FUJI(フジ) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > FUJI(フジ)

2018 FUJI ROUBAIX1.3 今モデルの重量は8.4kg! TT系のカーボン素材や、TT専用パーツパーツブランドのノウハウをこっそり投入した最新鋭アルミモデル



imgrc0068330457.jpg
2018 FUJI ROUBAIX1.3 レッドブラック
( ;゚ω゚)2018年モデルのROUBAIX1.3は、ホイールがOvalになったのか。
パーツ面におけるエアロ性能とか、更に強化されていそうでなんだか怖いな。

元々ハンドルステム、サドルまで米国OVAL CONCEPTSをROUBAIXは積極採用していますが。
その傾向を更に強めてきています。

OVAL CONCEPTS……元々TT専用パーツが得意な米国パーツブランド。(エアロバーハンドルなど)
imgrc0068330437.jpg
フレーム単体重量1,080g台を実現(56cmサイズ、未塗装時)  
( ;゚ω゚)……2018年モデルは車体重量8.4kgをマークしています!
重量面だけ見ても廉価版フルカーボンロードに匹敵する軽さですが。
あの2017年モデルからモデルチェンジした、狂気のAL6066-T6ベース A6-SL ROUBAIXフレームを採用したアルミモデルですからね。

(カーボンモデルの走りを現実に「FUJI ROUBAIX1.3」は再現&コピー)
高速性やアルミフレームの特性を生かした、強力極まる加速性も新型ROUBAIX保有していますので。
とりあえず、走りの面において勝利を掴みたい方はFUJI ROUBAIX1.3に乗ればいいのでは?
最小のコストで、圧倒的な性能が手に入りますから。
このレッドブラックはカラーリングが強烈ですが、まだまだ走行性能の方がデザインにも勝ってしまっていますね。
(上級グレードのROUBAIX 1.3は日本限定パッケージで、特別に2カラーが追加された全3色ラインナップ)
imgrc0068330428.jpg
2018 FUJI ROUBAIX1.3 マットブラックレッド
( ;゚ω゚)……うーん、105仕様か。まだ足らない。
シマノ 新型アルテグラR8000系シリーズ位、ROUBAIXシリーズに用意してあげても良かったのでは……。

衝撃吸収性は普通だけど、スピードへの変換効率が非常に高度なバイクです。
高速に持っていっても、体力的な消耗がかなり抑えられるはず。
imgrc0068330427.jpg
imgrc0068330426.jpg
カスタム次第で7kg 切りも可能なハイスペックプラットフォーム。
ロングライドからクリテ、ヒルクライムまでこれ1 台でOKとは歌われていますが。
いざとなれば週末のホビーレースに実戦投入可能な実力を有しています。
とりあえず私が予算が15万程度で、レースに参加可能なバイクを探す事になったらFUJI ROUBAIX1.3を選択肢の一つとして上げると思う。
imgrc0068330410.jpg
2018 FUJI ROUBAIX1.3 マットブラックイエロー
imgrc0068330409.jpg
ハンドルバー Oval Concepts 310 Ergo, 6061 alloy, 31.8mm clamp, 133mm drop, 4°swee
ステム Oval Concepts 313, 3D-forged 6061 stem body, +/-7°

imgrc0068330407.jpg
シフター Shimano 105, STI, 11-speed
imgrc0068330408.jpg
ブレーキ Shimano 105
imgrc0068330406.jpg
フォーク FC-440 carbon w/ tapered carbon steerer & alloy dropout
TTバイクNORCOM STRAIGHTにも採用されている、超高剛性C10ハイモジュラスカーボン採用のフルカーボンフォーク。
同じくTT専用パーツを得意とする米国OVAL CONCEPTSのパーツも積極採用している。
FUJI ROUBAIX1.3にはTT系のカーボン素材や、TT専用パーツパーツブランドのノウハウが「こっそり投入されている」恐ろしい最新鋭アルミモデルなのだ。ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル 

