に、したかったんでしょうね。

おおやはり2015年モデルも、凄いフレームがいい。乗り易そう。
やっぱり、新105(5800系)インプルソが、いいな。リア11速化とは
いえ、やはりフレーム本位のアルミモデル。

フレームの手の込み用と、パーツの充実具合が実にいい。
img63085992.jpg
フレームを見て行くと……
トップチューブとヘッドチューブが一体加工ですものね。
だから、トップチューブとヘッドチューブの溶接跡がない。

かろうじて、ダウンチューブの溶接跡が確認できます。
なんて滑らかなんだろう。
剛性強化というポイントもあるのでしょうが、やはり見た目がとこ
とん美しい。
アルミフレームながら、限界までカーボンフレームの形状に近づけて
います。
img63085983.jpg
リアの溶接部もつるつる。さすが3段階の工程で加工した
フレーム。

トップチューブにいたっては、まるてカーボンフレームかの様な形状。
ただしカーボンフレームの様に、シートステーとトップチューブが、
まるで一体化しているかの様な加工まではいっていない。
ただ、後日更に流線型に近づいていくのではないですかね。
img63085986.jpg
一度ハイドロフォーミングで成型して→溶接→サイドハイドロフォ
ーミングにかけるという、3段階の工程を得てインプルソのフレー
ムはようやく完成します。
2工程で終わらせるメーカーも多いなかで、大変アルミフレームに
手間がかかっている。

だからこそ、インプルソはSHIMANO TIAGRA/105スペックが最低グレード
になります。
SORAスペックが存在しないのですよね。
ビアンキアルミモデルの中でも、このインプルソは別格の扱いを受けています。
img63085990.jpg
シフター Shimano 105
img63085989.jpg
ヘッドチューブのデザインは、トップチューブとヘッドが一体である
という事を強調したデザインになっています。
img63085988.jpg
フロントフォーク CARBON KEVLAR/ALU C2C, 1-1/8"
ケブラー繊維を採用
シートステーもそうですけど、路面からの衝撃吸収を重視した設計
になっています。

ホイール FULCRUM RACING SPORT
タイヤ HUTCHINSON EQUINOX2 700x23c
img63085987.jpg
ダウンチューブも、前と後ろでは微妙に形状が変化している
のが確認できます。
最近のアルミフレームは、ここまで変化をつける事が可能に
なったんですね。
img63085985.jpg
クランク SHIMANO 105 50/34T
変速 22SPEED
カセット Shimano 105 11/28T
フロントディレーラー&リアディレーラー105

コンポ仕様も生真面目に105をフル採用。

チェーンステーは縦長で剛性重視。
逆にシートステーは、細めで衝撃吸収性を強化。
ケブラー繊維を採用したフロントフォークと、シートステーの相乗効
果を狙っている。
img63085984.jpg
サドル fiziik Antares
img63085982.jpg
やはり軽量&衝撃吸収性を強化する為に、シートポストはカーボン。
シートステーも細めに設定してるので、石畳などでのレース仕様時に
おける衝撃吸収性を重視しています。

ブレーキも真面目にSHIMANO 105を採用。

なるほど、ようやく新型アルミモデルフェニーチェにスカンジウム
素材を採用した訳が分かった。
コストと手間をかけたインプルソを超えたアルミモデルを作るのは
さすがに容易ではない。

加工技術が限界を超えている以上、アルミ素材のレベルアップを
図った、スカンジウムフレームを持ってくるしかありませんよね。

もはやインプルソで、ハイドロフォーミング加工技術の限界までい
っちゃっている訳だし。

そうやって、新モデルの「フェニーチェ」は誕生したのかな。

しかし、ここまでアルミモデルを充実させてきたという事は
ビアンキは2015年モデルにおいてアルミフレームにかけているのか。

カーボンモデル全盛のこの時期に、アルミフレームモデルを充
実させてくれるなんて面白い事してくれますね。
【P最大20倍セール(7/8 12時まで)】【2015モデル/ご予約受付中】IMPULSO105(インプルソ105)BIANCHI(ビアンキ)アルミロードバイク【送料プランB】 【RCP】

2014年07月08日 トラックバック(0) コメント(2)

2015 BIANCHI Via Nirone7 ALU CLARIS 販売価格8万円クラスのビアンキアルミ系モデルが、2015年モデルも出る!



img63086558.jpg
またしても! またしても、ビアンキアルミモデルニローネの
(BIANCHI Via Nirone 7 ALU)CLARIS仕様が2015年モデル
として出るらしい!

