スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 月別アーカイブ 2008年12月

2009 Bianchi 928 Carbon T-CUBE Chorus 11sp Double



カンパニョーロ コーラスをメインコンポーネントとし、11速モデル
のビアンキロードです。さすがにスーパーレコードは手も足も出ない
値段ですけど、コーラスなら……でもやっぱり高価です(>_<)

フレーム重量も 928 CARBON T-CUBEは1.04Kgとビアンキカーボン
モデルの中でも2番目の軽さです。ちなみに最上位クラスの
928 CARBON SLは900g!

928 carbon T-CUBEのカーボンフレームはモノコックフレームではなく
「tube to tube」製法を使用したカーボンフレーム。

フレームは高品質かつパフォーマンス重視の設計ですので
あらゆるユーザーに広範囲に渡って融通が利くよう作られていますので
レースのみでは無くコンフォートなどの用途に使用することが出来ます。

クランクは53/39Tカセットは12/25

2014000310005_convert_20081231152939.jpg
ちなみにこれはカンパニョーロのスーパーレコードの画像です。
参考までに。

カンパニョーロのクランクって、綺麗ですね。摺動部(しゅうどうぶ)
に使用されるベアリングシステムには高い強度の高品質のセ
ラミックボールベアリングを採用。

確か精密産業機械にも使用されているセラミックシステムです。
まさか自転車のパーツに使用されるなんて凄いですね。
摩耗や耐久性、耐腐食性にとても強いという特徴があります。

2014000301003_4.jpg
リアディレーラーも穴あきプーリー&セラミックベアリング。
凄すぎです(--〆)
こちらの機種の詳しい説明はこちら2009 Bianchi ROAD BIKE 928 Carbon Mono Q 105 コンパクト ...

おせちやすき焼きや、お雑煮の準備でかなり忙しいです。
終わらない(>_<)

本年、たくさんの方にご訪問いただきありがとうございました。
来年もよろしく申し上げます。よいお年をお過ごしください。
(*^_^*)

2008年12月31日 トラックバック(0) コメント(0)

2009 Bianchi Pista Plus (ビアンキ ピスタプラス)


ALEX SOROのホイールを装着したビアンキのピストバイク
ピスタプラスです。シンプルですがこのクラシックなデザイン
ですが、なぜかPOPだと思い込んでいたらBianchi USA
がプロデュースしたバイクで、デザインはアメリカ国内で
行われたそうです。

てっきり、イタリア本国のデザインと思っていました。
あ、でもイタリア本国デザインならサドルにSAN MARCO
PONZAじゃなく、ブルックスの革サドルとか使用しそう。

(構造)
ビアンキ ピスタプラスはもちろんブレーキは搭載しています。
シングルのフリー構造なので公道で走れます。

後輪を逆付けすると固定ギアピストバイクになり、やっぱりブレーキ
も取り外してしまうことができます。

いつでも本格的なピストバイクとしてトラックレースで使用可能。
(でも、そんな機会滅多にない? ですよね。あはは)


ストリートカルチャーな感覚でピストモデル的な感覚でを街乗りや、
USAビアンキデザインを楽しみたいですね。もちろんシングルフリー
で乗ってくださいね(*^_^*)

(詳しく固定ギアの説明)
クランクとリアホイールが、直結している状態なのでペダルをストップ
させると、リアホイールもSTOPします。トラック競技用に近いと思ってくれれば
いいかも。でも、固定ギアモードで乗る方なんているのでしょうか?
でも、プライベートでいたりして

通常のピスタプラスはシングルスピードです。
簡単に言うとママチャリモード。
ペダルの動きをSTOPさせても、リアホイールはそのまま
動きます。
フレームはクロモリ。もちろん変速しないので、脚で漕ぐだけ
です。

よほどの事がない限り、公道ではフリーホイールにしてください。
何度も言いますけど公道ではフリーホイールですよ。フリー、フリー。



やっぱり、お掃除してあげる場合楽ですよね。
転んでも、変速機がないのでトラブル少ないですし。

ロードレーサー Bianchi ビアンキPISTA Plus ピスタ プラス/2011 ロードレーサーロードレー...

2008年12月30日 トラックバック(0) コメント(2)

2009 SCOTT CR1 TEAM CD (2009 スコット CR1チームCD)


軽量ロードバイクは数多くありますが、更にカーボンフ
レームの丈夫さと性能の高さを求めるならSCOTT CR1
がかなりお勧めです。

かつての軽量モデルは、快適性や乗り心地をある程度
犠牲にした点が多かったのですが、2009CR1はとても
乗りやすいモデルに進化しています。

初めてロードバイクを乗られる方でも、フレームが軽く
堅牢で乗りやすい形状になっています。
2004年に登場して以来、CR1は実績のあるモデル
なので信頼感があります。

パーツはシマノ105のフルセットにアクシウムのホイール
クランクはコンパクトドライブで50×34T。
価格がいい分、妥協もしていません。

ちょっとフロントフォークが面白くて、刃物みたいなブレード
形状になっています。
(この形状は、思わず目を見張りました。あはは)
また画像から見ても分かると思いますが、トップチューブ
がテーパー状に広がっていて剛性感が高くなる工夫を施し
ているとか。
ハンドルバーやステムもフレームと同じく自社生産している
のでやっぱり安心感があります。
長距離を乗れば乗るほど、ジワジワSCOTTの良さが分かって
きそうですね。
逆に言うと、乗らないと中々良さが分かりにくいモデルかも。

デザインもヨーロッパ方面での販売を重視してるので、なんとなく
洗練されてきている気がするのですが。
あんまりアメリカンな空気が薄れてきている様な。

朝市があったので、ついさっきまで走っていたのですが、もう
走行中足と手の体温が奪われてしまって、泣きたくなりました。
★在庫処分大特価★サイズが合えばお買い得!★★送料無料★完全組立★SCOTT/スコット CX COM...

2008年12月29日 トラックバック(0) コメント(0)

2009 LOUIS GARNEAU LGS-LCR(ルイガノ LGS-LCR)



ルイガノのクロモリ素材のロードバイクLGS-LCRです。
「自転車日和」の表紙に映るLGS-LCRを見た時、なぜか
心を奪われそうになりました。
結局ルイガノに、キャーキャーしてしまいます。
51c76mcRBnL__SS500_.jpg
         ↑ホワイトカラーのLGS-LCR

とても、心が躍ります(*^_^*)
こういうカジュアル系ロードバイクが最近増えて
きてかなり嬉しくなります。


(特徴)
細身の美しいフレームに、美しさを引き立たせるラグ溶接でフレームを
仕上げています。
ラグという継手で管と管を結合する方式。(ラグ式で作ったフレームはラ
グフレームと呼ばれています)
ラグと管は、ロウ付けと呼ばれる方法で固定していて、LGS-LCRの場合
ラグはメッキ処理されており、とても美しいです。
ラグで管端が補強されるので、クロモリフレームの様な薄肉管を使う
ことが出来てフレームが軽くなる利点があります。
また溶接の熱ひずみが無いのも特徴。
トップチューブは割と長めで、ステム長も長めなので
結構腰を曲げる必要があるかも。オーソドックスなロングライド系。


コンポはシマノ105とアルテグラのミックスです。
Fデュレーラー、ブレーキ、カセットがシマノ105。
その他はシマノアルテグラ。
ホイールはマビックのアクシウムという上質なパーツ
構成(*^_^*)
見た目はファッションロードバイクな印象ですが結構
上質なロードバイクに仕上げています。

そういえば、相当カラーリングで悩みます。元々ホワイトカラー
が大好きですけど、このネイビーカラーもかなり大好きです。
あんまり日本人向けというより、外国向け? 的な作りなので
こういうカラーリングになったのでしょうか?

なんだかんだで、クロモリフレームのおかげで体に優しそうな
ロードバイクなのでちょっと注目しておきます。
PAP_0539_convert_20081228161402.jpg
今日は町内会で、おもちをつきました。
実は中にトマトソースとチーズとかが入っていたりして。
ルイガノ 2012 自転車 セール 送料無料 LOUIS GARNEAU ロードバイク【LOUIS GARNEAU□ルイガノ...

