スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 月別アーカイブ 2010年04月

ANCHOR ROAD RA5 Equipe New105 Limited Model アンカー ロード RA-5エキップ 新型105搭載限定車

10_anchr_021280.jpg
出ましたね。
フルモデルチェンジしたニューコンポシマノ105を搭載した限定モデル
です。

シマノアンカーの限定カラーリングモデルRA5エキップ。
新105のブラックを引き立たせる為に、カラーコーディネートした記念
モデル。
コンポのカラーをメインに、フレームカラーを変えてくるという発想は
面白いですね。
どちらかというと、このRA5はコンフォートにもレースにも使えるし
フルアルミだけどヘッドが高くしてあるので乗りやすいです。
軽量タイヤEXTENZA RR2をはいていますので、快適性をフレームとタイヤ
でカバー。

というより、近所をだらだら乗り回している人もいるので本当に何でも使
えるモデルだとは思います。
ちなみにアンカーのエントリーモデルは5月中旬からどんどん新105に切り替
えていくそうです。

ところで、フルモデルチェンジしたシマノ105がどう変わったかというと
①75g軽くなった
②ワイヤーケーブルがハンドルに内蔵されるように。かなり上位グレ
ードに近い。
③シフトチェンジがしやすくなった。
④レバーとグリップがシャープになり握りやすくなった。


( ̄▽ ̄;)……それはそうと、今日は回転寿司ツーリングに出かけました。
気が付いたら、バイクに乗っている時間よりも、お寿司を食べている時間
が長かった様な。
焼きサーモンとか、ホタテの酒蒸しとか、トリプル雲丹軍艦とか美味しかった
です。

自転車のきゅうべえ

2010年04月30日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 FELT F4 SHIMANO ULTEGRA

img10634676383_convert_20100429153352.jpg
ハイモジュラスカーボンとシマノアルテグラを採用した、戦う為の
ロードレーサーです。
( ;゚ω゚)…………もうヘッドチューブの高さからして低いですね。
重量7.9kgという軽量を生かした軽さは、ヒルクライム向き。
ゼロスタートや高速巡航にも強い、信頼感あふれるモデルです。

決して剛性本位のモデルではなく、BB付近を見てもそれ程
ボリュームはありません。でもシートステー、チェーンステーフレーム、フ
ロントフォーク全体で良質な走りをコントロールしてくれます。
ペダリングもどんどんバネの様に、全てを推進力に変換。

とにかく、初めて乗る方にとっても楽しめるバイク。
なぜなら、長距離をF4で乗る場合「軽さ」がアドバンテージになり
どんどん走れてしまいます。
速度をどんどん上げられて、しかもコントロールしやすい。
ブレーキなどもしっかりしていて、制動力がかなり高いですし。

img56342447.jpg
img56342446.jpg
カーボンフレームはアワーグラスシェイプ(砂時計形状)
太い部分は肉厚が厚く剛性を高め、細い部分は肉厚が薄く
して、剛性や衝撃吸収性をコントロール。
かなりまじめな作り。
img56342445.jpg
フロントフォークもHMハイモジュラスモジュラーモノコック
カーボン。
img56342448.jpg
クランクはSHIMANO ULTEGRA 53T×39T
img56342444.jpg
この辺りは、上位モデルと同じ形状。
モノコックのバックステー。
img56342443.jpg
ホイールはSHIMANO WH-RS20 ホイールセット
ブレ-キはSHIMANO ULTEGRA デュアルピボット
img56342442.jpg
どのパーツを見ても、真面目に作っていますね。
軽いけど走行が安定いているのも、その辺りに秘密があるのかも。
デザインもシンプルだけど、爽やかでいい感じです。

2010年04月29日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 BASSO REEF(バッソ リーフ)

img10634474775.jpg
コンフォートに使える、アルミモデルです。
カーボンバックにフロントカーボンフォーク搭載。
しかも7005アルミのダブルバテッドなので、アルミモデルとしては
結構充実したモデル。
コンポにシマノ105を搭載しています。

ヘッドチューブもアップライドな姿勢を取れるように高めに設定。
フレーム全体の味付けも、コンフォート重視なのが嬉しい所です。
フレーム剛性も適度に抑えていますね。
でも、やはりアルミフレームらしくゼロ加速が得意。制動性も
しっかり確保しています。
そういう意味ではあまりクセもなく、誰でも扱いやすいモデルですね。
アルミモデルですが、カーボンのいい所も取り入れた万能性も
持っています。

(´・ω・)……コンフォートですけど、たまにスポーティに走りたい
方にも向いているかも。
あと、この価格でカーボンバック&コンポがシマノ105って頑張って
いると思います。

やっぱり今の時代は、アルミモデルといえどコンフォート&万能性
が求められるのでしょうね。

img55758920.jpg
img55758921.jpg
特にヘッドの部分に剛性を持たせている様です。
一応レースに使用しても、きちんと走ってくれるはず。


img55758919.jpg
カーボンフォークはベント仕様。
スピードが乗ってきても、安定した走行が可能。
ちなみにホイールはSHIMANO WH-RS10


img55758923.jpg
SHIMANO-FC-R600クランクを使用。
こうして見ると、ドイツ向けのイタリアンデザイン風という感じが
しませんか?


img55758922.jpg
実はシートステーを微妙に曲げ加工してあります。
コンフォート性と剛性を上手に両立させているモデル。

2010年04月28日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 MASI 3VC 105 三菱ハイモジュラスカーボン採用

img10634509468.jpg
三菱ハイモジュラスカーボンを採用した、最高級カーボンフレーム
バイク3VCモデルです。

特徴としては、やっぱり太めのダウンチューブのおかげで剛性が高く
仕上がっている点。
あとはシートアングルとヘッドの角度を同一にしてありますね。

とても乗り味が軽く、クセのないモデルです。
シートステーが外向きに歪曲しており、チェーンステーは内向きに
歪曲させている形状のおかげで、軽快さと、乗りやすさに貢献して
います。

とにかく乗りやすいモデルで、コーナーリンク性能の高さは相当な
もの。
ヘッドチューブが長いので、一見するとコンフォートモデルの様に
見えますが、ヒルクライムにもレースにも使える戦闘力を有して
います。
やはり、色々な目的に使いたい方や、初めてカーボンに挑まれる方
でも扱いやすいモデルではないでしょうか?