(ちなみに2018 年モデルの全FUJI ROUBAIXシリーズは、フルカーボンフォーク路線)
imgrc0068330405.jpg
メインフレーム A6-SL custom-butted alloy, integrated 1 1/2" lower head tube
PF30 shell, double water bottle mounts

imgrc0068330404.jpg
imgrc0068330403.jpg
imgrc0068330402.jpg
フロントディレーラーShimano 105
リアディレーラー Shimano 105, 11-speed
クランク Oval Concepts 300, forged 6066 arms, Praxis rings, 52/36T
カセット Shimano 105, 11-28T, 11-speed

imgrc0068330401.jpg
サドルOval Concepts 438, steel rail
シートポスト Oval Concepts 300, 6061 alloy, 27.2mm diameter

imgrc0068330400hte.jpg
ホイールセット tOval Concepts 327, 700c 20/24H rims
タイヤ Vittoria Zaffiro Pro, 700 x 25c, 60tpi, folding

公式では、追求したのはスプリントにも耐える剛性と、長距離サイクリングをサポートする快適性の両立を歌われていますが。
快適性は標準ですが……確かに体力消費は少なくて済みそう。
スプリントや長距離サイクリングの際、性能面でのバックアップがROUBAIX1.3の場合強力だと思います。
【楽天ポイントアッププログラム開催中】【店頭お引渡しのみ】2018モデルFUJI(フジ)ROUBAIX1.3(ルーベ1.3)105搭載ロードバイク【送料プランC】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

2017年09月13日 トラックバック(0) コメント(0)

2018モデル FUJI TRACK PRO ( ;゚ω゚)……なんと2018年モデルから驚異の重量7.5kg!! ダウンチューブがエアロ形状化!




imgrc0068331573.jpg
2018モデル FUJI TRACK PRO
アルミエアロトラックレーサー FUJI TRACK PROが継続して、2018年モデルのラインナップに加わっていました……

……何故あえて、レッドブラックカラーを採用したんだろう……
なんか公式HPを拝見したらTRACK PROの重量が、とんでもないことになっていますよ?

( ;゚ω゚)……しかも今回の2018年TRACK PROモデルから
……重量7.5kg……

ダウンチューブがエアロ化したという話だけどその効果が重量面に出てきたと推測。
(´・ω・`)全体的にボリューム感があるフレームではあったけど、少しシャープになったのかな。
元々フォークとシートポストはカーボンだったけど。

確か2017年モデルのFUJI TRACK PROは、8.13kgだったよな……
一気に7kg台に突入か……

にしても、あまりにレッド系カラーが強烈なので、ロックバイクスモデルかと勘違いしてしまったではないですか?
20170228110235555hetcd.jpg
ROCKBIKES ROCKET
(´・ω・`)ホント、レッドのエアロアルミデザインはFUJIとロックバイクスが一歩先を行っている気がする。
ROCKBIKES ROCKETはリアダイレクトマウントブレーキ仕様だけど、FUJI TRACK PROはシートステーなど通常位置にリアブレーキパーツを配置。

FUJI TRACK PROトラック競技用に開発されたリアルピストバイクだから、方向性は全然違いますが。
TRACK PROがよりエアロ化した事で、重量面でもエアロ性能面でも面白い事になってきました。
imgrc0068331572.jpg
ハンドルバー Oval Concepts 310 Ergo, 6061 alloy, 31.8mm clamp, 133mm drop, 4° sweep
ブレーキレバー Aero Road lever

imgrc0068331571.jpg
FSA, 1 1/8” integrated
ブレーキセット Alloy dual pivot
imgrc0068331570.jpg
フォーク FC-770 Fuji straight-blade integrated carbon w/ 1 1/8” alloy steerer
FUJI TRACK PROの場合、フォーク部とシートステーがカーボン製。
imgrc0068331569.jpg
メインフレーム A6-SL super-butted 6066 aluminum w/ aero-shaped downtube, hydroformed top tube
( ;゚ω゚)丸形チューブの「FUJI TRACK ARCV」とは真逆の完全なるエアロフレーム。
FUJI TRACK ARCVにはシルバー系、ブラック系、ホワイト系カラーを採用。
FUJI TRACK PROはなんとレッドか。
フジトラックモデルに関して、カラーリング面でも住み分けが出来ているんですね。
imgrc0068331568.jpg
クランク TruVativ Omnium, 48T
変速 なし
カセット 通常固定15T

