スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 月別アーカイブ 2012年11月

2013 BD-1 COMFORT 低速で走るのが快感になる。カラーも良質

DSCN0447.jpg
ヽ('∀`)ノ BD-1 2013年モデル COMFORTのキャンディグリーン
カラーが凄い気になっていたんですよね~
ブロンプトンのグリーン見たいのを想像していたんだけど、
若干こちらの方が光沢感があるかな?

実車を見てみると、やっぱりこのカラーリングは当たり
だなあ。
ブラックのBD-1 DISKもかっこいいけど。でもこのグリーン
は実にいい。

(2013モデルを試乗した感想)

やっぱりゆっくり走った方が、BD-1 COMFORTは輝いて
くると思う。
やはりハンドル位置が手元に近いと、ママチャリみたいな感覚
になってきて楽しい。
しかも、低速でこれだけ安定していると体の力が抜けますね。

試しに、飛ばしてはみたらそれなりの速度でしっかり走ってくれる。
しかし、ハンドルが手前にあるせいかどうしても低速で走りたく
なる。

なんていうか今回、BD-1 COMFORTの「低速巡航性」に心惹かれる
ものがありました。
乗り易いなあ。

逆に、ロードに近い走りをするBD-1はSPEEDモデルなんだなあ
と再認識。
ミニベロで飛ばしたい! 速く走りたい方はBD-1 SPEEDでいいのでは。
DSCN0461.jpg
クロスバイクの様に飛ばせるミニベロじゃないと思う。
低速で街乗りした場合にこそBD-1 COMFORTは真価
を発揮する。
上半身上向きなので、確かに視野が広がり遠くまで見渡せる。
DSCN0455.jpg
DSCN0456.jpg
ヽ('∀`)ノ グリップシフターがママちゃり気分を盛り上げてくれます!
街乗りをだらだら走るには丁度いいシフター。
DSCN0448.jpg
タイヤサイズは18×1.5とBD-1 DISKと同じサイズなんですね。
とはいえ、走行性能は別物。
DSCN0462.jpg

(`・ω・´)これだけ、ホイールベースが長いから低速でも安定感がある。
それでもハンドル位置が近いから扱いやすいという長所は、個人的に
ぐっときた。
2013BD-1モデルのおいてはBD-1 COMFORTがデザイン
と低速の安定感も含めて一番出来が良い。
DSCN0454.jpg
DSCN0460.jpg
試乗車にもチェーン落ち止めピンがしっかり取り付けて
ありました。これなら安心。
DSCN0458.jpg
DSCN0450.jpg
クランクが52Tとほどほどのサイズだから、普段自転車に
乗っていない方でもスムーズに漕げるのでは。
DSCN0452.jpg
DSCN0451.jpg
DSCN0453.jpg
DSCN0464.jpg
DSCN0457.jpg
サドルも座り心地重視。
やっぱり、普段乗る人の為に考え抜かれたモデルだと思う。

ヽ('∀`)ノ 2013モデルBD-1 COMFORTはカラーリングが華やかだし
結構お勧めではないでしょうか?
【フォールディングバイク】BD-1 (ビーディーワン) 2013年モデル COMFORT (コンフォート) 7...

2012年11月30日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 BD-1 DISK 試乗体験 思ったより乗り心地は軽め

DSCN0426.jpg
(´・ω・`)……2013 BD-1 DISK 試乗体験になります。

そういえば、BD-1内装変速モデルは試乗したけど、ディスク
モデルに試乗するのはこれが初めてだったりして。

(試乗した感想)
ああ、なるほどね。
見た目通り、MTBとクロスバイクを足して二で割った様な感じ。
サスの利きは硬めでスピードを殺さない様な設定。
安定感もOK。
コーナーリングのふらつきは無し。
重そうなミニベロかと思ったけど、乗り心地が軽め。

悪路を走破する為のミニベロとしてはいけそう。
さすがにロード系ミニベロ程の機動力はないけど、MTB系クロス
バイク並みに動ける。

(`・ω・´)BD-1 DISKは、試乗コースでは力を持て余している様な
感じだった。
段差の多い路面とか、悪路をBD-1 DISKで走ってみたかったという
のが本音。
多少の悪路に対応した走りをみせてくるとは思う。

速度重視のBD-1 SPEEDに試乗した際、ロードじみていると思ったが、
2013 BD-1 DISKはクロスバイク&MTB寄り。BD-1コンフォートは名
前の通り街乗り低速仕様。

こんな事を書くのも今さらかもしれないが、BD-1は使用目的に応じてモデル選び
をしっかりした方が良いと思った。
外見は似ているけど、走行性能がモデル別に設定がかなり異なる。

とりあえず、悪路が多い環境の方はBD-1 DISKを選んだほうが良いのでは。
ついでに街乗り&郊外を走りたい方もそれなりにこなしてしまう。
DSCN0431.jpg
このスポンジ系のグリップが、結構心地よかった。
DSCN0430.jpg
長距離走る場合はBD-1 SPEEDの方が、がっつり走れるかな。
やっぱりディスクブレーキを搭載した、最近走破性の高いミニベロが減って
きている気がするのでBD-1 DISKの存在は貴重。
DSCN0427.jpg
DSCN0437.jpg
溶接部が昔と比べて凄い綺麗で驚いた。
台湾の溶接技術が向上したのかな。
DSCN0430.jpg
DSCN0434.jpg
DSCN0429.jpg
悪路を走る場合ロード系コンポより、このMTB用コンポのDeore
の方がいいかな。
DSCN0433.jpg
 ( ;゚ω゚)……どうでもいいが2013モデルのBD-1「デザイン」に関しては
BD-1 DISKとBD-1コンフォートがお勧め。
いや、どういう訳かこのブラックデザインのDISKモデルと、グリーン
のコンフォートカラーが素敵なのです。
とりあえず明日はグリーンが素敵なコンフォートをレビューします。
《当店確保済予約枠あり 12月入荷予定》 BD-1 (ビーディーワン) 2013年モデル DISK (ディスク) 9SPEED COLOR:Charcoal(Q064661)【フォールディングバイク】

2012年11月29日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 FUJI PHANTOM(フジファントム) 試乗体験インプレ 

DSCN0898.jpg

実は、FUJIブースにいらっしゃった方々で話題になっていたオールクロモリ
モデルFUJI PHANTOM。
「いやあこれはクロモリなのに本当に軽いよ!」
「ここまで走るとはねえ、重量が……」
など、試乗を終えた年配グループの方々から、ファントムが好評だったん
ですよね。
(どうも、クロモリを探しに来られた方々みたいでしたが)
どうも他社のクロモリモデルも何台か試乗されていたみたいで。
その方々曰く、FUJI PHANTOMのルックスも素晴らしいが走りの
内容が充実していたという感想。
「( ゚∀゚)これは一度乗るべき!」
「( ゚∀゚)ふむ、ふむ……そうですか」

という訳で、ブース訪問中の方々の推薦という珍しいパターンで?
FUJI PHANTOM試乗させていただきました。

(試乗した感想)

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴDSCN0877.jpg
ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ


走行中の自分「( ゚д゚)………………。」
(↑FUJI PHANTOMの走行性能をモロに体感して、驚愕中)

それはとても上品で、静かな加速。
直線もコーナーリングも全てが優雅に滑っていく。
そして自分の静かな悲鳴
「ぁぁああああぁあ~~」   




どうして、これほど気品のある走りをするのか?

どうして、これほどクロモリなのに「軽い」のか?

どうして、これほど静寂な走りをしてくれるのか?

DSCN0894.jpg
( ゚Д゚) ポカーン





(゚Д゚)

DSCN0895.jpg

「(`・ω・´) よし若造、ちょっと表へ出な!! 


クロモリの走りというものを教育してやる!!」



FUJI PHANTOMにそう説教された気分……すんません、自分じゃ
このモデルのレビューは無理です……


DSCN0887.jpg
快適性どうのこうのという次元の走りではなかと。
( ;゚ω゚) …………まあ、推進力や剛性はカーボンモデルに及ばないですがね。
とはいえ、これは……走りが洗練されている。
ああ、そうか。
先程試乗を終えた方々が、騒いでいたのはこの優雅&上品&軽さの事かあ。
なるほど、絶賛したくもなるわけだ。
DSCN0878.jpg
DSCN0879.jpg
DSCN0893.jpg
DSCN0886.jpg
DSCN0885.jpg
DSCN0882.jpg
DSCN0881.jpg
(´・ω・`)……レイノルズ525でよくここまで、もっていったなあ。
DSCN0884.jpg
DSCN0888.jpg
DSCN0889.jpg
DSCN0883.jpg
 (´・ω・`)……そういえば一つ気が付いた事が。
クロモリMTB 2013 Fuji JAZZ+、
フルカーボン2013 FUJI SST2.3C
クロモリシクロクロス2013 FUJI FEATHER CX+、
アルミモデル2013 FUJI BARRACUDA R
全然用途も性格も違うモデルに試乗した訳ですが、
どのモデルも走行性能を重視しているのですよ。

(設計している方がどういう方か存じませんが、なんか
設計者の個性がどのモデルにも見え隠れする)
2013モデルFUJIはコストを抑えつつも素晴らしく
走行性能が良質。
一見大胆なモデルが多いけど、実は走りを優先させた結果
こうなったのかな。
【 送料無料!】2013モデルFUJI(フジ)PHANTOM(ファントム)クロモリロードバイク

2012年11月28日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 KUOTA KORSA  エントリーモデルながら、走りを重視したモデルだった

DSCN1044.jpg

( ゜∀゜)なるほど!
定価¥164,000のエントリーカーボンモデルKUOTA KORSAの
性能がようやく分かりましたよ!

確かに、噂通り万能性が高い……しかも、まるでアルミで出来た
カーボンの様だ……面白いなあ。
踏み込むと、アルミモデルの様にきびきび加速。
結構飛ばせるんですね。へえ!
なかなか、走るもんじゃないですか?
もっと重いカーボンかと思ったら、なかなか動いてくれる。

確かに走行性能重視モデルなので、どんな局面でも使えると
思う。
ただし、コンフォート性はかなり低い。

エントリーカーボンモデルとして、限界まで走りを重視した
フレームだと思う。
(ただし、さすがにフラグシップモデル程のパワーはない。ミドル
グレードにはいいところまで肉薄しているとは思う)

予算を抑えて、レーシングスペックに近いカーボンモデルを
お探しならそう悪くはないと思います。
カーボンモデルというより、上質な万能アルミモデルに近い
かな。

(`・ω・´)しかし面白いですね。エントリーカーボンモデルは個性的な
モデルが多くて!
実は面白い事にコンフォートカーボンモデルと歌いながら、こっそり
走行性能が高めなモデルがあちらこちらにあったんですよね。
DSCN1054.jpg
このモデルは、結構人気があったんですよ。
価格を抑えて、走行性能重視という姿勢が面白い。
真面目なカーボン。
派手な走りはしないけど、実直にあらゆる場面で走れる様に
設計してあった。
DSCN1052.jpg
DSCN1055.jpg
DSCN1051.jpg
(`・ω・´)あと、エントリーカーボンながらカッコイイ!
結構ビジュアルに拘っているような。
DSCN1049.jpg
DSCN1046.jpg
DSCN1048.jpg
(´・ω・`) ……価格を抑えながらも、ダウンチューブとか太めにして
少しでも剛性を稼ごうとしているのかな……なんとなく
全体的に見てそう思った。
DSCN1050.jpg
DSCN1047.jpg
【送料無料】【15%OFF】ロードレーサー KUOTA クオータ KHARMA 105 カルマ 105 レッド 485mm/20...

