スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 月別アーカイブ 2011年02月

DAHON BioLogic Bike Mount for iPhone 4

img57924097.jpg
以前紹介したDAHON BioLogic Bike Mount for iPhone 4がとうとう発売開始
したんですね。

アプリを利用して、走行距離や、速度も計測出来ます。
しかも、ケースをつけたまま操作も可能。
(パネルに通電性でもあるのでしょうかね?)
しかも、防水設計なので、今日みたいな雪の日もOK。
DAHON限定商品かと思っていましたら、そうではありません。


いきなりグーグルマップも使えちゃいますねえ。
そういえば以前「おばあちゃんが」i phoneを利用して、道を歩いて
いる光景には絶句しましたが。

img57915090.jpg

この商品を展開するBioLogicは、米自転車メーカーDAHON社が設計、
製造、販売するアクセサリーブランド。
つまり、DAHONのノウハウがさり気なくi phoneマウントに
導入されている訳です。
道理で回転機構が付いたり、やたら振動対策をしているのにも
納得。

img57915093.jpg
で、結構普通の風、雪、雨では問題なく仕様出来るそうです。
さすがに台風、洪水、豪雨
はさすがに非推奨みたい……というよりそんな環境で自転車に乗るのは危険
すぎますけどね。
ついでに水没厳禁。
しっかり取り付けるためには、直径38mm以下のステムを推奨。
固定式ベルト方式です。

2011年02月28日 トラックバック(0) コメント(0)

panasonic Lastic (パナソニック ラスティック) BE-ENHL63 電動アシストクロスバイク

うーんと、最近我が家で電動自転車熱が高まっているんですよ。

家にある、スポーツバイクを見て
 (`・ω・´)「どうすんのさ! こんなに使えない自転車ばかり買って!」
といわれ続けたので
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽ………………と笑って誤魔化してしたのですが……。

ほら、最近なぜか「電動自転車特集」が多いじゃないですか?
そのせいか
(`・ω・´)電動自転車いいね! 使えるね!
と……かなりいい、エコの風が吹いてきたんですよね
今回ばかりはメディアの力にガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブルです。



( ゚∀゚)……というわけで、ついに、我が家に
電動自転車の時代が来ましたね!




でも、意外に過酷な条件をクリアーしなくては
ならなくて……
① スポーツに使えて
② お買いものに使えて
③ 見た目がお洒落で
④ 泥除けがついて……
⑤ 乗り易そう

( ;゚ω゚)……そんな都合のいい電送アシストモデルって……と思っていたら、ありましたね。
パナソニック ラスティック!ras2-pi.jpg

クロスバイクタイプだけど、籠をつければ「ママチャリ化」出来そうですし。
しかもフロントキャリアや、リアキャリアも装備。
内装三段変速、軽量アルミフレーム。
しかも、泥除けもついていますし……
スタッガードフレームもデザイン的に良い感じ……

でも、前傾姿勢が慣れていないと厳しいかなあ。
電池容量が5.0Ahなので、ママチャリタイプのバッテリー
よりは多少容量が多いですが。
変にサスペンションがついていない事ろにも好感が持てそう。
とりあえず、チェック。

2011年02月27日 トラックバック(0) コメント(0)

2011モデル GIOS PURE DROP(ジオス ピュア ドロップ)

img57504509.jpg
長い間ツーリングモデルとして愛されてきたジオスPURE DROP
です。
2011モデルはシクロクロスモデルという扱いになっていますね。
それでも、使い勝手がいいのでロングライドをのんびり楽しまれている
オーナーさんが多いです。

一応アルミフレームですが、フロントフォークはクロモリ。
全体的に堅牢に組んであるのが特徴。
フロントはトリプルなので、幅広いギア比なのも嬉しい所です。

日常的に使う方が多い様で、フェンダーは出来れば取り付けられれば
重宝すると思います。
結構ここまで、タイヤ幅が広いとそれなりに気になりますものね。

カンチブレーキなのでキャリアの取り付けも想定していますね。
コンポーネントはシマノ・ソラ

堅牢で走行安定性が高く、その上とてもジオスブルーが美しいモデル
ながらリーズナブルな価格設定も魅力の一つです。

さり気なく補助ブレーキもついているので、初めて挑まれる方でも
結構扱い安いのでは。
うーん、中途半端なクロスバイクやMTBを買うよりもこのモデル
の方が結構なんでも使えそう。
(さすがに、レースで使う方はいないでしょうけど。でもエントリークラス
のシクロクロスって、結構どのメーカー様もなぜか気合いが入っている
場合が多いのですよね)


でも、これで8万……うーん。
なんという悩ましい、価格設定。

img57504508.jpg
INLINE LEVER
リラックスしたポジションでもブレーキ操作が可能です。
ロードバイクをはじめての方でも、フラットハンドルと同様のポジション
で、ブレーキングが行えるので安心。

img57504506.jpg
フロントには剛性の高いクロモリフォークを搭載

img57504507.jpg
img57504505.jpg
フレーム:GIOS 7005 DBアルミ
img57504503.jpg
img57504502.jpg
クランクセット:SUGINO RD500T 48/38/28T 170mm
img57504501.jpg
タイヤ:KENDA:700X35C
img57504509.jpg
12943880840001.jpg
(´・ω・`)……筋トレを最近始めました。
まさか腕立て20回で悲鳴をあげるとは……

2011年02月26日 トラックバック(0) コメント(0)

ステムについて  ちなみに画像は(WCS-4AXIS-ロードステム 1-1/8インチ)  バークランプ径:31.8mm

100000002448.jpg

(`・ω・´)えっと、もう少しパーツについて勉強する必要を感じたので
時間がある時に調べた事をまとめようと思います。

意外に分かっているようで、分かっていない事が多いので後で自分自身
の為の資料なればいいかなあ。
各パーツの記事を、後日一覧表にしてまとめておこうと考えています。


とりあえず、一発目はステム

主に最近のステムの流れについて注目すると以下の様になります。


①上半身の力を効率よく伝達する為に、やはりステムの存在は欠かせません。

②ハンドルバーとステムは軽量化においての目安にされやすい。しかしあまりに
軽量化が行き過ぎると剛性面で影響が出やすい。
(特にダンシングすると、上半身の力が逃げる。また剛性が弱いとコーナーリング
また下りでも影響が出てしまう。

