スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 月別アーカイブ 2011年06月

2012年 GT(ジーティー)もシマノNEWティアグラ積極採用

400p6280464.jpg
400p6280452.jpg
( ゜∀゜)GTも2012年モデルを公開ですね。
もう普通にNEW TIAGRAを採用してきています。
その中で、ちょっと気になったにはこのシクロクロスモデル
GT GTR TYPE CX-2(GTRタイプCX2)ですね。

A-CLASSコンプリートホイール&カーボンフォークを採用して
いるうえに、NEW TIAGRAまでついてきます。

400p6280453.jpg
( ;゚ω゚)あ、そうか。シクロクロスまでリア10速化するんですね。
これ欲しいなあ。

タイヤも700×35Cとかなり太め。

400p6280443.jpg
エントリーモデルのGT GTR Series3(GTRシリーズ3)
も当然NEW TIAGRAを搭載しているので、リア10速。

エアロフレームがいいですね。
価格は……9万クラス……いいなあ、2012モデル買える方は。
400p6280435.jpg
あ、29インチのKARAKORAM1.0(カラコラム1.0)

DeoreXT Dynasys(デオーレXT)採用のリア10速。
29インチはやっぱりサイズが大きいのでクールですね。
あちらこちらで、特集が組まれているだけあって人気が
高そう。

400p6280437.jpg
GT KARAKORAM3.0(カラコラム3.0)


なんと6万クラスでDiscブレーキ搭載&29インチ、サスはロックアウト機能。
街乗り用とのことですが、なかなか充実していますね。
そういえば、震災以来MTBが完全に我が家の運搬マシーンとなってしまいました。


400p6280439.jpg
GT AVALANCHE2.0(アバランチェ2.0)


制動力の高い油圧席ディスクブレーキ搭載。シマノ DEOREシャドー
を採用し、変速段数が3段アップ(24→27)
ROCK SHOX製サスペンション搭載。
さすが8万クラス。

400p6280441.jpg
GT AVALANCHE 3.0 (アバランチェ 3.0)

ワイヤー式ディスクブレーキモデルですね。
ロックアウト付きフロントサスペンション搭載。
リアにシマノ ALIVIOを採用、
5万クラスながら、結構いいですね。

(´;ω;`)……つまりなんですか、もう10万用意すればそれなりの
モデルが手に入る時代になってしまったと。
まだ、この状況に慣れる事が出来ません。
数年前、カタログを観ながらため息をついていた自分に、この状況
を教えてあげたい……。

2011年06月30日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 FELT エントリークラスロードモデル リア10速化へ

400p6280448.jpg
2012年モデル FELT(フェルト) Z95

(`・ω・´)とうとうきましたね! 
いきなりエントリーモデルのZ95に、なんとシマノNEW Shimano Tiagra
を搭載してきましたよ! (多分リアにNEW Shimano Tiagra)


( ;゚ω゚)……えええ? 普通この価格帯はシマノソラあたりでしたよね?
いいんですか? 

つまり、いきなりリア10速化!
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブルおおおおおおおっ、
販売価格8万レベルでいきなりリア10速!


さすがにシフターはMicro Shiftの様ですが……あわわわわ

400p6280445.jpg
2012 FELT F85
これは、エントリーモデルながらシマノ105をリアに搭載。
( ;゚ω゚)……定価は10万くらいですけど、販売価格は意地の9
万円台の模様です。
モデル特徴は
1.軽量アルミバテッドフレーム
2.軽量カーボンフォーク
3.軽量の20段変速
と相当軽量化に努力したとか……
あ、もうシマノ105搭載で販売価格9万は普通なんですね。
ヽ('∀`)ノ わあああぁぁい

400p6280446.jpg
(´・ω・`)……あくまで今回はエントリークラスのロードと
クロスバイクの発表の様ですが。
もう、リア9速の影がどこにも見当たらないとは……

エントリークラスですら、このやばさ。
ま、まさか……ミドルグレードクラスは……
電動アルテグラ採用モデルが多数登場したりするのでしょうか????
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル 

2011年06月29日 トラックバック(0) コメント(0)

2012FELTモデルがそろそろ発表の様ですね。

( ;゚ω゚) え? もう2012年モデルが発表??
2011年モデルもFELTはエントリークラスから発表されましたけど。
もうそんな時期なんですね。
去年も6月末でしたから、フェルトは例年通りの模様。

2011モデルでは、FELT Z6がフルカーボンでシマノ105モデルという
価格設定に、頭が痛くなりましたけど↓
img_2499.jpg

(´・ω・`)……2012モデルはどんなサプライズがあるか……
うーん、今日は明日?の2012フェルトモデル記事に備えてお昼寝します。


o0500037511303772433.jpg
BRUNO2012モデルは、どんどん入荷している模様です。
早い……早すぎる……
ほんまに、トップチューブとダウンチューブが、太かとです。
これが生の2012MINIVELO20ROADかっこいい……やばいですね。
やばいですね。



というか、あれだけの大災害の後できちんと2012モデルが
入荷されている事に、ちょっと感動。
(´;ω;`)ウッ……正直2012年モデルなんて、もうお目にかかれ
ないかと思いました。
o0500037511303771913.jpg
o0500037511303772432.jpg
o0500037511303772435.jpg
o0500037511303773096.jpg

2011年06月28日 トラックバック(0) コメント(0)

2011 KHS F20-Westwood (KHS F20-ウェストウッド) 

11_khs_023574_05_L.jpg
( ;゚ω゚)……信じられない事に、実際に山でこのKHS F20-Westwoodで
登りと下りを試した方がいるのですが、やはりちょっと無理だったみたい
です。
登りでは、リアのタイヤが空転したり、ペダルが地面に接触
したりして散々だったとか。

下りではフロントサスのおかげで、ハンドリングが安定し
けっこういけたとか。
(本当に山道だと、サスが連続して動きますよね)
やはりMTBの26インチの安定感にはかなわないか……
ブロックタイヤのグリップ力も、さすがに山道では無力
だそうで。
うーん。
リアサスの「ソフトテイル」は乗り心地向上と路面追従性を求める
為のもので、完全な山道では効きませんし。

(´・ω・`)……Westwoodは街乗りや平地の為のミニベロMTBという
ことで(ま、それはそうですよね)
街乗りの段差とか砂利道程度なら、ラクラクに走ります。

走りの特徴といえばミニベロらしく、ゼロスタート時の加速が強い。ただし
いくらか巡航性能は劣りますが、あまり道を選ばなくていいモデルですね。



でも見れば見る程面白いモデルですよね。
元々人気が高いモデルですが、2011モデルはよりスタイリッシュ感が
増しています。

11_khs_023574_07_L.jpg
なんと、左右にグリップシフター装備。
かっこいい!

11_khs_023574_09_L.jpg
ロゴがハイドロフォーミングで浮き上がっていますね。
2011モデルの特徴。
フレームはReynolds500クロモリ
11_khs_023574_08_L.jpg
フロントフォークのサスは結構固め。やっぱり段差対応の為のサス
ですね。
何気に働き者。

11_khs_023574_10_L.jpg
11_khs_023574_11_L.jpg
クランク Chain Wheel:JS36-1 44/32 170mm アルミ

11_khs_023574_02_L.jpg
ソフトテールリヤショック。平地では、結構しなります。


11_khs_023574_03_L.jpg
リアディレーラーはロードコンポシマノRD-2300


2011年06月27日 トラックバック(0) コメント(0)

2011モデル DAHON CIAO D5(ダホンチャオD5) STURMEY-ACHER 内装5段変速

img57547104.jpg   
( ;゚ω゚)……しまった! DAHON CIAO D5がいつの間にか内装
5段変速になっています。
しかもスタメの内装5段!

