スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 月別アーカイブ 2012年01月

2012 BIANCHI SPRIT8500(スプリット8500)フルサスマウンテンバイク

img58754950.jpg
(´・ω・)……こう言うのもなんですけど、なぜかWサスのMTBって購入後
リアサスを自分でロックしておく場合が多いんですよね。
なにせ以前は7万程度のWサスだったもので。

なんだかんだで、スピードを上げて走りたい場合リアに力が
持っていかれてしまうので……固定してしまいました。
エントリーモデルのWサス故の悲しさです。

とはいえ、エントリーモデルのMTBの話なので、このクラスとな
るとサスの効きが極上になってくる訳で。
どういう訳か、推進力も消えないし、勝手に荒れ道でサスが大活躍
してすいすい走ってくれるのはやっぱり魅力的。
なんというか、風船に乗ってすいすい走っている感覚はある意味
異次元。
(エントリークラスのWサスモデルに乗っていたから、そう感じた
かもしれない。まあ、エントリークラスとはいえ、グリップ力は
強力でそれなりにコースで使えましたけど。何度転んだことか)

個人的には、10万オーバーのWサスはショック吸収性だけじゃなく
間違いなく快適性も加わるので買うとしたら出来るだけ高い方が
いいかな。

長距離もいけると思うし、なによりサスが乗り手をフォーローして
くれるから、コースでも転ぶ機会が激減すると思いますよ。

可動部が非常にWサスモデルの場合多いので、手入れは少し面倒かも
しれませんけど。


(`・ω・´)……ま、何気に震災でエントリーモデルのWサスMTBは
史上空前の大活躍をしましたけどね……!
img58754948.jpg
シフター Shimano DEORE
img58754940.jpg
手元でロックアウトを行えます。

img58754945.jpg
さすがにこのクラスになるとヘッドが太いですね。

img58754947.jpg
フォーク ROCKSHOX RECON SILVER TK SOLO AIR TRAVEL 120mm

img58754946.jpg
SHIMANO BR-M505 油圧ディスク
img58754943.jpg
img58754942.jpg
フレーム Full Suspended 26” - 125mm travel
img58754944.jpg
img58754941.jpg
クランク FSA DAMMA DRIVE MEGA EXO 42/32/24T
フロントShimano DEORE/リアShimano SLX
img58754949.jpg
ホイール DT SWIDD 4445D 32H
タイヤ HUTCHINSON COUGAR AIRLIGHT 26"X2.2

img58754939.jpg
サドルSAN MARCO PONZA POWER
2012モデルBIANCHI(ビアンキ)SPRIT8500(スプリット8500)フルサスマウンテンバイク

2012年01月31日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 BIANCHIbFerro Cavallo26(ビアンキ フェロカバロ26) 今年も生き残った名モデル!

img58754921.jpg
(`・ω・´)2012モデルもFerro Cavallo 26クロモリモデルは健在!

ところで……え、何々? 2008年モデルにBianchi Carbo Cavalloとい
うカーボンMTBがあったんですか?
(どうもトップチューブと、ダウンチューブがカーボンだったみたいです
け)
で、どうもその当時からこのクロモリフェロカバロが存在していて
どうやら生き残ったのが、なんとクロモリMTBの方だとか。

どうもビアンキは、Ferro Cavalloだけはなぜか仕様に妥協してこない
傾向があります。
大事にされているモデルなんですね。
SHIMANO DEOREをフルで採用してきていますし、絶対ミックスコンポとか
無しなんですね。
油圧ディスクブレーキやクランクも含めて DEOREで固めています。
フロントサスはロックアウト機能付き。

北京オリンピック女子XCの優勝タイヤシュワルベ ロケットロン
も健在です。

(´・ω・`)……結構在庫がどこも完売の様なので、結構手に入れるのが
至難かも。
結構生産数を絞っているのかな?
img58754920.jpg
シフター Shimano DEORE ラピッドファイヤー

img58754916.jpg
ダウンチューブとヘッドチューブの付け根がかっこいい。
img58754919.jpg
フォーク ROCKSHOX XC-32 TK
img58754918.jpg
ロックアウト機能搭載
img58754917.jpg
SHIMANO Deore 油圧ディスク
img58754914.jpg
img58754915.jpg
クロモリといえど、軽量MTBなのだから凄いですね。
img58754913.jpg
img58754912.jpg
SHIMANO DEORE 42/32/24T
ドライブトレインはSHIMANO DEOREをフル採用
30SPEED
img58754910.jpg
ホイール SHIMANO WH-MT15
タイヤ SCHWALBE ROCKET RON 26"X2.1

img58754911.jpg
サドル Fizik TUNDRA2 MANGANESE
2012モデルBIANCHI(ビアンキ)Ferro Cavallo26(フェロカバロ26)クロモリMTB

2012年01月30日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 BIANCHI KUMA5100 マウンテンバイク 販売価格4万ながら、油圧ディスク&ロックアウト機能搭載

img58754290.jpg

(´・ω・`)チラッ 販売価格4万クラスで、油圧ディスクがついてくるってホンマ
ですか?
しかも……ロックアウト機構サスペンション付きって……
もうVブレーキの時代は、終わった……さようなら……ワイヤー式。

(`・ω・´)確かにパーツはエントリー系ですけど、 このブログをご覧になられ
ている賢明な皆様なら……言わずともBIANCHI KUMA5100の圧倒的なコストパフ
ォーマンスをご理解いただけるのではないかと思うとです。

もうどこぞやのMTB販売ランキングに、必ず上位にランクインするのもかなり
納得。
( ;゚ω゚)なんかずるいなあ。今はここまでいいのがついてくるんですね。

しかも、KUMA5100のチェレステカラーに関して何ですけど、塗装がなんとラ
メ仕様。
街乗りとかを意識して、そういう仕掛けになっているのでしょうか?
けっこう、チェレステカラーは美人な妹さんという雰囲気です。

img58754285.jpg
シフター Shimano ACERA

img58754286.jpg
フォーク SUNTOUR SF11-XCR-RL26" 100mm TRAVEL
なんとロックアウト機構を搭載しているので、走行中操作可能。
え、今は4万クラスについてくる時代に……
もしかしてVブレーキ消滅の危機?

img58754287.jpg
img58754288.jpg
とうとうこの価格帯でSHIMANO BR-M445 油圧ディスクを搭載。
(`・ω・´)b BIANCHI KUMA5100は4万で油圧ディスクという、強力なコストパフォー
マンス力。

img58754283.jpg
個人的にどの程度このアルミフレームが重いか(あくまで乗った時の
重さ)気になります。
img58754284.jpg
img58754281.jpg
クランク SHIMANO FC-M311 42/34/24T
コンポはシマノSHIMANO ALIVIO
リア8足のトータル24SPEED
ま、この辺りは値段相応かと。

img58754282.jpg
どうも、このホワイトレッドカラーが人気みたいですね。
既に在庫は消滅しているところも多いのでは。
チェレステは若干残っていそうですけど。
img58754289.jpg
リム JALCO DISC TXCP220
タイヤ HUTCHINSON PYTHON ORIGINAL WB 26"X2.0

2012モデルBIANCHI(ビアンキ)KUMA5100(クマ5100)マウンテンバイク

2012年01月29日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 BIANCHI PISTA DROP STEEL(ビアンキ ピスタドロップスチール)

img58751334.jpg
(´・ω・)……前後ブレーキ付きの、クロモリシングルバイクです
ピスタという名前ですけど、ピストバイクではありません。
もちろん前後フリーホイールの状態で、ハクセン様は出荷されるそうです。