③ステムの剛性が増すと、加速やコーナーリング時での走行性能が向上する。

④つまり軽量化もいいが、剛性が高いステムの方がメリットが大きい。
(軽いだけがいいという訳ではない)


⑤軽量化を狙った、カーボンステムは剛性や衝撃吸収性が高い物も多い。
(成型の際の自由度も大きい)


( ;゚ω゚)……すいません。実は軽量=良質のステムと思い込んでいました。
あ、そうかあ。確かに低速でもステムがひょろいと、不安定になりますもの
ねえ。

まずは、剛性を確保しているステムにしてから、軽量化を狙うべきかあ。
なるほど。

あまりにもチェックする数が多いので、いつ終わるか分かりませんが。
とりあえず、少しずつ記事にしていこうと思いますのでよろしくお願いします。


自転車本体とパーツの専門店「あさひ」

2011年02月25日 トラックバック(0) コメント(0)

2011年モデル ARAYA  SWALLOW RANDONNEUR(アラヤ スワローランドナー) RAN

11_araya_023311_02.jpg
なんとなく、欧州を意識したデザインでありながら日東やパナレーサー、シマノ、
スギノ、MKSなど日本のパーツをふんだんに取り入れたアラヤ スワローランドナーです。

なんというか、調べれば調べる程、丁寧に組んであるランドナーですね。
特徴を上げると……。

①ルックスと性能を重視してスギノトリプルチェーンホイール
を採用した様ですね。
リアディレーラーはシマノソラですが、ハブはシールド性を考慮してティアグラ
ロード用ハブを採用。

②ペダルは三島MKSツーリングペダルなので、ワンタッチで着脱可能。
(あ、いいなあ。この機構)

③ハンドルは、なんとツーリング用のランドナーハンドルバーなので
まったりと握り易いですし。(しかも美しい月桂樹の刻印入り)

11_araya_023ll311_01.jpg
④ステムは美しい日東パールステム。

⑤ブレーキはシクロクロスにも使われているシマノBR-R550カンチ

⑥サドルはブルックスB-17ハニーブラウン……ビジュアル面は完璧。

⑦ちなみにフェンダー(泥除け)の固定は、ダルマねじなので手で取り外し可能。
あ、そうか……工具を必要としない様に工夫されているんですね……

⑦しかもシートステーに直付け出来る高圧インフレクター(ポンプ)まで
ついてきますよ?

⑧また全てのラグはロストワックス(精密鋳造)製法。

⑨さらにボトル台座にいたっては、飾り補強板を使用しています。

取り上げれば、きりがない程こだわった仕様ですね。
(`・ω・´)これは、まちがいなく価格以上の価値があるかと!
11_araya_023311.jpg

日本人の体格や、地形、デザインの嗜好に合わせて設計しているので
魅力的に見えるのかもしれませんね。
どこを観ても、いたせりつくせりの良質なモデルなのは間違いありません。
オプションの日東ランドナー用キャリア―(フロントセット、リアセット)を
後付けすれば、本格的に楽しめそうです。

2011年02月24日 トラックバック(0) コメント(0)

STRIDA SX(ストライダSX) シングルスピード(ピスト)

42353600007.jpg
英国の降り畳み自転車ストライダから、シングルスピード(ピスト)風味
のモデルが出ていますよ?

しかも、レザーグリップ、レザーサドルを使用しているので重量は
11kg台と少し重めになっている点とかでしょうか?
軽量優先の折り畳み自転車なのに、良く採用したなあと思います。
18インチのアルミフレームなので、それでもまだまだ軽量な方だと
思ったり、思わなかったり。


ケプラーのベルトドライブは静音性も期待出来ますね。
革サドルや皮グリップ、アルミリアキャリアに、折りたたみ式ペダ
ルと、やっぱり豪華。

しかも、他のモデルにはないセンタースタンドがあるのも、見逃せません。
42353600007-l1.jpg
ハンドルを収納してから、下の接合部を外すと一瞬で降り畳めます。
しかも、レザーパーツのおかげで折り畳んでもかっこいいですね。
うん、この雰囲気はちょっと珍しい。
42353600007-l2.jpg
英限定モデルかと思ったら、日本限定仕様なんですね。

42353600007-l4.jpg
リアキャリアのデザインもシャープ。
42353600007-l5.jpg
ストライダモデルの中でも最上位モデル。
確かに、高級感ありますね。


( ;゚ω゚)……こうしてみると、サドルとグリップを交換する
だけでも結構雰囲気が変わって面白いですねえ。
ああ、やっぱりシングルスピードを意識したモデルなので泥除け
はないです。
とはいえ、ビジュアル的にはかなり成功したモデルなのでは。



自転車本体とパーツの専門店「あさひ」

2011年02月23日 トラックバック(0) コメント(0)

2011年モデル ARAYA EXCELLA SPORTIF (アラヤ エクセラスポルティフ) EXS

11_araya_023310_02.jpg
ARAYAのスポルティフ。
かつてはスポルティフというと、レース用とツーリング用双方の
性能を求められていたんですね。
ですので、見た目の優美さも素敵ですが、これでもシマノ105
を搭載しリア10速。
(ちなみに、リアとフロントディレーラー、ハブ、チェーンに至る
まで全てシマノ105。クランクには1964年東京オリンピックにも使われたSUGINO
「マイティ」ブランド、SUGINOマイティツアーを採用)

11_araya_023310.jpg
しかも10kg台と軽量ですし、その上キャリア―と泥除けを
外せば9kg台まで持っていけます。
つまり、ヴィンテージロードバイク的な楽しみ方も出来ます。

ヘッドセットは競輪NJS認定のタンゲ精機TANGE LEVIN。
クロームメッキの輝きが最高。
シフトレバーにはデュラエースリア10速用を採用。

11_araya_023310_01.jpg
クロモリフレームは精密ロストワックス製法で製作しました。
ちなみにアイボリーカラーで胴抜きされたデザインは、1970年代の
ロードレーサーデザインに準じた寸法というこだわり。
ブレーキにはシマノアルテグラグレードの、シマノBR-R650を採用し
高い制動性にまでこだわっていますね。
ステムにはアルマイトで仕上げられた名品日東パールステム。
ビジュアル的にも美しいですが、実際に競輪にも認定された精度と強度
を有しています。
更にサドルはブルックスB-17ですし……これ凄いですね?