恐らく、ミニベロや折り畳み自転車モデルの中でも最高の
低速安定性を誇ると勝手に思っています。
つまり、初めて折り畳み自転車を乗られる方に、一番お勧め
たいモデルです。
フレームもかなり堅牢ですし、ママチャリ感覚で乗れる上に
ママチャリよりも乗り安いし、安定しているのです。

ご家庭や、職場で緊急用自転車として、折り畳んで保管して
おいてもいいのではないでしょうか?
適合身長142-185cmですので、あらゆる体格の方でも乗れる
のもありがたい所です。


自転車大国オランダでBIKE OF THE YEAR2006を受賞したモデル
ですが、恐らく日本限定モデル仕様のはず。

ちなみに、DAHONのミニベロは世界中で売られていますが
唯一日本販売モデルだけが、日本特別仕様というパターンが
多いです。
日本でDAHONを扱っている商社様が、色々なオーダー
を注文しているおかげで、限定カラーや日本特別仕様など
が特別に生産されているのです。

img57547101.jpg
変速はグリップを回して、変速する仕組みです。
ハンドルにRがついているので、とてもリラックスして握りやすい。
アップライドな姿勢で周囲を観察しながら移動も可能。

img57547103.jpg
img57547100.jpg
高いデザイン性のフレームですね。
フレームは7005 Double Butted Aluminum
どんな服装でも、乗り降り可能ですので緊急時に使えると
思うのですが。
img57547098.jpg
タイヤのサイズは、20X1.75と十分な太さ。
DAHON CIAO D5の快適な走行性はこのタイヤの恩恵が
大きいのでは。
しかも、泥除け付き。

img57547099.jpg
降りたたみ自転車ですが、しっかりとしたチェーンカバー付
きです。
img5754gg7102.jpg
( ;゚ω゚)……リアディレーラーはSTURMEY-ACHER 内装5段変速。
すごいなあ。いつの間にか、内装5段変速。
走行性能を向上させてきましたか。

img57547097.jpg
価格も5万程度ですので、性能の割にはリーズナブルな一台。

2011年06月26日 トラックバック(0) コメント(0)

Tretta(トレッタ) 2WD駆動スポーツバイク&コンビニ羊羹についての考察

1.jpg
(´・ω・`)やっぱり自転車には、プラスチックパックの米屋の羊
羹ですね。

ペットボトルに、凍らせた麦茶と一緒に食べるのが最高ですが、
実は井村屋の方が味のグレードが高い……そう言う話を本日
耳にしました。
やっぱり、小豆の量を井村屋が一番使用しているからでしょうか?
うーん。

何気に、米屋の羊羹が個人的には最高と信じていたのですが。
(冷凍庫に凍らせておいて、食べるのも美味しいですし)
最近この、プラスチックパック羊羹が、災害時の非常食
として熱い注目を浴びているから、驚きです。


(´・ω・`)……さて、某雑誌でも特集されていた2WD二輪駆動
のMTBTretta(トレッタ)です。
どうも、ゼロスタートと坂道に相当強いモデルの様です。
二輪駆動……電動アシストでは、結構見かけますけど。

ちょっと驚いたのが、この動画ですね。
雪道というか、凍結した道をトレッタが走っている姿が
あります。

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル
あれ? 雪道では自転車は無力だと思っていましたが……
しっかり走っていますね。

しかも、700Cクロスバイクや700Cクロモリロードモデル
まである多彩なラインナップ。
しかも、ミニベロまで展開する予定だとか。

ペダルをこぐと、後輪の回転がチェーンを通じて、前輪に
伝わる駆動システムの様です。
凍結路面の走行性能を強化した、バイクというと村山コーポレ
ーションなどがやっていたはずですが。

まあ……そんなこんなで、明日は井村屋の羊羹をコンビニで購入
予定です。
自転車のきゅうべえ

2011年06月25日 トラックバック(0) コメント(0)

キャノンデール リカンベント(CANNONDALE Recumbent )って何?

5717890042_fa86f32fa1_z.jpg
(´・ω・`)……どうもキャノンデールにリカンベントモデルが存在するらしい
です。
その名も「キャノンデール リカンベント イージー ・ ライダー」
という名らしいです。
凄い……まるでキャノンデールのMTBをそのままリカンベントに
したかのようなビジュアルですね。
まさか、キャノンデールがリカンベントを作っていたとは……。
かなり意外なモデルです。

なんとWサスペンション搭載。巨大なサドルはゲル入り。
相当快適性に気合いが入っている素敵なリカンベント。

フレームは……アルミですよね?
キャノンデールのバイクは、重そうに見えて持つと軽いですからね。
うーん。
しかも、フロントトリプルのリア9速。つまり27SPEED
日本にも何台か、輸入された形跡がありまして。レースなどで登場
しています。

あと、最近なぜか有名メーカーで短命に終わったリカンベント情報
を集めるのにはまっていまして。
なーんか、異形なモデルが多くて楽しいもんです。
MTB黎明期も、相当派手なデザインが多くて凄いですよね。


!B2we,Wg!Wk~$(KGrHqJ,!j!E)sBeRiMnBMjuhPup-Q~~_1
リアに公式のバッグがついてくるのでしょうか?
オプション?

!B2weeUwEGk~$(KGrHqV,!jcE)pe,0U4SBMjuhhGTYg~~_1
クランクはトリプル。泥除けカバー付き。
乗ってみると重心は低すぎない姿勢で、走行することになりますね。


!B2webww!Wk~$(KGrHqV,!jkE)pMiDg3sBMjuhWCIww~~_1
ハンドメイドインUSAのロゴが確認出来ます。
チェーンステーは太いですね。
しかも、ディスクブレーキまで搭載していて、相当凝っています。
!B2wec4!B2k~$(KGrHqV,!icE)q7oeumDBMjuh,8lj!~~_1
リアディレーラーはシマノDeore XT

!B2wej7g!mk~$(KGrHqV,!isE)r9)c!s!BMjuh5lu9w~~_1
FOXのサスペンションですね。

割とロングライドとか、想定してこの形になったのでしょうか?
さすがに、タイヤはスリックですけど。
泥除けなどもついていて、かわいいじゃないですか。

米国内で日本円にして25万位で取引きされているデーターがあったので
価格はそれなりのものと推測されます。

( ゚∀゚)普通にハリウッドの映画とかに登場しそうな明るいリカンベント
ですね。
De Rosa - SK (Ultegra Di2 - 2017)

2011年06月24日 トラックバック(0) コメント(0)

SHIMANO ULTEGRA Di2動画をだらだら見る。


( ;゚ω゚)……ああ、とうとうアルテグラまで電動変速化……
一度はまると、変速の快適さ故に二度とワイヤー変速に戻れない
魔性の変速システム。

やばい……クランクの変速時の電動音が、かわいい。
これは萌えますね。
リア変速の動きがぬめぬめしていて、これまたかわいい。
なんだか。この変速システムはまるで女の子みたいな
印象。

価格はフルコンポーネントセットで17万。
デュラエースが30万位でしたっけ?

電動パーツONLYですと、いくらになるんでしょう?

PCとのデーターリンクや、システムアップデートも
可能だとか。
これで、対応フレームも結構増えるんでしょうね。
このまま、いけば105も電動化してしまうのでしょうか?

