スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 月別アーカイブ 2010年12月

よいお年を!

( ゚∀゚) さて、いよいよ明日から2011年ですよ。
(´・ω・`)……はい、というわけで……

今年試乗したモデルを勝手にランキングしてみました。
とりあえず、一位は……
IMGP0149.jpg
今年一番印象に残ったモデルは何か? と言われたら一番
印象に残っているのがCOLNAGO M10でした。
正直、C59の怪物じみた推進力も感動したのですが。
やっぱり低速でも、高速でも乗り易い上にどんどん前に
進む感覚が忘れられません。

コンフォートモデルのCOLNAGO ACEの快適性も素敵
でしたけど。でも、あの高い次元での安定性とバランスの
良さ、心地いい加速性は今考えてもうっとりします。

IMGP0534.jpg

次に驚いたのが、この電動ミニベロ2011 LOUIS GARNEAU  LGS-MVE
ですね。
スポーティな電動ミニベロという発想なのに、見た目がかわいい
のが気に入りました。
(本当に見かけで騙されてしまいました。てっきりまったり電動ミニベロだと
思っていたのですが)

IMGP0671.jpg
忘れてはいけないのはラレーです。
どのモデルも、見事でした。
あそこまで走れて、価格を抑えている点については好感が
持てます。


2011年はもう少しニューモデルの試乗台数を増やしてレポート
出来ればと考えています。

本年一年、このブログをご覧いただき有り難うございました。
来年も何卒よろしくお願い申し上げますとともに、来る年が皆様にとって
よい年となりますよう、心よりお祈りいたします。

2010年12月31日 トラックバック(0) コメント(1)

2011 BASSO DIAMANTE(バッソ ディアマンテ)動画 剛性重視のフラグシップモデル


BASSo111.jpg
凄いボリュームのバイクですね。どこを見てもフレームの径が
大きいので驚かされます。
カーボンフォークですら、本当に斧の様です。
BASSOのフラグシップモデルDIAMANTE。
イタリアらしくフラグシップモデルはとにかくレーシーに仕上げてきた
素敵な一台です。

ただひたすら、推進力と剛性にこだわったフレーム構造。
加速力も他社のカーボンロードレーサーを凌ぐ程の仕上がりだとか。


反面衝撃吸収性、コンフォート性はあまりありません。
BBのベアリングも内蔵タイプらしいですし。BB周辺のボリューム
もただ事ではありませんねえ。
ダウンチューブも箱型系形状で、相当ねじれを意識していそう。

シートステーですら、モノステー部分のボリュームと径が大きめ。
重量は6kg台と、相当抑えられている点も見逃せません。
確かアストラで8kg台ですから、軽過ぎです。


あとやはり、万人向きではないレース用。カラーリングはやたらイタリアン
しているので凄いですね。
何気に会場でも、ビジュアルが強烈でかなり注目されていましたし。
コンフォートに乗りたければアストラかラグーナの方が、いいかもしれ
ませんね。
とはいえ、こういうフラグシップモデルに乗ると推進力に快感を覚えたり
するので悩ましいですが。
このDIAMANTEはやはり体格がいい、イタリア人とかをメインに考えて
設計されたのでしょうね。
BASSSSSSS.jpg
BASOOO45646.jpg
BASSS54.jpg
BASSO344435.jpg
BASSSSo435.jpg

2010年12月29日 トラックバック(0) コメント(0)

FUJI x TOMATO project LO-PRO コラボレーション限定モデル


IMGP0698.jpg
ロンドンのアーティスト集団「TOMATO」とFUJIがコラボしたピスト系バイク
モデルです。
その名もFUJI x TOMATO project LO-PRO。
フレーム構造がとても前傾してて、そうとう前のめりに
なりそうな所が素敵。
サイモン・テイラー氏が自ら企画したバイクを、製造してくれるバイク
メーカーとしてFUJIが乗ってきたといういわくつきの、デザイナーズ
バイクでもあります。

テーマは現代のデザインと、60年代、70年代の融合だそうでどことなく
懐かしそうな、しかしちょっと攻撃的な雰囲気を感じます。
徹底的にバイクとしての無駄を省いたら、この様なシンプルなバイク
が出来あがったとか。

本当に前に傾いていていますね。東京やロンドンなどの街で走るピスト
をイメージしたそうですが、ニューヨークのメッセンジャーバイクの
影響も入っているとか。
色々な意味で面白いデザイナーズバイクですね。

ですので、フレームも他のパーツもFUJIが一から設計しているので結構
贅沢なモデル。

販売時には、もちろんブレーキはついてきます。見た目は結構乗り難そうです
けど、誰でも乗れるようにFUJIが結構頑張ったらしいので結構期待。


世界100台限定生産なので、応募者が多い場合抽選になるそうです。

FUJI5464564.jpg
FUJMI3663.jpg
FUJI6546.jpg
FUJI23123.jpg






FUJI x TOMATO project LO-PRO【特別先行予約受付中】

新品価格
¥126,000から
(2010/12/28 14:46時点)


2010年12月28日 トラックバック(0) コメント(0)

2011 LOUIS GARNEAU LGS-RAT動画 


ルイガノ2222
 ( ゚∀゚) これはもう、相当強力なレーシングモデルですね。
ルイガノがいきなり強力な剛性重視のモデルで勝負してきた事が
実物を見て分かります。

上下異径ヘッドの周りはとんでもないボリュームですし。特にトップチューブとダウンチューブのつなぎ目の所は圧巻。

フロントフォークもクラウン部分のボリュームが凄いですね。ストレートフォークで
剛性重視。
フレームも全体的に剛性をやたら高めてきた印象を受けましたが、特にフロントフォーク
とヘッド周辺の剛性を強化してきた模様です。

今迄のロングライドコンフォート重視のルイガノモデルとは、一味違いますね。
登りにも強い上に、下りもこなせる万能性もある上に、脚力のある乗り手に
確実に答えてくれるロードバイク。

でも、見た目のカラーリングはコンフォートなのに、剛性重視というのも
面白いですね。
コンポはシマノアルテグラと105のミックス。
クランクコンパクト仕様の50/34T。ある程度幅広いユーザーに乗ってもらえる
様にコンパクトクランクにしたそうです。
ノーマルでも、けっこういけるのでは。

