スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 月別アーカイブ 2010年02月

2010 LOUIS GARNEAU LGS-MER-EX タイムトライアル・トライアスロンモデル

IMGP0922.jpg
たまにはエアロ萌えな一台。トライアスロンとTTの為の本格的な
モデルLGS-MER-EX。
こう見えて、モノコックフレームのカーボンモデル。
(超高剛性の12Kカーボン採用)

( ゚∀゚)…………いいなあ。
コンポーネントはシマノ105で固めています。
クランクはSHIMANO 105でギア比が53/39T。
素敵な事に、ブレードフォークがダウンチューブに食い込んだ形状。
良く見るとステムとブレードフォークが見事に融合。
でも、意外に価格は抑えているところがルイガノらしいです。
チェーンステー、シートステーまでエアロ化していてたまりませんね。

ホイールはMAVIC KSYRIUM EQUIPE COMPLETE WHEEL
ヘッドセットはFSA ORBIT1 INTEGRAL。当たり前ですが前のめり
で乗る事になります。

このモデルなら、それほどお金をかけなくても強力な空力特性
が楽しめてしまうのが楽しい所です。

最近のTTモデルは、相当コーナーリング性能が向上していますが
LGS-MER-EXはどうでしょう?
直進安定性は相当期待出来そうですが。
でも、この鮮やかなデザイン性はやっぱり萌えます。

img10634665588.jpg
重量は8.9KGと抑えてきています。
それにしても、さわやかさんですね。

2010年02月28日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 SCOTT SPEEDSTER S55 FLAT

img10634676494.jpg
まあ、SCOTT SPEEDSTER S55 FLATが随分良くなってきたみたいです。
日本限定のS55のフラットバーモデルですね。
リアが2010からシマノソラに変更。
かなり良心的な価格で、フラッバーロードの走りを楽しめます。
どちらかというとタイヤのサイズも700x25Cを採用しているし、ロード
にかなり近い仕様ですね。

重量も9.40kgと抑えてきていますし。
フレームはDB 7005 アルミ。
クランクをよく見てみるとTruvativ C2.1 Compact 50/34 T
カセットは SRAM PG-850 12-26T
なのである程度の起伏がある道でも大丈夫。

ロードにそこそこ近いスペックですが、お気楽なポジショニングで走行
とか楽しめます。
ロードバイク仕様のS55もありますので、目的に合わせて選択していい
かもしれませんね。

お気楽に乗れるけど、それなりのロードに近い性能も獲得しているので
あなどれません。

img56342936.jpg
img56342934.jpg
フォークはAlloy 1 1/8”Steel steerer Integrated Fender Compatible


img56342935.jpg
img56342931.jpg
クランクをクロスバイク仕様の前3枚ではなく、前2枚にしてロードバイク
に近い走行性を重視したそうです。

img56342937.jpg
こうしてみると、サドルもホイールもフロントフォークもホワイトで統一。
健気に頑張っているフラットバーモデルです。
フレームはハイドロフォーミングではないみたいですけど、重量も相当
抑えていますし。
フレーム形状はシンプルですね。
でもこのモデルに慣れてくるとロードバイクが欲しくなるかも。
そういう意味では悩ましいモデル? あははは。

2010年02月27日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 mongoose MauriceCr-mo マングース モーリスクロモリ

10_mngos_018802.jpg
マングースのピスト、モーリスクロモリです。
後輪をひっくり返す事で、固定の18Tとフリーの16Tを選択
可能。
(でも公道ではフリーで走ってください)
BMXのマングースらしく? かなり堅牢なフレームが売りです。

でも、乗りこなすにはある程度脚が長くないと辛そう。
フレームは4130cr-mo ダブルバテッドチューブ
ダブルバテッドチューブなのでパイプの接合部分に近いあたりは
径が太く、パイプの中心は径を細くしています。

タイヤはコンチネンタルウルトラスポーツ 700x25C
10_mngos_018802_01.jpg
ハンドルはクールなライザーバー。
フォークはクロモリフォーク。
ステムはアルミ。
ショック吸収性が期待できそうなオレンジカラーソフトグリップ。
10_mngos_018802_02.jpg
何気にこのサドルがいいですね。
チェーンはYBN半コマチェーン。
そういえば、左チェーンステーの内側に模様が描かれているのが
隠れたポイント。
リーズナブルですけど、しっかり組んでありますので結構お勧め
です。華奢なピストより、堅牢性重視の方ならかなりはまりそう。

そういえば昨日新宿にまで打ち合わせに行ったのですが、やたら
GIOSが目につきました。
なぜ? 新宿はGIOS乗りの方に愛されているのでしょうか?

2010年02月26日 トラックバック(0) コメント(0)

PRO LOOP PADLOCK プロループ パドロック ストレートタイプ YPK

img10634714811.jpg
これが収納時の状態。意外にコンパクト。
前輪と後輪を施錠可能な南京錠タイプのダブルループロック
です。

ミニベロなどの施錠にはこの上ない鍵だと思います。
長さは2.0m。太さは8mm。

img56572795.jpg
img56572789.jpg
片方のループを作って前輪に通します。
img56572791.jpg
もうひとつのループを後輪に通して南京錠を固定。
そうすると……。
img56572793.jpg
完成! (`・ω・´) この鍵は天才ですかっ!?