img55834192.jpg
ハンドルバーとステムはリッチー・コンプ。
フレーム単体重量976gと超軽量。とてもコンフォート設計のモデル
とは思えない軽量さ。

img55834193.jpg
フロントフォークはMASIオリジナル
ホイールはSHIMANO WH-R500A
img55834194.jpg
太めのダウンチューブとヘッドが融合して、剛性を高めています。

img55834197.jpg
ハイモジュラスカーボンを贅沢に使用していますね。


img55834195.jpg
img55834196.jpg
シートステーが外向きに歪曲している形状が面白いです。
乗り手を選ばない楽しいモデル。
メインコンポはシマノ105。
リアにアルテグラを採用しています。
コンフォートモデルながら、第一級の戦闘力も有している怪物です。

2010年04月27日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 Raleigh CRS CARLTON-Super ラレー CRSカールトンスーパー

10_raleh_018730.jpg
ラレーのカーボンモノコックロードバイクです。
SHIMANO105を採用しと剛性を強化した素敵なモデル。


ある意味、クロモリモデルのラレーという感覚をいい意味で裏切られるので
はないでしょうか?
BB付近もボリュームがあり、その上ヘッドもエアロ形状。
フロントフォークもエアロブレード形状ですね。
パワーライダーにもこたえてくれる剛性の高い太めのチューブを有して
いますが、フレーム重量1100gと軽量に抑えています。


レースに使いたい方にはかなりうってつけのモデルで、高速で走っても
しっかりとした制動性を見せてくれますし、その上安定感がなかなかの
もの。

ブレーキやコンポ、また運動性が高いモデルなのですが、お気楽にロング
ライドに行かせるので、結構幅が広いかも。

ラレーのモデルの中で、かなりレーシーに特化した戦闘性の高いモデル
ながら、実はヘッド周辺の純白の美しさは、結構好きです。


10_raleh_018730_01.jpg
フルカーボン、シマノ105搭載なのに、結構価格で頑張っているモデル。
シマノWH-RS20エアロホイールもついてきますし。

サドルベースにスプリング機能がついているのも、かなりポイントが
高いです。
さり気なく、快適性にもこだわっています。

10_raleh_018730_02.jpg
それにしても、純白さとブラックのグラフィックが美しいモデルですね。

2010年04月26日 トラックバック(0) コメント(0)

TREK MADONE4.5(2010モデル)

IMGP1189.jpg
ツールで投入された、走行性能がいきなり楽しめてしまうTREK MADONE4.5
です。とにかく乗りやすいので、いきなりロードに挑まれても安心な
モデルです。
ステアリングを強化してハンドリング性能を向上させているそうです。
テーパーヘッドチューブを採用。

(`・ω・´)「とりあえずロードが欲しいけど、いいものが欲しい! でも
目的は決まっていない!」
という方に、しっかり答えてくれる万能ロードなのが素敵。
コンフォート性があり、なおかつ平地にやたら強く、なおかつ高速巡航も強く
このモデルは生涯保障までついてきます。
変に中途半端なロードに納得できない方は、このモデルから初めた方がいいと
思います。
ロードに慣れてきても、納得できますし。たまにロングライドや、レースに参加
しても、十分やっていけるはず。
そういう意味ではやっぱりレース寄りですね。

( ;゚ω゚)……とはいえTREK MADONE6.9もかなり乗りやすいです。あまりにすーーー
っと走るので不気味すぎる程。

ヒルクライムに行きたい方は、マドン5シリーズを愛用される方が多い? と聞き
ますが……。
メインコンポはシマノ105です。更に上グレードのコンポを搭載した同じTCTフレーム
のマドン4.7という選択肢もあります。マドン4.7なら確かコンポはアルテグラですね。


チェーンステーの左側にはデュオトラップセンサーを内蔵できるようになっていま
す。エントリーモデルといっても、マドンですからその辺りはやっぱり凝っていま
すね。



IMGP1190.jpg
IMGP1191.jpg
IMGP1192.jpg
IMGP1194.jpg
IMGP1193.jpg
IMGP1195.jpg
IMGP1197.jpg
IMGP1196.jpg
IMGP1198.jpg
IMGP1199.jpg
IMGP1200.jpg
De Rosa - Idol Disc (Ultegra - 2017)

2010年04月24日 トラックバック(0) コメント(0)

2010モデル FULCRUM RACING ZERO RED/BLACK 2WAY FIT

racingzero2way.jpg
性能とデザインがとても素敵な、フルクラムレーシングゼロです。
やっぱり人気高いホイールですよね。

シマノのコンポユーザーも結構使っていますし。
チューブレスでも、クリンチャー両方OK。この辺りが人気の
秘密?

いいなあ、赤ステンレススポーク。
メンテナンス性や耐久性とか考えるとアルミリムかなあ。
ちなみにセラミックベアリングについてですけど、確か高真空産業
機器にも使われていたりします。
摩耗にかなり強いし、温度変化にも強いんですよね。
ただ、コストがかかるので、やっぱりそっちの方でも結構限られた
機材にしか採用されていないとか。


平地でも面白そうだし、ヒルクライムにもってこいですか。
やっぱり、速度が落ちないのでアップダウンの多い道でもすいすい
いけるのがいいですねえ。
いいなあ。
(`・ω・´) やる気はないのに通常よりも時速5kmは速くなる!!
というお話もありますし。


2010年04月23日 トラックバック(0) コメント(0)

クリンチャーSHIMANO DURA-ACE WH-7850-C24-CL ホイール

img56300752.jpg
なんだか、とても人気が出ているホイールですね。
シマノデュラエースグレードのクリンチャーホイールです。
( ;゚ω゚)……素敵……いいなあ!