なんか超ショックなんですけど! やっぱり噂通り2014モデル
は相当数売れたんだな……



ところで2015年モデルのニローネのラインナップが、異様に幅広くて
新105のリア11速仕様、
TIAGRA/105のリア10速仕様、
SORAのリア9速仕様
そしてCLARISのリア8速仕様まで、一気に揃い踏みですよ!

なんじゃこりゃ? 同じアルミフレームに11、10、9、8速仕様!!??
なんと、4段階のリア変速数がチョイス可能!

14万クラスの新105(5800系)と同等のフレームが、8万で手に入るのか。
(もちろん、ホイールとかパーツのグレードに、かなり差があるけど)


しかもですね、CLARIS仕様のニローネは2015年モデルから
ネイビーとホワイトチェレステの2色展開!

すっげ……とうとう2色展開かよ……販売価格はなんと7万クラス
税込なら8万5千円程度か。
5千円程度値上がりしたけど、ネイビーカラーが選択出来るのは少し
いいかな。
img63086562.jpg

2014年モデルニローネフレームから導入された、トップチューブ
後方の補強リブも確認できますね。
やはり2015年ニローネのフレームも、剛性強化仕様か。
フレーム Via Nirone アルミ
しっかし、ネイビーカラーいいなあ。ネイビー良く出してくれたもんで。
ホワイトチェレステも人気だったんだろうけど。
img63086566.jpg
シフター Shimano CLARIS
もちろんSTI仕様
img63086565.jpg
ケーブルはホワイトカラーになるのか。
ネイビーとホワイトの組み合わせ。
img63086564.jpg
ホイールALEX R500
タイヤVITTORIA ZAFFIRO 700x25c
とりあえず、ニローネのタイヤサイズは全種類700x25c サイズで
行く模様。
フロントフォークはニローネおなじみの
ケブラー繊維を採用したカーボンフォークなんでしょうね
img63086563.jpg
img63086561.jpg
へえ、随分2014モデルに比べてスタイリッシュになったもんで。

良く見たら、ネイビーとホワイトカラーのフレームにチェレステカラ
ーのストライプを忍ばせてあるのか。
img63086560.jpg
フロント&リアディレーラー CLARIS
クランクSHIMANO CLARIS 50/34T
カセットShimano CLARIS 11/30T 8SPD
2×8のトータル16速。
全ニローネ中、最もワイドなギア比。空スペックですら12-27Tで
すからね。
普通にクロスバイク代わりにもいいかな。
意地でもフルクラリスか……
img63086559.jpg
サドル SELLE SANMARCO ERA SPART POWER
img63086567.jpg
ブレーキ SHIMANO CLARIS

img63086568.jpg

これが噂の全国で品薄状態になったという、ホワイトチェレステ
カラーか。

ちなみに、フレーム全体がチェレステカラーが欲しいなら
シマノSORAスペックモデルから用意されています。
img63086571.jpg
img63086570.jpg
ニローネクラリスのサイズ展開についてなんですけど、
440mm /150cm ~155cm
460mm /155cm ~160cm
500mm /160cm~170cm
530mm /165cm~175cm
550mm /175cm~185cm
570mm /180cm~
と440mm~570mmと幅広く用意。男性から女性まで幅広いユーザ
ー層を、視野に入れているビアンキ様の姿勢が伺えます。
それだけ、数が出るんでしょうね。
【P最大20倍セール(7/8 12時まで)】【2015モデル/ご予約受付中】Via Nirone 7 ALU CLARISBIANCHI(ビアンキ)【送料プランB】 【RCP】

2014年07月07日 トラックバック(0) コメント(5)

