スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 月別アーカイブ 2011年12月

BRUNO (ブルーノ) MINI VELO 20 ROAD ブルホーンカスタム

mini-bruno-mv20sp.jpg
( ;゚ω゚)……や、やばい……親戚の方々が集まってきた……おせちが……
すき焼きが……間に合わない……


ついに年末年始という修羅の場が開かれる……。

まあ、ところで珍しいブルーノを見つけたので紹介っス。


BRUNO (ブルーノ) MINI VELO 20 ROADのブルホーンバー仕様。

メーカーオリジナルという訳ではなく、ショップの方でカスタマイズ
したモデルの模様です。

mini-bruno-mv20spb.jpg
ブルホーンバーとミニベロは非常に相性がいいので、ちょっとこの
カスタマイズモデルに興味があります。

バーテープもコルク系ですね。
純正バーテープを使ったのかな?
だから全然ブルーノの雰囲気が壊れていません。
変速はWレバーのままの様ですね。


mini-bruno-mv20spc.jpg
フロントフォークにブルーノ公式カーボンフォークを使ってみたいなあ。
ま、それだけで10万オーバーですけど。




本年一年、このブログをご覧いただき有り難うございました。
来年も何卒よろしくお願い申し上げますとともに、来る年が皆様にとって
よい年となりますよう、心よりお祈りいたします。

(`・ω・´)ノシ ではでは、皆様、良いお年を!!

2011年12月31日 トラックバック(0) コメント(0)

お雑煮製作中&今年試乗したバイクで一番気に入ったのは……

お雑煮
(´・ω・`)……現在お雑煮製作中です。
ストラップのソフトバンクお父さんが、大変な事に……

大根とかシイタケとか鶏肉とかサトイモとかをお吸い物風に
煮てから、ほうれん草とかかまぼことか焼いたお餅をお椀に
盛り付けして完成。

明日はすき焼きパーティ……の準備……

201111171058326aea.jpg
img58479385a.jpg

(`・ω・´)…………………………さて、毎年恒例のランキング行きますか!
とりあえずロードモデルから!!!

今年試乗して一番気に入ったロードモデルは……
ヽ('∀`)ノ 2012 BH RC1 エアロロードバイクですね。
あの変態的な加速性能と乗りやすさは、多分他社の50~100万クラスのロード
レーサーを圧倒するのでは……

いまだに、あの謎めいた推進力を思い出しただけでよだれが……
エアロロードのやばさを思う存分堪能しました。

IMGP2288あ
ミニベロモデルの中でナンバーワンは
Fuji COMET R(フジ コメットR)!
それ程大したパーツを使わずに、他社のスポーツミニベロを圧倒する
走行性能……
正にモンスター。
試乗後にガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブルと身震いしました。

もしこれで、レース用にカスタマイズすれば大変な事になるのでは……

TREK46465555あ
TREK75776566あ
シクロクロスはあまり試乗できなかったのですが、やはりこれが一番印象に
残りました。
TREK Cronus CX

( ;゚ω゚)……二面性を持つカーボンシクロクロスモデルなんですよ。
低速時にはMTBの様な走破性を。高速時にはロードレーサーの様な機動力
と運動性能を備えたモデル。

とりあえず、この3台が最高でした。
とにかく全体的に技術や走行性能が大幅に底上げされているのは間違いないです。
もちろん他社も素晴らしいモデルが多くて驚いたのですが、この3台が更に高みに
行ってしまったというか。

明日は電動アシストモデルのまとめでも、書きます。

2012 BH RC1
Fuji COMET R(フジ コメットR)

2011年12月30日 トラックバック(0) コメント(0)

本日はおせち料理製作の為お休みです。

五目煮
現在鶏の五目煮を調理中の為、本日はお休みです。

お餅が終わったと思ったら、次々にやるべきことが……
明日はお雑煮の準備……
くりきんとん、鶏ハムも明日までに仕上げなくては……


(´;ω;`)……おせちの重箱完成にいたるまでまで、なんて長い道のりでしょう。
お正月が恐ろしい……全然休めない


ガクガク(((;゚Д゚ )))ブルブル 皆さんも、手作りおせちへのチャレンジに十分ご注意ください……。
Calamita due+(カラミタ ドゥエプラス) EDゴールドカラー

2011年12月29日 トラックバック(0) コメント(0)

Calamita due+(カラミタ ドゥエプラス) EDゴールドカラー登場!

img58982102.jpg
(´・ω・`)……Calamita due+(カラミタ ドゥエプラス)に新色が出た様ですね。
というか秋冬の限定カラーという流れかな。

一応ダブルバテッドクロモリ&STIレバーですけど、フロントフォークが
ストレートフォークからベントフォークになったんですね。

フレームには綺麗な出来の良いTig溶接を施して、ビジュアル重視。
で、現地の職人がハンドメイドで一台一台組んでいます。
やっぱり地方では店舗販売よりネット販売の方が、流通しているのかな?
都内だと、結構見かけた方も多いのでは。

塗装方式は電着塗装。要するにメッキですね。
電着塗装をした後に、乾燥機で焼きつけしてこのゴールドカラーを生み出した
のでしょう。
一度に大量の製品を、塗装するのに適した方法で不良品が生じにくい利点があります。
だからこそこれだけ手が込んでいるのに9万という価格を実現したのでしょう。

クロモリですが走行時の「軽さ」を追求したモデルでもありますので、お気楽に
乗ればいいと思います。
STIという事で、Wレバーよりもスポーティな面もあるのかな。
確か別の限定モデルも、その内出るとかでないとか。


img58982100.jpg
SHIMANO SORA STIレバー
やっぱりゴールドにはホワイトのバーテープが良く似合いますね。
img58982099.jpg
ケーブルもフレームのゴールドに合わせてホワイトに。
img58982101.jpg
ストレートではなくベントカーボンフォーク

img58982098.jpg
img58982097.jpg
塗装はED(electoro-desposition)コーティング。
メガネや携帯電話など高級感を出す為に多様されている塗
装方法ですね。
img58982096.jpg
コンポはシマノソラ。

img58982094.jpg
ALLOYキャリパーブレーキ

img58982095.jpg

ヽ(`Д´)ノハクセン様では、ポイント5倍セール中ですので
チャンスといえばチャンス!