これなら、キャンプや旅行、お買いものにもかなり使えそうです。
アタッシュケースの固定とか。

2010年02月25日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 LOUIS GARNEAU JEDI8(2010 ルイガノ ジェダイ8)

img10634665615.jpg
( ;゚Д゚)とうとうJEDIも内装変速化ですよ。
SHIMANO ALFINE内装変速8段をリアハブにもってきましたね。
ジェダイRはカーボン化。ジェダイ8は内装変速化でどんどん
進化しています。
重量は11.8kg(ちなみにジェダイRは9.3kg。スタンダード
のジェダイは10.9kg)
多少重いですけど、変速しやすく扱いやすさよ優先させたと
思われます。フロントサスペンションとリアサスもついてき
ていますね。

なんとなく、FELTの名クロスバイクXCITYシリーズみたいで
面白いです。元々JEDI は歩行者の多い市街地に適しています。
それを内装変速化した事によって、より使いやすくなったので
は。

止まっていても変速が可能なためストップアンドゴーに強いの
も好印象。
タイヤの太さは通常のモデルと同様の細い高圧タイヤを使用し
ていますね。

でもさすがに、折り畳みはコンパクトではないので、車に積
むのに適しています。やっぱり部屋などの収納時にこの折り畳
みが生きてきます。


img56304575.jpg
あ、コンフォートグリップですね。
ステムで折り畳む仕様はスタンダードと一緒。


img56304578.jpg
フロントサスペンション搭載。

img56304577.jpg
アルミモノコックフレームは他のJEDIシリーズと同様。

img56304576.jpg
クランクはALLOY CRANK 52T。このあたりがなんとなくFELTみたい。


img56304574.jpg
SHIMANO ALFINE内装八段変速搭載。
そういえば以前ルイガノから、フルオートマチックの内装変速モデルが
発売されていたのですが。
もう出ないのでしょうか? あれ、乗り心地が面白かったのでまた乗りたい
です。

でもジェダイって乗る方によって、いきなり三十km程度のロングライドを
こなしてしまう事も。

2010年02月24日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 GIOS MIGNON ジオス ミグノン

10_gios_018393.jpg
いいなあ、ミグノン。こう見えて、ホイールが20インチと大き目なので
走るんですよね。
坂道はすいすい登ってくれる、頑張り屋です。
坂道をぺダリングする際、ミグノンはかなり踏み込みやすいポジショ
ニングになるのもポイント。
(ええ、もう本当にこのあたりは他のミニベロモデルの中でも優秀で
す)
グリップとかサドルを交換するだけでも、かなりルックスが変化します。

割と服装は、選びますね。トップチューブが高めなので。クランクにも
しっかりチェーンガードがついています。

多分慣れてくると、どんどんカジュアルなカスタマイズする方と、スポーティ
なカスタマイズをする方に分かれる場合が多いです。

そういう意味において、とても優秀なベースになるモデルかもしれません。
街乗りにおいて取り回しの良さはオーソドックスで最高です。

とはいえ、本格的なスポーツモデルとして乗りたいなら、まだまだこの世
にはモンスターなミニベロがありますのでそちらを検討されてもいいのでは
ないでしょうか?

納期は明日……今夜は徹夜でチェックしなくてはなりません。
(自転車じゃないです)
どうして、この季節なのに忙しいのでしょう?

2010年02月23日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 BIANCHI Via Nirone ALU Sora

IMGP0635.jpg
img56326536.jpg
とっても乗りやすいビアンキのアルミVia Nironeですね。
トップチューブはスクエア形状なので、堅牢性を確保して
います。
でも上半身が楽な様に、ヘッドチューブの位置を高めに設計。
ボトムブラケット中心から前のホイール中心までの距離が
長めなので走行安定性を獲得しているのはさすが。
他のアルミモデルの中でも、乗りやすさ重視で設計されています。

一応フロントフォークはカーボンです。
2009モデルよりもより丁寧に塗装されていますね。
以前は、多少カーボンがむき出しでしたがきちんとブルーカ
ラーです。

カーボンモデルには手が出ない方で、コンフォート重視
の方にお勧め。
前から思っていたのですが、このモデルの仕上がりははとて
も日本人にぴったりという印象。
あえて、安定性重視なのでいくらか車重はあります。

img56326535.jpg
きちんとブルーカラーに塗装されています。

img56326532.jpg
クランクはSHIMANO SORA 50/34T
img56326533.jpg
ホイールはRIGIDA FLYER。
タイヤはVITTORIA ZAFFIRO 700x23c を採用。

img56326534.jpg
サドルはSelle SanMarco PONZA POWER

2010年02月22日 トラックバック(0) コメント(2)

2010 BIANCHI VIGORELLI ULTEGRA(ビアンキ ビゴレッリ アルテグラ)

IMGP0584.jpg
クロモリフレームビアンキ ビゴレッリのアルテグラ6700のモデルですね。
ビゴレッリのチェレステカラーが欲しい方は、このアルテグラモデルと
ティアグラモデルが選択できます。
CAMPAGNOLOモデルだと、ブラックカラーですね。


クランクはFSA GOSSAMER COMPACT 50/34ですが、その他は新型アルテグラ6
700搭載。アルテ6700のデュアルブレーキレバーいいなあ。
ラグ溶接でないですが、かなりしなやかで路面の凹凸に対応してくれます。
カフロントフォークがベンドフォークなので衝撃吸収性も高め。
あえて、量産重視のストレートフォークでないのも魅力かも?