10年後のこのブログの解説で「リーズナブルな電動SORA搭載」
とか、普通に解説していそうな予感。

あほな話ですが、Wレバーを電動変速化してくれたら嬉しい
のですが。
結構売れる様な気がするのです。
De Rosa - SK (Ultegra Di2 - 2017)

2011年06月23日 トラックバック(0) コメント(4)

2011モデル LOUIS GARNEAU LGS-CTR  シルバーが渋いけど、コンフォート

img57496957.jpg

(´・ω・`)……アルミロードの魅力が思う存分楽しめるモデルLGS-CTR
一見玄人向けのアルミロード風ですけど、お気楽な姿勢で乗れる
エントリー用ロード。
ハイドロフォーミング技術で、ちょっとフレーム形状に関して遊んだ
モデルで、トップチューブから、シートステーまでの流れる
様な曲線が楽しめます。

ホイールはALEX RACE 32 COMPLETE WHEEL

尖ったアルミロードながら、フレーム形状などをコンフォートに
して何か突破口を計っているかのような渋さ。
安定性重視ですか。

結構価格を抑えながらも、ケーブル類もフレーム内に収納。
コンポはシマノティアグラ(NEWではないのでリア9速)
衝撃吸収性を向上させるために、フロントフォークはカーボン。

ALEXのコンプリートホイールを採用。
結構こういうアルミモデルが好きなんですが、その内消えていくかと
思うと少し寂しい気持ちになります。

それにしても、今日はι(´Д`υ)アツィーですね。
もうこんな日は、なぜかクールなシルバーロードを紹介したく
なるんですよ。
LGS-CTRを冷凍庫で冷やしてから、乗ったら最高に気持ち良さそう。

ブラックカラーのロードだと、ちょっと駐輪しただけで目玉焼き
が焼けそうな勢いの暑さじゃないですか……
img57496963.jpg
シフターはSHIMANO TIAGRA
そういえば、2012モデルになると普通にこういうエントリーモデル
でも10速化になるんですね。

img57496961.jpg
フロントフォークはカーボン


img57496962.jpg
フレームはLG 6066 アルミ
結構渋いフレームですけど、形状がアーチ状で遊んで
いますね。

img57496958.jpg
img57496964.jpg
クランクはSHIMANO TIAGRA 50/34T
うーん、シルバーな世界が展開されています。

さすがにエントリーモデルなので、コンパクトクランク
ですが、かっこいいですね。
img57496959.jpg
ホイール ALEX RACE 32 COMPLETE WHEEL
タイヤは、VITTORIA ZAFFIRO700×23C

誰にでも乗りやすい様に25Cあたりの太さを選んでくるかと
思いましたが、あくまで23Cできましたね。

この辺りは渋い。

img57496960.jpg
重量9.7KG(460mm)


(´・ω・`)……なぜか、LGS-CTRは楽天ロードバイク売り上げランキングに
たまに食い込む事もあるモデル。
結構隠れた人気モデルでもあります。

アルミロードの意地の様な、渋さと、誰でも乗れる懐の深さを感じずには
いられません。

2011年06月22日 トラックバック(0) コメント(0)

Panasonic BeansHouse パナソニック ビーンズハウス

bh.jpg
(´・ω・`)……パナソニックの折り畳み自転車パナソニックビー
ンズハウスですね。
DAHONのフレームをOEMとして採用しているモデルです
(折りたたみアルミフレーム)。
フロントフォークなどは、誰でも乗りやすいな長さに設定して
誰でも乗りやすい様にしてあります。

ハブダイナモを使用した白色のLED(発光ダイオード)を搭載
脚に負担がかからないのがいいですし、夜間でもかなり明るい。
これが最大の特徴だと思います。
しかも、周囲の明るさを感知して自動点灯するシステムも搭載。

外装6段変速で籠も取り付けられて万能性が高いですが、車重が
15k台と結構ありますので、輪行に使う分には少し辛いモデル
ですね。

ただ、サドルのクッションをしっかりとっているので、結構
乗り手に配慮しているところが好感。
bh3.jpg
リーズナブルですが、フレームの堅牢性は非常に高いモデル
だと思います。
降りたたみ方ですが
①まずハンドルを半分に、降りたたみます。
②ペダルを半分に折り畳みます。
③サドルを下げます。
④フレーム中央のレバーを引いて、車体を半分に折り畳みます。

bh2.jpg
やはり、フロントキャリアや泥除け、更にライトを搭載しているので
15kg台と重賞がかさんでしまったのかもしれません。

ただし万能性はかなり高く、ホイールもミニベロにしては大きい20
インチと大きめなので、ある程度身長が高い方でも乗れるのが
嬉しいですね。

2011年06月21日 トラックバック(0) コメント(0)

新型スニーカーライト 18インチの7速化 

DVC00410.jpg

( ゚∀゚)アハハ……という訳で、スニーカーライトの新型が登場。
18インチの7速化ですって。6速から進化していますね。
面白いのが6速の時は重量11.8kgでしたが、NEWスニーカーライトは
11.5kgと更に軽量化に成功。
ハンドルもフォールディング可能になりました。
それにしても、おめでたい画像ですね。
いち早くアンカーも、NEWティアグラ10速化モデルも登場
しましたし。
しかもアルテグラも電動化だとか、なんとかで、どんどん進化して
いませんか?

クランクのステンレスガードやバッテリーランプ、軽くて
丈夫なアルミフレームは健在の模様。

それにしても、ブリヂストンは1988年にミニベロ「トランジット」シリー
ズなどを展開。
何が凄いかというと80年代に「ミニベロの時代が来る」と予想していた
点です。
泥除けは、ついていないご様子。サドルはよりスポーティなホワイト
カラーになっています。


DVC00416.jpg
DVC00415.jpg
フレームやハンドルの降りたたみ部分も、ガタつきが少なそうですね。
価格は43800円と出ています。
万人向けのまったりモデルですが、タイヤもブリヂストンですから
けっこういいのを使ってくるので、コストパフォーマンスは高い
のでは。
実売価格はいくら位になるんでしょうね?

価格が安いけど、信頼性が高いのがスニーカーライトの醍醐味
ですから。
(´・ω・`)……うーん。


2011年06月20日 トラックバック(0) コメント(0)

マリン商事 まわしてチャージ 充電丸  ペダルを回して充電

7003000010-0001.jpg
(´・ω・`)……今、我が家で購入が検討されている、足こぎ型
充電マシーンです。

LEDライト付きの鉛電池に、ペダルで充電可能。

充電丸で充電した電気は、携帯電話、CDプレーヤー、ipod、MP3、MP4、
デジタルカメラ、シェーバー、ノートパソコン等々100W以下の電化製
品にご使用頂けます。

うーん、かなりありがたい充電システムですね。
3.11の時は、2時46分から3日間以上電気が使えなかったので。

そういえばあの時は、ラジオとご近所ネットワークでなんとか情報収
集が出来ましたが。

8~10時間の運動で約100w/1h分充電可能。


(`・ω・´)ぶっちゃけ自転車乗りの為の、充電システムですね!

フル充電で LED5灯→72時間  9灯→40時間
昨夜のTV番組でご覧になられた方も多いのでは。

7003000010-002.jpg
AC、DC、USBに充電可能。
今なら扇風機やノートパソコンにも使えるのでは。
20型液晶テレビならなんとか使用可能。
ブラウン管TVはNGです。

そう言う意味では、照明やデジタル機器、通信機器のバックアップ
用に使えますね。
あ、そうか……我が家はノートパソコンなので、これで回して
電力を供給すれば、エコにブログ更新が出来ますね。

7003000010-06.jpg
鉛蓄電池は、持ち運び可能なので意外に機動力があります。

7003000010-7.jpg
( ;゚ω゚)……ちなみに、まったりペダルを回して充電するタイプ。
皆さまの強力なペダリングだと、壊れる可能性もあるので、まったり
長時間充電される方がよろしいかと。


2011年06月19日 トラックバック(0) コメント(0)

GIANT IDIOM 1(ジャイアント イディオム1)をだらだら眺める

DSCN40021.jpg
( ゚∀゚)いいなあ、GIANT IDIOM 1
ロードの様な弓なり軽量アルミフレームに、20×1インチの高圧タイヤ
を履いているのがポイント。
最近451サイズのタイヤを履かせるミニべロが増えましたけど、これは
よりスピードを追求したタイプ。
否が応でも、タイヤから素敵な音が聞こえてくるのが魅力的。


トップチューブを低くすることで、誰でも乗りやすい設計にしたことが
ポイントだと思います。
重量はわずか9kg台。
これだけ、軽いとマンションやアパートの部屋の中にも容易に運べます。


(`・ω・´)ところで、昔から不思議だったんですけどこういった20インチス
ピードミニベロはハンドルを折り畳むタイプが多いです。
やはり収納性を意識しているのでしょうか?

