スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 月別アーカイブ 2011年01月

ciocc Replica チョッチ レプリカ (イタリアン・ハンドメイドフレーム)

img58059528.jpg
イタリアンハンドメイドフレームって綺麗ですね。
CIOCC(チョッチ)のハンドメイドラグ付きフレームです。
フロントフォークの方にCIOCCと刻印がしてありますね。
さすがに、価格が価格なのでシートステーやチェーンステー、フォークに
はメッキ処理はしていませんが。
そのかわり、かなり誰でも買えそうな価格に持ってきています。

またコンポーネントはシマノティアグラ。駆動系のパーツはシマノ。

あとフロントフォークの形状が面白いですね。確かチョッチのカーボン
モデルもこのようなうねりのあるフォークでしたが。

おそらくコロンバスのオリジナルクロモリチューブを使っていると
思いますが、気になる方は販売店に問い合わせた方がいいかも。

やっぱりベッドチューブにダイヤやハート、クローバー、スペード
マークがあしらっているあたりにイタリアンな印象を受けます。

確か、フレームが日本仕様という形で輸入されて各ショップで
組まれている模様です。

( ;゚ω゚)……でも20万ぎりぎりで乗れるんですね? イタリアンスチール
モデルでも。

img58059529.jpg
この細いフレームが醸し出す雰囲気はただ事ではありません。
イタリアングリーンというのも実にいいですね。
img58059530.jpg

2011年01月31日 トラックバック(0) コメント(0)

ZULLO METRO (ズッロ メトロ) 完成車 シングルスピード

img58434108.jpg

 ( ;゚ω゚)……へえ、音楽に合わせて溶接している?
さすがイタリア。明るい。
本当に一台、一台組んでいるんですね。
機械溶接とは別世界で、凄すぎます。
確かにこれなら、個人別の細かい注文に対しても対応してくれる
訳ですね。

うちの近所の工場と同じ雰囲気……やっぱりこういうのは
世界共通なのでしょうか。

ティツィアーノ・ズッロ氏が営む工房だそうです。
カラーリングもこなしているそうですが、雰囲気ありますね。

クロモリシングルスピードZULLO METROって二本のトップチューブが
シートステーに繋がっていてビジュアル的に素敵な
シングルスピードだと思うのですよ。
こういう工房で組まれているのだとしたら、なんとなく
この華麗なデザイン性の高さも納得できる訳で。

ブロックスのサドルもいいですが、このイエローカラーに
色気を感じてしまいます。
いいなああ。 

img58434109.jpg
グリップもBROOKS LEATHER を採用。

650C仕様でフレームサイズは47cm 適合身長は 155-165cm

ハンドメイドモデルということで、ちょっとした価格ですが。
でも美しいですね。
img58434110.jpg

Cinelli - Vigorelli Steel (2017)

2011年01月30日 トラックバック(0) コメント(0)

MILANI Replica (ミラーニ レプリカ) ゴールド

img59286784.jpg
イタリアミラーニのハンドメイドモデル「REPLICA」ですね。
完全にハンドメイドのメイドインイタリ―モデルです。
イタリアで3代続いている老舗メーカーで、さすがに雰囲気が
ありますね。従業員数14名の工房で全て組まれている工芸品に
近いロード。
カーボンフレームの他にも、ステンレスフレームまで扱う技術力を
持ったメーカー様だとか。
カーボンの窯まであるのメーカー様ですか……手作りカーボンフレー
ムってどんな感じなんでしょう?

ホリゾンタルフレームに使われているパイプは、コロンパス社ぼ最
上級鋼管「SPIRIT」。
コンポはカンパのアテナ。
シンプルかつ軽量なモデルになる様に心がけているとか。
渋い……渋すぎて逃げ出したくなります。

ラグの形状もミラーニならではの雰囲気が出ています。
綺麗ですねえ。
設計から製造、ペイントにいたるまで全てミラーニ社が手掛けている
だけあってまとまっています。
ゴールドカラーでもここまで上品になるとは、驚きです。
価格も驚きですけど。
img59286787.jpg
率直な感想として、日本人の為に作られたバイクというよりは
イタリア人の為に作られたバイクという印象。
日本でも希少ながら結構暗躍して走っているとか。

img59286789.jpg

De Rosa - Idol (Ultegra - 2017)

2011年01月29日 トラックバック(0) コメント(0)

Daccordi New Griffe(ダッコルディ ニュー グリッフェ) ブラック)

img58236483.jpg
イタリアの老舗メーカー「ダッコルディ」のイタリアンクロモリロードです。
ロゴはシールではなく、ペイントですって。渋すぎ。素敵。
全ての工程(フレーム製作から塗装まで)を自社で行っているだけあって、
画像から見てもとても綺麗。
しかも丁寧に組まれているのが解ります。

ラグドスチールフレームにはコロンバス社のSLXを使用。
イタリアのフレームビルダーがきちんとハンドメイドで組んで
いるのでしょうね。
しかもカンパニョーロ・アテナ仕様でクランク付近が
美しいですし。リア11速。
フロントフォークも、もちろんクロモリ。

現在のダッコルディはアルミやカーボン、チタンまで扱っているそうですが
あくまで自社生産を行っている数少ないメーカー。
カーボンに関してはパイプから製造しているのだから、ちょっと凄い
ですね。
1985年頃に発売されていたSLXデッドストックパイプを使っ
て組んでいるということは……
ストックが無くなったらどうするんでしょうね?
相当安定感がある、走行性能らしいですが。

そういう意味で、かなり希少なモデルなのかも。
一台のみの販売だそうです。
img58236484.jpg
CRANK SET CAMPAGNOLO ATHENA

どこから見ても、絵になりますね。
COLUMBUS SLXのステッカーも確認出来ます。

img5558236485.jpg
SADDLE SELLE SAN MARCO CONCOR LIGHT

Cinelli - Nemo Tig (Potenza - 2017)

2011年01月28日 トラックバック(0) コメント(0)