このフォークの形状もかなり好みです。いいなあ。

それに、軽いのもやっぱり魅力的。
やっぱりアルミモデルやカーボンモデルのチェレステカラーよりも、クロモリ
のチェレステが個人的に大好きです。
ブラックよりもチェレステの方が、塗装がワンランク難しいですけど。
あと、サイズが幅広いので選択が広がるのも魅力の一つ。

いいなあ。のったらどんどん走っていけるので、どこまでも遠方に行って
しまうんですよね。

割といいパーツを採用しているので、完成度が高いクロモリロードをお探し
の方にもお勧め。
いいなあ、このモデル。
いいなあ。

2010年02月21日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 PROGRESSIVE CX-205-MT コンパクトバイク

IMGP0984.jpg
本日はお休みです。画像をお楽しみください。

実はニューヨークバーガーを食べそこねて怒り心頭です。
どうして、あの時たべなかったの? あああ……

いえ、テキサスバーガーはきちんと食べたんですよ?
ただ、ニューヨークは野菜ばかりで持ち帰りすると水分
がいっぱい出そうで、なんだか嫌です。

で、ロッテリアに行ったら、あのエビカツバーガーが消える!
という看板が。
( ;゚ω゚)…………。
もう、ショックでショックで夜も眠れません。
この世に正義はないのでしょうか?

2010年02月20日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 BH G5-PT フレーム&プレミアムパーツセット

IMGP0939.jpg
かっこいいですね。特にインテグラルシートポストあたりが。
一応mm単位で高さを調節可能です。

フレーム重量は810gですけど、剛性に始まり剛性に終わる強力
なフレームです。
(リアエンドまでカーボンを使用し軽量化に成功)
特にダウンチューブやBB周辺の剛性を徹底的に強化したおかげで
剛性は2倍レベルに強化されました。

あと画像からも分かる通り、チェーンステーがかなりの太さですね。
一応内側から外側にカーブを描くように曲がった形状が確認できます。
対極的に、衝撃吸収性をシートステーに相当依存したフレーム構造に
なっています。


フロントフォークはオリジナルの330g。
G4の試乗体験の時、あまりの推進力の高さに震えたものです。
ところがG5は更に上をいく推進力を保有しているなんて……。
あはは。


戦う為のロードレーサーではありますけど、割とあらゆる用途で
楽しめるフレームです。
G4に比べてコンフォート目的で乗るとか、ロングライドにも使えますね。
それだけ、衝撃吸収性もG4より高めに設計されています。

ちなみに画像のコンポですが、カンパニョーロ・レコードですね。
ホイールはカンパニョーロ・ポーラウルトラTWOをインストールして
います。(あくまで参考まで)


でも、なぜかこの流線型のフレーム構造と、エアロな雰囲気に心
が弾みますね。カットされたシートチューブとか。チェーンステー
との接合部も見事にホイールをカバーした形状になっています。

2010年02月19日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 BROMPTON P6R-X

IMGP08398.jpg
英国ブロンプトンのハイエンドスポーティモデルP6R-Xです。
クロモリとチタンのハイブリット構造ですので、軽さがウリ。
(ちなみに、チタンのパーツは画像を見ていただけると分かり
ます。鼠色風のカラーですね。フロントフォークや後ろ三角あたり
がチタン)

内装変速にスタメ3段×外装2段の6SPEED。
交差点で停車せざるを得ない場合、内装変速機でギアを低く
しておけば、何かと使い勝手がいいです。
あとなんとなくカブトムシみたいなハンドルで、アップライド
な姿勢か、スポーティな姿勢かを選択できるのもポイント。


折りたたみサイズW60×H58×D30cmとかなりコンパクトに折り
畳めるのも凄いですね。意外にハンドルがかさばらない辺りに
設計した方の苦悩を感じます。しかも、折りたたむと固定され
ます。
ダイナモのヘッドランプ、テールランプもついてきますし。
(大型のリアテールライトは電池で点灯)

あと制動力も意外に優秀でなんとブレーキキャリパー仕様。
強力にブレーキングが出来る様に工夫されていますね。
あとロードのサドル並みに軽い、細いサドルにも工夫の後を
感じます。

16インチのグリーンラベルタイヤは軽量(236g)。
米式バルブですね。

ペダルは折り畳み時に左側だけかさばってしまうので、折り畳み
式の左ペダル仕様。
クランクはアルミ素材で歯数は50T。この歯数の多いクランクのおかげで
それなりのスピードを出せる仕組みになっています。
(ペダル一漕ぎで7m以上進めるはず)

また後部キャリア部分にローラーがついており、折り畳むと引いて
移動可能なのも嬉しい所ですね。

IMGP0847.jpg
どうでもいいですが、後ろのBDフロッグが気になりませんか?

