スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 月別アーカイブ 2009年10月

2010 LOUIS GARNEAU LGS-RSR S(2010 ルイガノ LGS-RSR S) スカンジウムフレーム

img10634664431.jpg
なんとフラットバーロードLGS-RSR Sにスカンジウムフレーム
を採用し、衝撃吸収性を強化したモデルです。
元々プロが使っていたアルミ系フレームなのに……。

元々アルミフレームより、衝撃吸収性に極めて優れたフレーム
なので、相当フラッバーロードとの相性はいいと思います。
軽量化も同時に達成されなんと車重は7.7kg!
2009モデルは7.8kgだったので100g軽量化に成功。
(でも、なんでそこまでフラッバーロードなのに軽量化を……怖すぎです)

コンポはなんとSHIMANO ULTEGRA。しかもEASTON のパーツ
をフォークやハンドルに採用してしまった、怪物フラットバーロード。

でも、この方向性はいいですよね。元々、路面からの衝撃が
フラットバーロードの弱点でしたけど、これなら快適に走れそう。
何気にサドルにゲルまで入っていますね。

やりますね、ルイガノ。
でも、街乗りに何気に使えてしまうのが恐ろしい所。


img56301602.jpg
スカンジウムフレームですが、ホワイトカラーをカジュアルに
楽しめるのもRSRシリーズのいいところです。
プロユースのフレームで街乗り……贅沢。
2010モデルは当たり。
img56301603.jpg
フロントにイーストンカーボンフォーク。
前モデルとは違い、きちんとホワイトカラーで塗装してあります。

img56301604.jpg
扱い易いハンドル。
ママチャリからいきなり乗れるのがRSRのいいところ。
img56301601.jpg
コンパクトクランクSHIMANO ULTEGRA 50/34T
img56301600.jpg
タイヤはVITTORIA OPEN CORSA EVO CX 700 X 23c
img56301598.jpg
ホイールはMAVIC AKSIUM COMPLETE WHEEL
img56301599.jpg
サドルはSELLEITALIA FLITE GEL FLOW

2009年10月31日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 BASSO Laguna(2010 バッソ ラグーナ)

10_basso_018432_01.jpg
( ゚∀゚)……いいなあ。イタリアンロードのバッソラグーナ。
BASSOのロードモデルって、剛性感とか快適性とか
運動性が極めて優秀なのは分かっているのですが
それ以上に、この流線型のカーボンモノコックフレーム
が素敵。
つくづくイタリアなグラフィックです。

SHIMANO 105完成車でミドルグレードに位置するロードバイクです。
一応コンパクトクランク。
重量は軽めの8.6kg。


元々アストラとか、ボリュームがあるフレームなのに、軽い
さを合わせもつのが特徴ですから、扱い易いのでは。
イタリアのBASSO社はフレーム素材の品質の高さにとても定評があ
るメーカーです。

なんだか、2010モデルのBASSOはカジュアルモデルとスポーティ
モデル双方用意いてきていますね。
日本市場にかなり力を入れ始めているのでは。



10_basso_018432_02.jpg
特にこのエアロ形状のヘッドチューブとメインチューブ
がとてもねじれに強い構造。
ホイールはMAVIC AKSIUM。

なんだか、少しコルナゴ風? なグラフィック??
あと、なんとなくビアンキ風なフレーム形状?
同じイタリアメーカーだから似てしまうのでしょうか(´・ω・`)
10_basso_018432.jpg

2009年10月30日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 GIOS PANTO(2010 ジオス パント)A-CLASS完組ホイールROTINO搭載

img10634673026.jpg
2010モデルGIOS PANTOはホイール面を強化してきました。
元々、クロモリフレームに20インチサイズというミニベロでも
大きめのホイールをつける事でスピード性を高めたモデル
でした。

今回はミニベロ専用完組みホイールROTINOを取り付け、スム
ーズな回転(要するに乗ればどんどん回る)を楽しめます。
特にとパントならではのスピード性を強化したのでは。

またその上、2010モデルもフロントフォークと衝撃吸収性の高い
クロモリフレームの相乗効果でロングライドにも強いです。
元々クロモリフレームの質が高いモデルでしたから、また走りの
質が高くなっていそうですね。
特にスピードを出すのに適したモデル。特に都市部に強いです。
この手のスピードミニベロのスタートダッシュ力は快感ですもの。
重量は9.7kg。メインコンポにロード系のシマノティアグラ搭載。
フォールディングする必要はないけど、走行性重視の方向き。

やっぱりスピードも出せるけど、普段乗りまわすのにも使える
ので、万能性は高いです。
その辺りはロードレーサーとは違う魅力があります。

img56327346.jpg
ミニベロ専用A-CLASS完組ホイールROTINO
模様がエレガント。

img56327347.jpg
ストレートカーボンフォークを搭載。
img56327348.jpg
img56327344.jpg
img56327343.jpg
2010モデルのパントもクロモリフレームが細くて良質そうですね。
ただ、乗り降りの際、ワンピは厳しいのでスポーティな服装が
いいです。
やっぱり男性向き。
img56327349.jpg
デュアルコントロールレバー。

img56327345.jpg
クランクはSHIMANO FC-4500 52/39T
img56327342.jpg
カセットはSHIMANO CS-HG50-9 12/23T
タイヤはKENDA KONTENDER K196 20" x 1"(23-451)

img56327350.jpg
やっぱりサドルを見ると、スピードミニベロだという事を主張
していますね。

2009年10月29日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 RALEIGH CRR CARLTON-R(2010 ラレー カールトン-R) クロモリレイノルズ631 SHIMANO ULTEGRA6700搭載

img10634681994.jpg
イギリスのフレームチューブメーカーレイノルズ631で組んだ、
ちょっと凄いクロモリロードバイクです。

合金鋼マンガンモリブデンのクロモリチューブで、フレーム強度が
アルミフレームと同等の疲労強度を有しています。
(重量に対するアルミフレームとの強度比も同等)

またTIG溶接にとても適したチューブで、溶接跡もしっかりした強度
を維持してくれる優れもの。ロードとツーリングフレーム用には最高
のフレームなのでとても贅沢です。

しかもカールトン-RはコンポーネントにSHIMANO ULTEGRA6700グ
レードを搭載……という力の入れ様。
カーボンフォークも搭載し、クロモリモデルながら車重8.8kg。
クロモリモデルは重いのがネックでしたけど、これなら……やっぱり
凄いモデルですね。カールトンR
ホイールはARAYA AR-713です。

いくつかの自転車雑誌の速報で、掲載されているので2010モデル
ラレーモデルの中でも注目度の高いバイクです。
というか、普通に乗っていて楽しめそう……いいなあ。
何気にコンパクトクランクですし。
レトロ風に見えて、最新のテクノロジーがさりげなく入り込んでいる
所が面白いバイクですね。