車重は7.9kgでなんとインテグラルシートポストを採用しながら、実売
価格が結構抑えられているのもありがたい所。

ロードバイク専門ブランドにルイガノ様が勝負を挑んだモデルなのでは。
価格帯だけでも、相当驚異なのは間違いありません。
ruigasd5467.jpg
ruigno53433.jpg
ルイガノ534443
るいがにお45664

2010年12月27日 トラックバック(0) コメント(0)

2011 Wilier Cento 1 Superleggera(ウィリエール チェントウノ スーパーレッジェーラ)

img56652958.jpg
たまには、こういうのも。
古参のイタリアンバイクメーカーウィリエールのチェント・ウノ・スーパーレジェラです。
綺麗ですね。まったく街では見かけませんが、デザインに惹かれます。
カーボンに蛍光イエローでカラーリングしています。
ウィリエールのフラッグシップモデルですものねえ。
60Tカーボンのおかげで、軽量、剛性など最高レベルの高級品。


フレームは900g台。ヒルクライムはもちろんこなせますし。
ツールでも使用されたモデルだけあって、ショック吸収性も
非常に優秀。
チェーンステーは左右非対称で、ぺダリングのパワーをしっかり最適に
変換出来る様な構造をねらったとか。

価格はなんとフレーム、フォークだけで54万!!
より高速で走る為のエアロフレーム。より高速な走行の際本来の性能を発揮する
上級者向けモデル。
低速でも、それなりに軽量感が楽しめそうです。
(さすがに田舎では見ないはずです。所で本日なぜかGIOS
を連続3回も見かけました。なぜ?)

でも円高のおかげでこれでも安いというから、またびっくり。

しかも、やっぱりイエローでスポンサーロゴまで、表記して
あるのはさすが。ツールの気分をいきなり味わえる贅沢な
配慮ですね。
(どうもシートステーあたりのロゴがそうらしいですが)
人とは違う高級モデルで差をつけたい方には、たまらないモデルかも。
オーナー様は40代の方が多いそうです。

2010年12月26日 トラックバック(0) コメント(0)

2011 LOUIS GARNEAU(ルイガノ) LGS-GMT なんとキャリアーバッグ類搭載

img57497198.jpg
ツーリングモデルLGS-GMTは2011モデルの場合なんと、
バニアバッグがついてくるんですね。
お得すぎます。
しかも、フロントキャリア―とリアキャリア―も最初から
搭載ですよ。

スロープ気味のフレーム構造は、そのままですが。
でもディクスブレーキがカンチブレーキに変更になったん
ですね。
さすがに実売価格8万では、無理だったのでしょうか。

タイヤはMAXXIS 26X 1.75と安定性重視。
堅牢性は充分確保していますが、その分車重が14kg台。
MTBにいくらか?近いフレームですが、ドロップハンドルを採用し
ている点が面白いですね。
普段通勤やその辺りを乗り回すのなら、キャリア―類を外せば結構
気楽に走れるのでは。
普段様にスリックタイヤにしてもおもしろです。

あとは、リジットフォークを採用。

それでは本日はこれから、マグロのカマを炭火焼きにしなくては
ならないのでこのあたりで失礼します。

img57497204.jpg
img57497203.jpg
img57497202.jpg
img57497205.jpg
img57497201.jpg
img57497200.jpg

2010年12月25日 トラックバック(0) コメント(0)

2011 MASI(マージ)SPECIALE RANDONNEUR シマノ105搭載モデル

img56385130.jpg
なぜか気になった一台です。ランドナー仕様? スポルティーフ?
MASI ダブルバテッドクロモリスチールになんとリアにシマノ105を
採用した10速モデル。
めずらしいですね。ぜいぜいティアグラ9速辺りの完成車が多い中で
105搭載とは。

さらにフロントキャリア―&バッグ類を取り付けやすい様に、変速操作
はバーコンで行います。

泥除けもついていますし、なんとタイヤはKENDA 700X32Cとかなり
太め。
まるでシクロクロス並み。
価格もかなり優秀で10万ぎりぎりで抑えてきている点も好感が持てます。
その代わりキャリア―類は自分で用意する必要がありますが。

逆につけずに走りを楽しむのもいいかもしれませんね。
MASIのクロモリなので、耐久性も期待がもてそうですし。

何より、10万でシマノ105搭載モデルが買える点も魅力的。
コストパフォーマンス高め。いいなあ。
サイズ展開も幅広いのも、いいですよね。
フロントフォークもあくまでクロモリを持ってきた辺りに渋さを感じ
させます。
バーコンの変速は、慣れないうちは戸惑うかもしれませんが。
慣れてくれば、それなりに楽しいものです。
てっきりWレバーあたりを使用してくるかと思ったのですが。
img56385128.jpg
img56385127.jpg
DIACOMPE BRS101 サイドプルブレーキ
img56385129.jpg
DIACOMPE バーエンドシフター
img56385126.jpg
MASI ダブルバテッドクロモリスチール
img56385131.jpg
TRUVATIV ELITA COMPACT 50/34T
img56385125.jpg
泥除け装備
img56385124.jpg

2010年12月24日 トラックバック(0) コメント(0)

2011モデルBIANCHI ANCORA(ビアンキアンコラ) ロングセラースポルティ-フモデル

img57526790.jpg
ビアンキのスポルティーフモデルアンコラです。
レトロ感覚を味わう為のモデル見えますが、これでも旅行用ロードバイク。
ですので、最初から泥除けやフロントキャリアが付いてきていますね。

コンポはシマノディアグラのトリプル27SPEED。
何気にこの価格で、ブルックスのサドルもついてきますし。
バーテープもレザー風。

何気にフレームがクロモリで、なかなか渋いラグが楽しめます。
細身のクロモリフレームが素敵なロングセラーモデルなので、下手にデザイン
に手を加えていない所がいいです。
そういう意味では、結構長い期間楽しめるのでは。