実は乗りずらそうに見えて、こういったモデルはとても乗りやすいという
長所があります。ハンドルのふらつきも、16インチサイズのミニベロと比べ
るとかなり小さいですし。
その上、スピードが乗ってきた時の安定度もいいので、結構長距離向きな
点もチェックしていいと思います。
コンポーネントはシマノSORA。クランクは Aluminum 42/52T 165mm

DSCN4004.jpg
ハンドルのステム部分を折り畳む機構になっています。
他の部分は折り畳めませんが、逆にそのおかげで折り畳みミニベロながら
ガタ付きが抑えられています。
700Cロードバイクのテクノロジーをそのままミニベロに採用しただけ
あって、かなりロードに近い走りが楽しめます。

DSCN4003.jpg
クイックリリースなので、前輪も取り外し可能。
この手のスピードミニベロは輪行に使うと、かなりの機動力
を発揮します。
到着した駅から、瞬時に組み立てて更に遠方へ移動可能。

本当は実に、万人向けで乗りやすく使えるモデルだと思いますが
見た目のスポーティさゆえに乗り手を選んでしまう場合もあるかも
しれません。

(´・ω・`)……スピードミニベロの中でも価格は6万クラスと、
圧倒的なコストパフォーマンスを誇ります。
とりあえず、スピードミニベロを手にいれたい方はイディオム
から入っていてもいいのでは。

自転車のきゅうべえ

2011年06月18日 トラックバック(0) コメント(0)

2011 RALEIGH BROAD MARSH Classic(ブロードマーシュ クラシック) BDC

img57588706.jpg
 (´・ω・`)……ラレーブロードマーシュ・クラシックは随分仕様が変わった
んですね。サスペンションフォークからリジットフォークへ変更。
(2011モデルのブロードマーシュ・クラシックはテーマの中に軽量化という
のがあったそうで、フロントフォークはアルミになっています)

価格は非常に安いのに、やっぱり品質が極めて高いラレー。
コンポーネントはハブやBBなどまで、シマノ製で統一されているので、走っ
てみると非常に滑らかというか上質の走りが楽しめます。

ブロードマーシュ・クラシックありがたい事に泥除け&ディスクブレーキ
(メカニカル)を採用。
価格ギリギリで、とにかく品質のいいパーツを使用しようと苦心した跡がう
かがえます。

重量も確か13kgから11kg台に軽量化にも成功。
せっかく軽量になったので、タイヤサイズも700X32Cと適度な太さのサイズ
になりました。
(更に耐パンク性を狙った38Cサイズという選択肢もあった様ですが)


日常で使う通勤用を想定して、スタンドと前後にフルフェンダーがついてきま
す。

MTB系コンポフロント3枚/リア8段で24段変速。
あらゆる地形に対応できすね。楽に坂道を走れますし、それなりに平地におい
ても速度を出せるのもポイント。

img57588718.jpg
なんとブロードマーシュ・クラシックのステムは軽量な中空鍛造。とことん
軽量化を狙っています。

スポーティな角度の低いものがチョイスされているが、5・10・15mm計30mm
のスペーサーで、ハンドル高さセッティング可能(公式HPより)

走行時の扱いやすさ+長年愛されてきた英国風のデザインにこだわった形状
をしています。

img57588709.jpg
グリップもレザー風。
フロントにバスケットを付けても、なかなか上質なデザインが楽しめる
のが面白い。
img57588710.jpg
MTBにも採用されるディスクブレーキを採用。
あらゆる天気に対応出来る制動性と、
ブレーキによるリムサイドの磨耗と汚れの防止を
狙ったとか。
やはり、毎日使う方の日常性を考慮して、ディスク
ブレーキを採用した模様です。

フォークはアルミエアロブレード
img57588713.jpg
フレーム Aluminum TIG Welding

img57588716.jpg
クランク SHIMANO FC-M361 48-38-28T 170mm
震災時以降、悪路走っていると初めてフロントトリプルの凄さを
体感しました。

img57588711.jpg
サドル VELO Classic-Sport RALEIGH-spec


(´・ω・`)やっぱりブロードマーシュ・クラシックは低価格ながら、
かなり日常で走る必要に迫られたユーザー目線で作られているク
ロスバイクだと思います。

2011年06月17日 トラックバック(0) コメント(2)

iriver CaroNavi M3(カーロナビ) アニメ声優が、あなたの自転車をナビゲート?

p_img2_01.jpg
stand;

(´・ω・`)結構リーズナブルなタッチパネルナビゲーション
CaroNaviです。

どちらかというと、カーロナビは自動車用のナビシステムです
が自転車も使用可能。
まあ、別売りの専用アタッチメントを用意する必要がありますけど。

137gと軽いので徒歩でもOK
車や自転車、徒歩に使い回しが出来ます。
もちろん自転車モードを選択すれば、細街路も含め、一方通
行や道路の幅員に関係なくルートを検索。

あkdsd
( ;゚ω゚)……なんと、音声切り替え対応。有名声優があなたの自転車
をナビゲーション。
自転車に乗りながら、アニメ声……
色々な意味で、かなり面白いナビシステム。
一応音声データーは有料でダウンロードしなくてはならないみたい
ですが。

※音声データは、一部を除き有料となります。
ダウンロード、料金や機能についての詳細はMAPLUS OFFICIAL SITEをご覧ください。
id.jpg
闘魂ナビとかいうのもあって、アントニオ猪木があなたの自転車をナ
ビゲート。
これも有料ダウンロードみたいですね。
しかし、渋い……。

まあ、バッテリーが2時間しかもたないので、街乗り用のナビゲーション
システムという事になりますけど、やはり2万クラスで買えてしまう
というのは魅力的。

部屋で、音楽、動画も楽しめるのでお得と言えばお得。
サイズもコンパクトなのでクロスバイク~ミニベロまでお気楽に
使えるとは、思います。



こちらが、専用マウントキットです。

2011年06月16日 トラックバック(0) コメント(0)

2011年モデルKHS F-20RC  カラーリングとデザインに力が入っています

11_khs_023570_06_L.jpg

(`・ω・´)あーろーはー
なマンゴーイエローKHS F-20RCです

やっぱりハイドロフォーミング式一体ロゴをが目立ちますね。
(賛否両論みたいですが)
クロモリフレームに、カーボンフォーク。シフターにバーエン
ドコントローラを搭載したハイ
ブリッドモデル。

見た目は堅そうですけど、かなり乗り心地がいいので長時間
時速30km位の速度を出したい時は、最高のミニベロです。

走行性重視のモデルですが、2011モデルはホワイト、ライム
イエローカラーとビジュアル重視。

ミニベロながら、ロードに近い……というよりミニベロ離れした
安定度とコントロール性の高さはやっぱり強力。
ロードバイクを所有されるオーナー様が、同時に F-20RCを
購入されるパターンも多いです。
そういえば、ロード乗りの方は前傾姿勢が慣れているので
KHSでもすんなり入り込めそうですね。

低速でもかなりの安定度ですが、速度を出した方が更に安定
するのも面白い……ほんまにミニベロ離れしている走行性能
なのですが、カラーリングも今年は注目です。


11_khs_023570_07_L.jpg
このホワイトカラーリングもいいですね。
本当に2011モデルのミニベロは各社カラーリングに力を
入れていますね。

11_khs_023570_01_L.jpg
何気に、このライムカラーが好みです。
どちらかというとKHSというと、ブラックカラーな
質実剛健さが魅力でしたが。
POPになりました。
11_khs_023570_09_L.jpg
PTショートブルホーン
このバーエンドで変速するのも、結構好きなのですが。