2012年11月27日 トラックバック(0) コメント(0)

このロードバイクがすごい! 2013モデル版一位~三位をランク付けしてみる

(`・ω・´)b とりあえず、まだ試乗レビューは続きますが大体戦闘力の高い
ロードレーサーのレビューが終わったので、独断と偏見で2013モデルを順位
付けしてみました。

まあ、恐らく他にももっと凄い2013モデルがあるとは思いますが、とりあえず
暫定版ということで。


では3位!↓


DSCN0425リア
3位 CERVELO S5 TEAM 
SRAM RED SPECIAL EDTION


ヽ('∀`)ノ 来ましたね! やっぱりサーヴェロのエアロモデルは強かった……
走行中の抵抗感をまるで感じない、未体験の走行体験でした。
(本格的なエアロ効果を体験出来たのも大きかった)

個人的には、非常に扱いやすいモデルだったのが意外。
当時の走行後のメモにも「何もかも完璧で、震えあがるしかない」
という記載が。
実は「速く走れる&乗り易さ」という点が、個人的に気に
入り3位に。

DSCN0550リア
二位 スペインの魔王2013 RTS TTR-X!

( ;゚ω゚)……こいつはもう反則みたいなエアロロードでして……。
スペインロード特有の爆発的な推進力と、エアロ効果の相乗効果
「フラグシップカーボンモデル中過去最大出力」でコースをぶっ飛ばしてくれたモデル。
(まあ、そんなにフラグシップモデルに試乗したわけでもないけど)

速度に乗ってからの巡航性能も強力で、あっという間に試乗
コースを一周してしまう程。

DSCN0900aリア
一位 2013 FUJI SST2.3C

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル 説明不可能!
これほど、説明するのが難しいロードは初めて。


自分自身に「なんで、SSTが一位なんだよ!」と突っ込みたい……
でも実際に乗ってみてそうだったんだから仕方がない。


だけど、なぜ青SSTが一位か考えてみる。
特徴としてエアロフレームを超える、大加速、大推進力、剛性に
依存しまくりの
危険なロードレーサー青SST。
試乗中ミドルグレードながら、他社のフラグシップモデルを超越したパワー
を目の当たりにする。

つまり、「フラグシップモデル中」最強だった

2013 RTS TTR-Xも、この「ミドルグレード」
青SST女王様には、一歩及ばない。


青SSTは「フラグシップモデル」を撃墜出来る「ミドルグレード」と
いうのが個人的な位置付け。


更に個人的な体力面の話になるが、3位のサーヴェロ、2位のRTS TTR-X
は、試乗日前半の体力がある時に、試乗した。

だが、FUJI SST2.3Cは最終日の後半に試乗。さすがに40台近く試乗して
脚に負荷がかっかった悪条件下という、悪いタイミングで試乗。
それでもこれだけの走りを見せてくれた事は、脅威的。
FUJI SST2.3Cは剛性も高いが、乗り手の負荷と体力消費もかなり
抑えてくれる事がこの時点で判明。なのに爆速。
(だからといってコンフォートという訳ではない)

恐らくエアロモデルのRTS TTR-Xもサーヴェロも、青SSTと比べると脚力、
体力を若干消費すると思う。

という訳でフレームの完成度だけで、ここまでもっていった
2013 FUJI SST2.3Cが一位。

FUJI(フジ) REMIX SST 1.1 (リミックス SST 1.1) フレームセット 【ロードバイク】【自転車】

2012年11月26日 トラックバック(0) コメント(2)

CleanSpeed Espresso 20 ピュアホワイト 試乗

DSCN1132.jpg

DSCN1131.jpg
(´・ω・`)……ホワイトCleanSpeed ESPRESSO20に試乗しました。
ディープリムとか、シマノソラとかスピード重視のレーシング系
ミニベロかなと思ってかなり構えて試乗しました。

(試乗した感想)
あれ? あれ? もしかして、一定のペースでゆったり走るのが得意な
ミニベロ??
なんというか、ミニベロ版ツーリングモデルみたいな安定度。

いえ、もちろん踏み込むとスピードミニベロらしく結構速度が出せるのですが。
(その気になれば、確かにハイスピードな速度を出せる)

このCleanSpeedモデルって凄く走っている最中におけるバランス性が優秀
なんですね。
気が付いたら、ESPRESSO20に体をあずけて「ダラーっ」と走っていたく
なります。
ゆっくり一定のペースで走るのに向いているんではないですかね?
長距離向きなミニベロかと思いました。

しかし、本当に安定感がありますね。なるほど、このあたりがクリーン
スピードなんだなあ。
(フルサイズのロードに近い直進安定性がある)
荷物とか積載しても、かなりいけそうな感じ。
DSCN1133.jpg
クロモリフレーム&ホワイトの相乗効果のおかげでクラシックな
テイスト。
DSCN1134.jpg
フロント2速(53X39T) X リア9速(12/25T)
DSCN1135.jpg
ソフトテール&クロモリの相乗効果で、乗り心地は良好。
DSCN1136.jpg
このミニベロなら、結構長時間、長距離乗ってもいけるのかな
と思う。
(´・ω・`)……速度重視というよりも、安定感重視。


もちろん街乗りもお気楽に走れると思うけど……
長距離を走破出来る走行性能を有した渋いミニベロと
として使うと、CleanSpeed ESPRESSO20の長所が生きてきそ
うな気がします。
Espresso 20(エスプレッソ)カラー:イタリアンブルーCleanSpeed(クリーンスピード)

2012年11月25日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 Fuji JAZZ+(フジ ジャズプラス)クロモリ29ER MTB 非常に軽快な楽しいモデル

DSCN0855.jpg

ヽ('∀`)ノ ワーイ 
これFUJIのクロモリ29erMTB JAZZ+ですけど、街乗り仕様
って感じで楽しいMTBです!

まあクロモリMTB、しかも29erということで興味があった訳ですが
ミニベロの様に、びゅんびゅんスピードに乗りながら走ってくれて
面白かった。

(´・ω・`)……てっきり、凄く重たいMTBかと思っていたのですが軽快
な走りが特徴的ですね。
しかも、29erだから速度に乗るとダイナミックに走ってくれます。

街乗りで頻繁に、信号とかで止まったり、スタートしたりを繰りかえす
のに非常に適しているなあという感想。
不思議な事にこのJAZZ+の軽快感と機動性が、凄くアルミ系ミニベロに
似ているんですよ。

途中で29erMTBに乗っていることを忘れる位、動かしやすい。
この前に26インチのMTBモデルにも乗ったのですが、あっちの方が
少し重みがあった(まあ、油圧サスついていたし当たり前か)

KENDA 45cと太めのタイヤだけど、ブロックじゃあないからあれだけ
動きやすかったのかな。
あと、このJAZZ+のクロモリフレームって扱いやすいんですね。
(アルミのダブルサスとは違い、やっぱり可動部が少ないから車体が
軽いのかな)

(`・ω・´)bなんというか、クロモリMTBってこれほど走ってくれるんだあ、
という事を再認識!!
まあ、さすがにロード仕様のフラットバーロードの速度には叶わない
けど、この軽快かつ愉快な動きをしてくれるMTBは貴重かな。
DSCN0867.jpg
ヽ('∀`)ノクロモリリジットフォークって楽しいなあ。
ペダリングがダイレクトで、操作感が良好。
DSCN0865.jpg
DSCN0864.jpg
DSCN0872.jpg
メカニカルディスクブレーキ仕様だけど、重さはそれ程感じなかった。
DSCN0857.jpg
DSCN0869.jpg
クロモリといえど、このコントロール性の高さは面白い。
あくまでデザインはMTBというより、シングルスピード風の
デザイン。
(`・ω・´)bこのあたりはFUJIにしか出来ないセンス。
DSCN0871.jpg
クランク 38T。ああ、そうか。トリプルじゃないからこのあたりで重量
を稼いでいたのかな。
DSCN0874.jpg
DSCN0861.jpg
DSCN0860.jpg
リア SHIMANO ALTUSの8速。
2013モデルから多段化したそうだけど。
DSCN0875.jpg
DSCN0868.jpg

( ゚∀゚)これだけ扱いやすかったら、クロモリ29erもなかなかいい感じですね。
普段の脚用に適したバイクなのでは。

まるでシングルスピードとMTBが融合した様な雰囲気がいい。
でも、誰でも簡単に乗りこなせる懐が深いモデルだと思います。

【 送料無料!】2013モデルFuji(フジ)JAZZ+(ジャズプラス)クロモリ29ER MTB

2012年11月24日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 FUJI SST2.3C ミドルグレードの価格帯ながら、フラグシップモデルを超えた剛性&パワーを見せる! 

DSCN0900a.jpg

……今思い出しても背筋が寒くなる……FUJI SST2.3Cですよ。
ようやく2013モデル最高傑作ロードモデル
の試乗体験記事になります。

なんかこの青SSTに乗る前から、FUJIスタッフ様の様子が変だったんですよね。
色々FUJIのモデルに試乗した後
「( ゚∀゚)他になにか、お勧めモデルありますか?」と訊ねた所、
笑顔だったFUJIスタッフ様が真顔になり……FUJI SST2.3Cを紹介。
「(`・ω・´)ああ、これですね。なんか、個人的に気になるんですよ」
「気になる?」
 そう自分が答えると、急にSSTのハンドルを握りながら……
「(`・ω・´)……これ……軽いんですよね……」
「軽い?」
「(`・ω・´)ええ、とにかくやたら『軽い』」
「???軽い??? じぁ、じゃあ試乗してみていいですか?」
で、試乗した所……




……なん……だと……?


ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル うあzwsxでwsfcsvふぇsvf!!!!
なんじゃこりゃぁぁぁあああ!!!! 
ひぃいぃぃいぃぃぃ!! 
君、そんなに爆発した様に前に進まなくても!!
ぎっゃあぁあ!!!
なんじゃ!!??? 
この大出力レーザービームの様な大加速は!!!!