クランクには定番のOMNIUM。
固定ギアとなります。
公道では十分安全に注意して走行をしてください。
(ブレーキは前後搭載しています)

imgrc0068331567.jpg

( ;゚ω゚)……FUJI TRACK PROには、軽量フレームに高強度A6-SLアルミニウム(チタン配合のアルミ素材)を持ってきて肉厚を薄く仕上げている。
重量はわずか7.5kgで、超軽量・高剛性・高強度を持つフレーム。
201705151504129b0gverfeqw.jpg
2017 FUJI ROUBAIX 1.5
( ;゚ω゚)……高級カーボンモデルじみた軽さを有する、FUJI ROUBAIX 1.5と同様のアルミ素材か。
トラックレースで多くの実績を持つA6-SLアルミフレームを採用したFUJI ROUBAIX 1.5だからこそ、他ブランドのエアロカーボンロードモデルと互角以上の性能を、このアルミロードは発揮出来た訳なんですけど。

A6-SLアルミフレームを採用したFUJI TRACK PROは、実際どれほどの走りをしてくれるのか……
imgrc0068331566.jpg
サドル Oval Concepts X38 with pressure relief zone, cromo rail
シートポスト Oval Concepts, aero carbon

imgrc0068331565.jpg
リム Oval Concepts 530 Track rim, 24/28h, Formula sealed bearing track hub, bladed stainless spokes
タイヤ Vittoria Diamante Pro Pista, 700 x 23c, 220 tpi, folding

imgrc0068331564.jpg
ピスト競技で必要とされるダイレクトな駆動伝達能力は言うまでもなく、ライダーに限界走行を可能。
公道を使用したピストレースでも多くFUJI TRACK PROが採用されている。

でもピストレースで使われていただけあって、頑丈そのものだしメンテ性も高い。
【楽天ポイントアッププログラム開催中】【店頭お引渡しのみ】【2018モデル】FUJI(フジ)TRACK PRO(トラックプロ)シングル・ピストバイク【送料プランC】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

2017年09月12日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 FUJI TRACK ARCV 人気が更に過熱!! 楽天ロードランキングで、なんと売り上げ一位!!

imgrc0068313394.jpg
2018 FUJI TRACK ARCV(フジ トラックARCV)
( ;゚ω゚)フジの、アルミシングルスピードTRACK ARCVに関してなんですけど……
2017年モデルに、初登場してから人気が過熱する一方ですね。
いきなり2017年モデルから、前下がりパシュートジオメトリースタイルが登場。
ホリゾンタルジオメトリーではなく、前下がりパシュートスタイルってそんなに受けているのか……

過熱した人気に答えて2018年モデルにもFUJI TRACK ARCVがラインナップに加わっています。

トップチューブを前に下げたパシュートジオメトリーを採用したストリート仕様。
重心が前になり、ストップアンドゴーがしやすいのでストリートや、街乗りで使用すればさぞや楽しかろう。
fyjfhyj798685.jpg
( ;゚ω゚)……2018年モデルFUJI TRACK ARCVって、こんなに売れているとですか……。
FUJI TRACK ARCVが楽天ロードランキングで、なんと売り上げ一位……
imgrc0068313393.jpg
ハンドルバー Fuji Classic alloy track, 25.4mm
( ;゚ω゚)……インラインブレーキレバーだけか……
渋い……・
imgrc0068313392.jpg
ヘッドセット FSA, 1 1/8" integrated
ブレーキセット Fuji alloy