どのパーツを見ても、ひたすら真面目。なんだかんだで美しいスポルティーフ
ですが、結構パーツ一つ一つに何かこう熱意の様な物を感じます。

2011年02月22日 トラックバック(0) コメント(0)

2011年モデル ARAYA MUDDY FOX PREMIUM (アラヤ マディフォックスプレミアム)

11_araya_023309_01.jpg
1982年に日本で初めてMTBの量産に成功したのがこのアラヤ 
マディフォックス。

主に日本のユーザーを念頭においたモデルとして人気を博しました。

特徴はやはり、美しいリジットフォーク。
コントロール性に優れ、軽量でいて、適度な衝撃吸収性を有した
クロモリリジットフォークです。
(もちろんサスペンションフォークにも対応した設計をしています)

コンポーネントはDEORE-XTをフルに搭載。ですのでディスクブレーキも当然DEORE-XT。
シートステーとチェーンステーには、ディクスブレーキを取り付ける為の補強
加工を行っています。
足回りはMTBクロスカントリーリムの最高峰ARAYA RM-940-XCスーパーハードアノ
ダイズド。

シートステーは集合形状。シートステーの側面にはキャリア台座も取り付けて
あります。

11_araya_023309.jpg
更に溶接個所は滑らかにフィレットブレイズ。ひたすら美しいMTBですね。
フレームはメイドインジャパン。(ハンドメイドです)
フレームには薄い肉厚のクロモリチューブを採用し、車重は10kg台です。
手間を惜しみなくかけているので、完全受注生産です。
11_araya_023309_02.jpg

( ;゚ω゚)……ああ、久々にやばい物を見てしまいました。
こんな美しいMTBならリアルに欲しい……

これだけ唯我独尊的な流行に流されない、凄さを感じます。
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル お、落ち着くんだ。まずは冷静になりましょう。
頭が熱くなってきたので深呼吸。まさかMTBにここまで心を奪われるとは……
(欲しい物が目の前にある時、深呼吸は効果的)

2011年02月21日 トラックバック(0) コメント(0)

速報! なんとOXエンジニアリングより電動アシストフォールディングモデル(OX-FB03)が登場

p_fb03e_1.jpg
あの、車椅子で有名なOXエンジニアリングより電動アシスト折り畳み自転車
が登場するようです。
しかも、車いすの技術を取り入れた、リンク式と呼ばれる機構を採用。
X型のフレームなので、簡単に折り畳める……との事です。

しかも、恐ろしい事に内装8段モデルや、ディスクブレーキまで搭載
するとか。

あと、サスペンションをフロントとリアに採用しています。

こういうのもなんですが、OXエンジニアリングのサスペンションは
リアルに車椅子のエアサスとか、凄い技術を持っているので相当
期待していいはず。

しかも、フレームから塗装まで完全ハンドメイド。日本製です。
ちなみにホイールは12インチ。

(`・ω・´) OXエンジニアリングの技術力の高さは下の
漫画「カオスだもんね!」で読めます。

車椅子を寸法どりしてオーダーメイドする話は
なかなか興味深いです。
やはり、車椅子のデザイン、性能が高いと行動範囲や生活の
モチベーションに関わってくる話は、自転車に通じるものがありま
す。
車椅子の製造行程が、事細やかにレポートされていてかなり勉強
になりました。
ジャパンメイドの底力が楽しめます!

塗装で一番難しい色はホワイトとイエローだなんて初めて知りました。
(逆にブラックが、塗りムラや埃が目立たなくて一番楽だとか)

De Rosa - SK Disc (Ultegra - 2017)

2011年02月20日 トラックバック(0) コメント(0)

スイス軍自転車大隊をまったり観察

swisschari.jpg
ちなみに、この自転車はスイス軍自転車大隊所属の自転車だそうです。
なんだか煙突みたいなのは「対戦車ミサイル」
ですって。
対空ミサイルとかで、航空支援まで行うやばい部隊だったとか。

38万で、購入可能。
ヘルシングのパンツァーファーストを思い浮かべますね。
ある意味究極のランドナー。
普通に戦車や航空機と戦えるなんて、素敵すぎます。
02b9820d-s.jpg
これで自転車版「皇国の守護者」ごっこもできますね。
さすがブルーノの祖国。
普通にブルーノプロデュースで販売したら、リアルに売れそう。
よく見ると、フレームの空間を上手に生かしてバッグ類を取り付けて
いるのが分かります。



あとアメリカの空母上「ジョージワシントン」を走る自転車があるそうです。
空母の上は広いので、エンジンがいらなくて爆発の心配がない自転車
が採用されたとか。
一応第七艦隊所属?

(聞いた話なので、未確認ですが)



で、驚いた事に別モデルですが、以前販売されていたんですね……。
リアル過ぎて、圧倒……

2011年02月19日 トラックバック(0) コメント(2)

BRESSAN VINTAGE (ブレッサン ヴィンテージ)

img59492668.jpg
イタリアのハンドメイドモデルBRESSAN Vintage (ブレッサン・ヴィンテージ)です。
columbus社の高級鋼管 SPIRITをチューブに使っています。見た目はクロモリ
ハンドメイドながらなんとなく現代風な気がしませんか?
コンポーネントはCampagnolo ATHENAを採用しているので、なんと
リア11速!
多分日本にもほとんど入荷されていないフレームなのでは。
ラグカット(かなり優美です)ももちろんイタリア本国で加工。
精密なメッキラグの完成度は非常に高く、クロモリ本来の乗り心地を堪能
できます。
凄い……とても、この細工と存在感はちょっと……ふう、見ているだけで
ため息が出ますね。
刻印もシールではないのが、やっぱり一味ちがいますし。

img59492669.jpg
サドル VELO SUEDE CLASSIC SADDLE
ステム ITM BRESSAN ORIGINAL 105mm
シートポスト NITTO S65 27.2mm

この3つのパーツが見事にフレームデザインと調和していますね。
イタリアの伝統的なフレームを作るメーカーですが、デザイン一つとってみても
所有欲をそそられませんか?
img59492670.jpg
ホイールにはTradizioneハブに、リムはMAVIC MAVIC OPEN SPORT 32Hを選択。
カンパニョーロ・アテナのパーツと、フレームのデザイン
が調和していて神がかっていますねえ。
Cinelli - Strato (Potenza - 2017)

2011年02月18日 トラックバック(0) コメント(0)

祝! 100万アクセス! 