2010年02月18日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 BIANCHI 928 Carbon MONO-Q ULTEGRA

IMGP0598.jpg
2009MONO-Q ULTEGRAはとても万能性の高いロードバイクでした。
ロングライドや街乗りなど、多様な用途に適しているモデルでもあり
ましたが、2010モデルはなんとなくレース重視な印象。
シートポストが細くなっています?

カラーセンスが、また戦闘的。インフィニートとは違うという事を
デザインで強調したかったのかも。

パフォーマンスもMONO-Qフレームにアルテグラを搭載してホイールが
MAVIC KSYRIUM EQUIPEとなかなか。

12Kカーボンを採用した高剛性モノコックフレームの928 MONO-Qですが
2009モデルはとても作りがソフトなのでロングライドにも最適だったん
ですが……うーん、どんな乗り味なんでしょう?

フレームの質をのものは良さそうなので、路面からの衝撃を相当カバー
してくれそうなのですが。多分それなりに融通は利くはず。


クランクはFSA TEAM ISSUE 53/39Tとコンパクトクランクではないですね。
そのあたりは2009モデルと同じ。
重量は8.1kg。
基本に忠実なスタンダードなカーボンフレームです。

IMGP0600.jpg
割とアップライドな姿勢になると思います。

img56326743.jpg
ヘッドマークも伝統的なデザイン。

img56326740.jpg
フォークもフルカーボンB4P。イタリアンなストレートフォーク。

img56326738.jpg
クランクはFSA TEAM ISSUE 53/39T
IMGP0602.jpg
ホイール はMAVIC KSYRIUM EQUIPE
img56326736.jpg

2010年02月17日 トラックバック(0) コメント(0)

OX-01 CITY ホワイト イエロー OXエンジニアリング

IMGP0545.jpg
IMGP0546.jpg
フルハンドメイドの贅沢なミニベロ、OX-01 CITYです。

ホワイトとイエローの塗装が見事ですね。もちろん塗装も、きちんと
アルマイト処理した後、丁寧に塗装してあります。
塗装の際、イエローとホワイトが一番ホコリや色むらが出やすいのですが
見事に仕上がっています。

フロントとリアにもきちんとサスペンションがついていますね。
ミニベロにおけるサスペンション機構においてもOXバイクの
ものは、かなり成功してます。

走行性能は、とても軽いという印象。
ミニベロなのに、どの速度でもまるでふらつかず絶妙のバラン
ス感があります。
ちょっと他社のミニべロとは違う乗り味ですね。
ミニベロの中でも、走行安定性にかけてはトップクラスではないでしょうか?
しかも柔らかい乗り味で体がとにかく楽。積極的に外に出たくなるのでは。
カーブやコーナーリングも滑らかでミニベロの弱点は見当たりません。


元々車椅子製造でも、オーダーメードをこなす相当技術力の持った会社
ですので、品質にはかなり信頼感があります。
完全にハンドメイドで、手間をかけたメイドインジャパン。
(特にOXの車いすの美しさは、素晴らしいです。カーボンホイールを
採用したりして、次元が違う感じ)

e-ハクセン楽天市場支店

2010年02月16日 トラックバック(0) コメント(0)

ブルーノ ミニベロ20ロードのフラットバーモデル? カスタマイズ? 試作? ニューモデル?

IMGP0531.jpg
ブルーノ ミニベロ20ロードのフラットバーモデルでしょうか?
Wレバーの位置はともかく、フレーム形状とカラーがとても良く
似ています。

試作モデル? ベンチュラがフラットバー化していたので、とうとう
20ロードもフラット化するかも?

一見すると、まるでミニベロMTBみたいな感じ。
( ゚∀゚)ただ単に展示用のカスタマイズモデルだと思いますが、やたら
気になります。
(話を聞くのを忘れてしまいました)
でもブルーノ様はフットワークが軽いので、もしかしたら商品化する可能
性も捨てきれません。
もしかして、もう商品化しているのでしょうか?
うーん。

一瞬スキッパーかと思ったのですが、あのモデルの変速はレバーシフトなん
ですよね。
この画像のWレバーの位置から考えて、2009モデル20ロードをカスタマイズ
したのかなあ? と思うのですが。
フロントフォークも少しいじっていますね。
うーん。
( ;゚ω゚)……いきなり秋あたりにニューモデルとして登場したら、またレ
ポートしてみたいと思います。

まさか……「あの」オリジナルパーツの話と関係しているのかも……。
(ここではとても書けませんが)
FUJIやMASI、またBRUNOのミニベロとか、水面下で色々動いて
いる気配を感じます。

IMGP0532.jpg

2010年02月15日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 Blue RC8 フレームセット

