MERIDA(メリダ) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > MERIDA(メリダ)

2017 MERIDA REACTO 5000試乗体験インプレ  アルミモデルREACT400との性能差について確認してみた。



DSCN8312dew (2)
2017 MERIDA REACT5000
今年も MERIDA REACTO5000に試乗しました。去年は105仕様の
MERIDA REACTO4000でしたが、前回は路面コンディションが若干荒れ気味。

今回試乗したコースは嬉しい事に一般道を利用した舗装路! 前回よりも
路面状態が良かったのでMERIDA REACTの走行性能が、体感的に分か
り易かったですね。
DSCN8332cedwwe (1)
MERIDA REACT5000試乗体験インプレ

(ゼロ加速度が強力だった……)
ゼロ加速~時速30km程度まで、実にパワフルに加速してくれるんですね。
相変わらず、速度のノリが実にいい……速い! 速いよ……

エアロロードなのに、高剛性カーボンロードの様にここまでパワフル
に引っ張っていってくれるとは……このゼロ加速性能の高さはエアロロード
としては実に珍しい。

他ブランドのエアロロードと比較しても、MERIDA REACT5000のゼロ加速
性能のパワーは、強力な部類に入るのでは?

脚で加速していくというよりは、フレームが強引に体を引っ張っていって
くれますね。
DSCN8327cwe (2)
(速度に乗ると、異常にペダルが軽くなる現象が発生)
やはりスピードにのってくるとMERIDA REACT5000のフレームが
リズムに乗ってきて、異様にペダルが軽くなる現象が発生します。
なんだか、ペダルで空気を回す様な感覚ですね。

速度を維持&最適化する為に、実に効率の良い走りをするというべきか……。
走りは直進安定性が実に効いている。
昨年と同じく、走行中の体力消費が少ないと感じました。
舗装路でも、多少荒れた路面でもMERIDA REACTは変わらない走りを
するんですね……。

快適性は通常レベルより少し高い。

(更に高速域にMERIDA REACT5000は、乗り手を引っ張っていく能力を有する)
やっぱりこいつは、強力なスピード系エアロロードです。
特に意識しなくても、勝手にスピードが出てしまう……
高速性能に強く、速度が速くなる程、スピード性を爆発させた様な
走りをします。
DSCN8311dwq (2)
ハンドルバー MERIDA Expert Compact road OS L:380mm(47cm) L:400mm(50cm) L:420mm(52/54cm)
ハンドルステム MERIDA Expert Carbon OS -5 L:90mm(47/50cm) L:100mm(52/54cm)

DSCN8330cw (1)
ケーブルの露出を最小限にするトップチューブタイプのインターナルケーブルルーティング
DSCN8319deqw (1)
エアロダイナミクスとフレーム剛性を両立するX-Taperヘッドチューブを採用
DSCN8310cwd.jpg
WARP TT の空力テクノロジーを採用したワイドスタンスのエアロフロントフォーク
DSCN8319deqw (2)
F.ブレーキセット Shimano 105-direct
2017 MERIDA REACTO 5000のブレーキ操作感覚は、エアロホイールそのもの。
DSCN8309cdew (1)
リム MERIDA Expert 35 CW pair
タイヤ Continental Grand Sport Race 25 fold

DSCN8311dwq (1)
フレーム Reacto CF3 direct 386
DSCN8312dew (1)
DSCN8325deqw (2)
DSCN8330cw (2)
BB386 とスクエア形状のBB 周りのチェーンステーにより高い剛性を発揮
DSCN8325deqw (1)
R.ブレーキセット Shimano 105-direct
DSCN8329cwe.jpg
DSCN8332cwe (2)
DSCN8316de.jpg
シートポストに振動吸収素材を配して、快適な乗り心地を実現したS-FLEXシートポスト
サドル MERIDA Race
シートピラー Reacto carbon Race [Di2 ready]

DSCN8309cdew (2)
ギヤクランク FSA Gossamer Pro 52-36 [386]L:170mm(47/50/52cm) L:172.5mm(54cm)
BBセット attached
F.ディレーラ Shimano Ultegra D
R.ディレーラ Shimano Ultegra SS
ギヤ Shimano CS-5800-11 11-28


MERIDA REACT5000走行性能まとめ
① ゼロ加速性能が強力。
② 体力消費が少なく、脚力の負荷が少ない。
③ どの速度域にも強い。速度が増すほどに真価を発揮する。
④ 快適性は通常より少し高目

(´・ω・`)実はMERIDA REACT5000の走行性能において、最大級に
驚いた点は価格の安さですね。

REACTO 5000の場合 販売価格(税抜) ¥265,000ですよ……
これは20万円台の走りではないな……さすがドイツセンチュリオンの義兄弟ブランド。
限界まで価格を抑えつつ、高次元な走りを可能にしている。