(´;ω;`)……やべぇ……これはやべぇ……
あまりの凄さに、感動の涙が……

トレックのマドンシリーズに近いと言えば近い……魔機!!
最強、最速の推進力は当たり前!!!!
桁違いの剛性も当たり前!!!
大パワーで、なにもかも粉砕しながら突き進む悪魔めいた加速力!!

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル とにかくこいつはやばいですよ!!
ゼロ加速力が! どの速度域も危険すぎて、やばい! 

危険じゃ、危険過ぎるのじゃ!!
レーザービームを思わせる鋭さ&パワーで、高速域まで加速しますから!!!!

ヽ( ;゚Д゚)ノ FUJI SSTに実際に乗った者だけが知ることが出来る、この性能!!

……あぁ、なんと恐ろしい!! 
DSCN0910.jpg
しかも、脚が「軽い」!!!!
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ\ / \ /  \

これだけ、大加速しているのに、脚に負荷がこない!!!??
おおおおおおお!!! 体が「軽い」!!!!!
そうか! 確かに「軽い!!!」
訳分からんとです!! コンフォートとかレーシング性能とかの次元を
超えている!!!!

なんなんですか!?これは!? なんなんですか!?これは!?
なんなんですか!?これは!? なんなんですか!?これは!?
頭の中は「レビュー不可能」という文字が。

( ;゚ω゚)……もうね、あまりに危険なロードなので、どうレビューしてい
いのか途方に暮れまして。

多分これ他社のフラグシップモデルを、余裕で撃墜できますよ。
相手が大金をかけたエアロ系ロードを投入してきたとしても、戦えるはず。
しかも、体の負荷が極限まで「軽く」長時間乗ってもこの爆発的な
パワーを意地出来ると思います。


ここだけの話、今回こいつに乗りに来たと言っても過言でない。
一応2013モデル中、最高だったロード。
DSCN0919.jpg
そして、もうひとつ気に入った点。

( ;゚ω゚)……青SSTは、女王の様に美しい……

性能がいいと、デザインが犠牲になったりもするじゃないですか!?

やばい……このロードは見惚れる……デザインも心底惚れました。
価格はなんと21万程度。105でここまで、性能を底上げしたFUJI様
に震えあがったり。
DSCN0902.jpg
このフレームは電動コンポにも対応。ケーブルはフレーム内に収納。
DSCN0912.jpg
DSCN0909.jpg
DSCN0921.jpg
DSCN0908.jpg
DSCN0907.jpg
DSCN0903.jpg
DSCN0915.jpg
BB86プレスフィットを採用。
だからBB付近は、かなり面積があった
DSCN0906.jpg
結構SSTって各部を見るとエアロ形状なんですよね。
結構高速時にエアロ性能が発動されていたのだろうか……
DSCN0917.jpg
驚いたのですが、チェーンステーが極太。
こんなに派手に太いチェーンステーがあのパワーの秘密??
謎が多いモデル。
DSCN0904.jpg
DSCN0920.jpg

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル 20万そこそこで買えてしまう
地球圏最強ロードレーサーではないかと。
星☆を千個位あげたい所ですが、今回は百個で勘弁してあげます。

【 送料無料!】2013モデルFUJI(フジ)SST2.3C(エスエスティ2.3C)カーボンロードバイク

2012年11月23日 トラックバック(0) コメント(4)

2013 FUJI FEATHER CX+(フジ フェザーCXプラス) クロモリシクロクロスバイク 試乗体験

DSCN0837.jpg

FUJIのクロモリシクロクロスバイクFEATHER CX +に試乗しました。

なんかね、2013モデルのFUJIはなんか個人的にツボ入りまくりで
楽しいモデルが多かったなあ。

走行性能が凄いので、唸るモデルはいくつもあるけど楽しいという
ジャンルは意外に少ない。
ヽ(`Д´)ノ そういう意味においては、このFEATHER CX +は極めて
面白いモデル!!

まったりと走るのにも、かなり心地いいです。
特徴として、速度のノリが良く巡航性能が高め。
(ブロックタイヤながら、なかなか速度が落ちない)
しかも、速度が上がれば上がるほど機敏な運動性能が増していく。

クロモリ&ブロックタイヤだから結構重そうなイメージがあったけど
これほど、乗り易くコントロール性が高いとは意外だった。

こういうのもなんだけど、ツーリングに使ったら相当使えそう。
週末長距離走りたい方にもお勧め。

( ;゚ω゚)……てっきり、街乗りシクロクロスモデル的なモデルかと思っ
ていた。
所が蓋を空けてみたら、実は高速時の運動性能が高めで、相当距離
乗ることが出来ると判明し、驚く。

なるほど、これだけブロックタイヤで速度が出るならディスクブレーキ
の強力な制動力も納得。
このディスクブレーキは、てっきりビジュアル的な意味のあるのかと
思っていたけど。
なるほどこれだけ高速機動性が高いなら、カンチブレーキよりもずっと
いいかもしれない。

凄い、動いて、面白いクロモリシクロクロス。
( ゚∀゚)でもって、なんというか走っていてコントロール感が楽しいのですよね。
DSCN0839.jpg
シフター SHIMANO SORA
ソラスペックながら、フレームがしっかりしている印象。
DSCN0852.jpg
DSCN0851.jpg
ケーブルはトップチューブ上部をはっていて、このあたりは担ぐ事を
想定しているのかな。
DSCN0847.jpg
フォーク Fuji Custom Triple butted Cro-moly
DSCN0850.jpg
ブレーキ Tektro ディスクブレーキ
DSCN0840.jpg
フレーム Fuji Elios 2 custom butted seat tube with head badge

DSCN0844.jpg
DSCN0845.jpg
クランク Fuji Alloy Forged 42T Chainrings
DSCN0846.jpg
カセット SHIMANO 11-34T
変速段数 9段変速
DSCN0842.jpg
変速 FRONT/SHIMANO SORA REAR/SHIMANO SORA
タイヤ KENDA 700×35c

(`・ω・´)とりあえず何にでも使える万能性があるけど、巡航性
と高速に強くてぶいぶい動かせるモデルというのが感想かな。
【 送料無料!】2013モデルFUJI(フジ)FEATHER CX +(フェザーCXプラス)シクロクロス

2012年11月22日 トラックバック(0) コメント(2)

2013 FUJI BARRACUDA R(フジ バラクーダR)105 試乗体験

DSCN0923.jpg

(`・ω・´) FUJIのBARRACUDA R ミラーブラックモデルです!
かっこいい……このバラクーダのエアロアルミ効果はちょっと
凄かった……

最初はアルミということもあり普通のロードという走りでした。
「なるほど、まあこんなもんか」
そう思っていたら、速度が上がっていって一気に加速!
高速になると、エアロ効果を発揮しいきなり表情を変えます。
(あの走りの変貌ぶりはカーボンより露骨)

特に高速での起動力が強力かつ、スムーズ。
凄い個性的な極端なアルミエアロロードで、低速もしくは高速が
得意かな。

なんとなく走っていて感じたけど、やっぱりアルミらしいぐいぐいいく
加速感で高速にもっていった後、エアロ効果で一気に引っ張るタイプ。

 ( ;゚ω゚)……なんというか、競技用の様な鋭い走りが出来るアルミロー
ドなのかな……やばいわ、こいつ。
確かにカーボンフロントフォークとエアロカーボンシートポストを採用
しているので、衝撃吸収に気を使っているのかな? と思っていたら
実は違うんですね。
乗った感じ、エアロ効果を重視したアルミロードじゃないかと思うのですよ。

競技用を無理矢理公道用に改造したロードみたいで凄く楽しいモデルで
あるのは確か。
DSCN0922.jpg
DSCN0925.jpg
特にこのバラクーダは試乗でも一番人気だったみたいですね。
ミラーブラックのルックスにやられてしまう方が続出。
DSCN0924.jpg
近くで見ると、様々なパーツがエアロ形状であることが分かります。
それほど、ダイナミックなエアロ形状ではないかもしれませんが
高速になると、その真価を発揮します。
速いし、動けるロード。
DSCN0926.jpg
SHIMANO 105 50/34Tのコンパクトクランク。
DSCN0927.jpg
DSCN0929.jpg
DSCN0930.jpg
DSCN0931.jpg
見事に、エアロ効果を発揮していたと思う。
速く走れば走るほど、面白い一面を見せてくれるロードだと。
DSCN0928.jpg
【 送料無料!】2013モデルFUJI(フジ)BARRACUDA R(バラクーダR)105搭載ロードバイク

2012年11月21日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 BRUNO MINIVELO20 ROAD(ミニベロ20ロード)ターコイズ 試乗体験

DSCN0817.jpg

( ゚∀゚)折角B-antを試乗した後、MINIVELO20 ROADが空いていたので
またしても試乗させていただきました。

(試乗した感想)
他社のミニベロを何台か試乗した後、MINIVELO20 ROADに乗ったから
分かったんですけど、軽い脚力でも結構速度が出るんですね。
B-antと違い、コーナーリング性能は小回り重視。
街乗りでの走行を重視した設計になっている気がします。
あんまりハイスピードで、曲がりたくないかな。

(´・ω・`)……感想というか、なんというか何にでも使える、万能性が高いミ
ニベロだなあというのが率直な意見。
確かに遠乗りもこなせると思うし、街乗りもいける。
巡航性能はそれなりにある。
長距離走る事を考えられたB-antやベンチュラよりは若干劣るかな。

しかし扱いやすさと、Wレバーの操作性の良さ、俊敏性は武器だよなあ。

これだけ軽い脚力で、乗り易ければ女子にも人気が出るもの分かる。
価格がこれで6万なら納得の走行性能。
なんというか、上手にまとまっている万能型ミニベロ。

やっぱりミニベロの長所である、漕ぎだしの軽さや、スピードに
乗るまでの加速力は日本の路面にピッタリな気がするんですよ。
DSCN0818.jpg
Wレバーの位置が手元にあるので、かちかち変速できた。
いつもながらWレバー変速の操作感は、実に楽しい。
DSCN0819.jpg

やっぱり、その辺の街角を、低速で頻繁に小回りをきかせてカー
ブするのに丁度いい。
ハイスピードでカーブするのは、ちょっと怖い気がした。
DSCN0820.jpg
さすがに53/42の大きいクランクのおかげで、結構速度が出せる。
DSCN0821.jpg
ミニベロらしい、小気味の良い加速をしてくれる。
DSCN0822.jpg
DSCN0823.jpg
多分乗り手次第で、色々活躍するミニベロなのでは。
乗りにくさがない上に、そんなにくせもない。
誰でもすんなり入り込める操作性の良さがあるかと。
DSCN0824.jpg
DSCN0825.jpg
見た目の美しさだけではなく、走行性能もしっかり中身があるモデルですね。
最初はデザインの美しさでMINIVELO20 ROADを買っても、きちんとした
走行性能に納得される方も多いのでは。