2015 BIANCHI SEMPRE PROチェレステカラーデザインは、新型アルミモデルFENICEとそっくり! もしかして姉妹か???

img63083260.jpg
2015 BIANCHI SEMPRE PRO ……2015年フルカーボンモデ
ル「センプレ」のデザインについてですけど。

バーテープから、サドルまでチェレステじゃないですか?
あれ? このカラーリングって、スカンジュウムフレーム
を採用した、最新モデルフェニーチェにそっくりのカラーリ
ングじゃないか?
imgフェニーチェ
2015 BIANCHI FENICE
カラーリングそっくりですよね?
積極的にチェレステカラーで染め上げているし、サドルのレッド
の配色具合も似ているし。
さすがにアルミフレームのフェニーチェは、トップチューブが
アーチ形状ではないですけど。

つまりなんですか? カーボンモデル「センプレ」の高級アルミ
版モデルが「フェニーチェ」って言う事?
だとしたら、フェニーチェの走行性能は「センプレ」みたいな
路面追従性や、アルミならではの剛性があるはず。
img63083267.jpg
にしてもいいなあ。スリムなULTEGRAシフターだ。
ブレーキ操作も、軽くて楽そうだし。
img63083266.jpg
うらやましい……アルテグラグレードのケーブルだから
ポリマーコーティングケーブルだ。(デュラエースとアルテグラ専用
に開発されたケーブル)

そう言えば新105(5800系)ケーブルはシフターだけ、ポリマーコー
ティングケーブルなんですよね。
(ブレーキケーブルは現行のBC-1051)

だから、アルテグラグレードの方がブレーキケーブルに関しては
新105(5800系)よりもアドバンテージがあるという事か。
img63083268.jpg
フォーク B4P FULL CARBON
img63083269.jpg
img63083261.jpg
ホイール VISION t42
タイヤHUTHINSON EQUINOX2 700x23c

イタリアで組まれたVISION T42が普通に付いてくる!
しかし、これは派手だ。なんて派手なイタリアンデザインなんだろう。
センプレのフレームですら、フルチェレステカラーで目立ちまくる
のに。
更に、ホイールで目立ちそう。
img63083265.jpg
フレーム SEMPRE CARBON
img63083264.jpg
ここ最近から続く、ケーブル内臓路線は継続。
img63083263.jpg
フロント&リアディレーラー Shimano ULTEGRA 6800
クランクSHIMANO ULTEGRA6800 52/36T
カセットSHIMANO ULTEGRA6800 12/25T
おお、センプレも2015年からコンパクトクランク路線からノーマルクランク
路線に舵を切ったか!
BBは2014モデルと同じ、FSA BB-PF30ではないかと思われます。

BBは2014モデルと同じFSA BB-PF30ではないかと思われます。
センプレプロはBB30からプレスフィット30に去年変更しましたものね。
全体的にレース志向に舵を切っているなあ。
それでも、センプレの乗り易さは健在なはず。

センプレの場合、ちょっと位快適性を落としたとしても、レーシング性能
を強化する路線でいいんじゃないかな?
その方が面白そうだ。
img63083262.jpg
フェニーチェのFizikサドルもそうだけど、チェレステ&レッド
カラーを独自にあしらってある!
走行性能はともかく、デザインに関しては姉妹的な関係にあると
見て良さそうです。

ニローネやインフィニートには、この配色はないんですよ。

アルミ&カーボンホイールVISION T42を採用していたりしますが
……軽量化目的とデザイン性強化を両立させたかったのかな?
デザイン的に2015年モデル センプレプロのデザインが一番
好みかもしれない。
【P最大20倍セール(7/8 12時まで)】【2015モデル/ご予約受付中】SEMPRE PRO ULTEGRAセンプレプロ アルテグラBIANCHI(ビアンキ)カーボンロードバイク【送料プランB】【RCP】

2014年07月06日 トラックバック(0) コメント(0)

2015 BIANCHI INFINITO CV ULTEGRA TEAM(インフィニートCVアルテグラ チームディション)  凶暴そうな快適仕様 (対トレック ドマーネ戦略モデルか?)


img63083033.jpg
快適ロングライドモデルBIANCHI INFINITO CVにBELKIN(ベルキ
ン)チームカラー仕様が出るんだ。
あらま! チェレステカラーのフレームに、グリーンのストライプ
があしらわれている!