もしかしたら、次世代のピスタはシマノ105を搭載し、ディスクブレーキを
採用してくるかもしれませんよ?
でもって意地でも名前はリア10速なのに「ビアンキ ピスタ」という名称で販売。
もちろんフレームはそのまま。
売れる……と思うのですが。

(´・ω・`)……。

元々トラック競技からの流れをくむバイクですけど、いつの間にか街乗り
メインという使い方が一派的になっていますね。

とはいえ、スレッドステムが美しいこのバイクが7万で手に入るというのは
やっぱり貴重な存在。
確かロードバイクのノリーテシマノソラ搭載モデルとなると、最低でも9万
程度はしますから。

img58751332.jpg
ブレーキレバー TEKTRO RL-340
img58751331.jpg
ヘッドチューブ上下にリングがついているので、雰囲気がいいですね。
img58751330.jpg
ブレ-キ PROMAX RC-466
img58751329.jpg
ホイール JALCO r-30
img58751328.jpg
胴抜き以外は徹底的にホワイトカラーにこだわった一台。
はたして2013年は発売されるのか……
img58751326.jpg
クランク F.GIMONDI 46T

img58751327.jpg
img58751333.jpg
タイヤ KENDA k-945 700×23C
img58751324.jpg
サドル SAN MARCO PONZA POWER
2012モデルBIANCHI(ビアンキ)PISTA DROP STEEL(ピスタドロップスチール)

2012年01月28日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 BIANCHI Jab7500 価格を抑えているけど、良質パーツ

img58754876.jpg
(`・ω・´)b 本格的なXC競技やトレイル向けに使えるけど、結構価格が
抑えめなMTB BIANCHI Jab7500。

うーん、10万ぎりぎりの価格帯ながら、フレームもいいし、コンポも
、タイヤもディスクブレーキもかなりいいものを使用しています。
必然的にパーツが良質な分、耐久性も向上するわけで長期間楽しめそうです。
しかも乗りやすいし、誰にでも簡単に操作できるし……個人的に買うなら
このあたりかな?

さすがに10万オーバーの軽量モデルだけあってホイールにDT SWISS社の
ホイールを採用していますね。
前後ブレーキにSHIMANO BR-M505 油圧ディスク(しかも扱いやすいレジンパッド仕様)

フロントフォークには登りなど際に瞬時に使える、リモートロックアウトレバー機能も
ついています。
結構パーツはいいけど、エントリーモデル扱いですが……ちょっと欲しいなあ。
すっきりしたデザインで、MTBながらロードモデルの様なシャープっぽい印象もありま
すね。

(´・ω・`)ちなみに、在庫は相当数消滅しているみたいなので結構今の時点では
手に入れる事が難しくなりつつある模様。
まあ、このコストパフォーマンスなら分からなくもないけど。
厳しい……。

img58754830.jpg
img58754824.jpg
シフター Shimano SLX
リモートロックアウトレバー付きですね。
img58754822.jpg
img58754828.jpg
フロントフォークにROCKSHOX社のRECON SILVER TK COIL 100mmを採用。
さすがにインナーチューブが太め。

img58754826.jpg
ブレ-キ SHIMANO BR-M505 油圧ディスク
レジンパッド仕様なので、初期制動や耐摩耗性に強いという
利点があります。
価格も抑えられるので、日用性が高い様な気もします。

img58754817.jpg
img58754819.jpg
img58754814.jpg
クランク SHIMANO SLX 42/32/24T

img58754815.jpg
フロントがShimano SLX リアがShimano XTのミックスの
30段変速

img58754875.jpg
タイヤ HUTCHINSON COBRA AIR LIGHT 26"X2.10
転がり抵抗が低く目なので、日常にもいけそうです。

img58754812.jpg
サドル SAN MARCO PONZA POWER

2012モデルBIANCHI(ビアンキ)Jab7500(ジャブ7500)マウンテンバイク

2012年01月27日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 RALEIGH CRR(ラレー CRR) 恐ろしい程に細部にこだわったクロモリアルテグラモデル

img58523486.jpg
あ、CRRのロゴがゴールドになっている。
英国の名チューブレイノルズの631パイプやフルアルテグラは変更な
しですがバーテープカラーがブラックになった様ですね。

( ;゚ω゚)……とはいえ、全体的に背筋が寒くなるほど凝っているの
は確かです。

リアブレーキの取り付けるブリッジには補強板を取り付けてあるし
ボトル台座も補強加工済み。
精密ロストワックス製法で加工されたリアエンドなど、あきれるくらい
細部にこだわった仕様です。


2012モデルもきちんとアルテグラ仕様を楽しめる数少ないモデルです。
(´;ω;`)……すごい事に2010年からずっとこの路線を変えていないので
すよ。
いや、違うか……でも結構細部は微妙に改良しているので、こっそり進化
を続ける一台かと。
img58523484.jpg
シフトケーブルを内蔵した、アルテグラシフトレバーのおかげで
すっきりデザイン。
img58523483.jpg
ヘッドチューブ上下には、補強リング加工を施してあります。
また優美なヘッドデザインになるように、こだわっているとか。

ワイヤールーティング全体も、2012年モデルとして改良してあります。
img58523482.jpg
すごい事に、ダウンチューブにはWレバー台座を直付けしてあります。
いざとなればWレバー化(ダウンチューブシフター)への換装も可能。
img58523480.jpg
超軽量3D鋳造ハンドルステムのRALEIGHロゴはなんとレーザー
刻印。

シートチューブの上方突き出しも、最小限に抑えて優美な
シルエットに。
img58523478.jpg
リア10速のアルテグラは変速系だけではなくて、前後ハブにフル装備。
ハブなどの回転系の効率化にこだわっています。
img58523479.jpg
アルテグラハブを支えるシートステー、チェーンステーは伸びやかな
デザイン。


2012年01月26日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 DE ROSA MERAK コンポにカンパの11速アテナ採用

o0500037511746581651.jpg
DE ROSAのカーボンモデルMERAK EVOLUTION。
45トン高弾性カーボンを採用しているおかげで、7kg台とかなりの軽量。
コンポにカンパのアテナを採用。ホイールもカンパのバレット。

(´・ω・`)……ぶっちゃけ、フレームもコンポもまるで妥協していないですね。
でも、結構価格は抑えているようにも感じます。
ISPを採用しなかったのも、凡庸性を持たせるためだったのかな。
でもエアロシートチューブはそのままなので、やっぱり空力抵抗は意識
している模様。

軽量さと高剛性が特徴でしたが、2012モデルのメラクには、いくらか
コンフォート性を向上させています、。
一見すると堅そうなカーボンフレームですけど結構柔らかめなのが
意外。
剛性もしっかり確保しているけど、快適性もOK。
この辺りは、現代の流行に合わせてくれているのかな?