カーボンファイバーとアルミリム採用のコンポジットリム。
万能性が高く、平地でも登りでもなんでもいけます。

どうでしょうね?このホイールを仕様すればアルミフレーム
でも、乗り心地も良くなりそうですし。

価格もフルクラムに比べてかなり抑え気味なのに、それなり
の性能が手に入りますし。

ヒルクライムでも、随分ユーザーが多いみたいですね。
軽量なのがいいのとかなり軽い感覚で、どんどん踏み込めま
すし。

重量は前が592g 後が794g
勝負ホイールとしてもいですけど、普段用にしても十分楽しい
ですよね。
巡航速度も、普段のペースよりも確実に上がりますし。
ギアもどんどん重いのが踏める様になりますよ。

そういえば、某店長が
「(`・ω・´)コンポよりも、ホイールに金かけな。まるで変わるから」
といつも言っていますけど。なんとなく納得。

2010年04月22日 トラックバック(0) コメント(0)

ブリヂストン 電動自転車 アシスタリチウムロイヤル A6L80

10a6l80-02.jpg
とてもバランスの良いアシストバランス力を誇る高級電動自転車です。
さすがに他の電動自転車よりも風格が違いますね。

こう見えて走行性重視。
特に高速時や低速時両方の優れたアシストパワーをお求めの方にぴったり。
特に走行安定性、平地、坂道などほとんど場所を選びません。

乗り心地は警戒かつ、良好なハンドリング。
ステンレズガードチェーンや、空気圧低下を自然にお知らせする空気ミハ
ル君をしっかりリムに装備。
他の電動アシストモデルの中で、一番万人を納得させるモデル。
そう言う意味では、デザイン的にも、性能的にも癖がないかも。


ご家族で、使うにはかなり向いていて、あらゆる使用目的に対応してくれ
るはずです。
ただ、スポーツバイクに乗っている方には少し姿勢が窮屈に感じるかも。

ちなみに、電動アシストモデルなので、こぎ出しやすさと止まりやすさを
優先してサドルは低い方がお勧め。他の自転車と違って重量がありますので
停車時に足で支えやすい高さの方がいいと思います。
ハンドルは、左右に振りやすく、重い荷物を頻繁に運ぶ場合はハンドルを低
めに設定した方が、より走行時安定する場合が多いです。

そのあたりは一般的な自転車と違うところかも。
走行性も安定性も26インチモデルが一番いいと思います。

. . . . *'``・*.。
. . . . . . . . |. . . . .`*。
. . . . .. . ,。∩. . . . .. *.. . .
. . . . . . +. (´・ω・`). *。+゚
. . . . . . `*。.ヽ、. .つ.*゚*
. . . . . . . `・+。*・'.゚⊃.+゚
. . . . . . . ☆. . .∪~.。*゚
. .. . . . . . `・+。*・.゚

( ;゚ω゚)……つまりですよ? 家族をみんなだまして?
それなりの自転車というか、電動自転車が欲しいなあとか思って
紹介しました。

さすがに、これ以上買ったら本気で怒られそうなので……はは。
うう……。

2010年04月21日 トラックバック(0) コメント(0)

POLAR RS800CX(MULTI) ポラール GPS機能付きサイクルコンピューター

rs800cx_multi.jpg
ポラールのRS800CXです。
走行中のデーター管理をしたいGPS機能付きサイクルコンピューター
ですね。
走行中に計測したデーターをPC上でダウンロードして活用できます。

例えば、付属のトレーニング管理ソフトを使用すれば(ポラールプロ
トレーナー5)
時間を横軸にして、勾配やスピード、ケイデンスに心拍数をグラフで確
認可能。

カレンダーモードだと、今月の航行距離や時間などを月単位で管理。

レース時に計測すれば、時間単位でスピード管理も可能です。
割とトレーニング管理の側面が強いサイクルコンピューターと言って
いいかも。そうですね、ナビゲーション機能を必要としないGPS
機能付きサイクルコンピューターならポラールがお勧め。

でもいくら、走行中にナビゲーションしないと言っても、走行データ
ーをPC上に地図データーと一緒に表示も可能。
(グーグルアースに走行ルートを表示可能)

ナビ機能いらないけど、坂道での心拍数の管理をしたいなど身体デー
ター管理を望む方にはかなりむいているはず。

重量は140g

(電池の持ち具合)
POLAR G3 GPSセンサー(単三電池で約10時間)
RS800CX (一日一時間で一年電池が持つ程度)

2010年04月20日 トラックバック(0) コメント(0)

Blackburn Flea USB Front(ブラックバーン フリーUSBフロント)

img56791043.jpg
USBポートの電力で充電できるサイクルライトです。
USB端子付きのチャージャーをライト本体に取り付け、パソコン等に
繋いで充電できる優れモノ。

ヽ(`Д´)ノ充電を忘れがちのmitiluさんにぴったり。
いざ充電となると面倒くさいですけど、パソコンは年から年中ついて
いますから。

重量はわずか17g。画像を見ても分かりますけどサイズがかなり小さい
のでかさばりません。
ただ、MAXで3時間程度しか点灯しないので、頻繁に充電する必要
があるかもしれません。

何気に白色LEDを4個も搭載しているので、コンパクトだけど明るい
のが長所。

img56791046.jpg
(注意)
一応充電中に、ライトをつけてしまうと充電が解除されるので気をつけてください。

2010年04月19日 トラックバック(0) コメント(0)

BROMPTON ブロンプトン M3Lをだらだら解析してみました。(2010モデル)

10_brptn_017063.jpg
IMGP0848.jpg
( ;゚ω゚)……BROMPTON M3Lかあ。いえ、あのですね。購入後にコインロッカー
に保管出来るかなあ。
となると、一週間300円ですから、一月1200円で保管可能って……
部屋に隠した方が懸命ですよね。
M3Lって、人気があるから品薄になってしまうのであきらめて2011モデルまで
貯金して……。
でも、60cm四方に収まるって凄いですよね。
運動性にはそれ程期待しませんけど、長距離乗ってみるとあんまり筋肉が
痛まない? という声もありますし。
どうしましょうね? 今日の記事は個人的メモという事で。
でも、都内に行く時使いたいのです。
うーん。

IMGP1322.jpg
内装3段シフトレバーについてなんですけど、一応ハンドルを
持ちながら、変速してくれるんですよね。
なんか以前変速をいじらせてもらった時は歯切れ悪かったです
けど。まあ、この辺りは目をつぶりましょう。

IMGP1324.jpg
IMGP1323.jpg
あ、そうか。フロントフォークはクロモリなんですよね。
ふーん。
イエローラベルタイヤは米式。うーん。

IMGP1325.jpg
フロントはシングル。コッタレスアルミクランク。
あ、ミニベロはフロントシングルで十分。


IMGP1326.jpg
右ペダルのゲージはアルミ製ですね。
折り畳んだ時に前輪がくるので、特に邪魔にならないはず。
IMGP1327.jpg
左ペダルは、出しゃばらない様に折り畳み式。
賢いですね。この辺りの設計というか計算は。