Calamita due+(カラミタ ドゥエプラス)限定オレンジカラー

img57610208.jpg
Calamita due+の限定モデルですね。しかも取扱い店舗が限られている本当の
限定モデル。
この限定モデルは日本で20台程販売されているとか。
img57747176.jpg

上の画像は通常販売モデルdue+クロモリフレームですが、特殊なコーティング処理も施し
ているので透ける様な光沢感が楽しめます。
Electoro-deposition電着塗装法という塗装コーティング技術でして、この方法
ですと、この光沢感や、塗料使用量も抑える事が出来ます。
環境にも優しい塗装技術が採用されているあたり好感が持てるのではないでしょうか。

(´・ω・`)……due+限定モデルはこの塗装方法なのかなあ? ちょっと不明。


いずれにしても、クラシックなクロモリロードというよりは街乗りや都会
で走るクロモリというイメージですね。
リムやサドルもホワイトカラーで統一している様ですし。

しかも、変速はレバーではなくあえてSTIシフトレバー。
溶接はあえてTig溶接を選択。
ロウ付溶接を駆使したラグドスチールモデルUNOとは、少し違う雰囲気
が出ています。
この限定モデルの取扱台数は1月27日現在、ハクセン様において残り3台
しかないそうです。

img57610204.jpg
SHIMANO SORA STIレバーを採用

img57610206.jpg
オレンジが綺麗ですね。
シンプル。
img57610205.jpg
フロントフォークはストレートカーボン

img57610203.jpg
TIG溶接ですね。溶接跡も丁寧に処理した模様。
img57610202.jpg
ダブルバテッド・クロモリ。

img57610207.jpg
img57610201.jpg
img57610200.jpg

2011年01月27日 トラックバック(0) コメント(0)

2011モデルLouisGarneau LGS-MV3S 

42315700140-l0.jpg
SDGとルイガノのコラボレーションサドルを搭載しているんですね。
重量は200g台程度では。
軽量ロード用レーシングサドルなので、結構本格的。

コンポーネントにシマノ105が使われていますね。しかもハブも
シマノ105 32H。
更にハンドルやステム、シートポストもFSAを採用して、高級感が
あります。

元々直進安定性が優秀で強力なスポーツミニベロでしたが、出来れば
ルイガノフルカーボンモデルLGS-MVCをお勧めしたいです。
あくまでスポーティに使う方に限りますが。

でもこのLGS-MV3Sも快適性やコーナーリング性能がより向上
している模様です。
もちろん街乗りもいいですが、やはり長距離乗りまわす為のミニベロ
ではないでしょうか?
パーツもロードレサーのミドルグレードに匹敵する豪華さですし。

LGS-MV3Sも、フロントにカーボンを採用していますがやはり衝撃吸収性
や推進力はルイガノフルカーボンモデルLGS-MVCが上。

元々LGS-MV3Sも凄いミニベロだったのですが、年々ミニベロの走行性能
は進化しているのが凄い所です。

もうミニベロでも、あまりごまかしがきかない時代になってきたのかも
しれませんね。
少なくとも数年前のモデルよりも全体的に乗りやすくなっていますし。
42315700140_01.jpg
ハンドルバー FSA TEAM ISSUEドロップ (400mm)

42315700140_02.jpg
シフトレバー シマノ 105 ST-5700
42315700140_03.jpg
ステム FSA OS-150-1XT 100mm
42315700140_04.jpg
ブレーキ TEKTRO ダブルピボット

42315700140_05.jpg
フレーム 6061アルミ
42315700140_12.jpg42315700140_11.jpg
42315700140_09.jpg
クランク シマノ105 50/34T 170mm
42315700140_08.jpg
リアディレイラー シマノ 105 RD-5700
42315700140_10.jpg
42315700140_06.jpg
シートポスト FSA TEAM ISSUE 27.2mm(350mm)
42315700140_07.jpg
サドル SDG フォーミュラFXR



2011年01月26日 トラックバック(0) コメント(0)

2011 RALEIGH CARLTON-C/C(ラレーカールトンCC) 乗り手目線のシクロクロスツーリングモデル

img57588376.jpg
ラレー社が、シクロクロスの技術をツーリングモデルに取り入れた
のがこのRALEIGH(ラレー) CARLTON-C/Cです。

ロングライドを想定しつつ、カーボンフォークはシクロクロス
用。全体的に見て、快適性と堅牢性を考えた造りになって
いるのではないでしょうか。
あくまでツーリングを重視している所がラレーらしいです。

細かい部分を見れば見るほど、良く考えられたツーリングモデルで
あることが分かります。

例えばサドルはゲル入り。二重構造のプラスチックベース。
動き易さと、快適性、堅牢性を意識したサドル。

リムはARAYA AR-713 高剛性と軽量性を意識した
ARAYAの新型リムです。

img57588381.jpg

扱いやすい様に、浅いドロップのコンパクトドロップハンドル
を採用。またハンドルバー上でも、ブレーキング可能な補助
ブレーキも搭載。
img57588380.jpg
カンチブレーキはシマノ105クラス。
img57588379.jpg
しかもフロントフォークは、ブレーキ台座を搭載した
シクロクロス用カーボンフォーク。
このカーボンフォークも、太めのクリアランスのタイヤに
対応しています。
img57588378.jpg

クランクシマノSORAのダブルですが、50-34Tとワイドレシオ。
ツーリングロードを意識し、高低差がある場合の走りを想定。
シクロクロスモデルというよりあくまでツーリングを目的と
していますね。
img57588382.jpg
フレームはアルミバテッド TIG溶接。
 (´・ω・`)……気分転換にラレーを紹介したのですが、あまりに良く
乗り手の事を考えて製造されていることに気づき、肺腑をえぐられた気分。
ここまで、予算が限られた中で誠実につくられているのもめずらしい
のではないでしょうか。
やっぱり、ラレーはあなどれない。

2011年01月25日 トラックバック(0) コメント(0)

大特価情報 2010SCOTT SPEEDSTER-S45CDがなんと65,999円(40%OFF)

SCOTT787.jpg
今年に入って二回目の特価情報ですが、やっぱり格安
割引モデルがありました。


( ;゚ω゚)……2010SCOTT SPEEDSTER-S45CDがなんと40%OFFです。
どうして? 確かに割引されやすいモデルではありますけど
実質4万円引きとは……

SPEEDSTER S30 CDなら試乗した経験がありますが、とても
乗りやすいモデルですよ。過去の体験レビュー記事↓

試乗体験 SCOTT SPEEDSTER S30 CD(スコット スピードスター S30 CD) インプレ

調度、サイクルベースあさひ様のHPが最近リニューアル
されたそうで、その目玉商品としての大幅OFFだそうです。


100000001552_11.jpg
クロスバイクよりも、なぜか乗りやすいモデル。
コンポはシマノ2300とSORAのミックス。リア9速モデル
ですよ?
普通6万でしたら定価の場合シマノ2300がいいところでは?

