スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 月別アーカイブ 2012年10月

2013 BD-1 SPEED グリップにフイット感の高い、ERGON GA1 Evoを採用

2013 BD-1 SPEED
(`・ω・´)なんと2013モデルのBD-1 SPEEDも展示車はレッドカラーで
いきますか!
2012モデルもキャンディーレッドカラーが好評だった様ですが。

2013モデルの変更点で、ちょっと個人的に気になるポイントが。 
なんと、グリップが2013モデルからエルゴンの「GA1 Evo」になったのですよ。

手へのフィット感が絶妙な噂のグリップですね。
細かい凹凸パターンが特徴の奴です。
エルゴン
ERGON GA1 Evo

ラバー素材採用で、手に吸いつく様な握り心地を味わえる。
一見円筒形だが、複雑な形状なのが特徴。
細かいパターンと独特な形状のおかげで、どこを握っても、
手にフィットするように計算されたグリップ。


ステム角25度とそれなりにあるので、BD-1 SPEEDって前傾姿勢
になるではないですか?
ですので、この快適性の高いグリップを採用する事で、負荷を軽減するのがこの
グリップを採用した目的でしょう。
とても、ロングライドというか長時間走行する際に向いているグリップなので
結構この変更点は大きいと思います。
スポーツ性の高いSPEEDモデルだからこそ、ハンドル幅が狭くフラットバー
なモデルな訳で。

(`・ω・´)bそうなると、長時間走行した際手への負荷が大きいので、こういうグリップで
疲労を軽減させる事はかなり重要になってくると思います。

あとは、Shimano Capreo9速仕様ということで、2013モデルも高い走行性能
を期待してよいかと。

カラー Red,Blue,Hi-Polish
フレーム Aluminium
クランク 54T 170mm
フリーホイール 9Speed 9-26T
コンポーネント Shimano Capreo
重量 9.7kg(Hi-Polish),9.8kg(Red/Blue)

【フォールディングバイク】BD-1 (ビーディーワン) 2013年モデル SPEED (スピード) 9SPEED ...

2012年10月31日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 BD-1 DISK  とうとう定番化みたいですよ。

BD-1 DISK
ヽ('∀`)ノ ああ、BD-1 DISKが限定仕様から、定番モデルに変更になった
んですね!

へー、リア9速仕様かあ。
2013モデルはシートピラーとか、様々な個所を軽量化したそうですね。
重量はぎりぎり11.5kg。
毎回ディスクブレーキと重量のバランスが悩ましいモデルですね。


ついでに、フレームもチタンカラー系ですか。
ヘッドマークとか、チタンカラーのボルトとか渋いなあ。
毎回ポリッシュとか、多かったけどやっぱり精悍な雰囲気で攻めてきたか。

ステム角はStandardと同様の 17°ですか。
タイヤは……Standardの場合、軽量感のあるIRC 18X1.5だけど、DISKは
MAXXIS 18X1.5でいくのかあ。
タイヤに関しては、BD-1 コンフォートもMAXXIS 18X1.5ですから同じなんですね。
とりあえず機会があったら、乗ってみるか。

なんか最近BD-1の走行性能が、底上げされている感じが
して、乗らないと分かんない事が多いのですよね。

(ところでBD-1 ALFINE11速モデルも公式HPにニューアイテムとして記載されて
いたけど、定番化したのかな? それとも抹殺?)
 
( ;゚ω゚)……やっぱり、ディスクモデルは見た目がアダルトでカッコいいからなあ。
Alfine搭載モデルの走行性能の凄さも注目してもらいたい
所。


マーカス・リーズ

マーカス・リーズ氏がサイクルモードの為に来日されるらしいです。

(´・ω・`)……何とはなしに、BD-1電動アシストモデルについて聞いてみるか……。

【フォールディングバイク】BD-1 (ビーディーワン) 2013年モデル DISK (ディスク) 9SPEED C...

2012年10月30日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 cervelo S5 VWD  ( ;゚ω゚)……エアロフレーム内は空洞??

DSCN7267.jpg
超軽量エアロロードCervelo S5 VWDかあ。

( ;゚ω゚)……いや、特に紹介するつもりはなかったのですが。Cervelo S5の
試乗記事を読んでいたらついつい面白かったのでメモ代わりに。
好きなんですよね。軽量エアロロードを体感している分、最近モデルが出ると
ついついチェックしてしまうというか。


エアロフレームなのに単体で1000gを切るって、やばいですね。
BB付近の剛性(BBright)を高めたとか、フレーム内は空洞とか色々言われて
いますが、
手元にあるカタログは、快適性と登板力の高さを必死に強調しているのですよ。

価格は、フレームセットだけで70万越え。デュラエース仕様でなんと84万。
ふぇ、一体どこまでフレームとタイヤのクリアランスを狭めれば気が済むのだ
ろう。
うーん、リアフレーキも完全にシートステーに隠れているし。

通常の「S5」は試乗モデルがサイクルモードフェスタに使用されたみたい
ですが。S5 VWDは500g程度軽いんでしたよね?
どのレビュー記事も「加速」「すいすい加速」というレビューが目立ち面白かった。
気が向いたら、試乗してみようかな。
高速巡航を維持する能力と、変態的な加速力で一気にトップスピードまで
もっていく加速力。
スタンダードなS5ですらこうだからS5 VWDはどうなんだろう?


DSCN7270.jpg
Fork Cervelo Aero UltraLight
Headset FSA IS-3
DSCN7269.jpg
Crankset Rotor 3D+BBright
Bottom Bracket Rotor BBright

DSCN7277.jpg
Seatpost Cervelo Aero(2position)


関係ないけどCerveloのTTモデルにエントリークラスのホイールを
履かせただけでも、脅威的な加速力を得らるとか。
それだけ、Cerveloのエアロフレームにおける完成度がスバ抜けていると
言う事か。
【ロードバイク】【送料無料】cervelo (サーベロ) 2013年モデル S5 VWD Shimano Dura-Ace (S...

2012年10月29日 トラックバック(0) コメント(0)

( ;゚ω゚)……え? 今SDカードってこんなに安いの?? クラス10で1700円ですか!? 

DSCN0002.jpg
(´・ω・`)……いやね? サイクルモードで動画とか画像を大量に撮影する
必要があるので、SDHCカードを購入したんですよ。

かなり久しぶりに購入したから、あまり市場価格は知らないけど。

楽天上海問屋で購入したら、1700円で購入できた。

もちろん撮影スピードの速いクラス10の奴で、なんと32GB
ですよ!

( ;゚ω゚)……凄い安いんですね? 最近のSDカードは。
32GBって、2000円切っていたんだ!?
今は家電のお店でも、ここまで安いんですか?
しかも、メーカーは無名じゃないトランセンドですよ?

今まで8GBで、動画を撮影しまくっていたからかなりきつかった。
(コルナゴ展示会の時は、結局8GBSDカードを2枚消費)

( ;゚ω゚)……それとも……もしかして市場ではもっと安いの?
カーボンモデルが、これ位価格破壊が進んだら凄い事になるんだろうなあ。


これだけ容量があると、今度はバッテリーの方が悲鳴を上げそうだ。
今の内に、予備バッテリーも用意しておかなおいとまずいかな。
[お一人様2個限定] Transcend(トランセンド) SDHCカード 32GB (Class10) SDHCメモリカード 32GB Class10(クラス10)【SDHCカード・SDHCメモリーカード・SDカード 32GB Class10・SDHC 32GB class10】 [メ04]

2012年10月28日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 B-ant a406S(アルミフレームミニベロにセミドロップハンドル)

無題B-ant1
無題B-ant3

(´・ω・`)……昨日に引き続きBRUNOの高級アルミモデルB-antをチェックして
おこうと思います。
セミドロップハンドルを採用し、こちらもソフトテールがついてきていますね。
(このハンドルをひっくり返すと、普通のハンドルみたいに高めになるのかな?)

