FUJI(フジ) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > FUJI(フジ)

2014FUJI  FEATHER CX+(フジ フェザーCXプラス) ショートリーチハンドルに変更になっていた

100000021106_12.jpg
去年試乗して、巡航性能と機動力の高さにビビってしまったクロモリシ
クロクロスフェザーCXプラスですね。
去年も書いたけど、ファッショナブルな街乗り系かと勘違いしてしまっ
たらクロモリなのにさくさく加速する上に、スピードの乗りがあまり
によかった。
こっそりお気に入りの一台なんですが。

とりあえず、ディスクブレーキ路線とシマノSORAコンポ路線は継続。
ただ、細かい所でパーツの変更が行われていた模様。

100000021106_06.jpg
2014モデルFEATHER CX+のドロップハンドルがショートリーチに変更に
なった模様。随分ハンドルが近くなったんですね
DSCN0839a.jpg
これが2013モデルFEATHER CX+のハンドル画像ですね。
ああ、2014年モデルの方が、よりお気楽に平地とかロングライド向けになったのかな?
100000021106_07.jpg
なんとなく2014年モデルの方が、フレームが輝いている。
光沢感が強いのか? 2013モデルはアーミーな感じでしたけど。
たまに街乗りシクロクロスと勘違いされているけど、本当は攻撃型ロングライド
系シクロクロスモデルだと思う。
きちんとケーブルもトップチューブ上部に配置。
100000021106_05.jpg
フォーク Fuji 1 1/8” custom triple-butted CrMo w/ cantilever brake mounts
ホイールセット Fuji custom alloy wheel disc hubs
タイヤ Kenda 700x35c

高いコントロール性を持ったシクロクロスなので、「重い」「もっさりしている」
という感じがまるでなかった。
とにかく俊敏に動き回れるバイクという印象。
100000021106_04.jpg
ブレーキ Tektro disc, 160mm/140mm wave rotors
機動性が高いので、走りをしっかりコントロールする為にディスクブレーキに
したんじゃないかと。
もしカンチブレーキだったら、また違った印象をフェザーCXプラスに対して
持っていたかもしれない。
個人的にはディスクブレーキで大正解だと思う。
100000021106_11.jpg
フロントディレーラー Shimano SORA, band type 31.8mm
クランク Fuji 鍛造アルミ 50/34t
100000021106_02.jpg
クロモリ&ディスクブレーキ搭載モデルなのに、重量が10.8kg。
やはりクロモリといえど、軽量化に取り組んだシクロクロスモデル。
トリック等の過酷な条件下でもいけるそうな。
100000021106_09.jpg
良く考えたらサドルや、フレーム、ハンドルなどオールブラック!
100000021106_01.jpg
さすがに、カンチを採用していないだけあってどこから見てもシンプル。
100000021106_08.jpg
シートポスト Fuji micro-adjust alloy, 27.2mm
サドル Fuji Retro
100000021106_03.jpg
カセットShimano, 11-30T 9-speed
リアディレーラー Shimano SORA, 9-speed

よくよく考えたら、クロモリといえどあれだけの機動力と素早い走りが出来る
フェザーのシクロクロス版ですからね。
やはり走行性能が高い点など、長所をしっかり引き継いでいたりします。
クロモリといえど、軽快に走れるモデルを毎回仕上げてくるあたりがFUJI。
性能ベースで考えると、これで8万は凄いと思うけど。
2014 FUJI FEATHER(フェザー)CX+ シクロクロスバイク ディスクブレーキ仕様

2014年03月20日 トラックバック(0) コメント(0)

2014 FUJI ROUBAIX CUSTOM (フジ ルーベカスタム) 9万クラスのアルミフレームながら、左右非対称チェーンステー

DSCN7210.jpg
フジ ルーベカスタムのフォギーレッドカラ―がかっこいいなあ。
FUJIはロードレースバイシクルとファッションバイクの融合を目指して
いるそうだけど。
(個人的には日の丸というよりは、ウルトラマンカラ―を目指したとしか思えない)
確かにファッション性のあるカラ―リングだけど、なんとなくスポーティ
なカラーリング配置なんですよ。
例えばフロントフォークをデ・ローザ プロトスみたいに、カラ―を表裏で
塗り分けていたりするし。

フロントフォーク FC-770 carbon w/ tapered alloy steerer & carbon dropout
DSCN7211.jpg
ブラックとかオーロラホワイトのもあるけど、マットグレーとレッドの2トー
ンカラーが一番好きだ。
(実はブラックもオーロラホワイトも塗り分けている)
ロードを通勤通学で使うユーザーや、クロスバイクからのステップアップ
として購入される方が多いらしいけど。
DSCN7214.jpg