何にでも使えそうなので、購入した場合は走る機会が多そう。
普段乗り用にちょっといいかなと思った。
2013モデルMINIVELO20 ROAD(ミニベロ20ロード)カラー:ターコイズBRUNO(ブルーノ)小径自転車

2012年11月20日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 B-ant a406S 低速における走行性に優れたミニベロ。やはり旅モデル

DSCN0578.jpg
DSCN0579.jpg
DSCN0793.jpg

セミドロップアルミミニベロ2013 B-ant a406Sなんですけど。

( ゚∀゚)いや、かなり珍しい走行体験が出来ました!
低速で走るのがとにかく楽しいモデル。

低速時に走っている感覚が、まるで徒歩で歩いているかの様な感覚。
セミドロップハンドルということで、アップライドな姿勢だったっけ。

一応このアルミフレームは、スポーツモデルのB-ant a451Sと同じ
仕様。
驚いた事に、これほど低速でなめらかかつ安定した走りを見せ
てくれるのですよ。
まさか低速で、これほど上質な走りをしてくれるとは。
(ミニベロでこれほど、快適な低速感は類を見ない)

セミドロップなので、若干慣れるまで時間がかかるかもしれない
けど、それなりに速度を出したい方でもいけますね。
それなりに飛ばしても、フレームが元からホイールベースが長い
から安定。

ちなみに、B-antモデルはこのホイールベースの長さを相当拘ったそうな。
やはり、旅モデルというコンセプトがあった為、走行時におけるミニベロの
安定感を演出したかったとか。

(`・ω・´)やっぱり、このフレームが決定的に良くできているのでハンドル
や様々なパーツをいじってもしっかり走ってくれるのだと思います。

とにかく「低速でまったり」走りたいかたはB-ant a406Sを選択肢の一つに
入れても良いと思います。

DSCN0796.jpg
慣れてくると結構楽しめるセミドロップハンドル。
意外に飛ばしても、操作性があるんですね。
DSCN0794.jpg
セミドロップハンドルということで、シフターは手元にあります。
DSCN0803.jpg
やはり、ハンドル部の取り付け強度を増すために、レバーは
二本で固定。
DSCN0804.jpg
この太めのタイヤなら、なかなか走破性が高そう。
結構グリップも利いていたかな。1.75という太さのタイヤにして
大成功。
DSCN0797.jpg
DSCN0802.jpg
やはりこのフレームは優秀だなあ。
低速も高速もしっかりこなしてくれる。
塗装はブルーノ譲りの優雅さ。

DSCN0798.jpg
泥除けカバーも最初から付いてくるんですね。
しかもフロントダブルというセンスの良さ。
DSCN0799.jpg
DSCN0800.jpg
ソフトテールがついていました。
なんとなく、KHSな雰囲気。
DSCN0801.jpg
低速かつ、コンスタントなペースで楽しく走るのにもってこいな
モデル。
特にアルミの硬さの様なものは感じなかった。
逆にスポーツ的に飛ばしたりも出来るけど、低速での快適感がかなり
やばいかも?

(´・ω・`) ……デザインでも、走行性能においてもブルーノの方程式が
しっかり生きていますね。
2013年モデル B-ant(ビアント) a406S

2012年11月19日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 B-ant a451S 試乗体験インプレ かなり鋭い加速をみせてくれたアルミミニベロ

DSCN0811.jpg
(´・ω・`)……さて、ブルーノがプロデュースするハイエンドミニベロモデル
B-ant a451Sに試乗へブルーノブースへ。
今年も、ファンが多くてお洒落な雰囲気。

DSCN0815.jpg
DSCN0586.jpg

ところで、このB-antの位置づけについてですが一応ツーリングが
出来るミニベロという事だそうです。
てっきり「スポーツ」モデル的なミニベロかと思っていたら「旅」
がテーマのモデルだったんですね。

たしかに展示モデルを見ても、バニアバックなどを搭載したB-antが
ありました。
DSCN0762.jpg

(`・ω・´) で、このアルミミニベロB-ant a451Sに試乗した感想ですけど!

いや、アルミミニベロらしく跳ねますね! アルミ特有のびゅんびゅん
した加速が魅力的!!
あと、乗る前に気が付いたのですがトラスフレームの接合部がかなり
きっちり溶接してあるんですよ。
このアルミフレームは、結構手間をかけて溶接した印象を受けました。

まあ、とにかく加速が良く、一気に高速域まで持っていく機動力が
強みかと思います。
一定のペースで走る巡航性能もあるけど、どちらかというとスタートダッシュ
やミニベロ特有の漕ぎだしの鋭さが際立ったモデル。

長距離も走れる良質なフレームだとは思いますが、街乗りの方が得意な
ミニベロなのでは。
あと、ホイールベースが長めなのを生かして、コーナーリングが滑らか。
これなら、カーブの多いコースもスムーズにびゅんびゅん飛ばせますね。

クロモリのBRUNO VENTURAはまったりした、楽しい印象が強か
ったのですが、アルミミニベロB-ant a451Sはいくらか戦闘的な走行
性能を見せてくれました。
DSCN0772.jpg
DSCN0764.jpg
一応補助ブレーキも搭載。
フラットバー感覚で乗ってみたのですが、なかなか操縦性は良好。
DSCN0771.jpg
DSCN0787.jpg
本当に溶接ががっちりしているなあ、という印象。
DSCN0785.jpg
輪行、収納用にハンドル部は取り外しがきくそうです。
なんで二つもレバーが付いているかというと、強度を増して
安全性を高める為だとか。
DSCN0765.jpg
DSCN0767.jpg
DSCN0781.jpg
なんというか、ホイールベースが長いのでフルサイズのバイク
に乗っているような安定さ。
その上で鋭い加速をみせてくれる面白いミニベロ。
DSCN0777.jpg
フロントディレーラー台座がしっかりと固定されている。
結構個人的にいいなあと思ったポイント。
DSCN0768.jpg
DSCN0774.jpg
DSCN0775.jpg
DSCN0770.jpg
例のリアに搭載された、シートステーのソフトテールは路面からの
細かい振動を拾う働きをする。
(手で押すと、結構ゴムっぽく収縮する)
ペダリングをこのソフトテールが吸収する事は、なかったなあ。
DSCN0769.jpg
DSCN0784.jpg
やっぱり、このブルックスのサドルがツーリングモデルである事を
デザイン的に主張している気がした。

(`・ω・´)アルミミニベロツーリングモデルということで、ブルーノモデルの
中でも異色の走行性能を有しています。
DSCN0832.jpg
今回お世話になった、ブルーノブーススタッフの方。
非常に丁寧に、受け答えしてくださったので助かりました。
2013年モデル B-ant(ビアント) a451S

2012年11月18日 トラックバック(0) コメント(0)

Wilier IZOARD XP(イゾアール XP)試乗体験

DSCN0202.jpg
服部産業様のブースで、Wilier IZOARD XPを試乗させていただきました。
実はWilierモデルを試乗するのがこれが初めてでちょっと緊張。
Wilier乗りの方には参考にはならないかもしれませんが、折角
乗ったのでまとめてみました。


Wilier IZOARD XP(イゾアール XP)って、なんかフロントフォー
今回様々なモデルを試乗したのですが、どうも言葉では伝わりにくい
点が多い為、あえて数値化してみました。
ヽ('∀`)ノとりあえず、剛性感、操縦安定性・バランス、コーナーリング、
推進力、コンフォート性に分けてみましたので参考になさってください。


Wilier のエントリーカーボンモデルIZOARD XP(イゾアール XP)を、上記の
数値に試しに当てはめた所、こんな感じになりました↓

【5点満点】
剛性感2(ただし高速時4に変化)
操縦安定性・バランス4
コーナーリング4
推進力3(高速時4に変化)
コンフォート性(快適性)4.5


(感想)乗り心地が異様に「ソフト」。まるでソフトクリ―ムの様……というのは
言い過ぎだけど、こんなに柔らかいカーボンフレームはちょっと初めて。

乗っていて、まるでフレームから負荷の様なものは感じない。
てっきり、完璧なコンフォートモデルだと思いこんだのですが。

ただし、推定時速30km以上あたりから加速を開始。
高速機動性は強力そのもの。
いきなり、イゾアールの走行性能が本領発揮する。
(この時点で、ソフトな印象は消し飛ぶ)
ですので、低速時と高速時における推進力と剛性感の数値を変化させてあります。
DSCN0201.jpg
(´・ω・`)……ロングライドというか長距離乗る場合に使いたい所。
確かに、高速時なかなかの機動性能・推進力を見せてくれる。
とはいえ、低速時における異様なコンフォート性と「柔らかさ」にとても
惹かれるちょっと面白いバイク。
低速時における乗り心地は快感そのもの。
DSCN0216.jpg
DSCN0209.jpg
DSCN0208.jpg
DSCN0207.jpg
DSCN0211.jpg
DSCN0206.jpg
DSCN0204.jpg
DSCN0210.jpg
DSCN0212.jpg
DSCN0205.jpg
【期間限定】5000円以上で【送料無料】 【中古】【美品】WILIER (ウィリエール) CENTO1 SUPER ...

2012年11月17日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 BIANCHI SEMPRE PRO 105 試乗体験

DSCN0103.jpg

(´・ω・`)そういえばセンプレプロって2013モデルから特別仕様のセンプ
レモデルが出てきたじゃないですか?

何がどう変わったのか、試乗前にスタッフの方に確認したところ
やはりケーブルが内蔵化したって事が大きいそうです。
あと剛性に関しては特に大きい変更はないとか。
レース用というより、普段乗りのお客様が多いというのが現状みたいで。
それ程、極端に剛性は強化してこなかったのかな。


(試乗)
相変わらずソフトで優雅な加速を楽しめました。
もちろん、コンフォートだけど強力な脚力を受け止める事が出来る剛性を
隠し持っているところはビアンキならでは。

速度の伸びもあるし、路面追従性や、コーナーリングの安定感も健在。

このあたりは去年のセンプレモデルの感想に近い。
確かに剛性とか優雅な推進力は、通常のBIANCHI SEMPREと同等と
いう印象。

しかし、相変わらず乗り易いなあ。
つくづくこのあたりは、日本人向きのロードだと思う。
とりあえず、乗り易い20万クラスのカーボンロードを欲しいかたはこの
モデルで間違いなさそうですね。
速度が乗ってくると、リズムよく加速が始まる。それでも脚に負荷が
あまりかからない。
DSCN0102.jpg

やっぱり、去年と同じ感想になっちゃうけど長時間の走りの場合
アドバンテージがあるだろうなあ。
短期決戦の場合は、他社のエアロフレームモデルの方が、分があるかも
しれないけど。
ただ、疲労感は相当レベルまで抑えてくれるから余計な体力使わなく
ていい。


( ;゚ω゚)……しかしまあ、SEMPRE PRO 105なら販売価格17万ですよね?
この価格帯で、ここまでの走りをしてくれるんだからやっぱりコストパフ
ォーマンス力が優秀なんだなあ。
こういう仮定は変化もしれないですが、普段お仕事が激務で
週末にロードに乗りたい方はセンプレプロでいいのでは?