2009年10月28日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 BRUNO MINIVELO20" ROAD(ブルーノ ミニベロ20”ロード)

img10634667370.jpg
2010ブルーノ ミニベロ20は、かなりカラフルに仕上がっています。
全体的な印象としてREYNOLDS520 クロモリダブルバテッドを採用
し、快適性重視の構造です。シートステーとか曲げてあって路面か
らの振動に強いですし。
タイヤも太めだし、街乗りにはもってこい。

街乗りや通勤通学で使う方を意識してか、やっぱり鮮やかなデザイン
にこだわってきましたね。本当に最近あちらこちらで、見かけるので
物凄い普及率ですね。なんか、ブロンプトンより多かったりして。

ブルーノのミニベロに共通する事はスポーツバイクを日常生活
、沢山の人達に自転車の楽しさを知って欲しいという思いで
デザインされています。
さすがに本格的なロードレーサーとは別物なのですが、街乗り
を楽しむ分には十分過ぎる機能を兼ね備えたミニベロかも。


(乗り心地とか長所)
割と時速20~25km程度のゆったりとした速度が一番乗りやすい
です。衝撃はいくらかありますが乗り味はマイルド。
つまり、ロードレーサーではなく、あくまで街乗り用として使って
ください。

高速時はちょっと振動がありますね。結構体に敏感に反応するというか。
クランクのギア比は52-42Tと高めですがタイヤが20X1.50なので
調度いい速度を維持できます。

コンパクトで、車体が軽いので、一人暮らしの方とかが多く利用されて
いる様です。車やマンションにも収納はコンパクトかつ10.5kgなので容
易。

img56310007.jpg
Wレバー搭載です。
変速時はハンドルから片手を離す必要がありますので
出来るだけ公園辺りで練習してから公道を走った方がいいかも
しれません。
変速する感覚はカチカチして楽しいですよ。あくまで個人的に
ですけど。
img56310008.jpg
ステム部分にクラシックなデザインのベルを搭載。

img56310004.jpg
コルクバーテープを巻いています。
初めて乗る方に対応出来る様に、補助ブレーキを搭載。
街乗り時に使用しては。
img56310000.jpg
シートステーを曲げて、路面からの衝撃吸収に備えた設計を
しています。

img56309999.jpg
ブルーノオリジナルのポリッシュのクランクを採用。
ブルーノは、オリジナルパーツを開発する能力があるのが強み
です。ですから、5万クラスでも良質なミニベロを生産してくれますね。
img56309997.jpg
タイヤは20X1.50と太め。ミニベロでもふらつかない様に太目のタイヤ
を採用。

img56309998.jpg
コンフォートサドルです。
石畳の国、スイスからやってきただけあって、快適性はとことん重視
の方向ですね。
あとクロモリフレームなので、雨に濡れたら拭いてあげてください。
重量は10.5kg。初めてミニベロに挑まれる方でも価格帯が魅力ですし
何よりデザイン性が素晴らしいのはさすが。

2009年10月27日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 SCOTT SPEEDSTER S10 CD (2010 スコット スピードスターS10コンパクトドライブ)

10_scott_018066.jpg
ある意味カーボンフレームロードレーサーを超えた性能を持つ
怪物アルミモデル、スコット スピードスターS10です。

かなりアルミフレームに凝っていまして、7005ハイドロフォーミング
アルミチューブの剛性は、その辺のカーボンモデルよりはるかに上
です。
特にアルミチューブは、各部ごとに肉厚を変化させ、剛性感と快適性
を両立させています。また、溶接跡がとても綺麗に仕上げているのも
特徴。

良質なアルミフレームモデルの数は少なくなってきている中、かなり
頑張っているモデルです。
路面からの衝撃も、アルミフレームがコントロールしてくれるので、ある
意味カーボンモノコックに近い性能を持っているアルミフレームと言って
いいでしょう。

クランクやパーツにも、アルテグラ中心に組んであるのでグレードは
高めです。
フロントフォークはカーボン・アロイ

10_scott_018066_01.jpg
アルミモデルらしからぬ、衝撃吸収性の高さから長時間のロングライド
にも対応できます。
クランクはシマノアルテグラCOMPACT FC-6750 50/34T
車重は8kg台と軽量そのもの。
最高のアルミフレームを選ぶなら間違いなくスピードスターS10
で間違いはありません。
アルミの快適さを味わえるモデルというのも珍しいのでは。
10_scott_018066_02.jpg
カセットはシマノアルテグラ CS-6700 11-28T

2009年10月26日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 SCOTT CR1 TEAM CD(2010 スコット CR1チームコンパクトドライブ)

10_scott_018064_01.jpg
ちょっと注目しているモデルです。
フロントフォークとリヤステーにSDS(ショックダンピングシステム)
を採用し、走行中の縦方向の振動を吸収。
また横剛性に強い構造になっています。

元々CR1の戦闘性能は、トップクラス。強力な剛性と、衝撃吸収
の高さは文句なしの軽量カーボンロードです。

とにかく距離を乗る方や、ひたすら脚の強い方にかなりお勧め。
以前のCR1は車重の軽さだけが目立ち、乗り心地が極めて硬い
モデルでしたが、今では衝撃や、快適さに重点を置いた設計
になっているそうです。フレーム単体重量990gと軽量なのは
さすが。車重は7.9kg

コンポーネントはシマノ105搭載のコンパクトクランク。
ホイールもアクシウムで固めてきているところはさすが。

今流行のコンフォート性とか向上させないと売れない時代になって
いるのかもしれませんね。
誰にでも、高性能だけど扱い易くなっているのはいいことかも。

あとホワイトカラーコーディネートしてきているので、何気にカラー
にこだわリ初めているのかも?
10_scott_018064_02.jpg
シートステーとチェーンステーが扁平構造になっていますね。
渋い。戦闘力が2010モデルも高そう。

2009年10月25日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 GIOS ALCANO(2010 ジオス アルカーノ) CAMPAGNOLO NEW ATHENA11S搭載モデル

10_gios_018363.jpg
( ゚∀゚)ちょっと個人的メモですいませんが、2010ジオスアルカーノが
凄いみたいです。
アルミフレームで、カーボンフォーク、カーボンバックモデルなんです
けど、相当上質にアルミフレームを仕上げてきたとか。
7005 アルミTB スペシャルチュービングを採用。

で下の画像を見ていただくと分かりますが、とても丁寧に溶接
部分を処理しているのが分かります。
溶接部がつるつる。 ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ\ / \ /  \

ちなみにコンポはイタリアンなCAMPAGNOLO NEW ATHENA11S
をインストール
フロントが50/34T リアが12-25Tとコンフォート仕様。

( ;゚ω゚)……凄い!
さすが30マソオーバーモデル!
これはちょっと……なんというか、アルミモデルだけど最高の
モデルを作ってきたという、GIOSの意気込みみたいのを
感じます。