2008年12月28日 トラックバック(0) コメント(0)

2009 FELT F4 SL(2009 フェルト F4 SL)


レースを想定した、フェルトの「F」シリーズ。
F4 SLロードバイクです。
「Z」シリーズはコンフォート用ですが、「F」シリーズはヘッドチ
ューブが短めに設定されているのが特徴でレース時により低
いレーシングポジションを可能にしています。
上半身のポジショニングに相当こだわったモデルで、ハンドルバー
もステムもすべてFELTの自社生産で全く妥協していません。
(ロードは上半身命ですから)

このF4 SLはFシリーズの中でもミドルグレードの位置にあります。
パーツにはULTEGRA SLを採用。
SHIMANO ULTEGRA SL 50T×34Tのコンパクトクランクを装備。
(ちなみに更に上位クラスのF3 SLにはSRAM最上位グレード RED
を採用している様です)
2009モデルはMAVIC AKSIUM ホイールになっています。

乗り味は、しっかりしていてある程度ペダルを踏み込んでも、
余裕を持って受け止めてくれます。
レース時の疲労を軽減する為に、快適性にも力をいれており
ハイモジュラスを使用。



「F」シリーズは、ロードバイクの基本に忠実なモデルですので
長い期間楽しめると思います。
ロードの乗り味は結局フレームの質で決まってしまうので、高品位な
フレームを追及する方はやっぱりFELTです。
(店長に洗脳されています)


それはそうと、今日もかなり強風で走行中体温が奪われ
ますね(>_<)
GIOS乗りのおじ様、おしるこドリンクごちそう様でした(*^_^*)
FELT フェルト 2012 自転車 セール 送料無料 ロードバイク【FELT□フェルト】2012 F4【ROAD & ...

2008年12月27日 トラックバック(0) コメント(0)

2009 MASI SPECIALE MINI VELO



とうとう、出ましたね(*^_^*)
イタリアの歴史ある老舗ロードブランドMasi(マジー)が日本の
小径車ブームを受け、2年越しの開発期間をかけて送りだす
クロモリミニベロです。

耐久性に優れたMASIの代名詞的なダブルバテッドクロモリスチール
を採用し、フレームを重視した作りが特徴です。
FディレーラーにSHIMANO SORA。リアにSHIMANO TIAGRAを採用
しています。品質が高いフレームなのでよりグレードの高いパーツ
をつけさらなる性能の向上も期待できそう。

MASIのフルサイズのロードに近い気分でを街中で味わうにはもって
こいです。20x1-1/8(451)なら、時速30kmあたりが一番安定して
走れるのではないでしょうか。
フレームにfariero masiのサインらしきデザインが確認出来ますね。


フレームにはMASI ダブルバテッド クロモリを採用。
どこまで直進安定性が出せているのか楽しみです。


あえて、ドロップハンドルで勝負してきたようです。
ブレーキワイヤーカラーもホワイトですね。

クランクはTRUVATIV TOURO C2.0 50/36T

タイヤはKENDA 20x1 1/8

サドルにプリントしてあるのはMASIの紋章。
なぜサドルに?
なぜかGIOSのミニベロとは違い、カーボンフォークはあえて使用
せず、クロモリのみで仕上げてきた所に、なんとなくMASIの自信
を感じます。
多分雑誌「自転車日和」か「自転車生活」で表紙を飾りそうな気が
します。
(かなり珍しい自転車日記)

風が強すぎて、全然前に進めません(>_<)
寒すぎです!!
しかもそろそろ花粉の恐怖が(>_<)
【送料無料!】2011モデルMASI(マージ)MINIVELO(ミニベロ)カラー:アノホワイト

2008年12月26日 トラックバック(0) コメント(12)

2009 BIANCHI PISA SPORT(2009 ビアンキ ピサスポート)



PISA SPORTは、あのイタリアの歴史建造物「ピサの斜塔」を
イメージしているそうです。
(と、ある人から聞きました。未だにどこをどうイメージしたら
このデザインになるのか謎です)

(特徴)
かなり走行性能がクロスバイク並に高いですが、意外にゆっ
たり乗れるのが面白いです。

割とサドル位置が低い設定になっているので(あまり高く出来ない)
上半身を起こした状態の姿勢になります。
また、これも意外と思われるかもしれませんがハンドルが結構
ゆったりめに設計されているので、お気楽と言えばお気楽な
ハンドリング感覚です。

また、変速レバーがフラットバー用のシマノ(SHIMANO) シフトレバー
SL-R440なので、結構簡単かつ気軽に変速レバー操作が
決まります。フロントにダブルを使用し、16SPEED。

(走行性能)
かなりまったり、景色を楽しみながらスピードが出せます。
スポーツ性が高いというよりは、日常生活で走る事に重点
を置いているようです。
しかし、本格的なスポーツバイクとしてのスピード性を求め
たい方には、ポジショニングなどの点で少し不満が出てくる
かもしれません。

実は家庭的なモデルかも。ギア比を軽くすれば抜群の登板
性能を発揮するのはさすが。

(フェンダー[泥除け])
横から見ると分かりずらいかもしれませんが、フェンダー
が取り付けてあります。
もちろん飾りではなくきちんと泥除けとして機能してくれ
ます。
PAP_0432_convert_20081110093209.jpg
コンポーネントはリーズナブルですが、フレームの質が
高いモデルなので、ペダリングは軽いです。

また実車を見て思ったのですが、チェレステに明暗をつけた
グラデーションの鮮やかさは一見の価値があります。

色々オプションを取り付けたくなるかもしれませんがそれなら
最初からPISA FAMILYを選択した方がリーズナブルかも。
4万円クラスですが、相当頑張っているモデル。セカンド
バイクとしても楽しめそうです。
PAP_0538_convert_20081225145902.jpg
昨日作ったクリスマスケーキ。
スポンジが3層になっています。
またまた、お塩が隠し味です。
ビアンキ 2012 自転車 bianchi ミニベロ 小径 シティーバイク【予約受付中】【Bianchi□ビア...

2008年12月25日 トラックバック(0) コメント(0)

Mobiky Genius モ・バイキー ジーニアス DISK BRAKE 日本仕様 ニューモデル 

PAP_0409_convert_20081224133551.jpg
フランスの折りたたみ自転車、Mobiky Geniusの日本限定モデル
です。どうも、雨の多い日本を想定してディスクブレーキを取り付けた
模様。
はっきり言って、「折りたたみを楽しむ為の自転車」だと思いました。
Mobiky Geniusは3段階に、変形する事ができます。


「ライディングポジション」……普通に走る為の、自転車モード。

PAP_0410_convert_20081224133613.jpg
mobi017_convert_20081224133504.jpg
「ウォーキングポジション」……主に交通機関やマンションなどの移動の際に転がしながら移動が可能です。実際に転がしてみましたが確かに簡単に折りたたんだ状態で移動可能。なんだか、台車みたいでした。ちなみに、一番上の画像のトップチューブ部分に取手があるのですが、それを引き揚げれば一瞬で降りたためます。

mobi019_convert_20081224133530.jpg
「ストレージポジション」……いわゆる収納状態です。「ウォーキングポジション」の状態からサドルと
ハンドルを収納すればこの状態になります。
      
(感想)
かなり堅牢に作り上げているという印象でした。走行性能は、まあまあで普通の降りたたみ自転車といった感じ。でも、ビルの30階から落っことしても、平気そう(実際に落としたら壊れるとは思いますけど)
耐加重105kgまで耐えられるというのも納得の作りでした。
ただ、やっぱり「重い」。
あたしには重いのです。

収納性の高さはさすがでした。多分収納場所は選ばないでいいかも。折りたたんだ状態で台車の様に運んでみましたが、あまり力はいらなかったのでそれはかなりの長所とは思います。

(気に入った点)
他のスポーツミニベロにはない、折りたたみの容易さと、壊れにくさでしょうか?
またデザインが近未来的で、ちょっとホワイトカラーがかっこいい。
そいうところはやっぱりフランスしています(*^_^*)
走行時はハンドルは慣れないとふらつくし、多少振動はあると思います。
都市で、頻繁に移動したり、頻繁に折りたたまなくてはいけない環境の方には絶対お勧め。
結構業務用でも活躍しそう。
とにかく堅牢な作りなので、壊れにくいという点は信頼していいはず。

前から思っていたのですけど、変に凝ったミニベロよりもこういうMobikyみたいな折りたたみ自転車の方が家族全員で楽しめたりするので、悩むところですね(>_<)
1000-right-black_convert_20081224133442.jpg
PAP_0537_convert_20081224142417.jpg
クリスマスケーキ制作中です。
やっぱりハンドミキサーは楽々(*^_^*)
災害時に強い簡単折り畳み機構!電車の乗り降りが自由に。【送料無料】 Mobiky Genius モバイ...