恐らく体への負荷はあまりかからないし、月曜日も元気にお仕事に
まい進できるのでは。
お財布にも、優しいですし。

2013モデルSEMPRE PRO 105(センプレプロ105)BIANCHI(ビアンキ)カーボンロードバイク

2012年11月16日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 TERN VERGE S11i(ターン ヴァージュS11i)試乗体験

DSCN0740.jpg

(´・ω・`)……内装SHIMANO ALFINE11段変速を搭載した、2013 TERN VERGE S11i
です。

ミニベロで内装ALFINE11段変速を搭載したモデルに試乗するのはBD-1
以来ですね。

まあ、とにかく美しい……。
普通走行性能の感想から入るこのブログですが、この光沢感がやばい。
やっぱりアメリカのデザインというよりは、EU系のデザインセンスなんで
しょうね。
どちかかというと、日本の街並みよりもヨーロッパの街並みの方が似合う
と思う。

(試乗した感想)

(`・ω・´) 一番特徴的だったのは、直進安定性が高いという事かな。
(まるでドイツのクロスバイクの様)
しかも、ミニベロにしては面白い事に速度を維持するのが得意だと思う。
結構巡航性能を高めているんじゃないかな?
(低速でも、高速でもスピードを維持してくれる)
内装11速と20X1.60サイズのタイヤを採用していることで、スポーツ性という
よりも走行時の高級感を高めていると思う。

20インチタイヤでびゅんびゅん走るタイプというより、すーーーっっと静かに
優雅に走るタイプ。

この走行時における、安定度はミニベロ離れしていると思う。
これなら、相当長時間、長距離の走行にも耐えられるのではないだろうか?
短距離走るだけなんて、かなりもったいない。

そういえばBD-1  ALFINEモデルも走行安定性が際立っていた記憶がある。
やっぱりミニベロにALFINE11段変速を搭載すると安定性が増すのかな。

カーボンフォークとか、サスを使わなくてもアルミフレームだけでこれだけ滑らかな
走行感を演出出来るんですね。
DSCN0743.jpg
超軽量ハブダイナモフロントホイールのおかげで走りながら
点灯可能。
DSCN0742.jpg
ワンタッチでステム位置を調節可能。
まあ、スポーティに乗りたい方も十二分にいけるでしょう。
DSCN0745.jpg
さすがに変速操作もスムーズに行えるので、ストレス感が軽減される。
DSCN0753.jpg
DSCN0754.jpg
DSCN0746.jpg
超軽量Kinetix proホイールに軽量コンパクトハブダイナモを搭載。
面白い事を試みているなあ。
ダイナモを搭載しているのにスタイリッシュ感もあるし。
DSCN0748.jpg
このチェーンカバーのおかげで、服を選ばすにさくさく乗れる。
DSCN0749.jpg
DSCN0751.jpg
ここからのフレームの流れが、ちょっとした高級感があります。
DSCN0760.jpg
SHIMANO ALFINE11段変速
DSCN0750.jpg
この巡航性能はもしかしたらヨーロッパ大陸を長距離走る
為の性能の様な気がする。
とはいえ、収納性もあるので日本でも使わなきゃ損かな。

(´・ω・`)……ミニベロで長距離走るなら、ある意味鉄板モデルかもしれませんね。
【送料無料!】TERN(ターン)VERGE S11i(ヴァージュS11i)2013モデル折り畳み・フォールディングバイク

2012年11月15日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 TERN ECLIPSE P9(ターンエクリプスP9) 試乗体験 結構俊敏な走りを楽しめる!

DSCN0733.jpg
DSCN0731.jpg
(`・ω・´)TERNブースです。
噂のTERN ECLIPSE S11iが一番いい所に展示してありました。
ラグジュアリー感が半端ない。
まるで高級インテリア家具みたいだ。
DSCN0717.jpg

TERNの24インチモデルECLIPSE P9に試乗しました。
真面目な話、24インチモデルというのはあまり試乗経験がなく個人的に
興味本位でこのモデルにしました。

20インチホイールのVERGEにおける高性能な走行性能は去年体験したし、
なんとなく24インチモデルの人気が出てきそうな気がしたので。

DSCN0718.jpg
(試乗した感想)

( ;゚ω゚)んんんん!????

ミニベロというより、走行感はクロスバイクに近い……速い……速いそ!?
てか、クロスバイクの部類の中でもかなり速い部類に入るぞ!!??

しかも24インチホイールの特徴か? ひゅんひゅんあらゆる速度域まで
飛び跳ねていくかのように加速。
忍者的な俊敏さは、ちょっと面白い。

で、試乗する前はシティコミューターの様なじっくり地面をとらえて走る
感じかと思っていたけど、とにかくハイスピードで走る、走る。

これほとんどクロスバイクに近いかもしれない。
と、いうより下手なクロスバイクより良く走ってくれるかな。

つか10万クラスでもここまで良く走るのか……20万クラスのECLIPSE X20
の走行性能はどの程度なんだろう?

ヽ('∀`)ノさすがにロードには及ばないけど、それなりの巡航性能も持って
いるので遠乗りにも使えそう!
車重13kgの重量感はあるけど…確かに旅先で長距離走る場合にはかなり
この走行性能はいけるだろうなあ。
いや、街乗りにも十二分に使えるとは思うけど。

てっきり13kgもあるから、もっともっさり重いバイクだと思っていたのです
よ。ところが、軽くびゅんびゅん飛ばせるし。
DSCN0720.jpg
シフター SRAM ATTACK CUSTOM FOR TERN
9速仕様のグリップシフター。
DSCN0729.jpg
ANDROS 3Dジャストテクノロジーを採用したステムが
なかなかごつい。
とはいえ、スポーツや街乗り、レジャー時などシーンごとにハンドル位
置を楽しめそうだ。
ワンタッチでいけるのも嬉しい。
DSCN0721.jpg
例のアーレンキーが隠れていますね。
DSCN0722.jpg
タイヤ SCHWALBE KOJAK 24X1.35

やっぱり、この走行性能と乗り心地の良さは太めのスリック
系タイヤの恩恵が大きいかな。
少しシングルスピードめいたストレートな軽い走行感も楽しめる。
DSCN0723.jpg
DSCN0725.jpg
クランク KINETIX SUPRA
DSCN0727.jpg
DSCN0726.jpg
カセット SUNRACE 11-32T
DSCN0728.jpg
ぶっちゃけ、かなり日常的に使えるとは思う。
多分どんな方が乗っても、どんどんスピードを楽しめる。
ミニベロに未経験な方でも、これから乗ればすんなり乗りこなせるはず。

折り畳みミニベロというよりは、折り畳みクロスバイクに近いかもしれない。
少なくとも走行性能に関してはクロスバイク寄り。
【送料無料!】TERN(ターン)ECLIPSE P9(エクリプスP9)2013モデル折り畳み・フォールディングバイク

2012年11月14日 トラックバック(0) コメント(2)

CERVELO S5 TEAM SRAM RED SPECIAL EDTION試乗体験(エアロ性能を体感してしまう)

DSCN0425.jpg

(`・ω・´)bさて、去年は眺めるだけだったサーヴェロS5 TEAMに試乗しました。

とりあえず、スタッフ様から乗る際の注意点を確認して試乗へ。

(試乗体験)
意外に乗り易い!
いや、てっきりクセというかテクニックでもいるのかと思ったら非常
にスムーズに乗りこなせる。

いきなり目的とする速度域に、まるでS5とコミュニケーションを
とったかの様に到達。
しかも、強力な剛性で一気に引っ張った訳でもない、不思議な感覚。

更にまるで乗った後、まるで体力を消耗していない。
極めて剛性が高いでもなく、コンフォート性が高い訳でもない。
とにかく気が付いた事は、ほとんど体力を使わずに目標とする速度
まで持っていって巡航してくれるのだ。

おそらくこの時点で、エアロフレームが強力なエアロ性能を発揮して
いたのであろうと判断。

あくまでビジュアルに引っ張られているせいかも知れないけど、
走行感は「線」の上を走っているかのようだった。
路面を走るというよりはスケートで「滑っている」感じ。
抵抗感の様なものを感じない不気味さを覚えた。

恐らく、同じTT風エアロスペインロードRTS TTR-Xと比較してみると……
あちらは剛性+エアロ性能が融合している。
でもサーヴェロS5はエアロ性能がメインで走っている感じ。

あと乗っていて気付いたことは、とにかく静か。TTバイクみたいだけど
とにかく扱いやすいロードだと思う。

(´・ω・`)……個人的に残念だった点は、長時間試乗できなかったという事。
短時間とはいえ、とにかく体力の消費が少なかったのは良く覚えている。

乗り易さから、疲労を軽減するコンフォートロードがあるけど、
サーヴェロS5 TEAMの場合は、エアロ効果などから抵抗を抑え込み
体力の消費と疲労を抑えてくれると思う。
DSCN0423.jpg
SRAM REDシフターがかっこいい。
乗り終えた後、スタッフの方がおっしゃるには
「やっぱり横風が吹くと、フレームがもっていかれそうになる」との事。
やはり気象条件に左右されるモデルなのかも。
DSCN0419.jpg
DSCN0416.jpg
本格的なエアロ効果を実感出来るロードだと思う。
もし長時間乗った場合、露骨にその効果を確認出来るんだろうなあ。
DSCN0415.jpg
DSCN0416.jpg
DSCN0417.jpg
DSCN0422.jpg
DSCN0420.jpg
DSCN0418.jpg
大パワーの推進力で引っ張られるというよりは、静かにその速度域に
連れていかれる。
まるで抵抗感がないのは、極限まで追求したエアロ形状のおかげかと。
DSCN0421.jpg
【ロードバイク】CERVELO (サーベロ) 2012年モデル S5 TEAM SRAM RED SPECIAL EDTION (S5 チ...
【ロードバイク】【送料無料】cervelo (サーベロ) 2013年モデル S5 VWD Shimano Dura-Ace Di2...