P1000309.jpg
( ゜∀゜)チーズケーキを焼きました。
さすがにチーズから自作したので、かなりマイルドなニューヨークなお味。


それはそうと、今日ふとチーズケーキを食べながらカウンターを観たら……
100万アクセスキタ━ ・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)━━━!!!!



miti.jpg


ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブルだって、ねぇ?
100万アクセスっていいますと、大抵はカリスマブログ、メディア露出とか当たり前、
しかもそれぞれが業界を動かす程の情報力があるわけですよ。 
……アクセスカウンターが二ケタ違うんじゃないのっていう……。


(`・ω・´)……何か、何か大きな力を感じる……。
まさか、結構自転車業界の注目を浴びている?
それとも先日裏金を某社からもらって
某モデルを特集したのがばれた……?
バカな、先日某高級店での夢の様な
接待を……(以下略
               


※当ブログでは楽しいジョークが含まれています。 


 ともかく!!



これも一重に読者の皆様のおかげです!!


100万アクセス本当にありがとうございます!! 

2011年02月17日 トラックバック(0) コメント(0)

2011限定カラーLOUIS GARNEAU(ルイガノ)LGS-MV1 シルバー

img57846476.jpg
2011モデルのルイガノLGS-MV1に、限定カラーが出ました。
最近主にエントリークロスバイクやミニベロで限定カラーを展開し
ている模様です。
その中で特に心を撃たれたのが、このLGS-MV1 2011モデル
限定シルバーカラーです。

元々、ピンクカラーやブルー、ホワイト、以前はチョコレートカラー
など、完全に女子向けのカラーリングが多かったミニベロですが
なぜか、男性向けのシルバーカラーが出てくるなんて面白いですね。
それとも無印を意識???


やっぱりなんだかんだで、ママチャリから挑まれる方が多い楽しいミニベロ。
(やはり、感動される方が多い。でも、ママちゃりだって結構
あなどれませんけど)

結構日本の道路事情にぴったり合ったミニベロで、上り坂やスタートダッシュ
に強くまったり乗れるのはいいです。

ただし、どうしてもミドルグレードのLGS-MV2などの走行性能を知った後
ですとどうしても物足りなさを感じてしまう事もあります。
(あちらは、ロード系コンポーネントを搭載しているしクランクのギア比
も高いので仕方ないですが)

このモデルのコンポは、MTBの初心者用に使われるTourneyを採用
しています。


img57846478.jpg
そういえば購入後に思い思いにカスタマイズが楽しめるのもいいですね。
グリップカバーやサドルを交換したり。
ロード系コンポーネント105化されたり。

img57846477.jpg
やはり、4万円そこそこで買えるというのも魅力です。
でも、街乗り場合スタートダッシュを生かせますから下手な
クロスバイクよりも速く目的地に着くかもですよ。

ここまでシルバーにこだわったミニベロも面白いですね。
やっぱりここまでシルバーにこだわっているので、籠もシルバーに
したい所。
(それともあえて、ブラック系の籠を取り付けて無印風にするもの
おもしろそう)

2011年02月16日 トラックバック(0) コメント(0)

De Rosa R848(デローザ R848) エントリーカーボンモデル

o0550036711045492615.jpg
o0550036711045493349.jpg
DE ROSAのエントリーモデル R848です。
どうも、商社が積極的にDE ROSAと掛け合って、実現した
ちょっと嬉しいリーズナブルなエントリーモデル。
 
最近本当に、エントリー(入門用)カーボンロードの販売展開が
増えましたね。
あのコルナゴやTREKも20万クラスのエントリーロードを展開
していますが、とうとうDE ROSAも参加です。
(価格もぎりぎり20万台。実質30万クラスとも思いますが)

そういえばカーボンエントリーモデルコルナゴエースやトレック3.1
に共通しているのは「安定性」と「万能性」ですが、このDE ROSA  R848
の特徴も「安定性」が特徴の様です。

ただ、個人的に感嘆したのは、やはりデザインのまとまりの
良さですね。
問答無用で美しいです。
コンポはカンパニョーロVELOCEを採用し、イタリア色が強くなって
いませんか?

サドルはフィジークでハンドル・ステム・ピラーにはFSAを採用。
(とはいっても、きちんとDE ROSAのロゴをあしらっているあたり
芸が細かいです)

シートチューブやダウンチューブなど各チューブにあしらった、ダイナミック
なロゴのオンパレードがいいですね。
o0550036711045492623.jpg
o0550036711045493351.jpg

DE ROSAロゴを心ゆくまで堪能できる。
しかもダウンチューブを観てみると、ロゴのカラーを遊んで
いるのが分かります。
(黒白逆転)

o0550036711045493355.jpg
カンパニョーロ・ヴェローチェをコンポーネントに採用
(フルコンポーネント)

o0550036711045492617.jpg
ホイールにはカンパのKHAMSIN
o0550036711045493353.jpg

e-ハクセン楽天市場支店

2011年02月15日 トラックバック(0) コメント(3)

速報 BE-ALL(ビーオール) BE-BRS-700SV 内装11段変速モデル

P1000305.jpg
はっぴーばれんたいんでー 
(´・ω・`)……チョコではなく「おはぎ」なのは、こちらのミスッス。
でも国産もち米100%なので、とても美味しいですよ?