しかもアルミモデルなのに重量は8.8Kgまで抑えてきました。
なんでしょうね、ある程度上級モデルが欲しい初心者さんでも
それなりに答えてくれるはず。
あとはホイールがフルクラムレーシング7みたいですが、様子
を見てから更にいいホイールを、あたしなら履き替えるかも。

ステー部分も少し曲げてあって、相当衝撃吸収に対して意識
した設計をしている印象です(`・ω・´)

10_gios_018363_02.jpg

2009年10月24日 トラックバック(0) コメント(0)

(´・ω・`)本日はお休みです。

本日はお休みです。
( ;゚ω゚)……本業がクライマックスなので……

あ、お昼食べなきゃ……
( ゚∀゚)明日はきちんと更新します。

2009年10月23日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 BIANCHI MINI VELO 8 DROP(ビアンキ ミニベロ8)

img10634672852.jpg
2010モデルのビアンキ ミニベロ8はシマノSORA・2300をメインに組んで
いるみたいですね。
クランクはPROWHEEL  52/42T カセットはシマノ HG50 8S  12/25T
の16SPEED。

チェレステをふんだんに使用し、サドルもバーテープもチェレステでカラー
コーディネートしてあります。
きちんと泥除けもついていますし……フレームもアルミなので雨の日に
結構強いのが嬉しい所です。フロントフォークはアロイ。


車や、マンションに軽いのですんなり運べますし、乗り味も軽いので
かなりお気楽に楽しめてしまうモデルです。普段の生活においても
十分溶け込んでくれるので、お買い得と言えばお買い得。
下手なロードバイクよりも、乗る回数は増えたりして。

どうしても、ミニベロドロップだと、前のめりの姿勢になってしまうので
もっとお気楽に乗りたい方はフラットモデルでもいいかもしれません。

シフターはシマノ SL-R400 Wレバーなので、レトロ感がありますが
どうしても変速の際にハンドルから手を離す必要があるので慣れが
いくらか必要です。
最先端のスピードミニベロとはまた違った楽しさと、万能性があるので
損はしないはず。


PAP_0444_convert_20081110093851.jpg
ちなみにこれは2009モデルの写真です。
ある程度身長が高い方でも、対応出来るサイズがあるので、10月に予約
しておけば、間違いなく手に入るはず。

(´・ω・)……相変わらず、美少女でビジュアル面は完璧。
これで5マソクラスとリーズナブルなのは魅力的。

2009年10月22日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 BIANCHI CRONO TRIATHLON ALU 105(2010 ビアンキ クロノトライアスロン ALU 105)

img10634672780.jpg
(´・ω・`)……いいなあ、エアロチューブ
トライアスロンとタイムトライアル向けに使われる機種クロノトライアスロン。
TIG溶接で組んだ、エアロアルミフレームです。

エアロ形状の専用シートポストが萌えます( ゚∀゚) 
もうフロントフォークからして見事なブレード構造で、リアホイールに沿わせて
シートチューブとか、見事ですね。
シートステーまでエアロ構造。
そういえばFELTのARみたいにどんどんロードバイクにエアロフレームが
導入されていますけど。やっぱり見ていて思うのですが、フロントフォーク
がしっかりしていて大パワーを受けてめてくれるだけのしっかしりた構造
で、やたら心が弾みます……(´・ω・`)……このブログの方向性が最近
どんどんずれていく気が……。
メインコンポはSHIMANO105。

馬鹿みたいに直進性にこだわっているのが良く分かります。シートが高い
ですねえ。

日本じゃ全然売れないらしいですけど。
なんかたまに見ると心惹かれるのはなぜでしょう?


img56326775.jpg
DHハンドルバー
( ;゚ω゚)……かっこいい……
肘パッドがなんか見ていて新鮮。
img56326774.jpg
やっぱり、こういうモデルに乗ると更にスピードが上がるみたい
ですけど。
img56326772.jpg
ダウンチューブが見事なエアロブレード。

img56326773.jpg
カーボン・アルミフォーク。
もう刀そのもの。
img56326770.jpg
シートステーまでエアロ構造。あ、アーボンですね。

img56326769.jpg
クランクはFSA GOSSAMER DOUBLE 53/39T
街乗りは、少し無理かなあ。

img56326771.jpg
サドルはSAN MARCO PONZA TT。
ちょっとびっくりしたんですけど、きちんとサイズ別に用意
してあるんですね。

2009年10月21日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 BIANCHI CAMELEONTE 3(2010 ビアンキ カメレオンテ3)

img10634672350.jpg
ロードのアルミフレームを応用したクロスバイク、カメレオンテ3です。
ビアンキの良質なアルミフレームが楽しめる上に、なんとカーボンフォーク
が7万円クラスなのに採用されていますね。

こう見えて、結構快適な乗り心地になる様に作り上げています。
例えば……カーボンのシートポストがきちんとついて、乗り心地が柔らかく
なる様に工夫してあります。
また、サドルはセラロイヤル。一応サドル全体にゲルが敷き詰められている
ので、慣れていなくても快適。

元々アルミフレームもアップライドなポジショニングになる様なロードモデル
ノリーテの形状を流用しています。(トップチューブを見ていただくをわかりま
すが、短めなので、初めてクロスバイクに乗られる方も乗りやすいです)

クランクはFSA ALPHA DRIVE 48/38/28Tトリプル。
SHIMANO ACERAコンポ。
タイヤの太さは700×28Cです。


img56325329.jpg
img56325327.jpg
実は結構このネイビーカラーがいいと思うのですが?
ロゴが綺麗。
まさかこんなにネイビーカラーとロゴの相性がいいとは
思いませんでした。
img56325328.jpg
カーボンフォークもしっかり塗装してありますね。
アルミフレームでも十分品質はいいのに……
やっぱり乗り心地が柔らかくなる様にこだわった
と思われます。
img56325322.jpg
バーエンドがとても大当たり。
どうして2010モデルのカメレオンテシリーズはバーエンド
に凝っているのでしょう?
コンフォート系グリップ風。
img56325324.jpg
可変式ステムを採用。
img56325295.jpg
SHIMANO ACERA搭載の24SPEED。
やっぱり坂道の多い日本風クロスバイク。
なんだかんだで、カメレオンテ3が一番良く出来ている様な。
img56325325.jpg
シートポストがカーボン&サドルがセラロイヤルのゲル入り。
お尻への衝撃吸収対策? 
img56325326.jpg
結構価格の割に頑張っているモデルなので、結構好感度が高いです。
個人的にですけど。

2009年10月20日 トラックバック(0) コメント(2)