IMGP1330.jpg
ゴムダンパーですね。
走行時にサスの役割をします。
確かロックがかけられるので、車体を持ち上げても後輪は
そのまま持ち上がるはず。
IMGP1329.jpg
ブロンプトンブレーキキャリパーの効きは、どうでしょう?
まあ、そんなに飛ばさないので大丈夫だとは思いますけど。
電池式テールランプがついてくるんですよね。
でも夜は出来ればミニベロで走りたくないかも。

IMGP1328.jpg
スタメの内装3段変速ですね。
あと、奥にあって見えにくいですけど
IMGP1331.jpg
ZEFAL携帯用ポンプも左側についてきます。
やっぱり、リアキャリアは個人的に特に必要ないかと。

IMGP1332.jpg
IMGP1334.jpg
問題はカラーなんですよね。このグリーンが一番いいかなぁ。
英国公式カラーの限定のも悪くないですけど。
それにしても、このシールは2011モデルにもついてくるので
しょうか?
うーん。

IMGP1335.jpg
なんで、サドルが細くなったのでしょうね?
結構収納時につかみやすいから?
でも、おそらくですけど、ロードバイクのサドル並みに軽量な
はず。
ブルックスに交換もいいですけど、車体の重量が重くなるのが
辛いかも。

収納した状態で、真上から見るととんでもなく芸術的に折り畳まれて
いるのが分かるんですよね。

2010年04月18日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 SCOTT SUB 30 SOLUTION

img10634676476.jpg
( ゚∀゚)週末に、短距離ご近所を乗りまわす目的の方にかなりぴったり
のモデルです。

コンポモデルチェンジを行ったSHIMANO DEOREをこっそり
搭載。
初めてでスポーツバイクに挑まれる方には、かなり乗りやすいモデル。
でも、ツーリングや長距離はあまり向いていません。
「乗りやすい」「操作しやすい」「初めてだけど、それなりに」
の方に。
特に乗り始めの場合、姿勢が他のスポーツモデルと比べて上半身
に負担がかからないように上向きになります。

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル ただし、3時間も乗ると少し疲労が
くると思います。あくまで、街をおしゃれかつ乗りやすい様に
というコンセプトのバイクなので。

( ;゚ω゚)...。o○(とはいえ、乗り手によってはとんでもない距離
を乗りこなしてしまう方もいますけど。なんというか……自転車が
乗り手を引っ張るというよりは、乗り手が自転車を引っ張るというか…)

なんといいますか、近場をまったり……つまりだらだら乗りまわすには
これは何気にいいモデルだと思うのですが。

ある意味、本気モードじゃなくてフィットネスでちょっと遊んでみたい
という方に最高。
SUB 30 SOLUTIONも近距離街乗りの方に一番答えてくれるはず。
あえて、ディスクブレーキや、カーボン、サスペンションを使用していな
い所に好感が持てます。

img56342891.jpg
img56342890.jpg
Shimano DEORE搭載。

img56342893.jpg
タイヤにはContinental Sport contac 
700-32Cと完全に街乗り仕様。

img56342870.jpg
何気にリアエンドの構造がしっかりしていると思うのですが。
img56342892.jpg

2010年04月17日 トラックバック(0) コメント(0)

Garmin Oregon 300 ガーミン オレゴン300日本版

69721.jpg
( ;゚ω゚)ハハ……タッチパネル式のGPSです。
なんだか、自転車乗りの方よりもオートバイ乗りの方に好評?
液晶画面の視認性が高めなのと、タッチパネルが扱いやすいから
だそうですが。

グローブを装着したまま操作できるのが、結構快適かと。
いいなあ。
電子コンパスと気圧高度計がついています。
単三電池2本で15時間も! 稼働してくれるので、かなりいいです。

それにしても地図を指でスライドさせる感覚はやっぱり面白い
ですね。

軽量コンパクトなのでハンディGPSとしてもいいかと。
電池切れの心配もないですし。

えっと電源ボタンは右上の端に、あります。そこを長押しすれば
OK。OFFにするときも、そのボタンを長押ししてください。

ナビの扱いやすさはそのままで、地図から目的地を検索したり
住所から設定したり……でもってタッチパネルの出発をタッチ
するだけ。

設定を距離優先にして、ナビゲートしてもらえば、ストレートな道を
優先して案内してくれるはずです。

まあ、あくまで見やすさ重視のGPSかもです。
重量は190g
重量を気にされる方は、本体重量110gのEdge705がいいかも
しれません。


69721-1.jpg
都内に行くと迷う事が多いので、個人的にはそっち
の方で活躍しそう。
( ;゚ω゚)……いつも思うのですが、自転車や山岳用の小物
とか道具って、実は普通の生活にかなり役に立ったりする
場合が多いですよね。
うーん。

2010年04月16日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 JAMIS Nova Pro ジェイミス ノバプロ カーボンバック搭載シクロクロス

10_jamis_017586.jpg
(`・ω・´)7005ダブルバテッドアルミ&カーボンバックフレームが特徴の
万能シクロクロス、ジェイミス ノバプロです。

いいなあ。何気に坂道にかなり強いシクロクロスなので、いいなあ。
ギア比を低くすれば、車重が軽い(9kg程度)からぐいぐい登って
くれるので、すっごくいいです。

さり気なくシマノ105も搭載しているので、結構豪華なのにリーズナブル。

しかも、カーボンバック搭載なので、平地でもかなり快適です。
(´・ω・)……うーん。もう、普通に平地を走るのが目的な方でも、すっ
ごくいいのでは。カーボンフォーク搭載のJAMIS NOVA RACEを試乗した時に、
あれだけ快適だったのですから。
これで、カーボンバック搭載となると、更に快適でしょうね。

トレイルもしっかりこなしますし……何気にこのリッチーの700 x 32c
タイヤのグリップ力が強力なのです。
いいなあ。
ただ、さすがにフルサスのMTBには、トレイルの快適度は負ける
とは思いますが。
でもいいですね。
10_jamis_017586_02.jpg
何気に、この紅白のカラーリングが、いいです。
いいなあ。何気に、スリックタイヤで平地をマッタリ走ってもカーボン
バックなので、相当乗りやすそうですし。
サイズ的にも、幅が広いし、コンポは贅沢。
いいなあ。
JAMIS様いいなあ。このモデルで遊びたいです。
普通にワクテカしながら記事を書いてしまいました……。

2010年04月15日 トラックバック(0) コメント(0)