ホイールが406仕様で、フロント2×リア8速。
(なんとフロントダブルなのに、カバーが付いている! 珍しい)

B-ant a451Sよりも太めのタイヤなので、乗り心地重視かな。
1.75という太さのタイヤを吐いているとなると、1.0サイズの
タイヤと比べても別物の乗り味になりそう。
どこのタイヤかと思ったらシュワルベですか。
へー。

スポーツ性というよりは、街乗りの際の安定性を重視している印
象を受けます。

面白いのがカラーリングですね。
やはり日本を意識して「和」のカラーリングです。
ラインナップは「藍」「アルミ」「苔」となっています。
ああ、だから京都でお披露目されたのか。
しかもこちらにも、ブルックスサドル採用ですよ。


うーん、なんだか見た目はアルミモデルというよりはクロモリ風
に見える。
B-antは別にクロモリも展開してますけど。
無題B-ant2
苔カラーが人気みたいですね。個人的にはクールなアルミがいいかな。
アルミフレームにクリアーカラーで素材感を生かす所が「和」なんでしょうね。
いいなあ。
価格は高級モデルということで、8万クラスかあ。


ヽ(`;ω;´)ノ ありがてぇ、超ありがてぇべや!!
んー、うちの田舎にぴったりのミニベロですこと!!。
これなら、凶暴な田舎の荒れ道も、イナゴの大群もかき分けて進んでくれそう。
運搬仕様で楽しめないかな。
個人的になんか使えそうなモデルかなあ。

2013年モデル B-ant(ビアント) a406S

2012年10月27日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 B-ant(ビアント) a451S ブルーノの限定アルミモデル

img58756035.jpg
img58756034.jpg
ヽ('∀`)ノ ブルーノの日本限定アルミモデルB-antですね。
BRUNOのアルミモデルかあ。
サイクルモードフェスタでもお披露目されたそうですが……かっこいい。
ベンチュラのアルミバージョンかな?
でも、451ホイールは同一でも、KHSみたいにソフトテールなんぞを
採用しているんですね。
クロモリで無くなった分、シートステーのソフトテールで衝撃をカバーする
設計か。

幕張サイクルモードでは、展示されるのかな?
でもって、ティアグラ採用のWレバー変速!!
STIじゃないんだ?
アルミフレームのミニベロで、Wレバー!
でもって、ブルックスのサドル!!

ベンチュラに乗ってみた時は、安定感が気に行ったけど。
もしかして、結構飛ばせるミニベロになったのかな?
なんとなく、前回のサイクルモード時におけるベンチュラは、バニアバッグなんか
を積んでいてちょっとした「旅」仕様ミニベロだったけど。

このB-antも、ミニベロながらロングライドとかいけそうですね。
ソフトテールの存在がかなり大きそう。

スイスのミニベロ色がいくらか薄まって、日本のミニベロ色に染まっている感
もありますね。
どちらにしても、気になるなあ。

(´・ω・`)……ミニベロ専門店を中心に、販売を展開している様なのでブルーノ
としては、相当大事なブランドラインにしていくつもりなんでしょうね。
ネット展開よりも、実店舗メインのモデルかあ。

2013年モデル B-ant(ビアント) a451S

2012年10月26日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 BASSO LAGUNA 剛性をやたら強化してきた印象を受けます。

img59845022.jpg
img59845033.jpg
(`・ω・´)2013モデルのLAGUNAは大幅にフレーム仕様を変更してきた
せいか、デザインも大胆な感じです。
(ついこのブラックに見惚れてしまった)

ヘッドはテーパーヘッドチューブにしたそうです。
上下異形ヘッドかあ。
剛性を強化してきたのかな。
プレスフットBB採用。
なんだかかんだでロングライド専用のLOTOよりも戦闘性
が濃いなあ。
しかも若干価格も下がってきたので、ちょっと嬉しい。
でもシマノ105スペックに、ホイールはMAVIC AKSIUM
仕様。
カラーリングは、やはりブラックがいいですね。
特にフォークのロゴが、なかなかクール。
デザインがいいなあ。もちろん同じく105スペックのロトも楽しそう
だけど。
どうしても、このブラックデザインに惹かれてしまう。
ドイツ向けデザインがこのブラックなのかな。

東レハイモジュラスカーボン使用してを、圧力釜で成形する手法は
2013モデルも継続の様です。
2013モデルは、TTカーボンフレームや、コンフォートカーボンモデル
ロトを投入してきたという事は、カーボンフレームの生産体制を強化
してきたのでしょうね。

BASSOはカーボンモデルを強力に、プッシュしているみたいですし。

img59845021.jpg
img59845020.jpg
ヘッドはテーパーヘッドチューブにしたそうです。
剛性を強化してきていますね。

img59845019.jpg
やっぱりこのフォークのデザインは大成功かと思います。
ホイールセット MAVIC AKSIUM

img59845018.jpg
フレーム カーボンモノコック TORAY HIGH MODULUS36
img59845016.jpg
img59845013.jpg
クランクセット SHIMANO FC-5750 50-34T
フリーホイール SHIMANO CS-5700 12-25T
img59845014.jpg
img59845015.jpg
ほうほう。
結構シートステーがぶっといですね。
乗り心地やコンフォートな部分は新モデルのロトにまかせて
剛性をやたら強化してきた印象を受けます。
img59845011.jpg
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO 700X23C
img59845012.jpg
サドル SAN MARCO PONZA

2013モデルBASSO(バッソ)LAGUNA(ラグーナ)カーボンロード

2012年10月25日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 FELT B16(フルカーボン&アルテグラ搭載のハイコストパフォーマンスTTモデル)

img59853103.jpg
( ;゚ω゚)……うーん、何度見てもこのFELT B16のコストパフォーマンス
の高さには唸ってしまう……
TTフルカーボンモデル&アルテグラ搭載で、なんと販売価格17万クラス
ですよ? 

いやもちろんフルティアグラという訳ではないけど。
(個人的にMicro.Shift社のパーツが生き残って? 採用されている事が嬉しい)
ブレーキなんぞも凄いですよ?
Feltオリジナルのインテグレーテッドエアロブレーキ!
17万で、エアロフルカーボン仕様のTTバイクが手に入るという衝撃。
(しかも、ケーブルもフレーム内にしっかりと収納)
もしかしたら2013FELTモデルの中で、一番お買い得かもしれませんね。

なんでこんなに安いのか見ていると、やっぱりFELTオリジナルパーツを
用意していますね。
やっぱりこのあたりで、コストを稼いでいると推測。


横から見るとシートステーとか、結構ボリュームがありそうですが。縦から見ると
ブレード状ですし。

とりあえず? 予算20万内で本格的なTTモデルをお探しの方はチェック
しておいた方が良いかと。
いきなりアルテグラ仕様というのも、心をわくわくさせますね。
img59853101.jpg
シフター Micro.Shift 20スピード
ブレーキレバー Tektro エアロアルミ
img59853099.jpg
フォーク Felt Aero TT/Tri UHC パフォーマンスカーボン
ブレ-キ Feltインテグレーテッドエアロ
img59853098.jpg
フレーム Felt Aero TT/Tri UHC パフォーマンス MMCカーボン
クランク FSA Omega Mega Exo 52/36T
フロント&リア Shimano Ultegra
img59853096.jpg

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル うわあああ!
シートチューブの形状が凄い事になっている!!
本格的なTTモデルではないですか!?
これはFELT様、気合が入っていますね。
img59853102.jpg
ホイール Felt TTR-4
タイヤ Vittoria Zaffiro Pro Slick 700C×23C

シートピラーまでエアロ形状!!!
(`;ω;´)この予算で、そこまでやりますか??
img59853095.jpg
サイズ展開も幅広いので、TTモデルとしてかなりの需要がありそうですね。


(´・ω・`)……もうね? こんなモデルがこんなに安く手に入るなら
ブロックタイヤについたガムを、舌で舐めても悔いはないとです。
【送料無料!】2013モデルFELT(フェルト)B16ロード・トライアスロンバイク

2012年10月24日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 GT KASHMIR 9R 2.0 (カシミールナイナー2.0) GTからクロモリ29erモデルが登場

13_gt_062880_L.jpg
GT KASHMIR 9R 2.0


ヽ('∀`)ノ ワーイ GTからクロモリ29erモデルが出てきましたね!
(なんだ? 2013年GTモデルの勢いは? なんか凄いっス)