それはそうと、BE-ALLがとうとう勝負に討ってでました!o0500037511023262170.jpg
Aki Corporation(アキコーポレーション)が展開するブランド
BE-ALL(ビーオール)からちょっと珍しいモデルが登場しました。

こ、このフレーム構造はまるでモールトン!
しかもあのシマノ内装11速アルフィーネが搭載されているそうです。
フロント二段なので、驚異の22段変速!

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル な、なんだかすごい……
なんという、心地いいほどのチャレンジ精神の潔さ……

これは……クロモリ?
謎、謎に包まれた新型ですねえ。


どうもビーオール様は積極的にシマノ内装11速アルフィーネを
採用していく模様です。

ついでに、これがまたすごい!
o0500037511026680968.jpg
なんとフルカーボンクロスバイクにシマノ内装11速アルフィーネ
を搭載した新型ですってガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル 

しかもフロントフォークにサス付き! 泥除けもありですか?
で、ディスクブレーキ?
価格は246,750円……

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル もう何でもありですね……。
ここまで攻撃的というか、色々な意味で遊んでいるモデル
も珍しいかと思います。

たしか以前のカメレオンテもフルカーボンでしたよね?
(さすがに内装変速ではありませんでしたけど)

サイクルスタジオハクセン様より画像をお借りいたしました。
おろらく近日中に予約が始まると思われますので、チェック
しておきます。

2011年02月14日 トラックバック(0) コメント(0)

aero assistant angee+N (エアロアシスタント アンジー+N )電動アシスト回生充電モデル

10_aeroa_021265.jpg
2008年グッドデザイン賞を受賞した、電動アシストミニベロ
アンジーです。
ちなみに、グッドデザイン賞が選ぶ自転車って、マリポーサとか
ドッグバイシクルとかいつも個性的。
なんと低床デザインもさることながら、なんとクロモリフレームで
組んでいるのが特徴。
( ;゚ω゚)……何時の間に、電動クロモリミニベロモデルが登場していたのでしょう……。
そのため? 画像よりも実車の方が、見た目美しい。
特にミニベロ電動アシスト部門でデザイン面を強化した
特徴あるモデルだと思います。

しかも、恐ろしい事にミニベロながら回生充電機能を搭載。
(あの下り坂とかで、充電できるシステムです)
リアにホイールモーターが取り付けてあり、発電とアシストを
兼ねています。
何気にこう見えて、エコな子でもあります。

ちなみにangee+Nはニッケル電池ですが、angee+Lはリチュウム電池
なので、電池の持ちを気になさる方はリチュウムモデルの方がお勧め。
でも、クロモリ電動モデルなので重量はなんと22kg。
アシスト力は新規格に対応しています。
ギアは6段。ピアノタッチ式。
なぜか純正オプションが充実してまして、アルミやワイヤーバスケット、藤風籠や
チャイルドシートまである充実ぶり。

2011年02月13日 トラックバック(0) コメント(0)

ぴったんこかんかんに出ていた、電動自転車について

香川照之氏と安住アナウンサーが「ぴったんこカンカン」でかなり楽しそうに電動
自転車に乗っていましたね。

それもルイガノ電動バイクLGS-MVEや GIANT CRS HB
となかなか楽しそうなラインナップです。
興味深かったのが、さり気なくスポーツバイクメーカーの最新
電動モデルが登場していた事です。
 (´;ω;`)凄い……なんというワンダーランド。あれだけの
電動自転車が試乗できるなんて……
羨ましい。
まさかハマーが高評価なのに、更に驚き。
全然チェックしていませんでした。


 (´・ω・`)……それにしても、ゴールデンタイムに自動車じゃなくて、電動
自転車の特集がある事自体驚きです。
どちらかというと、一般の視聴者的にはロードやクロスバイクよりも
電動モデルの方が興味あるのかなあ。
今、業界でも急成長しているジャンルですものねえ。

IMGP1111.jpg
電動アシストフラットロード パナソニック チタンフラットロードEB
あと、気になった60万チタンモデルは、これですか?
(お菓子を食べていたので、詳しくは観ていなかったのですが)
確か、「これは自転車じゃなくて自動車」とか言っていたような。

IMGP0535.jpg
試乗体験 2011 LOUIS GARNEAU  LGS-MVE電動ミニベロインプレ
安住アナが乗っていましたね。

PK.jpg
GIANT CRS HB


……香川照之氏がやたらバッテリー積載箇所を絶賛して
いましたね。ジャイアントストア限定モデルが登場。



(´・ω・`)……正直ノーマークでした。
20インチミニベロ電動モデル。ハンドルを折りたたむタイプの模様。

2011年02月12日 トラックバック(0) コメント(0)

SALSA  VAYA サルサ ヴァヤ アップサイドブラウン 

img57009075.jpg
お、恐ろしい。なんとタイヤサイズ26 x 1.75、ディスクブレーキ搭載のロードバイクです。
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル うわちゃぁ、な魅力のあるクロモリロード。
しかも、スローピングチューブに長めのヘッドチューブ。
嫌でも、長時間乗りませんか? と誘われる感じで素敵。

オンロードアドベンチャーバイクという位置づけらしいですが。
これまた、幅広ドロップハンドルが渋いです。
ロングライド系とはいえ、多分オールラウンドに乗れてしまうのが魅力。
これは、なんとなくですけど山道系のコースというか道を開拓してしまいそうですね。

良く考えたら、カーボンロードレーサーの様な競技用ではないので、時速20Km
あたりで、まったり走る事が当たり前なバイクですよね。
低速で走る為のロードというのも、いいですね。
むしろ普段着でロードを乗るなら、競技用のモデルよりも向いているのかも。
いざとなればキャリアをつけて大根を運搬するのによさげ。