2011年12月28日 トラックバック(0) コメント(0)

RIDE HARD(ライドハード)KNOG(ノグ)フルフィンガーグローブ

もち17
(`・ω・´)b もちつき終了しました!!
今年のお餅の出来は最高!
まるで大福もちの、外側の様なふわふわ触感。

これで第一段階クリアー

次はおせち料理という、最強の壁が……
o0550036711691114134.jpg

( ;゚ω゚)……アー寒い。お餅が完成したら、急に室温が急降下……。

そんな時は? オーストラリアメーカーKNOG(ノグ)のフィンガーグローブ
ですよ。
相変わらずのハイセンス。

合成繊維かと思ったら、なんとヤギ革。
ちょっと贅沢かと思ったら価格もそこそこ。

なんかいいなあ。

o0550036711691114137.jpg
こういう革ピッチリ系グローブは、結構バイクに乗っている時目立ちます
からね。

結構しなやかな付け心地で、使用しているうちに手に馴染んでいい感じに。

素材 Materials Goatskin Leather
適合サイズ:手の平周り S 17.5~20.0cm/M 19.5~21.5cm/L 20.5~23.0cm
適応温度 10℃~20℃

(´・ω・`)極寒と酷暑にはさすがに向いていなのかな?
ちょっと贅沢ですが、メンテナンスとか作業用とかに使いたいな……。


o0550036711691114135.jpg
結構実用的に作られていて、掌にはパッドが付いています。
レッドとオリーブカラーもありますけど、個人的にはやっぱり
ブラック。

2011年12月27日 トラックバック(0) コメント(0)

訳ありFELT F85ロードバイクがなんと、84000円で販売

img58395922.jpg
(´・ω・`)うーん、2012フェルトF85といえば、シマノ105搭載&アルミモデル。
8万4千円の訳ありが一台84000円で販売されていますよ。
販売価格が94500円だから、実質1万円オフ。
何がどう訳ありかというと……
img58974796.jpg
img58974797.jpg
*この度メーカーより入荷時にトップチューブに小さなひっかき傷があったため、
特価にてご提供をいたします。
ご提供時はホワイトのタッチペンにて修正の上、ご提供いたします。ご安心ください。
(写真は以下をご参照ください。)


(´・ω・`)……なるほど、こんな小さな傷でも価格が1万下がってしまうのですね。
あと、ほら、ホワイトカラーはどうしても傷とかムラが目立ちやすいじゃない
ですか。

でもシマノ105搭載モデルが84000円ですよ?
(シフターがマイクロシフト社ですね。まあ、その辺は後日シフターを105化
しても面白いかも)
ちなみに在庫は1台限り。
この記事をUPした時間に、まだ在庫が残っているといいですが。

img58395920.jpg
ま、2013年モデルとの入れ替わり時期に、安く買うという手もあるの
でのんびり検討してもいいのでは……

(´・ω・`)とりあえず、すぐ売れてしまいそうなので急ぎで記事をUP
しました。

2011年12月26日 トラックバック(0) コメント(0)

2012モデルRALEIGH CRN(ラレーカールトンN) なんとこっそり105系パーツ採用!

img58523887.jpg
……ラレーカールトンNがなんだかおかしな事になっているんです……

(`・ω・´)b こっそりパーツを105にグレードアップ! ラレー万歳!

クロモリ&フルティアグラロードバイクモデルに見えて、実は
こっそりシマノ105搭載モデルなのですよ!

なぜか私の知人がいる某店では「ティアグラモデル」という
名称になっています。
確かにユーザーからすれば2011モデルのカールトンNはフルティア
グラなので、そう思ってしまったりするのですが……ショップと
メーカーの楽しい罠ですか!

(なんとシフターとリアディレーラーに105を搭載しているのですね)

他社なら「105搭載モデル!」と叫んだりしますが……なんて
奥ゆかしい。

さすがラレー。フル105搭載でなくては、きっと105搭載とか言わない
のでしょうね?
しかも、新ティアグラと105をあえてミックスしてくるなんて凄いですね。
いずれにしても20速ですけど。

あと、販売価格が税込 99,750円だけど、更に割引きしてくれる
そうなんですよ?
価格だけ見たら、ティアグラ搭載と勘違いしてしまいますよ。



img58523886.jpg
img58523877.jpg
シフターが105なのですよ。

img58523885.jpg
ブレーキもきちんとティアグラ。
img58523884.jpg
フロントフォークにはオールメッキフォークを採用
もちろんクロモリ
img58523883.jpg
ユニオンジャックを胴抜きデザインにあしらった、結構派手な
デザイン。
img58523882.jpg
img58523881.jpg
ドライブトレインはシマノティアグラですが、リアディレーラーは
SHIMANO 105
img58523880.jpg
ホイール ARAYA AR-713

img58523879.jpg
タイヤ CONTINENTAL 700X23C

img58523878.jpg
カールトンNは毎年頑張りますね。リア10速化だけでなくて、こっそり
105系パーツも採用とは……

2011年12月25日 トラックバック(0) コメント(0)

KOGA bergmönch (コガ ベルクメンヒ) 膝を痛めた登山家の為の折り畳みMTB


IMGP2362.jpg
(`・ω・´)もう数日前にクリスマスを終えたので、なんだか街の光景が
不思議な気分。
餅とり粉準備OK。餅つきがあるので準備が忙しいとです。

登山と、ダウンヒル双方に使える折り畳みMTB 「KOGA ベルグモンク」
いや、本当にペダルもサドルもないのですね。
しかも、足を乗せるステップだけついてくるというシンプルさ。

タイヤサイズはフロントが20x1.85。
リアが16x2.4。

てっきり、お笑いというか、面白系折り畳みバイクかと思っていたのですが
実は登山家の為に設計された真面目なモデルだそうです。
登山家というのは、結構膝を痛めた方が多いのだとか。
ですから、下山時に「KOGA ベルグモンク」を使って快適に山を下りてもら
おうという設計思想が生かされたバイクなんですね。

確かに山を登る時より、下山の方が膝への負担が大きそうですし。

道なき山の下りを、一気に走り抜ける為のバイクなのでMTB顔負けの
走行性能も有しています。
平地では、足で地面をけっ飛ばしながら前進するという……凄い世界
ですね。


ちなみにベルグモンクの語彙は、「山の僧侶」
ベルグモンクの乗車姿勢がひざまづく僧侶に似ている……とか。

2011年12月24日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 FELT Z5  シマノ105搭載&ローギア化したコンフォートカーボンバイク

2012-FELT-Z5.jpg
(´・ω・`)……2012モデルのコンフォート系カーボンモデルZ5って、相
当完成度が高い様ですね。
やっぱりクランクまでシマノ105なのが、いいのかな。
相当無理な変速操作をしてもいけますよ。
(まあ、しない方がいいのだけど)

実はカーボンフレームは上位モデル40万クラスのFELT Z3と同等の
Felt UHC Performance MMCカーボンを採用していますし。
多少路面が悪い場合でも、しっかりと衝撃を吸収してしまいます。

FELTモデルらしく直進安定性が高い上に、何より低速で走ると実に
快適な走行性能が楽しめます。
いきなり初心者でも無理なく50km~100kmこなしてしまうのでは
ないでしょうか。

つまり、かなりの長距離向きな完成度の高いモデルな上、シマノ105
をクランクまで採用しているので、変速も軽快だし耐久性が高い
のもポイント。

2012-FELT-Z5-1.jpg
クランクはShimano 105 コンパクトドライブ 50T/34T

2012-FELT-Z5-2.jpg
ブレーキはShimano R561
むう。

2012-FELT-Z5-3.jpg
なんとスプロケットはTIAGRAグレードで、10速スプロケットのロー側が30T!
( ;゚ω゚)……ちょっとびっくりの低ギア化ですね。
これで急な坂道を走ったら、どんな感じなんだろう……

2012-FELT-Z5-4.jpg
FELT Z5は徹底的に、乗り手に疲労感を与えない為の
仕様です。
にしても2012モデルのZ5はかなり個性的。
価格も17万と結構抑え気味。
FELT Z5 T
タイヤ Vittoria Zaffiro Pro 700C×25C
ホイールなどにも、予算をかけると更に快適性が増しそうですね。

2011年12月23日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 FELT Z6 は、フルカーボン&リア10速でなんと販売価格13万!