11_khs_023570_10_L.jpg
カーボン、アルミステアラー
タイヤはPTケブラー 20X1.35 Black/Blackskin

11_khs_023570_03_L.jpg
2011モデルの特徴としてハイドロフォーミング式一体ロゴが採用されました。
KHSのロゴが浮き上がっています。

フレームはReynolds500クロモリ
11_khs_023570_04_L.jpg
クランク シマノTiagra FC-R450 52/39 170mm


11_khs_023570_02_L.jpg
ソフトテール構造のチェーンステーは面からの衝撃を適度に吸収。
どちらかというと、細かい振動を吸収してくれる感じ。
ペダリングの際、あまりパワーは逃げないかなあ。


11_khs_023570_05_L.jpg
リアディレーラーにシマノソラ
親切な補助スタンド付き
11_khs_023570_11_L.jpg
サドルはSanmarco Ponza A010C 008
(´・ω・`)……そういえばKHSの紹介も久々。

2011年06月15日 トラックバック(0) コメント(0)

khodaa bloom コーダーブルーム 2011モデル Rail-CS-mini(レイルCSmini) 8Speed 

42360000007_08.jpg
(´・ω・`)とにかく、充実したパーツ構成が素敵なミニベロです。
ベル、リフレクター、キックスタンド、ポリカーボネートフェンダー、
前キャリア、フロントバッグ……更にLEDライトですよ。

ハンドルもブルホーンバーのレザー風仕上げで、見た目もいいですし
その上、サドルまでレザー風。

ホダカの若手社員様がプロデュースしているだけあって、かなり
乗り手目線で作られたミニベロですね。

以前何度か試乗した時に思ったのですが、コーダーブルームの
ミニベロはタイヤが太め&ホイールベースが長いおかげでとても
乗りやすいモデルが多いです。

スポーツ性が高いというより、日常性が高いというか。
普通ブルホーンバーのミニベロというと、スポーツ性が高かったり
シングルスピードだったりするのですが。
あえて、安定感のあるブルホーンバーと太めのアルミフレームを
組み合わせているのが、ポイントなのかもしれません。

結構、荷物とか載せて移動される方には、このレイルCSモデルがいいのでは。
安定感と、乗りやすさにかけては、他のスポーツ系ミニベロにも引けをとらない
のは間違いありません。

42360000007_06.jpg
レザーパーツ、ホワイトカラーケーブル、フロントバッグなど、いきなり
ついてきますね。
見た目も、かなりいいです。
ここからカスタマイズするのも楽しいのでは。

42360000007_07.jpg
ハンドル アルミブルホーンバー 25.4mm径 440mm幅
42360000007_09.jpg
なんと、ステムはアルミアジャスタブル。
角度調節可能。

42360000007_04.jpg
小さいフロントバッグ付き。
女子仕様。

42360000007_13.jpg
いきなりフロントキャリア付き。
かなりお財布に優しいモデル。

42360000007_05.jpg
ストレートフォークに、タイヤはKENDA KWEST K193 20x1.25インチ
20インチミニベロ

42360000007_03.jpg
クランクはプロホイール 52T 
裾汚れ帽子のカバー付き
42360000007_10.jpg
ブレーキ SHIMANO BR-M422
42360000007_02.jpg
コンポはSHIMANO アリビオ
8段変速
42360000007_00.jpg
キックスタンド付き
42360000007-l3.jpg
サドルはkhodaa bloomオリジナルデザイン。
コンフォートタイプ。

(´・ω・`)そういえば、久しぶりにコーダーブルームを紹介した
様な。
やっぱり、ここまで浸透してきたのも、作り手にきちんとした
理念があったからだと思います。




2011年06月14日 トラックバック(0) コメント(0)

EUROBIKE BULLITT (ユーロバイク ブリッツ)

product_BUclockL.jpg
( ;゚ω゚)……EUROBIKEが販売する、驚異の運搬用自転車BULLITT。
なんと、ハンドルの前の台座に荷物を積載可能。
運搬能力はなんと、100kg!

生産国はデンマーク。
ディスクブレーキ、内装変速を搭載した働く為の自転車。
モデルによっては、コースターブレーキ搭載。
実際に、日本の各所で働いているので目にした方もいるのでは。

ハンドル部分と前輪部分がつながっているので、前輪を操作して
カーブします。

ああ、凄い欲しい。
飲料水を10kg&食料品を自転車で運搬しているので、100kg
一度に運べるというのが神すぎます。
ペットボトルなら、50本いけますよ!
更に、ひたすら長いホイールベースも重量物を運ぶ際に安定感
に寄与します。


段ボールももちろん積載可能。しかも、機動力もなかなかのもので
結構な速度を出せます。
更に驚くべき事に、アルミフレームのおかげで重量はなんと20kg台。
ママチャリ並み。

スタンドもしっかり下部に取り付けてあって、荷物を積んだまま
自立が可能。
これなら道路が渋滞していても、すんなり移動出来ますね。
(公園で子供を乗せて遊んでいるおじい様もいるとか、いないとか)




sdhd.jpg

何気にオプションも強力で、メイドイン デンマーク Wiberg社製
鍵付きアルミボックスを荷台に取り付けたり、お子様を安全に荷
台に乗せられるサイドボックスなどもあります。

( ゚∀゚)いいなあ。
MTBだと、どんなに頑張っても個人的に15kgで悲鳴を上げますが
BULLITTなら100kg運搬可能……自動車必要無くなりますね。

もしかしたら、10年後の日本において物流の主役になっていたら
面白いのでは?


Wiggle GTセール最大50%OFF

2011年06月13日 トラックバック(0) コメント(0)

billion LIONEL(ビリオン リオネル)  ( ゚∀゚)ロウ焼き跡が面白い!

lionel-cvm.jpg

(´・ω・`)……いさみや自転車館の小山寛氏が展開するミニベロメーカー
「ビリオン」が展開するフラグシップモデル「リオネル」です。
価格的にはリーズナブルですが、なかなか品質のいいミニベロを展開
しております。
特にこのリオネルというミニベロなんですけど、ちょっとバーン
クリアーカラーが面白くありませんか?

何がおもしろいかって、クロモリフレームのロウ付けの焼き色が
そのままカラーリングとして生かされているのが、ちょっと新鮮。

またずは防塵・防水効果に優れた、シールドベアリングの密閉型ハブ
を前後に。出来るだけ、ゼロスタートが軽くなるように、設計されて
いるとか。

前輪には放射状にスポークを組み上げるラジアル組み。
後輪は、負荷がかかるのでタンジェント組み。
最大11:58丁の高いギア比。
フロント、リアディレーラーにはシマノティアグラ。
車重は9kg台と、何気に軽量化にも成功しています。
生産は台湾。
原宿の表参道や、吉祥寺などのユーザーに愛されているのも
特徴といえば、特徴。

リーズナブルだけど、結構走りに重点を置いていますね。
どうもフルカーボンモデルの展開も企画中だとか。
新興メーカー様ですが、ちょっと注目していいと思います。
lionel-cap-1.jpg
フレームもフォークもクロモリ
lionel-cap-2.jpg
lionel-cap-3.jpg
フロント・リア TEKTRO R530 Wピボットキャリパーブレーキ
lionel-cap-5.jpg
焼き跡が、実にユニーク。
lionel-cap-4.jpg
ああ、こんな所にも焼き後が。

lionel-cap-6.jpg
(´・ω・`)……なぜか焼き色を見ていると、さんまを食べたくなります。
もちろん、一台一台、焼き跡が違うのも、リオネルの醍醐味。

2011年06月12日 トラックバック(0) コメント(0)

2011 パシフィックサイクルズ 折り畳み三輪車キャリーオール3~Pacific Cycles Carry-All III(8インチ) 折り畳み式三輪車

11cmall3sdf-c.jpg
(´・ω・`)……折り畳み型三輪車のパシフィックサイクルキ
ャリーオール3が、いつの間にかドットカラーが入りスタイリッ
シュに。

