スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 月別アーカイブ 2011年11月

試乗体験 YAMAHA PAS CITY-C(ヤマハ パスシティC) (20インチ/3段変速モデル) インプレ


IMGP2314.jpg
IMGP2315.jpg
( ゜∀゜)ヤマハの街乗りコンフォートモデルPAS CITY-Cです。
何気に試乗を楽しみにしていたモデルですよ。

さすがにかなりコンフォート性が高いモデルですね。サドルのクッションが
効いていました。
結構楽しく、お気楽に乗れる楽しいモデルなのですが、ヤマハ特有の傾向が出
ているモデルでして。
 
( ;゚ω゚)……やはり街乗り電動自転車といえど、大パワーの味付け。
焦るほどの、強力なアシスト力を誇るモデルです。
さすがヤマハ。強力なモーターパワーこそがヤマハですか!


アシストレベルに関して「強アシスト」「標準モード」「オートエコモード
プラス」と三段階に分かれた選択ができるのですが「標準モード」で十分。
個人的には街乗りに使う場合は一番アシスト力を抑えた「オートエコモード」
で事足りると思いました。
オートエコなら距離を20kmは走れるので、バッテリーの事も考えてそうした
方がいいかなあ。

なぜ、街乗りモデルなのにここまで大パワーにしたのでしょう。
ヤマハはやはり素敵すぎます。
コンパクトなフレームといえど、タイヤが太く走行安定性が非常にしっかり
しているので、パワーを受け止めるだけの能力があるモデルなんですね。

( ゚∀゚)……まぁ、その、何ですか。
非常に攻撃的かつアグレッシブな、街乗り電動ミニベロアシスト自転車
ですね。
初めて乗るかたは、まずエコモードから慣れた方がいいかもしれませんね。
禁断のアシストパワーを体験されたいなら、一発目から「強アシスト」も
いいかもしれませんが。
にしても、PAS CITY-Cですら内装三段変速なんですよね。
ヤマハは内装変速に、とことんこだわるなあ……

2011年11月30日 トラックバック(0) コメント(0)

折りたたみ式電動アシスト自転車 db0[ディービーゼロ]に試乗する


IMGP2316.jpg
ユニオートが展開する電動アシスト自転車 db0ですね。

中央部の円柱の部分にリチウムイオン電池を搭載。

しかも、高精度のトルクセンサを搭載している変わった
システム。
ペダルトルクや負荷を検出し、瞬時に前輪のモーターを
起動、走行アシストを行うタイプだそうです。


(リアルに試乗した感想)

(´・ω・`)……完全に、日本メーカーの電動アシストとは別物。
ある程度、走り始めてからワンテンポ遅れて電動アシストを開始
します。

そのアシストは……ヌル、ヌル、ヌルした非常に不思議なアシスト。
力強いアシストというより、なんだろう……あくまで乗り手とは
別にアシストしている感じですね。

今まで乗った電動アシストですと、どのメーカーも必ず低速になったり
坂道などの負荷がかかると、強弱をつけたアシストをスタートしますが
db0は、ただ弱いパワーで一定のアシストをしてきます。

正直、坂道は少し怖い感じがしましたが……まだ発展途上にあるモデル
かな。
ただ、バッテリーの収納性とデザインのユニークさは一見の価値あり。
液晶パネルがステム付近に表示してあって、とても見やすく、瞬時
に自転車の状態を確認可能。


2011グッドデザインアワード受賞を始め、世界中の賞を獲得したモデル
だけあって、ビジュアル的に優美。
走行性能は国内電動アシストモデルに比べて、あともう一息をいった所です。
( ゜∀゜)毎日実用的に使う為の電動自転車ではなくて、週末に趣味で楽
しむ為の電動自転車ですね。

ただ、降り畳み機能の面白さと、ユニークな形状は結構好み。
こういうモデルがどんどん出てくると、なんだか面白いです。

2011年11月29日 トラックバック(0) コメント(0)

試乗体験2011 YAMAHA PAS CITY-X パスシティX インプレ動画


IMGP2311.jpg
YAMAHAの電動ミニベロPAS CITY-Xに試乗した感想なんですが……
BRIDGESTONE  REALSTREAM MINのOEMモデルですが、モーター
設定が別物。

大パワー。とにかく大パワーでぐいぐい坂道や平地を引っ張る
強力なミニベロです。

「ここまでやる?」という位、どんな場面においても強力……
いえ強力すぎるアシスト力です! 
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル。

実に面白いミニベロですが、正直アシストのパワーが強力
過ぎて「ここまで、自転車にアシストは必要なのだろうか?」
と考えさせる一台。
自転車というよりは、バイク寄りのパワーかもしれない。

ということは……ですよ。坂道の多い地域においては最高
なモデルなのでは?
多分、ぐいぐい坂道を走破していきますよ。

下りとかも速度を上げて走ってみたのですが、かなり安定性
が高いのですよ。
フレーム自体の設計はブリヂストンが担当しているだけあって
なかなかのものですから、結構いけますね。
この高性能フレームのおかげで、大パワーの電動アシストを
きっちり受け止めてくれている。

間違いなく、街乗りではなく強力なスポーツモデルですので
ちょっと、アグレッシブに乗りたい方にはたまりませんね。

(´・ω・`)………ただ、もう PAS CITY-X以上の電動アシスト力は
必要ないと思うのです。
正直、これ以上アシスト力が上がると自転車では無くなってしまう
のではないかと。
色々と考えさせる一台。

2011年11月28日 トラックバック(0) コメント(0)

試乗体験YAMAHA PAS BRACE L ヤマハ パスブレイスL インプレ動画


yamaha pass

(`・ω・´)……YAMAHA最強!!

うう、とうとうヤマハはここまで電動アシストモデルの性能を上げてきたのか……

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル 恐ろしい……さすがバイクメーカー。

あくまで個人的な感想ですが、現時点の電動アシストモデルとしてヤマハの
電動アシストモデルは、アシスト力が他社に比べてワンランク上だと思います。

とにかく、パワーがずば抜けているのですよ。
ゼロスタート(漕ぎだし)からスピードが乗った場合にいたるまで、全ての
パターンにおいて、強力なアシストが加わります。

あと液晶コントロールパネルが、実に扱いやすいです。
積算走行距離から、スピード、バッテリーにいたるまで簡単操作で確認
可能。

確か二年前のPASSは、速度に乗ってからの継続的なアシストが苦手
でしたが、現在は継続的なアシストをこなしてくれます。

つまりですよ? 漕ぎだしにおいても大パワーでアシストしてくれるので
すいすい前進してくれるおかげで、脚の負荷がかなり軽減されるのです。
イメージ的には、スタート時はグイグイ前進してくれるMTBに近い感じ。
速度に乗ってからは、フラットバーロードに近い快速性を備えた……
そんなモデルです。

更に内装変速8段です。なぜか最新のヤマハアシストモデルは全て内装
変速モデルになっている所に注目してもいいです。
変速段数表示も、見やすい液晶表示。

( ;゚ω゚)……とりあえず、アシストパワー重視のモデルが欲しいならこれ。

それ程強力なアシストが必要のない方でもオートエコモードプラス
にしてしまえば、アシストが弱まるので脚力を生かした走りも可能。

フレーム自体の安定性や、運動性も◎

まるで死角がありません。多分モーターパワーとプログラミングが
絶妙に調整されているからでしょう。

現時点において、恐らくヤマハ パスブレイスLは最高の完成度です。

(`・ω・´)とにかく、お勧め! 