往年のアルミロードバイクを髣髴させる大径チューブを採用したバイク。
あえて、流行のアルミエアロフレームとは逆を行くか……
imgrc0068313390.jpg
imgrc0068313391.jpg
フォーク FC-770 Fuji straight blade integrated carbon w/ 1 1/8" alloy steerer
C-5のハイモデュラス カーボンをフォークブレードに使用し、コラムはアルミ素材。
(´・ω・`)ストレートフォークの剛性にもこだわっているか。
imgrc0068313389.jpg
imgrc0068313388.jpg
パシュートジオメトリーの効果に関してですが、重心が前になり空気抵抗が少なくなるという利点が。

imgrc0068313387.jpg
チェーンステーBB側は、縦方向に強烈な潰し加工を施した跡があります。
imgrc0068313386.jpg
クランクセット Sugino MC pista crank, 48T
おお……一見すると単純な丸形チューブだけど、BB付近は横方向に形状が変化している!!
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル これ、形状に関しては複雑な系形状加工を施したフレームかもしれませんよ?
imgrc0068313385.jpg
サドル FUJI custom saddle w/ CrMo rails
シートポスト Fuji micro-adjust alloy, 27.2mm

imgrc0068313384.jpg
リム Fuji CrMO axle hubs w/track nuts, Fuji double wall, high profile 24/28H alloy rim
タイヤ Vera Helios 700×25C


(´・ω・`)2018 FUJI TRACK ARCVはシングルスピードバイクなのでフロント・リア変速がありません。

固定ギアとなります。
公道では十分安全に注意して走行をしてください。
また楽天ハクセン様にてフリーギア化も可能。注文の際、標準固定かフリー化か選択可能。
(ブレーキは前後搭載しています)

imgrc0068313383.jpg
2018 FUJI TRACK ARCV ブラッシュアルミ
(´・ω・`)今回の2018年モデルはブラッシュアルミ、マットブラック、パールホワイトの3色展開。

DSCN8243vsdhdt.jpg
Cinelli TIPO PISTA
これは、チネリのアルミシングルスピードバイクだけど。
個人的にはこのチネリシングルスピードモデルみたいに、シルバーがいいな。
imgrc0068313397.jpg
2018 FUJI TRACK ARCV マットブラック
しかし、FUJIがシングルスピードバイクを作ると、独特の個性がありますね。
( ;゚ω゚)……すげー、リアルにオールブラックだ!!!
シルバー色がボルト位しか残っていないという……
imgrc0068313398.jpg
imgrc0068313395.jpg
2018 FUJI TRACK ARCV パールホワイト
(´・ω・`)これが2018年モデルの新色ですね。
imgrc0068313396.jpg
重量8.1kg
適合身長:
490mm/163cm~173cm
520mm/168cm~178cm
540mm/173cm~180cm
560mm/178cm~185cm

【P最大11倍(9/11 10時まで/エントリ含)】【2018モデル】FUJI(フジ)TRACK ARCV(トラックARCV)シングル・ピストバイク【送料プランC】 【完全組立】

2017年09月11日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 FUJI TRANONIC2.5 快適性重視の為、C5ハイモジュラスカーボンを採用

imgrc0068314968.jpg
2018 FUJI TRANONIC2.5
(´・ω・`)ふむふむ。
2018年モデルFUJIのミドルグレードエアロロードTRANONIC2.5は、快適性重視の為、SL3.1と同じくC5ハイモジュラスカーボンを採用。
上位モデルのTRANONIC1.1には、高剛性C10ハイモジュラスカーボン路線でいくんですね。

元々高い巡行性能を誇るFUJIのエアロロードモデルですが。
上位機種と比較して構成されるカーボン素材やレイヤリングの違いから、より優れた振動吸収性を重視しています。
優秀なエアロロードって、加速時や巡行時において極端に脚力の消費が軽減されますが。
FUJI TRANONIC2.5もその優秀なエアロロードの性能を、獲得していますね。
20141212103819655get.jpg
FUJI TRANSONIC2.7
(´・ω・`)やはりC5ハイモジュラスカーボンを採用した以前のモデル、FUJI TRANSONIC2.7もエアロロードながら快適性を重視していました。
通常のFUJIモデルは、脚力や衝撃吸収性において負荷が大きいモデルが多かったけど。
(とはいえ、凶悪な走行性能を獲得している点が恐ろしいが……)