とはいいつつも、最新カーボンで異次元の推進力を楽しみながらどんどん
前に進むのも愉快ですけど。

img57009077.jpg
とうがらしのログとフレームカラーが素敵。
凄いカラーセンス。

それはそうと、本日もパンの買い出しの為に雪の中走ったのですが……
途中でだらだら紅茶を飲んでポカポカ。
良い気分ですねー。でもどうして、コーヒーだとすぐ体が冷えて
しまうのでしょう?


img57009076.jpg


Frame Vaya, Road Adventure, Salsa Classico CroMoly
Fork Vaya, Salsa Classico CroMoly, 1-1/8", Disc Only
Headset FSA Orbit DL Alloy, 1-1/8", Silver
Handlebar Salsa Moto Ace Bell Lap, 26.0mm, Silver, 50/52cm=42cm, 54/55/56/57cm=44cm, 58/60cm=46cm
Stem Kalloy AS-009, 26.0mm, 50/52/54cm=80mm, 55/56cm=90mm, 57/58cm=100mm, 60cm=110mm
Handlebar Tape Salsa Gel Cork, Dark Brown
Front Brake SRAM BB5 Road, 160mm Rotor, 6-Bolt
Rear Brake SRAM BB5 Road, 160mm Rotor, 6-Bolt
Brake Levers Shimano Tiagra STI
Crankset Shimano FC-4550-S, 50cm=165mm, 52,54,55,56cm=170mm, 57,58,60cm= 175mm, Silver
Chainring Shimano 34/50T, Compact Double, Silver
Bottom Bracket Shimano Tiagra Hollowtech II BB
Chain Shimano HG-53
Quick Release Formula
Cassette Shimano CS-HG61, 9-Speed, 11-32T
Hubs Formula, 32H, 6-Bolt, Silver
Rims 50/52cm=DT Swiss X430, 26", 32H, Black. 54,55,56,57,58,60cm=DT Swiss X470, 700c, 32H, Black
Spokes DT Swiss Competition, Double-Butted, 2.0/1.8mm, Silver
Nipples DT Swiss Brass, Black
Tires 50/52cm=Continental Town Ride, 26x1.75" Wire Bead, Black. 54/55/56/57/58/60cm=Continental Tour Ride, 700c x1.6" Wire Bead, Black
Front Derailleur Shimano Tiagra, Silver
Rear Derailleur Shimano LX, Long Cage, Silver
Shifters Shimano Tiagra STI
Seatpost Kalloy Radiused Top, 27.2 x 350mm, Silver
Seatpost Clamp Salsa Lip-Lock, 30.0mm, Silver
Saddle Velo w/ Salsa Embroidery, Brown
Chainstay Protector Salsa Leather
Weight TBA
Cinelli - Strato (Potenza - 2017)

2011年02月11日 トラックバック(0) コメント(0)

SURLY LONG HAUL TRUCKER オリーブグリーン (ロングホールトラッカー)

img56682090.jpg
SURLYのクロモリツーリングモデル、ロングホールトラッカー。
確か全サイズ26インチのホイールサイズ。
(26×1.5)

(`・ω・´) リアルに世界レベルでのツーリングを想定したクロモリモデル。
これは旅先での、溶接修理すらも想定したのでクロモリにした
そうで。
毎年派手なモデルチェンジをしないのもいいですね。

ですのですぐに手に入り易いホイール26インチで規格を統一
した模様。

チェーンステーというかホイールベースがながーいですねえ。
上半身にも負担がかからない様に設計されており。足付き性や、快適なハンドリングが
楽しめます。
というより、楽に乗れるのが何より素晴らしい。
路面からの振動も少なく、相当距離乗り手をフォローしてくれる実用本位の
バイクです。
リアディレーラーは、シマノ・デオーレXT
フロント3×リア9


リアルに毎日使うのにいいなあ……とはいえ、個人的にSURLYに関しては
恐怖感があるのですよ。
ある程度人生とかに達観してないと……それなりにセンスがないと扱いきれない様な。
多分買ったら意地でも、乗りつぶすまで乗ると思います。
このバイクと上手に付き合っている方々を見ると心の底から、尊敬いたします。

img56682091.jpg
( ;゚ω゚)……こいうのもなんですが、低速での安定度が秀逸なのでまったり長時間乗るのに最高。
かっこいいですねえ。

img56682092.jpg
チェーンステーにスポークホルダーまであるのだから
かなり実用的。
どちらかというと、長期、及び長時間乗る方に結構評価が
高い。
Colnago - CLX (Ultegra - 2017)

2011年02月10日 トラックバック(0) コメント(0)

EVIL BIKES RESIDENT SINGLE SPEED

img56972592.jpg
シンプルなシングルスピードですが、MTBメーカーEVILがプロデュース
しただけあって、なんとタイヤは700×32C
32Cという太めのタイヤを装着することで、MTB風味が加わった様な。

しかも、ヘッドチューブ、トップチューブなどにUSA娘がついてくると
いうハイセンスなクロモリシングルスピード。

パーツがシンプルな分、フレームのデザインが異様に際出つ仕様になっている
様な、ないような。

フレームはトリプルバテッド4130スティール

どうでもいいですけど、冬になると正直スピードを出したくないので
(寒いので)こういう太めのタイヤでもはいて、低ギアでだらだら
走りたい所。


(`・ω・´) シングルスピード選手権でコスプレして走るのにもいいので
はないでしょうか?