リーズナブルに、レースに投入したり、週末遠乗りしたり万能的に使える
エアロロードを探しているならMERIDA REACT5000かもしれません。
DSCN8296edw (2)
100000041382-l0ge.jpg
2017 MERIDA REACTO400

(´・ω・`)アルミモデルのREACT400とカーボンモデルのREACT5000の
差について、スタッフ様に訪ねてみました。

基本的にアルミモデルREACT400でも、カーボンモデルREACT5000走行性能に
近い所まで迫る走行性能だそうです。
なるほど……REACT400もそれなりの走行性能を獲得していたんですね……

ただし! アルミREACT400とカーボンモデルREACT5000の間には快適性や衝
撃吸収性に関して差があるとか。

やはり、コンフォート性能に関しては、カーボンモデルREACT5000の方がアドバ
ンテージがあるんですね。

( ;゚ω゚)……個人的に成程を思う所があります……かつてジャイアントのエアロ
フラットバーロードGiant FCR 1に試乗したときは確かにスピード性能が高かっ
たけど、路面からの衝撃が結構もろに来ていた記憶が。
エアロアルミモデルの宿命か……

ただ、REACT5000クラスのエアロ性能や走行性能を、REACT400が獲得していた
としたら、なかなか侮れない所があるかもしれませんね。
メリダ [MERIDA] 【お店で受取り専用】 2017 REACTO400(リアクト400) ロードバイク

2017年03月14日 トラックバック(0) コメント(0)

【速報版】2017 MERIDA SCULTURA300(スクルトゥーラ300)あさひ限定モデル登場!! ランプレメリダチームカラーになんとメインはティアグラ! カーボンシートピラー仕様! 



100000042464-l0j67.jpg
2017 MERIDA SCULTURA300(スクルトゥーラ300)あさひ限定モデル

速報! 
(´・ω・`)なんだかとんでもないメリダ スクルトゥーラ限定モデルが出てきましたぜ?

うーん、正に影のメリダモデルですね。
なんとサイクルベースあさひのMERIDA SCULTURA限定モデルですよ……
カーボンフォークとカーボンシートポストを採用し、販売価格119,980円(税込)ながら
重量:9.0kg(500mm)を達成。

軽量化と快適性を向上させたハイコストパフォーマンスモデル。
さらにプレスフィットBB仕様か……11万円台で凄いな……
リア10速仕様のティアグラ仕様スクルトゥーラアルミモデル
という事になるのかな?
まだまだ、謎が多いモデルですので詳細を知りたい方はあさひ
店舗で聞いた方が良いかも……
100000042464_02nh.jpg
しかもあさひ限定のMERIDA SCULTURA300ランプレメリダのチームカラー。
スペックを見て見ると、なんとメインはティアグラ仕様になっていますよ?
2017年モデルアルミSCULTURAシリーズにおいて、ティアグラって無かった
ですよね?
SCULTURAアルミモデルといったらSCULTURA700、400の105仕様か、
SCULTURA 100のClaris仕様かに選択出来ましたが。

あさひ編亭MERIDA SCULTURA300なら、ティアグラ仕様が選択できる訳か。
100000042464_01.jpg
公表されているあさひ限定MERIDA SCULTURA300スペック

重量:9.0kg(500mm)
ペダル:なし
適応身長目安:160-170cm(47cm)、165-175cm(500mm)
変速段数:2×10
付属品:ベル、リフレクター
フレーム Scultura lite-single
フォーク Road carbon Race アルミコラム
ヘッドセット Big Conoid semi neck pro
クランク Shimano RS500 50-34[PF86] 170mm
スポーク Black stainless
BB Road Pressfit
Fメカ Shimano Tiagra D
Rメカ Shimano Tiagra SS

シフター Shimano Tiagra Dual control
ブレーキ Merida Road Pro
リム Merida comp 24 pair
タイヤ Maxxis Dolemites 25
スプロケット Shimano CS-HG500-10 12-28
チェーン KMC X10
ハンドル Merida Expert Compact road OS ハンドル長:400mm
ステム Merida Expert OS -5 ステム長:90mm
バーテープ Merida Road Expert
サドル Merida Sport
シートピラー Merida carbon Expert SB15 27.2
シートクランプ Merida Aero 32 Allen ST
チューブバルブ 仏式バルブ:48mm



(´・ω・`)ブレーキがMerida Road Proなのが惜しい……ただし!
シートピラーがガーボン!上位モデルSCULTURA700と同様の
仕様ですぜ??