さらにダブルレバーがダウンチューブに取り付けてあるので、大きめのフ
ロントバッグも搭載出来ますね。
STIではこうはいかないのでは。
あくまで、長距離荷物を運搬する事にも結構知恵を絞って考えられているんで
すね。
タイヤも28Cと太めで、これはまた重量物を積んで運ぶのにも適していますし。
快適性や、耐パンク性なども意識した太さです。
ブレーキは、これまた渋いカンチブレーキ。
逆に言うと、ロードバイクの様な一分一秒を争う為のバイクではない
ので、まったり長期間楽しめそうです。

最近は、シクロクロスをツーリング用に使用するのも面白いですが、珍しいス
ポルティーフを選択するのもありかと。

img57526788.jpg
img57526787.jpg
img57526786.jpg
img57526789.jpg
img57526784.jpg
img57526782.jpg
img57526783.jpg
img57526779.jpg
img57526781.jpg

2010年12月23日 トラックバック(0) コメント(2)

2011FELT GRIDLOC(フェルトグリッドロック) スターメーアーチャー内装3段変速ハブ(S3X)を搭載。

img57647991f.jpg
( ;゚ω゚)……英国Sturmey Archer の内装3段変速を搭載した、クロスバイクです。
おおおお。
(2011モデルも自転車部品メーカー、スターメーアーチャーの
内装3段変速ハブを搭載。
なかなかデザインがいいですね。
しかもフロントフォークがカーボンですよ?
しかもFelt UHC Performanceカーボンファイバー。

 ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブルすごい、凝っていますね。
前の年のモデルよりも更にシングルスピードの様に見えます。
しかも毎年デザインを先鋭的というか、凝った仕様にするのはこのモデル
の宿命なのでしょうか?

フレームはアルミ。フラットバーでなんとなくフレームカラーをクラシック
に仕上げたかと思えば、ケーブル類を水色に持ってくるあたりFELTの
奇妙なセンスを感じます。

ステムとハンドルは一体型な上に、CGでデザインをあしらっていますね。
なぜかFELTが大変な熱意を持ってプロデュースしてくるモデルだけ
あって、やっぱり凄い。

タイヤまで水色をあしらうなんて、凄いセンス。
やりますねえ。
車重は9.51kgにまで抑えられています。

そういえば、話は変わりますがシマノから内装変速機アルフィーネ11段変速
が登場するんですね。
あのBD-1テストモデルで試乗した時、とても気に入っていたのですが。
かなり嬉しいです。
という事は2012モデルあたり、クロスバイクでも内装変速機アルフィーネ
11段変速搭載モデルが増えてくるかもしれませんね。
img57647990.jpg
img57647988.jpg
img57647984.jpg
img57647985.jpg
img57647987.jpg

2010年12月22日 トラックバック(0) コメント(0)

 ( ;゚ω゚)……本日はお休みです。

年賀状作成の為、本日はお休みです。
一年ぶりに年賀状ソフトを動かすと、苦戦するものですね。

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル 

自転車生活 29 (エイムック 2058)自転車生活 29 (エイムック 2058)
(2010/10/26)
不明

商品詳細を見る

2010年12月21日 トラックバック(0) コメント(0)

2011モデルGIOS LEGGERO(ジオス レジェロ)動画 高級アルミフレームデダチャイ製SC61.10Aチューブ


GIOSS55.jpg
いいなあ、レジェロ。
デュラエース搭載モデルですとなんと7.7kgなんですねえ。
しかも31万で買えてしまうコストパフォーマンスの凄さ。
(もちろんコンポーネントはフルデュラエース。完璧)

アルテグラ搭載モデルですら22万で車重7.9kgですものねえ。
しっかりフルアルテグラですよ。

105搭載モデルですと19万。車重8.2kg

高級アルミフレームデダチャイ製SC61.10Aチューブの薄さってやっぱり、
軽さに貢献しているのですね。あのスカンジュウム合金ですよ。
さすがレース用。
いいなあ。しかもカーボンバックですものね。
カーボンフレーム程ではないにしろ、乗り心地が柔らかく衝撃吸収性
も良好。
もっとも、レジェロ以上の剛性や衝撃吸収性を期待するならカーボン
フレームの方が賢明かも。
ヒルクライムに最高ですし、何よりコスとパフォーマンスの優秀さは
お見事。
なんだかんだで登り専用のアルミバイクを。リーズナブルに購入
するなら間違いないのでは。

あと、乗り心地の良いアルミフレームモデルをお探しの方も。
あくまで、日本仕様という事で、日本の平らな道路を快適に
走る為に開発されたモデルだそうです。

GIOSS77.jpg
GIOSS99.jpg
GIOSS453.jpg
GIOS45767.jpg


2010年12月20日 トラックバック(0) コメント(0)

2011DAHON SPEED TR(ダホンスピードTR)動画 フォールディングツーリングモデル


DAHION12.jpg
DAHONより2011年新登場の折りたたみツーリングモデルです。
しかもなんとクロモリの降りたたみモデルですよ。

最初からフロントキャリア―とリアキャリア―がついてきていますね。
更に、前後パニアバッグ用キャリアも搭載。
(画像には、参考例としてオストリーブなどのバッグを取り付けてありました。
流石にバッグ類は、購入時についてこないみたいです。良く考えたら、この展示車のオストリー
ブのバッグって防水加工をしてあるので、このまま水も運搬出来ますね。災害時にも使
えそうな気がしませんか?)

更に夜間用に高効率ハブダイナモライトまで装備。暗くなるとフルオート
で点灯します。

タイヤもケブラープロテクション構造の強靭なSchwalbe BIG APPLE 20x2.0
を採用。
かなり太めのタイヤなので、安定感ありそう。
変速はなんと、SRAM Dual Driveを搭載。
フロントシングルながら、24SPEED。
しかも、グリップシフトで容易に変速可能。
まるで、ツーリング用にカスタマイズしたかのような構成なのが凄いです。
泥除けもついていますし。

何気に、ツーリングモデルの折りたたみ自転車という事になっています
けど、オプションなしでも結構面白いモデルですね。
クロモリ、リア24速モデルのフォールディングミニベロというだけでも
興味深いです。
ちょっと日常的に使いたいモデルですね。実用的にもいけそうです。
何気にフォルムもスタイリッシュですし。


カラーリングもグリーンで、なんとなく英国を意識している様な気がします。
何気にいいなあ。

DAHON5554.jpg
ワンタッチでステム角度を調整可能。
DAHONNNN32.jpg
DAHON243.jpg
DAHONN6.jpg
DAHONNN7.jpg

2010年12月19日 トラックバック(0) コメント(0)

2011 BD-1 SPEEDが凄い事になっている件について(動画あり)


BD-1A.jpg
( ;゚ω゚)……2011モデルBD-1 SPEEDに試乗した時、飛躍的に走行性能が向上した理由が分かりました。
①2010モデル9SPEEDのクランクは47T×9Tなのに、なんと2011モデルでは54T×9T!