2008年12月24日 トラックバック(0) コメント(0)

2009 COLNAGO CLX105(2009 コルナゴ CLX105)



中速域でまったりロングライドを楽しむのに丁度いいコルナゴ CLX105。
快適性を重視に設計されていますので、現代の日常生活でロードバイク
を楽しみたいという要望を満たしてくれるロードバイクです。
長い距離を走るとコルナゴモデルでトップクラスとも言える衝撃吸収性に
優れたフレームが生きてきます。
普通に50km~100kmは快適。
特に平地でのペダリングの軽さは、むしろ普段ロードに乗っていない人
に向いています。滑るように走ってくれる感覚は、CLXならでは。

高いロードバイクはレース用というイメージがある方も多いとは思い
ますが、むしろCLXは長距離快適系ロードバイクと言っていいでしょう。

景色を楽しみながら、ツーリングに行くのもいいですし、コーナーリング
の快適さもいいです。ただし、下りは快適ですが上り坂はやや苦手。


(構造)
翼断面形状を持つシートチューブには専用エアロピラーが付属。
モノコック成型された前三角に、快適性を高める 「カーブドシートステー」
と 「リーフチェーンステー」 が接着され独特の丸みのあるフレームが
美しいです。

穏やかなハンドリングで、マッタリ感と信頼感があるドロップ
ハンドルです。クローバーマークがあちらこちらに(*^_^*)


フォークはCLX専用ストレートフォーク。
地面からのショックを吸収し、快適なしなやかさを体感できます。



クランク部分にはSHIMANO 105。
コンパクトなギア比なので、長い距離を楽に走りたいそんな方には
とてもいいかも。


リアディレーラーもShimano 105。

ホイールにはshimano RS30を採用。



サドルにはPROLOGO NAGO GEL PROを採用しています。

レース万歳のコルナゴですが、初心者から上級者まですべてのユーザー
に対応してくれる乗りやすいモデルなのが嬉しいです。やっぱりスピード
が適度にのったあたりからのペダリングが本当に楽しいと思います。
実はCLXに関しては、ホワイトも好きですけど、ブルーカラーもかなり
いい感じですよ。
2012モデルCLX3.0 ULTEGRA Di2COLNAGO(コルナゴ)カーボンロード

2008年12月23日 トラックバック(0) コメント(0)

2009 CLEANSPEED BLEND20 (2009 クリーンスピード ブレンド20)



車載や輪行、週末のツーリングを楽しまれる方から絶大な支持
を受けるクリーンスピード ブレンドです。結構道を選ばず、走って
くれる所が嬉しいですね。

結構ミニベロは舗装路でないと弱いモデルが多いです。しかし
クリーンスピード ブレンドのタイヤはスリックに近いので舗装路
もいけますし、タイヤが太いおかげで悪路でもくいつき良く走れて
軽い砂利道や登り坂に強いモデルです。


(特徴)
見た目は英国なクラシックさが全面に出ていますが、KHSのMTBで
培われたテクノロジーが投入れています。

MTBのクロスカントリーレース用に使用されているソフトテールが、
路面からの衝撃を適度に和らげてまったりのんびりな走行を楽しめ
ます。そうですね、路面の不快な振動を適度に吸収してくれる感じ
です。やっぱりツーリングの際の安定性を重視した設計をしている
のでしょう。

コンパクトに収納出来るのもちょっと嬉しいですし、ちょっとした山道
で楽しまれる方が多いです。なんでも、スローペースで走る分には
何時間でも疲労を感じず、ペダルをずっと漕いでいたいとか(*^_^*)


革風バーテープにやられた! と思われる方も多いのでは?
街乗り用にINLINE LEVERで、ブレーキをかける事も可能です。
ドロップハンドルに慣れていない方は、フラットバー風に楽しむ
のもいいかも。


レバー一つで、ハンドルを外し、フレームを折りたたむ構造
になっています。工具は必要ないですし、結構コンパクトに
降りたためるのが嬉しいです。
でも重量が13.3Kgなので、少し持ち運びはきついですね(--〆)


ギアは軽めにフロント2速(46X36T) X リア8速(12/25T)。
結構クイックに変速機出来ます。

MTBのクロスカントリーレース用に使用されているソフトテール
がしっかりついています。何気にUSAテクノロジーが投入されて
いる所が凄いです。やっぱりMTBメーカーのOEM製品ですから
見た目だけではないのでは。

でもサドルにBROOKS B17 STANDARDをインストールしている
所も面白いです。軽量化なんて、よそでやってくれという暗黙の
メッセージを感じます。渋いですね。


クリーンスピード エスプレッソの特徴とも言える太めの1.75イ
ンチ幅のオンロードタイヤです。
結構悪路にも対応してくれるが嬉しい所です。
泥除けもしっかりついていますが、濡れた路面を走った後は
しっかり掃除してあげてください。
BLEND(ブレンド)カラー:シルバーグリーンCleanSpeed(クリーンスピード)

2008年12月22日 トラックバック(0) コメント(0)

2009 RALEIGN TRM(ラレー トレント スポーツM) 試乗体験インプレ

PAP_0535_convert_20081221153533.jpg
ラレーのTRMに試乗した感想なんですけど、とにかく「楽」でした。
何がどう楽? と言われるとなんなんですけど、普通スポーツバイク
はなんだかんだで、神経使うじゃないですか?
ラレーTRMは、乗り降りから走行にいたるまでママチャリモードで
お気楽過ぎる上に、ペダリングが楽で楽で笑いたくなります。

(走行性能)
低速の場合(おそらく時速20km辺り)極めて安定して走行出来ます。
やっぱり、加速性はそんなに高くはないです。
一応中、高速で何度か走行してみましたが、あんまり向いていない感じ。
(多分時速26km~35km付近)
しなやかクロモリフレームが、マッタリ感を演出してくれるので変にスピード
を上がるのが申し訳ない気分になります。
(男性なら違う感想持つかも(*^_^*))

一番驚いたのが、シフトチェンジがかなりサクサク決まりました。
セッティングが良かったのか、かなりいい気分になります。

一番感動した点は、ペダルが軽くて脚に負担がなかった点です。
ついでに、サドルも幅広まったりで及第点。
かなりスムーズな走行が楽しめますので、結構長時間乗っても
楽しめるのでは?
乗った場合の「軽さ」、ペダリングの「軽さ」、変速の「軽さ」は
乗り心地の「軽さ」はママチャリとは別次元です(*^_^*)

(弱点)
スポーツバイクではないです。トレントスポーツという名前ですけど。
あんまりスピード性、スポーツ性を求めるよりも、日常生活で普通に
使う目的だとしたら最高だと思います。


(ビジュアル)
かなり、美しいです。ちょっとした高級自転車なオーラーが出ています
ので、結構使い込んでもいい味が出てくるのではないでしょうか?
何気に英国しているミキストフレームの質の高さはちょっとしたものです。
2012モデルRALEIGN(ラレー)TM7(トレントスポーツミキスト700)クロスバイク

2008年12月21日 トラックバック(0) コメント(0)

2009 BIANCHI 928 Carbon MONO-Q 105 レパルトコルセ製造


イタリアレパルトコルセにおいて生産されたビアンキモデルが
20万クラスというとてもリーズナブルかつ高性能なレーシング
バイクです。
(一部でかなり評判がいいです)

ビアンキでも評価が高いブラックなMONO-Qフレーム(1.08kg)
にシマノ105ブラックモデルを組み合わせているのでやたら黒い
精悍さが際立っています。
C2Cフレーム(1.28kg)と比べてもの重量が1.28kgなので軽量
かつレーシーな仕上がり。