フロントフォークにカーボンまで使われているのに。
うーん。
私なら、普通にママチャリ用として使ってしまいますけど。
実際このモデルのアルミフレームは、柔らかめで乗りやすい
ですし。

予算が6万ですと、クロスバイクとか買う場合が多そうですが
良質なエントリーロードバイクを買ってみるのも面白いかもし
れません。

100000001552_04.jpg

他のショップでもSPEEDSTER-S45CDが型落ちとして安く販売されて
いますが、実売価格は7~8万が相場の様です。

(`・ω・´)がんばれSCOTTさん
何気にSCOTTのエントリーモデルはクロスバイクでも、質が
高い場合が多いのであえて掲載しました。

↓ここからあさひ様のHPに飛べます。




2011年01月24日 トラックバック(0) コメント(0)

2011モデルLOUIS GARNEAU LGS-RSR S  アルテグラと105の体感的な差について

img57475132.jpg
この間、105とアルテグラの違いを試したのですが、結構NEW105と
アルテグラの間には高い壁がある様に感じます。

もちろん、105も変速時には「カツカツ」と確実に動いてくれるので
すが、アルテグラはより軽快に「か、か、か」という感じで素早く変
速してくれます。

あの軽やかな変速は、やっぱり高いだけはありますが、そのアルテグラを
フルで搭載したモデルがこのLGS-RSR Sです。
驚くべき事に価格はなんと19万!

しかもLGS-RHCなどの様な、ロードモデルとフレーム構造が酷似しているん
ですよね。
ロードモデルに、いきなりフラットバーを取り付けた感じ。
ただし、車重は7.7kgということで2010モデルとそう変わりはないですが。
(スカンジュウムフレームですね)
悩ましい事に、この上のRSRモデルはコンポはデュラエース。

この下のモデルはLGS-RSR1でシマノ105で大体実売価格は13万。

街やロングライドを求めるならRSR1で十分な気がします。
実際2011モデルRSR1を試乗して、かなり使えそうでしたし。

更に上をいくRSR Sとなると、更にスポーティにかつ変速時
の軽快さを求める方にいいのかも。
RSR1の運動性の高さは素晴らしいですが、はたしてロード
バイクレベルかというと少し疑問が残ります。

ですから、あくまでロードレベルに匹敵するフラットバーロード
が欲しい方にこそ、このLGS-RSR Sに乗る価値があるのでは。

つまりこの辺りに、13万と19万の差が出てくるのかもしれません。



img57475138.jpg
ハンドル EASTON EA90

img57475137.jpg
フレーム LG SCANDIUM

img57475135.jpg
MAVIC AKSIUM COMPLETE WHEEL
フォーク EASTON CARBON EC70
img57475136.jpg
img57475134.jpg
SHIMANO ULTEGRA 50/34T
ULTEGRA をふんだんに採用。結構真面目。
img57475139.jpg
img57475133.jpg
サドル SELLEITALIA FLITE GEL FLOW

2011年01月23日 トラックバック(0) コメント(0)

2011 BIANCHI LUPO(ビアンキ ルポ) クロモリシクロクロス

img57526758.jpg
シクロクロスだけあって、スポークの数が多いですね。
クロモリフレーム。価格はリーズナブルですけど、堅牢性、
耐久性は充分。しかもフロントフォークまでクロモリですよ?
8万ですが、使い方次第では20万や30万のロードには出来ない
遊び方もできるはず。

ストリート仕様のデザインですけど、それもまた良いです。
特にトップチューブのLUPOのロゴが、乙女使用。
輪行、またはツーリングなど、結構長距離を走る為に愛用
されている方が多いです。

更に面白い事に、ユーザー様は実用性を重視してこのLUPOを
購入される方が多いのですが、購入後はこの華麗なビジュアルに
満足されるとか。
確かに綺麗ですものねえ。

あとそうそうSTIと補助ブレーキも搭載している模様です。
img57526754.jpg
そういえば、シクロクロスはシクロクロスなりに走行感が
軽い場合が多いです。
このLUPOも、やはり「軽い」という感想が多く見受けられます。。
img57526753.jpg
フロントフォークはクロモリに、KORE RACE CANTI。

img57526751.jpg
POPなデザインも2011モデルの魅力の一つ。
img57526750.jpg
クランクはFSA VERO 50/39/30Tトリプル。
img57526757.jpg
タイヤはVITTORIA Randonneur CROSS 700C X 32C
img57526756.jpg
サドルにはサンマルコサドルを標準装備

2011年01月22日 トラックバック(0) コメント(0)

2011年モデル BD-1 ALFINEの予約が開始した模様です。

とうとう、内装11速搭載のBD-1 ALFINEの予約がスタートです。
確かサイクルモードでの仮名称はBD-1 11SPEEDでしたが
BD-1 ALFINEという名称に正式決定しましたね。


(`・ω・´) ぶっちゃけ、ぶっちぎりで売り切れる気がするお!!