(´・ω・`)……ビアンキからチームカラー仕様とかが出るなんて、なん
て久々なんでしょう。
ここ最近お目にかかった記憶がないかな。

さすがにまだ試乗した事ないけど、シートステーに衝撃吸収の為
の「カウンターヴェイル」システム搭載した新型ですよね。

CTCカテゴリーらしくヘッドチューブが長いなあ。アップライド仕様か。

とはいえ、フラグシップモデルのBIANCHI OLTREや、ミドルグレード
のセンプレだって、超乗り易くてソフトなんですけどね。
(それなりに剛性も強化してあるので、何気に運動性能も抜群)
更にソフトなの? 大丈夫?

石畳や荒れ道を長距離走る為の、快適レース仕様モデルって事らしいけど。
やっぱりトレック ドマーネなどの対抗馬的な意味もあるんですかね?

ただ最近のビアンキカーボンモデルは、エントリーグレードの
インテンソですら、剛性と戦闘力を高めてきているから、見た目で
判断するのは危険か。

可能な限り試乗するつもりなので、後日またレポート出来ればと思い
ます。
img63083043.jpg
シフター Shimano ULTEGRA
img63083042.jpg
ヘッドセットFSA ORBIT C40 CF-ACB
上下異径ヘッド。
やっぱり快適な姿勢を確保する為に、随分ヘッドチュー
ブが長いんですね。
ケーブルはヘッドから貫通するのか……純粋にセンプレの方が速
そうだけど。もうこのインフィニートCVは以前のインフィニートとは
違いそうだから、油断出来なそう。
img63083041.jpg
フォーク C2Cフルカーボン
C2Cということで、ケプラー繊維入りなんですかね?
img63083040.jpg
ホイール イタリア製 VISION T42 RACING5
タイヤ フランス製 HUTCHINSON fusion3 700X25c
あ、完全にEU系パーツで固めている。
快適仕様なので25Cサイズ。
img63083039.jpg
うーん、さすがにオルトレよりはダウンチュ―ブのボリュームは無
いけど、カッコいい。
BELKIN(ベルキン)のストライプカラーが、こんな所にまであしらわ
れているんだ。
img63083036.jpg
img63083034.jpg

これがビアンキ特許まで取得して投入してきた振動除去システム
「Countervail®(カウンターヴェイル)」
マテリアル・サイエンス社と共同開発したシートステー。

これ、細い! こんなに細いんだ? しかもロゴまであしらっちゃって。
シートステーがやたらイケメンだ……おお。

この次世代のシステムを搭載する為に、INFINITO CVが誕生したと言
っても過言ではないそうだ。

Countervail®カーボン素材をシートステー部分のカーボンに埋め
込んで、剛性を確保しつつも衝撃吸収性を強化したらしい。
長距離走行時において、ライダーの疲労を軽減し、同時に無駄な
エネルギーをセーブしてくれる。より長距離の走行に特化した仕様
になっている。

要は、無駄な体力消費を抑えてくれる上に、パワー伝達も効率的
なシステムという事か。

なんかビアンキの公式HPを見ていたら「Countervail®(カウンターヴェイル)」
についての説明が、面白いというか、なんかヤバくて……

従来のゴム素材を挿入するような見せかけだけのフレームの振動抑制システムは、材
料から合成されたCountervail®カーボン素材と比べてわずかな効果しか得られない
ことが、NASA(アメリカ航空宇宙局)の厳しい試験で実証されています。


という記載があるけど。
( ;゚ω゚)……それってもしかして、トレックドマーネのIso Zoneダンパーの事? 確かに、シートステーあたりにゴムが付いているけどさ
対抗心むき出しではないですか? ただ、BIANCHI INFINITO CVが
対トレックドマーネ用戦略モデルというなら、なんとなく納得出来る。
確かに、設計思想が似ていると思う。
img63083038.jpg
サドル SELLE SAN MARCO CONCOR RACIG TEAM
img63083044.jpg
ブレーキ Shimano ULTEGRA
フロント&リアディレーラー Shimano ULTEGRA
クランクShimano ULTEGRA 52/36T
カセットShimano ULTEGRA 11/28T
さすが、40万クラス。フルアルテグラにリア11速仕様は当然だと
して……。
なんと、ノーマルクランク仕様か!
ただ、トレックドマーネに対抗する為のモデルだとしたらなんとなく納得。