2010 BIANCHI ROMA 2(2010 ビアンキ ローマ2)

img10634672307.jpg
スピード重視のカメレオンテに比べて、なんとなく?万能性の高い
クロスバイク、ローマ2です。
コンポはロード系のSHIMANO 2300を採用していますが、ギア比の
軽いコンパクトクランクなので(FSA CK-C602ST 50/34T)お気楽
に走れます。

アルミ合金ですけど、軽快に走れますし。
2008年までのローマ2はまるでロードレーサー並のギア比で、少し
乗る方を選んでいたのですが。
でも2010モデルのローマ2は、初めての方でも乗りやすいですね。
ある程度の坂道でも問題ありません。

サスペンション、カーボンなどの素材は使用していませんが、ビアンキ
のアルミフレームの品質がいいせいか、とっても乗り心地がいいのが
嬉しい所です。

それでも、少し不安のある方はカメレオンテのカーボンバックモデルとか
もいいかもしれません。
タイヤはMAXXIS DETONATOR 700x28Cですが、購入後タイヤを細くした
り、より品質のいいのに交換される方が多いです。

もし個人的にローマ2を購入したら、少しホイールのいいものを履かせたら
面白いのかなぁ、とか思ったり。
多分コンポを交換するよりも、効果がありそう。

img56325354.jpg
img56325351.jpg
img56325350.jpg
2010モデルのローマ2は、渋めの雰囲気です。
なんとなく、華やかさはありませんが、都会を走る為のバイク
という印象。

img56325353.jpg
バーエンドがついてきますね。
この辺りは2009モデルとそう違いはないです。
img56325347.jpg
SHIMANO 2300搭載の16SPEED
img56325349.jpg
トップチューブが短いフレームですのでそれ程気にする必要も
ないかもしれませんが、サドル前後位置の調整も注意した方が
いいかも。

2009年10月19日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 JAMIS Xenith Endura1 ジェイミス ゼニスエンデューラ1

10_jamis_017569.jpg
ジェイミスの高性能ロングライドモデルです。
徹底的に衝撃吸収性にこだわったフルカーボンフレームモ
デルですね。
( ;゚ω゚)……って、なんでミドルグレードなのにこんなにい
いカーボンを使っているのですか?

何気に高性能なハイモジュラスカーボンフレームなのが
凄いのです。ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル
な、なんでこんな凄いモデルが隠れていたのでしょう。
とにかく、驚くしかありません。

またシートステーも衝撃吸収性にこだわり横に広がった形
になっています。今流行の上位機種に見られるフレーム構
成ですね。
10_jamis_017569_02.jpg

BBを流行の大径化したBB30を搭載。パワーライドに対応して
います。いざという時のダンシングにも。
あとロングライドに対応する為に、ヘッドチューブは長めにして
上向きのポジションを維持出来ます。
そういう意味では、やっぱり今の流行近いパーツ構成です。


コンポーネントはシマノ105。割とサドルが柔らかめなのも嬉しい
所です(多分ロングライドモデルなので、お尻の負荷も意識した
のでは)
一応カーボンフレームですが、きちんと塗装処理してあり、結構
丁寧に作られている印象。

かなり上質なモデルですが、ロードバイクがはじめの方でも
乗りやすいポジションで走りを楽しめます。
ヤバイですよー、超ヤバイですよー? 

なんか最近のジェイミスは凄すぎです( ;゚ω゚) ;゚Д゚) ……………………。

2009年10月18日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 BIANCHI 1885 ALU/CARBON 105 アルミフレームカーボンバック

img10634672750.jpg
ビアンキのカーボンバックアルミレーシングバイクです。

ビアンキというサイクルメーカーは、以前フルアルミでプロレース
を激闘してきた歴史があるので、何気にアルミフレームモデルが
良質な場合が多いです。

1885 ALUは、フレームをビアンキ得意のハイドロフォーミング成型
しているのがまず特徴。

C2Cと比べて、レース目的としたユーザーにも対応できるように
剛性を向上させています。特にアルミ特有の、鋭い切れ味は
相当なものです。

でもロングライドにも楽しめる乗り心地の軽さも楽しめてしまいます。
そういう意味では柔らかいアルミフレーム?を求めている方には
かなりお勧めかも。
もちろんフロントフォークはカーボンですし、シートステーもカーボン
ですね。
メインコンポにミドルグレードのSHIMANO 105 ブラックを搭載してい
ます。あくまで、ギア比は高め。(コンパクトクランクではありません)


(最近ビアンキはナノカーボンなどの技術をどんどん投入しており
やっぱりあなどれません。なにせ分子単位で炭素原子をコントロール
する技術ですから)

img56326715.jpg
img56326717.jpg
img56326718.jpg
フレームをビアンキ得意のハイドロフォーミング成型したアルミフレーム
です。
1885モデルのアルミフレームはかなり上質。
img56326719.jpg
img56326716.jpg
ストレートカーボンフォークですね。やっぱりチェレステカラーで塗装
してあります。
上質のアルミフレームとカーボンフォークの相乗効果で、乗り心地
はいいです。
img56326723.jpg
クランクはSHIMANO 105 BLACK 53/39T
ギア比はレース向き。

img56326720.jpg
カーボンバックですね。ロングライドにおいてもかなりカーボンバック
の衝撃吸収性は効いてきます。
img56326722.jpg
サドルにはFIZIKを採用。
それしにしても、コストパフォマンスがとてつもなくいいです。
16万クラスなのに、実力はミドルグレードですから。

2009年10月17日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 Bianchi PISTA VIA BRERA(ビアンキ ピスタビアブレラ)

10_bianc_018320_01.jpg
ビアンキのフルクロモリピストバイクです。
しかもラグ溶接ではない、みたいですね。

フィレット・ブレイズとかいう技法で ピスタビアブレラを仕上げて
いるらしいです。
まずフレーム溶接し。そして溶接跡を何度も何度も徹底して滑らか
になる様に仕上げたとか。
意外に手が込んでいるんですね。


レザー素材を上手く活かしたレトロ感を味わうためのシングルス
ピード。

もちろん、後輪をひっくり返す事で、固定、フリーに選択
出来ますけど、公道ではフリーで走ってください。

関係ないですけどそういえば、ヨーロッパのシングルスピード
はコースターブレーキが流行しているとかいないとか。
いいなあ、シングルスピードでコースターブレーキ。
DAHONのUNOはシングルスピードで、コースターブレーキ
だったんですけど、ブレーキをかける際のペダルのなんともい
えない感覚というか、力の入れ加減が面白すぎました。

10_bianc_018320_02.jpg
ピスタビアブレラについてですけど、やたらヨーロッパ色が強い
と思ったら、EUで普通に販売される予定みたいですね。

もしかして、隠れた名機?