コンポよりもフレームの質を重視する上級者の方には評判が
高いです。



フレームはコスト重視のモノコック製法で1.8kg。ビアンキの
レースバイク製造部門レパルトコルセが管理して生産しています。
プロチームのバイクもここで生産していますので、こだわる方
にはたまらないかと。(特にメイドインイタリーにこだわる方)

あくまでレース用を想定しているのでコンパクトクランクは採用
していません。53/39T・カセットに12-25T

フォークもフルカーボンB4P。イタリアンなストレートフォーク。
上位モデルT-CUBEと同じフォークを採用しています。


もう何もかもがブラックですね(*^_^*)
チェレステカラーも選択できるます。

特に黒いカーボンフレームに105ブラックのビジュアルが
結構男性にはたまらないかと。
リアブレーキ周辺にはモノステーを採用。


MAVIC KSYRIUM EQUIPEコンプリートホイール仕様

サドルはおなじみのFizikPAVE CX SPORT 。
シートポストはSP968 カーボン。
こちらの機種の詳しい説明はこちら2009 Bianchi ROAD BIKE 928 Carbon Mono Q 105 コンパクト ...

2008年12月20日 トラックバック(0) コメント(2)

2009 CANNONDALE SIX CARBON 3(2009 キャノンデール シックスカーボン 3) シマノアルテグラSL搭載



キャノンデール シックスカーボン 3は価格的にコンフォートや
ロングライド向けではなくて、純粋にレーシングタイプです。
シマノ アルテグラSLをメインコンポに採用。
(フレームの特徴)
ちょっと画像から分かりずらいかもしれませんが、トップチューブ
とダウンチューブの接触面積大きくとる事でカーボンフレームの
強度を上げています。

またシートステー部分も15mmカーボン製の、細い、細いアワー
グラス型という伝統的な形状をしています。
相当、路面からの衝撃吸収性に力を注いでいるとか。
上位モデルと比べてみると300g程度重量があります。

(乗り味)
レースバイクなのにマイルドな乗り心地。BB30という大口径BBを
採用しているので踏み出しが軽く、強いペダリングが必要な坂道
にとても有利なロードバイクになっています。

個人的なキャノンデールの特徴として、見た目はなんだかやたら
重そうな感じがしますが、乗ってみるとそのペダルの軽さと、スムーズ
さに感動します。
ただ値段も感動。それが痛いといえば痛いです。
でも、年配の方は乗る前からキャノンデールというと、もうそれだけで
性能を期待を込めて信用しているみたいですね。
PAP_0534_convert_20081219151644.jpg
最近忙しすぎるのですが、上手く時間を見つけて
さつまいもをパイにして焼いてみました。
【送料無料】当店販売価格¥119800より20%OFF(1月31日まで)【中古】CANNONDALE (キャノンデー...

2008年12月19日 トラックバック(0) コメント(4)

2009モデル Raleigh ラレー RSC RSW Carlton 試乗体験インプレ

PAP_0420_convert_20081218142525.jpg

Carltonの試乗体験なんですけど、かなり大人気だったので
あまり撮影する時間がありませんでした(>_<)
試乗が終わると、すぐに次の方がコースに行ってしまいました。
とても、いいミニベロでかなり好感度大になりました。

(試乗した感想)
思ったより、レースロードバイク系の性能に近いと思いました。
見た目はクロモリフレームで英国風のまったりイメージですけど。

特に直進安定性が際立って高く、スピードに一度乗るとどこまでも
進んでいきそうです。
コーナーリング性能もかなり優秀。
特に中速から高速にかけて速度が上がれば上がるほど、安定して
くるという怖いミニベロです。
(前評判で、ロードバイクに近いとは聞いていましたが、かなり納得)

Wレバーの変速も、しっかりしていますがかなり鋭い変速感です。
普通ミニベロは高速でカーブする場合、不安定な場合が多いのですが
その弱点を克服している感じ。
乗り心地ですが、スピードを出せば出すほど楽な乗り心地になります。


(弱点)
これは、弱点というかミニベロにはめずらしいポイントなんですけど
加速性があまりありません。
(ホイール径のせいか、クロモリのしなりのせいか不明。あくまで体感
的な感想)
不思議な事に、速度を上げれば上げる程、極めて安定する不思議な
ミニベロ。路面からの振動もあまり感じません。


あ、もちろんまったり乗れるのでそれはそれでいいとは思います。
あと、やっぱり見た目がかなりいいですね(*^_^*)
特に高級車の様な光沢がちょっと良かったです。
このカラーリングは他社のミニベロにはない魅力かも。

あまり時間をかけて試乗できませんでしたがロングライドや
スピードを楽しみたい方系なミニベロです。
20万円以上クラスのミニベロに近い性能。
(高速巡航時の安定感はむしろ圧倒しているかも)
送料無料 ミニベロ 小径車 自転車 ツーリング入荷しました!【Raleigh□ラレー】2012 RSR RSW R...

2008年12月18日 トラックバック(0) コメント(5)

2009 TREK 1.5 アルファアルミ 完成車


ツールの常勝ブランドTREKのフルアルミモデルです。
価格は十万円程ですが、レーシングブランド故の妥協
を許さない走行性能があります。

特にTREK1.5は巡航性能や登り性能に強いのが特徴。
特に2009モデルは走行性能が軽く、他社の同価格のロ
ードを圧倒する力を見せています。
どちらかと言うと、パワーライダーやフィットネスなどをスポーティ
に方にうってつけ。スピードにすぐ乗るし。

フレームの質がいいので、パワーが逃げない乗り味です。
6000番系のアルミを採用しているアルファブラックというチューブ
をメインに採用。チューブの形状はハイドロフォーミング成型されて
います。
これからロードを始めたい方にも、信頼できるバイク。
で、ユーザーの事を真剣に考えて作られています。

長距離通勤や、坂道が多い環境の方には丁度いいかも。
10万クラスで購入出来る本気タイプ。



通常アルミフレームのモデルは他社の場合コストカット
してくる場合が多いですが、トレックの場合かなり真剣に
フレームを組んで上級モデルに近い完成度を誇ります。

2009モデルはそれまで弱点であった、加速性や快適性
をかなり向上させてきました。
フレーム自体の性能が上がってきているのが理由だそう
です。
デザインもそれ程上級モデルと差がありませんし。

コンポーネントには、シマノソラがメインです。
カーボンフォーク&シートポストもきちんと採用。


見ていただけるとわかりますが、ヘッド周りの剛性が
高いのでコーナーリングや直進安定性に一役買って
います。
フレームに多少重量がありますが、走行時の軽快さ、
安定感は高品質なフレームにこだわるトレックならでは。
【送料無料】当店販売価格¥248000より大幅値下げ(1月31日まで)【中古】TREK(トレック) 5200 完...

2008年12月17日 トラックバック(0) コメント(4)

2009 GIOS FELLEO(2009 ジオス フェレオ)




GIOSのロードバイクは派手さこそはないですけど
堅実な造りに定評があります。

細身のクロモリフレームのフェレオは丈夫さ+快適
さを追求したGIOSの信頼性の高さを体現したモデル
です。フロントフォークとクロモリフレーム。



他のロードと比べ快適性の高さに特徴があります。
フェレオに乗ると瞬時にしなやかなしなりを体で感じる
事が出来ます。快適性に重点を置いている事がすぐに
分かると思いますよ。
割と乗り手に優しいモデルです。

タイヤのグリップ感が、体全身で感じる事が出来るので、
走行中快適性をライダーにもたらしてくれます。

逆にマイナス点は、パワーライダーがスピードを上げようと
しても加速性能がアルミフレームやカーボンよりも劣る
という点です。クロモリフレームのしなりと重量感が原因
なんですけどね。


ですからクロモリフレームにはクロモリフレームなりの楽しみ
方があって、レースなどではなく1日中のんびりロングライドや
ツーリングで乗るといった楽しみ方が向いています。
コンパクトクランクの48/34Tなので、快適フレームとの相性
はいいはず。別に頑張ってスピード出さなくてもいいのでは?
と主張しているかの様です。

パーツ構成もしっかりしており、価格とのバランスが
優秀。コンポーネントにシマノ 105を使用の20SPEED。
画像を見ていただくと分かりますがクロモリフレームなので、
エンド部分やヘッドはとてもシンプルでスマート。
クラシカルなGISOブルーが楽しめます。
疲労感を軽減してくれそうな、マイルドさを楽しんで
ください。
そういえば最近アンカー乗りなどのおじ様方が、イタリアンバイク
に乗り換えるというパターンがかなり多いそうですね。
うーーん。
やっぱりデザインに惹かれて? なのでしょうか??
GIOS ジオス 2012 自転車 セール ロードバイクGIOS(ジオス) 2012 FELLEO 105 フェレオ 105【...