ドマーネも確かに石畳はへっちゃらだし、荒れ道の多いあまり舗装されて
いない路面に強いとは思った。

BIANCHI INFINITO CVってもしかしたら田舎道に強い、凶暴な快適
ロングライドモデルかもね。
とりあえず、試乗して後日レポートしたいと思います。
【P最大20倍セール(7/8 12時まで)】【2015モデル/ご予約受付中】INFINITO CV ULTEGRA TEAM(インフィニートCVアルテグラ チームディション)BIANCHI(ビアンキ)カーボンロードバイク【送料プランB】【RCP】

2014年07月05日 トラックバック(0) コメント(0)

2015 BIANCHI FENICE 105 (2015 ビアンキ フェニーチェ 105)スカンジウムフレームに、新105リア11速! パーツはEUブランドを積極採用したロードレーサー仕様!!


img63083431dfy.jpg
これが、ビアンキの新型アルミフレームモデル「BIANCHI FENICE 105」
って奴か!
しかも、なんとスカンジウムフレーム!

(`・ω・´)b スカンジウムフレームが2015年ビアンキモデルとして魔界転生してきましたよ!

な、なんだ? なんでビアンキはIMPULSO といい、ここまでアルミ
モデルに力を入れてくれるんだ?
あ、ありがたい……。
アルミフレームを頑張ってくれるなんて嬉しいね。

高強度極薄アルミフレームって奴か。(現時点でどこまでアルミ
が薄いか知らんけど)
一時機ルイガノの50万円オーバーする、超高級アルミフレーム
モデルを最後にあまり完成車ではお目にかからなかった様な……

パーツに目を向けるとホイールにあのイタリアブランドVISIONを
採用したり、サドルはフィジークだし。
フランス、ハミルトンのタイヤなんぞも採用していますよ。
新105をフル採用している上に、各パーツも予算が許す限り
EU色を濃くしている傾向があります。
ミサイル 北極
スカンジウム合金って元々北極感に展開する潜水艦から、発射
するミサイルの為に開発されたアルミ合金ですよね。
北極海の氷をぶち破る強度と、ミサイルとしての軽量性を兼ね備え
るのを目的とした軍事技術を自転車用に転用。
(ペンタゴンの技術者が、後にバイクメーカー「KESTREL」を立ち上げ
事でスカンジウム合金を自転車への転用が可能になった。後
に旧ソ連が、ミグなどの当時最新鋭戦闘機にスカンジウム合金を採用)

スカンジウムはアルミに0.1~0.3%のスカンジウムを添加作った
合金フレーム。
高い強度を保ちつつも、フレームの肉厚を薄くすることができ、軽
量化を実現。
img63083434.jpg
どちらかというとスカンジウムは、街乗り系アルミモデルの超高級
仕様完成車としての役割が多かった気もしますが。

これは完全にロードレーサー仕様?
いずれにしてもこのフェニーチェ105モデルはなんという幸運なアル
ミモデルだろう。
いきなり新105(5800系)仕様を採用。初登場時から、リア11速仕様
なんだから。

てか、気になるのはどこまで2015フェニーチェのアルミフレームの
厚さが薄いか?
重量はどの程度か?
img63083438.jpg
シフター Shimano 105
いきなり新型スカンジウムフレームで、リア11速をコントロールで
きるのか……
これはたまらない。

FENICE 105はチェレステカラーのみ?
チェレステカラーにイタリアンレッドをあしらっているのか。
img63083436.jpg
フォーク CARBON FORK WITH ALLOY STEERER
img63083435.jpg
フレーム  スカンジウム
ケーブルは外付けの模様。ただ、溶接跡が丁寧に処理されている事が
伺えます。
img63083433.jpg
クランクSHIMANO 105 52/36T
カセットShimano 105 12/25T
おお、いきなりノーマルクランクでいきますか!
やはりスカンジュウムフレームスタイルのロードレーサーだ!