2012-FELT-Z6.jpg
|ω・´)……2012FELTモデルも……いよいよヤツが……登場……。


フルカーボン快適ロードフェルトのFELT Z6の販売価格がなんと
13万9千円だぁああああ!

うーん2011モデルのZ6はコンポにシマノ105&シフターにマイクロシフト社
リア10速という構成でしたけど。
価格はあえて13万でしたっけ?

2012モデルは新ティアグラを採用して、販売価格夢の13万クラスかあ……
(´;ω;`)……ありがとう……フェルト……2012モデルもやってくれたね……

ま、まあ税込みだと14万ですけどそれでも凄すぎ。


FELTモデルの中で、大本命とも言えるコストパフォーマンスですね。
2011モデルは、完売してしまった模様ですが……2012年Z6もすぐ在庫が
無くなるんだろうなあ。

giant ass

ちなみにジャイアントのフルカーボンモデルTCR COMPOSITE 3は定価で14万。

( ;゚ω゚)……おおお、何か13~14万という価格帯で、熾烈なカーボンロードの
バトルが発生しています……。
しかも、新ティアグラの恩恵を受けて、リア10速が当たり前の時代に……

しかもコンフォート系ロングライドモデルに各社標準を絞っているのが
これまた面白い!



2012-FELT-Z6-3.jpg
ハンドルバー Felt VS 6061アルミ
タイヤ Vittoria Zaffiro 700C×25C

2012-FELT-Z6-1.jpg
シフター Shimano Tiagra STI
おお、きちんとShimanoブランドですよ。

12_felt_035599_09_L.jpg
クランクセット FSA Omega コンパクトドライブ 50T/34T

12_felt_035599_12_L.jpg
フレーム Felt UHCPerformanceMMCカーボン
グレードはFELTモデルの中で3番目のクラスとはいえ、ハイモジュラスカーボン
ですよ。

12_felt_035599_11_L.jpg
リアディレーラ Shimano Tiagra

12_felt_035599_08_L.jpg
サドル Felt VS Road

いいなあ、13万でリア10速のFELTカーボンロードが普通に手に入るんだ……
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル いやいやいや、何かおかしいですって!
下手なアルミモデルの価格帯を圧倒しているじゃないですか……

2011年12月22日 トラックバック(0) コメント(2)

2012 COMMENCAL PREMIER HD1 (コメンサルプレミアHD1) ハードテイルMTB

2012-COMMENCAL-PREMIER-HD1.jpg
フランス南境に接するピレネー山脈の中にあるアンドラ公国に設立された
バイクメーカーコメンサルのMTBですよ (`・ω・´)b
 

シアンブルーのMTBいいなあ。
先日またしても29er系のMTB乗ったのですが、やっぱり26インチの
方が慣れているので……こっちの方が好き。

コメンサルのHPを見ていたら、フロント三枚のギアに対しても仮説
を立てて、設計に生かしている様で。(まあ、リアサスモデルの場合ですが)


インナーギアはゆっくりしたスピードでのクライミング時に最も使用

センターギアは最も頻繁に使用されるため、ポビングが発生しない事が重要。

アウターギアはダウンヒルやトップスピード時に使用される為、ペダリング効
率よりもグリップ力の増大やサスペンション動作が優先される。



ああ、やっぱりセンターギアは山でも頻繁に使うというのは思わず納得。



制動性、変速性能、重量そして耐久性に非常にこだわり抜いたモデル。
しかも、リーズナブルに本格的なトレイルを楽しめるスタイルですが
コンポや装備は実戦向き。

プレミアシリーズは、フレームやハンドルはオーバーサイズを採用。
デザインのCGグラフックが結構好みです。

トレイルを自由気ままに駆け巡ることができる実力を持つのに9万
クラス。
徐々にステップアップを目論む山好きのあなたに……とHPでは
締めくくっていますけど、ちょっと個人的に使いたいなあ。



2012-COMMENCAL-PREMIER-HD1-2.jpg
フロントフォークはRST OMEGA ML LOCKOUT
ロックアウト機能付き。


2012-COMMENCAL-PREMIER-HD1-3.jpg
リアディレーラーにShimano Deore

2012-COMMENCAL-PREMIER-HD1-4.jpg

ディスクブレーキは AVID ELIXIR 1
油圧式ディスクブレーキのエントリーモデルですが、テーパーボアなど上位
グレードと同じテクノロジーを採用。
同価格帯で最高のブレーキパワーとコントロール性能を発揮。

実用性重視ですねえ。


2012-COMMENCAL-PREMIER-HD1-5.jpg
タイヤはMaxxis Crossmark 26x2.10

2011年12月21日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 ARAYA EXR(EXCELLA RACE)(新家工業) アラヤ エクセラレース 8万クラスで105搭載!!

img58773203.jpg

( ;゚ω゚)…ああ、これが噂のアラヤ エクセラレースですか。
相当業界でも8万でシマノ新ティアグラ&105搭載
というのがショックだったみたいですね。
(105はあえて、シフターに採用。新ティアグラはドライブトレインにフル採用)

しかも、フレームはアルミ6061RCR ダブルバテッドTIGフィレット
を丁寧に、つぶし加工。
多角形形状のチューブで、剛性UPを狙っています。

更にフロントフォークは英国COLUMBUS CINELLI TUSK LIGHTカーボン!
ヽ(`Д´)ノ ドチクショウが!! なんだよ? これ????

リムは、なんとARAYA AR-713 32H! タイヤはなんとSCHWLBE!

ステムなどパーツもリッチー社のパーツを採用。

なんか、一生懸命低価格でレーススペックにまで持っていこうとする姿勢が
素晴らしすぎる。重量も9.1kgですよ?

(`・ω・)……価格という現実を忘れさせる
蜃気楼の様なモデル……
それがARAYA EXCELLA RACE
 

ここまで誠実なロードレーサーも珍しい。
わずか8万ながら、驚異のリア10速ロードレーサーです。

なんだか、今年のラレー&アラヤ連合はカーボンフレームでもアルミモデル
でも、コストパフォーマンスにおいて暴れすぎ……です。

試乗して見ると、価格を忘れさせる程スムーズで上質の走りが楽しめますからね……。
やっぱりどこも手を抜かない姿勢でバイクを創ると、こういうモデルが出来るんですね。


img58773202.jpg
ハンドルステム RITCHEY LOGIC
なんとSHIMANO 105 デュアルコントロールレバーをあえて採用。

img58773201.jpg
img58773200.jpg
フォーク COLUMBUS CINELLI TUSK LIGHTカーボン
img58773199.jpg
フレーム アルミ6061RCR ダブルバテッドTIGフィレット
トップチューブが多角形形状。

img58773197.jpg
ギヤクランク SHIMANO TIAGRA 50/34T

img58773198.jpg
シートポストも、リッチーで固めています。
img58773195.jpg
リム ARAYA AR-713 32H
タイヤ SCHWLBE 700X23C LUGANO F/V

img58773196.jpg

サドル SELLE ROYAL SETA
どうも各ショップで、注文が殺到しているというのもうなずけますね……
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル
なんか、エクセラレースからオーラーみたいなものが見えますよ……

ある意味、アルミモデルの意地の様なストイックさも感じませんか?