2008年12月16日 トラックバック(0) コメント(2)

2009 FELT AR4 空気抵抗20パーセントカットのエアロダイナミクス




FELTの長所であるトライアスロン用バイクの技術を
ロードレーサーに投入しツール・ド・フランスで実戦投入されたARシリーズ。
なんだか方々でかなりこのエアロフォルムなカーボンフレームが話題に
なっています。(とある店舗の店長はウットリしています)

かといって、シマノの最高峰パーツ「デュラエース 7900」最上級モデルのAR
チームイシューはさすがに手は出ませんが、カーボンの質やパーツ
のグレードをリーズナブルにしたAR 4なら趣味で乗るには調度いい価格帯
です。重量がARチームイシュー6.9kgからAR4は7.69kgに増えますが(>_<)



東レの3種類のカーボンファイバーを組み合わせたカーボン素材は空気
抵抗を徹底的に考え抜かれた硬くて薄いモノコックフレームが特徴。

A高性能と品質を維持しながら、空気抵抗の減少に力を入れています。
ヘッドチューブやシートチューブが翼断面形状となっており、通常のロードバ
イクと比べて20%もの空気抵抗を減らしているとか。
FELTのF1シリーズのと比較しても、1時間の乗車で一分の短縮に成功
させていました。要するに前面からの、投影面積を徹底的に減少
させているのが全体から見て分かります。



細かく空気抵抗についての工夫を書くと、例えばシートチューブは
リアホイールを覆う様な形状のおかげで、シートチューブとリアホ
イールの空間がないので空気の渦が発生しません。

また、前後変速ワイヤー、リアブレーキワイヤーまでも!フレームに
内蔵されています。フロントディレーラーワイヤーも内蔵でダウンチ
ューブ下部より出ておりほとんど空気にさらされない工夫があります。

ヘッドチューブの設計も、やはり空気抵抗を軽減させる事を中心に考えて
いて短めなので、ロードレースに向けの低いハンドルポジションになります。

メインコンポーネントはSHIMANO ULTEGRA 。

……とまあ空力性能を極限まで追求した飛行機みたいなロードバイクで
すけど、こんな感じでとある方から「FELTはいいよ、FELTは」と念仏の様
に毎週聞かされています(>_<)
FELT フェルト 2012 自転車 セール 送料無料 ロードバイク レース【FELT□フェルト】2012 AR 4...

2008年12月15日 トラックバック(0) コメント(2)

2009 OX-01 ROAD (SHIMANO 105仕様) OXエンジニアリング



OX-01 ROADに試乗しましたが、かなり面白かったです。
その前にKHS P-20RACやDAHONのスピードプロなどにも
試乗していたので、OX-01 ROADが最後になりました。

最初見たとき、モノコックフレームを見て少し怖くなりました(>_<)
ミニベロには乗りなれているはずなんですけど。
でも、持ってみると意外に軽いです。(重量は11kg)
しっかりカーボンフォークがついています。

PAP_0377_convert_20081214095515.jpg
早速試乗してみると、かなり乗りやすいです。「あれ?」
と思っていると勝手に前に進んでいきます。
もっと、自己主張が激しいミニベロかと思ったのですが
軽くて、扱い易いです。

走行性能は、とても素直で「軽い」「出しゃばらない」
「ペダリングが楽」という印象。
驚いたのが、高速でも、中速でも、低速でもまるでふらつかず
絶妙のバランス感があります。
ちょっと他社のミニべロとは違う乗り味です。素直、素直。
しかも柔らかい乗り味で体がとにかく楽です。

カーブやコーナーリング共に、これまたすいすい曲がってくれます。
ある程度ミニベロの弱点は克服している印象。
なんと言いますか、あらゆる乗り手(上級者、初心者、男性、女性
パワーライダー)に対応した性能があるのではないでしょうか?

スピードを上げてみるとロードに近い安定間があります。
途中でなんだかミニベロという気がしなくなってきました。

PAP_0529_convert_20081214095648.jpg
体感的に時速25km~32km辺りで巡航するのが、一番
向いているという印象。でも、脚力のあるパワーライダーが
OX-1に乗ったらそれなりの走行性能を引き出してくれるような
気がします。

ブレーキもスピードを適度にコントロールできて良好。

(気に入らなかった所?)
使い勝手、スピード感、乗り心地、全て死角がないオールラウンド
な性能なのですが、逆に言うと高速巡航性はDAHONスピードプロ、
乗り味の上品さ快適さはKHS P-20RACに劣ると感じました。

でも、もし老若男女に薦める? としたらOX-1だと思います。
ご主人さまに徹底的にご奉仕する従順な、メイドみたいな印象。

(まるで参考にならないレビューですいません)
PAP_0528_convert_20081214095626.jpg
エア式リアサスペンションは、路面からの細かい振動をカバー
してくれるという印象。適度に固めサスなので、ペダルを踏み込んで
も力が逃げません。
でも段差には弱いかも。

PAP_0527_convert_20081214095545.jpg
ロード用コンポSHIMANO 105仕様20SPEEDです。
今回試乗したのはSHIMANO 105仕様ですが、
SHIMANO ULTEGRA SL仕様とSHIMANO DURA-ACE
仕様もあります。

PAP_0380_convert_20081214095451.jpg
あとカラーリングについてですけど、スイートピンク、ローズレッド
キャンディグリーン、スカイブルー、ブラック、ホワイトなどの選択
が出来ます。
RIDE ON!

2008年12月14日 トラックバック(0) コメント(2)

2009 BRUNO MINIVELO16" ROAD(ブルーノ ミニベロ16”ロード)

PAP_0350_convert_20081213131412.jpg
16インチと小さいタイヤながら、今年全国で奪い合いになった
ブルーノ ミニベロ16”ロードです。
2009モデルの実物を見ながらスタッフさんに説明を聞いてみた所、
あまり仕様は2008モデルと変わらない様です。

フレームもレイノルズ520クロモリ仕様で軽くてしなりのある
けど堅牢そうでした。

一日中普通に街乗りしたり、ロングライドも可能な様に、
60Tと大きいサイズのクランクを採用。
一応女性でも可能な限り、足に不負荷がかからない様にスイス
のデザインチームが設計したのだとか。

フレームサイズも480mmと、小柄ですしトップチューブが
下がっているので乗車しやすくなっています。

塗装の色合いはさすがでした(展示車ですから、相当
気を使っていたとは思いますけど(*^_^*))

あと、試乗は駄目でしたけど一応許可をもらって持ち上げて
みたのですが、軽いですね。重量9.9kgな上にコンパクト
ですからなおさらそう感じたのかもしれません。

img55632617_convert_20081213131434.jpg
シングルレバーで変速する仕様です。
走行中変速する買場合、ハンドルから手を放さなければ
ならないですが、慣れると楽しいと思います。
八段変速、リアはSHIMANO RD2200
PAP_0356_convert_20081213131738.jpg
60T Original Alloy Crank Setと大きめのクランクを
採用。16インチでもしっかり走ります。
でもやっぱりミニベロ16”ロードもスピード重視ではなくて
あくまで、一日のんびり走る様に設計したそうです。
img55632619_convert_20081213131522.jpg
img55632621_convert_20081213131559.jpg
16X1.25のタイヤです。
スイスのWEINMANN(ワイマン)社の6061 t6アロイポリッ
シュリムを採用。80年代プジョーのブレーキにもよく
使われていたメーカさんだけあってさすが(*^_^*)