IMGP0966.jpg
アメリカのバイクメーカー、ブルー・コンペティション・サイクルズ
が送るロードレーサーです。デザインが好きなので、勝手に紹介。

ハイモジュラスカーボンパイプをカーボンラグで繋ぐ手法で製作されていま
す。
(画像のトップチューブのつなぎ目にラグが見えます)
特にカーボン成形がかなり凝っていて、カーボン繊維に含まれる空気を限界
まで除去しています。同様にフォークもこの製法で作られているとか。
(レーシングカーの製造技法を応用した製造工程)


シートステー部分がカーボンエアロ形状。
このエアロがシートステーだけというのが素敵です。
(全体がエアロ形状もいいですけど、なぜかこの部分にエアロ形状をもって
くるあたり面白さを感じてしまいます。何か強烈な意味が隠されているのかも?
微妙なカーブも素敵)

かなりしなやかなカーボンフレームが特徴。バネの感触に近いかもしれません。
女子のプロチームに供給しているので、この様な特徴があるのかも。
でも、何でもこなす万能性があるので、週末乗るのにいいですし、いざレース
にも使える頼もしさもあります。

相当塗装にこだわっているのでで、着色もとても綺麗。
特にこのブルーメタリックが、かなり鮮やかです。毎年、ブルーメタリックカラーの
色合いが違うそうですが、かなり2010モデルは当たりかも。

(`・ω・´)外見もいいですけど、中身もいいので勝手にチェックしています。

e-ハクセン楽天市場支店

2010年02月14日 トラックバック(0) コメント(0)

AVEDIO VENUS エヴァディオ ヴィーナス ファイアーバードスペシャルペイント フレームセット

venusd_fb_sp2010.jpg
かなり剛性が高いフレームが自慢のAVEDIO VENUSです。
ハイモジュラスカーボン T1000 RPSの高剛性フレーム。
さらに、フロントフォークもT1000ハイモジュラスカーボン
とこれまた剛性重視。
(フレーム内部とフォーク内部に、リブが入っています)
フレーム重量は860g フォーク重量は320gとなっています。

塗装はワタナベ塗装という、手吹き塗装職人様が担当されて
います。
ハンドメイドでここまで出来るんですね。
まるで仏様が宿っているかの様な、美しさ。

加速性能や走行安定性は極めて高いレベルが期待できます。
同時にコーナーリング性能も第一級。
脚力の高いレーシーな走りをしたい方向けの、モデルです。

venus_fb_sp201s0-2.jpg
ちなみに塗装は日本の漆塗りをイメージ出来ますね。
(まるで茶道具みたいです)
模様からも、火の鳥や天使も確認できます。
ラメを多様した塗装といい、どれだけ手間をかけているのでしょう。
まるで工芸品みたいな、ロードレーサーですね。
デザイン目的で楽しんでもいいのでは。
本当に塗装が好きでないと、ここまでやれないのでは? とすら思わせて
しまう迫力ですね。
素敵。

2010年02月13日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 FELT Z4(フェルト Z4) SHIMANO ULTEGRA

img106346763w98_convert_20100212143119.jpg
img56342578.jpg
コンフォートが売りのZシリーズの中でも、かなり良質のカーボン
を使用しているZ4です。
トップチューブを前に向けて上げた形状をしているけど、見た目はかなり
スタイリッシュ。

ウルトラハイモジュラスカーボンを採用。通常のハイモジュラスカーボン
に比べて軽量化に成功しただけでなく、弾性も向上させています。

コンフォートモデルで、若干アップライドな姿勢になりますが加速性能
はかなりいいです。
脚力が高い方でも納得できる剛性もしっかり確保。

乗りやすいですし、FシリーズのフラグシップモデルF1、F2よりも衝撃吸収
度は高めに設定してあるのが凄い所。

運動性能と快適性を両立させているかなり優秀なモデルです。
コンポはシマノアルテグラと105のミックス。
ホイールはマヴィック・キシリュウムエリート。
ブルーとホワイトのカラーリングセンスが結構素敵。
Zシリーズの中でも、カラーリングに一番成功しているのでは?

お気楽に乗るには最高です、でもプロの方でも、状況次第ではZシ
リーズをレースに投入したりするのでやっぱりあなどれないかも。

img56342576.jpg
フォークはFELT1.3 HM ハイモジュラスモジュラーモノコ
ックカーボンを採用。Fシリーズと同様の仕様。
img56342577.jpg
ウルトラハイモジュラスカーボンに弾性力を強化した優秀な
フレームです。
体重のあるヨーロッパ人の為の様な設計ですね。
ありとあらゆる局面に対応出来る万能フレーム。
太めのダウンチューブで、BBを覆う様な形状なのも特徴。
img56342579.jpg
クランクはSHIMANO ULTEGRA 50T×34T コンパクト
img56342575.jpg
タイヤはVITTORIA RUBINO PRO 700×23C フォールディング
ブルーカラーでコーディネート。

img56342574.jpg

2010年02月12日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 SCOTT ADDICT RC(2010 スコット アディクト RC)