フレームは、タンゲのクロモリ4130トリプルバッテッド!
なんと2013モデルのGTはクロモリ29erの他にもチタン29er
まで展開するみたいですね。

すごいなあ、GTのクロモリMTBかあ。
コンポはディオーレがメイン。

アジャスタブルリアエンドを採用しているので、リアセンターの長さを調節したり
なんとシングルスピード化も可能。
一応レースもトレイルも楽しめる仕様ですって。

シングルスピード29er!
やばい。凄い細みのフレームがかっこいい。

ダウンチューブが29erということもあり、独特の曲げ加工
を施してあるのもいいですね。

GT KASHMIR 9R 1.0のシルバーも渋いですが、なぜか
このブラックにやられました。
GT KASHMIR 9R 3.0のブルーもなかなか、
2013GTはシクロクロスモデルも、気合が入っておりなんだか
気になる……。
販売価格はGT KASHMIR 9R 2.0で16万。
13_gt_062880_01_L.jpg
CRANKBROTHERS コバルト1 ライザー
13_gt_062880_02_L.jpg
ROCK SHOX Recon SILVER TK ソロエアー 100mmトラベル
13_gt_062880_04_L.jpg
SHIMANO DEORE 42、32、24t
13_gt_062880_05_L.jpg
SHIMANO SLX
SHIMANO CS-HG62 10s 11-36t
13_gt_062880_03_L.jpg
《7〜10日で出荷》 GT (ジーティー) 2013年モデル KASHMIR 9R 2.0 (カシミールナイナー2.0) COLOR:グロスブラック SIZE:M/470(Q062881)【ハードテイルMTB】

2012年10月23日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 FELT F2 (SRAM RED採用&重量はなんと6.39kg)

img59850052.jpg
2013 FELT Z2の重量は6.43kgという値で驚いたけど、F2はなんと6.39kg!
(´・ω・`)400g程、単純に軽い訳か。
F2は、2013 FELT F1と同等の重量なんですね。

とにかく2013年もFELTは軽量化に対して、積極的かつ攻撃的。
アルミモデルの軽さといい、FELT軽量路線は2013モデルも健在ですね。

実は重量だけならしかもコンポはZ2と同じくSRAM RED。
面白いと思う点はZ2ホイールにSRAM S30 RACE。
F2はホイールにZIPP Z30を持ってきたところでしょうか。
重量はともかく、Z2の方がSRAM色が色濃いという。(見た目もレッド系)

デザイン的に、SRAM REDを搭載しているだけあって、何かこう今までの
FELTモデルとは違う異質な感じ。
(なんか異星人的な、敵役といったかっこ良さ)

SRAM APEXを採用したF6もそうだけど、2013フェルトモデルは
SRAMコンポ搭載モデルばかり、フレームデザインで遊びますねえ。

なんとなく、F2,F6の人気が出そうな予感。
あとリムが高いせいかやっぱり攻撃的に見える。
この間も話しましたが、BB30路線がとうとうZシリーズまで導入されていている。
賛否両論みたいだけど、この辺りが2013モデルの傾向なのかな。
img59850050.jpg
ハンドルバー 3T Ergosum Team HM カーボン

Z2もそうだったけど、ハンドルのレッドカラーがフレームと調和
しているなあ。

シフター Shifters SRAM REDダブルタップ
img59850049.jpg
img59850048.jpg
ホイール Zipp Z30
タイヤ Vittoria Diamante Pro-Light 700C×23C
フォーク Felt Road UHC アドバンスド 350gカーボン
img59850044.jpg
フレーム Felt Road UHC アルティメイト + ナノ DMC カーボン 792g
img59850047.jpg
img59850046.jpg
クランク SRAM RED BB30 53/39T
SRAM XG1090 11-26T
img59850045.jpg
img59850042.jpg
ブレ-キ SRAM RED
img59850043.jpg
【送料無料!】2013モデルFELT(フェルト)F2カーボンシクロクロスバイク

2012年10月22日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 FELT Z2 (SRAM RED採用)6.43kgと超軽量化へ

img59850160.jpg
(`・ω・´)……FELT Z2のデザインが、かっこいい……。
なんとSRAM RED搭載モデルですか。
FELT F2もSRAM RED搭載で、やはり同系統のカラーリングでなかなか
攻撃的なデザイン。

良く見てみると、コンフォートのZシリーズながらストレートフォーク
採用。
しかもトップチューブの曲線が美しい……戦闘力が増しただけでなく
快適性も強化した……か。
( ;゚ω゚)……重量も、6.89kg→6.43kgと超軽量化。
(ちなみに2012モデルのZ2はDura Ace Di2搭載モデル)
電動変速から逆に機械式変速になったわけですが、逆にダブルタップ
レバーと軽量化の恩恵を授かった訳で。
ホイールはSRAM S30 RACE。
FELTの上位モデルは、Di2搭載している中で、かなり異質な存在と
言っていいと思います。
だから、デザインもZシリーズながら遊んでいるようにも見えますね。

にしても軽そうだなあ。ロングライドにおける快適さ、高速巡航性の向上
を目指したモデルですけど。

カンパニョーロ搭載モデルのZ1 EPSも面白そうだけど。
なんか2013Zシリーズは、カラーリングやフレーム形状も含めて挑戦的。
img59850158.jpg
シフター SRAM RED ダブルタップ
img59850156.jpg
img59850157.jpg
ブレ-キ SRAM RED Aerolink
img59850155.jpg
フォーク Felt Endurance Road UHC アドバンスド

ホイール SRAM S30
タイヤ Vittoria Diamante Pro Light 700C×25C
img59850151.jpg
フレーム Felt Endurance Road UHC アドバンスド MMCカーボン
img59850154.jpg
img59850153.jpg
クランク SRAM RED BB30 50/34T
SRAM XG1090 11-28T
img59850152.jpg
シートステーが前より少し細くなっている?
あと、この「TWO」がZ2という意味かな?
img59850150.jpg
【送料無料!】2013モデルFELT(フェルト)Z2カーボンロードバイク

2012年10月21日 トラックバック(0) コメント(0)

CYCLE SPORTS12月号のサイクルモードガイドブックをだらだら読んでみる

P1000633.jpg
P1000630.jpg
ヽ('∀`)ノそろそろサイクルモード2012なので、だらだらチェックするために
サイクルスポーツ12月号を買いました。
毎年、ガイドブックがついてくるのでありがたや。

やっぱり紙で、会場MAPをチェックするのも楽しいもんです。
(公式HPでも、会場MAPとかダウンロード出来るみたいですが)

てか、入口にいきなりCOLNAGOブースがあるんだ!
( ;゚ω゚)いきなりコルナゴ噴水ですか!!??
逆に、DE ROSAとかビアンキが会場奥にブースを配置。

あと、電動アシスト試乗エリアの隣が、リカンベント、超小径車試乗エリアにねえ。
ミニベロ系ブースは出口付近かあ。

アンカーブースが試乗コース中央に。
いつもとブース配置が、少し違うのですね。
ロード・クロスバイク&MTBコースはいつも通りかな。

P1000627.jpg

しかし、さすがに12月号は分厚い。
シマノのカタログとか、サイクルモードガイドブック、シクロクロスの
本などかなりのボリューム。
P1000632.jpg
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブルあのドS企画がまたやっている……。
全日本最速店長選手権を、2012年も企画したのか……
一位は大石一夫氏 長野県のロード専門店シクロオオイシラヴニール
なんと最年長51歳!
(大石一夫氏の経歴を読んでみたら、背筋が寒くなった。全日本選手権2冠……)
ルック695のフレームに、カンパのスーパーレコード!
なんか、LOOKやキャノンデール、コルナゴ率が異様に高い。あとトレックか。
あんまりここで順位を書くと怒られそうなのでなんですが。
こんな恐ろしいレース、出るだけで勇気あるなあと思います。
P1000629.jpg
(´・ω・`)ああそうかあ、2月9日にお台場でシクロクロス東京があるんだなあ。
行ってみようかな。
モデル紹介のほかに、イベントや、乗り方講座までなかなか読んで
面白かった。

2012年10月20日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 FELT AR1(新型SHIMANO DURA ACE DI2搭載予定)

img59849956.jpg
FELT Z1 EPSのホイールって、CampagnoloのトップグレードShamal Ultra
じゃないですか?
んじゃFELTのフラグシップエアロモデルAR1のホイールは、なんだろうなあと
思ってチェックしてみたら、新製品SHIMANO DURA ACE C35ですって。
凄いですねえ。
中速、高速域での走行を得意とするホイールっスか。
高速巡航を得意とするホイールと、エアロフレームの相乗効果はどれだけ凄い
のだろう。
(ARモデルだからこそ、SHIMANO DURA ACE C35というわけですか)
まあ、当たり前の様にノーマルクランク。
予定されているのが例の新型DURA ACE DI2を搭載した、FELT AR1……リア11速。