世界シングルスピード選手権はコスプレしながら、レース中に
ビールを飲んで近道したり、入賞すると刺青を彫ったりとかなりの
カルチャーショックな体験ができるそうです。
さすが海外。

今度日本でも関西で開催されるらしいです。
さすがに刺青やビールはないそうですけど。


img56972593.jpg
そういえば、本日雪でしたのでMTBで卵を買い出しに出発。
あんなに、走りの邪魔だと思っていたブロックタイヤがこうも
大活躍するとは。


でもやっぱり、雪の場合は乗らない方がよろしいのですが
卵の誘惑に負けてしまいました。

ほとんど徒歩と変わらない速度で走るのも、まったりしていて
いいものですね。

img56972594.jpg
どうでもいいですけど、シングルスピードの速度ってなんとなく
脚力というか、自己責任な感じがするので低ギアの方がいいのかなあ
と思ってみたり。

2011年02月09日 トラックバック(0) コメント(0)

CRAZY SHEEP MOONRIDGE(クレイジーシープ ムーンリッジ)

fra0014a.jpg
高松 健二氏が立ち上げたブランドCRAZY SHEEPのシングルスピード
CRAZY SHEEP MOONRIDGE(クレイジーシープ ムーンリッジ)
です。

レースや山登り目的ではなく、その辺を乗り回し遊ぶ為のシングルスピード。
ですので、走行安定性やコンフォート性を重視した造りだと言えます。
(推進力というか、良く進む事も念頭に置いているとか)
フレームやフロントフォークはクロモリ。
実用性とデザイン性を考えたKENDA25C ホワイトカーラータイヤ。
(やっぱりMTBとかだと、性能重視の方はKENDAなのでしょうね)

とはいいつつも、サドルは細身の稲妻レーシングサドル。
ピンクの稲妻ロゴが何気に素敵。
ロゴといえば、あちらこちらにちりばめた羊さんロゴが、奇妙な癒しを
与えてくれますね。

CRAZY SHEEPオリジナルのコンプリートWHEELセット。
信頼性の高い32hシールドベアリングハブ、リアハブはW-COGなのでフリー、
固定コグもどちらでも装着出来ます。
30mmエアロリム、リムテープは0.4mmのナイロン製。
結構オリジナルパーツでデザインを統一してるので、かなりかわいいシングル
スピード。


街乗り……というか普通に乗り回す為のシングルスピード。

fra0014b.jpg
トップチューブにクレイジーな羊さんロゴが。

fra0014c.jpg
この雰囲気がたまりません。
fra0014e.jpg
こんな所にも羊さんが。
fra0014g.jpg
(´・ω・`)……その辺をだらだら乗りまわしたい。
fra0014f.jpg
このビジュアルいいですね。ホワイト&ピンク。

fra0014d.jpg

Colnago - CLX (Ultegra - 2017)

2011年02月08日 トラックバック(0) コメント(1)

オウルアイ(owleye) ヘッドライト ナノ1LED

owleye-028473.jpg
オウルアイの世界最小、最軽量ソーラーライトです。

すごいですねえ。
本当に、太陽光発電ライトがここまでコンパクトになってしかも
2000円そこそこで買える時代になりました。

150mahリチウムイオンバッテリーを搭載しています。
ですので、電池が不要。
つまり電池分の容積がいらないのでコンパクト化に成功。
普通、ソーラーライトは少し大き目のサイズが多い中で
41.8mm×24mm×14mmとかなりの小型ソーラーライトではないでしょうか?
本当に頑張りましたねえ。


(コンパクトサイズ&12gと軽量)

小さいながら単結晶ソーラーパネルを搭載しているので最高の
発電効率を誇り、なんと充電時間1時間で一時間の点滅が可能。
(ちなみに、二時間の充電時間で、一時間の点灯)

(`・ω・´) 逆に一日一時間以上日光に当たらないというのも至難の業なので、
否が応でも充電時間は確保できる訳ですよ。

つまりわずかなソーラー充電時間でも、夜、長時間点灯させる
事が出来る優れモノ。


つまりコンパクトな上充電時間が短くても、夜に活躍してくれる
優れたソーラーライトです。
あげくの果てに、JIS規格IP55防水テストもクリアー。

カラフルな世界最小、最軽量のエコロジーソーラーライトなのに
カラフル&かわいいのも注目。

電池代とか考えても、かなり経済的に素晴らしいライトだと思います。
(´・ω・`)……電池交換の面倒くささもありませんし。
バイクのあちらこちらに、取り付けて遊んでみてはいかがでしょうか?

2011年02月07日 トラックバック(0) コメント(0)

2011モデル GIOS ULTIMO(ジオス ウルティモ)


GIOS2011 1
えーっと、今頃ですがジオス ウルティモの動画が見つかった
ので、よろしければどうぞ。
こうして見てみると、フレームは縦長なんですね。エアロフレームという訳
ではありませんが。代わりに横から見ると幅があります。
カーボンバックもモノステー構造。
2011モデルはホイールにMAVIC AKSIUMを採用してより走りを強化して
きた模様。

フラットバー専用設計だけあって、渋いですね。
あくまで、ロングライドを意識したフラットバーロード。
これでも、9kg台ですのでやっぱり軽い。
購入された方は、それはもうロングライドでとことん楽しまれて
いる方が多いです。
デザインと「軽さ」を強調されている方が多い。
前から思っていたのですが、とてもオーナー様に可愛がってもらって
いるパターンが多いのもウルティモの特徴。
意外に侮れないかもです。
街乗り目的で購入されても、気が付いてみたら一日中乗ってしまったり。
自転車とよりよい関係が築けそうなバイクですね。


でも長時間乗っていると結構お尻にくるので、サドルを
交換などしてもいかもしれませんね。
あくまで、ロングライドを意識したフラットバーロードです。

やっぱり振動がどうしても多いのはアルミ系フラッバーロードの宿命
みたいなものですし。
GIOS2011 2
GIOS2011 3
GIOS2011 4

2011年02月06日 トラックバック(0) コメント(0)

Tommasini (トマジーニ) TITANIUM MTB(チタニウムMTB) 完成車 

img59292846.jpg
あのイタリアトスカーナに工房を構えるTommasiniのチタンMTBです。
凄い。これ、絶対日本向けに製造されたモデルじゃないですね。
おそらく、トマジーニ最大輸出相手国アメリカ向けなのでは。

たしかMERLINもチタンを扱っていましたね。
金属疲労に強く、腐食もしないし、軽量。相当長期間において
性能を維持できる材質ですから凄いです。

( ;゚ω゚)……でもどんな乗り心地なんでしょう?
チタンMTB……うーん。アルミフレームでも、ブロックタイヤが相当
衝撃やショックを吸収してしまうけど……うーん。
やっぱり素敵。

img59292845.jpg
フレームはCOLUMBUS HYPERION 3/2.5 Ti
で、なんとフロントフォークはCOLUMBUS CrMo
なんとチタンフレームとクロモリフォークのコラボレーション。
うーん。
一見すると本当に美しいですねえ……。
チタンフレームカラーにブルーが素敵過ぎます。ラグ溶接ではないですが
結合部を丁寧に処理していますし。