フロント&リアディレーラー Shimano 105
ブレーキも105仕様の模様。
つまりフル105仕様か。
img63083437.jpg
ホイールは、あのイタリアのVISION!
イタリア職人が、全グレードを組んでいるメーカー様ではない
ですか。
FENICEって、どこまで愛情を注がれているんだ?
いきなりスカンジウムフレームに、新105リア11速に、イタリアのVI
SIONホイール?

このVISION TEAM30という型番は30㎜ハイトを採用したリムが特徴。
平地、登りでの使用を視野にいれているとか。
img63083439.jpg
しかもタイヤはフランスの高性能タイヤメーカーハミルトン!
HUTCHINSON EQUINOX2 700x23c
あらま! 何気にEU色も濃いモデルではないですか?
ちょっとびっくり。
img63083432.jpg
SeatPost  FSA SP-RK-262 31.6 CARBON
Saddle FiziK ANTARES MANANAZE

軽量サドルフィジーク アンタレス!
しかもシートポストはカーボン!
サドルだけ見ても快適性、オールラウンドな使用環境とい
うよりは、間違いなくレースでの使用を想定しているでは
ないですか?
BIANCHI FENICE 105か。(販売価格は税込みで21万程度)

これは、ちょっとやばいな。
ビアンキのセンプレとかインテンソとかオルトレなどのカーボン
モデルに気を取られていたかも。
2015年モデルは、もう少しアルミ系をしっかりチェックする
必要があるかもですね。
【2015モデル/ご予約受付中】FENICE_105BIANCHI(ビアンキ)スカンジウムロードバイク【送料プランB】

2014年07月04日 トラックバック(0) コメント(2)

2015 COLNAGO V1-R 完成車重量はなんと6.2kg!! BBは新基準のスレッドフィット82.5

colnago-2015-vr-1.jpg
伝統あるイタリアコルナゴ史上、始まって以来の、超最軽量
モデルが出るんだ!
しかも、エアロ効果を狙っている上に、カーボンモノコックフレームの新型!
モノコックフレーム?? さすがに軽量モデルということでカーボンラグじゃ
ないですよね。
モノコックフレームM10の後継機という事らしいけど。

しかも、フレーム重量は超軽量でなんと800g
山岳用? とりあえず、こいつが今後のモノコックフレームに
おけるフラグシップになる可能性になって来た訳か。

あのM10の乗り易さ受け継いでほしい……。

しかも、エアロ効果にもこだわっているというから……という事は、
SCOOT FOILみたいな整流効果を有したフレームということかな。
偉く細いフレームに見えるけど、実車はどんな感じなんだろう?

超軽量&エアロフレームか……
Colnago-V1-r-Ferrari-7-600x300.jpg
BBは新基準のスレッドフィット82.5 。
とりあえずコルナゴは、市場に出回っている全てのボトムブラケット
規格を分析した所、まるでコルナゴ V1-Rに必要とされる信頼性を
満たさないと判断。

先日登場したC60にも採用されている「スレッドフィット82.5を」
V1-Rにも投入する事になったそうです。

あくまで、圧入式のプレスフィットではなくスレッド式でいくのか。
(現在のBB規格のせいで、C60やコルナゴ V1-Rフレームを開発す
る上で、壁になっていたと推測)

2014年からとうとうプレスフィットBBを導入したコルナゴとはいえ、さす
がに新型はBBから開発せざるを得ない状況となったと。

とはいえV1-RはBB86にも対応可能。シマノ、カンパ、スラムなどBB86
プレスフィットを使用することで、純正品のクランクもOK。

なんか他にも色々ありそうなので、今度営業の方に質問してみるか。
Colnago-V1-r-Ferrari-2-600x300.jpg
(現時点でディスク化は可能という訳ではない。現在開発中)
他に気になるブレーキシステムは、ダイレクトマウント方式
でいくんですね。
さすがにディスクブレーキ化は無視かな? と思っていたら……
驚いた事に、ディスクブレーキ化も可能だそうで。
Colnago-V1-R-Ferrari-Disc-Brake-Mount.jpg