10_bianc_018320.jpg
2010 Bianchi PISTA VIA BRERA(ビアンキ ピスタビアブレラ)

2009年10月16日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 BIANCHI CAMELEONTE 6(2010 ビアンキ カメレオンテ6)

img10634672367.jpg
ビアンキのフルカーボンクロスバイク、カメレオンテ6です。
快適さと直進安定性の高さが素晴らしいカメレオンテのフルカーボン
クロスバイク。

でも、トップチューブとか短めで、初めての方でも扱い易いモデル
とは思います。シートステーとか見てもかなり衝撃吸収性にこだわった
形状をしていますし。いいなあ。

フロントはトリプル。SHIMANO LX 48/36/26Tなんですけど、それ程
フロントの変速は必要ないかもしれませんね。
フロントは重めのギアでもそれなりに走ってくれると思います。
リアはShimano 105 12/25T。

強力なディスクブレーキを搭載。タイヤは700×28C。

いつ見ても、性能がとんでもなさすぎて街乗り専用にするのは惜しい
所。
なんでここまで!? いいなあ。

でも、ここまでいいモデルで、贅沢に通勤されている方もいらっしゃるので
やっぱり使い勝手は素晴らしいモデルなのでしょう。
いいなあ。

カメレオンテなら、初めてスポーツバイクに挑まれる方でも結構気楽に
ツーリングしてしまうので、なんというか万能性がある懐の深いバイク
だと勝手に思っています。いいなあ。

img56325264.jpg
img56325261.jpg
素敵な、素敵なフルカーボンフレームです。タダでさえ乗り味が軽い
バイクなのに、更に磨きをかけている訳です。
凄すぎます。

img56325262.jpg
可変ステムです。
角度を調整可能。思いっきり下げて、速度感を楽しむのもいいかも
しれません。いいなあ。
img56325265.jpg
2010モデルはバーエンドのデザインが大当たりです。
いいなあ。
img56325263.jpg
やたら強力なディスクブレーキ搭載。
そういえば関係ないけど、カメレオンテ6ってなんとなくFELTのエ
ックスシティっぽい。
やっぱり、快適な長距離走行性を意識しているんでしょうか?
img56325259.jpg
カーボンシートステーがカッコイイですね。
どこまでも、どこまでも快適性重視。いいなあ。

img56325257.jpg
なんて迫力Shimano LX
はあ。溜息しかでませんね。
img56325258.jpg
結構ビアンキって黒の使い方が上手いとかいつも思うのですが。
チェレステでもいいですけど、ブラックカラーを楽しんでみる心の
余裕も大切かも。いいなあ。

2009年10月15日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 BIANCHI MINI VELO9 FLAT(ビアンキ ミニベロ9 フラット)

img10633775875.jpg
レトロに見えて、アルミフレームのビアンキ ミニベロ9 フラット
です。
一応フロントフォークはスチール。

なんとロードバイクのコンポーネントを採用しているので
(シマノ TIAGRA)見た目よりも、かなり早く走れるモデル
です。
フロントが 52/42T、リアが12/25。

意外にミニベロは遅いと感じられる方が多いかと思いますが
あなどれませんよ?
割とポタリングやツーリングを楽しむ方が多いモデルです。

あとですね、店頭で見かけても「瞬間消滅」する事で有名な
モデルでもありますね(実話)


(デザインについて)
かつてイタリアで販売されていたミニベロモデルを、当時の設計
の元に、2006年辺りからデザインを復刻させたモデルです。
ですから、ロゴが少しレトロな感じがしませんか?


レトロなデザインのフレーム、カンチブレーキ、ブルックスのサドル
とパーツがもう……渋、渋。
シマノ DURA ACEダブルレバーがレトロ雰囲気のトドメを刺して
います。
ですから、変速の際には一度ハンドルから手を離す必要があり
ます。

スピードモデルではありますけど、街乗りでデザインを楽しむ
為のミニベロですね。
でも、少し走行中、振動が辛いという意見もありますけど。
変わらないレトロデザインを楽しむ為のモデルかもしれませんね。


img32575309.jpg
やっぱり復刻したモデルなのでビアンキのロゴもレトロ調。
素晴らしい、と勝手に思っています。
イタリアンというよりは、イングランドな感じ。
泥除け有り。

毎年買えなかった方でも、継承モデルなので安心。

img32575311.jpg
オポジットタイプのブレーキレバー&ブラウングリップ

これもクラシックかつヨーロッパ的な、グリップ
とブレーキレバーです。

img32575313.jpg
BROOKS B17std使用
メードインイングランドのオシャレな本皮サドルを採用。
使うほどに皮が馴染み、ドンドン味が出てきます。

2009年10月13日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 BIANCHI VIGORELLI VELOCE(ビアンキ ビゴレッリ ベローチェ)

img10634672797.jpg
どうやら、2010モデルのヴィゴレリはメインコンポに
CAMPAGNOLO VELOCEを搭載している様です。

うわー。なんてイタリアンな。
コンポはアルテグラから、カンパニョーロベローチェです
か。

でもフレームは胴抜きデザインですし、クロモリフレーム
ですけど、ラグレスのパテッド構造の様です。
ドロミテのラグも好きでしたけど、これはこれでまた。

ビジュアル的にかなり渋くなってますね。
フロントはカーボンフォーク。

ヴゴレリというネーミングははミラノにある自転車競技場
の名前から
きているのだとか。
ホイールにはFULCRUM racing 5
使いやすいショートリーチのハンドルなのでとても握りや
すいのも長所。

クランクコンパクト仕様の50/34T・カセットに12-25T 10SPEED
あ、これ……微妙に乗りやすそう&デザイン高いですねえ。

これで、17万クラス……怒られるかもしれないけど、その辺
を走るの使いたいです。
イベントとか・・・・・・

何気にフレーム強度が高いですし、いいですね・・・・・これ。

img56326478.jpg
img56326476.jpg
胴抜きデザインがいいですね。素直に。

img56326475.jpg
ラグ溶接では味わえないシンプルさ。
溶接跡がほとんど分かりません。

img56326479.jpg
それにしても、ほとんどブラックカラー。

img56326477.jpg
あ、カーボンフォークですね。
img56326480.jpg
メインコンポにCAMPAGNOLO VELOCEを搭載

img56326474.jpg
シートステーも細くてストレート。フロントのカーボンフォーク
といい、何気に衝撃吸収を意識しています。
img56326473.jpg
サドルはSAN MARCO ZONCOLAN

2009年10月12日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 BIANCHI CYCLOCROSS AXIS ALU(ビアンキ シクロクロスアクシス)

img10634672759.jpg
ビアンキからシクロクロスモデルのアクシスが出るみたいですね。

アルミフレームとカーボンフォーク。MTB系コンポLXとTIAGRAの
ミックスさんです。

2009モデルのLUPOはオールクロモリフレームでしたけど、アクシスは
より本格的なシクロクロスバイクとして出てきました。

完全にレースを目的にしているパーツ構成。
シートポストとかカーボン化しています。50/34Tのコンパクトクランクを
採用した18段変速。

ところで、このブログではシクロクロスバイクが大人気で面白いとか思
います。
やっぱり普段の足とかツーリングに使えるからでしょうか。

なんだかんだで、スリックタイヤを履けばロードバイク風に使えるし。
逆に、田舎道の荒れた道路の環境が多いからからでしょうか?