2011年11月27日 トラックバック(0) コメント(0)

試乗体験 PANASONIC HARRYER(パナソニック ハリヤ) インプレ動画


IMGP2306.jpg
(`・ω・´)……うん、やはりパナソニックの電動アシストモデルの中で
ハリヤのアシスト力は最強ですね。とにかくパワフルな電動MTB。

実は他のモデルとモーター規格は同じらしいのですが、プログラミング
をそのモデルごとに変更するそうですね。
つまりハリヤの場合、あらゆる環境にパワー重視のプログラムを施した
電動モデルといえるでしょう。

で、ちなみにその強力な電動アシストはやはり「スピードに乗ってから」
発生します。
もう、最新のパナソニック電動アシストモデルの特徴ともいえるかも
しれない傾向ですね。

坂道でも結構強力に継続してアシストしてくれますし……長距離坂を登
る場合力を発揮してくれるのではないでしょうか?

(´・ω・`)………で、700Cサイズのクロスバイクジェッターと、この26イ
ンチMTBモデルハリヤの差についてなんですけど……

ほとんど、走行性能に差らしきものは感じませんでした。
ええ、もちろんホイールサイズは違いますし、ハリヤはフロントにサスペン
ションがついています。

ただ、結構乗り心地もアシスト力も似ているんですよね。
どちらを買う? と聞かれたら、若干ハリヤですね。
価格も3万以上ジェッターより安いですけど、基本的な走行性能に関しては
それ程明確な差がないと感じました。

(面白い事に、他社のモデルと乗り比べると完璧な違いが出てくるのですが。
それについては後日まとめます)

IMGP2308.jpg

( ゜∀゜)走行安定性が高いのはやはり間違いないですね。
MTBモデルですけど、クロスバイク風にどんどん乗っていいかと思います。
一見すると、MTB風なので走行時「重そう」と思われるかもしれませんが
実は結構「走れる」モデルです。
MTBの様な走行性能をイメージされている方は、別物と考えてください。
(そのあたりはやはり電動アシストモデルですね)

あと、パナソニックの電動ミニベロ(小径)のオフタイムと比べるとやはり
コーナーリングや、パワーの面でハリヤの方が優れているのは間違いない
です。

まあ、電動ミニベロモデルと比較するのもどうかと思いますが、本格的に
電動アシストモデルを乗りたいならやっぱりハリヤかな。

2011年11月26日 トラックバック(0) コメント(2)

試乗体験PANASONIC JETTER(パナソニック ジェッター)インプレ動画


IMGP2302.jpg
( ゚∀゚)アハハ 700Cホイールを搭載したパナソニックの電動クロスバイク
ジェッターですね。

かなりクロスバイクとしての、走行性能が高いモデルですね。
あんまり電動アシストを必要としない場面が何度もありました。

やっぱり、あくまでハリヤが持っているフレーム自体の走行性能
でしっかり走って、アシストパワーはフォローに回る感じ。

確か選手に実際ハリヤに走ってもらい、その脚力を参考にして
アシストパワーをプログラミングしたそうです。

乗り手を、電動アシストが無理やり引っ張っていくのではなくて
機械と人間が一緒にシンクロして走りましょうと言った味付け。
(どうもパナソニックのスポーツ電動アシストモデルは、大体
こんな感じですね)

ですので、平地での定期的なアシストパワーが継続して加わり
ますし、坂道でも継続的に乗り手をアシストしてくれます。

スタートダッシュ時に一発大パワー重視の強力なアシストが欲
しい方は、ちょっと違和感を覚えるモデルかもしれません。

ロードバイク風に、ロングライドするのにぴったりなモデル
ですね。

大容量8Ahリチウムイオンバッテリーを生かした長距離、長時間
の走行が楽しめるはずです。
長時間乗っていると、この定期的なアシストが効いてくるんでしょうね。

( ;゚ω゚)……まあ、あえて本音を言わせてもらうと、もう少し
パワーのあるアシストがあってもいいのかな? という気も
しましたが。


IMGP2305.jpg
( ;゚ω゚)……液晶マルチコントロールサイクルメーターが凄いシ
ステムでした。
表示切り替えスイッチを押せば、平均速度、積算走行距離、最高
速度を瞬時に表示。
しかもアシストモードスイッチを押して、これまたアシストモード
を選択できます。

現在発生しているアシストパワーを、メーターで表示する機能には
ちょっと驚愕しました。
アシストシステムの塊の様な、液晶ですね。しかも、誰でも扱いやすい。

要するに「表示切り替えボタン」と「アシストモードボタン」の2つ
を押すだけ。操作が非常に容易です。

2011年11月25日 トラックバック(0) コメント(0)

試乗体験 PANASONIC OFF TIME(パナソニック オフタイム)H23.3月発売モデル インプレ動画


IMGP2299.jpg
ヽ('∀`)ノ というわけで、一時期買おうかと思っていたPANASONIC OFF TIME
を試乗しましたよ。
やはり降りたためて、走れるというのいいですね。
なんとなくスポーティに使えるかと思い、試乗してみたのですが。

(感想)
( ;゚ω゚)……意外にスポーティな大パワー
の電動アシストではなく、継続的なアシストが得意な電動ミニベロでした。


ゼロスタートのアシストは抑え気味。漕ぎだしはゆっくりスローペースですが
速度が乗ってくると、継続的なアシストが始まります。

その後、順調にアシストしてくれまして……えっと、長距離を一定のペースで
走るのに長けているミニベロだと感じました。

てっきり、ゼロスタートが優秀な街乗り用ミニベロかと思ったのですが、どちらか
というと、長距離用クロスバイクに近いかな?
(ドイツのフェルトのクロスバイクに近いといえば近い)

5Ahリチウムイオンバッテリーなので、20~30kmは余裕で走れるモデルなん
ですね。

で、なんとなくわざと全体的にアシストパワーを抑えている気がしました。
坂道はパワーモードでも若干辛かったかも。
(いえ、もちろんアシストはありましたが)

ただし、結構走りが安定したモデルなんですね。コーナーリングも結構
滑らかに走りますし。
ミニベロの走りにおける弱点を結構克服していますよ。

(`・ω・´)大パワーでどーん! と勝手に前に進むモデルじゃなくて、乗り手と一緒に
頑張って走ろうとする電動アシストミニベロですね。

こういう感想は変かもしれませんけど、もしかしたら電動モーター部分がなくても
結構きちんと走ってくれそうなフレームなのかな? という気がします。

2011年11月24日 トラックバック(0) コメント(0)

試乗体験 BRIDGESTONE  REALSTREAM MIN(ブリヂストン リアルストリームE.A ミニ)H23.5月中旬発売開始モデル インプレ動画


IMGP2297.jpg
(´・ω・`)……さて、今日から電動アシストモデルをレビューしますよ

サイクルモードでは電動アシストモデルを8台程試乗してきましたけど、
全体的にどれも個性が強いモデルが多かったかな。
さすがにアシスト比が、以前より向上させているだけあってパワー
が上がっているのは間違いないです。

本日はブリヂストンのスタイリッシュな電動アシストミニベロ
BRIDGESTONE REALSTREAM MINIです。
まず、デザインが結構電動アシストモデルの中でもかなり良質な
気がしました。

(試乗した感想)
ミニベロらしく、漕ぎ出しが強力。いやもう、強力なんてものでは
なくて、ゼロスタートに全パワーを使っているかの様な印象。

おそらく、全ミニベロ中最強のゼロスタート力を誇るのでは?