販売価格は9万クラスながら、重量は9.2kg
コンポはSHIMANOSORAを搭載
フォークはハイモジュラスカーボン! を採用。カスタマイズすれば8kg台もいけ
そうですね。
ケーブルは外付け。軽量さを考慮したフレームだけあって、細い……
2013モデルから800g軽量化したそうだけど、なるほど。
確かに、軽量性にこだわっているのが分かる。


シフター Shimano Sora STI shifter
補助ブレーキは無し。
クランク Fuji forged alloy compact, 34/50T
ギア Shimano 11-25T 9-speed
フロント&リアディレーラー Shimano Sora,
DSCN7215.jpg
ホイール Fuji 32/32H custom aero alloy clincher wheel
タイヤ Kenda 700 x 23C
ブレーキ Fuji alloy dual pivot
DSCN7215ds.jpg
何気に驚いたのはチェーンステーが、左右非対称になっている点ですね。
すごいなあ。左右非対称なチェーンステーなんて上位モデル位かと思って
いたのですが。
DSCN7222-300x225.jpg
左側が横に扁平形状。クランク側である右側は縦方向に
扁平形状。
シートステーも可能な限り細めだし、カーボンフレーム
みたいな事を、アルミフレームで取り組んでいる。

ここから見ると、更にチェーンステーの形状の違いが
確認できます。
DSCN7221-300x225.jpg
ここから見ると、更にチェーンステーの形状の違いが
確認できます。
凄いなあ。9万クラスのアルミフレームでここまでやって
くれるメーカーがあったんだ。
異様に欲しくなってきた……。
DSCN7217.jpg
アルミクロスバイクFuji ROUBAIX AURAは8.9kg
同じくFuji PALETTEは5万クラスで9.8kg
このルーベカスタムは9.2kgか。
2014モデルのアルミ系FUJIモデルは、軽量さが特徴に
なっていますね。

サイズ展開がかなり幅広いので、好みのサイズを探せるのも
ちょっと嬉しい。
《在庫あり》 FUJI (フジ) 2014年モデル ROUBAIX CUSTOM (ルーべカスタム)【ロードバイク】【ロードレーサー(アルミ)】【送料無料】

2014年03月19日 トラックバック(0) コメント(0)

2014 FUJI CROSS1.5(フジ クロス1.5) タイヤは、イタリアのハンドメイドタイヤメーカーCHALLENGE GRIFO製

img61804387.jpg
さすがFUJIのシクロクロスモデルだ。13万クラスだと完全にシクロクロス競技を
視野に入れたパーツ構成をしています。
なのに見た目は、レッド&ブラックのストリート系なんだから面白すぎる。
フロント48/36T、リアにSHIMANO TIAGRA 12-30Tをシクロクロス
競技向けのギア比に設定してありますね。

クランクはFUJIのロードでおなじみのOVAL.
あとタイヤが面白くて、イタリアのハンドメイドタイヤメーカーCHALLENGE GRIFO
製ですよ。
欧州でもシクロクロス競技においては、定番のシクロクロス用ハンドメイドタイヤを実
装しています。
最初からレースにおいて悪路を走る事を想定したタイヤを用意しているのか。
さすがだなぁ。

フレームはアルミ(A6-SL軽量アルミ合金を採用)フロントフォークは、カーボンモ
ノコック。
しかもディスクブレーキ採用と、エントリーグレードながら完全に競技用を視野に入れて
いるモデルと言っていいのではないでしょうか。

赤と黒のカッコいいデザインは、やはりFUJIらしくオンロードなどの使用を考えてスタ
イリッシュに仕上げている。
個人的に10万程度のクロモリクラシカルな街乗りシクロクロスモデルもいいですけど、
13万クラスになるとリア10速にディスクブレーキ&カーボンフォークが付いてくる競技
用スペックがついてくるんですね。

この3万の差が意外に大きい様な気がする。
img61804394.jpg
シフター Shimano Tiagra STI shifter/brake combo,
Flight Deck-compatible, 20-speed

ハンドルバー Oval 310 butted 6061 alloy, 31.8mm
ステム Oval 313 3D-forged 6061 alloy, 31.8mm, +/- 7 degrees
img61804393.jpg
ヘッドセット FSA Orbit C-40, 1 1/8” upper - 1 1/2” lower, integrated
img61804392.jpg
ブレーキ Avid BB5 mechanical disc for road, 160mm / 140mm rotors
img61804391.jpg
フォーク FC-770 Cross carbon blade, alloy crown w/ tapered
alloy steerer & alloy dropout
C-5ハイモデュラス カーボンをフォークブレードに使用。コラムはアルミ素
材で構成)
img61804390.jpg
フレーム A6-SL custom-butted alloy w/ shaped top tube & integrated tapered
head tube w/ 1 1/2” lower,oversized 34.9mm round seat tube,
PIIS BB86 shell,double water bottle mounts