重量はなんと6.79kg……。

まあ、そりゃ上りもこなせるってもんですよ。
ホイールのSHIMANO DURA ACE C35の登板性能も、いけるという話ですし。

あとハンドルは3Tのカーボンハンドル。
他のFELTモデルも3T? みたいですね。
ステムも3Tでいくのかな。

img59849953.jpg
ハンドル 3T Ergonova Team Stealth HM カーボン
img59849954.jpg
フォーク Felt UHC Ultimate+Nanoカーボン
img59849952.jpg
フレーム Felt Aero Road UHC アルティメイト + ナノMMC カーボン 1134g
あ、ヘッドに①という表示がしてある。
そうか、2013モデルはヘッドのロゴで、モデルが分かる訳か。
img59849951.jpg
img59849950.jpg
img59849948.jpg
img59849949.jpg
img59849955.jpg
【送料無料】2013モデルFELT(フェルト)AR1カーボンエアロロードバイク

2012年10月19日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 FELT B2 アルテグラDi2をTTモデルに採用

100000013345-l0.jpg
100000013345_08.jpg
( ;゚ω゚)……これがFELTのTT上位モデル「B2」かあ。
うーん、これが数値流体力学コンピューターを使用したスーパーテクノロ
ジーデザイン。
スーパーコンピューターを、フレーム開発に生かすなんてフェルトならで
はですねえ。


ちょっと見ていてびっくりしたのですが、前三角付近にあるグレーのカバー
みたいなところにエアロボトルがあるんですか?
でもって、BB下にもカバーがついているんですよ?
おそらく、ここがバッテリー部分と推測。

これはえげつない。もう、空気の流れの抵抗になりそうなところはカバーで
覆うというやり方かあ。
やっぱり、長年ARシリーズなどのエアロフレームをやっているだけあって
こういう所に長けているんでしょうね。
あと、リアホイールとシートチューブの間に全然クリアランスが存在しない!
凄いなあ。
とにかく、気流が乱れそうなポイントは徹底的に潰している。
うーん、空力抵抗萌え……
100000013345_06.jpg

スイッチ部分にDURA-ACEのロゴが見えますね。
でも一応B2に搭載するコンポは、電動アルテグラ仕様でいくそうです。
正規品はアルテグラのスイッチでいくのかな?

フレームはフェルト エアロ TT/Tri UHC アドバンスドMMCカーボン
100000013345_07.jpg
ブレーキ フェルト インテグレーテッド エアロ
100000013345_05.jpg
フォーク フェルト エアロ TT/Tri UHC 
100000013345_12.jpg
クランクはアルテグラ 53/39T
この下カバー内がバッテリーかな?
100000013345_10.jpg
で、ここがエアロボトル。
問答無用でかっこいい。
100000013345_02.jpg
BBパーツ フェルトBB30
100000013345_01.jpg
ここからの眺めが凄い。
刃物にしか見えない。
100000013345_11.jpg
100000013345_03.jpg
100000013345_04.jpg
サドル プロロゴ ナゴ EVO TRI40
100000013345_09.jpg
シートピラー フェルト エアロ DA/B UHCアドバンスドカーボン

勉強の為に、見てみたけど。
そうかあ。
( ゚∀゚)TTモデルに電動変速を採用するとこういう設計になるのですねえ。

サイクルベースあさひ

2012年10月18日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 GIOS STEEL MASTER(スチールマスター) フレームにDedacciai ZERO UNO

img59809779.jpg
(;゚ω゚)……これが噂のGIOS STEEL MASTER?

意地でもGIOSはクロモリモデルにこだわるみたいですね。
なんだこりゃ?
ホイールはCAMPAGNORO KHAMSINだし(しかもシルバー)
コンポはイタリアCAMPAGNORO VELOCE?
更にクロモリフレームはイタリアDedacciai ZERO UNO。
しかもですよ? フレームにイタリア国旗が加工されているという。
フレーム売り? ではなくて完成車??


やけくその様に、イタリアンパーツ&フレームを採用していますね。
でもって10速モデルかあ。

しかも更に驚いた事に、アヘッドステム!? 
スレッドステムじゃなんだ?
ヘッドパーツはなんとCAMPAGNORO RECORD??

(´・ω・`)……ああ、そうか。
パーツは最新のイタリアンパーツをそろえて、なおかつクラシカルなデザインを
目指したという事か……。

でも65周年モデルとはいえ、なんでここまで豪華な仕様を持ってきたのでしょう?
GIOSというブランドに何か変化でもあったのでしょうか???
カーボンモデルに、TTフレーム、デダチャイの軽量アルミモデル、でもって
チタンモデル……
それでこのイタリアンなSTEEL MASTERでしょう?

も、もしかして将来的に、凄いGIOS製ミニベロとかも出てくるのかな?
STEEL MASTER乗ってみたいなあ。どれだけ、乗り心地がいいんだろう?
img59809777.jpg
img59809775.jpg
アヘッドステムですね。
img59809776.jpg
ヘッドパーツ CAMPAGNORO RECORD
img59809774.jpg
フロントフォークはGIOSオリジナルクロモリ
ホイールセット CAMPAGNORO KHAMSIN
タイヤ PACERA 700X23C
img59809771.jpg
クロモリフレームはイタリアDedacciai ZERO UNO
img59809770.jpg
img59809767.jpg
img59809769.jpg
STEEL MASTERのロゴの横に、加工されたイタリア国旗が。
img59809772.jpg
クランクセット CAMPAGNORO VELOCE 50/34T 170mm
フリーホイール CAMPAGNORO VELOCE 11-25T

img59809778.jpg
ブレーキ CAMPAGNORO VELOCE
img59809766.jpg
img59809782.jpg

( ;゚ω゚)……うーん、なんという物欲をそそるクロモリモデル。
特にこのホワイトカラーは反則だと思う。
ずるい……。物欲を電気ショックの様にそそられる。
価格は19万となかなか。
2013モデルGIOS(ジオス)STEEL MASTER(スチールマスター)クロモリロードバイク

2012年10月17日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 BIANCHI PISTA FLAT AL ライザーバー仕様になっているねえ

img59831457.jpg
(´・ω・`)……今や、ビアンキ唯一のシングルスピードモデル
となってしまった……
BIANCHI PISTA FLAT AL。

やはり、人気モデルの為に2013モデルもきちんとライン
ナップされていますね。
シングルスピードということでライザーバー仕様
にしたりしています。

( ;゚ω゚)……とはいえ、シングルスピードモデルにとって厳しいご時世。
2014モデルPISTA FLATが出るかどうか……
もうドロップハンドル仕様のPISTAとかは、しばらくお目に
かかれないんでしょうね。

2012モデルはエアロフォークに「BIANCHI」とアルファベットで
あしらわれていましたが、2013モデルはビアンキイーグルが
プリントされていますね。

そんなこんなで、なんとなくホワイトカラーよりブラックカラーの
方がかっこいい感じがしたのでブラック画像を載せましたが。

img59831455.jpg
なんとストレートハンドルから、レイザーバーに変更。
ブレーキレバー TEKTRO 289A
img59831454.jpg
img59831453.jpg
ホイール ALEX R-700 32H
img59831452.jpg
ディープリムホイールのおかげで、個性が出ていますね。
img59831450.jpg
アルミフレーム。溶接跡も綺麗なもんです。
img59831451.jpg
チェーンも2012モデルに引き続きゴールド。
クランク F.GIMONDI 46T 170mm
img59831449.jpg
img59831448.jpg
ブレーキ PROMAX RC466

img59831456.jpg
タイヤ KENDA 700×23C
img59831447.jpg
サドル SELLE SAN MARCO PONZA POWER

( ゚∀゚)やっぱり他社のシングルスピードと違って、フォークがエアロ形状
じゃないですか?
その分PISTA FLAT ALの方が、わずかながら走りの上でアドバンテ
ージがありそうですよね。
しかも変速機がない分軽量&エアロ効果のおかげで走りが更に軽く
なるという訳で。
2013モデルBIANCHI(ビアンキ)PISTA FLAT AL(ピスタフラットアルミ)シングルスピード・ピストバイク

2012年10月16日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 LAPIERRE(ラピエール)のエントリーモデルデザインが非常に洗練されている。

2013-LAPIERRE-SENSIUM-100CP.jpg
(´・ω・`)……あれ? フランスのロードバイクLAPIERRE(ラピエール)がなんか
安くなっている?
さすがに高級ゼリウスモデルじゃないけどSENSIUM 100CPが定価で17万。
フルカーボンにティアグラスペック&RITCHEYパーツ&8kg台の軽量モデル。
なんだか、随分敷居が低くなったものですね。
でもスペックは高めでお得感が。
しかも、なぜかゼリウスなどの上位モデルよりもデザインに凝っていると
いう。
どういうわけか、10万クラスのモデルをラピエールは強化してきたみたい。
嬉しいなあ。
2013-LAPIERRE-AUDACIO-200CP.jpg
例えばAUDACIO 200 CP(アウダシオ200)のオレンジとホワイトのカラーリン
グは確かにフレンチ風。
コンポにSIMANO2300を搭載したエントリー系アルミモデルですが。
でもシートステーの歪曲具合とか、結構本格的。
2013-LAPIERRE-XELIUS-100CP.jpg

XELIUS 100CP
逆に面白いなあと思ったのは、ゼリウスの105搭載モデルがなんと定価
27万!