2011年12月20日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 MASI GRAN CRITERIUM((マージ グランクリテリウム) なんとポリッシュカラー!

img58843980.jpg
( ;゚ω゚)……うわああああああああ、2012年も1970年代のクロモリモデル
の名車マージ グランクリテリウムが出るんですね。
Reynolds 525 ラグド ダブルバテッドクロモリと、ダウンチューブのデザイン
(国旗)もそのままですが……ただ、2012年モデルはカラーリングで勝負
してきました。

2011モデルは復刻盤を意識したブラックカラーでしたが、なんと2012モデルは
ポリッシュカラーですよ。
American MASI Gran Criteriumを再現する事に精力を注いだモデルでしたが
あえてポリッシュカラーですか。
アメリカ色がかなり強まったというか。

ただ、やはり往年の名車の復刻盤ということで、シマノティアグラなどの採用
はMASIのプライドが許さなかったようです。
ですので、シマノ105ですよ。
Wレバーでくるという方向性も考えられましたが、やはり走行性能を重視した
STIできました。
MASIは割と、リーズナブルな路線もクロモリが多かったですが、やっぱり
グランクリテリウムは別格扱い。
ですので、価格は20万オーバー。

ただ、この路線は大成功だった模様で、とうとう某所において
ロード部門売り上げ一位
を獲得ですよ。
ヽ(`Д´)ノ カーボンやアルミモデルを抑えて、
クロモリモデルの名車が快進撃中ーーーーーーー!

やっぱりこだわり抜いた姿勢が、市場に高く評価された様です。
2011モデルは静かな人気だったのに……
非常にめでたいですね。

img58843978.jpg
ハンドル Ritchey Comp Logic II, 31.8mm

img58843977.jpg
おお、ケーブルカラーを使い分けている……
img58843974.jpg
ブレーキ SHIMANO 105

img58843976.jpg
フォーク MASI LUGGED クロモリスチール
ロゴが実にいい。素晴らしい風景ですね。

img58843973.jpg
このダウンチューブのデザインは70年代から続くMASI GRAN CRITERIUM
の特徴。
img58843970.jpg
クランクセット Shimano 105, 50/34T
ほぼコンポは105をフル採用。

img58843971.jpg
ホイールセット Shimano RS10

img58843972.jpg
img58843969.jpg
タイヤ Kenda Kriterium 700x23c

img58843979.jpg
シートポスト Ritchey Comp 2 bolt, 27.2 x 350mm

2011年12月19日 トラックバック(0) コメント(0)

PANGO FOLDING HELMET (パンゴフォールディングヘルメット) とうとうヘルメットまで折り畳みの時代へ

IMGP2244.jpg

( ;゚ω゚)……なんと、折り畳みヘルメットですよ!
動画を見ていただくと分かる通り、樹脂系の素材で出来たヘルメットですね。
パーツをスライドさせて、あっという間にヘルメットになってしまう様は
もう快感!!!!


実はEUの安全規格をクリアーしたヘルメットでして。
CE規格のマークが添付されています。

CE規格……自転車用ヘルメットの統一安全規格としてEUが規定。

折り畳めば、メッセンジャーバッグやトートバッグなど色々収納出来て
便利ですし……
寝る際に、枕元の近くに置いておけば邪魔にならないうえに、いざと
いう時に使えそうです。

なんというか、デザインがかなり「未来」ですのでビジュアル的な
インパクトもあります。


サイズ / 横幅17.5cm×奥行25.5cm×高さ11.0cm
思ったのですが、自転車だけでなくて普通に防災グッズとしてしっかり
した製品なのでは……
その内、乗り手自身も折り畳みになる必要があったりして。



2012fuku_omake.jpg
(`・ω・´) ということで、 今年も関西のきゅうべい様が自転車福袋
の更新なんですよ!!

予約開始から早々に毎年完売してしまう特大セット!!


上の画像は各メーカー・代理店より頂いた各ブランドのステッカーや販
促グッズ類もおまけですね!
中には非売品の超レアなグッズもありますよ!

※以下のアンケートは任意ですが、お答えいただけると、より満足度の高い
商品セットになる可能性がアップするかもしれません。
注文時に備考・コメント欄よりご回答下さい。

1)年齢・性別
2)身長・体型・各部サイズ
3)お持ちの自転車
4)スポーツ自転車歴
5)WEBサイト・ブログ等お持ちでしたら(Twitter可)

なお新年1月4日以降の発送となるそうです。


P1000346.jpg
ヽ(`Д´)ノ メリークリスマーーースーーーーーーー!!!
今年の24日は、非常に忙しいので昨夜クリスマスをやりました。



2011年12月18日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 GIOS VINTAGE FLAT (ジオスビンテージ フラット)限定生産モデル

12_gios_036385_L.jpg
え!?
( ;゚ω゚)……ちょっと驚いたのですが、GIOSからクロモリロードモデル「VINTAGE」
からフラットバーモデルが出るんですね。
いいなあ。個人的にこのイタリア国旗のトリコロール系三色カラーが……やばい……
凄く欲しいですよ。

12_gios_034529_03_L.jpg
これは2012モデルのビンテージロードですが、例のクロモリメッキフロント
フォークがフラットバーで楽しめるという訳ですよ。

しかも! 趣味性が高いWレバーもそのまま!


12_gios_034529_14_L.jpg

( ゚∀゚)メインコンポはフラットバーモデルの場合SHIMANO 2300を採用してくるそうです。

ですから価格も7万クラスと抑え目。先行予約の受付は2012年12月20日まで
だそうです。
やっぱり限定モデルとして、供給量は抑えてくるのか……
にしても珍しいですね。
普通GIOSはクロスモデル用に、きちんとクロモリフレーム設計してくるのに。

どうも、ユーザーからビンテージのフラットバー化の要望が相当多かった
様で。

あ、だからあくまでクロモリロードフレームをあえて限定という事で
フラットバー化した訳か。

イタリアンカラーだけではなくて、ブルーとホワイトカラーも要望に
応じて販売するみたいです。

(´・ω・`)……とりあえず予約可能な時間があまりないので、急いで記事
にしました。




vintage_flat_full.png

2011年12月17日 トラックバック(0) コメント(0)