IMGP0862.jpg
電動DURA-ACEを搭載していますけど、かなり軽量なロードレーサー
SCOTT ADDICT RCです。

電動デュラエース標準搭載って……うわー。
フレームには高剛性かつ軽量さが特徴のHMXカーボンフレームを
採用した完成車。
強度50tの高品質カーボンの弾性を更に強化。フレーム剛性を約20%
アップさせた最高水準のバランスを有するカーボン素材が楽しめます。
(どちらかというとしなやかさは抑え気味)
カーボン繊維の選択から始まり、繊維の配置方向、カーボン繊維数と
その織り方の組み合わせにより、他社のモデルにはない独自のカーボン
構造をしています。ついでにかなり安全性が期待できます。

屈曲曲線とねじれモーメントを解析し、部分ごとに最適化されたチュー
ブ形状と寸法を計算してデザインしたフレーム形状になっています。
(ですから、かなり実質本位なデザイン。相当回数シュミレーション
したとか)


IMGP0864.jpg
フォークもScott ADDICT HMX NETを採用。
相当シュミレーションして、この形状になったとか。
IMGP0863.jpg
クランクはShimano Dura-Ace FC-7900Hollowtech II 39/53 T
ハンドルバーはRitchey WCS EVO 31.8 Carbon Oversize Anatomic
IMGP0865.jpg
アディクトは、現存するバイクの中でも有数の軽さを誇ります。
(シートポストと一体化しても6.60Kgという数字。あはは)

タイヤはContinental Grand Prix 4000 700 x 23

しなやかさや快適性を求めるなら、HMFカーボンフレームのアディクトR2もいい
ですね。

2010年02月11日 トラックバック(0) コメント(0)

FUJI ミニベロ 折りたたみ自転車 試作モデル(FUJI ORIGAMI1.0 FUJI ORIGAMI2.0 FUJI COMET)

IMGP0547.jpg
IMGP0548.jpg
ちょっと自分用のメモとして、FUJIのミニベロ画像を掲載します。
現在FUJIにおいて開発されているミニベロシリーズですね。
FUJI ORIGAMI1.0 FUJI ORIGAMI2.0 FUJI COMETというモデル
が展示されていました。

ORIGAMIシリーズは、フレームで半分にフォールディングする
方法を採用しているみたい。
タイヤも20インチで細め、コンフォートグリップですね。
なんとなくスピードミニベロ化を狙っているかも。

イメージ的にはDAHONのミニベロに近いという印象。
あくまで試作のモデルなので、試乗はNGでした。残念。
IMGP0788.jpg
FUJI ORIGAMI2.0がフロントダブルで、ORIGAMI1.0がフロント
シングル。こうして見るとカラーリングに相当こだわっているみたい
ですね。
グリップカラーもフレームカラーに合わせていますし。
あとチェーンステーが、曲げ加工しているのが気になります。

フレーム形状も、リブみたいな補強補助フレームがついています。
うーん。OEMなのかなあ?
他社でこういうフレーム形状はなかった様な……。
IMGP0707.jpg
こうして見るとシートステーの曲げ加工といい、なんとなくロード
風? かなりのスピードミニベロとして登場しそうな期待感。

IMGP0906.jpg
このCOMETはWレバーですね? なんとなく、ブルーノを意識して
入る様な。
営業の方が言っていましたけど、本当に2010モデルは試作車も含めて
力が入っているんですね。

2010年02月10日 トラックバック(0) コメント(2)

2010 KONA MAJOR JAKE(2010 コナ メジャージェイク)

img10634682415.jpg
KONA Cyclocross Team仕様のレプリカモデルです。
シクロクロスながらコンポはSHIMANO 105/ULTEGRAを採用。
しかもフレームはスカンジュウムフレーム採用。
軽量を狙ってきています。重量は多分9kg程度
(多分です)
プロスペックなのでかなり贅沢な仕様ですね。

クランクはFSA GOSSAMER COMPACT 46/36Tとギア比は低め。
脚力なくてもなんだかいけそう。
実際、いいシクロバイクは乗っても走行感が軽いのでかなり
期待大。

ブレーキはカンチブレーキ。
フロントフォークはAlpha Q/True Temper CX20 Carbon

なんといいますか、シンプルすぎてとても好きです。
とはいえ、なぜかシクロクロスの入門機でも結構走行感
が軽くて大好きです。
このプロスペックのシクロクロスに、かなり乗ってみたいです。

img56371424.jpg
カーボンフォークはどの程度強度があるのでしょう?
気になります。
うちの様な段差の多い田舎でも、大丈夫だと思うのですが。

img56371423.jpg
泥をいっぱいかきあげてくれそうなクリンチャータイヤですね!
img56371421.jpg
クランクはFSA GOSSAMER COMPACT 46/36T
そうえば、ルイガノのシクロクロスのモデルもGOSSAMERだった様な。

img56371422.jpg
なんというたくましいダウンチューブ。さすがシクロクロスは堅牢
ですね。あともう一歩でMTBな空気。


img56371425.jpg
カンチブレーキ。
上からワイヤーで吊り上げる構造ですね。

2010年02月09日 トラックバック(0) コメント(0)