「高級フレームにあえて105を採用してやったぞ」感が面白い!
さぞや、いいカーボンを使っているに違いない……
なんか今までのカーボンロードとは違う、強力なペダリングに対応した
フレームだとか。
乗り易さのエントリーモデルに対して、完全にゼリウスはレーススペックモ
デルか。
2013-LAPIERRE-XELIUS-600CP.jpg
XELIUS 600CP
電動アルテグラ搭載
ホイールにMAVIC COSMIC ELITEを採用。
重量はなんと7.2kg
まあ、50万クラスでしょうね。
2013-LAPIERRE-XELIUS-400-FDJ-CP.jpg
XELIUS 400 FDJ CP
プロチームFDJのレプリカモデル。
なんと定価で47万オーバー!
でもかっこいいなあ。思わずデザイン買いしてしまいそうな。

(´・ω・`)……なんというか、どちらかというとフランス本国で愛用されてい
るモデルなのでやはりデザインセンスもフランス色が濃い。
日本人でもラピエールに乗った方は、異様にその性能に惚れこむけど……。
気になる……。
自転車のきゅうべえ

2012年10月15日 トラックバック(0) コメント(2)

2013 BIANCHI FRETTA サドルにSelle Itala SL XCを採用

img59834320.jpg
img59834308.jpg
(´・ω・`)……へえ、2013モデルのフレッタってサドルにSelle Itala SL XC
採用しているんだ。
レール部分に中空マンガンを使用した奴ですね。
BD-1専用サドルを使わない代わりに、軽量かつ、しなりの良いサドルを用意し
てきたんでしょう。
2012モデルはVelo VLG-709とかいうサドルだったっけ。

あと、パーツ類をブラっクに統一してきた路線も健在。
てか、2012モデルのフレッタってアーミーカラーで暴れていましたからね。
2013モデルは、デザインもお洒落路線に戻った模様。
img59834318.jpg
なんかこのチェレステカラーモデルは、9月ごろに既にショップで先行販売も
されていたようで。
(´・ω・`)……例の濃いめのチェレステカラーが特徴でしたが。

モノコックアルミフレーム Shimano ACERAリア8速仕様の路線は
継承ですね。

それはそうとBIANCHI FRETTAって、リーズナブルにBD-1フレームが
買えるのが魅力ではないですか?
(BD-1と製造工場及びラインが一緒ですし。OEMというより
BD-1の義兄弟と言ってもいいのでは?)

販売価格はユーザーに優しい、11万程度。
まあ、それはそれとして今なら楽天ハクセン様で、ポイント10倍セール中です
し相当安く買えますよ??
実質10万そこそこに、なってしまうのでは?
個人的にはかなりありえない価格なんですけど。
BD-1 STANDARD 8Speed だって、普通に販売価格は12万以上しますものね。

とりあえず、リーズナブルなDD-1 系フォールディングバイクをお探しの
方はチェックされてみては?
チャンスだと思うのですが。
img59834317.jpg
シフター Shimano SL-M310
もう以前のグリップシフターには戻らないか……
img59834313.jpg
ハンドル高は調整可能。
img59834314.jpg
img59834315.jpg
フォーク アルミ Folding Fork with Spring Suspension
img59834312.jpg
んー、2013モデルのデザインは手堅く行きましたね。
ちょっとブラックカラーが精悍かな?
img59834311.jpg
クランク APEX PCD130 54T
カセット Sram PG850 8speed 11-30T

img59834310.jpg
お馴染みの弾性を利用したリアサスユニット、エラストマー

ブレーキ Shimano BR-M422 V-brake
img59834309.jpg
タイヤ CST M-127 18x1.5"
リム ALEX DV-15
2013モデルBIANCHI(ビアンキ)FRETTA(フレッタ)折り畳み・フォールディングバイク

2012年10月14日 トラックバック(0) コメント(0)

2013モデルBIANCHI CAMALEONTE INN シングルスピード風デザインな内装変速モデル

img59816285.jpg

( ゚∀゚)おお、いいじゃないですか?
この内装変速搭載モデルのカメレオンテ。
サドルにシングルスピードと相性のいいSelle Royal CONTOUR ROYALを採用ですよ。
なんだかんだで、こういうのもなんだけどビジュアル的に、カメレオンテ
シーリーズの中で、一番完成度が高くないですか?
まるで見た目が、ピスト風カメレオンテ!!

ヽ('∀`)ノしかも、渋い事にカーボンフォークを使用せずにアルミフォーク!
なーんか仕様が、コンフォート系から逃げている様な気がしていいですね。
しかも、カラーリングも凄い!!
メタリックブラウンとシルバーカラーで、カメレオンテロゴを盛り上げています
よ?
なんとなくディクスブレーキを採用していないのが惜しい気もしますが。
とはいえ、価格も5万クラスとかなり押さえ目なのも面白いですね。
これ、デザインとか色々見ていると本当はシングルスピードカメレオンテ
をやりたかったのかなあと思うのですが。
先日紹介したPISTA VIA BRERA inter5もそうですが、今は時代のせいで
シングルスピードはやりにくいので、あえて内装変速というカモフラージュ
を施したのでは?
チェーンカラーもなぜかシングルスピード風にゴールドですし。
img59816293.jpg
シフター Shimano NEXUSレボシフト
img59816292.jpg
img59816291.jpg
フロントフォークはアルミ。
渋いですね。
img59816290.jpg
img59816289.jpg
シルバーとかメタリックの攻撃的デザインのカメレオンテ。
一番カメレオンモデルの中で、とんがったデザインではないかと。
img59816288.jpg
クランク LASCO 44T
img59816294.jpg
SHIMANO NEXUS内装5段搭載
img59816286.jpg
ホイール JALCO DRX-6000
タイヤ KENDA 700X28C
img59816287.jpg
サドル Selle Royal CONTOUR ROYAL

ここまで凝っているのに、6万という販売価格がちょっと嬉しい。


(´・ω・`)……そういえば、オランダの自転車事情をTVでやっていましたけど、随分
シティコミューター&クロスバイクが愛されているんですね。
しかもバニアバッグを乗せたバイクの多い事。
一度オランダ行ってみたいなあ。
2013モデルBIANCHI(ビアンキ)CAMALEONTE INN(カメレオンテイン)内装5段変速クロスバイク

2012年10月13日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 BIANCHI VENEZIA セラ・ロイヤル社本革サドルがついてきますよ。

先日のサイクルモード時に宿泊するホテルについてですが……
逆に豪華なホテルでもいい気がしてきましたよ。
(いや、1年に一回位いいかなって……)

価格的に、一番豪華なホテルとなると……
QSmqb7.jpg
yr1qOW.jpg

( ;゚ω゚)ホテルニューオータニ幕張が、最有力候補に……
いや、飯が美味しそうだなあって思いまして。

最近ホテル朝食ブームなんで、それにあやかろうかなって。
(なんだかんだで、何十台も試乗するので体力をつけておかなくては)

img59833954.jpg
(´・ω・`)それはそうと、このモデルBIANCHI(ビアンキ)VENEZIA(ベネツィア)
って、シティコミューター? 的なクロスバイク?
ハイテンフレームに、なんと内装7段変速搭載。

しかも、どういう訳か機械式ディスクブレーキ搭載。
トップチューブからシートステーにつながる、フレーム
の曲がり具合が異様に目立つ上に、なんとタイヤサイズは26X1.25
ときたものです。