PAP_0354_convert_20081213131658.jpg
シングルレバーがついているおかげで、街乗りの
とっさのブレーキングにも力を発揮します。

PAP_0355_convert_20081213131718.jpg
ブルーノオリジナルの柔らかクッションサドルです。
やっぱり日常生活で使う事に重点を置いています。
でも雨の日は乗らない方がやっぱり賢明かも。
(錆とか怖いですし)

PAP_0353_convert_20081213131631.jpg
なんだか見ていて思ったのですが、車のトランクに
入るか入らないかぎりぎりのサイズの様な気がします。
もしトランクに入らない時は、後部座席に入れれば
車でも持ち運び可能だと思います。

見た目は工芸品みたいですが、きちんと工業生産品
なミニベロなので一定の品質は確保していると感じました。
2012モデルMINIVELO20 ROAD(ミニベロ20ロード)カラー:ターコイズグレーBRUNO(ブルーノ)

2008年12月13日 トラックバック(0) コメント(4)

2009 BD-1 9Speed riese und muller(BD-1 9スピード リーズアンドミューラー)


足回りにこだわったBD-1 9Speedです。
例えばホイールなどを見ても流線形にして空気抵抗を減らした
エアロリムを採用して強化。タイヤもコンチネンタル18×1.50
です。

BD-1の中でもスポーティなハイエンドモデルでして、サドル
も細身で、グリップの両端には接触等でのグリップの破れ
を防止するアルミのガードキャップが特別に取り付けてあり
ます。
ハンドルの角度がサドルより遠くなってますのでより前かがみ
になり、よりスポーティなポジションになります。
そういう意味ではBD-1 Compactよりも、空気抵抗が低く
なる様に計算されているもの特徴。

BD-1 9Speedの2009モデルからハンドルの上下位置の調整
が可能なアジャスタブルステムがついていますし、サドル上
げ下げ時にも最適なサドル高さが一目でわかる目盛りがつい
ている安心設計になっています。

PAP_0378_convert_20081109142902.jpg
特に他のスピードミニベロと比べて走行性能が凄い! 
という訳ではないですけど、重量の軽さ、折りたたみの
容易さ、乗り手を選ばない走行の安定感は2009モデ
ルも高い印象。

他社のスピードミニベロの走行性の高さはBD-1を圧倒したり
する場合がありますが、折りたたみ時めんどくさかったり、
重かったりといった弱点があると思います。

持ち運びや輪行出来る容易さとコンパクト性の高さは、BD-1
はやっぱり凄いと感じてしまいます。
(どうしても走行性能が最高のミニベロは、かさばってしまいます
ので(>_<) 後々結構気になるんです)

多分BD-1は、設計段階でコンパクト性と走行性、軽量性を両立
させる為に相当力を入れているはず。
PAP_0384_convert_20081109143209.jpg
カラーリングについてですが、ホワイトも捨てがたいですが
マーキュリーグレーの輝きは美しかったです。
【フォールディングバイク】BD-1 (ビーディーワン) 2012年モデル SPEED (スピード) 9Speed ...

2008年12月12日 トラックバック(0) コメント(2)

2009 TREK 2.3 アルファアルミ 完成車 TCTカーボンバック+シマノ105


限られた予算の中、初めてロードバイクを購入される方で
性能を追求したい場合はTREK 2.3がお勧めです。


堅牢なAlphaアルミと振動吸収に優れるTCTカーボンバックの
ミックスフレームもいいですし 、SHIMANO ULTEGRA 105
なのでコンポリア10速仕様と豪華です。
(コンパクトクランクで初心者の人でも使いやすくなっていますし)

先日も書きましたが、他社のロードバイクは平地を走る際
「すーーーーーー」っと軽く前に進む感覚ですがトレックの
場合踏み込んだ場合「グン、グン」積極的に前に進んでくれます。


むしろ脚力がない方に、バイクがフォローしてくれるモデルかと。
速度を20km/hまで落とせば、相当脚は楽になります。


フレームがアルミ素材なので、マドンなどに比べると重い
かもしれませんが。結構長く付き合えるはず。
ロングライドの場合乗り慣れるまで、もしかしたら少し苦労するかもし
れません。
もし、乗り味に納得できなくなったらマドンなどの上級モデルに乗り換えれば
いいでしょう。


シフターはシマノ 105。初めの内はドロップハンドルが低く
遠く感じます。上級者になるほど、ハンドル位置をステムで
調節てサドルから遠く低く設定。


Shimano 105 50/34T コンパクトクランク。
コンポはシマノのミドルグレードなので、基本的な性能
は上位グレードと変わらず、外れはないです。


TCTカーボンバック、カーボンフォークも搭載。
カーボンバックの衝撃吸収性が光ります。


サドルはボントレガーRace Basic。
サドルの位置は、軽く膝が曲がる位の位置にしてください。
初めの内は、サドルが高いのに戸惑うかもしれませんが
その内に、慣れてくるとその方がペダリングと体の上半身
が安定するのが体感できます。



かなりどうでもいい話ですけど、最近ようやくトレックの
良さが分かるようになりました。

試乗する前までは、なんでか嫌いだったんですけど(>_<)
世の中乗ってみないと分からないものですね。
これであたしも大人の仲間入りです。
【送料無料】当店販売価格¥239800より20%OFF(1月31日まで)【中古】TREK (トレック) Madone 5....

2008年12月12日 トラックバック(0) コメント(0)

BD-1 1/6スケールモデル フォールディング機能



これがあの噂のBD-1 1/6スケールモデルです。

しかも降りたたみ機構付き。正確に再現しているそうです。
BD-1を購入前に、折りたたみの練習にいいかも……
と勝手に思っていたのですが、まさかこのブログで紹介
するとは思いませんでした\(゜ロ\)(/ロ゜)/

折り畳み部分にはマグネットを使用。
、細部の再現に注意しつつも、破損しにくい方法を採用しています。


ホイールスポークやギヤはフォトエッチングという技法で
製作された金属板を仕様。画像を見て分かるようにブレーキ
ワイヤーまで再現。あはははは。


チェーンを弾性のあるゴム材質で再現することで、ペダルを回
すとタイヤも回転します。
なんでそこまでするんでしょう?
やけくそですか?
そういえば、展示品を見て思ったのですが、結構大きいですよ。


実車塗装サンプルを入手し、忠実に色を再現しています。
実車のカートン箱のイメージを化粧箱にしていますので、開梱
や保存時も雰囲気を楽しめます。
ブロンプトン販売強く希望。
フォールディング機能が嬉しい様な(*^_^*)

なんでも本物のBD-1を分解して、作り上げたそうです。

でも、実物を見た感想から言わせていただくと、やっぱり
プラスチックなフィギュアな気がします。

ペダルを漕げば走るかもしれませんよ。
【人気のフィギュア】riese und muller ライズアンドミューラー BD-1 1/6 SCALE MODEL BD-1 1/6...

2008年12月11日 トラックバック(0) コメント(4)

2009 TREK 2.1 TCTカーボンバック搭載 


すいません、このTREK 2.1のブルーカラーリングに少し心を
惹かれてしまいました(>_<)
爽やかで綺麗なグラデーションです。実にトレックらしい色使い
で、もしレース中にこんなバイクに乗った方が襲って来たら恐怖
そのものです。(そういえばトレック乗りの方は自分に厳しい方
が多い様な)

カラーネーミングは、「ホワイト/アップルシードブルーフェード」
という覚えたら花束でも貰えそうな長さです。

トレックさんのバイクといったら、ツールでの経験を
そのまま開発に活かす技術力だけは凄い会社。
フレームはスローピングジオメトリーというトップチューブが後部に
傾斜しているフレーム。
ですので、重心が低く直進安定性が高いかと。

チームカラーをイメージした新色は青を基調とした
いかにもトレックな感じ。
トレックのロードと言えば漕ぎだしから軽く進み、グイグイ
加速していく恐ろしいバイクです。
元々、レースなどの戦闘用ロードなのにとても乗り心地も
良好。