SPECIALIZED S-WORKS TARMAC SL3 DURA-ACE

IMGP1078.jpg
なんだかヘッド下部が大きいですね。
ヘッド下部ベアリングは1.5インチの大径で、プロのリクエストから
この大きさになったんですって。
さすがプロが「剛性! 剛性! 剛性が欲しい!」と要求しただけの
事はあるかも。

カーボンクランクは強度高めですけど、ひたすら軽量。
かなり剛性が高いという話も納得。推進力とあらゆる速度域での加速性
をこなすバイクですね。
……これは、相当脚力のある人には最高でしょう。スペシャライズドの
全モデルの中で、高速領域における加速力は最強を誇ります。
またブレーキングが優秀なのは、最初から高速で戦うのを想定した為。
しっかり制動力を確保したのでかなり安心。

シートステーの細さも、プロ選手からの要望でこういう形になったとか。
あくまで、レース時の衝撃吸収性を向上させるためのもの。

あとフロントフォークの設計思想が面白いです。
フォークの先端部分で路面からの衝撃を吸収する為に、細めにしたとか。
(でもフォーク全体は、極めて堅牢に出来ています)

プロ用ロードレーサーなので、サーキットを(あくまでモーターサーキット
のタイヤのゴムくずが散らばっている様な、とてもいい路面)走る為のロー
ドレーサーですね。

なんだか、見ているだけで異様な迫力を感じてしまいます。
コンポはシマノ・デュラエース
ホイールはロヴァール・ラビーデSL45

2010年02月08日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 BH DESEO SORA (ビーエイチ デセオ ソラ) 限定ブラックカラー

10_bh_018407_bk.jpg
BH社、生誕100周年記念のクロモリロードモデルDESEOに限定カラー
が出たみたいです。
カーボンフォークでコンポはシマノソラ。TEKTRO製ブレーキ。クロモリ
フレームはイギリスのレイノルズ520を採用。ホイールはALEX ALX220
ついでにエンドはリッチー製。

なんだかんだで、ビジュアル面にこだわったクロモリモデル
お気楽な走行を楽しめる様にトップチューブが短めに設定しています。
加速重視、スピード重視というより、明らかにまったり方向。
ペダリングの反応そのものは遅いかもしれませんが、そういう方向性の
モデルではなく、あくまでまったり、ビジュアル重視。
(フレームの溶接などはかなり丁寧に処理されています。冷間加工採用
で熱処理加工はしていないとか)
IMGP0938.jpg
それにしても、カラーリングが綺麗ですね。ダウンチューブとタイヤの
イエローカラーコーディネートがお見事。
基本的にBHはコストパフォーマンスが優秀かも。
ミドルグレードでも戦闘力の高いモデルが多い中、あえて快適性重視
のモデルでも楽しいかも。

IMGP0937.jpg

2010年02月07日 トラックバック(0) コメント(0)

PINARELLO DOGMA 60.1(ピナレロ ドグマ60.1)

IMGP1013.jpg
IMGP1011.jpg
最高のカーボンフレーム トレカ60HMカーボンを世界で唯一
採用した美しいバイク。60トン引っ張り強度を獲得したカーボン
素材)
実は外見だけでなく、カーボンフレーム内部の滑らかに成形した
手のこんだバイクです。

衝撃吸収性がとても高く、かなり乗りやすいロードレーサー。
長距離を走るには最高です。
でも、いざ加速が欲しいときには、強力なペダリングにもしっかり
答えてくれる頼もしさもありますね。
コーナーリングも、それなりに速度を上げてもきちんと曲がって
くれます。
形状は美少女さんですけど、どんな乗り手でも受け入れてくれる
万能性があるのが素敵。
コンポーネントは カンパニョーロスーパーレコード
ホイールはMOSTカリスマ
やっぱり見ていて楽しい、ONDAカーボンフォーク。

この手のモンスターモデルは、どこまでも速度を引っ張っていって
くれるので、凄いというか怖いんですよね。
乗りやすいし、軽いし。いいなあ。
だらだら走っても時速30km位平気でいってしまう、怪物性が
異次元空間。

東レとコネがあるので、優先的にカーボンをトレカカーボンを
供給してもらっているとか。

あと右側のカーボンボリュームが大きくなっているバイクです。
フレームというのは、右に踏み込んだ時一番加重がかかります。
(駆動系が右側のあるため)
逆に左側は駆動系がないので、踏み込んだ時は加重が少ないです。
ですから加重に対応させるために右側を肉厚に、逆に加重が少ない
左側にはスリムな形状なのは注目。
(主に、トップチューブ、シートステー、フォーク、チェーンステー
をボリュームをコントロールしています)

2010年02月06日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 DAHON SmoothHound (ダホン スムースハウンド)

10_dahon_018588.jpg
( ゚∀゚)クラシックでスポーツ性の高いミニベロと言えばDAHON
スムースハウンド。
色々な意味であまりモデルチェンジして欲しくない一台です。
コルクなバーテープが楽しいセミドロップハンドルがとても
大好きですし。
変速はバーコンなので、ハンドルも含めていくらか慣れが必要。
フレームはアルミです。