②タイヤはコンチネンタル18×1.5から、パナレーサーminits lite PT 18×1.25スリックに変更。

③500gの軽量化に成功。重量10.3kg

④CAPREOリアハブのベアリングをグレードアップ。


ギア比が高くなり、タイヤのグレードを向上させかなり大幅は変更が
加えられています。
でも試乗した時、それ程重いという感覚はなかったです。
むしろ推進力は劇的に上がったのは間違いありません。
タイヤが細くなったのが効いているのでしょうか?
更にハンドルの高さは、2011モデルより固定へ。

ギア比が高くなったせいで、坂道などは多少つらくなったかもしれませんが
それでも、推進力や巡航性能が跳ね上がったのは、体験済みです。

はっきり言って、今迄のBD-1とは完全に別物になっていますよ。
より強力なスピードミニベロとして生まれ変わったというか。


これなら間違いなく、スポーティに乗らなくては損です。
いいなあ、欲しいなあ。

それ以上に2011モデルは、このブルーカラーなど実際にお見事な美しさです。
デザイン的にも当たり年なのでは。
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル どうしてBD-1 2011モデルはここまで気合いが入っているのでしょう?
謎…・・。ついに本気になりましたね。
BD-14.jpg
BD-SA.jpg
BDE=1.jpg

2010年12月18日 トラックバック(0) コメント(0)

2011 LOUIS GARNEAU LGS-RHC 剛性&コンフォート重視のアルミロード

img57496305.jpg
スロ―ピング気味の乗り易いアルミモデルですね。
フレームも、出来るだけアルミフレームならではの硬さ
を感じさせない為のフレーム形状をしています。

欲張りな事に、このLGS-RHCは同時に剛性も確保出来るように
インテグラルヘッドやBB周辺を設計。
パーツごとに快適性と剛性を確保出来るようになっています。
つまり快適性&剛性を獲得した王道アルミモデル。

特質すべきは、他社のモデルとくらべて、圧倒的なコストパフォーマンス
の高さだと思います。
FELTは別として、やはりこの価格帯でエントリーモデルながら
実売価格13万で、105搭載モデルというのは凄い事なのでは。
その気になればレースにも対応可能ですし。
(現実に他社のアルミモデルだと105搭載で16~18万が平均ですし。
さすがにFELTのコストパフォーマンス力は別格ですけど)

乗り味は、アルミなのに滑らか。
カーボンフレームに近い乗り心地。
コンパクトハンドルなので、扱い易さも考えてあります。

(2011モデルは容易にシマノ105をコスト的にも搭載し易く
なったとの事です)

派手さはないですが、堅実なアルミモデルだと思います。

img57496311.jpg
img57496310.jpg
img57496308.jpg
img57496309.jpgimg57496312.jpg
img57496307.jpg
img57496306.jpg

2010年12月17日 トラックバック(0) コメント(0)

2011 BD-1 COMFORT(BD-1 コンフォート) 7-SPEED動画


( ゜∀゜)BD-1 2011モデルがいよいよ予約開始した模様です。

なんだか、物凄く塗装が綺麗になった様な気がするのですが。
2011年モデルから塗装の質を上げてきましたね。
街乗りモデルとはいえ、大人の雰囲気を感じさせます


伸縮可能なアジャスタブルステム、クッション性の高いサドルのおかげで2011モデルも
まったり乗れそうです。
またハンドルが他のモデルと比べて結構手前にくるので、ママチャリ感覚で乗れる
一台でもあります。


何気に小柄な方に優しいモデルで、ハンドルの高さも調節可能。
しかもギア比が軽めなので、それほど脚力はいりません。

変速もグリップを回して変速するので、操作にそれ程抵抗感が出ないのでは。
(7段変速)

チェーンホイールは52T・160mmSPEEDモデルの54T・170mmと比べて文字通り
コンパクト。

 (´・ω・`)……ただしスポーツ的に乗りたい方はSPEEDなどの強力なモデルが出て
いるので、そちらの方をチェックされては。
結構SPEEDモデルも、すっごく乗り易かったので。
慣れてくればSPEEDの方が満足するような気がします。なんだか、走行性能
も良かったし。


でも、例の内装変速11速モデルはまだ登場していない模様です。
出てほしいですね。
もしかして、幻のモデルになってしまうのでしょうか?

(もしかしたら、春頃お披露目になるかもしれません)
BD-1DF.jpg
BD-1S.jpg

2010年12月16日 トラックバック(0) コメント(2)

ミニベロカーボンモデル 2011 LOUIS GARNEAU LGS-MVCを動画撮影しました。


ルイw1
LGS-MVCの驚異的な走行性能には驚かされましたが
2011モデルもなかなか良さそうでした。

実車を観た所、カーボンチューブをアルミラグで
繋いだ形状。
あまり大幅な変更はなさそうな感じでしたが。

2011モデルのスピードミニベロを何台か乗りましたが
やはりLGS-MVCにはまだ及ばないという印象。

だって、あの推進力、コーナーリング性能の良さ、加速性
軽量感、全て化け物ですものねえ。

でも、これだけいいカーボンミニベロ、しかも20速モデル
なのに、それ程話題にならないのがいつも不思議。
あ、でもダホンのベクターシリーズも侮れないかなあ。
DAHON VECTOR X20なら五分に近いかもしれません。

でもLGS-MVCの軽さと推進力はやっぱり魅力なんです
よね。
どちらかというと、頭よりも体で体験した事をそのまま
文章にしているので、感覚的な文章になってしまいますが。

ただ、レース時に使用すればこれほど頼もしいミニベロモデル
は他にないと思います。
 (`・ω・´) 強力なスポーツミニベロを獲得するならLGS-MVC
で間違いないと思います。