( ;゚ω゚)……結構前に、DE ROSAのモデル(何だったか忘れた)に試乗
した時、あまりの剛性の高さに驚いたものでしたけど。
うーん。
o0500037511746582409.jpg
o0500037511746581654.jpg
(´・ω・`)……ダウンチューブは2012モデルも平面ですね。
この辺りのロゴとかのデザインは意外と重要。


o0500037511746582408.jpg
( ;゚ω゚)……なんというボリューム。
やっぱりレーシングスペックモデルなんですね。
なんだかんだで、レース時の運動性能が高め。
ハートマークがかっこいい。

o0375050011746581653.jpg
へー、トップチューブとシートステーが流線型につながっていますよ。
エアロシートチューブとリアホイールのクリアランスはいくらか余裕が
ありますね。

o0375050011746582407.jpg
インテグラルシートポストではなくなりましたけど、メラク専用シートポス
トは、それなりにエアロ形状ですね。
e-ハクセン楽天市場支店

2012年01月25日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 LAPIERRE XELIUS FDJ ISP


IMGP2370.AVI_snapshot_00.04_[2012.01.24_15.38.40]
フランスLAPIERRE社のプロスペックフレームです。
結構中身が充実しているのが特徴でして……現在流行の
ISP&プレスフィットBBを採用。
なのに、通常のロードに近い形状で楽しめるのがポイント。

インテグラルシートポストながらフレーム重量は800g台。フォーク
込みで1700gとなかなか軽量ですね。

(´・ω・`)……見た目は派手ではないけど、結構中身が充実している
気がします。
実はフレーム内部についての話になりますけど、フレーム本体を
成型する時、シリコンの心棒をフレーム内部にぶち込んで加工する
手法をとっています。

その為、フレーム内部は非常に滑らかな仕上がりになっているそうです。
まさか、フレーム内部の仕上がりにまでこだわっているとは……。

タイ焼きで説明すると、タイ焼きのあんこの部分がシリコン心棒。
よりきれいなタイ焼きの皮にこだわった……という事かな。

内部にまで加工を施すことで、カーボンレイヤーはより強く結合し
フレームの耐久性を向上させているのがポイント。


ケーブル系も内蔵されていますし、電動Di2コンポーネントにも対応。

IMGP2370.AVI_snapshot_00.07_[2012.01.24_15.39.11]
カーボンモノコック構造(高強度HMカーボンとVHMカーボンを使用)
ヘッドチューブは流行のテーパーヘッド。
フロントフォークはイーストン社から供給を受けているとか。
(イーストン EC90 テーパードフォーク)

IMGP2370.AVI_snapshot_00.13_[2012.01.24_15.40.36]
BBはプレスフィットBB規格を搭載。
BB周辺に高い剛性を確保しているのだとか。


IMGP2370.AVI_snapshot_00.10_[2012.01.24_15.40.01]
( ゜∀゜)軽量な上に、衝撃吸収性に強いのが特徴。
剛性を生かしてぐいぐい前に前に進むタイプではなく、長時間乗ってこそ
本領を発揮するタイプ。
確か完成車でも、6kg台なので、軽さを生かして上り坂を
まったり走るのもよいのでは。
癖がない分、誰でも乗りやすいプロレーススペックモデルです。

送料無料 自転車【LAPIERRE□ラピエール】2012 XELIUS FDJ ISP/ゼリウスFDJ ISP ロード/フレー...

2012年01月24日 トラックバック(0) コメント(0)

cervelo S5 TEAM RED SPECAL EDITION


IMGP2368.AVI_snapshot_00.01_[2012.01.23_15.26.51]
ツールで投入されたcervelo S5 TEAMのRED SPECAL EDITION
ですね。
(´・ω・`)このcervelo S5 に乗っていれば、例え今日の様な天候でも
きっとヒルクライムをやりたくなるはず……。

直線でロケットの様な加速と伸びを見せるのが特徴の変態エアロモデル
っスね。
やっぱりある程度速度に乗ってから見せる推進力はTTならでは
なのでしょうか?
ゼロ加速においても、驚異的な伸びを見せてくれるそうですが。

BBも圧入式プレスフィット30なので、強力な脚力にもきちんと
フレームが対応してくれます。

フロントフォークが細身のブレード形状ですが、シートステー
付近のリアホイールをカバーする形状が、やはり目を引きます。

リアの剛性は、フレームの縦の面積を増やしてカバーしているの
かな。
フロントは出来るだけ、縦方向と横方向の面積が少ないですね。
もちろんケーブル系は、内蔵されていて空気を切断しながら進む
構造ですが、若干快適性は殺しているのかな。
フレームはエアロハイモジュラスカーボン

そういえば、市販されているS5ベーシックモデルよりS5 TEAMの方が
100gの軽量化されているとか。
IMGP2368.AVI_snapshot_00.20_[2012.01.23_15.26.14]
フレーム S5TEAM True Aero Smartwall Higth Modulus Carbon
フォーク Cervelo FK26 UL

IMGP2368.AVI_snapshot_00.18_[2012.01.23_15.26.04]
ホイール Mavic Cosmic Cabone SR

IMGP2369.AVI_snapshot_00.07_[2012.01.23_15.23.45]
実際にツールで使用されたcervelo S5 TEAM(トル・フースホフト選手使用バイク)
です。
チームガーミンサーヴェロに供給を行ったモデルですね。

2011年ツール・ド・フランスでは山岳ステージと、ゴールスプリントで2勝を挙げるとい
う圧倒的な性能を見せつけてくれました。


スプリント、集団からのエスケープ、ヒルクライム性能のすべてにおいて高次元の性能であ
ることをこのレースで実証しています。

個人的にシートステーがまるで包丁の様だけど、チェーンステーが太めなのが異様に
気になりました。
シートチューブもブレード形状。
シートクランプすら、フレーム内に納めているこだわりぶり。
シートクランプすら、空力抵抗にこだわるとは……やばいですね。

IMGP2369.AVI_snapshot_00.16_[2012.01.23_15.24.49]
IMGP2369.AVI_snapshot_00.11_[2012.01.23_15.24.09]
( ;゚ω゚)……ところでボトルは、空力抵抗上どういう風に影響するのだろう……
一応ダウンチューブ上に取り付けてあるから、想定済みなのかな……
IMGP2369.AVI_snapshot_00.12_[2012.01.23_15.24.19]
 送料無料 ロードバイク 自転車入荷待ち【Cervelo□サーベロ】2012 S5 TEAM RED/S5 TEAM レッ...

2012年01月23日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 BASSO ASTRA(バッソ アストラ) FRAME


IMGP2356.AVI_snapshot_00.07_[2012.01.21_14.24.12]
ヽ('∀`)ノ 久々に、バッソアストラを見ましたけどすごいボリュームですね。
やはりイタリアンモデルらしく? 結構いいカーボンを採用していまして。
なんと東レのハイモジュラス3Kカーボンですよ。
しかも、例のオートクレープ製法。
でもデザインが良質なおかげで、シャープな印象もしますよね。

見ただけで剛性が高いというのが分かりますけど、結構速度に
乗ってからの加速を得意とするモデルです。
そういう意味では、割とトレックとかの性能に近いのかな?

まあ、戦闘力重視のモデルというのも分かりますけど、デザインで
選んでも面白いのでは。


IMGP2356.AVI_snapshot_00.09_[2012.01.21_14.21.56]
テーパードヘッドチューブ。
このBのロゴが、結構好き。
あくまで、フロント剛性を高める為にこの形状にしたとか。
IMGP2356.AVI_snapshot_00.22_[2012.01.21_14.23.18]
へえ、ミクロテックのハンドルとステムですね。
IMGP2356.AVI_snapshot_00.24_[2012.01.21_14.23.29]
( ;゚ω゚)……んー、まるで蛇の様なグラフィックス。
IMGP2356.AVI_snapshot_00.19_[2012.01.21_14.22.58]
フロントフォークはアストラオリジナル。
全体的にエアロな印象。
フォークも凄いボリューム。
IMGP2356.AVI_snapshot_00.16_[2012.01.21_14.22.43]
完成車仕様だと、コンポはアルテグラになる模様です。

IMGP2356.AVI_snapshot_00.12_[2012.01.21_14.22.17]
IMGP2356.AVI_snapshot_00.25_[2012.01.21_14.23.43]
シートステーは、どちらかというと剛性重視。

IMGP2356.AVI_snapshot_00.13_[2012.01.21_14.22.32]
ここまで太くて、きっちり組んだチェーンステーも凄いですね。
たしかに、高速時の伸びがすごいというのも納得。

これだけボリュームがあって、この完成車だと7Kg台とは。

 BASSO バッソ 2012 自転車 ロードバイク【BASSO□バッソ】2012 ASTRA FRAME アストラ フレー...