IMGP0556aa.jpg
2011 BD-1 内装11速テストモデル r&m リーズ&ミューラー

↑テストモデルの動画と画像、あと試乗した感想が記載されています。
さすがにハイポリッシュではありませんが。


試乗車は水色でしたが、なんと限定ポリッシュカラーで登場。
やはりプレミアムモデルとして展開する模様。
水色でないのが、少し残念。
あれ、かわいいカラーリングでしたから。

重量は11.9kgと意外に控えめ。
個人的には機動性充分のミニベロだと思います。ギアもトップに
すれば、ちょっとした走りをみせてくれますし。
機動性は9SPEEDと五分以上の走りです。


で、同じく限定でDISKブレーキ搭載モデルもあります。
さすがに、ALFINE&DISKブレーキを同時に採用はしなかった
模様。





2011年01月21日 トラックバック(0) コメント(1)

TREKまとめ  試乗体験インプレまとめ集に追加

TREK MADONE6.9SSL 
TREK MADONE6.9SSL 


TREK MADONE5.2
TREK MADONE5.2



TREK MADONE 3.1
TREK MADONE 3.1



TREK MADONE1.1
TREK MADONE1.1



TREK Cronus CX
TREK Cronus CX


以上の試乗したTREKモデルを2011モデル 試乗体験インプレまとめ集に追加しました。

(自分用メモ)
TREKって、フラグシップモデルからエントリーモデルにかけて
とても基本的な走行性能が似ていると思います。
共通して、高速巡航(もしくはスピードに乗った際の)運動性能
がとてもいいという事です。
逆に、スタートダッシュはエントリーモデルになるほど、少し辛い
のでは。
同時に、やはり値段が上がるにつれて推進力も良くなりますね。
エントリーモデルの方が、少し脚力を使います。

極端な話、レースや機動性重視ならよりマドン5以上がお勧め。
もし、コンフォートというか街乗り感覚で乗るならTREK MADONE1.1
で充分。
例えエントリーモデルでも、フレームに関してはとてもいい感じでした。

USAメイドのTREK MADONE6.9SSL と台湾メイドのTREK MADONE5.2
の性能差についてですが……それ程巨大な性能差があるという訳では
ないのでTREK MADONE5.2の方がお勧め。



(´・ω・`)……何気にシクロクロスモデルのTREK Cronus CXは、かなり隠れ
た名モデルなのでは。
実は一番欲しいと思ってしまったというか。田舎で走るのに使えそうというか。
ミニベロとは対極的なモデルですけどね。

2011年01月19日 トラックバック(0) コメント(0)

動画レビュー 2011 TREK MADONE5.2(トレックマドン5.2) 試乗体験インプレ


トレック1くぁ
ミドルグレードということで、このMADONE5.2に乗りました。

このMADONE5.2に関して、2011モデルから生産国を変更し一気に
コストダウンに成功したモデルです。10万程安くなったとか。
(生産工場がUSAから台湾のTREK専用工場に移された)


( ゚∀゚)……とりあえず、感想を箇条書きにしてまとめました。
①TREKシリーズの中で、一番コンフォート性、快適性が高め。
ただし、スピードを出した時、邪魔にならない程度の快適性。
体にフレームが吸いつくような、高級感が楽しめる。
コンフォートモデルという訳ではない。

②やはり速度に乗った後の、加速性がずば抜けていた。更にマドン3.1
よりもコーナーリング性、運動性は更に高め。
特にカーブなども心地よく曲がってくれたので
ゼロ加速はわりと静か。しかし高速になると強力な剛性感が楽しめます。

③ミドルグレードというよりは、マドン6.9の様なトップグレード
に近い走行性能を有している。低速の場合はほとんど差がないのでは。

④コンポーネントにシマノアルテグラを搭載。流石に変速に関しては
反応が速い。一秒を争う時変速操作の際には、ストレスなく変速可能。

⑤脚力が無い方、あまりロードに乗りなれていない方に一番向いている
モデルだと思います。のりやすいし、脚力が無い方や、ロードに乗りなれて
ない方でも、結構MADONE5.2 がフォローしてくれるはず。
結構懐が広い乗り易さ。運動性本位のモデルなのは確か。


⑥実はこのMADONE5.2が一番気に入りました。だって、ほとんど上位
グレードと変わらない上に、扱い易かったので。
なのに、この価格に抑えてきたのはご立派。
ケーブル類は内蔵。カーボンはTCTカーボン。
ハイモジュラスカーボンと通常のカーボン素材を組み合わせているとか。

TREKujjjj.jpg
TREK3546tyj.jpg
トレックrfv
TREIK5568.jpg
一見するとボリュームがありそうなBB付近ですが、逆に軽量化と剛性
を確保する為にこの形状になったとか。
トレックtgb

Colnago - C-RS (Ultegra - 2017)

2011年01月19日 トラックバック(0) コメント(0)

動画レビュー 2011 TREK Cronus CX(2011 トレック クロノスCX) 試乗インプレ


TREKのフルカーボンモデル「クロノスCX」です。
めったにない機会だったので、試乗させていただきました。
(感想)
 ( ;゚ω゚)……欲しい……。
ロードにはない、滑らかな走行感。(敢えて言うなら「ぬるり」とした感じ)
まるで、タイヤが路面に吸いつくかのようなグリップ力。

しかも、軽さを生かした走行性能。
タイヤも太いですが、結構速度も出せますので。というか、速度の
乗りが素敵。
これなら、結構ハイペースでロングライドもこなせそう。

段差なんて、どんどん乗り越えていきますし。しかも、まるで振動
が体にこないのが凄すぎです。
 ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ\ / \ / \

ハンドリングも良好。ハブフランジ、フォークエンド、フォークもクロノスオリジナル
だそうで。
こういう感想は変かもしれませんが、低速時はMTBの様な安定感があります。
しかし、高速巡航時はいきなりロードバイクの様な走りをしてくれますね。
こう見えて、やはりTREKらしく運動性が高め。なんとなく、スピードに
乗ってからの推進力が、マドンシリーズに似ている気がします。

アルティメイトカンチブレーキの制動力も、良好。
ちょっと、フレームサイズが大きかったので扱えるか不安でしたが、こんなに
乗り易い子だったとは……。

舗装路しか走っていなかったのですが、これなら悪路も完璧に走ってくれそうです。



TREK46465555.jpg
TREK45677866767.jpg
TREK4646455.jpg
TREK867456.jpg
TREK4564565555.jpg
TREK75776566.jpg
Cinelli - Superstar Disc (Ultegra - 2017)