価格はそれなりですが、価格以上の走行性能は間違いなく有して
いますし。
重量も2011モデルは7.9kgとミニベロモデルの中でもトップクラス
の軽量ですし。
多分、フルサイズのロードバイクユーザーの方が納得されるのでは。

やっぱりクロモリミニベロの方が、話題性とかが大きい様な気
がします。
ルイws
タイヤ 20×1 1/8
ルイDF
クランク FSA SLK 53/39T
るいふぇ
カーボン+アルミラグのフレームを採用
るい67
小径車ながら20段変速を実現(シマノ105)

2010年12月15日 トラックバック(0) コメント(0)

2011モデルMASI MINIVELO LUGGED RACE(マージ ミニベロラグドレース)

img57727978.jpg
MASIから2011モデルにおいて新登場したモデルですね。
オリジナルダブルバテッドチューブにラグ加工を施した
クラシカルな仕上がり。

でも、レーシーな仕上がりを目指したとか。
確かにコンフォート仕様ではなく、前傾姿勢になりそうです。
むしろ普段ロードに乗っているユーザー向けなのかも。
シートステーもベントしていなくて、ストレートという潔さ。

割と、サドルとハンドルの距離もありますから体格の大きい
方でもいけそうです。
最近NEWクロモリミニベロを展開するメーカー様が確実に
増えていますが、レーシーなミニベロが増えている点が興味
深いです。
MAJIミニベロは日本のユーザー向けに、設計販売されるそうですが
どういう仕上がりになっているのか楽しみです。

コンポはシマノソラ。ブレーキはテクトロですね。
クランクはコンパクトクランク。

一見するとクロモリデザインを楽しめそうな一台
ですが、もしかしたら走りを楽しむ為の一台なのかも。
結構素敵な価格帯なのがネックなのかもしれません。

そういえば2011モデルのMASIは、結構ミニベロに
力を入れていて、シングルスピードやフラットバー
ミニベロも登場。
日本市場はミニベロに今後も相当力を入れていく模様です。


img57727976.jpg
img57727973.jpg
img57727972.jpg
img57727974.jpg
img57727971.jpg
img57727970.jpg
img57727968.jpg
img57727977.jpg

2010年12月14日 トラックバック(0) コメント(0)

2011 CENTURION Megadrive 4200 (センチュリオンメガドライブ 4200)

11_cntur_024278_02_L.jpg
( ;゚ω゚)……え、何時の間にセンチュリオンからエアロロードが出ていたんですか?
しかも、ギガドライブ4200がエアロロードとして進化しました。

シートチューブやシートステー、フロントフォークがお見事なブレード
形状。
シートポストもブレード!

FELT ARシリーズ程ではないにしても、見事に空力抵抗を意識
していますね。
あ、凄い。ケーブル類もフレーム内に収納されています。
しかも、シマノアルテグラフル装備なのに、価格を限界まで抑えて
いるから驚きました。
結局、エントリーモデルからフラグシップモデルまで完璧にフルシマノ
で頑張っています。
コンパクトクランクでB.B.30シェル幅68mm

2010モデルのギガドライブは衝撃吸収性を抑えて、やはり強力な剛性を
獲得していましたが。
2011モデルの場合も、やはり剛性重視なのでしょうね。強力なアルミモデル
が特徴のセンチュリオンですがこれはチェックしても良いのでは。

 ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル とうとうセンチュリオンまでエアロフレームを。
重量は何キログラムなんでしょうね。
TTモデルも出ているので、そちらも必見です。

ところで、最近必ず月曜日に雨が降りますけど、どうしてでしょう?
 (´・ω・`)……?
11_cntur_024278_03_L.jpg
11_cntur_024278_04_L.jpg
11_cntur_024278_06_L.jpg
11_cntur_024278_10_L.jpg
11_cntur_024278_05_L.jpg
11_cntur_024278_01_L.jpg
11_cntur_024278_08_L.jpg

2010年12月13日 トラックバック(0) コメント(0)

2011 CENTURION Hyperdrive 3200((センチュリオン ハイパードライブ 3200)

11_cntur_024280_02_L.jpg
潔い位、強力なアルミロードモデルですね。
あくまでセンチュリオン2011モデルは加速性能などの戦闘性重視の設計です。

最近コンフォート系モデルが主流ですが、あえて加速性やコーナーリング性
を重視したのがこの、ハイパードライブ 3200。
加速力や推進力こそが、ロードバイクにとっての最大の魅力
という哲学を貫徹したモデルだそうです。

圧入式プレスフィットBB(フレームの中にBBを入れる構造)や、
ヘッドの下玉押しに1-1/4サイズのテーパードコラムを採用。
とにかく剛性を強化しています。
所々、オーバーサイズにしていますね。

コンポーネントはシマノ105で固めていますし、ブレーキ
もしっかり105。
きちんとフル105採用。

純粋なロードバイクとして、推進力重視な方にかなりお勧め。
また耐久性重視の設計をしているので、長期にわたってアルミ
ロードに乗りたい方にも。

アルミフレームの長所を、生かしたモデルと言ってもいいでしょう。
ちなみに2011モデルのセンチュリオンは、全体的にシマノパーツ
でまとめたモデルが多い傾向にあります。

ティアグラなどでリーズナブルに済ませたいならハイパードライブ 2000
も良い選択かも。もちろんこちらもフルティアグラですし。

また上位の4200ならば、フルアルテグラになりますね。

 (`・ω・´)とても、品質の良いモデルが多いのでぜひチェックしてみてください!
11_cntur_024280_03_L.jpg
11_cntur_024280_04_L.jpg
11_cntur_024280_05_L.jpg
11_cntur_024280_07_L.jpg
11_cntur_024280_09_L.jpg
11_cntur_024280_01_L.jpg
11_cntur_024280_08_L.jpg

2010年12月12日 トラックバック(0) コメント(0)

Fuji Yaiba クロモリロード 111周年メモリアルモデル動画


FUJI2.jpg
会場で圧倒的な存在感があったFUJI YAIBAです。
ちょっとメモ用に撮影しておきました。
なぜかひっそりと展示してあったのですが、個人的に
引力を感じます。