結構安いモデルでも溶接はきちんとしていますし。

クランクセットはFSA Gossamer 50/34T。



フレームにカーボンシートステーを組み込んだアルミ上位モデル
です。トレックのロードの特徴の一つに凹凸の上を通っても振動を
結構吸収してくれます。フレームの質がヤバい位高いです。

メインコンポは価格を抑える為にシマノTIAGRA 9-Speed。
ホイールがボントレガー SSR。
他社の同価格のホイールに対して、圧倒的な品質の高さ。

注)この画像は「サイクルハウス GIRO」様から正式に使用許可
を頂いています。

見てみただけで、このバイクの実力は分かると思いますが何より
見て美しいのが一番かと思います。
丁寧な作りこみにも好感が持てます。
でも、トレックってクロスバイクの分野では結構デザインが悪くて
損している様な。(乗ってみると、性能の高さにみんなびっくりする
んですけどね。
CYCLE HOUSE GIRO

2008年12月11日 トラックバック(0) コメント(0)

2009 BROMPTON S3L(ブロンプトン S3L) 試乗体験インプレ


ブロンプトン S3Lを試乗した時は、結構最後の方の試乗
で結構足にきていたのですが結構楽に乗れました。
ちょっとブロンプトンのストレートハンドルに興味があった
のでS3Lをチョイス。
(ちなみにS3Lは、ストレートハンドル、3段変速、リアキャリア
とダイナモライトがないお気楽タイプです)

PAP_0385_convert_20081210151120.jpg
(走行性能?)
体がちょっと試乗しすぎて、お疲れ気味でしたが「楽」と
いう印象。
もう、スピードモデルでおなか一杯だったのですが、すいすい
前に進んでくれます。
しかも、確実な直進安定性がしっかり体をサポート。

「もしかして、体が痛んでいる時に最高の自転車?」

と思ってしまいました。
あと、S3Lに関して加速性やスピードは確かめませんでした。
めんどくさくなっていたので。
ちなみに、低速でのコーナーリングは特に問題なしです。
スタンダードのハンドルよりも、ストレートハンドルの高さ
や、やや前かがみなのがよかったのかもしれません。
(フラットバーに慣れているのも理由の内かも)

あと、リアキャリアがついていないモデルの方がなんとなく
シンプル。思ったよりシンプルなデザインに好感(^.^)

09_brptn_012378_01_convert_20081210151040.jpg
(この画像はお借りした画像です)
そういえば、フレームは降りたたみなのに、かなり堅牢
に作りこまれていました。

あと、サドルがかなりいいですね。
持ってみると分かりますが、かなり軽量です。
(他のスポーツバイクのサドルの重量よりはるかに軽いです)


09_brptn_012378_02_convert_20081210151059.jpg
(あんまり参考にならない感想)
結構疲労がたまった状態で、これだけ乗り味が良かった
というのは凄い事だと思います。
多分体感的に、相当長距離を走っても問題ないはず。
(多分10km程なら、普段自転車に乗っていない方でも
走れるはずです)
あと、そうそうブルーカラーリングがかなりお勧め。
かなり英国色が強いです(*^_^*)
★自転車セール!★【クーポンで5%OFF】【送料無料】【2009】BROMPTON【ブロンプトン】(S3L) 16...

2008年12月10日 トラックバック(0) コメント(2)

2009 BIANCHI PISTA FLAT BAR(ビアンキ ピスタフラットバー)




2009 BIANCHI PISTA FLAT BAR(ビアンキ ピスタフラットバー)

BIANCHI のシングルスピードバイクです。
先日青山通りを歩いていたら、なぜか同世代の子が乗っていたので
紹介です。
やっぱり、都会に似合うバイクという印象。
もちろんシングルフリーで変速できないので、シフターなんかついて
いません。
自分の足が勝負です。メンテナンスも、かなり楽。

2009モデルのピスタもシングルスピードフリーですけど、リアホイール
をひっくり返して取り付けると、固定ギアになります。


(固定ギアの説明)
クランクとリアホイールが、直結している状態なのでペダルをストップ
させると、リアホイールもSTOPします。トラック競技用に近いと思ってくれれば
いいかも。(フラットバーですけど)

でも通常のシングルスピードの場合は簡単に言うとママチャリモード
ですのでペダルの動きをSTOPさせても、リアホイールはそのまま
動きます。
よほどの事がない限り、公道ではフリーホイールにしてください。
(でもプライベートコースをピストモードで楽しむ環境の方には、もってこい)

もちろん、ブレーキも取り付けてあります。本来のピストモデルには
ありませんけど。
ピストモデルを街乗りや、デザインを楽しんでのるなら、シングルフリー
で乗ってくださいね(*^_^*)





フレームはDB クロモリ 700C。
ダイレクトにクロモリフレームが楽しめます。
カラーリングはピンクもいいですけど原宿で見たイエロー
カラーも捨てがたいです。




道交法の関係から、ブレーキは必ず付きます。






ブレーキワイヤーの受け部分が、溶接されていません。
ブレーキを取り外して固定でピストで楽しむ場合の配慮だ
と思います。

自家用プライベートロードで、優雅にピストを楽しむ方
はブレーキを取っ払ってピストモードで遊ぶのもいいのでは
ないでしょうか。(そんな凄い人が案外いたりするんですよ)







タイヤはKENDA 700×23Cです。
本当にファッション感覚というか、カジュアルに乗られている方が
増えましたね。



サドルはSAN MARCO PONZA
硬いと言えば硬いらしいですけど、クッションはきっちり
入って圧縮されています。
完成車にのみ採用されている軽量サドル。
詳しい情報はこちらから

2008年12月09日 トラックバック(0) コメント(2)

2009モデル DAHON ダホン HammerHead 8.0 ハンマーヘッド8.0 試乗体験インプレ


2009モデルDAHONハンマーヘッドを試乗しました。

スピードミニベロは大好きなんですけど、乗る前は実は結構緊張
しました。
「扱い切れるかな?」と、少し不安。

とりあえず、ハンドルを持って歩いてみると、車体の異様な軽さ
にびっくりです。
8.5kgというから、納得。

PAP_0361_convert_20081109142044.jpg
PAP_0376_convert_20081109213217.jpg
(乗り心地)
かなりビクビクしながら、乗ってみましたが意外な違和感が。

楽です。とにかく体が楽。

ハンドルはふらつく訳でもなく、すいすい前に進んでいきます。
よく言われる、背中を誰かに押してもらっているような感覚。
ブルホーンバーとフレームのバランスがかなり絶妙です。
(その点では、KHS以上の出来かと)
普通スピード系のミニベロは、割と姿勢がきついモデルもあるの
ですが、リラックスして乗れてます。体感的に。

で、乗りなれるのに早速ギアを重くして、加速してみました。
変速も軽やかに決まります。

(スピード、加速力)
車体が安定した状態で、スピードが一気に乗ります。
ペダルを踏み込めば踏み込む程、とてつもない加速
が加わるのが楽しいかと。
(20インチホイールとは思えない加速力です)
特にカーブでも、ある程度スピードが乗った状態でも
ハンドルは安定していました。


PAP_0519_convert_20081209120910.jpg
ハンドルバーはKinetix Pro TTのブルホーンです。
走行時ハンドルを見てみるとこんな感じでした。
細いタイヤなのに、ここまで安定しているのも凄すぎ
です。

これでフレームが分割できるなんて信じられません。

PAP_0518_convert_20081209120846.jpg
クランクはFSA FORGED ALLOY 55/44Tを使用。

リアにSHIMANOULTEGRAを使用した18SPEED。

体感的に感じましたが多分、普通にレースに出ても
問題ない性能です。

(弱点)
見た目が怖いです。男性的にはカッコイイかもしれません
けど。走行性能では、多分スピード系ミニベロの中でもトップ
クラス。五本の指に入れてもいいです。
厳しく走行性能をインプレしようと思ったのですが、欠点
らしい欠点が見当たりません。
カラーリングでもう少し華やかな感じにして欲しいかも。

【送料無料!防犯登録無料!傷害保険無料!】【2008年モデル】DAHON(ダホン) HammerHead 8.0(...