簡単にディスクブレーキをインストールするためのシステムを現在開発中。
ディスクブレーキをより軽量に取り付けることができる。
Colnago-V1-r-Ferrari-4-600x397.jpg
なるほど、このディスク搭載した形状が、もしかしたら最終形態になる訳?
さすが、他社より先行してディスク化に邁進してきたコルナゴ。
素直に凄いな。


しかもDi2・EPSの内蔵バッテリーに対応しちゃっているんだもんな。
colnago-ferrari.jpg
Colnago-V1-r-Ferrari-5-600x395.jpg

V1-Rってフェラーリとの共同開発モデル?
これとは違うけど、コルナゴ公式ブログによると
COLNAGO V1-Rの完成車重量はなんと6.2kg!!
わずか4.5kg台の2015 Trek Emonda SLR 10
もそうだけど、また軽量化競争が始まったのかな?
Colnago - V1-R ロードバイク (Ultegra、2016)

2014年07月03日 トラックバック(0) コメント(0)

2015 Bianchi 展示会が都内で行われたそうです。「BIANCHI 2015 COLLECTION IN TOKYO」の お知らせ。

10437790_853520684676754_6975430721217470955_n.jpg
2015年モデルビアンキの展示会が行われた模様です。
なんか新型レーシング系アルミロードレーサーFENICE(フェニーチェ)
とか出る様ですね。

フェニーチェ? 
あれ? 昔タルタルーガのミニベロのビアンキ向けOEMモデルが
こんな名前だったけ?
あの時は、タルタルーガのミニベロがチェレステカラー
に塗装されていて、絶句したけど。
ロードになったんですね。
あらまあ。
10482933_853520724676750_4768089564581492139_n.jpg
あ、BELKINチームカラーとかあるんだ。
なんエントリー系カーボンモデルインテンソのブラック&ピンクカラーが
出る!
10502093_853520671343422_3743731644969671395_n.jpg
10440720_853520778010078_6435568174966201779_n.jpg
10385547_853520698010086_1123099134266247950_n.jpg
10458007_853520891343400_6430182147851255280_n.jpg
10462860_853520748010081_8134587273154671191_n.jpg
10492337_853520858010070_2817023582523767780_n.jpg
新105スペックモデルが増えるのは当然として。ロードのディスク化
とか、クロスバイクでいくとカメレオンテのディスク化とか増えつつあるとか。
10509673_853520878010068_8664406252855255334_n.jpg
10520572_853520811343408_2965064221426485251_nhjgf.jpg
10407951_853520974676725_3250997880751498563_n.jpg
10505361_853520921343397_2286373683399236328_n h
10301204_853520948010061_1135931862566417314_n.jpg
ふむふむ、ローマやカメレオンテのラインナップは2015年モデルも
しっかりしていそう。
プリマべ―ラが何気に、チェーンガードを一新していたりするし。
10268471_853520991343390_748140270651401964_n.jpg
あと個人的にメモで失礼します。
7月にビアンキ直営店において、2015年モデルの展示&試乗会は開催されるそうな。
「BIANCHI 2015 COLLECTION IN TOKYO」
むむ、主に都内で開催か……仕事を抜けてゲリラ的に撮影だけでもしたいな。



自由が丘、丸の内、神田、青山と順次開催
発表される車種は、各店がそれぞれ各店がそれぞれピックアップした内容になっています。



「BIANCHI 2015 COLLECTION IN TOKYO」

内容:Bianchi 2015モデルの展示および試乗会
場所・日時:自由が丘Bianchi Cafe・7/5,7/6 (展示のみ)
ビアンキ丸の内・7/12,7/13
ビアンキコンセプトストア・7/19,7/20,7,21
ビアンキコミュニティ青山・8/2,8/3


だそうです。詳細は決まり次第Bianchi Newsで発表

イタリアの老舗ブランド”Bianchi(ビアンキ)”

2014年07月02日 トラックバック(0) コメント(0)

2015先行モデルとして、GIOS GRESS新105登場 ! フル新105&SHIMANO WH-RS31採用  TORAY T-700ハイモジュラスカーボン路線も継続!




img61859342ky.jpg
(上画像は、2014 GIOS GRESS 105)

2015先行モデルとして、トルネードに続きGIOS GRESS新105も登
場するそうです!