TACX LUMOS(タックスリュモス)フロント・リアセーフティライト ウィンカー機能搭載したライト

img58948239.jpg

ドロップハンドル用のライトですよ。とうとうドロップハンドルにウィンカー機能
もついた今の時代にぴったりのライトですよ。

そうか……このライトがあれば右折や左折をウィンカーライトで周囲に知らせる事が
出来るのですね。

ま、あんまり深夜は危ないので走らないようにしていますが、このライトがあると
結構助かりそうです。
ドロップハンドルに通常のLEDライトやサイクルコンピューターなどを取り付けると
結構ごちゃごちゃしますものね。
(それが良いかもしれませんが)
これ、耐久レースなどにどうです?
先頭集団をハイスピードで追いかける際も、周囲に自分の存在を知らせられるし。

何より、空力抵抗の少ない? ので、速度が増したりして。


img58948240.jpg

img58948256.jpg
前方と後方に、光を照射する構造ですね。
単三電池を左右一本ずつ使用します。ということは、エネループ
あたりを使用すればほぼ無限。

ちなみに、エネループはその辺のアルカリ電池より凄く容量が
高いですからね。


点灯時間は約12時間。
重量は電池込みで、96g
ウインカーはボタンワンプッシュで10秒間点滅。

img58948260.jpg
価格は2,415円
思ったより、リーズナブル。
セーフティーライト的な使い方が、一番かな。

フラットバータイプも発売してほしい。
ミニベロとかに使用したら、かなり重宝しますよ。
折り畳むときに、結構LEDライトはかざばりますから。
img58948142.jpg

2011年12月16日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 FELT F4130 CAMPAGNOLO クロモリロードバイク イタリアとドイツのコラボ

img58801413.jpg
ヽ(`Д´)ノまたもや珍しい事に、FELからなんとクロモリフレームのロードモデル
が登場ですよ!
名称はFELT F4130 イタリアのColumbus バテッドクロモリ4130材を採用
しています。

ですのでコンポもなんと、イタリアンなCAMPAGNOLO ATHENAを採用ですよ。
クロモリリア11速!

なぜかドイツメーカなのに、イタリア製のパーツやフレームをふんだん
に使用。

でもフロントフォークにハイモジュラスカーボン Felt UHC Performanceカーボン
を採用してくるあたりFELTらしさが出ています。

カラーリングもなんとなく、ブラックやホワイトを好むFELT。
あくまでクロモリモデルでも、その路線でいきますか……うわ。

FELTらしくないというか、実に珍しいモデル。
もしかして、イタリア製品の保護の為に設計したのかな……とすら思わせて
しまいます。

(`・ω・´)……にしても、かっこいいな……。
イタリアンとドイツのコラボレーションというのもいいものですね。

あ、良く考えたら某三国同盟として、仲がいい国同士でしたね。
これで日本製のパーツ……ライトとか使えば、完璧?
img58801411.jpg
ブレーキレバー Campagnolo Athena
ヘッドにFELTロゴが……凄いセンス。

img58801410.jpg
ブレ-キ Campagnolo デュアルピボット

img58801409.jpg
フォーク Felt UHC Performanceカーボン

img58801408.jpg
Felt Columbus バテッドクロモリ

img58801407.jpg
クランク Campagnolo Athena コンパクトドライブ 50T/34T

うわ、このあたりのビジュアルが面白い。

img58801412.jpg
タイヤ Clement Strada LGG 700C×25C

img58801406.jpg
サドル Felt FB Road

2011年12月15日 トラックバック(0) コメント(0)

2012モデルFELT FOOTSPRINT(フェルト フットスプリント) 珍しいカーボンシングルスピード

img58807319.jpg
(`・ω・´)……とうとう、シングルスピードもカーボンフレームの時代で
すよ。
来ましたね、とうとう来ましたね。
FELTからFOOTSPRINT(フットスプリント)という名称で、販売されています。

随分いいカーボンを持ってきていますよ。ハイモジュラスカーボン採用。
しかもグレードはFシリーズなどのロードレーサーにも使われる、上から
三つ目のグレードFelt UHC Performanceカーボンですよ。
だから販売価格も若干高めの設定なのかな。

シングルスピードというとクロモリか、アルミと相場が決まっていたので
新鮮、新鮮。

トップチューブの形状はFシリーズの様な釣鐘形状。結構走ってくれるのかな?
快適重視のZシリーズとは少し方向性が違うかも。
あと重量が8.5kgと軽量なのは必然ですね。

(´・ω・`)……ビジュアル的には街乗り色というよりも、レース色が出ている様な。
でも、シートチューブにレンチ&栓抜きがついているので、あくまでシングル
スピードと自己主張していますね。
レッド系カラーとか出ないかな。

いきなりハイモジュラスカーボンを持ってきたあたり、フレームにこだわる
FELTらしさが出ています。
楽天ハクセン様では安全性を考慮し、フリーのみでのご提供となります。

img58807314.jpg
ブレーキレバー SRAM Road
もちろん前後ブレーキ付き。

img58807317.jpg
img58807315.jpg
フォーク Felt UHC Performanceカーボン

img58807312.jpg
例のレンチと栓抜きが見えますね。
ビジュアル的にカーボンと不思議に合っている様な。
img58807316.jpg
クランク SRAM S300 SS GXP 48T

img58807318.jpg
カセット 18T フリーホイール
タイヤ Felt SPEED All-Weather ROAD 700c x 25c

img58807313.jpg
ちなみに付属品にトップチューブパッドもついてくるそうです。

2011年12月14日 トラックバック(0) コメント(0)

2012モデルFELT Z3 電動ULTEGRA DI2搭載

img58792363.jpg
(`・ω・´)FELTの快適ロングライドモデルZシリーズについてなんですけど、
とうとうミドルグレードにも電動化の流れがきましたね。
35万クラスなのに、電動ULTEGRA DI2を搭載ですよ。
うーん。

あえてレーシングモデルF3には電動ULTEGRA DI2を採用せずに、快適重視
のZ3に持ってきたあたりが面白いですね。
エアロフレームを採用したAR3も電動ULTEGRA DI2を採用してきていますが
販売価格は40万を超えますから、やっぱりZ3のコストパフォーマンスが
高いですね。

カーボンのグレードはハイジュラスカーボンの3番目のグレード
「UHCパフォーマンス PERFORMANCE」を採用。あくまで2番目のグレード
「UHCアドバンズド ADVANCED」は使用しなかったみたいです。

とはいえ、FELT Z3の最大のセールスポイント電動ULTEGRAで30万クラス
というのはやっぱり凄いですね。
2013モデルあたり29万で電動化したりして。

あと、あくまでコンフォートモデルとしてクランクは軽量カーボンコン
パクトクランクですね。ノーマルクランクではありません。


FSA Team issue コンパクトドライブ 50T/34Tになる模様。
なぜか画像に電動デュラエースが付いていて、あせりましたが……
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル

しかしまあ、今年もFELTはコストパフォーマンスに執念を燃やして
いますね。
しかも、必ず何か目玉的なパーツが使われていますし。
img58792361.jpg
シフター Shimano Ultegra STI 20スピード
img58792360.jpg
img58792358.jpg
フォークもフレームと同様のFelt UHC Performanceカーボンを
採用して、価格を抑えています。
img58792359.jpg
img58792356k.jpg