FUJI TRANONIC2.5は快適性も重視しているのか。
ただ、発売開始から3 年が経ち各部のアップデートが施されているそうだから、更に走行性能面での変化が生じているかもしれません。
imgrc0068314967.jpg
ハンドルバー Oval Concepts 310 Ergo, 6061 alloy, 31.8mm clamp, 133mm drop, 4° sweep
ステム Oval Concepts 313, 3D-forged 6061 stem body, +/-7°

ハンドルやブレーキ部に関して、あえてエアロ専用パーツを採用していない点もポイント。
(´・ω・`)それでも、エアロ専用パーツを採用した他ブランドエアロロードと比べてもまるで引けを取らないところが怖い。
imgrc0068314966.jpg
ヘッドセット FSA, 1 1/8" upper - 1 1/2" lower, integrated
imgrc0068314963.jpg
フレーム C5 high-modulus carbon, integrated head tube w/ 1 1/2" lower, PF30 BB, double water bottle mounts
imgrc0068314970.jpg
フォーク FC-440 carbon w/ tapered carbon steerer
超高剛性C-10カーボンから作られるフルカーボン モノコックのフォーク。
imgrc0068314961.jpg
imgrc0068314960.jpg
フロントディレーラー Shimano 105, braze-on mount
クランク Oval Concepts 300, forged 6066 arms, Praxis rings, 52/36T
リアディレーラー Shimano 105, 11-speed
カセット Shimano 105, 11-28T, 11-speed

imgrc0068314959.jpg
ホイール Oval Concepts 327, 700c 20/24H rims
タイヤ Vittoria Zaffiro Pro, 700 x 25c, 60tpi, folding

(´・ω・`)うーんリアブレーキ部を、シートステー部が見事にカバーしている。
空気抵抗をこんなとこまで削っているのか。

また本来FUJIは、アルタミラなどに見られる様に、衝撃吸収性に関してもかなりのノウハウを持っているんですよね。
しかも決して走行性能を削らずに、衝撃吸収性を持たせてくる所が凄い。
逆に高剛性に関して、リブなどを応用して鬼の様に高めてきたりもするけど。
imgrc0068314962.jpg
リアホイールに合わせたエアロシートチューブ形状。
特にリア部のケーブル類は、フレーム内に収納する方向性なのであまりケーブル類が見当たらないのが分かります。

imgrc0068314958.jpg
サドル Oval Concepts 238, steel rai
シートポスト Transonic aero carbon, 300mm (46-52cm), 350mm (54-56cm)


【楽天ポイントアッププログラム開催中】【2018モデル/店頭お渡しのみご提供可能】FUJI(フジ)TRANSONIC2.5(トランソニック2.5)カーボンロードバイク【完全組立】【店頭受取対応商品】

2017年09月08日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 FUJI SL3.1 新たにC5ハイモジュラスカーボンフレームを採用。快適性を重視してきた新型SLモデル!

imgrc0068314946.jpg
2018 FUJI SL3.1
( ;゚ω゚)こっこれが、FUJIの新型カーボンモデル FUJI SL3.1か……
上位モデルのFUJI SL1.1よりも衝撃吸収性を高めたモデルですね。
ちなみにFUJI SL1.1のカーボン素材はC15ウルトラライトハイモジュラスカーボンだけど。

FUJI SL3.1フレームには衝撃吸収性を高める為にC5ハイモジュラスカーボンフレームを採用。

(C5-Carbon)C15やC10の技術を応用して開発されたエントリーカーボンマテリアル。
優れた軽量性、剛性、柔軟性に対してハイコストパフォーマンスを実現。

DSCN0074rwvdfeger.jpg
2016 FUJI SL 1.1
( ;゚ω゚)……なるほど……FUJI SL3.1のフレームに、新たにC5ハイモジュラスカーボンフレームを採用。一気に快適性を保有させたか。