2011年01月18日 トラックバック(0) コメント(3)

動画レビュー 2011 TREK MADONE1.1(トレック マドン1.1) 試乗インプレ


T2354745.jpg
MADONE1.1アルミフレームモデルです。
こう見えて、MADONEシリーズのエントリーモデルですが、MADONE
6や5などの上位モデルとほとんとフレーム形状が同じである事が解ります。

アルミフレームらしく推進力高め。で、意外だったのはかなり乗り易かった
という事。
アルミフレームなのに、硬さがなくとてもまったりした乗り心地。

ヘッドが高め。
ゼロスタート時のスムーズ感も、上位モデル譲りの快適さ。
なんというか、ハンドル高が高いのでクロスバイクみたいな扱いやすさ
もあります。

ただし、高速巡航時における、「のび」や「さらなる推進力」は上位モデルに
比べて足らないとは思います。
でも、8万クラスでここまで走行性能をもってきたのは凄いところ。

パーツはエントリーモデルなのでシマノ2300を採用していますが
全然走行性能に関しては妥協していません。

あとしつこい様ですが、アルミなのにとても乗り易いです。
下手なカーボンバック搭載モデルよりも、良い感じがするのですが。
普段用や、初めてロードに挑まれる方にとって満足出来るモデルなの
では。
これで8万クラスなんて、TREK恐すぎ。

あと、やっぱりいざという時どれだけ前に進めるか? 加速出来るか?
秒単位で戦いたいという方は思い切ってMADONE5シリーズから始め
た方が賢明かもしれません。

 ( ゚∀゚)リーズナブルだけど、アルミらしくない、おもしろいロードです。
ちょっと普段用に欲しくなりました。

T01347.jpg
T345677777.jpg
T23536.jpg
T345533.jpg
T2345354.jpg
De Rosa - King XS (Chorus EPS - 2017)

2011年01月17日 トラックバック(0) コメント(0)

動画レビュー 2011 TREK MADONE6.9SSL Radio Shack 試乗体験インプレ


T556.jpg
(`・ω・´)MADONE6.9SSLを試乗しました。しかもRadio Shackカラー!
HEXという、軍事用カーボン素材を採用しているのでアメリカ国内
でしか製造されていない高級ハンドメイドモデルですね。
聞いた話によると、HEXのカーボンシートをめぐって第三国
がロケットやミサイル技術に使用する可能性があるのでかなり
扱いが厳重だそうで。
(マドンは加工済みなので、安心)

実際に試乗した感想としては……やたら剛性が強いという印象。
高速にすればするほど、更にペダルが回るという不思議な走行
感が楽しめます。
どこまでも、前へ前へ伸びて行く感じ。

剛性も強力。ゼロ加速もやっぱりいいですね。
乗っていて面白かったのは、いつの間にか静かに加速しているという
事。
なんというか……勝手に? 速度が出てしまうのですよね。しかも
早く走ろうなんて意識せずに。
例えばコルナゴのカーボンモデルだと、「ドン!」と加速していきますが、
TREKの場合は「すーーーーーーーーー」っと静かに加速が始まっている感じ。
(そういう意味においては、不気味な走行性能を秘めていると思います)


あとコンフォートモデルという訳ではなかったのですが乗り易かった
ですね。衝撃吸収性、運動性能など出しゃばった感じがしないのに
いつの間にか、このバイクに引き込まれて走っているというか
(このバイクとシンクロしそうで、ちょっと怖かった?)

もちろん、誰でも乗り易いとは思いますが、より脚力やテクニックのある
方が乗ったら大変な事になるのでは? という感じ。

T34645.jpg
T46456.jpg
ボントレガーのカーボンホイール
T5644.jpg
T67886.jpg
BB90を採用。セラミックベアリング。
T23353jpg.jpg
T678.jpg
Colnago - CLX (Ultegra - 2017)

2011年01月16日 トラックバック(0) コメント(0)

動画レビュー 2011 TREK MADONE 3.1(トレック マドン3.1) 試乗体験インプレ


物凄く気になっていたんですよね、20万でフルカーボンのマドン3.1。
2011年モデルとして初登場した注目のTREKカーボンエントリーモデル
です。

で、試乗した際の感想は「機動性重視」と「万能性」が良かったです。
割と、低速だと大人しい子なんですけど、スピードが乗り始めると
加速に次ぐ、加速で、快感。
またスピードが乗った際の、ハンドリングが良質で安定感抜群なのには
驚かされます。
どんな速度でも、安心して乗れますね。
思ったんですけど、これは結構ロードらしいロードなのではないかな……と。
これなら、どんな条件下でも走れるバイク。
それ位、色々使えそうな印象を受けました。

ロングライドも、レースもこなしてくれそうですし、多分街乗りにも通勤に
も使える万能性があります。
弱点らしい弱点がない優等生なのでは。
普通、他社のモデルですと、なにかしら強力な長所を感じたりします。
マドン3.1の場合、何かこうレースなどに使う為の高い走行性能が隠れて
いるかのような感じがしました。
高速巡航する辺りから、本来の性能が生かされてくる印象。

路面からの吸収性は割と普通ですが、ポジショニングが微妙にアップライド
になり結構お気楽。

初心者の方でも楽しく乗れるし扱い易いのは間違いないですし、脚力
のある方でもしっかり答えてくれるはず。
ただし、更に戦闘的にレベルの高い走りを目指したいならマドン5シリーズ
を選択するのもいいかもしれませんね。

あと、走行性能的にマドン3.1とマドン5、6シリーズを比べると結構性能差がありました。
あちらは39万とかの世界ですから仕方がないとは思います。
トレック1
トレック2342435
トレック22
トレック2342
このトップチューブとダウンチューブの平べったさは
マドンならでは。20万でも、やっぱりマドンらしいですね。
トレック
BBはBB86方式(アルミ製のベアリングカップ)
トレック3332
Colnago - CLX (Ultegra - 2017)

2011年01月13日 トラックバック(0) コメント(0)

2011TREKのカーボンモデルを試乗してきました

実はTREKのロードモデルを試乗してきました。
 

(`・ω・´) ぶっちゃけ、2011モデルのTREKはとても面白い気がするお!!