本当にいつ見ても、楽しそうな三輪車ですね。
一応シングルスピード。
フレームは軽量化の為にアルミ7005を採用。車重は
約10.16kg。

耐加重は75kg

どちらかというと、折り畳んだ後にキャリーオール3
は本領を発揮するモデルです。

11cmfdgdl3-c.jpg
降りたたんだ後にカートの様に、移動可能。
後の二輪がまるで、旅行用アタッシュケースの車輪の様な
働きをしてくれます。
確か、折り畳んだ後のフレームにバッグ類をくくりつけて
移動される方もいるとか。
収納性も良くて、立てかけたままで保管可能。
デザインもスタイリュシュなので、玄関に置いていても見栄えが
すると思います。

シフィックサイクルズの設計思想はとても変わっていて、
瞬間的に折り畳めるミニベロや、折り畳んだ後に使いやすい
このモデルなど、ひとひねり効いたモデルが多いです。

タツタルーガとかルイガノとか、ビアンキなどのOEMモデルを
数多く出していますが、シフィックサイクルズから直接買った
方が、リーズナブルに変える場合も。




CarryMe-DC-01.jpg
ところで、最近パシフィックサイクルは本国で電動アシスト
モデルを展開している模様です。

その内に日本でも出るのでしょうか?
極小径の電動アシストモデルというのも、凄いですね。

CarryMe-DC-02.jpg
面白い事に、電動アシストモデルながら折り畳み可能。
うーん。
ちなみに12kgの車重に抑えている点が凄いですね。

2011年06月11日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 Bianchi Sempre Limited Edition Matte Black (2012ビアンキ情報)

2012-bianchi-sempre-.jpg

こ、これが2012Bianchi限定モデル???
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブルかっこいい。ブラックがメインのビアンキ
が心に染みます。
 
2012モデルSempreロードバイクモデルのマットブラックカラー
US限定モデルの模様です。
米国限定という事は日本に入ってくるのでしょうか?
ビアンキから認可を受けた、米国正規ディラーが数量限定で展開
するとか、英語で書いてありました。
という事は、正規品としてみなさない方がいいのかなあ?
うーん。



コンポはSRAM Redの10速モデル。2011モデルのSempreだとアルテグラ
と105モデルがありましたね。
BB30を採用。日本でも、案外こっそり入って着たら面白いですね。
先日うろちょろした、ビアンキ表参道店でも、海外のビアンキ限定
モデルをいくつか拝見しましたし。

それにしても、ブラックカラーにチェレステのストライプカラーが
いいなあ。

2011年06月10日 トラックバック(0) コメント(0)

大特価情報 ビアンキ 2010JAB7300が77000円

e-ハクセン楽天市場様で人気企画”数量限定大特価セール”
がいつの間にか始まっていました。
ちょっと驚いたのですが、ビアンキモデルがセール価格で
登場です。

img10634672916.jpg
なんと、ビアンキMTBモデル JAB7300が115500→77000円
円でセール特価の模様です。

SHIMANO NEW DEOREコンポ+SHIMANO油圧ブレーキ搭載なのに
7万……やっぱりこの時期は、狙い目ですね。
まさか、ビアンキMTBが出てくるとは思いませんでした。

img56327068.jpg
ヽ('∀`)ノ ………………その代わり2010モデルですけど。個人的に
はやっぱりよだれが出ます。
7万ですからね。
チェレステカラーじゃないから、セール価格になったのでしょうか?


img57368880.jpg
あともう一台気になったのが2011モデルFELT(フェルト)Z100
94290→77143円に。

(´・ω・`)……SHIMANO 2300搭載、リア8速アルミフレームにフロント
カーボンモデルです。
さすがに、2011モデルなので値引きは派手ではありませんがそれでも
7万クラス。
いいなあ。
ビアンキもFELTも残り1~3台程度の在庫しかないので、気になる
方は急がれた方がいいかも。
img57161135.jpg

そういえばどこかのショップでビアンキカメレオンテが、なぜかこの
時期在庫に残ってしまったらしく、ライト、空気入れ、鍵、その他もろもろ
がついてきて、絶句する価格で売られていたのを思い出します。

ショップめぐりすると、結構美味しい時期かもしれませんね。
もっとも、2012モデル情報がどんどん出てくたりして、また悩ましい時期
でもありますけど。


(´・ω・`)……電動アシスト自転車まったり選び という、怪しげなサイトを始めました。
不定期更新ですが、2012年あたりから本格的に運営すると思いますので、どうぞ
よろしくお願いします。
来年あたり、取材しなくては。

2011年06月09日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 BRUNO SKIPPER ROAD 20(ブルーノ スキッパーロード20) デザイン大幅変更

img58136293.jpg
2012 SKIPPER ROAD20のデザインがまた変更になっています。
あれ、フレームがやたら太くなっていますね。
2010モデルは、フレームが細かったのですが。なんというかタフ
になっています。
大胆な……剛性重視のクロモリクレームですね。
2009モデルは、メタルプレートがトップチューブについていたりしました
けど。
あえて、男性向けのデザインに変更したのでしょうか?
なんというか、出始めの頃のブルーノみたいなんですよね。カラーリングが。
かわいいというより、カッコよさがきている様な。
ステムあたりが、ブラックカラーになっていますし。
ミニベロ20ロードって、モデルがあるじゃないですか?
あれをフラットバー化したみたいな。
コンフォート系だったのを極力殺して、渋く仕上げてきた物です。
いいなあ。エメラルドカラーに変更して大成功じゃないですか?
コンポにSHIMANO 2200、グリップシフト、またタイヤの径などの
サイズは特に変更はない模様です。

( ;゚ω゚)……ところで……BRUNO MINIVELO16" ROADって2012モデル
を見かけないのですが……
 まさか、廃番??
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル 

img58136294.jpg
SHIMANO社製のREVO SHIFT
ほんまに、ハンドル周りがブラック化していますね。

img58136290.jpg
あ、ケーブルも渋いブラック。
なんだかスキッパーロードが独自の路線に動いている様な。
img58136289.jpg
ん?
(`・ω・´)……ホイールもブラック化
クロモリフロントフォークも、渋いブルー~
img58136288.jpg
ダウンチューブが確かに太くなっていますが
エメラルドカラーのおかげで爽やかに。

img58136286.jpg
シングルの53Tクランク
徹底的にブラック
img58136287.jpg
ベントしたシートステーだけを見ていると以前のミニベロ20ロード
みたいですね。

img58136292.jpg
タイヤ 20X1.50
ホワイトカラーから、ブラウン系に変更になっていますね。
ブレーキはカンチブレーキ。
img58136285.jpg
出来れば本生産品もこのカラーリングでいって欲しいです。

2011年06月08日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 BRUNO VENTURA FLAT(ブルーノ ベンチュラフラット) ターコイズグレー

img58136433.jpg
(`・ω・´)……BRUNO VENTURA FLATの2012モデルに、またしても
ターコイズカラーが登場。しかもターコイズグレーというカラーで
ちょっとシックな印象。
クロモリトラスフレームを見ていると、2011モデルよりも径が変化している
のが分かります。
なるほど、VENTURA FLATもダウンチューブを太くしてフレーム
剛性を強化しているですね。
しかも、クロモリトラスフレームの見た目に、メリハリがあって楽しいです。

チェーンステーも長くとっていますね。
うーんクロモリ。
ラピッドシフターやコンポにSHIMANO R2300を採用。このあたりの
変更はないですね。

街乗り用との事ですが、結構な距離もいざとなったら走って
くれそうです。

それにしても、いざ買うとなると悩みませんか?
シマノ105 コロンバスのチューブを採用したBRUNO VENTURA limited edition
か。(18万)
それとも、NEW TIAGRA搭載を搭載したリア10速モデルBRUNO VENTURA T
か。(11万)
あえて、お気楽なVENTURA FLATか。(6万)