VITTORIA CROSS XG PRO 700C X 32Cですものねえ。
そういえば、どこぞやのメーカーさんでなんだかんだでシクロクロス
レースとして買う方は少なく、結局街乗りとか、ロングライドとか
普段用に買っていく方が多いとか。

普通にシクロクロスにしてはチェレステカラーで、デザイン性も
素敵なバイクなのでどうですか? エレガントなツーリング用に
でも。
道さえ通っていれば、走ってくれますし。
大根やお米を担いでもOKです。
img56326767.jpg
ヘッドチューブが太いですね。剛性高そう。
相当悪路を意識した設計をしていますね。
img56326766.jpg
あ、ケーブル類はやっぱりトップチューブの上にきて
いますね。
img56326765.jpg
img56326761.jpg
タイヤはVITTORIA CROSS XG PRO 700C X 32C
ひたすら強力そうなグリップ力を期待できそう。
ふとーい。
フルカーボンの、ストレートフォーク。何気に、ロングライド
時における快適性も狙っています。
img56326768.jpg
img56326762.jpg
クランクはFSA GOSSAMER COMPACT 50/34T
カセットはSHIMANO CS-HG50 13/32T 9SPEED
img56326763.jpg
シートポストはカーボンみたいですね。
img56326764.jpg
サドルはSAN MARCO PONZA POWER

2009年10月11日 トラックバック(0) コメント(2)

2010 BIANCHI INFINITO ULTEGRA(インフィニートアルテグラ)カーボンロード

img10634672772_convert_20091010142007.jpg
2010ニュービアンキモデルC2Cインフィニートが、やたら乗り
やすそう……長距離巡航用のカーボンバイクですかあ。
空力抵抗を意識? してか、ケーブルはフレーム内に内蔵され
ていますね。


ホイールベースもまあまあで、ロングライドでも乗り手が疲れな
い様に考えられています。

実は今日、アルミフレームのC2C乗りの人と話したんですけど
やっぱり「楽ーっ」とはいってました。
確かに、見た目はゆったりですけど確実に前に進んでいました。

路面の状態に左右されにくいだろうし。長距離を無理なく快適に
走りたい方にこれ程適したカーボンフレームはないかと思います。

C2Cらしく、乗り手が乗り易い様にヘッドチューブは長くしていま
す。
ヘッドチューブを長くする事により上体を起こす事が出来るので羊

食べながら楽なポジションを取る事が出来ます。
乗りながら食べるのは……急いでいるときついしてしまうのです
が……あはは。

この手のモデルは疲労せずに乗る事が出来るのかを基準に設計
されています。
やっぱり路面の状態を気にせずに、のんびり走るにはやっぱり
素敵なモデルですね。

img10634672775.jpg
それにしても、チェレステカラーにするか、レッドカラーにするか
本当に悩ましいです。
うーん。

img56326632.jpg
カーボンフレームの中に、見事にワイヤーが内蔵されています。
ビジュアルが……素敵……
img56326631.jpg
img56326635.jpg
こうして見ると、ビアンキカーボンモデルながら、少しダイエット?
というかシャープになりましたね。
前のモデルは、もう少しボリュームがありませんでした?
img56326634.jpg
ストレートカーボンフォークがたまりません。
すっごく、レッドのデザインがいいです。

img56326636.jpg
img56326633.jpg
img56326638.jpg
クランクはShimano ULTEGRA 50/34。
コンパクトクランクですね。
img56326630.jpg
カセットはShimano ULTEGRA12/25T
img56326628.jpg
サドルはFizikのロゴが強調されています。
あははは。

2009年10月10日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 BIANCHI MINI VELO-7 LADY’S(2010 ビアンキ ミニベロ7 レディス)

img10634672858.jpg
ビアンキのミニベロBIANCHI MINI VELO-7 LADY’Sです。
な、なんとワインレッドカラー登場ですよ。

スタッガードフレームといえばやっぱりビアンキの場合は
昔の設計図を参考にしてデザインされているのでレトロ感が
ありますね。
2010モデルもその路線を継承した様です。
タイヤはKENDA K193 20X1.5なのでミニベロでも大きめの
タイヤサイズ。
ですので、初めてミニベロに挑まれる方には調度いいモデル
ですね。走行も安定して楽しめますし。

一番、ミニベロ7 レディスの長所は服を選ばなくていいスタ
ッガードフレーム系バイクという点です。

フレームが乗り降りしやすい形になっていますし、その上泥
よけもついてきます。


フレームはスチール。リアは七段変速なので街乗りには十分
すぎる走行性能を持っていますし、(あ、そうそう後輪変速だけです)

よく自動車の後部座席あたりに収納して楽しんでいる方も多いです。


グリップのソフト感が大好きで、いつも握ってふにふに感が。
レトロ感覚を楽しむ為の、レトログリップですねえ。

あと、価格がママチャリレベルなのもポイント。
泥除け付いていますけど、雨の日にもし乗ったら、拭いてあげてください。


2009年10月09日 トラックバック(0) コメント(2)

2010 BIANCHI CAMELEONTE 5(ビアンキ カメレオンテ 5)

img10634672329_convert_20091008155924.jpg
( ;゚ω゚)……なんか、2010モデルビアンキカメレオンテ5のバー
エンドがやたらカッコイイ件について……

ああ、更にスタイリッシュになっていますガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル………。
欲しい……。

はい、700C、コンポがシマノ105を搭載した、超人気クロスバイク
(ある意味フラットバーロード)カメレオンテ5です。

ロードバイクの補助で買ったのに、いつの間にかメインバイクに
なってしまったとの声もある、怪物モデル( ゚∀゚) 

やった! 2010モデルもカーボンフォーク、カーボンバック搭載
です。レーシーな戦いもいけますね。
でも、すこし大きめに見えますけど軽いモデルなんですよ。
意外に。


トップチューブを見ていただくをわかりますが、短めなので、
初心者にも扱いやすいモデルです。
でも既に本格的なロードバイクのパーツを使用しているので
ちょっと大人の気分も味わえますよ。

見た目は扱いにくそう? ですけど、漕ぎだしが軽いので
街乗りにも結構いけてしまいます。
フレームもロードと同レベルの剛性を確保していますので
やっぱり凄いモデル。