これがFUJI111周年メモリアルモデルですか。
純国産のクロモリモデルで、現在東洋フレームがフル稼働で
生産。
もちろんハンドメイドなので、2011年の春ごろから徐々に
出荷される予定だとか。

このモデルの所々に刻印を入れるそうです。

面白い事に、カラーリングがチタンカラーですって。
日本刀をイメージして、デザインしたそうです。
美しいというより、伝統すら感じさせますね。

コンポーネントはシマノデュラエースとアルテグラのミックス。
クランクはノーマルクランクになる模様です。
世界111台限定というのも、111周年と掛け合わせただけではなく、
現在日本でハンドメイド生産する際の限界的な数なのでしょう。
(東洋フレームでは、徹夜続きの模様)

確かに、物凄くしっかりとした強度で組んであるという印象を
受けました。

美しいだけのモデルではないですね。一度でいいから乗って
みたいものです。
これは相当長いスパンで楽しめそうです。


FUJI8.jpg
FUJI9.jpg
FUJI28.jpg
FUJI7.jpg
FUJI5.jpg

2010年12月11日 トラックバック(0) コメント(0)

CLEANSPEED EARLGREY20(クリーンスピード アールグレー20)

img57630331aaaa.jpg
クリーンスピードからNEWクロモリミニベロシリーズが登場
する様です。
これは折りたたむ事を前提にした、従来のモデルではなくあくまで
折りたたまない事で、走行性能の向上を図ったのでしょう。

KHSマンハッタンバイクの技術を、応用している様です。
700Cサイズのクロモリフォークにブリッヂを付けサイドップルブレーキが
取り付けられるようにしてあります。

また、700Cサイズのクロモリフォークのおかげて走行安定性も期待できますね。

Reynolds520ダブルバテッドクロモリをフレーム素材に採用。
また弓なりシートステーなどを観ても、KHSのミニベロモデルの
技術が供給されていますね。
コストを抑える為のWレバーも、こうして見るとデザイン的に
いい方向に納まっています。

フロントディレーラーも専用台座を採用し、変速性能も維持されています。

小さめのホリゾンタクロモリフレームモデルですが、何気に走行性能
重視のモデルに見えます。
もちろんこのターコイズカラーは、なかなかいいカラーリングですが。

スタイリュシュなイタリアのセライタリア製のサドルも見逃せません。GEL搭載ですって。

img57630329.jpg
ドロップバーなので、高速巡航もコンフォートにも握れるのがありがたいですね。
やっぱり走行性重視という印象。
img57630328.jpg
ダブルレバーで変速
クリーンスピードオリジナルヘッドパッチ
img57630327.jpg
クロモリストレートフォーク
img57630326.jpg
img57630323.jpg
img57630324.jpg
シマノ2300を搭載。16段変速
img57630325.jpg
img57630330.jpg
ポリッシュリムを採用
img57630321.jpg
img57630322.jpg
イタリアのセライタリア製のサドルを搭載。GEL搭載
img57630332aaaa.jpg

2010年12月10日 トラックバック(0) コメント(0)

2011 LOUIS GARNEAU(ルイガノ) LGS-RSR動画 マヴィック・コスミックカーボンSR


ルイ1
( ;゚ω゚)……撮影していてあまりにも衝撃的でした。
高級スカンジュウムフレームに、マヴィック・
コスミックカーボンSR。万能性が高いエアロホイールですね。
コンポはシマノDURA ACE。
一部アルテグラですけど。
フォークはEASTON CARBON EC90SL

なんで、ここまで……
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル 触れてはいけないフラットバーロードに
触れてしまった気がする……。

車重7kg。
だって、アルミミドルグレードのLGS-EHCですら、アルミフレームにコンポは
シマノ105で精いっぱいなのに。フレーム形状がルイガノのロードモ
デルと非常に似ていて剛性がコントロールされている印象です。

なんか、フラグシップモデルをフラットバーロードにしてしまった
感じです。
個人的にはこの間試乗したRSR1でも、性能的には大満足なのに。

以前RSRシリーズに乗っていたのですが、どうしても長時間乗って
いると少し上半身に疲労感がでていたのですが、このRSRなら
ロングライドもお気楽にこなしてくれそう。

それとホイールとの相乗効果で、上質な走りを再現してくれるのだとか。
価格は五十万レベルと、これまたモンスターレベルな価格設定。

ユーザーの要望から生まれたRSRの最強モデルなので、やっぱり欲しいですね。
(流石に販売店様やメーカー内では、こういう発想のモデルは思いもつかなかったとの事)


るい10
るい3
ルイ5
るい6
るい9

2010年12月09日 トラックバック(0) コメント(2)

2011 ANCHOR RCS6 EQUIPE かなり高性能なカーボンバックモデル

11_anchr_023486a_01_L.jpg
これ、アルミカーボンバックモデルですけど、かなり凝っていますよ。
アルミフレームですがシートチューブはエアロ形状。
(えぐれていますよね)
更にカーボンフロントフォークもブレード形状で、これもエアロ形状。
コラム部もカーボン製です。


レースに使える即戦力の性能を持つモデルで、剛性を重視。
ヘッドチューブ下部を1-1/4サイズに径を大きくし、剛性を確保。
フロントは軽量&剛性確保に成功。
カーボンモデル以上の加速性能を獲得する為に、相当こだわっていますね。

さらにコーナーリングに反応性が高いのもレースにおいては強みにな
ります。

ある程度荒れた路面でも、カーボンバックとエクステンザのおかげで
衝撃をコントロール可能。

かなり強力なアルミモデルですが、初心者でも扱い易いモデルでもあります。
走行性能は安定していますし。

高剛性、エアロ形状、カーボンバック、セミハイドロフォーミングを
駆使したアルミフレーム、高性能なエクステンザタイヤ、コンポにシマ
ノ105と、やれるべき事は全てやっている贅沢なアルミモデルですね。

アルミモデルでここまで頑張るなんてやっぱり凄い。

11_anchr_023486_02_L.jpg
なんだか、カーボンバックのお手本みたいなロードモデルですね。
15万の105搭載カーボンフレームモデルなども他社から登場していますが
カーボンバックモデルもまだまだ健在。
11_anchr_023486_03_L.jpg
11_anchr_023486_06_L.jpg
11_anchr_023486_04_L.jpg