コンポーネントはSHIMANO DEOREを採用していますね。
純粋なイタリアンメイドモデルなので、さすがに価格が凄いですけど

ちょっと街乗りに使ってみたいなあ。低速でも安定していそうだし。
こんな美しいMTBもあるんですねえ。
img59292847.jpg
なんとハンドルステムまでチタンです。
ここまで、ブルーの色使いが上手いバイクも珍しい。
画像を見ているだけでガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブルです。

2011年02月05日 トラックバック(0) コメント(0)

ciocc SAN CRISTOBAL (チョッチ サン クリストバル)

img58398019.jpg
こうして見ると本場イタリアンクロモリでも、結構リーズナブルに
買えるものですね。
さすがにコンポはシマノ105ですがOLUMBUSクロモリを
使用しています。

最新の駆動系パーツとイタリアンメイドのフレームのコラボレーション
も不思議に見ごたえありますね。
良く考えたら、イタリアンスチールモデルの中でも最強のコスト
パフォーマンス力を誇るサン クリストバルのフレームと、同じくコ
ストパフォーマンスの高いシマノ105を融合させているからこの価格で提
供できたのかと思います。


チェーンステーやシートステーも丁寧にメッキ加工していありますし
何より塗装が困難なホワイトカラーを採用。

ヘッドチューブのラグワークも美しいですし。
CIOCCのロゴもいいですねえ。
リムに何か色気があるかと思ったら、カンパニョーロのチューブラ
ーリム、ラムダを採用。

img58398020.jpg
60年の歴史があるメーカー様なのに、結構リーズナブル。
でもイタリア色が濃いのが面白い。
特にホワイトのクロモリフロントフォークの波型形状が好みです。

フロントバッグを取り付けやすい様にシフトワイヤー
を這わせているとか。

ロングライドでは、実に楽が出来そうです。
img58398021ll.jpg
この角度からみると、とてもイタリアンなお色気すら感じますね。
Cioccのロゴもいたる所にあしらってあって、良い感じ
です。
ビジュアル的にも、完成されていると思うのですが。
De Rosa - SK (Ultegra Di2 - 2017)

2011年02月04日 トラックバック(0) コメント(0)

DE ROSA NEO PRIMATO (デローザ ネオプリマート)完成車

img58425376.jpg
( ゜∀゜)かっこいいですね! DE ROSA NEO PRIMATO
デローザ社の伝統的なラグワークを、楽しめそうです。

特にヘッドチューブ辺りのラグがちょっと芸術的なのでは。
さすがに、ゼロ加速はフルカーボンモデルに一歩譲りますが
中間での伸びと安定感はちょっとしたもの。

どちらかというと、趣味的に乗られる方が多いですね。
価格も価格なので、家族扱いして長期間乗る事を目的に
される方など実に愛がこもっています。

さすがに、クロモリなので坂道は辛いですが、ロングライドや
高速巡航の際に発揮するNEO PRIMATOの高い走行性能にほれ込
む方も。

画像から見て、アヘッドステムですがこれはこれでカッコいい
ですね。
コンポーネントはカンパニョーロ・ヴェローチェ仕様。
ホイールはFULCRUM RACING5ですね。

やっぱり短期的ではなくて、長いスパンで乗れる事に
(デザインも長い期間楽しめそうです)魅力があるのでは
ないでしょうか。
結構実用的なメイドインイタリ―のバイク。
いいなあ。見ているだけで癒されそう。


関係ないですけど毎年、毎年、凄いスピードで自転車って進化していますものねえ。
カーボンモデル一つとっても最近はナノテクノロジーまで、投入し
て分子設計レベルまでいってしまっていますし。
高分子化学でも履修しないとカーボン素材の解説が難しくなってき
ている様な気がします。
某素材メーカーさんでも、「最近はここまでいいカーボンを自転車に使うのか
……」と驚いていましたし。
でも、最近はクロモリモデルでもミニベロや、シクロクロスモデル
も矢継ぎ早に登場してきて、少しずつですが進化しているのかもしれませんね。

img58394217.jpg
ちょっと残念なのは、これ試乗車だった様で、2箇所の傷が
入っています。
(フレームとほぼ同色でタッチアップしてあります)

img58394216.jpg
(´・ω・`)……傷はともかく、なんだか欲しくなってきました。
たまにチェックしておこうっと。

銀輪座

2011年02月03日 トラックバック(0) コメント(0)

Pelizzoli SOGNO (ペリッツォーリ ソーニョ)完成車

img58425370.jpg
イタリアンハンドメイドモデルPelizzoli  SOGNO です。
SOGNO=ソーニョ夢という意味で、いかにもイタリアンな
センス。

ジョヴァンニ・ペリッツォーリ氏が1967年に開設した工房で
組まれたスチールフレーム。


フレームにはCOLUMBUS SL。フレーム寸法は現在使用されている
パーツ寸法を計算して組まれています。
この写真はカンパニョーロ・ヴェローチェ、トラディズィオーネハ
ブ&リムのシルバーパーツ仕様と言う事になります。

正直、見ているだけで楽しいですね。
img58425371.jpg
ヘッドセットにはイタリアのパーツメーカーオフメガ社のデッドスト
ックを使用。
なんですか? ちょっと見た感じ凄い高級感がありますね。
神々しい。

なんとなくですが、GIOSの本国生産モデルと見た目というか
雰囲気がとても似ています。

あとブレーキワイヤーを良く見て見るとフルアウターの上通し
なのもちょっと目を引きます。

ヘッドチューブのPelizzoliのロゴが、ちょっと異文化ですね。
このデザインというか色合いは、さすがに文化というか重み
すら感じてしまいます。
img58425372.jpg
やっぱり、40代~50代の男性に人気があるのも納得。
De Rosa - King XS (Super Record - 2017)

2011年02月01日 トラックバック(0) コメント(0)