BB Oval BB86 プレスフィット

クランク Oval 520 forged, 46/36T
カセット Shimano Tiagra, 12-30T, 10-speed
フロント&リアディレーラー Shimano Tiagra
img61804389.jpg
しかし、どこから見てもシクロクロスなのになぜかストリート系に見えてしまう
のがいいな。
シクロクロスモデルといえど、デザインがスタイリッシュなのがFUJIの特徴。
img61804395.jpg
タイヤ Challenge Grifo clincher, 60 tpi, 700c x 32mm, folding
ホイールセット Vera Corsa aero alloy clincher, 24/28H precision disc hubs

13 万クラスながら、シクロクロス競技用を視野に入れているモデルですね。
ほぼやるべき事をやった感がします。
2014モデルFUJI(フジ)CROSS1.5(クロス1.5)シクロクロスバイク【送料プランC】【02P02Mar14】

2014年03月07日 トラックバック(0) コメント(0)

2014 Fuji PALETTE なんと5万クラスで9.8kgを達成! 今後エントリー系クロスバイクの軽量化競争が、どんどん加熱していきそう

img61800963.jpg
おお、FUJI PALETTEが2014モデルから10.4kg→9.8kgになり
ましたよ。
とうとう、9kg台に突入か……販売価格は1万上がりましたけど、
フレームが、少し細身になったのかな?
コンポはMTB系アセラ、リア8速路線は継続ですけど。
この価格帯(5万円クラス)のクロスバイクにしては、9kg台はかなり軽量な部類に
入りますね。13kgとか14kgもざらだし。
大体良質なクロスバイクで11kg程度でしょうか?
5万クラスのジャイアント エスケープシリーズは11kgだから……
あ、やっぱり軽いわ。

あれ? もしかして、7万クラスのクロスバイクモデルと比べても、パレットが
最軽量モデルになるのかな?

8万クラスだと、2014 khodaa bloom Rail 700SLが8.7kgだから。

どちらにしても、5万で9.8kgは驚異的な軽さですね。
気になってフレーム材質を見てみたら、A2-SLアルミニウムでした。

2013年モデルはクラシック路線でしたが、デザインがアブソリュート時代に
戻ってきた感もあります。
しかし、どこまでもこの日の丸みたいなデザインと、軽量さが気になってしまい
ます。
img61800962.jpg
ハンドルやクランクはアルミ
シフターはShimano ACERA
img61800961.jpg
FUJI伝統の?カラ―ケーブルに、しっかりとバッジが刻印されています。
このあたりはFUJIですね。
img61800960.jpg
フォークFUJI A2-SL アルミ ストレート1-1/8"
ブレーキ Tektro Vブレーキ
ホイール Fuji 32/32H custom alloy clincher wheel
img61800958.jpg
フレームFuji A2-SL アルミ
うわ、細い、細い!
クロモリじゃないのに、これは細い。ここだけ見ていると
5万クラスのエントリーモデルじゃないですね。
だから軽量なのか……
img61800959.jpg
クランクはFuji alloy forged 28/38/48T
クランクアームがSUGINO製?
リアディレーラー Shimano ACERA
カセットShimano 11-32T, 8-speed
フロントトリプルで9.8kg台か……凄い。
img61800957.jpg
サドル Fuji custom saddle
シートポスト Fuji micro-adjust alloy, 27.2mm
img61800956.jpg
タイヤ Kenda, 700x28c
img61800968.jpg
img61800967.jpg
img61800965.jpg

パーツとかをFUJIが自社調達して、ここまで軽量になったのかな?
5万クラスのフルアルミ軽量クロスバイクとして、覚えておいた方が
いいですね。
カラ―展開も豊富ということは、いかにFUJIがこのパレットに力
を入れているかが分かります。
そういえばフラットバーロードROUBAIX AURAも、なんと8.9kg!!
これはもう、ジャイアントのエスケープシリーズに対抗しようとしている
としか思えない。


しかしパレットの場合、かなりフラットバーロードというかスポーティ
な感が増しているけど……
カラーはPOP。
むむ? これは楽しく攻撃的に街乗りしてくださいという洒落かな??
今後エントリー系クロスバイクの軽量化競争が、どんどん加熱していきそう
ですね。
【P最大20倍マラソン開催中】2014モデルFuji(フジ)PALETTE(パレット)スピード・クロスバイク【送料プランC】

2014年02月02日 トラックバック(0) コメント(0)