2012年01月22日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 BIANCHI Jab7700 シマノXTリニューアルに伴い、リア10速化&フロントダブル仕様

img58754330.jpg
|ω・´) おや? 2012モデルのJab7700のクランクはトリプルだったの
が、ダブルに変更になっていますよ?

とうとう、来ましたね!
XTのリニューアル! フロントダブル化! おおおお! 

SHIMANO XTをメインコンポにしているので、リニューアルに伴い、
フロント2×リア10の20SPEEDになっていますよ!

うーん、どれだけ駆動効率が向上したんだろう……いずれにしても
ロングライドや林道ツーリングなどでも、本格的に使えるのは
確かですね。XCレースシーンでメインのフロントダブル仕様Jab7700
ですか……なんか嬉しいなあ。


個人的に更に嬉しいことに、MAGURAの油圧ディスクも継続して採用され
ていますね。
(MAGURAの油圧ディスクはオイル漏れ保障5年)

あとサスペンションフォークもロックアウト機能付きのロックショックス製
エアーショック(ROCKSHOX RECON GOLD TK AIR 100mm)が継続して採用される
様です。

全体的にフレームが曲線かつ軽量で、シートステーなどを細くして軽量化を目指
しているのでしょう。


(`・ω・´)b 山で走ることを楽しめるXCレース仕様のMTBなのに、実売価格
はなんと13万と価格をまたしても抑えているのもポイントかも。
ちょっと、よだれが出そう……

img58754328.jpg
ブレーキレバー SHIMANO XT

img58754325.jpg
img58754327.jpg
フォーク ROCKSHOX RECON GOLD TK AIR 100mm

img58754326.jpg
ブレ-キ MAGURA MT4 油圧ディスク
img58754323.jpg
BIANCHI JAB アルミ

img58754324.jpg
img58754322.jpg
クランク FSA COMET MEGAEXO 40/28T
ドライブトレイン Shimano XT
img58754321.jpg
リム DT SWISS 4445D 32H
タイヤ HUTCHINSON COBRA AIR
img58754320.jpg
サドル SAN MARCO PONZA POWER

2012モデルBIANCHI(ビアンキ)Jab7700マウンテンバイク

2012年01月21日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 BIANCHI Via Nirone ALUCARBON 105/TIAGRA MIX 12万カーボンバックの中身

img58742116.jpg
(`・ω・´)b 見た目は派手ですけど、なかなかコストパーフォーマンスが高い
いえ……違うか……
お財布と相談しやすい、BIANCHI Via Nirone ALUCARBON 105/TIAGRA MIXの105搭載
モデルです。

ケブラー繊維が織り込まれたカーボンフロントフォークやカーボンバックを採用。

コンポはシマノ105&新ティアグラのミックス。
ちなみにティアグラ&105のミックスはリア10速同士というめずらしさ。
シフターや、リアディレーラーなどの要所に105を採用。



やっぱり105を搭載しているだけあって、エントリーグレードながら
SHIMANO WH-R501Aコンプリートホイール仕様。
(ティアグラモデルですと、リムにJALCO DRX4000を採用)

さらにいいホイールが欲しいアルミモデルを選択するならば、やはりMAVIC AKSIUM
を搭載したIMPULSO105ということになります。

(IMPULSO105の場合、販売価格がBIANCHI Via Nirone ALU 105&TIAGRAより2万高い、
14万になります)

個人的に凄い価格と苦闘した跡が垣間見えるモデルだと思います。
なんとしても、105搭載&カーボンバック&コンプリートホイールで12万という価格
帯に抑えたかったのでは。
なにせ14万リア10速フルカーボンモデルが発売されるご時世ですから、ここまでしないと
市場では勝てないのかも。



img58742114.jpg
シフターはShimano 105ですね。

img58742113.jpg
img58742112.jpg
ケブラー繊維を織り込んだBianchi FN11 カーボン
コンフォート性重視のカーボンフォーク
img58742110.jpg
img58742111.jpg
img58742108.jpg
クランクはFSA OMEGA 50/34T
フロントディレーラーにシマノティアグラ、リアディレーラーに105ですね。
負荷が高いパーツに105を採用している傾向があります。

img58742107.jpg
カーボンバックは、多角形ですね。
結構凝ったシートステー。ケブラー繊維を織り込んだ快適性重視。
img58742106.jpg
ブレーキはティアグラ。
img58742105.jpg
ホイールにSHIMANO WH-R501A

img58742115.jpg
サドル Fiziik PAVE CX
★★★エントリーでポイント5倍キャンペーン(1/20 23:59まで)★★★2012モデルVia Nirone ALU...

2012年01月20日 トラックバック(0) コメント(1)

2012 BIANCHI CAMALEONTE5 クロスバイクながらシマノ105を搭載した孤高なモデル

img58736742.jpg
( ;゚ω゚)……2012年のカメレオンテ5にも片面ビンディングぺダル
FPD NWL-326Bがついてくるんですね。
とことんぶれないなあ。

以前試乗した時も、クロスバイクというよりはロード寄りのモデル
だと思っていたので、なんとなく納得。
個人的には、ロードを使わなきゃいけない近い環境下、クロスバイク
で走る場合にもってこいのモデル。

最近105仕様のクロスバイクが減ってきた中で、なんか孤高を保って
いますね。
カーボンバックにシマノ105搭載、にシマノ完組ホイール WH-R500A
を採用してる高級クロスバイク路線は健在。

サドルにゲルが入っていたり、カーボンバックだったり、バーエンド
バー一体型のグリップだったり……一見するととてもコンフォート性
が高そうなモデルですが、どういうわけか乗り心地や推進力がロード
に近い渋いクロスバイク。

img58736740.jpg
シフターはフロントトリプル、リア10速に対応出来る
Shimano SL-R783/S-RL780
確かこのトリガーシフトはアルテグラにも対応してしまう
優れもの。
トリガーシフトでリア10足を変速操作するのも、おつなもの。

img58736739.jpg
このグリップは手に触れる部分がソフトになるように設計。
img58736738.jpg
アジャスタブルステム -20~40まで角度を調節出来ます。

img58736737.jpg
トップチューブは長め。

img58736736.jpg
カーボンフォーク&カーボンバック搭載。

img58736733.jpg
以前に試乗した時は結構フレーム剛性が高くて、おもしろかった
けど、最近のはどうなのでしょう?
img58736735.jpg
クランク FSA GOSSAMRR Triple 50/39/30T
ホイール Shimano WH-R500A
タイヤ HUTHINSON NITRO 700x28c

img58736732.jpg
ゲル入りサドルにカーボンシートピラー
クロスバイクモデルの中でも、相当快適性に気を使っているモデルなのに
結構走りは攻撃的。

★★★エントリーでポイント5倍キャンペーン(1/20 23:59まで)★★★2012モデルBIANCHI(ビアン...