フレーム Felt UHC Performance
img58794244k.jpg
クランク FSA Team issue コンパクトドライブ 50T/34T
画像はデュラエースですが、Z3のコンポは電動ULTEGRA DI2です。

img58792362.jpg
ホイール FULLCRUM RACING5
タイヤはVittoria Rubino Pro 700C×25Cと若干太め。

img58792355.jpg

2011年12月13日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 FELT F4 コンポにシマノアルテグラ&リブ入り完全中空カーボンクランクFSA SL-K Light 52T/36Tを採用

img58792232.jpg
2012モデルのFeltシリーズはハイジュラスカーボンフレームですが
3つのグレードに分かれます。

「UHCアルティメイト+ナノカーボン」
「UHCアドバンズド ADVANCED」
「UHCパフォーマンス PERFORMANCE」
と三等級別にカーボングレードを分けていますね。

で、このFシリーズには3番目の等級「UHC Performance MMCカーボン」
を採用して、リーズナブル価格を狙ってきています。
シマノアルテグラグレード&UHC Performance MMCカーボンで販売価格
27万です。


ちなみに面白い事にAR4は、2番目の等級「UHCアドバンズド ADVANCED」
グレードで販売価格は30万。
どちらかというとFELTはエアロフレームにより高級なカーボン素材を
採用する傾向にあるようです。


ただ、FELT F4の凄い所はクランクにFSA SL-K Light 52T/36T
リブ入り完全中空カーボンクランクを持ってきた事です。

なんとクランク重量はわずか670g! 
7万クラスのクランクですよ?
( ;゚ω゚)……もう、ね。ここが2012モデルFELT F4の売りどころですか……


デュラエースですら4万クラスで重量は700g台だというのに。
随分とまあ、いいクランクを持ってきたなあ……という印象。

だから今年F4は凄い人気なのかな?
某所でとうとうロードバイク売り上げランキング1位獲得ですものね。 
SRAM REDを採用したF3もかなりのお買い得ですけど。
ホイールもリーズナブルだけど結構評価の高いWH-RS20を採用。


img58792228.jpg
シフター Shimano Ultegra
img58792226.jpg
img58792222.jpg
実はフォークのカーボングレードはセカンドグレード
Felt UHC Advancedカーボンをこっそり持ってきています。

img58792224.jpg
フレーム Felt Road UHC Performance MMCカーボン
フレームには3番目のグレードのハイモジュラスカーボンを
採用。

img58792221.jpg
img58792219.jpg
クランク FSA SL-K Light 52T/36T
20万クラスなのに、随分いいクランクを持ってきました。

img58792220.jpg
ホイール Shimano WH-RS20
img58792230.jpg
タイヤ Vittoria Rubino Pro 700C×23C

img58792218.jpg

2011年12月12日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 FELT AR1 カーボンシャドウロードバイク 電動Dura-Ace&SHIMANO WH-7900クリンチャーホイール採用

img58794251.jpg
(`・ω・´) 毎年必ずチェックしているFELT AR1です。
2012モデルもFELT最高峰野カーボン「UHCアルティメイト」グレードを
採用していますね。

最近ようやく? エアロロードに最高のカーボンを使う意味が体で分かり
ましたよ。
( ;゚ω゚)……いや、本当に凄まじい推進力に変換しますから。
ノーマルのロードモデルでは信じられない世界というか。
これが普通になったら、少しやばい気もしますけど。

あと2012モデルの変更点というと、ホイールはMavic CosmicCarbonSLから
Shimanoのクリンチャーホイール(WH-7900-C35-CL)に変更になった模様です。

やはり、トライアスロンバイクからの技術が応用されているだけあって
出来るだけ、乗り手の体力を消耗しない様に設計されているのだとか。
確かにトライアスロン競技だと、バイクに乗った後に自力でランニングしな
きゃいけませんよね。

つまり走行中「速く走る」と同時に、「体を休める」機能も必要な訳で。
その為のエアロフレームなんですね。
だから意地でもケーブル類は空気抵抗が生まれない様にフレーム内に
収納せざるを得ないかと。
さらに変速操作にも負担をかけない為に電動デュラエースを採用して
最高の快適快速ロードバイクに仕上がっていると……。

あと、やはり乗り手に負担をかけない為にホイールベースを長くし安定性を
高めてます。

とはいえ、やはりエアロフレームのアドバンテージは強力で、AR1の場合一時間
当たり1分もタイムが稼げるのだから、やはり凄いですね。 

img58794249.jpg
シフター Shimano Dura-Ace Di2 STI 20スピード

img58794248.jpg
ブレ-キ Shimano Dura-Ace
img58794247.jpg
フォーク Felt UHC Ultimate+Nanoカーボン

img58794246.jpg
ホイール Shimano WH-7900-C35-CL
img58794245.jpg
フレーム Felt UHC Ultimate+Nano MMCカーボン
img58794243.jpg
SHIMANO Dura-Ace Di2
電動Dura-Aceすら普通に採用。

img58794244k.jpg
クランク Shimano Dura-Ace 53T/39T
img58794242.jpg
img58794241.jpg
img58794250.jpg
結構以前よりも、日常性も高くなっていますね。
以前はどちらかというと、レース重視といった感じでしたけど。

2011年12月11日 トラックバック(0) コメント(0)

【限定カラー】2012 ピンクBRUNO VENTURA FLAT(ブルーノ ベンチュラフラット)

img58823436.jpg
( ゚∀゚)VENTURA FLATフラットに限定カラーピンクが出ましたね。

ベンチュラフラットには、ハニーイエローとターコイズブルーがありました
けど、ピンクですよ、ピンク。
とはいえシック系のピンクなので、万人向けを狙ったという形になります。

残り在庫1台だそうですが、まあ焦らなくてもブルーノは夏限定モデルカラー
とかも出ますから、のんびり構えていいのではないでしょうか?

ベンチュラのドロップモデルは、大変低速でも安定性が高いのでフラット
バーならより、安心して街乗り出来そうですね。

とはいえ、元々走行性能が優秀なモデルなのですから更に強力なベンチュラ
モデルが出てもいいのでは……と思ったりもします。
カーボンパーツで軽量化すれば、結構レースでもいける様な気も……
もうあんまり、ミニベロでスピードを求める時代じゃないのかもしれません
けど。

結構デュアルコントロールレバーも、ブルーノに合いますよ。
Wレバーもいいですけど、最新のパーツを採用しても楽しめるのがブルーノ
のいい所。
(´・ω・`)……しかしベンチュラは凄いなあ……街乗り仕様でも、快速スポー
ツ仕様にも出来るのですから……
某サイクルショップ様で、年間小径車部門売り上げ一位というのも納得。


img58823433.jpg
ブラウン系レザー風のパーツ構成はそのままですが、なぜかベル付き?
img58823434.jpg
ケーブルはホワイト系
img58823431.jpg
オリジナルトラスクロモリフレームは本当に乗りやすいですね。
ピンクというより、ワイン系のカラーにも見えます。

img58823430.jpg
img58823429.jpg
クランクには53-39Tを搭載し、リアにはSHIMANO R2300を搭載した
16段変速

2011年12月10日 トラックバック(0) コメント(0)