FUJI SL 1.1はフレームの軽さと高剛性が、融合した凶悪な走行性能を有するモンスターバイクではあったけど。
快適性は確かに、アルタミラ程程重視されていなかった感がある。
SLシリーズの中において、快適性を重視してきたモデルなのか。
imgrc0068314942.jpg
2018 FUJI SL3.1 リア部
ただ今回の新型FUJI SL3.1は快適性重視のあまり剛性を失っていないかというと、そういう訳ではない。
新型FUJI SL3.1のチェーンステーからBB、ダウンチューブにかけての剛性は上位機種の1.1に匹敵。
SL3.1も優れた加速性能も保有しているそうだ。
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル わわわわわ。なんだかんだで、新型FUJI SL3.1高剛性フレーム仕様!? あの圧倒的な、高剛性SLフレームパワーは健在という訳か。
えらいことになったな……

ちなみにSL3.1ライドフィールはSL 1.1に比べて振動吸収性が高く、コンペティションはもちろんのことエンデュランスにも適しているとか。

(´・ω・`)以前のFUJI SL2.5はC10 ハイモジュラスだったけど、走行感は万能性重視だったっけ。
FUJI SLシリーズは、カーボン素材が代わると劇的に走行性能が代わるんですね。
新型SL3.1における実際の走行性能はどんなものなのか……大変興味深いですね。

imgrc0068314941.jpg
SL3.1はメインコンポにSHIMANO NEW ULTEGRAを搭載。税込 262,440 円
( ;゚ω゚)……フレームだけではなく、コンポも新型か……
フジとしては、フラグシップモデルキラーとしての矜持(自信)があるだろうから。
105仕様すら耐えられなかったんだろう……

imgrc0068314943.jpg
ハンドル Oval Concepts 300S Shallow Drop, 6061 alloy, 31.8mm clamp, 133mm compact drop
ステム Oval Concepts 313, 3D-forged 6061 stem body, +/-7°
シフター Shimano New Ultegra, STI, 11-speed

imgrc0068314945.jpg
フォーク FC-440 carbon w/ tapered carbon steerer
超高剛性C-10カーボンから作られるフルカーボン モノコックのフォーク。
imgrc0068314944.jpg
メインフレーム C5 high-modulus carbon, integrated head tube w/ 1 1/2" lower, PF30 BB, double water bottle mounts
imgrc0068314940.jpg
フロントディレーラー Shimano New Ultegra, braze-on mount
リアディレーラー Shimano New Ultegra, 11-speed
クランク Oval Concepts 500, forged 6066 arms, M30 spindle, forged Praxis 52/36T rings

カセット Shimano 105, 11-28T, 11-speed
OVAL CONCEPTS パーツの中でもチェーンリングは冷間鍛造製法で作られており、変速性能はもとより耐久性、剛性の高さに定評。歯数52-36Tか……長距離向けエンデュランスに適していると言いながらも、普通にレースでの使用も視野にいれているんですね。
imgrc0068314939.jpg
ブレーキ Shimano new ULTEGRA
imgrc0068314937.jpg
ホイールセット Oval Concepts 327, 700c 20/24H rims
タイヤ Vittoria Zaffiro, 700 x 25c, 26tpi

imgrc0068314938.jpg
サドル Oval Concepts 438, steel rail
シートポスト Oval Concepts 300, 6061 alloy, 27.2mm diameter
重量 8.3kg

【P最大17倍+最大5000円クーポン(9/7 2時まで)】【2018モデル/店頭お渡しのみご提供可能】FUJI(フジ)SL3.1(エスエル3.1)カーボンロードバイク【完全組立】【店頭受取対応商品】

2017年09月06日 トラックバック(0) コメント(0)