最近の洋々な規格から、はみ出ているちょっと面白いモデルですね。

サドルのチョイスもかなり面白い事になっています。
セラ・ロイヤル社の70年代を意識した本革デザイナーズサドル、
SELLE ROYAL CONTOUR ROYAL!
なんと職人がハンドメイドで仕上げた、サドルですよ。
本来はクロモリロードやピスト向けにプロデュースしたそうですが。
なるほど、シティコミューターの雰囲気を演出する為に一役買っています。

img59833953.jpg
確かにハンドルはゆったりしていますね。
ただ、どうして内装7段変速にしたのか……
もしかしたら、乗ってみると結構攻撃的なモデルだったりして。
あくまで、革製とはいえロード用サドルですし。
img59833952.jpg
img59833951.jpg
うーん、デザインというかロゴが70年代?
なんとなく、懐かしさを感じさせるデザイン。
img59833950.jpg
AVID BB5ディスクブレーキ。
まさかのディスクブレーキ搭載。
img59833949.jpg
img59833947.jpg
LASCO POLISH SILVER 44T
img59833948.jpg
img59833946.jpg
内装7段変速(NEXUS 7speed)
img59833944.jpg
ホイールJALCO DM18
タイヤKENDA 26X1.25
img59833945.jpg

サドル SELLE ROYAL CONTOUR ROYAL
うーん、なんというシンプルさ。
なんか他のビアンキモデルと比べても、一味違いますね。
2013モデルBIANCHI(ビアンキ)VENEZIA(ベネツィア)内装変速クロスバイク

2012年10月12日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 BASSO loto(バッソ ロト)  105搭載のカーボンコンフォートロード

img59847092.jpg
img59847087.jpg
あの、今年のサイクルモードって、もしかして凄い数のお客様が来るんですか?
なんかいつもよりも、海浜幕張駅周辺のホテル予約が取りにくいのですが……。
うーん、今回は都心のホテルに宿泊しようかな……
でも移動が面倒くさい。
おかしいなあ。
なんでこの時期、ホテル予約がいっぱいなんだろう?
さすがに、宿泊に2万以上もかけたくないしなあ。
(そんなお金があったら、メッセンジャーバッグを買い替えるってもんですよ)


フルカーボンロングライドモデルBASSO LOTOです。
衝撃吸収性に優れたフレームですね。カーボンモノコック TORAY HIGH MODULUS36
採用でフレーム重量は8.6kg。
本当にシートステーが細めで、ツーリング仕様みたいですね。
コンポは105を採用で、価格は18万クラス。

タイヤクリアランスも広めに確保してあるので、タイヤサイズも太めでいけるそうな。
FELT Zシリーズを意識しているのかな……
にしても、カーボンコンフォート系で105スペックというものいいですね。
どちらかというと、他社はティアグラ搭載モデルが多い中、あえて105スペック。


そういえば、カーボンバックモデルREEFや、フルカーボンモデルLAGUNAも105スペック。
ようやく、アルミ系のMONZAにティアグラを採用。
意地でもカーボン系モデルには105スペック! というBASSOの意地が見え隠れ
するのは気のせいでしょうか?

img59847086.jpg
シフトレバー シマノ105
img59847085.jpg
img59847089.jpg
ホイールセット SHIMANO WH-R501
img59847090.jpg
img59847091.jpg
img59847079.jpg
クランクセット SHIMANO FC-5750 50-34T
img59847077.jpg
ブレーキ SHIMANO BR-5700
img59847078.jpg
サドル SAN MARCO PONZA

2013モデルBASSO(バッソ)LOTO(ロト)カーボンロード

2012年10月11日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 BIANCHI MINIVELO10 DROP アルミだけど、まるでミニベロスポルティーフ

img59833993.jpg
2013 BIANCHI MINIVELO10 DROPの見た目が、まるでミニベロスポルティーフ。
(もっとも、フレームはアルミだけど)

いや、もう例の亀甲模様のビジュアル的破壊力が凄い。
コルクのバーテープ、Wレバー、Brooksのサドル、亀甲泥除けというパーツ
類のおかげでミニベロスポルティーフ化していますね。
でもって、SHIMANO TIAGRA採用でリア10速化。
最近各社が、レトロミニベロをどんどんプロデュースしていますから。
MINIVELO DROPもおのずとレトロビジュアル路線に拍車がかかったのかな。
ステムやシートポスト、更にはディレーラーまでシルバーで統一感を演出してい
ます。


カラーリングはチェレステクラシコの一点のみ。
このチェレステカラーに万全の自信があるのでしょう。
そういえば、どこかで四国のお遍路にとても使えるとかいう話を聞いた事があ
るけど。
なるほど。
宿泊施設の部屋中に、MINIVELO DROPを置いておけるし。

その上ミニベロながら機動力もあるので、ツーリングしながらお遍路巡りが
出来る訳だ。

img59833991.jpg
img59833986.jpg
シフター Shimano DuraAce W-Lever
img59833990.jpg
img59833989.jpg
タイヤ Kenda K-193 20x1-1/8"
img59833988.jpg
なるほど。亀甲泥よけをミニベロに採用しているメーカーはあまりないはず。
このあたりで差別化を狙ったか。
img59833987.jpg
img59833984.jpg
クランク ANDEL RCS7-277PW 52/42T
カセット Shimano CS4600 11-25T
img59833985.jpg
img59833992.jpg
ブレーキ TEKTRO 992AG
img59833983.jpg
サドル Saddle Brooks B17 standard

見た目がレトロなミニベロかつ、リア10速搭載モデルはそれほど種類がないと
思います。
レトロ感とそれなりの走行性能を求めているなら、とりあえずこれかと。
2013モデルBIANCHI(ビアンキ)MINIVELO10 DROP(ミニベロ10ドロップ)小径自転車

2012年10月10日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 BIANCHI ROMA TIAGRA (SHIMANO BR-M395油圧ディスクブレーキ採用)

無題かめ1
(`・ω・´)へえ、ビアンキローマのメカニカルディスクブレーキAVID BB-5
が変更になっていますよ?

なんと2013モデルからSHIMANO BR-M395油圧ディスクブレーキを採用。
キャノンデールのバッドボーイシングルスピードにも使われているタイプ
ですね。
へえ、より強力なブレーキに進化しています。

メンテナンスしやすいし、どの条件下でも確実な制動力が維持される
ワイヤー式ディスクにしたと思っていたのですが。
(フロントフォークはKINESIS DL17アロイ ブレード形状と変更なし)

(´・ω・`)……ま、ビアンキローマは2013モデルのクロスバイクモデルの中で、
珍しくディスクブレーキを採用したモデルですからね。
その個性をより強化してきたのでしょう。
フィットネスや運動目的など、攻撃的に乗りたい方にローマが向いているのは
間違いないです。
コンポーネントは新ティアグラ10速を継続の模様。

ところで、最近ドイツの映像で、フラットバーロード&ディスクブレーキ
のモデルが走っている映像をやたら見るんですけど。
(確かルクセンブルクだったっけ?)
ドイツでは、シティコミューターが流行しているけど、こういうフラットバー
ロードも人気が出てきているのかな?
無題かめ7
シフター SHIMANO TIAGRA
無題かめ2
うーん、マットブラックにイーグルというビジュアルがなんとなく男の子。
無題かめ9
フォーク KINESIS DL17アロイ
無題かめ5
ブレ-キ SHIMANO BR-M395油圧ディスクブレーキ
かめ3
フレーム DBアロイ 700C クロス
無題かめ4
無題かめ6
クランク FSA OMEGA COMPACT50/34T
カセットスプロケット SHIMANO TIAGRA 12/28T
無題かめ8
タイヤ CONTINENTAL ULTRA SPORT 700x28C
無題かめ10
サドル VL-3059

(´・ω・`)……最近シティコミューターのBIANCHIメトポリの大ヒットにより、
タイヤサイズをより太く、太く! というのが最近の流行ですよね。
(ちなみにメトポリのタイヤサイズは700x37c)
なんとなく、2014年あたり32Cサイズのローマが出てくる予感。
2013モデルBIANCHI(ビアンキ)ROMA(ローマ)クロスバイク

2012年10月09日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 KUOTA KURARO エアロ形状とコンフォート性を強化

KLJ1.jpg
これが新登場KUOTA KURARO……渋いなあ。
ぶっといヘッドに、段違いシートステー。
ワイヤー内臓のエアロフレーム。電動、機械式両方に対応フレームかあ。
KEBELの後継万能エアロということで。KEBELは無くなるのかあ。

弓なりのトップチューブと、扁平極薄シートステーで路面からの
衝撃を押さえて快適性も確保。
どの程度乗りやすくなったんだろう?