10_dahon_018588_02.jpg
サドルはブルックス。

でも、タイヤはシュワルべのマラソンレーサー。コンポは
シマノティアグラなので、ソコソコスポーティなのも◎
実際走ると、DAHONらしく安定感があります。
でも、やっぱり見ていて、ダウンチューブとシートステー
の曲線がいいですね。

10_dahon_018588_01.jpg
一応六角レンチで、フレーム中央部から分割できますが
個人的に分割が下手なのであまりしたくないかも。
(分割時にフレームを傷つけてしまいそうなので)

(´・ω・`)……あと、折りたたみ式でなく分割式です。
耐久性や剛性を重視したので、分割式を採用したそうですよ。
組み立てなどに数分かかりますので、たまに収納したい
方や旅に使いたい方にお勧め。

通勤通学で毎日折りたたむ必要のある方は避けたほうが
懸命です。
そういう意味では、趣味性が結構高いミニベロかも。

dahon_013947.jpg
この様にきちんと分割した後、このエアポーターミニに
収納すればエレガントな旅も可能。
分割した姿も絵になりますね。
この時点で、パーツをしっかり固定しておけば、傷つきにくく
なります。
あとそうそう、シートポストはエアポンプになっていますので
便利ですよ。

2010年02月05日 トラックバック(0) コメント(0)

BRIDGESTON x NARI/FURI HELMZ(ヘルムズ)

img56602082.jpg
アパレルのnari/furiとブリジストンが共同開発したバイクです。
エアロフォルムのアルミフレームに、フロントシングルギア。
さらに700×32Cのセミブロックタイヤを履いているかと思えば
ロングアーチ仕様のブレーキキャリパーを採用。
(Vブレーキはあえて使ってこないあたりが凄いかも。ただ展示
会情報なので、購入時にブレーキの種類の確認の必要有り)
エアロフレームのダウンチューブ部分がえぐれている個所はかなり
大胆だと思います。

軽量エアロシートポストはMICHE社製。アルミのCNC加工に美しい
肉抜き加工が施されていた独特のフォルム。
それを採用してくるなんて、凄いです。
img56083344.jpg

走行性重視ではなく、あくまでデザイン重視というコンセプトだ
そうです。
つまりデザイン性さえよければ、ホイールやシートポストにコスト
を投入するぞという姿勢。あらゆるパーツもオリジナルデザイン。
贅沢ですね。

見ていてなにか、雰囲気が似ている? バイクを思い出しました。
デンマークのアートデザインバイクAVENUE(アヴェニュー) です。
09ave002g_convert_20090502161151.jpg
AVENUE(アヴェニュー) デンマークデザイン

AVENUE(アヴェニュー)もデザインを相当重視していますよね。
さすがにHELMZ(ヘルムズ)程大胆なデザインは採用していませんが。

つまりデザインを重視すると、おのずと見た目が似たタイプのバイク
になるのかもしれませんね。
(あくまで見た目だけでの話ですので、中身は完全に別物)

でも、トップチューブのスローピングの大胆さといい、まさか日本から
こんな大胆なデザインのバイクが登場してくる事自体に大変驚きました。

2010年02月04日 トラックバック(0) コメント(0)

PANASONIC FRTP2 VERSION  Hタイプ Lタイプ

IMGP0951.jpg
(´・ω・`)こんにちは、元インフルmitiluです。
あっけなく治りました。あれ? 
やっぱりお野菜を毎日食べて、自転車に乗っていると体力の回復が
早いですね。

パナソニックのチタンモデルです。
カーボンフォークの剛性を強化したモデルみたいですね。
メーカーHPによると
ブレーキング時の前方向からの加重に対する剛性を前モデル比32%、ペダリ
ング、コーナリング時の横方向からの加重に対する剛性を前モデル比46%向
上させました。

と書いてあります。まるで、パソコンの処理速度みたいな表現で、面白い
です。実際ハンドリング性能もかなりいいとか。
あくまでレース目的の為のカーボンフォークの剛性UPをうたっています。
(チタンフレームですが、インテグラルヘッドを採用)


しなやかなコンフォートバージョンがLタイプ。剛性重視がHタイプと目的に
応じたフレームを販売中。
でも、剛性重視のHタイプでも、それなりの快適性も確保しています。
理由は宇宙産業に実際使われている3AL2.5Vチタン合金という良質のフレーム
で組み上げているからでしょうね。

そういえば、最近ナノカーボンなどの分野で、どんどん宇宙産業の技術が自転
車産業に投入されているのも興味深いです。

結局チタンフレームを採用しているとはいえ、現在市場で求められている快適
性、高剛性を追及したモデルと言っていいかも。
チタンだったら、腐食にも強いので相当長く楽しめそう。

2010年02月03日 トラックバック(0) コメント(0)

お休みのお知らせ

IMGP0968.jpg
(´;ω;`) こんばんはインフルmitiluです。
あさってまでインフルエンザのためお休みします。

……今頃うちの田舎にインフル上陸です……
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル 

2010年02月02日 トラックバック(0) コメント(2)