 ( ;゚ω゚)……なんだか、凄い価格に開きがある様な。こ、これは悩みますね。
でも6万でも、VENTURA FLATなら結構頑張ってくれそうじゃないですか?
img58136437.jpg
グリップにレザーを使用するという姿勢は健在。
ケーブルもホワイトカラーですね。
シフターにラピッドファイヤータイプ
img58136438.jpg
あ、ヘッドバッジの上下に白のストライプが。
2012モデルグラフィックスの特徴。
img58136436.jpg
うーん、ダウンチューブが太くなって、やっぱり見た目がいい。
クロモリトラスフレームでフラットバーミニベロ。
img58136434.jpg
ポリッシュのクランクを採用。クランクは53/39T
普通に遠乗りもいけるでしょう。
img58136439.jpg
20X1.50のタイヤ
img58136435.jpg
サドルはレザー風コンフォートサドル。
(`・ω・´)……このあたりがVENTURAシリーズの特徴。
BRUNO VENTURA limited editionはブルックスサドル
VENTURA Tはロード風サドル
とりあえず、サドルが一番2012モデルVENTURA シリーズ
の特徴を一番表現しています。

2011年06月07日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 BRUNO ROAD MIXTE(ブルーノ ロードミキスト) カラー スモーキーパープル

img58136213.jpg

(´・ω・`)……2012モデルの BRUNO ROAD MIXTEをざっくりみたんですけど
随分とダウンチューブが太くなったんですね。
2011モデルは、クロモリフレームらしい細さでしたけど。
剛性を強化したかったのでしょうか?
確か、2012年モデルのテーマが「旅」だったので、関係
あるのかな。

そういえば、2011ベンチュラはチェーンステーが長くなっていました
けど徐々に進化していますね。

一応街乗り重視で、あちらこちらを気軽に走る為のモデル。
乗り降りしやすい、ミキストフレームなのでスーパーマーケットを
はしごするのに最適です。
(意外に、買い出しに行くと乗り降りに体力がいりますものね)

また、手軽に変速が出来るようにHIMANO社製のREVO SHIFTを採用。
ブルーノシリーズの中で、一番扱い易いモデルといえばこれではない
でしょうか?

あと、このカラーリングについてですけど「スモーキーパープル」
が大変好み。
「スモーキーブルー」もいいのですが。
デザイン的には、何気に成功している街乗りモデルなのでは。



img58136223.jpg
フラットハンドル、ブラウングリップを2012モデルにも採用
してきましたね。

img58136221.jpg
ヘッドバッヂの上下に、白いラインをもってきたあたりも
2012モデルの特徴の一つ。
img58136220.jpg
WEINAMANN性のオリジナルリムを採用
クロモリフォークです。
20X1.50のタイヤサイズなら、手にかかる負荷(振動)
も和らげてくれそう。
img58136219.jpg
ダウンチューブが太めですね。
2012モデルの特徴の一つ。
img58136207.jpg
ミキストフレームを採用
乗り降りしやすいですし、デザイン的にも成功しています。
img58136217.jpg
クラックは53Tと大き目のシングル。
裾対策もOK

img58136218.jpg
シートチューブのデザインが凝っていますね。

img58136222.jpg
8SPEED
シートステーもベント気味

img58136212.jpg
サドルはレザー風街乗り仕様。座りやすそう。
やっぱりグリップを見てもコンフォート系重視の姿勢。

あと気になった点は、ケーブルがホワイト気味にカラーコーディネート
されている点でしょうか?

やっぱりデザインは結構良くなっていますね。
変わっていないようで、結構進化しているミニベロではないかと。

2011年06月06日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 BRUNO 700C tour SOLO 105 (ブルーノ 700Cツアーソロ105)

img58151336.jpg
 ( ゚∀゚)なんとブルーノ700C tourからシマノ105搭載モデルが出ますよ。
しかも変速はWレバーじゃなく、STI化。
どうも、高速走行とロングライドを強化したモデルで、より走行性能が
期待できそうです。
コンセプトは「旅」と「移動」らしいのですが。
ブレーキも、カンチブレーキをシマノ105キャリパーブレーキ
に変更。
本当に走行性や制動性を強化していますね。
へー。

タイヤのサイズも700 X 32C→700x23cに変更。

で、変更がない点といったらフレームにREYNOLDS520クロモリバテッドチュービング
を使っている点ですね。

 (´・ω・`)……あせって、価格を調べたら12万程度。
初めてロードに挑まれる方に、お得なスペック&高品質デザインロードではないで
しょうか?

とうとう、ロードバイクの分野にもブルーノが殴り込みをかけてきた訳でありますが。
Brunoは勢いがありますね。
レトロ感のあるレザーパーツを消し去り、出来るだけスポーツ性を高めたホワイト
カラーに変更してしたあたり、ちょっと面白いです。

なんとなく英国風にもみえますね。デザイン買いしても損はしないはず。

img58151332.jpg
ホワイトバーテープにホワイトサドルがいいですね。
本当にデュアルコントロールレバーになっています。
img58151334.jpg
補助ブレーキレバーは健在。
ブレーキはシマノ105


img58151328.jpg
フォークはORIGINAL クロモリチュービング


img58151333.jpg
WEINMANのオリジナルポリッシュリンクを搭載
この辺りはブルーノっぽい
img58151331.jpg
REYNOLDS520クロモリバテッドチュービング

img58151330.jpg
img58151327.jpg
まさか、フル105搭載してくるとは。
頑張っていますね。
img58151326.jpg
700x23cとスポーツ性重視の太さに。

img58151335.jpg
リア10速ですものね。
うーん、お得。

img58151329.jpg
( ゚∀゚)……やっぱり走りたい方の為のモデルですね。
価格を抑えてきた辺りにブルーノらしさを感じます。
結構あちらこちらで、注目されているのも分かります。意地でもカーボン
パーツを使ってこないあたりも、やっぱりブルーノ。

2011年06月05日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 BRUNO MTB tour(ブルーノ MTBツアー) MTBツーリング用

img58148196.jpg
2012モデルより登場の、BRUNO MTB tour。
ヽ('∀`)ノ 細いクロモリフレームのMTBツーリング用モデル!
コンポーネントがロードのSHIMANO 2300ですね。
ああ、MTB系コンポではなく、ロード系コンポですか。
フラッバーロードに、タイヤを太くした印象を受けます。

Tourという名称から、ツーリング用とかにつかうのにいいのかなあ。
フロントとリアに(オプションで)キャリア―が付いているんですけど
バニアバッグとか取り付けると、面白いかもしれませんね。

最近バニアバッグをリアに取り付けて走っているんですけど
やっぱりバランスとか考えると、どうしてもタイヤは太いほうが
バランスがいいですね。
(結構低速で走る事になるけど、それはそれで楽しい)

本格的なMTBの様な使い方は無理かもしれませんが、平地などで
走る分にはこんなに楽しいモデルはないかもしれません。


うーん、やっぱり太いタイヤを履かせたフラッバーろーどに見えて
しまう。

(´・ω・`)……実はBRUNO 2012モデルで一番気に入ったモデル。
買い物用に使いたいなあ。
被災地でも、十二分に活躍しそう。
「運搬」用だけど、これだけ鮮やかなデザインなMTBも珍しい。

img58148213.jpg
SHIMANO社製のREVO SHIFTを採用
誰でも容易に変速操作が可能ですね。しかも
レザー風グリップが、萌えますね。
img58148214.jpg
やっぱり、フロントキャリアーも取り付けたい所。

img58148212.jpg
3ピースストレートリジットフォークを採用

あ、個人的にサス付きよりこっちの方がいいです
img58148216.jpg
SHIMANOワイヤータイプディスクブレーキを採用
WEINMANN オリジナルリム

img58148211.jpg
Raynolds520 クロモリバテッドチュービング
img58148215.jpg
SHIMANO r2300を採用した24段変速
img58148210.jpg
やっぱり、リアキャリアーも取り付けたい所です。

img58148208.jpg
26X1.95のタイヤを搭載
やっぱり、平地でツーリングに使う分には最高に使えそうなタイヤサイズ
img58148209.jpg
(´・ω・`)……MTBツーリングに特化したジオメトリーとハクセン様
のページに紹介してありましたけど、納得。
個人的に応援したいモデルです。