反面、継続的なアシストが凄い苦手なモデルの様な気がする。
なぜか、パワーアシストが低速でも他社と比べて落ちる傾向がある
と思う。
スポーツ性を重視したのだろうか? 結構平地だと脚力を使う
事になると思う。


コーナーリングが結構苦手で、少し怖い気もした。
その代わり、直進安定性は高め。

(`・ω・´) ぶっちゃけ、ストップ&ゴーの多い街乗りでは、かな
り使えるミニベロの様な気がします。
相当の大パワーで、スタートを楽しめる点はとても興味深い。
以外に、このスタート時の大パワーのアシスト力は結構面白い。


4.3AHリチウムバッテリーですから強アシストで10km程度走れる
訳ですから、バッテリーの容量的な面から考えてもやっぱり街乗り
に特化したミニベロかな。

あと、やっぱりデザインが電動アシストモデルの中でもこのスタイ
リッシュさは、かなりのもの。
デザイン重視の方は、とてもいいかもしれませんね。

2011年11月23日 トラックバック(0) コメント(0)

試乗体験 2012 JAMIS NOVA PRO シクロクロスバイクインプレ動画



( ;゚ω゚)……ど、どういう訳か、撮影中JAMIS NOVA PROに興味を
持ったギャラリーが群がりました。
結構人気があるのかな…… 

NOPRO.jpg
JAMISのカーボンバックシクロクロスモデルJAMIS NOVA PROです。

(`・ω・´)……ふふ、JAMISのシクロクロスモデルは常に期待を裏切らない……
SRAM APEX(スラム・アペックス)をメインコンポにしたリア10速モデル
なのですが、非常に優れた走行性能でした。

どちらかというと、ロード寄りかな? ロードバイクに近い加速性と
推進力を備えたシクロクロスで、非常に快適性が高いのが特徴。

きちんとカーボンバックが機能しているアルミモデルというのも
非常めずらしい。
多分長距離を走る場合や、ツーリングにも間違いなく使えますね。本当に
乗りやすかったなあ。

以前エントリーモデルのNOVA RACEというアルミシクロクロスモデルに
乗った事があるんですけど、間違いなくNOVA PROの方が速度を出せる上に
軽い、軽い。

NOPR3.jpg

700X34Cと太めのクリンチャータイヤとカーボンバックの相乗効果の
おかげで、かなりの快適な衝撃吸収性を誇ります。
( ;゚ω゚)……下手な、ロードモデルよりも推進力を持っていますよ。
フルカーボンのシクロクロスに近い感じ。


変速に使うレバーが一本のみという、ダブルタップレバーも変速
操作が容易でしたし。

やはり乗りやすく、操作が楽なうえに、速度が出るというのは
気持ちのいいものですね。


( ;゚ω゚)……荒れ道での走破性も、結構あるのでは? なにせ非常にコントロール
し易いシクロクロスモデルでして。
よくもまあ、カーボンバックモデルでここまで性能を引き出したなあ
と脱帽。
やっぱりジェイミスは、期待以上の事をしてくれるなあ。
NOVA RACEはシクロクロスモデルとしてやりたい事はやったとメーカー
の方がおっしゃっていたけど、このNOVA RACEは更にレース色が強く
なった印象。
(`・ω・´)とにかく、素晴らしいシクロクロスモデルでした。

2011年11月22日 トラックバック(0) コメント(0)

試乗体験2012 BH RX1 Frame Set シクロクロスフレーム インプレ動画

IMGP2275.jpg

BHのシクロクロスフレームセットですね。例のカーボンシクロクロスって
奴です。
カーボンシクロクロスモデルに試乗するのは、トレッククロノス以来ですね。

(感想)

極めて、そう極めて安定性が高いシクロクロスモデルです。
(´・ω・`)………どちらかというと、MTBに近い感覚を覚えました。

特に、コーナーリングや段差(走っていないけどなんとなく)にかなり
の安定度を誇ると思います。
シクロクロスモデルといえば、速い&荒れ道での走破性が醍醐味ですけど
このBH RX1は荒れ道での走破性を重視した様な気がします。

もちろんフレームは見ての通り、空力抵抗まで考慮されたエアロフレーム
なのですが。

物凄く、しっかりしたカーボンフレームなのですよ。
もう、MTBのフレームというか。
戦車に近いシクロクロスモデルかな。
もう、とてつもない過酷な環境下で力を発揮するシクロクロスフレーム
ではないでしょうか?

面白い事に「軽さ」はまったく感じませんでした。
ロード感覚で購入されるよりは、MTB感覚で買われた方がいいと思います。

なるほど、こういう重厚な戦車みたいなシクロクロスモデルもあるんですね。
勉強になりました。
12_bh_032876_02.jpg

もしかしたらですが、他のシクロクロスモデルですら困難な路面を
BH RX1なら走ってしまうかもしれませんよ?
(´・ω・`)……BHの本国スペインの気候とか地形がもしかしたら反映
されているのかも。
アメリカメーカーのシクロクロスと間違いなく味付けが、別物。

逆に「加速性」や「推進力」重視、ロードに近いシクロクロスフレーム
が欲しい方は、ちょっと方向性が違うかもしれませんね。

2011年11月21日 トラックバック(0) コメント(0)

試乗体験2012 Fuji COMET R(フジ コメットR)インプレ動画

IMGP2288.jpg

Fuji COMET Rのお気に入り度が全ミニベロモデルの中で現在第1位!!! 実にすばらしいミニベロでした






                   ∧∧∩
                   ( ゚∀゚ )/
             ハ_ハ   ⊂   ノ    ハ_ハ
           ('(゚∀゚ ∩   (つ ノ   ∩ ゚∀゚)')
       ハ_ハ   ヽ  〈    (ノ    〉  /     ハ_ハ
     ('(゚∀゚∩   ヽヽ_)        (_ノ ノ    .∩ ゚∀゚)')
     O,_  〈                      〉  ,_O
       `ヽ_)                     (_/ ´
   ハ_ハ           キタ――――!          ハ_ハ
⊂(゚∀゚⊂⌒`⊃                       ⊂´⌒⊃゚∀゚)⊃



ヽ('∀`)ノ フジ様こんな素敵なミニベロを作っていただき、本当にありがとうございます!!

実はすごいFuji COMET Rの試乗が楽しみだったのですよ。
で、試乗した感想なんですけど……
①乗りやすい
②スポーツ性が高い上に、低速での安定度が桁外れ。完璧
③変速のWレバーのセッティングが完璧過ぎた。ある意味STIより楽
④スピードの乗りが、凄すぎる。ある意味、他社のスピードミニベロを圧倒する走行
性能。しかも巡行性能も高め。
⑤これほどすごい性能なのに、コンポはリーズナブルなシマノソラ。価格を
徹底的に抑えている。なのに、これ程高次元なミニベロを完成させてしまった
FUJIに脱帽。
⑥クロモリクレームを生かした滑らかかつ、強力な推進力がやばすぎ。巡行性能
も高い。
⑦一見スポーツモデルの様で、実は万人向き。街乗りでもかなり乗りやすいはず。




IMGP2289.jpg

ちなみに試乗中はこんな感じでした。
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル うっうわぁあぁああぁあえらいこっちゃやあぁあぁあぁああぁ!!!


(試乗後リアルな感想)

……しかしながらなんで、こんなに凄いのだろう?
……たいしてすごいパーツを使っているわけでもないし?
            
FUJIはプロスペックモデルを供給しているというから、
腐っても天下のFUJI、ミニベロがショボいはずがない
ええっといつぞやの、ミニベロカーボンモデル
以上に凄いのだけど……でもクロモリミニベロ……
もしかして……試乗しすぎて感覚がおかしくなった?
でも真実は伝えなければ……
 

正直なんで凄いのか訳が分かりません。20X1 1/8Cタイヤと50-34Tの
クランクの相性が良かったのか……
てっきり、流行に乗っただけど普通のクロモリミニベロと思っていたら
とんでもない勘違いだったわけで……


(`・ω・´)…………………………まあ、ともかく当ブログは今後コメットRを
全力で応援する必要を感じた訳ですよ。
これほど凄いモデルなのに、まだあまり知られていない隠れた名車なのは
間違いないかと。
もし興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、ぜひ試乗を!!!