また、明日から5台ほど動画でレポートをしますので、よろしくです!!

2011年01月12日 トラックバック(0) コメント(0)

2011年モデル PROGRESSIVE RACING COMPACT BIKE CX-206-16R

11_progr_024542_02.jpg

それにしても、CX-206-16R のカラーリングがとても気になります。
コンポはロード系2300フレームはアロイと表記してあったので
アルミ系。

フロントフォークはクロモリ。
多分振動が相当上半身にくると思うのでグローブは必須。
そういう意味では、ミニベロらしいミニベロ。
加速などはそれなりにこなしてくれます。

一応ワンサイズですね。
カラーリングでは、かなり成功しているのでは。
そういえば、どこかの有名店でウルトラマン限定カラーリングモデル
とかいうのが出ていたのを思い出してしまいます。

 ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル 落語の桂三枝様がまさか、PROGRESSIVE乗りだとは……
こ、これはPROGRESSIVEが関西メーカーだからでしょうか?

11_progr_024542.jpg
まったくPROGRESSIVEとは関係ないですけど、ムヒのヒビケア愛用されて
いる方はいらっしゃいますか?
最近、走っていると寒さのせいで踵が痛くてたまりません。
なんとかならないでしょうか?
とりあえず、手持ちの保湿クリームで少し良くなったのですが。


11_progr_024542_01.jpg

2011年01月11日 トラックバック(0) コメント(0)

数量限定大特価情報 2011 LOUIS GARNEAU LGS-TR1

img57475917ss.jpg

(´・ω・`)……たまにですが、セール品とか特価品の情報をピック
アップしてみることにしました。

いつもニューモデルが出た辺りから、前年度モデル
の価格が一気に下がり買いやすくなるのを狙っているのですが。

こういうのもなんですけど、結構そういうのって買う方としては
ありがたいですよね。

いえ、結構手持ちのクロスバイクとかなんですけど、型落ちのモデルを
よくショップで格安価格で買ったりしていたので。
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル
あれって、価格を聞くと結構悪魔の誘惑ですよね。あはは。


で、今日紹介するのはなんと2011LOUIS GARNEAU(ルイガノ)
LGS-TR1 モデルのセール品です。
2010モデルじゃなくて、2011モデルです。 



希望小売価格 52,500円 (税込) がなんと販売価格 41,905円 (税込 44,000 円) 送料込
実質1万以上値引きされています。
他のショップですと大体46000円程度が相場ですが、このセール品ですと更に4000円安い
ですね。
限定6台。

入門用クロスバイクとしては、人気の車種ですよね。
で、さすが2011モデルだけあって、6台のセール品の内、既に二台売れてしまっている模様。

あくまで一例ですが、こういう数量限定やセール品の場合、頑張れば3万~4万で良質な
クロスバイクが手に入る場合があります。

( ゚∀゚)……とりあえず本日は1台だけの紹介ですけど、週一ペースで何台か紹介してい
きたいと考えています。

2011年01月10日 トラックバック(0) コメント(0)

2011年モデル Manhattan Bike (マンハッタンバイク) M451X (M451-X) クロモリミキストフレーム

11_mnhtn_023642.jpg
めずらしいですね。20インチホイールサイズホイールなの
にミキストフレームですよ。
走行性能の高い451規格の20インチホイールので、意外に走りそう。
キャリア―もついています。
しかも、飾りではなく実用本位の設計なので籠を取り付け可能。
元々、街乗りブランドのマンハッタンらしく、スタンドまでついてきます。

一瞬、ブルーノの新型かと錯覚してしまいました。


しかもフロントフォークは、700Cサイズ。
これは、ミニベロのフロントフォークは短めで、どうしても走行中ふらつい
てしまいますが、700Cサイズのフロントフォークなので相当ふらつきが抑え
られているはずです。

 (´・ω・`)……とはいえ、年々ミニベロはなんとなくですが全体的に
乗り易くなってきています。
特に2011モデルは、ミニべロの老舗メーカーが頑張っている様な。
やっぱり長年ミニベロを作っていると、品質が向上するのでしょうか。


Reynolds520クロモリを採用。やはり路面からの衝撃吸収性を高めるためシ
ートステーも曲げ加工してあります。フロントシングルで8段変速。
かなり見た目、細くて繊細なフレームですね。
でも、見た目以上に走行性を高めている設計なので、なぜか注目してしまい
ました。

11_mnhtn_023642_02.jpg
何気にペダルはスケルトンクリアー。
これで、籠をガッチリ取り付ければ街乗り最高。
価格は、結構頑張っている方だとは思います。
乗り易さ重視&適度なスポーツにも使えるのでは。

2011年01月09日 トラックバック(0) コメント(0)

2011モデルBIANCHI ZURIGO(ビアンキ ズリゴ)  アルミフレーム&105搭載

img5752665fg2.jpg
アルミフレームにカーボンフォークを搭載したビアンキのシクロクロスモデル
ですね。
名前が「ズリゴ」

そういえば、全然関係ないですけどプロモデルのシクロクロスバイクでアルミフレーム
&クロモリフォークというもの普通にあるんですね。

かと思えば、クロモリシクロクロスバイクも第一線で戦っていたりもするのが面白い
所ですねえ。
なんだかんだで、プロとしてはクロモリフレームの衝撃吸収性を重視して愛用されたりも
しますし。
アンカーあたりで、クロモリシクロクロス出ていますね。
渋くてかっこいいです。

でも、市場的にはやっぱりシクロクロスのカーボン化が着々と進行しています。
確か2011モデルのルイガノでも、フルカーボンのシクロクロスが出ていて。
やっぱり、なんだかシクロクロスモデルの流行の兆しが見えたりするので、ちょっと
面白いです。