2010年12月08日 トラックバック(0) コメント(0)

2011GIOS ANTICO(ジオスアンティーコ)動画 ビジュアル的に完璧


GIOS009.jpg
フロントフォークの魅力が一番際立っていました。
メッキ処理した、フォークがここまで美しいミニベロは他に
ないのでは。
レトロというより、とにかく綺麗で美しいモデルです。

走行性能に関しても、ミニベロそのもので坂道に強くミニベロ
の特性を生かしたお気楽な走行を楽しめそう。
車重は10kg程度


フレーム形状はPANTOと同じでクロモリダイヤモンド。
シートアングルにかなりの角度がついています。
ハンドルとサドルの距離が結構あるので、大柄な方でも乗り易い
様に工夫してありました。

主にユーザーは、女性やシニアなどに人気があるとか。
結構なれてくると、50km程度でも普通に楽しまれるユーザー
も多いそうです。

何気に注目なのが、一番下のホワイト。

えーっと、なんだかんだでこのアンティーコの美しさには酔ってしまい
そうです。
ビジュアル的には、完璧。
クロモリの細さとブルーのコントラストは、他にはない魅力です。
GIOSのミニベロモデルの中で、デザイン的な完成度が高いのでは。
GIOOS65.jpg
このメッキ処理したフロントフォークがアンティーコの最大の
魅力。

GOSOS56.jpg
GOOS14.jpg
アンティーコを購入後コンポをグレードUPされる方も多い。
img57507339.jpg
このホワイトカラーもいいですね。
まだ、出てからそれ程時間がたってませんが老若男女に愛されてい
るのも分かります。

2010年12月07日 トラックバック(0) コメント(0)

2011年モデル GIOS PANTO(ジオス パント)動画 



GIOS1.jpg
めでたい事に、2011モデルパントのクランクもSHIMANO FC-4500テ
ィアグラを搭載する様ですよ。
フロントフォークもお約束のカーボンフォーク。
クロモリミニベロにカーボンフォークって何気に、賛否両論ですけど個人的
に好き。
ホイールもA-CLASS FOLEX RACEを採用する模様。

でも、実は2010モデルのPANTOにシマノ105限定モデルって
出ていたらしいです。
つまり、2010モデルの時点で既にリア10速化してしまっている訳です。
2011モデルでも、NEWシマノ105搭載限定モデルが出るのでしょうか?
多分2012モデルあたりになると、105搭載モデルが定番になる予感。

ベクターシリーズを登場させたDAHONや、BD-1もミニベロの性能を
飛躍的に向上させているのでやっぱりこれからも競争が激化するのでしょうね。
まさかFUJIまでミニベロ市場に参戦してきましたし。
ルイガノもカーボンミニベロを継続して販売。
3年前では信じられない程、乗り易くなってきたのは嬉しいです。

あとパントのフレームを観ていたら、結構堅牢に組んでありましたね。
やっぱり男性的なモデルですけど、もう少し気楽に乗られたい方
はフラッバータイプのLAMPOとか出ていますので、そちらをチェック
されても良いのでは。
やっぱりオールブルーのミニベロは、いいものですね。
GIOS4.jpg
GIOS7.jpg

2010年12月06日 トラックバック(0) コメント(0)

2011モデル GIOS VINTAGE VELOCE(ジオス ヴィンテージベローチェ)


GIOS.jpg
凄い人だかりだったので、撮影時間は短いです。

2010モデルのベッキオとは違いWレバーが本当に無くなっていました。
展示されるメーカー様も、出来るだけフレームのトリコロールカラー
が見える様に展示してありましたね。

Wレバーも何気に大好きですけど、カンパのベローチェ
もやたらイタリアン色が増して素敵。

変速性能と操作性を重視して、カンパを採用したそうですよ。
ですので、リア10速クロモリモデルという事になります。

クロモリもベッキオを引き継ぎ4130クロモリチューブ。
フレームデザインも踏襲しました。

ターゲットはやはり、日常的につかって下さるユーザー
を重視したとか。
ですので、デザイン性に一番こだわりがあるのでしょう。
ロングライドにもぜひ使ってください。

価格も結構抑えていると思うのですが。
たまたま、時間帯のせいかもしれませんが物凄い人気の一台
でした。
出来ればミニベロで、このトリコロールカラーのモデルが出てほしい
ですね。
絶対売れると思うのですが。
クラシカルなデザイン程、20代のユーザーに人気があるとか。
デザインは最新ですけど、レトロ感があるなんて面白いですね。
GIOS2.jpg

2010年12月05日 トラックバック(0) コメント(0)

台東別館 サイクルスタヂオハクセン 2nd がOPENしました。

img57688975.jpg
 (´・ω・`)……いつもお世話になっているサイクルスタジオハクセン様が新店舗
をOPENさせた様です。

ルイガノやダホン、ブルーノ、ラレーのメーカーの方から伺った所、非常に
信用して良いショップ様と口を揃えておっしゃっておりました。

ラレーの営業の方も話していらっしゃいましたが、やはり実店舗を構えて
いる分安心感があるそうです。
(ラレーのブースで初めて知ったのですが、創業60年の老舗なんですね)


実際、通販部門においても購入後メンテナンスサポートなどのコース
もあるので非常にありがたいです。

もし初めてスポーツ系のバイクを買われる方で、通販が不安な方は
台東別館 サイクルスタヂオハクセン 2ndで購入を検討してみては。

 ( ;゚ω゚)……そういえば最近試乗はするけど、まるで新車を買っていないです。
これから買われる方が心の底から羨ましいです。
(2011モデルって、FELTとかDAHONとか当たりが多いので)
お金を持って、サイクルショップで実車を選ぶ瞬間は、心に翼が生えた
様な気分になりませんか?