カメレオンテの記事は毎回拷問です。
いいなあ。カメレオンテ……大人の魅力……(´・ω・`)…。o○(かぁこいい……)


img56325276_convert_20091008160555.jpg
バーエンドがですね…もう凄くかっこいいんですよ。
2009モデルは、なんだか棒がくっついているみたいな
感じでしたけど。
img56325273_convert_20091008160451.jpg
可変式ステムを搭載。今日みたいな台風の日でも
空気抵抗を下げられます。
(´・ω・`)……いいなぁ……限界まで下げて高速巡航……

img56325274_convert_20091008160514.jpg
img56325275_convert_20091008160536.jpg
カーボンフォーク搭載。シルバーフレームには、やっぱり
ブラック。

img56325269_convert_20091008160345.jpg
大人の雰囲気シルバーフレーム。
女子にもこのカラーリングは人気なのを意外と知る方は少ないのです。

img56325268_convert_20091008160324.jpg
クランクはFSA OMEGA MegaExo Triple 50/39/30T
img56325271_convert_20091008160431.jpg
カーボンバックですよ!
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル うわあああああああああああああああああああああああああってなもんです

なんで、クロスバイクにそこまで……贅沢……
カセットはShimano 105 12/25T
700X28Cタイヤ

img56325270_convert_20091008160407.jpg

(´・ω・`)……ビアンキよ、あなたはいったいどれだけの試練を私に与え
ようというのですか。

2009年10月08日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 GIOS VECCHIO (2010 ジオス ベッキオ)

10_gios_018378_convert_20091007160656.jpg
2010モデルGIOSです。
( ゚∀゚)~♪オールクロモリのベッキオいい!

もう走るトリコロール? な感じでかなりカラーリングがいいですね。
2010モデルのGIOSはなんだかカラーリングが、面白いです。

コンポはシマノティアグラ。で、シマノのダブルレーバーなのがま
た……( ・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`) ゚ω゚) いい!

白胴抜きのホワイトと、シートステーのグリーンがもう、うっとりです。

他のモデルは継承モデルが多そうで、大きな変更がないそうですが
でも、いいなあベッキオ。
これで重量が10kgだそうですよ。

あと、ステムが多角形でちょっとビジュアル的に面白いですよ。

フォークも当然クロモリ。
2010ニューリリースモデルですからねえ(;゚∀゚)

10_gios_018391_convert_20091007154848.jpg
フェルーカはそれ程大きな仕様の変更はなさそうですが
パステルブルーがいいですね。

2009年10月07日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 BIANCHI B4P MONO-Q Shimano105Double (2010 ビアンキ ロード B4P モノコックシマノ105ダブル)

10_bianc_018306_convert_20091006160129.jpg
( ゚∀゚)ビアンキオリジナルのモノコックフレームが特徴の、B4P MONO-Q
です。
B4P「ボーン・フォー・パフォーマンス」シリーズはレースやロングライド
に使用するのに適したモデルで結構色々潰しがききます。

結構剛性重視ですけど、マイルドでなんとなく優しい乗り心地。
結構一定時間、一定速度で走るにはもってこいかも。

(´・ω・`)……割と乗りやすいんですよね、B4P。
いつもその辺りは不思議。

コンポもシマノ105ブラックで結構ビジュアル的にも引き締まって
いますし。クランクが53/39T、リアが12-25Tとまあ重めのギア
です。

結構路面からの振動もフレーム全体で優しく吸収してくれるので
良いバイクですよ? 操作性も素直ですし、曲がるのも素直。
やっぱりそういう意味では良質のコンフォートバイク。

10_bianc_018306_01_convert_20091006160150.jpg
シマノ105が大人の雰囲気。
しかしまあ、2010モデルは、バーテープサドルまでチェレステ
でカラーコーディネートしていますね。

ホイールはこれまたブラックなMAVIC AKSIUM BLACK。
タイヤはVITTORIA ZAFFIRO サイズは700X23C

(`・ω・´)やっぱり王道路線?

10_bianc_018306_02_convert_20091006160209.jpg
(´・ω・)……バックステーも少し角ばったチューブですね。
やっぱり剛性を意識した形状みたいです。
奇をてらっていないけど、優雅な雰囲気なのはさすがビアンキ。
レッドのストライプが、アクセント。

価格の割にはコストマンスが優秀なのは2010モデルも継続していますね。
うーん。
もうビアンキの現物なんか見ると……もう……( ;゚ω゚)……

でもこの間某店長が言っていたんですよ。

(´・ω・`)mitiluちゃん、ビアンキは考えるものではないのです、チェレステを感じるのです。

あとこんな名言も。
(`・ω・´) 美しいビアンキには美しい精神!故にビアンキ乗りは皆心が綺麗なのです!! 

2009年10月06日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 BIANCHI ROMA(ビアンキ ローマ)

img10634672305_convert_20091004154702.jpg
ディスクブレーキ搭載のクロスバイク、2010ビアンキ ローマです。

(´・ω・`)……ああ、ホワイトカラーコーディネートがすっごくいいです。
やられた……
まさか今更ながらに、チェレステとホワイトの相性の良さに感動。
いいなあ、今年もローマ……

機動性があるし、機敏ですし。やっぱりクロスバイクですが
ロード系フラットバーロード系ですね。

巡航速度を維持しつつ、加速に強いですし。意外にコーナーリング
性もあるんですよね。700x28Cサイズのタイヤですので、それなりに
幅がありますけど、タイヤの系がロードなのでそれなりに進むんです
よねえ。

コンポはSHIMANO TIAGRAなので、割と簡単に変速可能ですし。
街乗りというよりは、ツーリングとかスポーツ系(`・ω・´)
もし街乗りに使われるのであれば、間違いなくサドルはコンフォート
系にした方が無難です。

いいなあ。
ディスクブレーキなので、いきなりの急ブレーキはご注意ください。

いいなあ。体重移動とかで、段差に対応してください。
カーボンとかサスペンションがついてない分、純粋に加速が楽しめます
けど。


img56325369_convert_20091004154159.jpg
ヽ('∀`)ノハンドルとステムがいい! です! 合体しています!
カッコイイ!! ヽ('∀`)ノ

ホワイトハンドルがまるでエイリアン!
いいですね!

img56325380_convert_20091004155650.jpg
img56325378_convert_20091004154612.jpg
アルミストレートフォークです。イタリアン。
純粋なチェレステストレートフォークもいいですねえ。
img56325379_convert_20091004154635.jpg
ディスクブレーキを前後に搭載。
これはもう毎ローマの風物詩みたいなものです。

img56325375_convert_20091004154518.jpg
img56325376_convert_20091004154540.jpg
上から見ても、横から見てもローマロゴです。
素敵(´・ω・`)?