価格はきゅうべい様によると
ULTEGRA Di2完成車(¥412,000)
ULTEGRA完成車(¥320,000)
105完成車(¥268,000)
フレームセット(¥199,800)
あ、電動コンポに対応しているんですねえ。
105もエアロロードモデルにしてはかなり価格が抑え目。

最初は機械式の105採用モデルを購入して、後日電動コンポにする事も
可能。
色々な意味でステップアップし易いフレームなんですね。
確かに万能フレームだわ。

トップチューブとダウンチューブ、ヘッド部分がコンフォートバイク
みたいなフレームですね。
(縦から見たら、また違う感想を持つのだろうけど)
で、シートステー、シートチューブ、シートポストががちがちのエア
ロ形状。
この二つがドッキングした際、どんな走行性能を発揮できるんだろう?
KLJ2.jpg
おお、本当だ。KUOTA KEBELよりも更に刀みたいに
薄くなっている!
シートチューブとシートステーのエアロ形状が、より強化
された印象。

そうか、KEBELの後継機ということでエアロ形状に
こだわっているんだ。
いや、シャープだなああ。
いいなあ。
大根がぶった切れそうだ。
KLJ3.jpg
ケーブルもエアロフレームということで内蔵。
コンフォート性能とエアロ性能を強化した新作だというのは
とりあえず理解しました。
せっかくだし、試乗リストにいれてみようかな。
面白そうだ。
自転車のきゅうべえ

2012年10月08日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 KUOTA KORSA(クォータ コルサ) アルミフレームから、カーボンモデルに進化

DSC00602.jpg
ヽ('∀`)ノわあ、KUOTAのアルミモデルだった KORSAが、とうとうカーボン
フレーム化へ。
しかも定価は定価¥164,000!?
おおお、まさかこの価格でいきますか?
以前の7005アルミ&カーボンフォークモデルは定価が12万で、販売価格が9
万そこそこだったから……
コンポもティアグラスペックですよ?
コンポもフルティアグラを採用してグレードアップ。
多くのユーザーが使用するモデルであることを想定して、サイズ展開も豊富で
乗り味に癖がない……か。
若干エアロ化しているし、ヘッドのボリュームもエントリーモデルとは思えない。

(´・ω・`)……とはいえ、イタリアンアルミモデルがまた一台消えたか。
少しさみしいような。
カーボンモデルを意識していたKORSA LITEがめでたくカーボン化したの
だから、めでたしめでたし。

10万ぎりぎりクラスの、カーボンフレームモデルを各社投入ラッシュではない
ですか。

でも他社はどちらかというと、コンフォート性重視が多いけど。
KORSAはどの程度の走行性能なんだろう?

どのメディアも万能性を歌っているけど、なんか気になるなあ。

( ;゚ω゚)何気なく取り上げていたら、いつの間にかエントリーカーボンモ
デル記事ばかりになってきた。
本当にびっくり。
しかも、やはり反響も大きい。
それだけ凄い数の台数が2013モデルとして、お披露目されたと言う事で。
2013モデルならではの傾向ですね。
気が早いですが、2014モデルとかは一体どういう事になってしまうのでしょう?

自転車のきゅうべえ

2012年10月07日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 SCOTT FOIL30 (リッチーおじさんとSyncrosの歴史について)

DSC01205.jpg
やあ、やあ、2012モデルは強力なイエローカラーで業界にショックを
与えたエアロロードFOIL30ではないですか?
半翼状断面フレームって、本当に見た目はエアロフレームかどうか分かりにくい……
でも、どちらかというとこのエアロフレームよりもイエローカラーリングが注目
されてしまった面白いモデルですね。

さすがに2013モデルは「ほぼオールイエロー」とはいかなかった様ですけど、これはこ
れでスコットっぽくてかっこいいですね。
(´・ω・`)……ブラックベースのイエローですか。

でも、なんで2013モデルも「ほぼオールイエロー」でいかなかったんだろう?
パーツなどを見るとやはりイエローカラーをあしらっているので、やはり
カラーリングを意識しているのではないかと。

そうそうなんかパーツがほとんど、あのカナダの名パーツメーカー「syncros」
を採用していますよ?
あれ? SCOTTに買収されたんだ?
Syncrosの歴史を調べてみると、GT、シュウイン、パシフィック、リッチーと買
収され続けとうとうスコットの傘下に……。
c21c5d45.jpg
ちろの山岳自転車哲学様のリッチーおじさんとSyncrosの記事がちょっと
面白かった。

趣味は悪いが、熱い男……なるほど。奥が深い……
そんなSyncrosのパーツを積極的に採用したスコット。
やばい……Foil 30にめちゃくちゃ乗ってみたくなってきた。


DSC01211.jpg

ホイールもイエローカラーに合わせています。
マヴィックのホイールからSynros RR2.0に変更。

DSC01208.jpg

おお? ステムもsyncrosになっている?
僅かながら、イエローカラーをあしらったスクエア形状。
DSC01212.jpg
DSC01207.jpg
サドルもセライタリアから、syncrosへ。

( ;゚ω゚)……Foil 30って2012モデルより、2013モデルの方が面白
そうな気がしてきた。

自転車のきゅうべえ

2012年10月06日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 BIANCHI ANCORA(ビアンキ アンコラ) ティアグラ採用でリア10速&スポルティーフ仕様は健在

img59831343.jpg
( ゚∀゚) ビアンキスポルティーフモデルのアンコラです。
以前行われていたフランスのサイクリング競技を意識したモデルで、長距離移動
と美しさを両立させなければいけない宿命を背負っています。

と言う訳で、700X28Cサイズのタイヤですし、泥除け、革製サドル。
更には、強度重視ということでフロントフォークはクロモリ。
ブレーキはアーチの長いカンチブレーキ。

重量も結構あるモデルなので、出来れば試乗して購入した方がいいですね。
(ビアンキモデルだから、その点が結構難しいけど)
にしても巨大なドロップハンドルが頼もしい。
フロントに巨大なバッグを搭載するのが、前提になっています。
(ちょっと個人的に三脚とか一眼レフとかを乗せて、風景撮影用に使ってみたい。
そういえば、最近の三脚はコンパクトになりましたよね)


以前はクラシカルとか、なんというかデザインばかりに目がいったけど。
うーん、2013モデルの泥除けも亀甲模様が素敵。
最近ビアンキシーリーズはこの亀甲模様を積極的に採用していません?
やっぱりトリプルギアとWレバーがいいなあ。

リアキャリアを取り付けてしまうと、更に重くなるけど。なんだかんだで
運搬時に楽だから悩ましい。

img59831341.jpg
ブレーキレバー DIA COMPE 204N
img59831339.jpg
img59831337.jpg
ブレーキ KORE RACE CANTI
ブレーキの穴で、フロントキャリアを固定する方式。
img59831338.jpg
フロントフォークはクロモリ。
堅牢というか手堅いですね。
かっこいい。
img59831340.jpg
フロントキャリア付き。
もう最初から、「フロントバッグを取りつけてな?」
と誘われているかのようだ。
img59831342.jpg
タイヤ VITTORIA ZAFFIIRO 700X28C
img59831335.jpg
定番のクロモリフレームにシャンパンゴールドカラー。
img59831336.jpg
シフター シマノ DURA ACE ダブルレバー SL-7700
レバーの模様がいいですね。
img59831333.jpg
リアにSHIMANO TIAGRA! 
リア10速!
フロントトリプルの30SPEED化ですよ!
img59831334.jpg
アンデル製トリプルギアクランクですよね?
丸石サイクルの エンペラーツーリングコンダクターと
同様の仕様かあ。
img59831332.jpg
img59831330.jpg
アルミ製泥除けに、亀甲模様を施しています。
img59831331.jpg
サドル BROOKS B17