楽天ハクセン様によると、お値段は2014モデル据え置き!!
で22万程度。
据え置きというのは、超嬉しいのですが。まあ値段よりも、やはり
2015モデルの仕様の充実ぶりに驚かされます。

あと、カーボンフレームも継続してTORAY T-700ハイモジュラス
でいくそうです。
こりゃ2015モデルも、人気が継続しそうですね。
2015先行モデルとして、急遽登場してきたのも頷けます。
20140621093844a3bdik.jpg
2015 GIOS GRESS新105が、恐ろしく生真面目なモデルなんですよ。
もちろん新105(5800系)モデルという事で、リア11速化した訳
なんですけど。
2015先行 GIOS トルネードに続き、フル新105スペックで行くそう
です!
やった!
ドライブトレインから、ブレーキまで新105の性能を思う存分体感
できる!
なんてGIOSは真面目なんだ! 
img61859350.jpg
(上画像は、2014 GIOS GRESS 105)
例の如く、クランクはどうなっているんだろう?と思ってチェックしたら
クランクセットNEW 105 50-34T 170mm
という記載が。

だよねー。今回も継続してコンパクトクランクでいくのか。
新105の歯数は、50-34 52‐36 53‐39
と用意されちゃっているんですよね。

カセットスプロケットは2014年モデルの場合、SHIMANO CS-5700
(12-27T)だったけど。

ところがですね、2015モデルグレスの場合、歯数が不明なんですよ。
どの歯数でいくんだろ? 

予想してみると……アルテグラスペックに近い11‐28あたりかな?
(5800系105の場合のカセットスプロケットの規格は11-28 11-32 12-25)
img61859345gt.jpg
(上画像は、2014 GIOS GRESS 105)
SHIMANO (シマノ) WH-RS31
うお! 価格据え置きなのに2015 GIOS GRESS に、
継続してリア11速対応SHIMANO WH-RS31を持ってきたか!
いいの? 価格的にGIOSは無理していない? 大丈夫?

2014年モデルから、実はGIOS GRESS ってSHIMANO WH-RS31
を既に採用していたんですよね。
既に、2014年からリア11速化の準備をしていたっていう事!?
img61859352hbf.jpg
コストを抑える為にSHIMANO WH-RS010 (前後セットで12000円
位)を持って来なかったんだ……。
しかも、には値上げせざるを得ない環境のはずなのに価格据え置きで?
しかもリア11速化ですよ?
実質的には値下げに近い感覚なんですけどね。

トルネードといい、グレスといいパーツに関しては2015ジオスモデルは
大変良心的な姿勢で臨んでいるのが分かります。
img61859353ky.jpg

フレームはTORAY T-700ハイモジュラス 30T 3K カーボンモノコック
いいなあ、さすが22万クラスのミドルグレード。普通にハイモジュラスカーボンだわ。
もしかしたら、カーボンのグレードを落とすかな? と思っていたけどそんな事は
無かった!

さすがに、10万円クラスのエントリーモデルにはないグレードっ!
(でも、そろそろTORAY T-700を採用したエントリーグレードモデ
ルも出て欲しい……さすがに厳しいと思うけど)

パーツ目線でチェックしても、フル新105&SHIMANO WH-RS31継
続採用というのは誤魔化しが全然無くて、大変素敵だと思います。

やっぱり、フレームデザインもカーボン素材も、価格と比べて大変
美味しいモデル。

そういえば、全然関係ないけど2015 新型ピナレロ ドグマ F8には
宇宙産業で使用されている最先端ナノテクノロジーカーボン 東レ
T1100 1Kカーボンを採用してきたんですって?
凄いよねー。
カーボン分子配列から、設計されたカーボンかあ……
自転車業界初の素材か……どんだけ凄いんだ?
2015先行モデルGIOS(ジオス)GRESS105(グレス105)カーボンロードバイク【送料プランB】【02P01Jun14】

2014年07月01日 トラックバック(0) コメント(0)