2008年12月09日 トラックバック(0) コメント(0)

2009 BIANCHI OPALE(ビアンキ オパール) 試乗はしていないですけどインプレ

PAP_0423_convert_20081110092900.jpg
今年より、正式モデルとして、日本に輸入されるビアンキ オパール
です。
サイクルヨーロッパのスタッフさんに聞いたのですが以前から、イタリア
生産モデルを日本のサイクルショップさんが独自に輸入販売していた
モデルと同じだそうです。

更に詳しく伺うと、なんでもイタリア生産モデルで間違いないそうで、
間違いなくメイドインイタリー。
1948年のイタリア映画「自転車泥棒」に登場した自転車の末裔とも言
えるモデルですが、完全に当時のオリジナルというわけでなく、細部は
いくらか変更されているのではないだろうか……というお話でした。

で、どうも未だイタリアの自転車職人さんが手作業(ハンドメイド)で
オパールを制作しているのだとか。
フレームはスチールです。

(ただ、生産国が気になる方は販売店に確認したほうがいいとは
思います)

画像が悪いので、あまり高級感はありませんがこのブラックカラー
の深みはただ事ではありません。



PAP_0506_convert_20081208141000.jpg
グリップはなんとマーブルカラーはまるで、大理石みたいでした。
ハンドルからして、高級感があります。

PAP_0505_convert_20081208140942.jpg
砲弾ライトを取り付けてある台座が、セクシーです。
(あ、そういえばライトのメーカー聞くの忘れてしまいました)
なんとフロントだけのライトではなく……

PAP_0502_convert_20081208140841.jpg
リア部分にも、ライトが光るように設計されています。
これは、1948年当時の設計なでしょうか?
気になるところです。

PAP_0504_convert_20081208140922.jpg
電源はダイナモを取り付けてあります。うう、全然高級感
が画像から伝わりません。
タイヤはさりげなくシュワルべ。

PAP_0510_convert_20081208141123.jpg
PAP_0501_convert_20081208140823.jpg
溶接は綺麗に丁寧に処理されていました。
細かなパーツ部分に職人芸を見ている様です。

PAP_0507_convert_20081208141020.jpg
サドルはもちろんブルックスです。似合いすぎ。


PAP_0509_convert_20081208141104.jpg
付属品なども、いくつかつくはずなのでその辺はメーカー
さんに問い合わせてみてみた方がいいと思います。

長期間使用しても、ビクともしないように作りこんで
あるとか。
なんとなく高貴かつツンデレなお姉様という印象(*^_^*)
ビアンキ Bianchi クロスバイク 自転車【ワイヤロックプレゼント】【残りわずか】【送料無料】 ...

2008年12月08日 トラックバック(0) コメント(2)

2009 BD-1 Compact riese und muller リーズアンドミューラー



2009 BD-1 Compactの特徴として、BD-1 8Speed、BD-1 9Speed
よりも、乗りやすいモデル。

まずハンドル位置が他のモデルより内側になっていますので、より
ママチャリポジションに近いお気楽さがあります。
そのせいで、視野が結構広く感じます。
(そのせいでハンドルと、シートの距離が近くなっています)

あと、BD-1 Compactはサドルの幅が、大きめにとってあるので
のんびり乗るのにいいかと。
Compactという意味は、サドル幅とハンドルの角度がゆったり目
にとってある事から来たネーミングだそうです。


また2009モデルより重要なのが、ハンドルの高さを体格、使用目的
に合わせて変えられる事です。アジャスタブルステム標準装備。
あとサドルの高さを教えてくれる目盛りがしっかりついています。

(2009モデル BD-1乗り心地)
2009モデルは少し乗り味が硬くなって心地いいという印象。フロントの
コイルスプリングの設定か何かが変わったのかも。リヤのエラストマー
もしっかりついています。
あと、シフトレバーが少し変更になった様です。
相変わらず、安定感は今までと変わりません。

アルミ製ペダルにタイヤはbirdy18×1.50。
8段変速になっています。クランクは54Tと軽め。
多少の変更はあっても、フレーム形状の変更はないので
安心できると思います。


PAP_0335_convert_20081109090517.jpg
PAP_0499_convert_20081208120523.jpg
PAP_0500_convert_20081208120541.jpg
なぜか2008モデルの試乗もしちゃいました。
2009モデルと比べてそう、劇的変化は感じませんでした。

それよりも、このカラーリングに注目。
ルビーみたいな高級感があってかなりいいです。
エントリーでプラチナ3倍・ゴールド2倍パーツ1万円以上で送料無料【在庫処分価格】2010 BD-1 Co...

2008年12月08日 トラックバック(0) コメント(0)

2009 BROMPTON M3R(ブロンプトン M3R) 試乗体験インプレ&動画


とりあえず、2009モデルのブロンプトン試乗レビュー。
スタンダードタイプのハンドルのブロンプトンと、フラットバー
タイプのブロンプトンを試乗しました。

しかも、その前にクロスバイクや、DAHONの世界最速モデル
KHSのP-20RAC、ロードバイクなど結構スポーツミニベロモデルを
乗った後なので、ブロンプトン乗ってがっかりするかも……
ということはまるでなかったです。

相変わらず、乗りやすいというかまったりできました(*^_^*)
コツは念入りにサドルの位置を、体にあったポジションを
出してあげると、ブロンプトンは最高の性能を発揮します。

まったり走っているつもりが、横をぼーっとみてみると普通
にロードレーサーが走っていたので、ああ、やっぱりブロンプトン
はまったり速いと実感、実感。(しかも意識していないですし)

なんだか、その時結構試乗しすぎてすこしお疲れ気味でしたけど
まるで、体に負担がきません。
やっぱり、ブロンプトンはまったりが最高かもーっと思いながら
気がついたら何周も試乗コースを走っていましたよ。
スタンダードハンドルは、やっぱりまったりしますよね。


駐車時のポジションです。ブロンプトンは後方の車輪を畳むと
きちんと自立してくれます。
スタンドいらず。M3RのRはライトの意味でして、ダイナモ式
発電ライトがついています。


(でもやっぱり気になった事)
多少ハンドルがふらつくかも。カーブもやっぱりいくらか気を使います。
シフトレバーの安っぽさは相変わらずで(軽量化の為に大変な努力
をしているのはよく分かります)
あ、でもサドルは相変わらずいいですね。疲れずらいし。
やっぱりまったりが一番。

PAP_0429_convert_20081207135345.jpg
一応折りたたみの実演を見ましたけど、相変わらずコンパクト
になるようにしっかり設計されている、という印象。
たまにブロンプトンのパーツを相当苦心して、設計されてい
るか再確認。

【小径自転車】【ミニベロ】2010 BROMPTON(ブロンプトン) M3R 折り畳み小径車【送料無料】201...

2008年12月07日 トラックバック(0) コメント(9)

2009 BH RACE ONE(ビーエイチ レースワン)



リーズナブルだけど、ハイスペックロードバイク紹介
も今日で一休みです。
ひたすらレースで勝利を求めるスペインのロードバイクメーカーBHです。
今年創立100周年の老舗メーカーですけど、昔からのプロチーム
にバイクを供給し続ける事にこだわったメーカーさんです。

BHのロードバイクの特徴として、相当空気抵抗を意識したフレーム
設計をしているのが特徴で、ワイヤーを内蔵処理が得意。

また、フレーム部分のフロントトライアングルを大きめにとることで、
高速巡航時、安定感があります。
「快適性なんていりません、ひたすら速く、速く走りたい」
という方の筋肉を満足させてくれるモデルです。
特に、コーナーリングでの安定性には評価が高いです。
脚力がある方にはしっかり答えてくれます。

またチェーンステーが短いのもBHの特徴で、よりレスポンス
を向上させることにもこだわっています。
BH RACE ONEはコンポがシマノ105、カーボンフォーク&
カーボンバック。

弱点として、フレームが硬め。またスタートダッシュに弱いの
であまり初心者向きではないかも。ロードバイクらしいロードバイク。


とても、高い性能を誇るバイクですが、リーズナブル
なのも特徴。安い価格帯程、お買い得モデルなものも嬉しいかと。
BH ビーエイチ 2012 自転車 ロードバイク クロモリBH(ビーエイチ) 2012 DESEO ロードバイク

2008年12月07日 トラックバック(0) コメント(0)