2012年01月19日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 BIANCHI LUPO(ビアンキ ルポ) スタイリッシュな街乗り系なデザインだけど、中身はシクロクロス

img58751279.jpg
(´・ω・`)……2012 BIANCHI LUPOについてですが、より街乗り色が強くなって
いますね。
なんか、スタイリッシュなチェレステカラー……
ビアンキモデルの中でも、このクロモリシクロクロスモデルのLUPOが一番
グラフっクスにこだわっている様な。

日本一周に使った方がいるくらい、結構堅牢かつ乗りやすいクロモリフレーム。
トップチューブが短めかつ、ヘッドが長めなので街乗りでもアップライドな
姿勢で乗れるのです。


コンポはシマノソラ。
という事で、シクロクロスモデルながら販売価格8万クラスで、とてもリーズナブル
になっています。

なんかもったいない気もしますけど……でもこの価格なら、ちょっと欲しくなるかな……
シマノティアグラか105搭載なら、より強力なクロモリシクロクロスバイクとして
使えるはずなのでは。
変速も、よりスムーズになって気分がいいですから。

とはいえ、この価格というのは結構有りがたい価格設定かもしれません。

フロントフォーク&シートステーが細めのクロモリなので衝撃吸収性にも長けている
という一面もあります。

img58751277.jpg
シフター SHIMANO TIAGRA

img58751276.jpg
補助ブレーキは街乗り様に。
クロスバイク感覚で使えます。
img58751275.jpg
長めのヘッドチューブ。
ブレーキ KORE RACE CANTI
img58751274.jpg
フレーム クロモリ

img58751272.jpg
img58751271.jpg
クランク FSA VERO 50/39/30T
さすがにトリプルですね。
ディレーラー F/シマノ SORA R/シマノ SORA

img58751273.jpg
うん、これだけクリアランスがあれば泥詰まりも平気そうですね。

img58751278.jpg
タイヤはVITTORIA Randonneur CROSS 700C X 32C
( ;゚ω゚)……28Cではなく、あえて太めの32Cできましたか
img58751270.jpg
サドル FIZIK PAVE CX MG

★★★エントリーでポイント5倍キャンペーン(1/20 23:59まで)★★★2012モデルLUPO(ルポ)BI...

2012年01月18日 トラックバック(0) コメント(0)

2012BRUNO限定モデル一覧(2012年1月17日現在データー)

ヽ('∀`)ノ 現在確認できるブルーノ限定モデルをまとめてみました。
コンポの変更やWレーバーの位置の変更などはありませんが、主に
限定カラーリングという路線が多いようですね。

スタンダードだと、2012モデルはスモーキーや、渋いターコイズブルーなど
の大人なカラーが多いです。
ですから、限定カラーは出来るだけ鮮やかな色が多いですね。



img58310610.jpg
ROAD20 MIXTE 限定サフランイエローカラー
日本限定100台

img58445197.jpg
MINIVELO20 ROAD 限定グリーンカラー
日本限定100台

img58823419.jpg
MINIVELO20 ROAD 限定オレンジカラー
日本限定100台

img58823436.jpg
VENTURA FLAT 限定ピンクカラー
生産台数 不明

( ;゚ω゚)……うーん、まだ一月なのにこれだけの限定カラーモデルが出ているなんて。
しかも、傾向として日本向けに100台程度生産しているみたいです。

多分春から、夏に向けて更に限定モデルが登場すると思われます。


BRUNO(ブルーノ)2012モデル一覧(限定有り)

2012年01月17日 トラックバック(0) コメント(0)

Bianchi oltre動画を眺めつつ、グランドキャニオンバーガーを食べる

マック2


ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル さ、寒い……走っていると、寒さのあまり体力的
限界を感じ、いきなりマックに駆け込みました。

冬は、夏よりも体力的消耗が激しく「肉」で栄養補強を……

マック1

 '`,、('∀`)'`,、 グランドキャニオンバーガー超美味しかった!!
ステーキソースと巨大ハンバーグ、フライドオニオンがまるで
「ハンバーグステーキ定食」

まさに、肉の洪水。
アメリカで、なぜか日本のグランドキャニオンバーガーが話題になって
いるというのも納得。

マック3
ヽ('∀`)ノ ひゃっほーい!! 肉、肉、肉、肉!!!!!
いっぱい、お肉を食べてあったまったー!!!
やっぱり、肉の栄養源は侮れない……

(´・ω・`)……本当はコーラーで、バーガーを飲み込むたかったのですが
寒すぎるので、コーヒーMサイズをチョイス。


オルトレ2
Bianchiは2012年度、3プロチームにオルトレを供給しているそうで……
なんか、どんどん供給先が増えていますね。
(´・ω・`)……イタリアの山岳で大活躍……そんなに登板能力が高いフレームだ
とは……
異様にチェーンステーが太いけど、シートステーが極細という印象。


Sempreのフレームも南米Columbia Coldeportesチームに供給。
確かに試乗した時、快適性が非常に高いという印象でしたが。
プロが使用すると、どんな走りになるのだろう……。

オルトレ

どうでもいいけど、この電動オルトレをWレバー化はやはり無理なのでしょうか……
色々な意味で衝撃が走ると思うのですが。
2012/2011MODELビアンキ

2012年01月16日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 BIANCHI IMOLA(ビアンキ イモラ) 新ティアグラ搭載&K-VIDについて

img58751200.jpg
ビアンキのクロモリモデルは、今年もティアグラを搭載。
(´・ω・`)何気に、こっそりリア10速化の恩恵を受けているモデルです。

名称についてですけどイタリア共和国エミリア=ロマーニャ州ボローニャ県の集落
がイモラとかいう地名から、イモラというネーミングを採用したらしいですが。
なんかサーキットとかもあるのですね。
日本感覚でいくと、「鈴鹿」「茂出木」とかいうネーミング感覚なのでしょうか……

それはさておき、コンポーネント以外にも結構現代の技術が投入されている
クロモリモデルでして……
img58751197.jpg
ところで、IMORAのカーボンフォークの型番は「FL5 カーボン」なのですが
これは確か2011モデルの快適アルミモデル、Via NIRONE7 Aluと同じカーボンフ
ォークなんですね。(2012モデルのVia NIRONE7 Aluのフォークは若干違うみたい)
カーボンバックを搭載したアルミモデルと同等のカーボンフォークが採用されて
いるとは気が付きませんでした。

このフォークにK-VIDという技術が採用されていて、パワーをロスすることなく伝え、あらゆる方
向の力に対応する硬性を持つという特徴があります。
フォーク表面にデュポン社ケブラーを、内部に衝撃吸収と路面との接地感を向上
させる為にバサルトファイバー繊維を織り込むという技術が使われている点にも
注目。

バサルトファイバーとは……天然に存在するバサルト(玄武岩)を射出して細い繊維に
したもので、グラスファイバーやカーボンファイバーに変わる環境保全型の繊維。


(`・ω・´)……カーボンロードのINFINITOにも採用されている現代のカーボン技術が、
そのままクロモリモデルに投入されている点が面白いですね。。

img58751199.jpg
ブレーキ SHIMANO TIAGRA

img58751198.jpg
img58751195.jpg
フレームはもちろんクロモリ
シャンパンゴールドのクロモリカラーは華やかでいいですね。
ホワイトも好きですけど。

img58751196.jpg
img58751192.jpg
クランク FSA VERO 50/34T
ドライブトレインはSHIMANO TIAGRAで固めています。
もちろんリア10速。

img58751194.jpg
img58751189.jpg
リム JALCO DRX-4000 32H
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO 700C X 23C


img58751191.jpg
サドル SAN MARCO ZONCOLAN
img58751204.jpg

(`・ω・´)b 初心者の方でも、衝撃吸収性が高いので体の負荷が軽くて済むという長所
があります。
特にこのホワイトが、ビジュアル的にいいのですよ。このホワイトが。

2012モデルIMORA(イモラ)BIANCHI(ビアンキ)クロモリロードバイク

2012年01月15日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 BIANCHI INFINITO105(インフィニート105) 予算に応じて、カーボンもしくはアルミ?