SANYO エネループ バイク 20インチ ホワイト CY-SPJ220

IMGP1302.jpg
( ;゚ω゚)……両輪駆動&折り畳み&回生充電可能な、CY-SPJ220です。

両輪駆動……前輪にアシストモーター、後ろは人力という
ちょっと面白い機構。
おかげで、ふらつき防止が期待出来ます。
特に坂道でのふらつきに強いという話。
でも最近の電動自転車も、かなりふらつきに強いモデル
が多いですが。
(´・ω・`)……この勢いで他社様も……両輪駆動モデルを開
発してくれれば……。


折り畳んで、電動自転車を室内に保管出来るというのは実は
一番評価していいと思います。
出来れば電動自転車は室内保管が理想ですが、なかなかスペース
の関係から、あきらめている方も多そうですし。
一応折り畳んだ状態で自立します。
ただ、18kgなので、部屋からの出し入れが少し大変かも。

回生充電についてですけど、下り坂や、ブレーキ時にモーター
ブレーキで充電してしまうというシステム。
つまり、下り坂を走っている最中、充電中になるというエコ
なシステムを搭載しています。

(雑談というか感想)
なんというか、素直な感想としてまだまだ手さぐり的、というか
実験的なモデルだと感じました。

もうちょっとフレームを頑張ってもいい様な気もしますが。
( ゚∀゚) いやー、こういう、試作機的なモデルってホントにい
いものですね!!
なんか、最近デザインとか、機能で遊ぶメーカーがないというか
機能が固定してきていたので、こういうモデルは貴重、貴重。


2010年04月14日 トラックバック(0) コメント(0)

GARMIN EDGE 705(日本語版)

edge705_1.jpg
やっぱりサイクリングの楽しみを倍増させてくれるのが、サイクルコンピューター
ガーミンです。
GPSでシグナルを受信しつつ、走行スピード、心拍などの情報を蓄積。
同時に、走行位置を詳細に地図上に表示してくれます。


早い話が、地図を呼び出して目的地を設定するとお気楽にナビゲートして
くれるという訳です。
どちらかというと、ナビに慣れていない方のほうが、すんなり使いやすい
かもしれません。


( ゚∀゚)地図を呼び出して直接目的地を入力してもいいですし、カテゴリー
別の候補地から目的地を設定する方法もお気楽です。

あとはボタンを押すと、目的地のルートを地図に表示しながら、お気楽
スタート。

施設情報も、詳細に入っているのでほとんどカーナビ感覚だと思います。

あとは、「トレーニング」などのメニューもありますので、慣れてきたら
挑まれてはいかがでしょうか?
心拍センサーを体に取り付ける必要がありますけどね。
あとスピードセンサーも取り付ける必要があります。


バックライトもついているので、視界が悪くなっても見やすいです。

取り付け位置はステムか、バーハンドルあたり。
付属品でしっかり固定可能です。
センサー類がなくてもGPSによるスピード計が使えるというのが、やっぱり
凄いですね。

2010年04月13日 トラックバック(0) コメント(0)

ABICI SVELTINA DONNA(アビチ スヴェルティナ ドンナ) 内装8段変速

img10634706844.jpg
イタリア北部ヴェネト州ABICIのフレーム工房で組まれたメイドイン
イタリーのバイクです。
( ゚∀゚)スチールフレームですが、家族経営ですが熟練した職人様の手に
より手作業で溶接されています。
(60近いベテランの方が工房を仕切っているとか)
工芸品みたいな自転車ですね。

手作りのフレーム生産者は、イタリアでもほとんどいないとか。
イタリアの自転車フレーム職人が携わったバイクが、手に入る
なんて、なんだか凄いです。

アビチのスチールフレームの溶接は、全てイタリア伝統の「ラグ式」で溶接。 
ラグと呼ばれる継手で管と管を結合する方式で、フレームの管端のもっとも大
きな力が加わる部分がラグで補強されるので、堅牢に組まれています。


あくまで家族経営的な規模なので、大量に生産出来ずハンドメイド。

アビチ スヴェルティナ ドンナは、レーシングホイールを履いたスポーツ
仕様。

タイヤは26インチのスポーツタイプ。
パールが輝く美しい独特なカラーリングは、有機溶剤を使用せず環境にも
優しいパウダーコーティングによるも。
車体全体が防錆加工済みです。



img56509784.jpg
2本のトップチューブとラグ溶接
SVELTINA DONNAのスロープしたトップチューブは、シートステー
とチェーンステーの間を通っています。
面白い形ですね! へー。

img56509783.jpg
セミドロップハンドル&本革グリップ
無理のない前傾姿勢のために工夫された、イタリア版セミドロップハンドル。
美しいカーブを描くハンドル。グリップは手縫いの本革製。
でも、もしかしたら少し慣れが必要かも。

img56509785.jpg
内装8段変速ギア
シマノ製の内装8段変速ギアを搭載。
グリップを回すタイプですね。
それはそうと、この間内装変速のグリップをがちゃがちゃ回して
遊んでいた私。
なんか外装に慣れてしまったので、内装変速のお気楽さがうらやま
しいというか。
どうでもいい話なんですけどね。



img56509786.jpg
レーシングリム&スポーク
前輪後輪とも、リムは軽量アルミ製のレーシング用、スポークは
美しい外観と空力上のメリットを両立するグループドスポーク。


img56509787.jpg
手打ち銅鋲付き本革サドル
サドルはスムースな本革にハンマーで手打ちされたコッパー鋲を
あしらったBROOKS PROFESSIONAL。

そうそう、リア(後)はコースターブレーキ。
ペダルを逆回転させて、ブレーキをかけます。

2010年04月12日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 FELT AR1 カラー:マットカーボン/レッド

ar1.jpg


( ;゚ω゚)……電動エアロロードFELT AR1 Di2です。
定価100マソクラスの、エアロモデル……。
まるで航空機ですね、ここまでくると。

カーボンの接着をカーボンを溶かして溶接するという究極の軽量化
モデル。
ですから、溶接? 部分はひたすら滑らかで、綺麗ですよ?

エアロモデルながらFシリーズやZシリーズよりもショック吸収性が高い
のがおっかない所。

高価な機材の固まりなので、いやがおうでも乗り手をどこまでも引っ張って
しまう、凶暴さも持ち合わせています。

上から見ると、ハンドルがどこかのアニメみたいにほとんど戦闘妖精雪風
状態。
ファンタジーヽ('∀`)ノ 
特にトップチューブをですね、上から見ると、スタイリッシュなレッド
カラーが飛び込んでくる様はまさに、SF。

ダインチューブはほとんどナイフみたいで、大根が切れそうです。
チェーンステーやシートステーまで、刃物の様にとがっていてもう萌えますね。
挙句の果てに、リアエンドまでエアロ形状みたいですし。

ヽ('∀`)ノ こういうエアロモデルは嬉しいですねぇ~ありがたいです!