2011年11月20日 トラックバック(0) コメント(2)

試乗体験BRUNO VENTURA(ブルーノ ベンチュラ)旅仕様モデル インプレ動画

IMGP2286.jpg
2011年モデルのベンチュラ105に試乗しました。
リアキャリアとバニアバッグを搭載した、旅仕様にしてありますね。

とりあえず、乗る方も旅を意識してのんびり乗ってみました。あんまり
飛ばさなかったので、参考になるかどうかは良く分かりませんが。

(あくまで低速で試乗した感想)

( ゚∀゚)アハハ 乗りやすいミニベロというのが第一印象。基本性能がとても
しっかりしているんですね。
乗りやすい上に、乗っていてとても楽しい気分になります。
クロモリトラスフレームが、これまたしっかり体を受け止めてくれるので
安心感。
これなら、結構リアに重量物を乗せてもいけそうです。

低速で、長距離長時間走りぬくだけの性能を持っていることは間違いない
です。
ホイールベースが長いせいか、安定度が抜群。まるで不安定な感じが
しません。



極小径コースを走ったせいで、頻繁にコーナーリングする機会があった
のですが、ふらつき感まったくなし。
珍しい事かなと思います。

一瞬だけ、高速にして走ってみても全く問題なし。ただ、短時間&短距離
だったのでどれだけ高速巡航出来るかは不明。
今にして思うとその辺をチェックしても良かったかも。

やっぱり最新鋭のスピードミニベロとは、少し違うモデルの様な気がします。
いずれにしても、低速で走る際の「まったり感」はかなり貴重。
色々なユーザー様をとりこにしている理由も分かります。

あと、これだけデザインがいいミニベロを乗っているという事で心が
華やかな気持ちになる点も見逃せません。
とにかくビジュアルが素敵すぎます。
見た目でほれ込んだ方がいたとしても、十分納得させるだけのデザイン力を
持っていますね。

( ;゚ω゚)……それにしても、高速でもっと走ってみたかった……。あとそう
そう試乗したベンチュラは105仕様でしたが、2012モデルは新ティアグラ仕様
になっています↓




img58823419.jpg
ヽ('∀`)ノ あとそうそう! MINIVELO20 ROADに限定オレンジカラーが出ましたよ!
嬉しいですねえ!

2011年11月19日 トラックバック(0) コメント(0)

試乗体験 2012 RALEIGH CRF(ラレーカールトンF) インプレ動画


えっと、サイクルモードアラヤ&ラレーブースの様子です。
結構ミニベロ系が人気だった様な。

IMGP2293.jpg

の、乗り易い……乗り易すぎて(;´Д`)ハァハァ 
これがREYNOLDS631クロモリフレームですか……スタート時から
体にまるで負荷がかからず極上の乗り心地。


やばいですよ、このクロモリの乗り心地は。実は、結構色々な
モデルに乗った後、CRFに試乗したのです。
思わず、CRFに乗りながら休憩してしまいました。

推進力とか加速力もきちんとあって、結構スマートに前に
進んでくれるのですが、この極上の乗り心地が「もうちょっと
ゆっくり走ったら?」と耳元に囁くのです。
多分相当距離を走っても、疲労が少ないのでは……
下手なカーボンモデルの衝撃吸収性より、はるかに優秀。

あとコンポはオールシマノ105ですが、ラレーブーススタッフの
方々のセッティングが実にお見事で、非常に変速もしっかりして
くれました。

毎回ラレーブースにはお世話になっていますが、ラレーモデルは
常に期待を裏切りません。
価格を抑えつつ、極上の乗り心地と快適性が欲しい方にCRFはお勧め。
かなりの優等生です。


クロモリモデルに乗ると、どうしても「重たさ」が負担になりますが
CRFに関しては「軽さ」も兼ね備えているのですよ。

( ;゚ω゚)……なぜか今回試乗した2012モデルは、どれも当たりが多くて驚き
ですよ。
どういう訳か、2012モデルは各社性能を飛躍的に向上させているのです。
上位グレードの技術が、どんどんミドルグレードに採用されているせいで
しょうか。
CRFも上位モデルRALEIGH CRRと同等のフレームが採用されている訳ですし。

2011年11月18日 トラックバック(0) コメント(0)

試乗体験 2012 BH RC1 インプレ動画


img58479385.jpg
……変態加速マシーン……
試乗したロードの中で、一番凄かったモデルです。
ええ、ハイモジュラスカーボン&エアロフレームなのに、20万クラスという
ことで……なんというか興味本位で乗ったのですが。

bh rc1
( ;゚ω゚)……この推進力、桁外れじゃね……? ええっと、言葉にするのも
非常になんですが、とにかく圧倒的な推進力なんですよ?

低速から一気に加速したかと思うと……高速になっても更に加速。
どの速度域からも、強力な推進力が爆発的に得られるモデル。

ヽ(`Д´)ノ もうこれ以上加速をするのはやめてぇええぇええぇ! 
と悲鳴を上げました。


ええっっと……多分……よそのフラグシップモデルと普通に戦える程の推進力
というか。剛性というか……低速でもかなり乗りやすくて……
コーナーリングもまるで鏡の上でも走るかのような滑らかさ……

エアロ効果はそれ程得られる環境ではなかったかとは思うのですが……。
実は、この異常なまでの推進力は……なんだろう……ちょっと経験ないと
いうか……。
bh rc1 1
その代わり、コンフォート性というか快適性が結構低めなんですよね。
(フレームはスロープ気味ですけど)
なんていうか、推進力こそが快感というか……
多分全ての動作が、推進力に変換されてしまう変態加速ロードレーサー。
これで更に強力なエアロホイールを履いたら一体どんな事になってしまうのか
想像できない……

ええっと、星はいくつあげようかな? 星100個でも足らない位で……

( ;゚ω゚)……だめだ……やっぱりこのBH RC1が変態すぎて……正常なレビ
ューが出来ない……今回はこれで勘弁してください。

2011年11月17日 トラックバック(0) コメント(6)

試乗体験 2012 BH PRISMA(プリズマ) インプレ動画


IMGP2273.jpg
(`・ω・´)噂の格安BHカーボンエントリーロード、PRISMA
(プリズマ)です。

いきなり試乗した感想ですけど、乗りやすいですね。極端な
程コンフォートなカーボンロード。
ここまで快適性が高いモデルというのも珍しい。

ただ他社の初心者用カーボンモデルと違う点は、まるで機動性
を殺していない点です。
いえいえ、殺していないどころかかなり高速で走っても対応して
くれますよ。

普通初心者用カーボンモデルの場合、どうしても快適性を重視
するあまり、推進力がなかったり剛性がなかったりと色々不満な
場合があるのですが、このプリズマはいくらかレーシーな一面
も持っています。

姿勢はアップライド気味だったかな? でも、「ちょっと速度が欲しい」
と思い、強くペダルを踏むとぐいぐい、前に進んでくれます。
動画を見ていただくと分かりますが
チェーンステーなどが、かなり太いですね。そのあたりに秘密があるの
かな。

結構なんにでも使えそうですね。スポーティに乗りたい方でもいけますし
初めてカーボンロードで楽しみたい方にもいけます。

快適性も機動性も、実にいい感じで両立していますね。
( ;゚ω゚)……ええっとここだけの話……フレームはアップライド仕様かも
とてもいいフレームでして……他社の20万クラスのミドルグレードカーボン
ロードと等々の推進力を持っていますよ。これは本当。


( ゚∀゚)……まぁ、その、何ですか。
実はこの後、BHのエアロカーボンモデルに試乗して、大変な大ショックを
受ける訳ですが。

2011年11月16日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 ANCHOR RFA5 Equipe (RFA-5 エキップ) 快適性がカーボンモデル並みの完成度

IMGP2266.jpg
12_anchr_033715.jpg
( ;゚ω゚)……えっと、後ろに凄い待ち人数が発生していたので撮影時間は短めに
しました。
相変わらずアンカーは凄い人気ですね……ははは。