2014 FUJI SST Rad 低速で試乗した感想をメモしておく。剛性を更に高めまくっている高剛性フレーム

DSCN9477.jpg
やっちまいました……FUJI SST Radカーボンロードバイクを試乗中
試乗コースが渋滞してしまいました……

超スローペース、超まったりモードでなんと攻撃型エアロロードSSTに
試乗するという残酷な結果に。
しかも風もなぜか無風になり、エアロ性能ですら分かりにくい。

しかも、このコースは直線が短いのでSSTにはかなり不利な試乗コース。
今回は、超低速でSSTに試乗した感想を書こうと思います。
ま、自分に対するメモでもありますが。
DSCN9478.jpg

(低速でSSTを試乗した感想)
低速ながら、剛性たけえええ!!! なんだ? このフレーム?
( ;゚ω゚)私の知ってるSST2.3Cと違う……更に剛性上がっている?
フレームが更に筋肉質になってる? やけくそですか?


どこまで、剛性を上げているんですか? 
これはSST2.3より剛性高めていない? 20万クラスのロードが通常有し
ている剛性ではないですよね?

もう完全に攻撃型エアロロードレーサーモードの剛性になっている……。
これはハイスピードで、走ったら偉い運動性を発揮してくれそうな感じ
です。
なんというか、脚力とか全てのパワーを受け止めてくれそうな予感。
ぶっちゃけなんですか? 低速ながらこの剛性の高さは20万クラスじゃない
ですね。
フレームの硬さそのものが、なんでか個人的に快感に感じました。
うわ、めっちゃ走りたい……といいながら、渋滞に巻き込まれる……
DSCN9484.jpg
で、結局その感想をFUJIスタッフ様にお伝えした所、こんなコメント
を頂きました。
(一字一句性格ではないですが、大体こんなご意見でした)
「ああ、でしょうね。これ2014FUJI SSTは、剛性を限界まで高めていますから。
本気で走りたい方とか、レーシーな性能というか。乗りやすさというよりは、と
にかく本気で速く走る為のロードなんですよ。普通にプロが使っても問題ない剛
性を持っていますからね」


DSCN8592asdsa.jpg
(低速ながら、めっちゃ似たロードがある事に気が付いた)
剛性を高めまくったFUJI SST RADについてなんですけど、最近実に似た
エアロロードがある事に気がついたんですよ。
これ、高出力のペダリングを一気に推進力に変換する高剛性フレームなんです
けど、これに似ているかな……いや、もしかしたらRIDLEY NOAH RSよりも
SST RADの方が剛性が高いかも。
DSCN9492.jpg
DSCN9479.jpg
DSCN9486.jpg
フロントフォーク内にまでリブ加工を施しているらしい。
もうなんかね、快適性重視のユーザをせせら笑うかのような、超高剛性路線。
たまりませんね。やってくれますよ……
DSCN9487.jpg
DSCN9488.jpg
DSCN9485.jpg
DSCN9501.jpg
DSCN9483.jpg
あくまで、自分へのメモですが。
トレーニングを積みまくって、超マッチョな状態でレースの先頭集団に勝負
を挑むならこれかな……。
逆にツーリングやロングライド、コンフォートに楽しく乗りたい方は全く
お勧め出来ない。
ある意味、人を選ぶカリスマ性のあるモデルだと思う。

レーシーな性能にフォーカス(集中)した点もチェックしておいた方がいい。
DSCN9497.jpg
ダウンチューブ内に補強リブが内蔵してあるそうだ。
ただでさえ、剛性高かったSSTの剛性が更に高まった理由はそれかな?
DSCN9480.jpg
クランクがコンパクトクランクOval 730 forged alloy, 50/34Tから、
ノーマルクランククランクOVAL 520 FORGED ALLOY 52/36T
に変更していた。
ここだけ見ても、レーシー路線に変更している。
DSCN9503.jpg
DSCN9500.jpg
DSCN9499.jpg
DSCN9482.jpg
DSCN9489.jpg
DSCN9490.jpg
DSCN9502.jpg
DSCN9481.jpg
今回SST RADの試乗記事を書くのをやめようかな? と思いましたけど。
低速なりにSSTに試乗したデーターを、きちんと残しておいてもいいだろう……。
そう思い書きました。

にしても、高速領域では一体どんな走りをしてくれるんでしょうね?
低速なりに分かった事ですが、2014 FUJI SST RADは20万クラスながら
限界まで剛性高めまくっているという事実。
【エントリーでポイント5倍】2014モデルFUJI(フジ)SST Rad(エスエスティラド)カーボンロードバイク【送料プランC】

2013年12月26日 トラックバック(0) コメント(0)