2012年11月13日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 LAPIERRE XELIUS 100 CP (ラピエールゼリウス100 CP) 試乗体験インプレ

DSCN0389.jpg
( ゚∀゚)さて、サーヴェロとフランスのラピエールを試乗しに
東商会様のブースに行きました。
DSCN0388.jpg
なんだか以前より混雑しているんですね。
前は2~3人程度しか並んでなかったけど。
あの時はMASIのミニベロを試乗したっけ。
DSCN0395.jpg
( ゚∀゚)ラピエールゼリウスの後に試乗したCERVELO達です。

DSCN0397.jpg

2013年モデル XELIUS 100 CPを目の前でみると、やっぱり美しい
べっぴんさんですね。
こういう洗練されたカーボンロードもあるんだあ。
なかなかフレンチ風味が新鮮。

(試乗した感想)
ヽ('∀`)ノ かなり、乗り易い!
へえ! 全然硬くないんですね。
走行中、非常にバランスの良さが際立っていました。
コンフォート性も十分だし、俊敏さも持っている。
走行安定性、や適度な剛性がまとまっている印象。

どの速度域が得意か知りたくて、速度に強弱をつけてみた所、どの速度
域にも対応。
強力なペダリングを受け止める事も出来るし、低速においては滑らかな
走行性能を楽しめる。

かといって、最近流行の「コンフォート&ロングライド」系カーボンモデルとは
別物。
多分上級者でも、初心者でもこのフレームなら受け止めてしまうのでは。



( ;゚ω゚)なるほどなあ、これがフランスのロードかあ。
ドイツやイタリア、USA、スペイン、日本、台湾、北欧と比べて
素直に乗り易いし、それなりの剛性もあるんだなあ。

あまり体に負荷もこないし、この乗り味は間違いなく日本人向き。
ああ、そうかあ。
確かにラピエールの性能に日本人オーナーさん達がほれ込むのも
分かる、分かる。
ビジュアルがいいし、その上乗り易いならそりゃはまるわ。

体に負荷をかけず、その上である程度スポーティな走りをしたい方向け
かな。
普段用にももってこいかも。

あえて似ているバイクメーカーを探すとなると……ピナレロかビアンキモデル
に近い気がする。
DSCN0402.jpg
(´・ω・)……うーん、実車の美しさが画像からは伝わりにくいかな。

ゼリウスのフレーム形状は流麗そのもの。
ちょっとビアンキロードに近いけど、ラピエールのロードの方がスリムな気もする。
DSCN0408.jpg
このデザインは指紋??
DSCN0401.jpg
DSCN0405.jpg
こうして見てみると、チェーンステーは今風に太めだったんですね。
DSCN0399.jpg
DSCN0410.jpg
DSCN0403.jpg
トップチューブからチェーンステーの流れが、美しい。
トリコロールカラーのデザインもいいですね。
DSCN0404.jpg
DSCN0400.jpg
しなやかな走行性能はこのチェーンステーあたりに依存しているのかな。
にしても、ここからの眺めもセクシーですね。
DSCN0407.jpg
大パワーでぐいぐい引っ張るロードではなく、優雅かつ品のある走行性能を楽し
めるモデル。
( ゚∀゚)2013年モデル XELIUS 100 CPならデザイン買いしても、失敗はないと思う。
それ位美しいという印象が強いですね。
【ロードバイク】LAPIERRE (ラピエール) 2013年モデル XELIUS 100 CP (ゼリウス100 CP) SIZ...

2012年11月12日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 RTS TTR-X 悪魔めいたスペインロード(エアロ性能&剛性&安定性が三位一体)

DSCN0550.jpg


ヽ(`Д´)ノ スペインの悪魔! RTSじゃあああああああああああああ!!


(´・ω・`)……さて2005年にスペインで創設された新興バイクメーカー
RTSのカーボンロードです。
以前何度か某雑誌でも記事を読んでいて、気になっていたメーカー。


試乗コースでも、何台かRTSモデルが走っているのを見ていたので、
ちょっと岩井商会様のブースにお邪魔しました。
スタッフ様のお勧めは、RTS TTR-Xのアルテグラ搭載。
車重はなんと完成車7kg台後半。
いずれにしても生RTSに試乗。

これがヤバかった。マジで。

試乗中ずっとこんな感じ↓

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル う、うぅうわぁぁぁああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!
瞬時に試乗コース一周! TTR-X速すぎるよ! わけわかんねーーーー!!!
特に、試乗待ちの方もいらっしゃらなかったので、二周目。

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル な、なぁにいいいぃぃぃぃいいいぃぃぃぃいい!?
瞬時に二周目終了。


( ;゚ω゚)……ち、ちがうお……!
今までのカーボンロードと明らかに何かが違う!!



とりあえず、走行中冷静に判断してみると。
①スペインモデルらしく、推進力&剛性に特化した性格。その推進力はまさに「魔王」
今までフラグシップカーボンロードに試乗した中で、過去最大出力を見せつける。

②快適性コンフォート性は低い。ただし、フロントフォークから路面の状態が一気に
伝わる。
非常にコントロール性が高い。

③エアロ性能がこれまた強力。実はこの後試乗するエアロロード サーヴェロ S5
と非常に似た走行感。
ただでさえ大パワーを誇る推進力なのに、その上空気抵抗を感じず気が付いたら
とにかく目的地点に到達していた。
あくまで個人的な判断だけど、見た目以上にエアロフレームが機能している。

④ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル うぉぉおおおぉぉおぉおお!! まさにエアロ性能&剛性&安定性が三位一体!
まさか今頃になって、ロードレーサーの凄さに感動してしまう。

DSCN0551.jpg
DSCN0552.jpg
DSCN0553.jpg
良く見たら、ヘッドからして極端なエアロ形状だったんですね。
DSCN0554.jpg
DSCN0555.jpg
ブレード形状のフロントフォークだけではなく……。
DSCN0556.jpg
ダウンチューブからして、まるで刃物。
DSCN0557.jpg
まるでヒラメの様なBB付近。あの魔性の推進力はここから出ていたのかな?
うーん。
DSCN0567.jpg
実は凄い気になる個所がありまして……
DSCN0558.jpg
チェーンステーの形状が、なんというか非常に変わっているんです。
3D的というか。
DSCN0566.jpg
DSCN0563.jpg
DSCN0560.jpg
ISPなんですよね。
DSCN0561.jpg
DSCN0565.jpg
DSCN0568.jpg

( ゜∀゜)今回お世話になった岩井商会のスタッフ様。
色々ありがとうございました! 

価格を確認した所、TTR-X完成車アルテグラ仕様で、379900円(定価)
105仕様だとなんと、339300円(定価)
TTR-X カーボンフレームで218400円(定価)
材質はT800 カーボン。


(`・ω・´)実は走行性能があまりにやばかったから、60万クラスと勘違いしてしまった……
とにかくこのブログ的に大、大、大、大お勧め!!!!!!
悪魔めいたスペインロードの性能を堪能してくださいな!!
De Rosa - Merak Evolution Athena R3 2013

2012年11月11日 トラックバック(0) コメント(2)

2013 BH G6 強大な推進力&パワーはガチ! やはり高剛性なスペインモデルだった

DSCN0324.jpg

( ゚∀゚)さてBH G6に試乗しましたよ!


とうとうBH Gシリーズがエアロ形状を大胆に取り入れてきたところで
非常に走行性能が気になっていたモデルです。
ただでさえ、強力な推進力を誇っていたGシリーズ。
G4以来の試乗でして、どこまで進化したのか? これは体感しないといけない
だろうと言う事で。
DSCN0325.jpg
(感想)

(`・ω・´)やはりBHは、BHだった!
ほとばしる大パワー! 強大な推進力は健在!
更にどうもエアロ効果のおかげか? 
とてもシャープな走行感。
問答無用で「前へ」「前へ」「前へ」! どんどん前に進んでいく!


いえね? てっきりエアロ化ということで剛性はどういう事になっち
ゃうんだろう?
と思っていたら、前より推進力がパワーアップしていました。

言い方は悪いが、相変わらず? 前に進もうとする推進力に特化した
大パワーバイク!

逆に、相変わらず衝撃吸収性は露骨に弱い。
いくらか、振動が上半身にきます。

はっきり言って飛ばしたい方に特化した、モンスターバイク。
相変わらずのBHでした。

ちなみに重量増の影響は、それほど感じなかったかな。
ただ、なんか乗った事がある様な性能だなあと思っていたら、
2012 BH RC-1にとても走った感じが似ています。
(2012 BH RC-1はG5を参考にして設計されていたから、G5の後継G6
と似た感じになったと推測)


ただ若干コンフォート性は2012BH RC-1の方が上かな。
相変わらず他メーカーのフラグシップとレースでバトルするだけの戦闘性能
は健在ですね。
DSCN0342.jpg
DSCN0327.jpg
エアロフレームですが、走行中エアロ効果よりもフレーム剛性の方が前
に出ていた気がする。
やはりスペインな味付け。
DSCN0341.jpg
DSCN0331.jpg
DSCN0327.jpg
DSCN0332.jpg
DSCN0344.jpg
BB386EVOを採用。まるで箱の様なBB付近。
実は最近こういった形状のBB付近の形状を会場で何台か
目撃した。
体感的に、大パワーな推進力はここから生まれているのだろうと判断。
DSCN0346.jpg
異様に太いチェーンステー。
( ;゚ω゚)……ここまで極太にしてくるとは……おっかねー。
DSCN0339.jpg

ああ、こうしてみると結構派手にエアロ化していたんだなあ。
もしかしたら、結構エアロ効果の恩恵を受けていたのかもね。

DSCN0337.jpg
平地で走るならやっぱりG6かな。
この後BH ULTRALIGHTにも試乗。
DSCN0335.jpg
剛性>エアロ効果 という印象ですね。

【ロードフレーム】【送料無料】BH (ビーエイチ) 2013年モデル G6/Frame kit (G6フレームキ...

2012年11月10日 トラックバック(0) コメント(4)

2013 DAHON VISC. P20 30h記念モデル試乗体験インプレ(極上の走行性能)

DSCN0529.jpg

(`・ω・´) さて、MU SLXに続いてVISC. P20に試乗した訳ですが。
最初はてっきり、スピードを生かした暴れん坊モデルだとばかり思い込んでい
ました。


(感想)
走行中の路面追従性が高い。要するに、走行中路面を捕えて放さない。
(ここまで、がっちり安定したミニベロも珍しい)
確か2013モデルから新ティアグラによるリア10速化になったんですよね。
あえて言うなら「ぬるり」とした艶めかしい加速を楽しめます!