(`・ω・´)……にしても、いきなり感想書きますけど、乗り心地が安定し
ていますね。
この安定感は実に楽しくて、「楽」です。
しかも、ロングライド向けに安定している上に「動ける」安定感というか。
カーブも極めて安定しているし、速度を出しても安定。ブレーキも安定。
相変わらずアンカーロードは優等生。

で! ANCHOR RFA5 Equipeってアルミロードじゃないですか? もちろん
剛性は高く、加速や速度の伸びはアルミならでは。
でも、乗り心地はかなりソフトなのです。うーんと、アルミらしくない
快適性というか……カーボンにより近づけている感じ。

安定感を生かした攻撃的な走りと、快適性を生かしたまったり走行の
両方をこなせるバイクです。

タイヤにBRIDGESTONE EXTENZA RR-2X 700×23Cを採用しているおかげで
地面に吸いつくような走り。

SHIMANO 105のブラックを採用しているので、これまた変速もサクサク。
まるでストレスらしいストレスがないのです。

アンカー様は、長距離で生じる体への負担を軽減するために振動吸収性
を追求……というのを売り文句にしていますが……
確かに、長距離、長時間乗っても体への負荷は相当少ないでしょうね。
下手なカーボンモデルより完成度は高い。
シマノ105をフル採用なので、どこにも死角がありません。

動画は今回ついでですので、雰囲気だけでも楽しんでください。
アンカーブースの方々がさくさく、試乗予約をこなす音声が……
(動画撮影は許可済みです)


(´・ω・`)……出来れば、アルミロードで体の負荷を減らしたい方にかな
りお勧め。
快適性が高いので、カーボンモデル並みの効果が期待出来ます。

耐久レースなどでも、十分力を発揮してくれるのでは……。
弱点は……前回紹介したコラテック コロネスアルミロードモデルを
戦闘的と紹介したのですが、高速で走った場合の機動力は若干コラテック
の方が上かもしれませんが。

ただ長時間コラテックと戦った場合、アンカーの方が疲労が少ないので
後半有利になるかもしれませんが。

2011年11月14日 トラックバック(0) コメント(0)

試乗体験corratec CORONES 105COMPACT,R501 インプレ動画

IMGP2213.jpg

ちょっと、コラテックに興味があったので乗ってみました。
corratec CORONESの7005アルミモデル、フォークがカーボンですね。
キャッチコピーが「剛性のあるアルミ製のロケットミサイル!」だそうで。
動画は後ろで待っている方がいらっしゃったので、急いで撮影しました。
見づらくてすいません。

で試乗してみたのですが…… 
(`・ω・´)……うわ、なんというシャープで戦闘的な走り……おおっ。
剛性が極めて高く、その上コーナーリングでの旋回性も高い。
アルミロードらしい、アルミロードというかこの機動性の高さは
間違いなくレース向き。

サーキットでカーブとか下りで、凄い戦闘性能を発揮してくれそうです。

更に速度に乗ってからの機動性が高く、安定感がこれまた高め。
ハンドリングも極めて安定していますよ。
(へッドチューブの上部が1-1/8インチ、下部が1-1/2インチのテーパータイプ)
速く走りたいなら、間違いなく使えるアルミロードです。

IMGP2214.jpg
「乗りやすい」というよりは「戦いやすい」という印象が先にきました。

……最近流行している「コンフォートなアルミロードバイク」とは完全に
逆をいっているモデルですね。

もし、いきなりレースに出ろ! といわれて某チームに拉致された場合
とりあえずアルミロードに乗るとしたら、コラテック CORONESを選択して
しまうかも。

弱点という訳ではないですが、コンフォート性を求めてアルミロードを
お探しなら、コロネスはやめておいた方がいいかも。


逆に「レースに出たい!」とか競技志向の方は間違いなくお勧め。

じゃあ、初めての方はどうかといわれると、いけると思います。
どの速度域でもコントロールしやすいし、結構すんなり乗りこなせる
と思うのです。
結構満足感が味わえるのでは。


IMGP2215.jpg
フレームを見て驚いたのですが、かなり丁寧に溶接跡が処理されています。
フレーム全体の品質は非常に高いという感想を持ちました。

長時間乗れなかったのがちょっと残念。
自転車のきゅうべえ

2011年11月13日 トラックバック(0) コメント(2)

試乗体験2012 FUJI ALTAMIRA1.0インプレ動画


あるた1
( ;゚ω゚)……ジロ・デ・イタリアで実践投入された、プロスペックモデル
FUJI ALTAMIRAシーリーズ1.0を試乗したんですが……
(ま、さすがにALTAMIRA LTDチームエディションではないですけど)

ええっと、ええっとなんか凄すぎて非常にレビューしにくいのですが。
とりあえず、どんな感じだったかというと……

最初、まあとりあえず乗ってみたんですよ。いきなり体にフィットしたかのような
乗りやすさ。
かなり快適性が高いのですよ。
で、そのままダラーっと走っていると……静かなんですよね。とにかく静か。
まるで無音の世界に取り込まれた様に「シーン」と音がしないのですよ。


(´・ω・`)……ん???? なんでこんなに静かなんでしょう???
で、ふと気がつくと


ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル 大加速中!!!! とにかく大加速! 
それも無音で!  
まるで無我の境地の様な、高速巡行をスタートしているんですよ。


何が恐ろしいかというと、私の意志に関係なく静か、静かに周囲の
バイク達を抜き始めてとんでもないことになっています。

しかもですね……ホイールがOVAL 535 AERO ALLOY CLINCHERと
モノがいいせいからかもしれませんが、路面にまるで「吸いつく」
のです。

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル うわああああ、なんて静かで恐ろしい……
剛性云々カンヌンとかではなくて、もう自分が勝手にロードバイク
の一部としてコントロールされている感じ。

あと分かりやすく言うと、外車で静かに乗っているつもりなのがい
つの間にか「スーーーッ」と凄いスピードを出している……と言えばい
いのか。

何でしょうね? あえて言うならトレックのマドンに近いかもしれない
けど……でも違うといえば明らかに違うというか。
あちらは、力強く加速していくけど……アルタミラ1.0の場合は「静か」
&「無音」だけどとてつもない大パワーで加速していくというか。

コーナーリングも、路面をしっかりととらえているせいでこれまた無理なく
「すーーーっと」コーナーリングをこなしてくれます。

( ;゚ω゚)……えっともしかしたら、脚力の強い方が乗ったら違う感想にな
るかもしれませんが……正直凄すぎて恐怖感すら覚える、走行性能でした。
あそうそう多分路面の状態が多少悪くても、フレームが吸収しちゃうと思うので
長時間乗っても体が痛まないと思いますよ。

一応ノーマルクランクですけど、コンパクトクランクよりも脚力を
使わないと思います。
50万クラスプロスペックになると、こんな不思議な現象も発生するんですね。
今回二番目に気に入ったロードレーサーです。


あるた5

フレームD6 HYMODULUS CARBON

とにかく太いトップチューブが印象的でした。
あるた2
あるた4
(`・ω・´)……やっぱりこの太いチェーンステーがあの大加速力を生む要因なの
かな……フフフ……。
あるた6
極細のシートステー。
個所を見ていくと、どうして快適性が高いか分からなくもないんですが
こればかりは乗らないと、分かりません。

あるた3
ホイールがOVAL 535 AERO ALLOY CLINCHER
ディレーラー系がShimano DURA ACE

多分他社のフラグシップモデルと互角以上の性能を有しているのは間違い
ないと思いますよ。
( ;゚ω゚)……FUJIのコストパフォーマンスにかける、無茶ぶりの結
果とも言うのかもしれませんが……これで実売価格40万クラス……怖い。

正直、上手くレビュー出来ていないかもしれませんが、静かな実力
を秘めたプロモデルなのは間違いないです。

2011年11月12日 トラックバック(0) コメント(0)