良く見てみると、六角ボルトが空気に当たらない様に巧妙に隠されているんです
よね。
更に軽量化の方向に進むと、今度は案外電動パーツで重量をわざとかせぐ時代が
来るかもしれませんね。

2010年04月11日 トラックバック(0) コメント(0)

サイクルコンピューター搭載 SONY NV-U35

img56421959.jpg
SONYのNVシリーズにおいて、サイクルコンピューター
を(自転車ナビ)を搭載したかなり使い勝手がいい機種が登場
しました。
まあ、徒歩ナビに自転車モードがついているのですが。

隠れた名店など、口コミ情報や、グーグルアースで使えるログ
データー出力などの機能もります。
とにかく情報量の多さが特徴で、最寄検索、グルメ、ツーリン
グコースなどの目的別に設定可能。
店舗表示や、営業時間を確認出来てしまいます。

時速屋移動距離なども地図と一緒に表示。

別売りの自転車クレードルを使用すればボタンワンタッチでハンド
ル位置に、着脱可能。
しかも車のナビにも使用可能。
img56421960.jpg

表示に関してですけど、地図は自分の向きに合わせて回転。
特に売りは、表示の高速性と操作系の反応の速さ。ディスプレー
は3.5インチ。

USB2.0 メモリースティックデュオスロットなど。

ポータブルナビですけど、防滴機能付き。

スーパースタミナモードで11時間使用可能。
通常は4時間。
スタンド(NV-BU2、NVA-CU10J)は別売です

2010年04月10日 トラックバック(0) コメント(0)

CINELLI"VIGORELLI TRACK 2010 FRAME&FORK SET" チネリビゴレリ「ピストバイクフレーム&フォークセット」 2010モデル

lea0019a.jpg
いいなあ、チネリ……のピストフレーム。
2009モデルまではダウンチューブあたりに、Cinelliのロゴがプリント
されていたのですが、この2010モデルからCのロゴだけになりました。

街乗りでのスタート時の軽さを楽しめそう。まあ、慣れればアルミの振動
も慣れて? しまえばいいですし。
それでも、チネリのアルミフレームはマイルド仕様。
アルミフレームですので、クロモリほどは重くないですが。


( ゚∀゚)というより、デザインにmitiluさんは価値を感じてしまいます。
フレームセットで11マソです。
いいなあ。
フラットバー仕様も楽しめそうですね。
何より、部屋に置いておくだけで満足しそうです。


レースとかより、のんびりお気楽に走りたいならこれも素敵な選択肢
かも。
アパレルブランドや、インテリアデザイナーとのコラボにも力を入れて
いるのも納得。


デザインもそうですけど、品質にかなりこだわったメーカ様なので……
かなり個人的に信頼しています。

lea0019b.jpg
lea0019f.jpg
フロントフォークはColumbus Straight Carbon
( ゚∀゚)美しいですね。

lea0019d.jpg
COLOMBUSのパイプを使った7005トリプルバテッドアルミフレーム
lea0019c.jpg
リアエンドが、スタイリッシュ。

lea0019g.jpg
左右シートステーの上部から見た「Cinelli」ロゴの美しさは
必見。

2010年04月09日 トラックバック(0) コメント(0)

AG70 フォールディングロック tate(タテ)

lkw144-04.jpg
( ゚∀゚)いやー、折り畳み式のキーですよ。
見た目はおしゃれですけど10本の鋼鉄に樹脂コーティングを施した
タイプです。


ピッキングに強い4面ディンプルキーを採用している本格派。
ちなみに、折り畳んでポケットに入れた際、お尻に沿うように設計された
ので、曲線を描いているという訳です。


lkw144-05.jpg
折り畳みサイズ:90×50×23mm
重量:346g
何気に掌におさまるサイズ。
短時間、駐輪するのにもってこい。

lkw144-06.jpg
施錠時には 1本1本のボーンがスムーズに孤を描き自然にタイヤを
囲んで施錠します。
人にも、愛車にも、まったり優しい鍵ですね。
ちなみに鉄製プレートは焼き入れてあるので、意外に堅牢。

でも(`・ω・´)長時間の駐輪には控えた方がいいかもです。

AG70 フォールディングロックはここから購入できます (パーツ アクセサリーコーナー)

2010年04月08日 トラックバック(0) コメント(0)

スキルシマノチームエディションカラー KOGA MIYATA CARBON TEAM EDITION

IMGP1400.jpg
レースで実際使われているノウハウを、実際に市販車に採用した
コガカーボンチームエディションモデルです。

チームカラーコーディネートされたちょっとレースを意識したバイク。
モノコックカーボン(12Kカーボン)の大型丸チューブが特徴。
(ライトウェイト12k FEMハイテックカーボンフレーム)

それなりに肉厚なカーボンチューブで堅牢性を高めていますね。
変に奇をてらったチューブよりも、オーソドックスな丸型チューブを採用
してくる辺り、品質が安定したフレームを供給したいという作り手の意識を
感じます。また、品質を維持する為に受注生産という形を取っていますね。
サイズごとに、生産台数が決まっているとか。

走行性は、加速に強く安定しています。特にレース志向なので、乗り手の
脚力にきちんと答えてくれそう。

ロングライドとか、街乗りにはあまり向いていないと思います。
見れば、見るほど、実直そうなモデルですね。
確かにしっかり組んであったという印象。
シートポスト・ステム・ハンドルバーは プロ・PLT

あと、そうそう。シカンジュウムフレームを採用したスキル・シマノ
カラーチューブも発売されているそうですよ。

IMGP1401.jpg
ハンドルパーツがPROとやっぱりレースを意識した構成に。
IMGP1402.jpg
フロントフォークはエアロブレードを採用。しかし断面積を大きめに確保し
反応性と剛性を重視。
ホイールもエアロ形状な点も見逃せません。ホイールはコガのオリジナル。