例えエントリーモデルでも、シクロクロスモデルは乗ってみると面白かったりしますし。

で、このズリゴなんですけど価格が11万程度なのに、なんとシマノ105を搭載している
のです。
フレームも7005アルミと手を抜いていないご様子。

サドルはサンマルコ
なんとなく、フレームは同抜きのクラシカルな印象ですけど、シクロクロスバイク
として、かなり力が入っています。
シクロクロスモデルなのに優雅さがあるのはビアンキならでは。

ブレーキはKORE RACE カンチブレーキ

img57526650.jpg
img57526649.jpg
img57526648.jpg
img57526646.jpg
img57526647.jpg
img57526645.jpg
img57526651.jpg
img57526644.jpg

2011年01月08日 トラックバック(0) コメント(0)

2011モデルBIANCHIPISTA DROP(ビアンキピスタドロップ)  やっぱり冬はシングルスピード

img57526915.jpg
BIANCHI PISTA DROPを良く見て見たら、スレッドステム
になっていますね。
へえ。
スレッドステムなので、フロントフォークのコラムが出ていません。
競技用ピストはスレッドステムなので、2011モデルは、よりピストら
しくなったという事でしょうか?

ステムとアヘッドが一体なので、見た目も美しいですねえ。
確か別モデルのシングルスピード、「ピスタプラス」はアヘッドステムの
様です。
勿論両モデルとも、クロモリですけど。
そういえばFUJIは好んでスレッドステムのモデルが多い様な。
まあ、好みの問題もあるでしょうけど。
やっぱり、よりピストらしさみたいなものを演出したいのかと思います。
でも、あえてピンクカラーを打ちだしてきたあたりに、面白みを感じたりも
しますが。

あと、最近寒過ぎて変速操作がもう辛くて……シングルスピードですと変速
しなくていいのでいいなあ。
(そういえば、最近寒くてなぜか自転車の姿が激減していてなんだかさみしい……
今日の向かい風は素敵すぎました……)

(`・ω・´)ちなみに手の荒れには、花王の保湿クリームキュレルが最高です。
色々なメーカーの保湿クリームを試しましたけど、これがベストオブベスト。

花王 キュレル潤浸保湿クリーム



塗ると一発で、手の荒れが引いていきますから。
ベタつきもなく、さらさらしていますし。
全国の薬局の化粧品コーナーに、テスター(お試し)が置いてあるので
自転車で手荒れなどがひどい方は試しにどうぞ。
一日一回塗るだけで、手がしっとりしてきますよ。
保湿クリーム界のデユラエース的な存在?
実はシングルスピードより、こちらの方がお勧めだったりして。
何気に、美白クリームのテスターは人気がありすぎてほとんど空の場合
が多いです。

img57526913.jpg
img57526911.jpg
img57526912.jpg
フロントフォークがかっこいいですね。
良く見て見ると、シートステーも同様に素敵。
表参道でやたら見かけるのも納得。
img57526909.jpg
img57526910.jpg
img57526914.jpg
img57526908.jpg

2011年01月07日 トラックバック(0) コメント(0)

2011年モデル KHS P-20RA  今年はイエローシルバーのカラーリングがお勧め

11_khs_023567_L.jpg
なんだか2011KHSってカラーリングが結構良い感じになりましたね。
いいなあ、このP20-RAのイエローシルバー。
あまりにも画像情報が少ないのが残念ですが。
でも、やっぱり長距離乗れるミニベロとして、貴重な存在でも
あると思うのですが。

シートステーの部分にソフトテールというクッション機構があるのですが
オイルサスよりも、路面に吸いつく様でとても走り勝手がいいので好きです。

(ソフトテールは、路面からの衝撃時に、チェーンステーのしなりを抑制する働きがあります)
ミニベロなどの場合、結構この振動があなどれない場合が多いのですが。
特にスピードなどを出した場合。
試乗した時も思ったのですが結構フルホイールサイズのバイクに近い乗り心地
のミニベロなのは間違いないです。

ただし、派手さがないのであまり注目されませんが。
うーん、なんだかもったいない。
他社のミニベロ、フォールディングモデルと比べてもなかなか高い
走行性能を有しています。

何気に耐久性というか長期間結構酷使できるミニベロです。
近所の方が、もう数年愛用されていますが今でもかなり走るそうですから。
(ほとんど、ママチャリ化していますが。それでも毎日買い物できちんと
重量物を運ぶ姿はご立派。ショップできちんとメンテナンスされています)


(´・ω・`)でもやっぱり、収納性とか知名度デザインでブロンプトンに少し
押されちゃうのかも。
走行性能は絶対いいのですが。
うーん。

2011年01月06日 トラックバック(0) コメント(0)

2011 LOUIS GARNEAU GORDY(ルイガノ ゴールディ) ちょっとめずらしいクロモリMYB

img57476003.jpg
ちょっとめずらしい、派手なクロモリMTBですよ。
一見お洒落MTBみたいですが、何気に渋さも感じます。
男らしく? フロントフォークはクロモリですし。意地でもサスペンション
を取り付けなかった模様です。
美意識すら感じさせる街乗りMTBですね。
しかもこころ難い事に、タイヤは26X2.10と走り易さと、クッション性を両
立。
大抵の街乗りMTBはブロックですが、このGORDYは最初からセミスリックなの
が有難いですね。

何より、ビジュアル的にもクロモリの細さとカラーリングの大胆さは
その辺の街乗りMTBにはない魅力になっています。

カンチブレーキを採用したのは、やはり初期のMTBの様なブレーキを意識した為だ
ったとか。
ディクスブレーキの為の台座もついているので、将来的にディスク化も可能。

サドルやグリップカラーも落ち着いて都会的な雰囲気が、出ていますが、田舎道の
方が絶対向いているのでは。

 (´・ω・`)いえ、もうリアルに砂利とか、農道とか、とんでもない溝とか結構
過酷な路面なのでこれくらい太めのタイヤではないと、対応できないというか。
普通に、いたる所に氷が張っていますし。
この程度の太いタイヤで、バリバリ割りながら走るのが楽しいのです。