img58739217.jpg

(´・ω・`)BIANCHIの快適カーボンロードINFINITOについてですけど、やっぱり
設計思想が快適アルミモデルBIANCHI IMPULSOと同じですね。
似ている……似ているなあ……。

快適性重視ということで、ヘッドチューブが極めて長めに設定されて
います。
またトップチューブのアーチ&扁平形状で路面からの衝撃吸収性を
コントロール。
BIANCHIとしてはアルミモデルIMPULSOやカーボンモデルINFINITOと
いえど、ある程度フレーム形状の答えが出ているのでしょう。

でもINFINITOはやはりカーボンモデルということで、やはり軽量化に
こだわっていますね。
ステムなどもFSAのカーボンステムなどを採用していますし。
重量は8.5kgと軽量なのもありがたい。

価格はINFINITOの場合カーボン&105搭載で19万程度。
IMPULSOは14万。
( ;゚ω゚)……結構開きがありますね……
うーん。使用目的が同じなら、予算に応じて選択すればいいのではないか
と。
でもやはり、INFINITOもIMPULSOと同じく、意地でも新ティアグラを使って
こないあたりに、ビアンキの意地がまたしても感じられます。

やはり週末に楽しむユーザーが多いようで、クロスバイク風にその辺を
ぶらぶらするのにも向いています。

img58739216.jpg
シフター Shimano 105
img58739215.jpg
FSAのカーボンステム採用。
img58739209.jpg
ヘッドチューブが長いですね。乗りやすそうな。
最近太くて短いのが流行していますが、こういうのもいいものです。
img58739214.jpg
フォーク Bianchi FF35 カーボン

img58739210.jpg
特にこのトップチューブの形状が、快適アルミモデルBIANCHI IMPULSO
と酷似しています。
img58739206.jpg
クランク FSA GOSSAMAER PRO Compact 50/34
ドライブトレインは Shimano 105で固めています。
img58739205.jpg
img58739204.jpg
シートステーは推進力伝達と、衝撃吸収性を重視。

img58739208.jpg
シートポスト SPRK260SBS Carbon

img58739203.jpg
ブレーキ Shimano 105
img58739213.jpg
ホイールはMAVIC AKSIUMのブラック。
フレームカラーとの相性がいいですね。
タイヤも同じMAVICのBLACK TIRE 700X23c
img58739207.jpg
サドル Fizik ALIANTE DELTA
はやりフレームのカラーリングと合わせて、ホワイト&ブラック

2012モデルINFINITO105(インフィニート105)BIANCHI(ビアンキ)カーボンロードバイク

2012年01月14日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 BIANCHI IMPULSO105(ビアンキ インパルソ105)

img58740235.jpg
例のまるでカーボンフレームの様なアルミフレームBIANCHI IMPULSO105
についてですが……かっこいい……

( ゜∀゜)シマノ105をフル採用&ホイールにMAVIC AKSIUMで価格は14万。
どうも他のアルミモデルとは別格の扱いを受けている様で、新ティアグラ
採用モデルがないのが凄いですね。
あくまで105かアルテグラしか認められないという……。


最近は105&カーボンで15万クラスのモデルが買えたりしますが、あえて
アルミモデルというのも面白いですね。
コンポがきちんと105で固めてくれるし、それなりのホイールがついてきます
から安心感があります。

アルミフレームもトリプルハイドロフォーミングテクノロジーを採用してるおかげで
溶接跡もなく奇麗ですし。
最先端のアルミ成形技術を楽しむのも、いいのでは。

にしても、パーツがブラックで統一されていてかっこいいなあ。

img58740234.jpg
シフター シマノ105
img58740230.jpg
うーん、「カーボン」っていう表記のステッカーを張っておけば
みんなを騙せそう。
img58740231.jpg
img58740233.jpg
IMPULSO フルアルミ

衝撃吸収性と直進算定性が高いのはビアンキのお家芸。
img58740228.jpg
クランク SHIMANO 105 50/34T
ドライブトレイン系は、105でしっかり固めていますね。

img58740227.jpg
シートステーもカーボンさながらの曲げ加工。
img58740225.jpg
MAVIC BLACK TIRE 700x23c
img58740226.jpg
サドル SELLE SAN MARCO PONZA POWER

img58740229.jpg
ホイール MAVIC AKSIUM
(´・ω・`)……あえて、カーボンバックを採用しないあたりに、なんか美学を
感じるかな……     

2012モデルIMPULSO105(インパルソ105)BIANCHI(ビアンキ)アルミロードバイク

2012年01月13日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 RALEIGH RRA(ラレーレコードエース) レザー風ツーリング仕様

o0550036711730313109.jpg
o0550036711730313110.jpg
先日紹介した、ラレーの限定モデルレコードエース。
ヽ('∀`)ノ その限定モデルを楽天ハクセン様が、バーテープやサドル、更に
リアキャリアやバニアバッグを交換して、ツーリング仕様にカスタマ
イズしたモデル例です!

レザー風味たっぷりですぜ!!

いずれにしてもバニアバッグを使用すると、重量物を積載しても安定感があるのが
やっぱりいいものです。
フロント部分にも、荷物を積んだほうが安定するかと思ったけどバニアだけで個人的
には十分。

img58524002.jpg
サドルやバニアバッグを取り付けるだけで、結構印象が変わります。
(´・ω・`)……本々はこんな感じ。

ところでラレーって日本で独自の進化をしているんですね。英国では
普通にラレーのカーボンも出ていますし。

日本ではクラシカルな感じがやっぱり好まれる傾向にあるのかな。

フレームは英国製レイノルズ531
しかしコンポはシマノ105 Wレバー仕様。

ラウンターワッサー型ハンドルって、初めて使用した時はあまりに
独特で戸惑った経験がありますけど、要は慣れの様な気もします。


img57813965.jpg
FROST RIVERパニアバッグ  

MADE IN USAのオイルドキャンバス素材を使用したバック
こう見えて防水性が高いのがポイント。
img57002698.jpg
アキコーポレーション ウッドキャリア 
img10634608307.jpg
BROOKSブルックス SWIFT CHROME  
img10634636344.jpg
BROOKSブルックス LEATHER BARTAPE

あくまでカスタマイズ例だそうですが、色々参考になりますね。
この程度なら、結構お財布にも優しいですし。

【表示価格より割引!価格はメールにて】2012モデルRALEIGH(ラレー)RRA(ラレーレコードエース...

2012年01月12日 トラックバック(0) コメント(0)

Cinelli Experience Veloce 2012 アルミモデルながら強力なロードレーサー仕様

Cinelli-experience-2012-med.jpg
へえ、チネリのアルミモデルEXPERIENCEかあ。
(`・ω・´)b 寒い冬にイタリアンアルミロードというのも素敵ですね!