 ヽ('∀`)ノ ロードコンポを生かした高いギア比による大パワーの加速では
なく、非常に自然に加速!
しかも、速度が上がっている最中ひたすら上品な乗り心地。
今までのダホンモデルには、無かった走行性能を有していると言っていいです
ね。
これもヘリオス、スピードプロ、ミューには見られなかった特徴。

あともう一つ大きな特徴として、乗りやすいうえに大変バランスがいいので扱い
易いと思う。
ハンドルのクィックな感じも、ほとんど感じなかった上にコーナーリングでの
安定感もあったと思う。

( ;゚ω゚)……驚いた事に、カーボンパーツなどを使用していないのに、アルミ
フレームだけでこの艶めかしい走行感、安定性を獲得しているのですよ。
個人的に大お勧め。
DSCN0531.jpg
シフターのSHIMANO TIAGRAとコンフォートグリップ。
個人的に凄いと思った点は、フラットバーなのによくもここまで安定した
ハンドリング感を完成させたな、という点。
唯でさえ乗りやすいダホンモデルが、更に乗りやすくなっている。
DSCN0543.jpg
DSCN0545.jpg
DSCN0533.jpg
うん、一応ビスクP20の30周年記念モデルですね。
軽さというよりは、走行時の滑らかさと上品さを強調したモデル。
DSCN0534.jpg
タイヤサイズ DAHON SPECIAL EDITION KENDA KSMART 20X1.35
DSCN0535.jpg
DSCN0544.jpg
DSCN0536.jpg
クランク PROWHEEL OUNCE-721 53-39T
ドライブトレインはSHIMANO TIAGRA系か……
(´・ω・`)……一応シマノティアグラで固めて、大成功だったんだなあ。
DSCN0538.jpg
DSCN0539.jpg
とにかく面積の大きい接合部。
フレームの安定感は、なかなかのもの。
DSCN0540.jpg
DSCN0547.jpg
(`・ω・´)街乗りには十二分過ぎる性能。
しかも、遠乗りもOK!
これだけ完成度の高いフレームなら、長時間&長距離乗っても走れそうだ。
DSCN0548.jpg
定価でも11万クラスな上に、デザインがちょっと洗練されているので非常に
所有欲をそそられる。
デザインもそうだけど、走行性能も販売価格以上の性能を有しているので、
間違いなくお勧め。
実物は、画像よりもはるかにカッコいいので、出来れば実物を見た方がいいかも。

あえて、先日試乗したMU SLXとVISC P20の個性を説明すると……
( ゜∀゜)軽量かつ軽快なMU SLX。滑らかな安定した走行性ならVISC. P20と
いう所でしょうか。
【ご予約受付中/送料無料!】DAHON(ダホン)VISC. P20(ビスクP20)2013モデル折り畳み・フォールディングバイク【2sp_120829_green】

2012年11月09日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 DAHON MU SLX(ダホン ミューSLX)&DAHON 30th Anniversary Act(ダホンダンサー)


ヽ('∀`)ノダホンブースにおいて行われた、ダンサーによるショーです。
DAHONガールの次は、こう来たか!
CG ダホンなんて初めて見たなあ。
この演出は大成功だったのでは。
2013Mu SLXの試乗待ちの時に、偶然やっていたので動画撮影して
おきました。
ミニベロブースの中でも、ダホンブースの気合いはなんか凄かった。
DSCN0513.jpg

(`・ω・´)さて、カーボンパーツをふんだんに採用した2013DAHON MU SLXなんで
すけど。
試乗前に車体を持ってみると、軽い、軽い。
本当に軽いなあ。
ぶっちゃけ、試乗前から輪行用に欲しくなってしまった……

さて、問題の試乗は……ミニベロとは思えない驚異的な伸びを見せてくれました。
まるで後方にブースターでもついているかのような爆速モード。
しかも以前試乗した世界最速モデルのスピードプロTTとはまた違う加速
なんですね。
あっちは、大パワーで一気に高速域までぐいぐい引っ張っていってくれたけど。
Mu SLXは「軽さ」を生かした無理のない上品な加速。

(´・ω・`)ただ唯一惜しいと思ったのは、コーナーリングが少し苦手な点でしょうか。
スピードプロとかTERN VERGE X30Hなどはブルホーンバーの恩恵を受けているので
コーナーリングが非常に安定しているのですよね。
ところがMu SLXはフラットバー。
よりスポーツ仕様というかレース仕様にMu SLXを使いたいならブルホーンバーに自分
ならするとは思う。

実はMu SLXを試乗する前に、結構な台数のロードを乗った後だったのですが
ほとんど違和感なく乗れてしまった……

DSCN0515.jpg
DSCN0514.jpg
ところで、この乾いた固いスポンジ状のグリップが良かった。
DSCN0516.jpg
コーナーリングではぐらつきがあるので、多少速度を落とした方が無難。
DSCN0517.jpg
( ;゚ω゚)……良く考えたら、のんびり走っても良かった気がする。
とはいえ、ついつい軽いので加速していってしまう……
脚への負荷は相変わらず、軽かった。
扱いやすいモデルでもあるので、むしろ初めてミニベロに乗る方にも進められる。
DSCN0518.jpg
クランク FSA Gossamer ISIS DRIVE 55T
DSCN0523.jpg
DSCN0522.jpg
DSCN0520.jpg
DSCN0519.jpg
リアディレーラー SHIMANO 105
カセット SHIMANO 105 11/28T
DSCN0521.jpg
ミニベロにしては重量が体感的に「軽い」モデルだったので、折り畳んだ時
の持ち運びに大変便利だと思う。
その上、走行時においても「軽さ」を生かした爆速モードが楽しめる。
「軽い」と言う事の恩恵を二重に受けられる贅沢なモデルではないかと。

(´・ω・`)……そういえば、こういう女性的な上品な軽い走りを見せてくれる
ダホンモデルって珍しい。
【ご予約受付中/送料無料!】DAHON(ダホン)MU SLX(ミューSLX)2013モデル折り畳み・フォールディングバイク

2012年11月08日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 CORRATEC R.T. CARBON SX 105mix COMPACT.R501 試乗体験インプレ

DSCN0155.jpg

(´;ω;`)……なんだよ!
このツンデレカーボンロングライドモデルは!


2013 CORRATECのミドルグレードロングライドモデルR.T. CARBON SXに
試乗しました。
( ;゚ω゚)……なんというか、女の子と楽しくロングライドするつもりが、
いきなり鞭でぶたれながらSM状態で走りまくった……そんな感覚。

おかしい……実はコラテックのロングライドモデルと言う事で、のんびりコ
ースを走ろうと思ったのですよ。
てっきり、快適性が高いまったりモデルだと思いこんでまして。

インフォメーションにも

「R.T. CARBON SX」はカーボンの特性を活かし振
動吸収性に優れているため、疲労軽減につながるロードバイクで、ロングライ
ドやツーリングにお勧めしたい1台となっています。


と記載されているし。

DSCN0156.jpg
(´・ω・`)……で、最初は低速でだらだら走っていたんですよ。路面の衝撃吸収
度はどの程度かなって。
そうしたら、勝手に加速をこいつは開始し始めまして……。
「ち、ちょっと……」
いきなり加速を開始した後に、高速巡航を開始。
しかも、全然速度が落ちずにそのままの巡航を始めたのですよ。

「ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル な、な! 何!? 


まったりロングライドモデルじゃない!?」



そうです。コラテックのロングライドモデルは強力な剛性で、ある速度域ま
で大パワーで引っ張った後に高速巡航を開始する……そういうモデルなんです。

てか、これレーススペックモデルじゃないか!?
低速でも、高速でも目的とする速度まで一気に引っ張った後に、超安定な状態で
ロングライドしなさいという意味だったのか!
いや、普通あんまりロングライドモデルって剛性というか、推進力はそんなに
パワーがないじゃないですか?
でもR.T. CARBON SXは、他社のフラグシップモデルカーボンモデルに近いパ
ワーを有している訳です。
DSCN0167.jpg

かといって、ロングライドも得意でして。この安定度はフェルトというか、ドイツロー
ド的な直進安定性も備わっているのも特徴かな。
レースにも使えるとか、いうレビューもあるけど。逆にレースに使わなきゃ損なモデル
かもしれない。
DSCN0168.jpg
DSCN0165.jpg
DSCN0163.jpg
DSCN0164.jpg
DSCN0159.jpg
コンポは105とティアグラのミックスだったけど、とにかくフレームの完成度は高い
と思う。19万クラスで本格的な戦闘ロード及び、普段にも使えるロードが欲しいなら
これかな。
DSCN0158.jpg
DSCN0170.jpg
DSCN0169.jpg

良く見てみると、フレームの要所要所にきちんとボリュームを確保して
あるんですね。
これが、あの推進力の秘密かなあ。

(`・ω・´)そっかあ。コラテックは今流行のロングライドモデルといえど、
絶対戦闘力は落とさない設計をしてくるのか……
凄い勉強になった一台。
【期間限定】0830掲載【中古】 CORRATEC (コラテック) RT Pro Carbon 完成車 2011年 サイズ480 ...

2012年11月07日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 サイクルモード幕張試乗コース&タイムトライアル選手権動画


会場内最強の萌えを提供してくれたビバンダム君。

(´・ω・`)えっとすいません。
あまりに試乗台数が多すぎて、現在データーをまとめております。
明日から試乗記事を再開しようと思いますが……ロードに関しては各メーカーの
性能が上がってきたせいか、どれも凄い。
しかしまあ、その中でも更にやばい飛び抜けたモンスターモデルがあったわけで。
というわけで、明日から「良い意味での裏切りの連続だった」コラテックRT.カーボン
あたりの試乗記事を書こうと思います。

2012 サイクルモード名物タイムトライアル選手権ですね。
サイクルモード最終日の夕方に試乗コースで行われているのですが。
後半一瞬の速さで、シマノレーシングの畑中選手?(多分)が駆け
抜けます。
DSCN0292.jpg
お昼頃、試乗コースが渋滞し始めたのでその辺をぶらぶらと。
DSCN0267.jpg
DSCN0276.jpg
今回初めて、サイクルウェアコレクションを見ました。
( ;゚ω゚)……まさかここまで、人だかりが発生しているとは……
あーっと、試乗コースより熱気がありませんか?
DSCN0733.jpg
DSCN1146.jpg
ターンブースで閉館間際に、試乗車が帰還してきました。
一堂に会する、ターンモデル達。
 ヽ('∀`)ノ なんという贅沢な風景!
DSCN0812.jpg
DSCN0550.jpg
スペインロード「RTS」TTR-X
個人的に桁外れの走行性能のやばさに、はまってしまいました。

ちらほら、RTSは凄いという噂は聞いていたのですが、試乗してみると
絶句する程のパワーでした。
DSCN0298.jpg
DSCN0307.jpg
うーんと、今回「お肉」を食べまくったおかげで元気に試乗出来ました。
サイクルモード全部盛りセット食べまくり。
DSCN0833.jpg
自転車乗って、うん十年のベテランさんも絶賛したクロモリFUJI PHANTOM。
私も試乗したのですが、確かに素晴らしい。
DSCN0900.jpg
ヽ(`Д´)ノカーボンモデルSSTに関してですが、これも大当たり!
DSCN0855.jpg
DSCN0923.jpg
ヽ('∀`)ノ 2013モデルのFUJIはバラクーダといい、凄い楽しい!
DSCN1079.jpg
DSCN0956.jpg
数年ぶりにタイレルに試乗。
なんかなつかしいなあ。
DSCN0942.jpg
メッセンジャーが運搬に使用している、ユーロバイク ブリッツ。
( ;゚ω゚)試乗中子供たちから歓声が上がった上に、写真取られまくり。

しかも、かなり飛ばせるので会場のあちらこちらから「おおお!」
と声が。
下手なクロスバイクより良く走る。
これも、後日詳細な試乗体験を記事にする予定。

DSCN0324.jpg
(`・ω・´)b BHに関しては、G6がガチ!