試乗体験 OX ENGINEERING PECO 8S インプレ動画


サイクルモードインターナショナル2011にOXエンジニアリングの
ブースがあったので、足を運びました。
IMGP2258.jpg
新型PECOを中心に、ブースを展開しています。

( ゚∀゚)アハハ レバーを引くとワンタッチで簡単に折り畳めますね。
しかも自立してくれました。
物凄く扱いやすいモデルだと思います。
(フレームに車いすの技術を取り入れた、リンク式と呼ばれる機構を採用)

ちなみに電動化の計画もあったそうですが、電動モーターの供給
メーカーとの規格について、色々問題があったらしく今回は
見送ったとか。

IMGP2257.jpg

試乗してみたのですが、これまた今までにない乗り心地。
( ;゚ω゚)……かなりサスがソフトで、MTBの用に効くのですよ
しかも、タイヤが結構太いので安定感ありまくり。

なんでしょうね……極小径風MTBといった感じ。
結構荒れ路や段差もいけそうな。
カーブなどでも、それなりの安定感があったのでやはり安定感
があるミニベロだと思います。

(ホイールサイズは12インチ)
メーカー様はスポーツ性を追求したようですが、個人的には
なんだか、乗りやすいなあというのが感想。

あとサスペンションはスプリングで、これでも最大まで硬め
の奴を用意したそうです。
どうも、サイズの兼ね合いからこのソフトなサスペンション
になったとか。

極小径風MTBですが、もし更にサスが硬くなったら結構速度を
出せるのかな。

(´・ω・`)………………あくまで個人的な意見ですが、災害時
に結構強いだろうな……という印象も持ちました。
収納性はあるし、いざ地震が来たときに移動も結構こなして
くれそうです。
多少道が荒れていても走りそうだし、何より安定感があるので
結構長時間走行が可能だと思うのです。
交通機関への移動も、折り畳み操作が単純ですからスムーズに
行えます。
車椅子で有名なOXエンジニアリングだけあって、フレームは
堅牢そのもの。
フレームはしっかり剛性を確保していたし、結構信頼性の高い
モデルだと思うのですよ。

e-ハクセン楽天市場支店

2011年11月11日 トラックバック(0) コメント(0)

試乗体験2012 TERN VERGE X30H(ターン ヴァージュX30H) インプレ動画


TTT1.jpg
(`・ω・´)b というわけで、TERN VERGE X30Hに試乗してきましたよ。
世界最速モデルスピードプロの流れを組むミニエロですね。
ダホン、ベクター、ターンの3台を偶然にも乗ることが出来て不思議な
気分。

で……このリア10速化した3代目は
( ゚∀゚)あ、更に乗り易くなっている! というのが正直な感想。
意外な事に、低速での乗り味やコントロール感が飛躍的に向上
しています。
受付のお姉様も、一番TERN VERGE X30Hが乗りやすいとかおっしゃ
っていましたけど、まったく同意見。
ここまで、お気楽に乗れる仕様になったんですねえ!

去年のベクターシリーズの際も同じ傾向があったのですが。

で、加速度と高速巡航性、推進力についてですけど。
意識しなくても、どんどん前に加速を開始します。

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル ……速い!? マジで!? ちょっと!! 
やばい!! やばい!! 
そんなに勝手に、ロケットみたいな加速!!!! うわあああ

 
( ;゚ω゚)……と、とりあえず、最高のスピード感を堪能出来ましたよ……。
しかも、低速と高速どちらでもしっかり安定感があるという……すごい……。

ただ、今までのスピードプロと少し違う点は
①それ程脚力のない方でも、スピードを出せると思います。コーナーリングやハンドリングも安定度が増している。つまり、初めてミニベロに挑まれる方にお勧め(いや、本当に乗りやすいモデルですよ)

②低速でのコントロール性が更に向上。多分街乗りでも、安定した走行を楽しめるはず。


( ;゚ω゚)……まぁ、一見すると敷居が高そうなモデルですが、極めて乗り易く進化しています。
くせもないですし、いかがですか?
あえて、弱点と言えば……段差に弱いというのと……スピードの出しすぎに注意した方がいいかも。



TTT8.jpg
TTT5.jpg
TTT3.jpg
TTTT4.jpg
TTT9.jpg
(´・ω・`)……TERNブーススタッフの皆様、大変お世話になりました。
わざわざ、試乗の順番が来たときに大声で呼んでくださり大感謝です。

2011年11月10日 トラックバック(0) コメント(0)

試乗体験 2012 TERN VERGE X10(ターン ヴァージュX10)インプレ動画


ヽ('∀`)ノ ワーイ TERNシリーズに試乗してきましたよ。
なんと TERNブースはイタリア系ロードブース内に設置されて
いました。
完全に、ロード系のお客際を狙った戦略ですね。もしくは相当
今回のモデルに性能に自信があったのでしょう。

やはり、ダホンのベクター設計チームが独立して作った多国籍
メーカーなのは間違いなかったです。
IMGP2226.jpg

(TERN VERGE X10を試乗した感想)

(´・ω・`)……最初はギア比低め、最初街乗り感覚まったり乗ってみたんですよ。
その際まあ走りが普通だったので「まあ、こんなもんかなあ」という
のが正直な感想でした。
ハンドルもミニベロらしく、なんとなくクィックな感じでしたし。
どんどんロードに抜かれていきます。


ふうん、まあこんなもんかなあ……と思って一気にギア比&速度を上げて
見た所……世界が変わりました



ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル
えっ? えっ? えっ?…………………………!?


な、なんだと…………この化け物は?

風景が後方に吹っ飛んでいく異次元空間ではないですか?

そうです、このTERN VERGE X10は高速走行が極めて優秀なモデルだったのです



速度が上がれば上がるほど、フレームは安定し極めて高い走行性能を
みせてくれます。
低速の時とは別次元の、高いコーナーリング性能。
まるでカッターナイフの様な鋭くも安定した、コーナーリング……やばい。
うわー、なんというなめらかな走り!

しかも速度を維持したまま、勝手に? 高速巡行を開始します。
なんだ? 後ろからどんどん背中を押されている感じは?
途中から勝手にTERN VERGE X10のフレームが、私の体のフォローを始める始末。
なんて滑らかなフレーム。
結局、速度を落とすと普通のミニベロに戻った、走りをしました。


そういえば、他のロード乗りの方がやたらTERN VERGE X10を試乗した後
面白がっていましたが……何となく納得。
これは、ロードに近いモデルかも。

あえて言うなら、街乗りよりもレースや郊外で初めて性能を発揮するでしょう。


ターン1
ターン9
ターン2
接合部の接触面積を増やして、ねじれ剛性を高めたそうです。
たーん5
さすが55Tホイール。
高速巡行ではその真価を発揮。
ターン34
リアディレーラーSRAM X9
ターン7
メーカー様より、やはりスポーク数が少ないので段差に注意して
欲しいそうです。
それはそうですね。

( ;゚ω゚)……TERN VERGE X10の弱点かもしれませんが、街乗りで
は本来の走行性能を発揮できないかもしれません。

できれば平地&アスファルトで走ればこのモデルの化け物じみた
やばさを楽しめるはず。

2011年11月08日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 BIANCHI SEMPRE 105(ビアンキ センプレ 105) 試乗体験動画レビュー


サイクルモード ビアンキ コルナゴ GIOS ピナレロ DE ROSAなどの
ブース風景です。
閉館間際に撮影した記憶が。

2012年 BIANCHI SEMPRE動画です。試乗後に撮影。
( ;゚ω゚)……後ろで待っている方がいらっしゃったので、急いで撮影しました。
やっぱりセンプレは試乗でも一番人気。
オルトレは試乗無しでしたが、一応展示車はあったので動画でゆっくり撮影して
おきました。後日タイミングを見て公開します。
IMGP2211.jpg
( ゚∀゚)アハハ 2012年モデルBIANCHI SEMPREに試乗してきましたよ。
確か105搭載モデルでした。