img56325371_convert_20091004154409.jpg
SHIMANO TIAGRA搭載18SPEED

img56325374_convert_20091004154458.jpg
タイヤもホワイトコーディネート。

img56325373_convert_20091004154438.jpg
あははは、今年もサドルが細いですね。
ホワイトー。なんというかローマは、馬鹿な気分になってペダルを
漕ぐに限ります。
オシャレモードもいいんですけど、なんだかおバカな気分で乗りま
わさないと申し訳ない気がしてしまって。

2009年10月04日 トラックバック(0) コメント(2)

2010モデルビアンキ速報 2010 Bianchi ROAD STEEL FRAME PistaPlus ビアンキ ロード スチールフレーム ピスタプラス

10_bianc_018321_convert_20091002154322.jpg
2010ビアンキピスタプラスは、ホワイトカラーで登場です。

さすがUSAビアンキデザイン。ホワイトできましたね。
いいなあ。クロモリフレームの細さのおかげで、ホリゾンタル
がより美しく見えます。

ALEX SOROのホイールを装着したシングルスピード。
元々PistaPlusはBianchi USAがプロデュースしたバイクで、デ
ザインはアメリカ国内で行われたそうです。

ですからなぜかクラシックかつ、なんとなくビアンキの中
でも個性が強いモデル。

ストリートカルチャーな感覚で街乗りを楽しめますし、USAビ
アンキデザインにはそれが似合うと思います。

2009モデルは、独特のチェレスカラーに染まりきっていたのですが
2010モデルは美少女になりました。
10_bianc_018321_01_convert_20091002154341.jpg
細いクロモリフレームによくホワイトが合っています。
700×23Cサイズのタイヤ。

10_bianc_018321_02_convert_20091002154401.jpg

後輪を逆付けすると固定ギアピストバイクになり、やっぱりブレーキ
も取り外してしまうことができる構造みたいですね。

2009年10月03日 トラックバック(0) コメント(0)

2010ビアンキ速報 2010 Bianchi ROAD C2C Via Nirone 7 AluCarbon ShimanoUltegraMixCompact(2010 ビアンキ ロード C2C ヴィアニローネ7アルカーボンシマノアルテグラミックスコンパクト)

10_bianc_018311_convert_20091002142132.jpg
2010年モデルビアンキが……キタ━ ・∀・) ̄― ̄)´_ゝ`)━━━!!!!
こ、これは……シマノアルテグラ(ミックスだけど)を搭載して、15万クラス??
しかもカーボンフォークと、カーボンバック込み?
ホワイトカラーカーボンフォークにまで塗装してあるニローネです。

・゚・(ノД`;)・゚・ うわわあああぁぁぁぁ! いい!

ヘッドチューブが緩やかなアーチを描きながら長めにとってあるじゃ
ないですか?
ですから上体を起こす事が楽なポジションを維持できます。
あくまで、ビアンキさんが乗り心地を追求して行った結果、この形状
になったとか。

あくまでスピード重視じゃなくて、乗り心地重視な訳です。

疲労せずに乗る事が出来るのかを基準にフレーム設計されているの
で初めての方にはもってこいじゃないでしょうか?

(´;ω;`)……てか……欲しい。

(乗り心地)
かなり重いギアにしても、ニローネは意外と加速が楽。
速度が出てくると、軽い振動と共にタイヤからいい音が……ふふ……
割と地面からの振動も柔らかい感触だと思います。

10_bianc_018311_01_convert_20091002142152.jpg
長時間乗るのに向いていますので、ありがたいです。
いえ、まあ個人的に。

ヽ('∀`)ノ 快速なC2Cフレームに一番似合うカラーリングはホワイト
だと勝手に思っています。ひゃっほーい!
あと、試乗できればいいのですが……
予約がいっぱいで大変だとは思いますが、もし試乗出来る
機会がありましたら、ぜひ!

10_bianc_018311_02_convert_20091002142215.jpg
クランクコンパクト仕様の50/34T・カセットに12-25T 10S
PEEDを使用。
ギア比は軽めなので初めてロードに乗る方でも、踏み込めば
結構進んでくれるので安心(´・ω・`)

あとここから見ると分かりますが後タイヤの近くのシートステーという部分
にカーボンが使われています。前タイヤの近くのフォークもカーボン素材
です。主に路面の震動を抑える為に装備しています。

(´・ω・) あー、ニローネ空から降ってこないかなぁ……

2009年10月02日 トラックバック(0) コメント(4)

2010 LouisGarneau LGS-MV2PRO ミニベロ ルイガノ LGSMV-2プロ

10_louig_017988_convert_20091001154136.jpg
スポーツ性が高そうで、実は日常性が高いミニベロ
LGS-MV2PROです。

2010モデルのLGS-MV2PROはかなり、大人の雰囲気
になりましたね。
意外! (´・ω・)……2009モデルはなぜかラベンダーカ
ラーとか女の子していたのですが。男の子になってしま
いました。

見た目はディスクブレーキなどをしていて、スポーツ性が
高そうですが、意外にコーナーリング性や走行時の安定
性が高いのが長所。

一応ロード系のコンポーネントを搭載しているので、極端
にスピード性が高いと思われがちですが、乗ってみると
どうにも「曲がる」「止まる」「ふらつかない」とほとんどミニ
ベロらしくない自転車本来の運動性が高いと体で感じます。

もちろん、スピードを上げた際の安定性はスバ抜けている
のですがヽ('∀`)ノ
ただ、最近のスピードミニベロ(KHS DAHON OX-01)
に比べると、加速性やスピードの乗りにおいて少し遅れを
とっている気が。(というより最近のスピードミニベロは化け物
ばかりなので、この価格にしては頑張っている方だとは思います)


(`・ω・´)むしろ安定感のあるミニベロとしてとらえた方がいいと
思います。
なにせ、初めてミニベロに乗るとブレーキや、ハンドルのふらつき
などが気になるのですがLGS-MV2PROにはその点が安心して
乗れますね。

10_louig_017988_01_convert_20091001154157.jpg
フレームはLGS 6061アルミ。
フロントにサスが搭載してあります。
変速16段変速。重量11.7kg。
タイヤは20X1.35なので、ミニベロの中では大きめの
サイズですね。

あと、前輪と後輪に感覚が広いのでとても安定した走行
が楽しめます。可変ステム搭載なので、ハンドルの角度
がお好みで変更可能。

10_louig_017988_02_convert_20091001154214.jpg
とはいえ、初めてミニベロに乗られる分にはとても、安心
してお勧めできます。とくに戸惑いなく、乗れる点はさすが
ルイガノ( ゚∀゚)アハ

2009年10月01日 トラックバック(0) コメント(0)