2011年06月04日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 BRUNO MINIVELO20 ROAD(ブルーノ ミニベロ20ロード)カラー ターコイズグレー

img58136348k.jpg
さて2012年モデルBRUNO MINIVELO20 ROADについてですが
ターコイズグレーというカラーとアールグレーカラー
の2色展開。

ヽ('∀`)ノ ワーイ ターコイズカラーが2012モデルも出たー 
やっぱりターコイズカラーは人気なんですね。
完全に、このカラーが定番化しています。
カラーリングに関してなんですが、どちらかというと明るいカラーを
前面に打ち出していましたが、2012モデルはより上品な雰囲気になっ
ている気がします。


サイズは以下の三つになります。
(気になる方は、メーカー様かショップにご確認を)
460mm:150cm~170cm
510mm:165CM~180cm
540mm:175CM~190cm


2011モデルは510mm:163CM~と一種類だけのサイズ展開
でした。
確か……たまに、限定モデルという形で540mmサイズが出ていましたよね?
これなら、更に幅広く乗れる方が出てくるので嬉しいですね。

コンポはSHIMANO 2300です。
変速が楽しいWレバー採用なので、個人的に嬉しいです。


img58136356.jpg
コルクのバーテープは健在。補助ブレーキもしっかり
ついていますね。

img58136355.jpg
このターコイズグレーは、なかなかお上品。
ヘッドバッヂ上下のホワイトラインデザインも定番

img58136354.jpg
WEINAMANN性の美しい輝きを放つオリジナルリムを採用
カンチブレーキ

img58136357.jpg
で、どうやらWレバーの位置は2011モデルと同様の位置に
なる模様です。
やっぱり、ヘッドチューブ位置よりもこの位置の方が
評判が高かったのでしょうか?
ハンドル位置から近いですものね。
img58136352.jpg
REYNOLDSクロモリフレーム
色の乗りがいいですね。

img58136351.jpg
ポリッシュのクランクを採用。クランクは53/42T

img58136353.jpg
F/SHIMANO FD2300BS 
img58136349.jpg
R/SHIMANO RD2300
カセット Shimano HG-50 11-25T 8s

img58136350.jpg
サドルを見て思いますが、やっぱり街乗りで使いたいですね。


2011年06月03日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 BRUNO VENTURA T(ブルーノ ベンチュラTカラー:マットダークグレー)

img58136452.jpg
img58136453.jpg
とうとうNEW TIAGRA搭載モデルが登場してきましたね。
( ;゚ω゚)……ん? ん? BRUNO VENTURA Tにいきなり採用とは……

えーっと、ミニベロでNEW TIAGRAは数多く使われているので
このままですと、リア10速化の流れが一気にきますね!
GIOSやルイガノのミニベロにも、採用されるのかしら……
楽しみ……。
11万クラスで、リア10速のミニベロが手に入るという感覚が
まだ慣れないというか……凄い時代になったというか。

トラスフレームが素敵なVENTURA Tには、ハブを覗いてほぼNEW TIAGRA
で固めてくる模様です。
ちなみに、カラーリングの名前はマットダークグレー。なんとなく
アーミー色な気がしませんか?

リアセンター(チェーンステー)の長さを多めにとって、よりロングライドにも
強くなっているのも2012モデルの特徴の一つ。

ホイールサイズの変更はなく451ホイールでいくそうです。

にしても、かっこいい。
スイス軍自転車小隊とかあったら、普通に走っていそうな感じがしますね。


img58136462.jpg
シフターもSHIMANO NEW TIAGRA
デュアルコントロールレバー。

img58136461.jpg
これがNEW TIAGRA……なるほど

img58136458.jpg
あー、ヘッドバッジとかカラーリングを見ていると、本当に
アーミー色高め。

img58136460.jpg
ブレーキもSHIMANO NEW TIAGRA
フォークもクロモリ
img58136457.jpg
クロモリトラスフレームの溶接跡もとても綺麗ですね。
クロモリフレームとマットダークグレーとの相性も、なかなか。

img58136459.jpg
クランクもSHIMANO NEW TIAGRA

img58136454.jpg
Shimano NEW TIAGRAのおかげで20speed仕様。
どれだけの変速性能をみせてくれるか。
img58136456.jpg
さり気ない所にスイスの国旗ロゴが。

img58136451.jpg
451ホイールを搭載。
(20X1 1/8のタイヤ)
img58136455.jpg
さすがに、サドルもロード風。
街乗りに使うなら、6万クラスでベンチュラフラットというモデルも
ありますので、色々2012モデルも選べますね。

2011年06月02日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 BRUNO VENTURA limited edition(ブルーノ ベンチュラ リミテッドエディション) 限定15台

img58136475.jpg
とうとう、2012BRUNO登場ですね!

なんだか、いきなりベンチュラから限定モデルという形で、
登場です。

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブルなんだか、凄すぎ……
その名もVENTURA limited edition。
なんと、コロンバス社のオリジナルチューブを採用した、ちょっと
贅沢なモデルです。

やばい位、仕上がりが良いですね!
(ハンドメイドスムースウェルディング仕上げのRawカラーフィニッシュのフレーム)

コンポーネントもシマノ105をフルで搭載。
変速はデュアルコントロールレバーです。Wレバーではありません。

サドルや、バーテープはブルックス社製のおかげで、ちょっとレトロな
雰囲気が出ていますね。

乗りたいなあ、コロンバス社のクロモリフレームを採用したモデルは
どんな乗り味なんでしょう?

15台限定生産モデルと言う事ですが、これは分かります。
おそらくフレームも手作業で仕上げているので、相当な手間がかかって
いる分、大量生産は難しいと思われます。



img58136464.jpg
ブルックス COLTのサドルがひときわ目立ちます。
見た目は大変美しいですが、中身は走行性重視ですね。

img58136473.jpg
ブルックスのレザーバーテープがカラーリングのアクセントになっています。
シフターはSHIMANO 105デュアルコントロール

img58136472.jpg
ヘッドバッヂもかっこいいですね。

img58136471.jpg
フロントフォークはクロモリの模様。

img58136470.jpg
注目したいのは溶接の継ぎ目。
とても丁寧かつ綺麗に処理されています。
(スムースウェルディング加工)


img58136469.jpg
カスタムバテッドチュービングのクロモリトラスフレーム

( ;゚ω゚)……あ、凄い凄い! あらゆる溶接個所がきちんと処理
されています。
壮観。

img58136465.jpg
105クランクが確認出来ます。20段変速
コンポは完全にフルシマノで固めてきています。
そう言えば、ロード系ミニベロのフラグシップって
好んで105が採用されますね。
うん。
img58136468.jpg
RAWカラーですと、シートステーのベントも生えますね。
img58136466.jpg
451ホイールを搭載。

img58136467.jpg
サドルにはブルックス コルトを採用。
見た目は最高。

Wレバーだったら、どんなビジュアルになっていたのでしょうね?
これだけ丁寧に仕上がっているので、長い期間楽しめそうなミニベロ
です。
最近カーボンミニベロも続々と登場していますが、逆にこういう方向性
でいくのも面白いかも。

(´・ω・`)ハクセン様で、恐らく6月1日から2012ブルーノモデルの予約が
始めると思いますのでチェックなさってみては

2011年06月01日 トラックバック(0) コメント(0)