第一印象は、とにかくソフトな感覚。乗り心地が柔らかい……カーボンで
ここまでソフトな感じのロードも珍しいのでは。

( ;゚ω゚)……でも凶悪な剛性が隠れていて、かなり推進力は高め。
凄く不思議な乗り心地でしたよ。のんびり走っているはずなのに、ぐいぐい
勝手に加速してく感覚というか。

あと路面追従性が極めて高いですね。
しっかり地面をとらえて、食いつく。気味が悪い程の安定感があります。

うーん、これは長距離を走った場合相当いけそうです。でも、強力すぎる
推進力も十二分に有していますので、いざとなったら強力な脚力に答えて
くれるはず。

エントリークラスのカーボンモデルとは違う、別格の走りができますね。

やっぱり、カーボンフレームを見ていると所々ボリュームを確保しているの
で、恐ろしく計算されたロードなのですよ。
うーん、どちらかというとフラグシップモデル的な走りが可能なモデルでは
ないでしょうか?
とても乗りやすい上に、高度なバックアップをしてくれるので初心者でも
十分乗りこなせますよ。
特に体の負荷が極めて低いという点と、強力な推進力があったなあという
のが一番印象に残っています。

BBS1.jpg
(`・ω・´)b やっぱり他社にはない、味付け。
結構コンフォートモデルが出ていますけど、センプレのコンフォート性
が一番面白かったなあ。
やっぱり、どうしても推進力や剛性を削っている傾向にある感じですけど
センプレは強力な剛性を持っていたし。

BBS5.jpg
BBS7.jpg
良く考えたら、ノーマルクランクなのにコンパトクランク
並みに脚への負担が軽かった……
(´・ω・`)うーん。なんでだろう?


BBS3.jpg
BBS94.jpg
シートステーだけはなく、フレーム全体で衝撃を吸収してくれる感じ。

BBS8.jpg
BBS2.jpg
( ;゚ω゚)……最近の20万クラスのカーボンモデルはこんなにいいのか……
恐ろしい時代になりましたね。
凶暴なやわらか戦車です。柔らかいけど、戦闘的。
結構レース中の終盤とか、長時間乗った後本当にやばい局面の時真価を発揮
しそうです。

2011年11月08日 トラックバック(0) コメント(0)

2011 CYCLE MODE(サイクルモード) 東京会場風景動画(試乗コース、各ブース)

IMGP2288.jpg
ヽ('∀`)ノ ワーイ 念願のFuji(フジ)COMET Rに試乗できましたよー。
普通に凄かった!
速かったしね!!
っていうか、6万クラスのミニベロとして凄いコストパフォーマンスが良いですよ!!
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ\ / \ /  \


というわけで、ざっくり全体の動画を紹介。
これは11時頃の試乗コース風景ですね。
( ;゚ω゚)……もうすでに、結構込み始めています。
この後、2時当たりにとうとうラッシュアワー的な混雑に。
自転車の渋滞が瞬間的に発生しました。


……そういえばイベントで大歓声があちらこちらで上がっていましたけど、
何があったんですか……?
そろそろ試乗だけではなくて、イベントもチェックするべきなあ。


なぜか? コルナゴ噴水が復活!
( ;゚ω゚)……なんで?
さすがに2009年の3Dコルナゴ噴水程ではないですが……


5LINKSの方にも大変お世話になりました。



ブルーノブースです。
今回からブルーノモデルの試乗がスタートしました。
結構他の方に試乗した感想を聞くと、好意的な意見が多数。
やっぱり「旅」をテーマーにしたセッティングです。

アンカー試乗ブース。
相変わらずサクサク、試乗車をさばいていきます。
いつもながら凄い人気……
IMGP2306.jpg


パナソニック電動車試乗ブースでは、電動アシスト自転車の設計について
色々教えていただきました。
やっぱり、各社電動モデルの味付けに個性がありますね。

(´・ω・`)……………………あと、試乗はビアンキや「turn」、5LINKS、
FUJI、BH JAMIS、ラレーアンカー、ミズタニ、コラテック、パナソニック、
ヤマハなどの電動自転車メーカーあたりを試乗しました。
個人的にFUJI、BHのモデルに感動。
各社、どのモデルも性能を向上させている点に驚愕しました。
今回はミニベロとロードがメインです。

なんとかシクロクロスモデルやMTB 29erモデルにも試乗出来て、面白すぎでしたよ。

 (`・ω・´)ということで、明日から試乗体験インプレを記事にしますので、
よろしくお願いいたします!

e-ハクセン楽天市場支店

2011年11月07日 トラックバック(0) コメント(0)

はい、サイクルモードより帰りましたよ。2011 CYCLE MODE TOKYO 幕張メッセ会場風景


( ;゚ω゚)……え~、サイクルモードでいろんなことがいろいろ
ありすぎて、何を話せばいいのか……
なんとか幕張会場から帰ってきたとですよ~

まあ、とりあえず今年の幕張会場風景をお楽しみください。

とにかく大混雑でしたよ。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ\ / \ /  \
とうとう自転車の時代が来ましたね!!!!!

あと各バイクの性能が、爆発的に進化していて正直唖然としました。
やばい……今までの常識が、少し通用しなくなってきているかも……

明日からレポートしますが……

とりあえずおやすみなさい……

e-ハクセン楽天市場支店

2011年11月06日 トラックバック(0) コメント(0)

さて、サイクルモードな訳ですけど、試乗車をチェック

( ゚∀゚)いよいよ今日からサイクルモードな訳ですよ。

このブログも、とうとうサイクルモードに参加して4年目
になってしまいました。

というわけで、このブログは毎年恒例ですけど、本日から6日までお休みです。
(もしかしたら6日からUPするかもしれませんけど……)

現在会場マップを持って、だらだら検討中。

とりあえずコルナゴの試乗車をチェック。

・C59 Dura Ace Di2 480S
・C59 Chorus 480S
・C59 Chorus 520S
・M10 Chorus 480S
・M10 Chorus 520S
・CX-1 Chorus 480S
・MASTER X-Light Athena 520
・CLX3.0 Ultegra 420S
・CXL3.0 Ultegra 480S
・ACE TIAGRA 480S
・MOVE 105 520S
・MOVE 105 480S
・MOVE 105 420S


なんとなくMOVE 105に乗ってみたい……C59 Dura Ace Di2 
はまあ運が良かったら


FUJIはどうかな……

Road
 ・ALTAMIRA 1.0 COLOR:Carbon/Yellow SIZE:470
 ・SUPREME 2.0 COLOR:White/Green/Yellow SIZE:470
 ・BARRACUDA R [105] COLOR:Hi Polish SIZE:520
 ・ROUBAIX CUSTOM COLOR:Aurora White SIZE:460
 ・PHANTOM COLOR:Row Finish/Filet Brazing SIZE:520
Junior-Road
 ・ACE 24 COLOR:Red/Blue SIZE:340
Cross Bike
 ・STRATOS COLOR:Aurora White SIZE:520
 ・ABSOLUTE S COLOR:Aurora White SIZE:17"
Mini Velo
 ・COMET R COLOR:Venus Beige SIZE:470
Single Speed
 ・FEATHER CX COLOR:Aurora White SIZE:490
 ・JAZZ COLOR:Black SIZE:15”


ミニベロCOMET Rが試乗できるのですが!
ちょっと頑張ってみるか……

アンカーは……

RMZ PRO 490
RMZ PRO 460
RCS6 EQUIP 490
RCS6 SPORT 490
RA6 SPORT 480
RFX8 ELITE 480
RFX8 SPORT 450
RFA5 EQUIP 480
RFA5 SPORT 480
RNC7 EQUIP 530
RNC3 SPORT 530
RFX8W EQUIP 420
RFX8W EQUIP 390
RFA5W SPORT 385
XIS9 EQUIPE 440
XA3 EQUIP 420
XNC7 EQUIP 420