……なんか、EXPERIENCEのシートステーがクロモリっぽさを狙って、
円筒形&細いのかなあ……

(;゜∀゜)……そう思っていたら実は、アルミフレーム全体をレースで使用する
事を想定して、チューブ径を精密にコントロールしているのだとか。

でも、さすがに今の時代はレース仕様だけ性能を強化する訳にもいかず
衝撃吸収性を高めて、荒れ道にも対応。

タイヤ幅も28mmまでいけるということなので、コンフォート仕様でも
いけるし、タイヤを細くして本来の目的であるレースにも使うこともでき
ると言うわけ。

しかも面白いことに、ロングライドに向いているというのですから相当
アルミフレームに自信があるのでしょう。
ケーブル系もフレーム内に収納していますし。

フロントフォークは一応カーボンらしいですね。一応ロードレーサーの
カテゴリー。
コンポはカンパニョーロのベローチェ。

もちろんハンドルやステムもチネリ社のブランドで固めている良心的な
モデル。

強力なイタリアンアルミロードですね。しかも、できるだけイタリア本国
のパーツで組んでいるとは。
( ;゚ω゚)……イタリア系モデルをアルミで購入できるというもの、非常に
希少性がこれから高くなってくるかなあ……


Cinelli Experience Veloce 2012

2012年01月11日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 JAMIS XENITH COMP(ジェイミス ゼニスコンプ) ロードながらかなりの低ギア比

img58863693.jpg
な、なんじゃこりゃ?
JAMISのフルカーボンモデルXENITH COMPのギア比が凄い事になって
まして。

フロントが50/34Tで、リアが11-36T?
( ;゚ω゚)……フロント34Tにリア36Tですって? 
以前FELT Z5がフロント34Tにリア30Tの低ギア比でびっくりしましたけど。
これなら、急勾配の坂道もいけますね。
かなりの低ギア比ではないですか……


XENITH COMPモノコックカーボンフレームに、BBはプレスフィット圧入方式
を採用しているJAMIS XENITH COMP。
やっぱりスムーズな推進力が命のジェイミスモデル。
BB部分の剛性UPを狙っていますね。あと軽量化も狙っているのかな。

いずれにしてもジェイミスのカーボンモデルは、とても乗りやすい様に考え抜
かれていますからね。
元々フレームがリーズナブルだけど凄くいいモデルで、衝撃吸収性と推
進力がずば抜けていますし。

レースにも使えるけど、日常で結構乗りやすくていいモデルなんですが。
ヒルクライム系とかにも使えるのかな……


img58863687.jpg
img58863688.jpg
今年のXENITH COMPはなんだか、かっこいい……
img58863689.jpg
R/Shimano 105 RD-5700 F/Shimano 105 FD-5700

img58863690.jpg

クランク FSA Gossamer compact double with Press Fit 30, 50/34T

img58863691.jpg
トップチューブが扁平形状。
img58863692.jpg
リムには、高品質エアロリムをより気軽に楽しめる、Mavic CXP-22
を採用。

img58863686.jpg
【送料無料!】2012モデルJAMIS(ジェイミス)XENITH COMP(ゼニスコンプ)カーボンロードバイク

2012年01月10日 トラックバック(0) コメント(0)

パナソニック チタンライトEB/BE-ENDL63 チタンポリッシュ 動画&試乗

IMGP3167.jpg


パナソニック チタンライトEB……電動アシストモデルです。

いい自転車だったなあ……。
(´・ω・`)……電動アシストモデルというよりは、高級ママチャリという印象の
方が強いのですよ。

今のママチャリで、ここまで丁寧かつきちんと組んでいるモデルってあまりない
じゃないですか?

もちろん高級な軽量チタンだからこそ、ここまで丁寧なフレーム処理をしている
と思うのですが。

トップチューブとかシートステーの艶めかしい曲線も凄い完成度。
乗り心地は、とにかく滑らか。しかも、きちんとフレーム自体に剛性を確保している
のだから驚きました。

劇的に凄い乗り味という訳ではないのですが、乗った後じんわり効いてくる凄い
自転車。
アシストは結構控え目に設定されていて、この上質なフレームと良く合います。

IMGP3168.jpg
とにかく、丁寧に組んであるので長期間使用するとこのモデルの良さが分かる様な
気がします。

いっそモーターとかバッテリーを取っ払って、高級チタン系ママチャリとして売り
出してほしいです。

( ;゚ω゚)……あとビジュアル的にも、地味だけど美しい。
なんとなくですが、相当長時間乗っても体に負担がかからない滑らかな乗り心地は
忘れられません。

パナソニックのママチャリとしての技術が、電動アシストモデルという形で生き残って
いるんですね。

出来れば……ですが、前かごを取りつけずにフレームの美しさを味わいながら乗りたい
所です。
あんまり注目されないモデルかもしれませんが、たまにはいいものですね。


軽量で高品質なプレミアム電動アシストです!【パナソニック】★電動アシスト自転車の最高峰ブ...

2012年01月09日 トラックバック(0) コメント(0)

Cinelli Estrada 2012 シートステーはスチールの技術を生かして細め

Cinelli-Estrada-Red-Athena-2012-zoom.jpg
(´・ω・`)……Cinelliのカーボンモデル「エストラーダ」ですね。フレームはな
んと860g。
ストレートブレードフォークやハンドルはチネリのソリダ?

なんでもシーツステーはスチールフレームの影響を受けて細めに設計されている
のだとか。
もちろん、細いだけではなくて円筒形ながら耐久性も確保したシートステー。
完全にレーススペックですけど、軽量感と快適性にこだわり抜いて、ロングライドで
力を発揮します。

チネリでは、ホビー用とレース用にフロントフォークとカーボン素材を変化させる
事によって違いを出しているとか。

トップチューブおよびダウンチューブも、円筒形。
アルミモデルでは、トップチューブの形状に幅を持たせている場合がありますが。
円筒形もいいなあ。
軽さと空力抵抗も考慮されたフレームと聞いたけど、どのあたりかな?
実際に実践投入されたモデルだから、超軽量を生かした推進力とか凄いのだろうな
あ。

あとは、どの程度耐久性があるか非常に気になります。

Group: Athena 11x carbon.
Bar/stem: Cinelli Graphis /Bianca 31.8.
Bike ribbon: Cinelli Mike Giant.
Seat post: Cinelli Bianca 31.6.
Wheels: Campagnolo Zonda.
Tyres: Vittoria Rubino.
Saddle: Selle Italia SL.

( ;゚ω゚)……にしても、デザインがいいなあ。さすが本国デザイナーさんを
使っているだけはあるなあ……。
Cinelli Estrada 2012(チネリ エストラーダ2012)

2012年01月08日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 BASSO GAP 1977(バッソ ギャップ1977)クロモリロードバイク


img58522679.jpg
(´・ω・`)……1970年代のツールで使用されたクロモリモデルをイメージしたGAP 1977。
何気に紹介は3年ぶり。

SUGINOのノーマルクランクですね。クロモリメッキされたフロントフォークも
そのままですし。

ただ、トリコロールカラーがグラデーションになっている個所があります。
あとそうそう、コンポのシマノソラがリア9速化したのですね。
ダブルレバーやスレッドステムは健在。
人気があるので、ホワイトやブラックもあるけど。個人的にやっぱりトリコロールが
いいですね。
都内で足代わりに使う方がおおいですけど。

見た目は30年前ですけど、コンポは当たり前ですけど最新。
やっぱり細身のホリゾンタルはいいですね。
動画を見ていただくと分かりますが、その細さはなんだかセクシー。
思ったよりも光沢がありますし。
本家

↑ちなみに本家は? シートステーとチェーンステーがメッキ処理されている模様。
溶接部もラグメッキされています。
やっぱり本家は高級感が凄い。

それなりの価格だったのでしょう。


img58522676.jpg
ま、2012 BASSO GAP 1977も結構気軽に楽しめる良さがありますね。


img58522675.jpg
さすがにラグメッキはされていませんけど。
img58522674.jpg
なるほど、Wレバーの位置はオリジナルと同一。
img58522670.jpg
img58522672.jpg
クランクセット SUGINO RD5000 52/42T

img58522673.jpg
リアディレーラーシマノSORA

img58522668.jpg
PANARACER PASERA 700X25C


2012年01月07日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 GIOS FELLEO ULTEGRA(フェレオアルテグラ) とうとうアルテグラモデル登場

img57504412.jpg
ヽ('∀`)ノ ひゃっほーい!!クロモリロードGIOS FELLEOにアルテグラモ
デルが登場したんですね!!
珍しい? アルテグラグレードのクロモリモデルですよ!
しかも真面目にフルアルテグラ。
その下のGIOS FELLEO105と同じホイールMAVIC AKSIUMを採用しています。