(´・ω・`)……最初から、ここまできちんとパーツがついてくるのがいいですね。

とりあえず、必要な時だけリアキャリアを取りつけて運搬仕様にするのも
いいかな。
普段は、シンプルに乗って癒されたいなあ。


カーボンロードのスピード路線も楽しいですが、たまにはこういうモデルも面白い
と思います。

2013モデルANCORA(アンコラ)BIANCHI(ビアンキ)スポルティーフ・ツーリングバイク

2012年10月05日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 BIANCHI PISTA VIA BRERA inter5 より街乗り重視に。NEXUS 5speed採用

img59831475.jpg
( ゜∀゜)PISTA VIA BRERAが inter7からinter5に変更になりましたね。
inter5にして、街乗り重視にしたということかな。
Inter3だと逆にギア数が少ないし、interだと若干多いという判断でしょうか、


やっぱり「坂道も走れる、シングルスピード風内装変速モデル」と言う事で、
2012年モデルも人気が高かったですし。
ショップによっては、籠をつけてママチャリ風にしたりして面白がられた
モデル。

いずれにしてもクロモリシングルスピード風フレームの生き残りをかけた
モデルではあったのですが。
この内装変速モデルは販売が継続になった模様。

例のゴールドチェーンや、スタイリッシュなチェーンカバーもついてきます。
なるほど、inter5にしたことでハブのルックスもよりコンパクト感が出てくる訳か。

なんだか、これからロングセラー化しそうなモデルですね……と、
img59831473.jpg
シフター SHIMANO NEXUS レボシフト

img59831472.jpg
グリップシフターによる変速操作が可能。
ここから見ると、まるでシングルスピード。
img59831471.jpg
ホイール JALCO DRX2000
タイヤ KENDA 700×25C

(´・ω・`)……タイヤカラーがブラウンというかレトロ感があっていいですね。
img59831470.jpg
これが、フロストブルーカラーですか。
フロストグリーンカラーもなかなかシックでいい感じ。
販売価格も5万程度と本当に良心的。
フレーム DB クロモリ 700C シングルスピード

2013モデルもフィレット・ブレイズ製法を採用しているので
溶接面が目立たず、綺麗に処理されています。
img59831469.jpg
img59831467.jpg
クランクF.GIMONDI 46T 170mm
チェーンガード&ゴールドチェーン
(´・ω・`)……2012モデルから採用されたパーツですけど、やっぱり好
評だったんだなあ。
img59831468.jpg
img59831466.jpg
内装5段変速(NEXUS 5speed)
確かに見た目がNEXUS 7speedと比べてコンパクトになったかな。
img59831474.jpg
ブレ-キ PROMAX RC466
img59831465.jpg
サドル VELO VL-1221

(´・ω・`)……以前のPISTA VIA BRERAってシングルスピード時代は、レザ
ーパーツをいくらか使っていたんですよね。
この2013モデルPISTA VIA inter5は、予算の都合上レザーパーツ
は使われていない様ですが。
購入後にレザー製サドルバッグなどを取り付けてあげればそれなりに雰囲気
が出てくるかと。
元々、レザーが似合うモデルですし。
2013モデルBIANCHI(ビアンキ)PISTA VIA BRERA Inter5(ピスタビアブレラ インター7)内装変速クロスバイク

2012年10月04日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 BIANCHI MINIVELO10 FLAT(とうとう、リア10速化&泥除けのデザインを強化)

img59834013.jpg
( ;゚ω゚)……ああ、ビアンキの名ミニベロMINIVELO9 FLATが、とうとう
MINIVELO10 FLATにグレードUPしていますよ。
例の新ティアグラを採用。
しかもオポジットタイプのブレーキレバー&ブラウングリップも変更。
なんとレザー風グリップ化。

ああ、あのレトロなブレーキレバーが……消えた……
何気にショック……。


ただですね、フレームデザイン(特にチェレステカラー)がより
シックに強化された上に、泥除け加工もまるでランドナー風。
この泥よけ、欲しいなあ。
ですので、TEKTRO カンチブレーキ 992AGが採用されて
います。

DURA-ACE ダブルレバー路線は継続で、サドルBrooks B17も当然のごとく付いて
きますね。
うーん、結構2013モデルのMINIVELO9 FLATは変更が、ありますね。
今まであまりにも変化がなかったので、これからもそのままでいくと思ったのですが。

まあ、ギア比を高めにして20インチのタイヤを高速で転がすやり方は、そのままなので
ちょっと一安心。

とうとう、MINIVELO9 FLATはMINIVELO10 FLATになったかあ。
そういえば、NAVYカラーはもう2013モデルには存在しないようです。
もしNAVYカラーが欲しい方は2012モデルのMINIVELO9 FLATの在庫を探す
必要があるかもです。

img59834009.jpg
やっぱりオポジットタイプのブレーキレバーが、変更になった事が
個人的にでかい。

シフターShimano DuraAce W-Lever
img59834011.jpg
MINIVELO9 FLATから、ビジュアルが一気に変わった印象。
img59834010.jpg
img59834008.jpg
スチール製フォーク路線は継続
img59834007.jpg
タイヤ Kenda K-193 20x1-1/8"
img59834006.jpg
チェレステクラシコカラーとフロストブルーの2色展開。
やはりネイビーカラーが消滅したのも驚き。
リア10速化ということで、デザインもダイナミックに変化しましたねえ。
img59834004.jpg
クランク ANDEL RSC-277PW 52/42T
カセット Shimano TIAGRA 11-25T
img59834005.jpg
うんうん、泥除けとカンチブレーキのビジュアルは素敵ですね。
img59834012.jpg
img59834003.jpg
サドル Saddle Brooks B17 standard

(´・ω・`) 実は2013ビアンキモデルの中で、MINIVELO9→10 FLATの
変化が、一番の驚き。
なんだかんだで、変化のなかったロングセラーモデルだったので
なおさらです。
2013モデルBIANCHI(ビアンキ)MINIVELO10 FLAT(ミニベロ10フラット)小径自転車

2012年10月03日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 BIANCHI IMPULSO ULTEGRA(2013 ビアンキ インプルソ アルテグラ) 

img59830439.jpg
(`・ω・´)BIANCHIのアルミモデル「Impulso」が2013モデルもラインアップされています。

エントリーホイールとはいえ、MAVIC KSYRIUM EQUIPEコンプリートホイール仕様
ですよ。このあたりはアルテグラ採用モデルの特権ですね。
(Impulso 105採用モデルホイールはMAVIC AKSIUM、 TIAGRA採用モデルホイー
ルはJARCO DRX4000)

やっぱりアルミながら、細いシートステーが採用されているように衝撃吸収性を
強化しているのが特徴。
カーボンコンフォートモデルInfinitoのアルミ版とか、石畳に強いとか色々言われて
いますけど。
いやあ、本当に見た目が似ているなあ。

どちらしにしても、悪路などの悪条件下で速く走るのに適したアルミモデルであるのは
間違いないでしょう。
アルミだから多少転んでもOKというのもあるだろうけど。そう言う意味においては、
田舎道に適しているアルミモデルということかな。
フレームも、2013モデル丁寧にハイドロフォーミング加工されて画像からは、溶接
跡なども見えませんし、結構手間をかけてアルミフレームを成形。

しっかし、いつ見てもこのImpulsoのブラックはかっこいいですね。
快適性重視のC2Cシリーズに属するモデルで、振動を減らしてロングライドを楽しむ
モデルですけど、なんとなくビジュアルは攻撃的に見えてしまう。

C2Cということでコンパクトクランク仕様。でもって、軽量アルミフレームモデルと
いうことでヒルクライムに使うユーザーも多いとか。

アルテグラ採用のアルミモデルで15万ですものねえ。
やっぱりアルミモデルのImpulso か、カーボンモデルのInfinitoかで、予算に合わ
せて選択するという事になるのでしょうね。

img59830437.jpg
シフター Shimano ULTEGRA
img59830436.jpg
img59830435.jpg
フロントフォークはカーボン。
C2Cということで、ケプラー繊維を採用したのカーボンフォーク。
img59830434.jpg
img59830432.jpg
これは、相当アップライドな姿勢で乗れそうですね。
しかしまあ、本当にアルミに見えないなあ。
素直にかっこいい。
img59830433.jpg
クランク FSA GOSSAMER PRO MEGAEXO COMPACT 50/34T
img59830438.jpg
ホイールMAVIC KSYRIUM EQUIPE
タイヤHUTCHINSON EQUINOX2 700x23c
img59830431.jpg
サドル SELLE SAN MARCO PONZA POWER
2012モデルIMPULSO ULTEGRA(インパルソ アルテグラ)BIANCHI(ビアンキ)アルミロードバイク

2012年10月02日 トラックバック(0) コメント(0)