CleanSpeed Espresso 20(クリーンスピード エスプレッソ) カラー ピュアホワイト

img58826453.jpg
ん?
ヽ(`Д´)ノ  CleanSpeed ESPRESSO20がホワイトカラーになって登場ですよ!!
へー、グリーン系とかブルー系が多い中で、ホワイトは初めて見ますね。

しかもホイールにディープリム採用。タイヤも細身の20x1.35といくらか
スピード性を重視した仕様になっています。

時速50kmをもしかしたら瞬間的に出せるかな……ポタリングとか旅
系のモデルかと思っていましたけど。

サドルもselleITALIAかあ。という事は、サドルもそれ程重量がかさんで
いないという事か。
レイノルズ500クロモリ製フレームを採用。
折り畳みに際には、中央のレバーを操作して降り畳み可能。
なんだかんだで、12kg台と重量を抑えているので使い勝手がいいの
では。

(´・ω・`)どちらかというと、週末の旅のお供に使われる方が多数。
でも Espresso 20ホワイトは、あくまでスピード性重視してきたと
いうことでしょう。

なんだかんだで、あのKHSのOEMモデルですからね。走りに関しては
全く心配していませんよ。

img58826447.jpg
あ、ステムやバーテープにホワイトパーツをわざわざ用意してきたんです
ね。いいなあ。
img58826438.jpg
INLINE LEVERもあり。
街乗り意識しているのかな。

img58826446.jpg
ホワイトのステムはオリジナルパーツみたいですね。
ベルもついてきます。
img58826445.jpg
img58826448.jpg
2012モデルよりディープリムを採用する方向だとか。
img58826444.jpg
なんとなくGIOSの様な雰囲気
img58826442.jpg
徹底的にシンプルな折り畳み機能。
この辺りはKHSですね。

img58826443.jpg
ギア フロント2速(53X39T) X リア9速(12/25T)
コンポはシマノソラです。
ソラは9速化したのですから、リア9速になったのですね。
ドライブトレインはロードスペック。
img58826440.jpg
KHSのソフトテールですよ。
滑らかな走行性能を楽しめます。

img58826439.jpg
タイヤサイズ 20X1.35

img58826441.jpg
サドル SELLE ITALIA C2 FLOW
スタンドも付いてくるので、使い勝手も良さそうです。

2011年12月09日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 DAHON VISC. P18(ダホン ビスクP18)動画


( ;゚ω゚)……ああ、ようやくDAHON VISC. P18の動画をUP出来ましたよ。
やっぱり、モンスター曝速モデルスピードプロというよりは、街乗り快速
ヘリオスの流れを組んでいる印象です。
クランクはPROWHEEL OUNCE-721 53-39T
確か新型のターンモデルのクランクは55Tが多かったので、多少は漕ぎやすさ
を意識しているのかな。
高速で走るとターンは怪物めいた実力を発揮しますけど、DAHON VISC. P18
はいくらか押さえられているかも。
(ま、ターンの走行性能が桁違いなので、比べるのもなんですけど)





あああ、だらだらバイクに乗っていたらこんな時間に。
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル

2011年12月08日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 PEUGEOT AS01 なんとフルカーボンクロスバイク

img58924953.jpg
( ゚∀゚)なんとプジョーから、フルカーボンクロスバイクが登場しますよ。
いえ……タイヤサイズも23Cで、コンポは新ティアグラなのでフラットバーロード
と言っていいかも。

重量は8.6kgと軽量ですし、なんとケーブル系はフレーム内に収納。
しかも、シートステーは派手に曲げ加工してあります。

最近、やっぱりカーボンでないとそれなりの速度が出せないのかなあ
と思ったりしますが、このPEUGEOT AS01はスピード系かな……
クロスバイクとロードのエアロフレームがミックスしたかの様な
面白さがありますね。

それなりの価格かと思いきや、11万と結構抑えめなのも気になります。
シートポストもなんとカーボン。
徹底していますね。
最近カーボンクロスバイクはそれほど出ていない中、貴重な一台に
なるかも。

img58924951.jpg
へえ、ケーブルがオレンジカラー。
シングルスピード的なデザインかな?
img58924950.jpg
シフターはSHIMANO TIAGRA
img58924949.jpg
フロントフォークはブレード形状
タイヤ VRESDETAIN VOLANTE TRI-COMP 700 X 23C
img58924947.jpg
ちょっと、トップチューブは幅広ですね。しっかりケーブル類が
フレーム内に隠れています。
この辺りはカーボンロードと同じ構造。
img58924952.jpg
クランク FSA COMPACT 50/34T
img58924946.jpg
シートステーはかなり曲げています。
クロスバイクで、ここまで曲げ加工するというのも珍しい。
Fメカ・SHIMANO TIAGRA 31.8mm/Rメカ・SHIMANO TIAGRA
img58924945.jpg
やっぱり、サドルを見ているとスポーツ重視かな。

2011年12月07日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 PEUGEOT RSR01カーボンロードバイク

img58924863.jpg
img58924861.jpg
(`・ω・´) ということで、久しぶりの通常更新ですよ!!

フルカーボンロードPEUGEOT RSR01??
なんとコンポにDURA ACEを搭載した上に、フロント700g台、リアに800g台の
デープリムが素敵な マヴィック コスミックカーボンSRを採用。
結構耐久性もいいし、見た目も派手でいいですよね。
ホイールだけでもいいから欲しい……


贅沢だけど、結構価格を抑えたモデル。47万クラスということらしいですが
最近はここまでやらないと、ユーザーも納得しないかもしれませんね。
トップチューブの角度というか、曲げ具合が面白いなあ。

車重はなんと6.8kg

コンポにSRAM REDを採用して、車重6.9kg台を達成したRSR02ですと
販売価格はなんと31万ですからね。
そちらの方が価格的にはインパクトが大きいかな。

ステム・ハンドルには3T ERGONOVA。さすがにハンドルまでカーボンですか。
それ以上に、デザインが美しい……

サドルには専用シートポストを配したSELLE ITALIAのMONOLINK CABRON……
img58924860.jpg
ホイール MAVIC COSMIC SR
タイヤ VREDETEIN FORTEZZA TRI-COMP 700 X 23C

img58924862.jpg
フレーム CARBON MNOCOQUE

img58924859.jpg
コンポにフルでデュラエースを採用してきていますね。
……もしかして、これ内容の割には凄い激安なモデルじゃないですか?……。
コストパフォーマンス的に他社を圧倒している……

(´・ω・`)……そういえば、サイクルモードで大量の動画を撮影しましたので
タイミングを計って、UPします。

2011年12月06日 トラックバック(0) コメント(0)

2012モデル 試乗体験インプレ集(お勧め)