BHは……


MODEL COLOR サイズ  
ULTRALIGHT BLACK 48 試乗
ULTRALIGHT BLACK 50 試乗
G5 BLUE 600 試乗
RC1 BLUE 450 試乗
RC1 GREEN 480 試乗
PRISMA ORANGE 490 試乗
PRISMA GREEN 470 試乗
RX 1 GREEN 540 試乗
DESEO BROWN 520 試乗


RC1とPRISMAかな、やっぱり……


ルイガノ様は


FLITE-AM RAW ALUMINUM 420 試乗
SOIL29eR GRAY 380 試乗
XC-GRAVEL WHITE/PURPLE 370 試乗
RCE WHITE/CARBON/RED 470 試乗
RHC WOMEN PINK/BLACK 465 試乗
RSE RED 500 試乗
CX PINK/BLACK 480 試乗
XC BART PRO 29 WHITE 450 試乗
CTR LG WHITE 460 試乗
GORDY PURPLE 370 試乗
MV-3R OCEAN BLUE 410 試乗
TR LITE S LG WHITE 420 試乗
CEN WOMAN LITE VIOLET 420 試乗
TRX-1 MATT GRAY 470 試乗


手堅いなあ……

( ;゚ω゚)…………やっぱり、いきなり会場でお披露目される
二ューモデルもあるので、結構ランダムかつ適当にいった方が
いいかもです。

e-ハクセン楽天市場支店

2011年11月04日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 KONA ROUNDABOUT(2012 コナ ラウンダバウト) 優美なクロモリミキストフレーム

img58791241.jpg
( ゚∀゚)……あ、クロモリミキストだ……いいなあ。

2012 コナ ラウンダバウトというクロモリミキストフレームがあるんですけど……
美しい……
まさかコナからこんな優美なクロモリモデルが登場するなんて、ちょっとショック。

ホイールは700Cサイズを持ってきましたね。コンポはMTB系ALIVIO&ACERA
リア9速。

ホイールは 42Tと小さめなので、結構お気楽な速度を楽しむタイプですね。
それはそうと、ハンドル一つとってもプロムナード型ハンドルですよ。
まるで、ショップでカスタマイズしたかのようなビジュアル。
うわ、いきなりこれだけ奇麗なモデルが手に入るんだ……

ポリッシュ系塗装シングルスピードやアフリカバイクなど、結構コナに対して
高派な印象を持っていましたけど、これは面白い方向性ではないですか?

某雑誌にも確か掲載されていたので、ちょっと興味はあったのですが……
ミキストフレームと、カラーリングがいいなあ。

img58791240.jpg
プロムナード型ハンドルです。アップライドな姿勢で握った場合どんな
感じかな……
にしても、まるで英国自転車みたいな雰囲気。

ケーブルの配置もいいなあ。
img58791239.jpg
ブレ-キ SHIMANO BR-R450

img58791238.jpg
フォーク Kona RETRO ROAD
素材はクロモリかな

img58791237.jpg
フレーム KONA CROMOLY BUTTED
横から見てもなかなかいいですが……
img58791236.jpg
上部から見た風景が最高。

img58791234.jpg
クランク FSA TEMPO CITY 42T
リアディレーラーはShimano ALIVIO リア9速

img58791233.jpg
Continental ULTRA SPORT 700 x 28C

img58791231.jpg
ちなみにサイズはSMALL/42cm:150cm~175cm

img58791230.jpg
ミキストフレームをコナ風にアレンジしてきた感じですね。
所々に、なんとなくスポーティな香りが隠れている様な……

2011年11月03日 トラックバック(0) コメント(0)

NAIF(ネイフ)メッセンジャー・トートバック Leather Name Folder 2way Tote(レザーネームホルダー2ウェイトート)  (`・ω・´)何気にニューヨークモダンファブリックスタイル

img58810643.jpg
ヽ('∀`)ノ ワーイ 日本のバッグブランド「NAIF」のレザー製メッセンジャー・ト
ートバックですよ。
ちょっと珍しい、MADE IN JAPANの牛革製。
なんと裏地に大きなドット柄がある蛍光色。

『女の子のハートをくすぐる』という新しいスタイルを提案しているだけ
あって、女子に人気のモデル。
一応メンズ系バックではあるのでが、あまり境界はない様です。


img58810647.jpg
ネームホルダーはバッグのポケットに直接縫い付けられています。
やっぱり自転車を意識したデザインですね。

で、牛革のカラーはネイビーだろそうですが、光の具合によって変化
するとか。
なんと、牛革素材は手もみの革をわざわざ使用。


img58810644.jpg
スマホとかノートパソコンとかデジタル系の入りそうですね。
ちょっと大人のトートバッグ……欲しいなあ。

思ったより、収納性がありそう。
img58810642.jpg
個人的に、この裏地にやられました。
ニューヨークの老舗家具メーカー「マラハム」のファブリックみたいな
雰囲気。

img58810641.jpg
デザイナーは藤村晋也(Shinya Fujimura)氏

ちなみに「NAIF」ブランドコンセプトは『かわいいメンズ』
うーん、これなら自転車以外にも活躍しそうなデザイン。

ちょっと欲しいなあ。

img58810648.jpg
あと残り2つですか……うわ……悩ましいなあ。
普段あまりレザー系には興味がなかったんですが……久々に大ヒット。
ひそかにニューヨーク20世紀初頭のデザインセンスを取り入れている
所がまた……

(´・ω・`)……誰か、もっと派手にこういう良質なバッグのブランド展開を
してくれませんかね………。


■Size:390 X 430 X 160



2011年11月02日 トラックバック(0) コメント(2)

2012 BIANCHI FRETTA グリーンカラーが大変アーミーな感じ

img58754246.jpg
(´・ω・`)……………………BIANCHI FRETTAのグリーンカラーがやたら気
になる……
なんとなくアーミー風でいいではないですか? ロゴまでなんとなく
宮崎アニメ風。
大きいなあ……BIANCHIロゴが極めて大きいですね。

img58754245.jpg
2012モデルもFRETTAはMTBコンポSHIMANO ACERAを搭載。
誰にでも扱いやすいリア8速モデル。
変速操作も全て手元で行えるので、やっぱりお気楽に乗れます
ね。
BD-1のOEMモデルとはいえ、なんとなく独自の路線を歩んで
いる様な気が……
カスタマイズのベース車としても、用いられるモデルですね。

クランクはAPEX PCD130 54Tとかなり大き目。そういえば昔、フレッタを
なんか高速仕様にカスタマイズしていた方がいた記憶が。
普通にロードと一緒に車道を走っていましたけど……どういう仕様だっ
たんだろう?
TT用ホイールとか付けていたかな……

2012BD-1シリーズはエンドなど、おのおののパーツにアルミ素材を
多用していましたけど、フレッタはその辺の変化はない様ですね。
まあ、そんな事よりもグリーンカラーがやっぱり気になる……
イタリア軍仕様ですか。

img58754236.jpg
シフター Shimano SL-M310
右手でお気楽変速操作可能。
ハンドル高は調節できますね。

img58754239.jpg
あれ、ここまでエンブレムは巨大でしたっけ??
おおきいなあ……


img58754235.jpg
BD-1のレバーはスタイリッシュなアルミ感を強調していましたけど
フレッタはまったりブラック仕様。
img58754238.jpg
ブレーキ Shimano BR-M422 V-brake
img58754237.jpg
フレームに巨大なBIANCHIロゴが……
img58754234.jpg
クランク APEX PCD130 54T
リアにShimano ACERA

img58754233.jpg
リアに赤のスタンダードエラストマーですか

img58754232.jpg
タイヤ CST M-127 18x1.5"
img58754231.jpg
サドル Velo VLG-709

2011年11月01日 トラックバック(0) コメント(0)