IMGP1403.jpg
IMGP1404.jpg
コンポーネントはシマノアルテグラ。
IMGP1408.jpg
丸チューブですがしっかり組んであるので、乗り手次第で十分戦闘的な
走りをしてくれるでしょう。
IMGP1407.jpg
シートステーは系を大きめにとり、剛性重視。一応内側に曲げ加工を施
し衝撃吸収性も計算してあります。
IMGP1405.jpg
チェーンステーの内側に、KOGAのロゴが。
さりげなくていいですね。
IMGP1406.jpg
サドルはセライタリア・XR
De Rosa - SK (Ultegra Di2 - 2017)

2010年04月07日 トラックバック(0) コメント(0)

2010CANNONDALE BAD BOY DISC(キャノンデール バッドボーイ ディスク 2010)

IMGP1260.jpg
ファティソロフォークにやたら目がいってしまいますね。
バッドボーイでもディクスブレーキモデルにだけ採用しています。


街乗りクロスバイクとはいえ、重量バランスを計算した結果
採用されたそうです。
MTBのフレームをベースに組んであるので、すこしクロス
バイクというよりも、MTBの色合いが強いですね。
軽快さとデザイン性もかなり意識した設計ですが……。

キャノンデールのアルミフレームはなんだか見た目は重そう
ですが、乗ってみるとかなり軽快というか軽さを感じる事
が出来ます。
(6061アルミフレーム採用)
あえてサスペンションをつけないでも、フレームで快適性
をコントロールするあたりがすごいですね。
良質なアルミフレームを搭載したクロスバイクを探して
入るかたには、最適なモデルではないでしょうか?

高速で走れるように700Cホイールを採用。
スリックタイヤなので、軽快さを実現させていますね。
もちろん26インチのブロックタイヤに交換することも可能。
ユーザーの要求に合わせて、色々楽しめそう。

IMGP1270.jpg
ロックオンタイプのグリップがついています。
両端のロックリングが大人の雰囲気。
所々にブラックミラーカラーを採用していますね。
アヘッドのトップキャップあたりとか。
IMGP1266.jpg
IMGP1261.jpg
ファティソロフォークを採用。盗難防止の為に、ボルトで固定して
います。
TEKTROの油圧ディスクブレーキ採用
IMGP1263.jpg
クランクにはカバーを最初から取り付けてありますね。
裾を巻き込みこみから守ってくれる仕様。
コンポーネントはシマノDEORE
フロント3×リア9
IMGP1267.jpg
凄いですね! どこまでもブラックです。
反射素材も取り付けてあります。
IMGP1264.jpg
あ、スポークまでブラック。
IMGP1265.jpg
何もかもブラック。スプロケットもハブも……。

IMGP1262.jpg
IMGP1269.jpg
キャノンデールのアルファベットのCのロゴが入っています。
こういう所は、デザイン重視。
Cinelli - Strato (Potenza - 2017)

2010年04月06日 トラックバック(0) コメント(0)

BRIDGESTONE ordina S(ブリヂストン オルディナ Sシリーズ) 700cスリックモデル

IMGP1227.jpg
ブリヂストンのクロスバイク、オルディナです。
このスタイリッシュなデザインが売りという事ですが、かなりしっかり
組まれているという印象。

これなら、通勤とか、長期間乗るのにもかなり安心の品質。
いえ、もう本当に。
今回観たのは、Sシリーズという700Cホイールに、ストレートフロント
フォークのモデルでした。
あの、新開発のタイヤ、ブリヂストンディスタンザを履いていましたね。
高品質なスリックタイヤで走行感をより軽く、スポーティな走りを
目指そうという姿勢はちょっと萌えました。

ポジショニングも微妙に前のめりになるように設計されていて、スポーティ
さと快適さを上手く両立させています。


IMGP1230.jpg
IMGP1229.jpg
ベル、LEDライトがしっかりついてきます。
相当安全に対する意識が高いモデル。

IMGP1228.jpg
ストレートフォークを採用。雨の日や泥の悪条件下でもしっかり
した制動力を有するディスクブレーキ搭載。
IMGP1233.jpg
アルミのフレアフレーム。街乗りにおけるスタイリッシュさにこだわった
形状。実物はこの画像の何倍も美しかったです……。

IMGP1234.jpg
シマノディオーレ フロント3×リア9段。
ホイールにもしっかり、カバーをつけています。


IMGP1239.jpg
さすがにペダルも堅牢に出来ていますね。
IMGP1240.jpg
フロントブレーキにはパワーモジュレーターを採用。
何気に見えるヘッドマークは、アルミの打ち抜きだとか。

IMGP1236.jpg
IMGP1235.jpg
なんというか、リアエンドの形状が滑らかで美しいですよね。
もちろんリアにもディスクブレーキ採用。
IMGP1238.jpg
スポーツサドルです。
初めてスポーツモデルに挑まれるなら、このオルディナから挑まれてみても
面白いのでは?
泥除けとかキャリアなどの専用オプションも、販売。

De Rosa - Idol (Ultegra - 2017)

2010年04月05日 トラックバック(0) コメント(0)

BRUNO MINIVELO16" ROAD(ブルーノ ミニベロ16”ロード) 2010継承モデル

IMGP0527.jpg
16インチと極小タイヤを楽しむ為のモデルブルーノ ミニベロ16”
ロードです。
2010モデルも2008モデルからずっと仕様はほとんど同じだそうで。

フレームもレイノルズ520クロモリ仕様で軽くてしなりのある
けど堅牢そうでした。

フレームサイズも480mmと、小柄ですしトップチューブが
下がっているので乗車しやすくなっています。

塗装の色合いはさすがでした。
もしかしたら他のカラー展開があるといいのですが。

あと以前、試乗は駄目でしたけど一応許可をもらって持ち上げて
みたのですが、軽いですね。重量9.9kgな上にコンパクト
ですからなおさらそう感じたのかもしれません。
サドルが、何気にコンフォート仕様なのがツボ。

IMGP0530.jpg
本当にここからみると、いかにホイールが小さいかが分かります。
何気に初めての方でもありがたい、補助ブレーキ搭載。
トップチューブに、Wレバー変速が特徴。

IMGP0529.jpg
一日中普通に街乗りしたり、ロングライドも可能な様に、
60Tと大きいサイズのクランクを採用。
一応女性でも可能な限り、足に不負荷がかからない様にスイス
のデザインチームが設計したのだとか。

IMGP0528.jpg
弓なりチェーンステーが路面からの、衝撃吸収に対応します。
石畳の国、スイスデザインらしいですね。
あくまでデザインがスイスで、製造は中国です。
サイズ的にも、室内保管しやすいと思います。
飲食店や美容院のインテリアにもいいかもしれません。

2010年04月05日 トラックバック(0) コメント(0)

2011 LouisGarneau LGS-FLITE CH 2011 ルイガノ LGSフライトCH

11_louig_021048_02.jpg
(`・ω・´) みなさん、こんにちは。
『金さえ貰えれば如何なる車とて一台のMTBで亡きものにする天使』
でおなじみの、mitiluです。

いえ、もう、頭に来るくらい! マナーの悪い車が本日五回も! 五回も!
あたしに神風特攻の様に車が突入してきたので、さすがに温厚なmitiluさん
でも命の危険を感じて頭にきている次第なのです!