(´・ω・`)……2012モデルを試乗した感想を、リンクしてあります。
ショップなどで実際にご購入をご検討の際、参考になさってください。

画像をクリックされると、記事に飛べます。
(2012年6月1日更新)

(ロードバイク)
IMGP3080k.jpg
TREK DOMANE
IMGP3110k.jpg
ANCHOR RNC7
IMGP3122k.jpg
ANCHOR RIS9
IMGP2211k.jpg
2012 BIANCHI SEMPRE 105(ビアンキ センプレ 105) 試乗体験動画レビュー

20111112102053a23k.jpg
試乗体験2012 FUJI ALTAMIRA1.0インプレ動画

IMGP2213k.jpg
試乗体験corratec CORONES 105COMPACT,R501 インプレ動画

IMGP2266k.jpg
2012 ANCHOR RFA5 Equipe (RFA-5 エキップ) 快適性がカーボンモデル並みの完成度

IMGP2273k.jpg
試乗体験 2012 BH PRISMA(プリズマ) インプレ動画

201111171058326aek.jpg
試乗体験 2012 BH RC1 インプレ動画

IMGP2293k.jpg
試乗体験 2012 RALEIGH CRF(ラレーカールトンF) インプレ動画

(クロスバイク)
IMGP3092k.jpg
HELMZ H1X

(ミニベロ 小径車)
KDDDD.jpg
試乗体験 2012 TERN VERGE X10(ターン ヴァージュX10)インプレ動画


TTT16.jpg
試乗体験2012 TERN VERGE X30H(ターン ヴァージュX30H) インプレ動画

IMGP2258k.jpg
試乗体験 OX ENGINEERING PECO 8S インプレ動画

IMGP2286k.jpg
試乗体験BRUNO VENTURA(ブルーノ ベンチュラ)旅仕様モデル インプレ動画

IMGP2288k.jpg
試乗体験2012 Fuji COMET R(フジ コメットR)インプレ動画

(シクロクロス)
IMGP2275k.jpg
試乗体験2012 BH RX1 Frame Set シクロクロスフレーム インプレ動画

NOPROk.jpg
試乗体験 2012 JAMIS NOVA PRO シクロクロスバイクインプレ動画

(電動アシスト自転車)
IMGP2297k.jpg
試乗体験 BRIDGESTONE  REALSTREAM MIN(ブリヂストン リアルストリームE.A ミニ)H23.5月中旬発売開始モデル 

IMGP2299k.jpg
試乗体験 PANASONIC OFF TIME(パナソニック オフタイム)H23.3月発売モデル インプレ動画

IMGP2302k.jpg
試乗体験PANASONIC JETTER(パナソニック ジェッター)インプレ動画

IMGP2306k.jpg
試乗体験 PANASONIC HARRYER(パナソニック ハリヤ) インプレ動画

IMGP2306k.jpg
試乗体験YAMAHA PAS BRACE L ヤマハ パスブレイスL インプレ動画

IMGP2311k.jpg
試乗体験2011 YAMAHA PAS CITY-X パスシティX インプレ動画

IMGP2316k.jpg
折りたたみ式電動アシスト自転車 db0[ディービーゼロ]に試乗する

IMGP2314k.jpg
試乗体験 YAMAHA PAS CITY-C(ヤマハ パスシティC) (20インチ/3段変速モデル) インプレ

IMGP2301k.jpg
試乗体験PANASONIC EZ (パナソニック イーゼット)インプレ動画

MTB
IMGP2320k.jpg
2012 LOUIS GARNEAU LGS-XC BART 29erMTB(とりあえず試乗した感想)

2011年12月05日 トラックバック(0) コメント(0)

YS-11 ハイブリッド

あーろーはー!


(`・ω・´) 本日は、試乗モデルのページを編集中
ということで、久しぶりのお休みです。



重量約12kgの軽量電動モデルYS-11 ハイブリッド
の動画をお楽しみください。

うん、これで14インチというもの面白いものですね。

2011年12月04日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 GIOS GRESS TIAGRAがあまりに素晴らしいデザインな件について


IMGP2238.jpg

(`・ω・´)ノシ えっと、GIOS GRESSのデザインがあまりに秀逸なので
つい、動画に撮影しましたよ。


実はGIOS展示ブースで一番注目を浴びていたのにも関わらず、なぜか
隅の方に追いやられていた様な。
ちなみに、一番目立つ場所にクロモリのコンパクトプロが。
(やはりGIOSにおいても、フルカーボンのトリコロールカラーという
のは異質な存在なのでしょうか?)


カラーリングを見て驚いたのですが、ホワイトカラーがまるで白磁の
様に美しかった点ですね。
あちらこちらで「イタリアン」「ドイツ」とカラーリングに関して
賛否両論の声が上がっていたのも印象的。

とはいえデザイン良質でしたので、多くの方々が足を止めて撮影
してたのも納得です。

IMGP2239.jpg
( ;゚ω゚)……ま、試乗車がなかったのが残念でしたけど。
どんな乗り心地なんだろう……コンフォートっぽいとは思いました
けど。
なんとなく、ブースを見た限りはGIOSモデルは、まだまだクロモリ
モデルで頑張る姿勢の様です。

クロモリでこのトリコロールカラーを再現できないものか……

2011年12月03日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 LOUIS GARNEAU LGS-XC BART 29erMTB(とりあえず試乗した感想)


IMGP2320.jpg
LOUIS GARNEAUの29インチMTB LGS-XC BART 29erMTBですよ。
DEORE搭載の30SPEEDモデル……何気に29er(29インチホイール搭載モデル)
に乗るのはこれが初めてでした。

(´・ω・`)……震災の時、久々にMTBを乗った人間の感想ですので、「まあこんなもんか」
と思っていただければ。
通常の26インチMTBは震災時に結構乗ったのですが、今回は実際に実用的
かどうかのチェックをする為に試乗しました。


(`・ω・´)……結構29erって、速度が出るんですね。しかも全然速度が
落ちないというか、巡航性能が高すぎ。
ちょっと、このどっしりした高速性能というのは確かに癖になりそうな
快感。

多少の、段差があってもそれを乗り越えて速度が全然落ちないというのは
本当ですね。

ただ、オフロードコースを走ってみると、結構体重移動に慣れていないせい
か、コントロールが難しい。
26インチMTBの方が、荒れ路でのハンドリングの自由度が高いかな?
まあ、ブロックタイヤのグリップ自体は強力でしたから、コーナー
リングも結構いけます。

( ゚∀゚)とはいえ、ここまで速度が出せるMTBというのは、結構ショックでした。
クロスバイクで速度が出せるモデルも、いいけど29erMTBという選択肢もあり
なんですね。
20km以上になると、あまり脚力を使わなくても速度が勝手に乗ってくれる
点がありがたい。

なんとなく、平地で速度を出してこそ力を発揮する気がしますけど、慣れの
問題かもしれませんね。
乗りこなしてしまう人は、山でもさくさく走るんだろうなあ。

今回みたいな非常時に相当使えるかというと、十二分に使えるという事が
分かったので、とりあえず満足。

2011年12月02日 トラックバック(0) コメント(0)