( ゜∀゜)価格差についてんですけど、楽天ハクセン様の場合……

GIOS FELLEO 105 販売価格税込 144,585 円

GIOSFELLEO ULTEGRA 販売価格税込 168,682 円

フレームやホイールは同等で、コンポの違いから2万以上の価格差がある
模様です。
細かいパーツが多少違うのかな?
一応GIOSFELLEO ULTEGRAはフルアルテグラでくるみたいですけど。
ブレーキなど、気になる点があったら販売店様に確認してから購入した方が
いいですね。

ラレーの独壇場かと思ったのですが。ジオスは2012モデルは多彩なコンポを
用意していて面白いです。

更に良質なフレームを求めるなら、DEDDACCIAI クロモリを採用した
GIOS COMPACT PROなんでしょうね。あちらは驚異のリア11速ですし。

img58522102.jpg
シフトレバー SHIMANO ULTEGRA

img58522100.jpg
^-img58522101.jpg
ブレーキはSHIMANO ULTEGRA画像ですね。
変更はないのかな?

img58522099.jpg
フロントフォークはカーボン。
クロモリカーボンバックとかでないかな……

img58522097.jpg
フレームは4130クロモリ

img58522094.jpg
クランク SHIMANO FC6750 50/34T
img58522095.jpg
img58522093.jpg
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO 700X23C
img58522098.jpg
ホイール MAVIC AKSIUM
img58522096.jpg
img58522092.jpg
サドルにはSELLE ITALIAとGIOSのダブルネームサドルを標準装備。

( ;゚ω゚)……結構アルテグラグレードになると、ルックスが引き締まる
もんですね……



2012年01月06日 トラックバック(0) コメント(0)

KUOTA KOM EVO動画 フレームのいたるところに補強&剛性強化


KUOTA KOM1
ふう、ようやく親戚が帰った……
(´・ω・`)……ヒルクライムバイクKUOTA KOM EVOをだらだらチェック。
なんか、全体的に剛性強化というか補強しまくりな設計なんですね。

やっぱりヒルクライム重視なモデルなのかな。前にどんどん進んで
くれそうな。
フレームがエアロかつ多角形なんですね。しかも、モノステーやチェーン
ステーまで多角形形状なんですけど。

kouta kom5
トップチューブはデザインが面白い事になっています。
やっぱり、多角形ですね。

KUOTA KOM3
BB辺りに、なんと補強リブが。
がっちりしていますね。

KUOTA KOM2
チェーンステーも多角形形状。
これは、プロの脚力をきっちり受け止めてくれそうですね。
KUOTA KOM4
モノステーも多角形形状。
なんとなくトレックのマドンシリーズのモノステーに似ている様な。
でも、全体的にカーボンのボリュームを抑えつつ、フレーム形状で
剛性強化の為の工夫を施していますね。
やっぱり、軽量フレームにする為の工夫の跡が見られます。

2012年01月05日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 FELT B16 コンポにSHIMANO DURA Ace&VISIONのエアロクランクを採用

img58807149.jpg
( ゚∀゚)えっと、別にTTやトライアスロンをやっている訳ではないですが
やっぱりエアロ系は、見ていて楽しいなあ。

海外でFELTのトライアスロンバイクが大人気なのも分かります。

フロントフォークやステムはB12の為に設計された銃剣型。
ちなみにフロントフォークは、空気抵抗を減らしつつも強度をUPさせなくては
いけないそうで。
やっぱりトライアスロンモデルの設計はシビアですね。

他にもケーブル内蔵処理やブレーキ台座の位置、ホイール周辺のフレームをえぐる
など、様々な工夫を施しながら数パーセントずつ空気抵抗を減らしているとか。

空気抵抗をいかに排除&円滑にするかが勝負なんですね。
ちなみに、このFELT B16はクランクまでVISIONのエアロクランクを採用。
しかも、コンポに機械式SHIMANO DURA Aceという豪華版。

img58807147.jpg
シフター Vision Metron 20スピード
img58807146.jpg
フォーク Felt UHC Performanceカーボン

img58807145.jpg
フレーム Felt UHC Performance MMCカーボン
ダウンチューブとホイールの間がえぐれています。

img58807143.jpg
クランク Vision TriMax 52T/38T
フロント&リアディレーラー Shimano Dura-Ace
img58807144.jpg
img58807148.jpg
ホイール Felt TTR-4
ちなみにサイズ別に、700×23Cか650×23Cのホイールサイズを選択
できます。

一応参考までに表を↓
■フレ-ムサイズ別適合身長
480(650C):155~165cm
500(650C):160~170cm
520:165~175cm
540:170~180cm
560:175~185cm
img58807142.jpg

2012年01月04日 トラックバック(0) コメント(0)

Dedacciai STRADA SUPER SCURO(デダチャイ ストラーダ スーパースクーロ)



(`・ω・´)……チューブメーカー、デダチャイが販売しているフレーム
「スーパースクーロ」がかっこいいとです!

ダウンチューブが「これでもか!」と曲げて加工してありますよ?
しかも極太。
やっぱり、脚力がある方向けの様ですね。
チェーステーもがっちりしているし。
でもきちんとワイヤーを合理的にフレーム内に収納してあるんですね。

ここまで戦闘的に、フレームデザインが多角形。
プロの強力な脚力をけ受け止める為に、極めて高い剛性を有しています。
しかも漕ぎだしが「軽い」そうで。

シーツステーがちょっと面白くて、極薄ブレード。
どの程度快適性と推進力があるのか気になる……
カーボンフレーム(ハイモジュラスカーボンIM600)自体の耐久性
も高めに設定されているので、長期間使用するのを前提に設計され
ています。
なんだかんだで、デザインはイタリア色が強いですね。

ちなみに、やっぱり入手方法を選ぶと結構価格に差が発生しまして……


楽天通販でフレーム買いなら32万円。
まあ、そうでしょうね……。


Wiggle  Dedacciai - Super Scuro 2011
海外通販のWiggleだと、20万ですか……もう在庫がないのも
納得。

2012年01月03日 トラックバック(0) コメント(0)

2011 BROMPTON ブロンプトンM3Lを試乗した感想(動画)

IMGP2271.jpg

(´・ω・`)……以前BROMPTON M3Lを試乗した感想をだらだらと……

随分と乗りやすくなったんですね。
やっぱり低速で、長時間走るならブロンプトンもありかなあ。


なんとなく2009モデルを試乗した時よりもカーブがとても安定してきています。
ただ、個人的にスピードを出しずらい……。
やっぱり、スピードスポーツ系ミニベロとは明らかに違うのですね。

スピードミニベロだと、速度が乗った時にその走行性能の真価を発揮します
けど。
ブロンプトンはその逆で、低速でのんびり走る場合その真価を発揮するのでは
ないかと。

なぜか、走行時に「まったり感」を楽しめる心理的効果も無視できません。

スピード系フォールディングミニベロは所有しているので、こういうまったり
系もいいかもしれない。
ただ、この変速しにくいシフターをいい加減なんとかした方がいい様な。


(´・ω・)……相変わらず、M3L人気が高い様で。
以前よりも、今の方がすごく欲しいのですよね。
震災前はよりスピードが出るミニベロが欲しかったけど、今は低速で
実用的なモデルが欲しい様な。
震災では、都内からの帰宅で大活躍した話もありますし。

2012年01月02日 トラックバック(0) コメント(0)