もっとも、雪が降ったらMTBといえど無力ですけど。

逆にそういう過酷な路面を、ロードで走る方もいてロマンを感じたりもするの
ですが。

とりあえず、他の方が乗っていない様なクロスバイクかMTBをお探しの方にも
いいですし、買ってからでの色々使えるので損はないはず。

img57476011.jpg
img57476004.jpg
img57476009.jpg
img57476008.jpg
img57476007.jpg
img57476005.jpg
img57476006.jpg

2011年01月05日 トラックバック(0) コメント(0)

多機能井ウォッチSUUNTO M2

( ;゚ω゚)……お正月食べ過ぎたので、一日中走っていました。


ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル 今年はおせち当番だったのですが
大好きなハムを重箱に詰め過ぎたのが原因でしょう。


というわけで、フィットネスに使える多機能ウォッチがこれ↓

suunto-m2-fuchsia2.jpg
(´・ω・`)……いいなあ、SUUNTO M2。お気楽に使える多機能
さが売りのエントリーモデル。

どちらかというと、スポーツというよりカジュアルデザイン。
といいながら、これでも付属の心拍計測ベルトを取り付ければ
心拍数と消費カロリーも計測出来る優れモノ。

その際は、WATCH本体にデーターを入力するのできちんと正確に
計測をしてくれます。

どちらかというとフィットネスメインな方。
ブラックもありますので、彼女様とペアでも。

街乗りで、ミニベロやクロスバイクをまったり乗られる方でも
お気楽に使えるのがいい所。
価格もかなり優しいのがいいですね。

2011年01月04日 トラックバック(0) コメント(0)

2011 LAPIERRE SHAPER 900(ラピエール シェイパー 900) ハイモジュラスカーボンモノコック シマノアルテグラ搭載

11_lapie_024560_L.jpg
 (`・ω・´) ちょっと凄いクロスバイクです。
なんとHMカーボンモノコックのクロスバイクで、ロードバイクの
ラピエールセンシウムをベースにしたモデルです。

元々レースも戦えるコンフォートロードモデルをベースに
しただけあって、ロングライドもこなせますし。
更にレースなどにも対応できそうな強力な戦闘力を有するバイクです。
一応フィットネスバイクとして、LAPIERRE社は売りだそうと
していますが……。
やっぱりどう見ても、戦闘的。

コンポーネントは、なんとシマノアルテグラ。
 ( ;゚ω゚)……しかもフロントはトリプルなので30SPEED!

ホイールはFULCRUM Racing7ですし、シートポストやハンドルバー
はEASTON社のパーツを採用。
車重は8.1kg
いいなあ、坂道とかかなり楽そう。

あそうそう、シートステーにはエラストメリックコネクタを装備しているので
脚力を逃がす事が無く、衝撃を吸収出来る機構がついているそうです。
(シートステー上部に取り付けてあるはず)
元々、コンフォート&ロングライド用のセンシウムに取り付けてあった機構
をそのまま、クロスバイクに応用。
ケーブル類も内蔵されていますねえ。

コンポといい、パーツいい相当凝ったクロスバイクなのでチェックしておいて
損はないかも。
なんだか、普通にドロップハンドルがついていても不思議でない高性能モデル。

2011年01月03日 トラックバック(0) コメント(0)

2011モデルMASI GRAN CRITERIUM(グランクリテリウム) 復刻モデル

img57709333.jpg
 ( ;゚ω゚)……物凄く気になった、クロモリロードです。
まだ私は生まれていないんですけど、なんと1970年代からあるモデルが
このMASI GRAN CRITERIUM(グランクリテリウム)です。
復刻モデルとして登場です。

凄いですねえ。
ダウンチューブの国旗の刻印も、1970年代そのまま。
MASIはどうもアメリカにのれん分けしていたらしく、このモデルは
American MASI Gran Criteriumの復刻版の様です。
工房のお話とか、調べてみるとかなり面白いです。歴史があるんですね。


工房でハンドメイドしていたモデルの復刻盤ですか。
ちなみに、この復刻モデルについてですが……
なんとフレームはReynolds 525 ラグド ダブルバテッドクロモリで組むという
高級路線。
これ位品質のいい物を使わないと、復刻盤として納得出来なかったのでは。
もちろんフロントフォークもクロモリ。

確かBH DESEOも同様のフレームでしたね。
最近本当に高級クロモリモデルがどんどん出てきます。


コンポーネントはなんとアルテグラと105のミックス。
変速はSTIです。
価格は結構しますが、高い品質を維持しているロードレーサーということは間
違いなそうです。
何気にクロモリモデルにはめずらしいリア10速ですし。

2011年01月02日 トラックバック(0) コメント(0)

あけましておめでとうございます。2011Bianchi Sempre動画&自転車福袋

(`・ω・´) 昨年は皆々様に様々な意味で大変お世話になりました。

本年もどうかご贔屓にしていただければ大変ありがたく思い
ます。


2011Bianchi Sempreの動画です。
乗り手を選ばない、上品なお嬢様イタリアンバイクですね。
なかなか公開する機会がなかったのですが、本日時間ができた
のでまったりUPしました。


11_other_025485.jpg
11_other_025485_01.jpg
2011年もきゅうべい様は福袋をやられるそうです。
しかもなんと52500円クラスの福袋!

一万円の福袋ですとライトとか、メーターが入っていた
みたいですけど……5万クラスですとウェアとか?

膨大な販促グッズのおまけもついてくるとか。

以下QBEI HPより↓
※以下のアンケートは任意ですが、お答えいただけると、より満足度の高い商品セットになる可能性がアップするかもしれません。注文時に備考・コメント欄よりご回答下さい。

1)年齢・性別
2)身長・体型・各部サイズ
3)お持ちの自転車
4)スポーツ自転車歴
5)WEBサイト・ブログ等お持ちでしたら(Twitter可)



前から思っていたのですが、関西のサイクルショップって
なんというか関東とノリが違って楽しいですね。

京都の某店とかお邪魔しただけで、お茶とかお菓子が出て
きて恐縮したものです。


( ゚∀゚)いずれにしても、本年もよろしくお願いいたします。

2011年01月01日 トラックバック(0) コメント(0)