 ( ;゚ω゚)……関係ないですが、最近どのサイクルショップも凄い忙しさみ
たいですね。
初めてスポーツ系バイクを買ってみたい! という方が殺到している
せいでもあると思うのですが。
img57688976.jpg
img57688977.jpg
img57688978.jpg
img57688981.jpg
img57684150.jpg
e-ハクセン楽天市場支店

2010年12月04日 トラックバック(0) コメント(0)

2011 GIOS COMPACT PRO(ジオス コンパクトプロ) 動画撮影


GIOS PRO

なんだかんだで、美しいクロモリロードですね。
2011コンパクトプロはイタリアンデザインで、生産は台湾になります。
(ちなみに塗装も台湾ですね。でも実車を観た限り結構美しいと
思いましたけど)
いえ、塗装があまりにも美しかったので正直台湾製と聞いて
驚きました。
2011モデルから、フレーム価格がリーズナブルになったのも
そのあたりが原因なのでしょう。
いいなあ。

メーカー様がおっしゃるには、相当走りも良好でほとんどイタリア製
との差はないというお話でした。
試乗したかったのですが、さすがに今回は展示だけでした。

CAMPAGNOLO ATHENAを搭載した22SPEED!
それにも、本当にパーツとフレームが良く調和しています。
逆に2010年のフレームで組んだ、コンパクトプロとはそれだけ
差があるのか気になります。
(確か2010モデルフレームは生産国はイタリアですよね?)

この間、ショップでその事を話したら、40代のベテランな方が熱く語り始め
たので、今日はこの辺でやめときます。
(本当に年配の自転車乗りの方の知識量って、凄いですね)
店長曰く「イタリアだろうが台湾だろうが、ちゃんと組んであるならええがな」
だそうですが。
いずれにしても、乗ってみたいなあ。

GIOS PRO2
GIOS 7

GIOS PRO5GIOS PRO3


GIOS8.jpg

2010年12月03日 トラックバック(0) コメント(0)

2011モデル 試乗体験インプレまとめ集

 (´・ω・`)……2011モデルを試乗した感想を記載してあります。
ご購入の際、参考になさってください。

(画像をクリックされると、記事に飛べます)


2011ロードバイク

TREK MADONE6.9SSL 
TREK MADONE6.9SSL 


TREK MADONE5.2
TREK MADONE5.2



TREK MADONE 3.1
TREK MADONE 3.1



TREK MADONE1.1
TREK MADONE1.1



IMGP0079aa.jpg
試乗体験インプレ 2011モデル COLNAGO CX-1 脅威のゼロ発進力


IMGP0089aa.jpg
試乗体験インプレ 2011 COLNAGO C59 異次元の運動性能


IMGP0149aa.jpg
試乗 2011 COLNAGO M10 体験インプレ 高い直進安定性


IMGP0099aa.jpg
試乗 2011 COLNAGO ACE 105 インプレ 極めてコンフォート重視の味付け


AV.jpg
インプレ 2011AVEDIO VENUS(エヴァディオ ヴィーナス01) 試乗体験レビュー


IMGP0530aa.jpg
試乗体験LOUIS GARNEAU(ルイガノ)  LGS-RAC DT インプレ


IMGP0670aa.jpg
試乗体験 2011RALEIGH CRE(ラレー カールトンE) インプレ




2011ミニベロ・小径車

IMGP0579aa.jpg
試乗体験 2011 DAHON VECTOR X20(ダホンベクターX20) インプレ


IMGP0608aa.jpg
試乗インプレ 2011DAHON VECTOR X27H(ダホンベクターX27H)


IMGP0591aa.jpg
試乗インプレ 2011 DAHON DASH X20(ダホンダッシュX20) 


IMGP0158aa.jpg
試乗体験 2011 DAHON MU UNO(ダホン ミュー ウーノ)  インプレ


IMGP0556aa.jpg
2011 BD-1 内装11速テストモデル r&m リーズ&ミューラー


IMGP0550aa.jpg
試乗体験 2011BD-1 9SPEED ポリッシュカラー 


IMGP0675aa.jpg
試乗体験 2011ORI BIKE M9(オリバイク) インプレ

IMGP0534aa.jpg
試乗体験 2011 LOUIS GARNEAU  LGS-MVE電動ミニベロインプレ


IMGP0542aa.jpg
試乗インプレ 2011モデルRALEIGH(ラレー)RSC(RSW Carlton) 感想



2011クロスバイク

IMGP0651aa.jpg
試乗体験 2011 LOUIS GARNEAU LGS-TRX1 インプレ


IMGP0526aa.jpg
試乗インプレ  2011 LOUIS GARNEAU(ルイガノ)LGS-RSR1 レビュー


2011シングルスピード

IMGP0538aa.jpg
試乗体験 2011 KONA BANDWAGON(コナ バンドワゴン) シングルスピード インプレ

2011 シクロクロス

TREK Cronus CX
TREK Cronus CX

2010年12月02日 トラックバック(0) コメント(0)

COLNAGO C59 Scuderia(電動)  世界限定59台モデル。価格はなんと189万円!


(`・ω・´)これがコルナゴ限定モデルC59 Scuderiaです。
会場で大人だったので、撮影がかなり難しかったです。うう。

見ていた時、他の方がスタッフの方にバッテリーの場所につい
て色々訪ねていました。

バッテリーの場所は、買ってからのお楽しみだそうです。
フレーム内部にあるそうですが、コルナゴスタッフの方は秘密
と言って、笑っておられました。
ワクワクしますね。
電動こる

ステムキャップの中央が点灯するそうです。
金属製でインジケータとバッテリーアイコンがついているとか。
純白のインテグレーテッド カーボンバーとステムが美しいですね。
世界限定59台。価格はなんと189万!

ヽ(`Д´)ノ うひゃああああああああ!!

2011COLNAGO C59に試乗した時、けた外れの圧倒的な推進
力にショックを受けましたが。
更に電動化って……。
電動こるなご
でんどう5


それにしても。ケーブルもないし、バッテリーさえ見当たらないなんて、凄いですね。
ここだけの話、人だかりが多すぎて撮影は困難を極めました。
本当に凄い人気でしたね。


以前試乗会でC59に乗った時、少し後悔&恐怖しましたね。
正直、この化け物じみた推進性能を体験してしまうと
他社のモデルが物足りなく感じてしまわないかとびくびく
してしまいました。
C59体験記事
そういえば、M10は電動化しないのでしょうか?
実はC59よりもM10 の方が好きなのですが。


これは、あくまでお披露目みたいなもので後日きちんとした形で
コルナゴ様は発表されるそうですが。
(もうしたのかなあ?)

2010年12月01日 トラックバック(0) コメント(0)