そんなに急いでどこに行くのですか? ドライバーさん! 生き分かれた
ご両親でも持っているのですか? 恋人? うにゃああ!

なぜ生き急ぐのです? ドライバー様! 命をかけてまで、守るべきものが
そこにはあると?ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル 

( ;゚ω゚)……まぁ、ぶっちゃけると凄まじい田舎なので車道も歩道も区別が
つかない様などんでもない荒れ道なので……仕方ないのですが……ううっ


……という訳で2011モデルのルイガノMTBです。


待乗りからちょっとした本格的マウンテンバイクライドまで幅広く楽しむ
ことのできるオールラウンドマウンテンバイクコンセプト。

(`・ω・´)もうね、車でも入れない様な道をMTBで移動しようというコンセプト
で、本日勝手に紹介中。
さっき、少し兄のMTBで走りましたけど、いいですね!
道の小石を蹴散らしながら走るMTB!
まるでふらつかない安定度! 

そういえば、最近山道目的の高級MTBが売れて、街乗りMTBはあんまり……
だそうで……。

どうなんでしょうね? 最初から20マソクラスのMTBを購入しておいた方が
いいのかと。後でパーツを交換すると更に高くつきますし……。

(´・ω・`)……ほんと、本日ばかりは自転車大国オランダに亡命したくなりま
したよ。

2010年04月03日 トラックバック(0) コメント(0)

INTERMAX CORSA ITALIA EVOLUTION(インターマックス コルサイタリアレヴォリューション)

IMGP1378.jpg
オートクレープ製法という、大規模なカーボン加熱圧力釜で作られた
コルサイタリアエヴォリューション。

エアロチューブを各所に配置。しかし自然な走行性能を獲得している
のが凄い所。
何気に堅そうですけど、ソフトな乗り心地。
意外に、加速、コーナーリング性能も高いですね。でも路面からの
ショックには少し弱い一面も見せます。

主にフラットなコースで、コルサイタリアエヴォリューションは本来の
性能を発揮。


かなりエアロチューブしていますが、意外にロードバイクの基本
は出来ているモデルです。
やっぱり強力なレーシングモデルなので、どんどん高速で踏み込んで
行きたいですね。
というより、誰でもこんなモデル乗ったらスピードを上げたく
なります。
高速になればなるほど、性能をどんどん引き出せるはずです。
工業製品というよりは、ハンドメイドな工芸品的な位置づけのバイ
ク。
まあ、あくまでレース目的の戦うバイクですけど、かなり機能美
に心が奪われます。


IMGP1390.jpg
スピードが乗ってきてからの加速がに強くどんどん伸びていきます。
またスピードに乗ると更に安定してくるのが特徴。

IMGP1388.jpg
シマノデュラエース仕様化かアルテグラ仕様かに選択可能。


IMGP1380.jpg
カーボンフォークはデダッチャイ製のオリジナルフォーク。
フレームとのバランスを考えたオリジナル形状。

IMGP1381.jpg
シートチューブは整流効果を高めたカバー形状をしています。
速度を上げる程、その強みを発揮。
ちなみにこの大胆なグラフィックスは「TOKYO UNDER GROUND」
「パンダーニ」主幹の阿部ちひろ氏によるデザインです。
IMGP1382.jpg
実はトップチューブを上から見てみると、結構優美な印象。
男性的なデザインかと思ったら、意外に女性的な一面も。
IMGP1383.jpg
IMGP1389.jpg
この結合部はオートクレープ製法で結合させているそうです。
かなり堅牢な作り。
IMGP1387.jpg
シートステーがなんとなくTT風でかっこいいかも。

IMGP1385.jpg
ストレートなバックステー形状。チェーンステーは微妙に
曲げ加工してあります。

IMGP1384.jpg
IMGP1386.jpg
De Rosa - SK (Ultegra Di2 - 2017)

2010年04月02日 トラックバック(0) コメント(0)

Cannondale Hooligan 9 キャノンデール フーリガン9 (2010モデル)

IMGP1250.jpg
ソロリジッドフォークがやっぱり目に付きますね?
キャノンデール フーリガン9いいなあ。昔のフレーム形状のデルタVフレーム
というそうです。

普通どんなロードでもミニベロでも、駆動系は全て右側に搭載されていますよ
ね?
ですから、このバランスを均衡にする為に、左側にフロントフォークをつけて
バランスをとっている訳です。
キャノンデールバットボーイもそうですよね。

しかし、まあこのフレームの堅牢性は、他のミニベロと比べてもかなり高い
ですね。
何気に走行安定性が高いので、ロングライドに向いているのもポイント。
あと、前輪がパンクした時に修理が楽そう。

出来ればブロックタイヤ付けたい……ダメ?
だってせっかくディスクブレーキがついていますし。
何気にブロックのついたミニベロって少なくて寂しい……


IMGP1255.jpg
アジャスタブルステムを搭載。
乗る方の体格に合わせて、角度を変える事が出来ます。

IMGP1251.jpg
ソロリジッドフォーク。本当に左側だけについていて、デザイン的にかなり
面白い。

IMGP1253.jpg
フロントはシングル。

もう、とにかく漕ぐ事が楽しくなりそう。
スポーツバイクに興味がない方でも、フーリガンのデザインの虜になり
買ってしまうのも納得。
これはいい子ですね。
IMGP1257.jpg
シュワルベのスリックタイヤ20×1.35
何気にシートステーのデザインが好み。
ディスクブレーキがシートステイとチェーンステイの空間を利用して
取り付けてあります。
IMGP1258.jpg
IMGP1256.jpg
サドルにまで、きちんとデザインロゴがついています。
結構手が込んでいるかも。
意外になりそうでないミニベロ。
走ってあげなきゃ、かわいそうになるモデルかも。
De Rosa - Idol (Ultegra - 2017)

2010年04月01日 トラックバック(0) コメント(0)