2012年11月06日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 PINARELLO DOGMA65.1 THINK2 試乗体験インプレ

DSCN0225.jpg
( ゚∀゚) はい。一発目の試乗はピナレロです。
朝一でサイクルモード名物の、ピナレロ行列に参加。
でも、意外に早く試乗出来て良かった。
DSCN0230.jpg
結構さくさく前に進む。
やはりサイクルモード名物、コルナゴ行列と人気を二分。
DSCN0236.jpg

PINARELLO DOGMA65.1 THINK2です。
随分物静かな高級ロードなんですね。
(見た目が派手だが、非常に素直な性能)
個人的に驚いたのが、どの速度域でも乗りやすく安定していたと
言う事かな。
しかも、いくら飛ばしてもまるで速く走っている気がしない。
(しかし、周囲の風景は後方にぶっ飛んではいる。その落差が恐ろしい)

もちろん、強力なペダリングに対しては、大パワーで答えてくれる
やばいフレームです。
DSCN0237.jpg
トレックのマドンの様なロケットスタート的な加速でなく、高級な
日本車の様な「すーーっ」とした加速ですね。
乗りやすいフレームの中に、強力過ぎる剛性が隠れているかの
様な不思議なモデル。

DSCN0239.jpg
多分体力の消耗は、相当抑えられるはず。
ちょっと贅沢だけど、コンフォートにも行けるのでは。
もしレース後半で、このドグマに追っかけられたら相当乗り手は体力
を温存していると思うなあ。

あと、面白かったのは他社のロードの場合、最近大パワーの剛性を生
かしたカーボンモデルが多いなかで、わざと剛性を隠しているなあと
いう面白さ。

東レの65tカーボンでしたっけ?
(`・ω・´)乗り手の体力に合わせて、無理のない剛性や推進力を、まるで
フルオートの様に設定してくれるフレームなんですね。
(逆に言うと、ユーザーが持っている実力以上の戦闘力を、引き出すモデ
ルではないと思う。乗り手をフレームが守りつつ、適度な推進力と剛性を
提供してくれる。多分強力な脚力を持った方なら、それに応じた実力を
このフレームは見せてくれるはず)

数時間位サーキットで走ったらもっと本性が分かるとは思うのですが。

DSCN0249.jpg
DSCN0258.jpg
DSCN0255.jpg
DSCN0238.jpg
DSCN0251.jpg
( ;゚ω゚)……カンパEPSの変速音って、軽やかでカッコいいんですね。
色々な意味で、ノーストレス。
自然に気分が高揚してしまいます。
DSCN0248.jpg
カンパニョーロEPSのバッテリーがこんな所に。
DSCN0254.jpg
DSCN0256.jpg
DSCN0246.jpg
DSCN0244.jpg
ついでに、こいつはやばい位の美しさなので精神的な注意が必要。
店頭にこんなモデルがあったら、拉致したくなること必死。
【期間限定】0816掲載【中古】 PINARELLO (ピナレロ) DOGMA2 完成車 2012年 サイズ515 カンパRE...

2012年11月05日 トラックバック(0) コメント(4)

サイクルモード終了

DSCN1149.jpg
ヽ('∀`)ノ おかげさまで、無事に帰宅しました。


明日から、ビアンキ、ピナレロ、フジ、コラテック、ビーアント、ブルーノ
ラピエール、XTR、SURLY、BD-1、BH、OX、KUOTA、
ターン、DAHON、タイレル、ルイガノ、サーヴェロなどの試乗記事を書き
ますので、よろしくお願いいたします。

2012年11月04日 トラックバック(0) コメント(4)

CYCLE MODE international 2012 途中経過報告

DSCN0068.jpg
ヽ('∀`)ノ 現在参加中です。
凄い人だかりですね。
とうとう2時ごろに、試乗コースが渋滞を起こす程です。
DSCN0396.jpg
サーヴェロ、ラピエールブースから見た試乗コース。
サーヴェロS5エアロロードの、やばさは嫌という程体感できました。
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル 化け物め……

DSCN0281.jpg
2012サイクルモードはどういう訳か、フードコートが充実しまくり。
まるでデパート屋上の、グルメ祭り状態に。
DSCN0282.jpg
ヽ('∀`)ノ博多の肉巻きおにぎりが、かなりお勧め!
行列が発生する程の人気ぶり。
唐揚げもやばい。
DSCN0301.jpg
途中から、バイクよりもフードコートめぐりをしている自分……
DSCN0285.jpg
DSCN0290.jpg
なんとスイーツまで用意されているという。

(`・ω・´)b皆様、明日もふるってご参加くだされ!!

意外な所に、意外なバイクが隠されているのが今年の特徴かも?
「デローザ踊り」を生で見れただけでも、大満足。

2012年11月03日 トラックバック(0) コメント(0)

CYCLE MODE international 2012 の試乗車をチェック

……というわけで……!!

ヽ('∀`)ノ サイクルモード参加の為、このブログは明日からお休みします!!


日程は2012年11月2日(金)、3日(土)、4日(日) 。

行列が多そうなメーカー様の試乗車を、メモ代わりにチェックしてみました。

個人的にコルナゴブースが入口近く&試乗車も充実していることから
大行列になると予想。


コルナゴ試乗車
C59 RECORD EPS Size:420S Color:TSMR ¥1,176,000
C59 SUPER RECORD EPS Size:480S Color:CSLM ¥1,239,000
C59 SUPER RECORD Size:480S Color:TSMR ¥1,134,000
C59 SUPER RECORD Size:520S Color:ADWH ¥1,134,000
C59 CHORUS Size:480S Color:GDEC ¥855,000
C59 DURA-ACE Di2 Size:480S Color:GDFR ¥1,030,000
M10 ULTEGRA Di2 Size:480S Color:MABB ¥682,500
M10 ULTEGRA Di2 Size:480S Color:MARS ¥682,500
CX-1 ULTEGRA Di2 Size:480S Color:MABB ¥640,500
CLX3.0 ULTEGRA Di2 Size:480S Color:C3YL ¥514,500
CLX3.0 ULTEGRA  Size:420S Color:C3BK ¥378,000
ACE 105 Size:480S Color:MZBB ¥278,500
CLD TIAGRA Size:400S Color:CDBM ¥262,500
MASTER X-LIGHT ATHENA Size:520 Color:PR99 ¥519,750
MOVE 105 Size:480S Color:AIRD ¥183,750
MOVE TIAGRA Size:420S Color:AIYL ¥157,500
WORLD CUP2.0 Size:540 Color:WCBK ¥194,250
FORCE Size:520 Color:BLACK ¥141,750
em Size:470 Color:GREEN ¥99,750
FRECCIA Size:440S Color:BLACK ¥120,750



ビアンキはなんと試乗車にオルトレを用意しているみたいですね。

BIANCHI
OLTRE Dura Ace (2011), Size 53
OLTRE Dura Ace Di2 (2011), Size 53
INFINITO 105 (2010), Size 53
INFINITO 105 (2010), Size 53
SEMPRE PRO Ultegra Di2 (2013), Size 55
SEMPRE PRO 105 (2013), Size 55
VERTIGO Tiagra (2013), Size 51
IMPULSO 105 (2013), Size 46


ピナレロの試乗車の多さもさすが。

PINAERELLO DOGMA 65.1 RE-EPS 46.5
PINAERELLO DOGMA 65.1 SR-EPS 46.5
PINAERELLO DOGMA 65.1 SR-EPS 50
PINAERELLO DOGMA 65.1 SR-EPS 51.5
PINAERELLO DOGMA 65.1 SR-EPS 53
PINAERELLO DOGMA K (KOBH) 45
PINAERELLO DOGMA K (KOBH) 48
PINAERELLO DOGMA K (KOBH) 51
PINAERELLO PARIS 50-1.5 Ult 46.5
PINAERELLO PARIS 50-1.5 Ult 50
PINAERELLO PARIS 50-1.5 Di2 50
PINAERELLO PARIS 50-1.5 Ult 51.5
PINAERELLO FP TEAM Ult 44.5
PINAERELLO FP TEAM Ult 46
PINAERELLO ROKH 105 48
PINAERELLO ROKH Ult 51
PINAERELLO FP QUATTRO 105 46.5
PINAERELLO FP QUATTRO 105 46.5
PINAERELLO FP QUATTRO Ult 51.5
PINAERELLO FP QUATTRO 105 42.5EF
PINAERELLO FP DUE 105 47
PINAERELLO FP UNO Carbon Tiagra 46
PINAERELLO FP UNO Carbon Tiagra 44.5
PINAERELLO FP UNO Alu Sora 52

OPERA SUPER LEONARDO D/A 46
OPERA CANOVA 105 49



あとは、DEROSAブースは試乗予約券が必要か。
予約券の配布時間にも注意が必要。
■試乗予約券 配布場所
DEROSAブース(4-01)隣 DEROSA試乗ピット
予約券配布時間
11月2日(金)
第1回 12:00 第2回 15:00第3回 18:00

11月3日(土)
第1回 10:00 第2回 12:30 第3回 15:00

11月4日(日)
第1回 10:00 第2回 13:00


DEROSA試乗車
KING RS Black Red 55.5SL
SUPERKING SR Black Silver 52
SUPERKING R White Silver 48
MERAK EVOLUTION Black Matt 51SL
TITANIO 3.2,5 ROSSO 52Regular
NeoPRIMATO Red 50Regular
NeoPRIMATO Pearl White 47Regular



R838 White Red Blue Matt 48SL
R838 Black Grey 43SL
R838 Black Grey 45SL
R838 Black Grey 48SL
R848 Black Silver 39SL
R848 Black Coral Pink 39SL



(´・ω・`)……でサイクルモード参加中は、どういう形式でこのブログを更新する
のかわからんのですが……。

とりあえず、いつもの様に新モデルを乗りまくる事になりそうです。
2013/2012モデルCOLNAGOコルナゴ

2012年11月01日 トラックバック(0) コメント(0)