とりあえず【速報版】ということで、詳細が分かり次第また記事にします。
[メリダ]2017 SCULTURA300(スクルトゥーラ300)あさひ限定モデル ロードバイク[CBA-1]

2017年03月13日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 MERIDA SCULTURA 4000 ブレーキ性能が劇的に向上している、その秘密とは?

DSCN8350fwe (2)

DSCN8341fwe (2)
2017 MERIDA SCULTURA 4000
2017 MERIDA SCULTURA 4000に試乗した訳ですが……ブレーキ性能が劇的(言い過ぎかもしれないけど)
に向上していました。
ブレーキセットはShimano R561を採用している訳ですが。
全然制動力が違うよ……

こんなに体感的にブレーキ性能が素晴らしくなるなんて、Shimano R561の存在が大きい。


MERIDA SCULTURA 4000って、どの速度域でも強力な推進力を
発動するスピードモデルではないですか?
Shimano R561を持ってきただけで、ここまでスピードコントロール性能
をコントロール出来るのか。

なんていうんだろう……狭いコースではあったけど、限界まで
MERIDA SCULTURA 4000を引っ張れるんですよね。

あくまで個人的な感想ですが、MERIDA SCULTURA 4000完成車は
今までのブレーキ面での弱点を克服している感があります。

20141211102459220dqefew.jpg
20141211102422edddewfew.jpg
2015 MERIDA SCULTURA 4000
この時はブレーキがちょっと怖かった。
SCULTURA 4000はスピードが直ぐに出てしまうモデルですからね。
SCULTURA 4000のスピード性能に、ブレーキが追いついていなかった……
20151220170112828few.jpg
vvwrvwnjrtd.jpg

20151220170135a92few.jpg
2016 MERIDA SCULTURA 6000
2016 MERIDA SCULTURA 6000はダイレクトマウント方式だったけど。
ブレーキ面だけを考えるなら、2017 MERIDA SCULTURA 4000
の方がいいかな。

DSCN8334fwef (1)
(2017 MERIDA SCULTURA 4000試乗体験インプレ)
先程も述べましたけど、どの速度域でも発動する推進力が流石でしたよ。
どんどん加速してくれるし、スピードが音楽の様にリズムカルに乗ってくる。
やはりパワーはレーシング性能クラス。

速度を出しても安定感が高いし、ペダリングも更に軽くなっている印象を
受けました。
速度こそは出ますが、脚力の消費はかなり抑えられるのでは?

スピードを出す事に特化した、フレームだと思う。
その長所は、エントリーカーボンモデルといえどきちんと搭載されている。
エントリーカーボン完成車ではあるけど、フレーム性能に関してはミドルグレードクラス。



(´・ω・`)だからこそ、完成車販売においてもしっかりしたブレーキ性能が
特に必要なカーボンモデルな訳で。
DSCN8348feqw (1)
DSCN8347few (1)
DSCN8336fwe (1)
BBセット Road Pressfit
DSCN8354few (2)
フレーム Scultura CF2 [PF86]
Sculture CF2フレームはUCIレースでも使用出来るUCI Approvedフレーム

DSCN8341fwe (1)
フォーク Road carbon Race

リム MERIDA comp SL 24 pair
スポーク Black stainless
F.ハブ Road seal Bearing
R.ハブ Road seal Bearing
タイヤ Maxxis Dolemites 25 fold

DSCN8334fwef (2)
DSCN8336fwe (2)
ドイツロードは基本的に直進安定性が高いモデルが多いけど、ドイツセンチュリオンの
義兄弟であるメリダモデルは、「推進安定性」が高い。
特に SCULTURAの場合、前方に安定した推進力を提供してくれるのだ。

爆発的剛性を発揮するマッスルなカーボンロードではなく、レーザービームの様な指向性を
持った剛性というべきか。
DSCN8344fwe (2)
DSCN8347few (2)
クランクセット FSA Gossamer 50-34 Mega [PF86]
DSCN8354few (1)
DSCN8348feqw (2)
R.ディレーラ Shimano 105 SS
ギヤ Shimano CS-5800-11 11-28

2017030609344356ftgfw.jpg
F.ブレーキセット Shimano R561

やはり現行のエアロロードに対抗するためには、これだけ
スピード性能に特化しないと勝ち目はないかな……とは
思いましたよ。

エアロロードは空力抵抗を極限まで減らしてスピード性を
向上させていますが、スクトゥーラ4000は脚力を極限まで
効率化させてスピードに変換させる能力で対応している感じ。
メリダ [MERIDA] 【お店で受取り専用】 2017 SCULTURA700(スクルトゥーラ700)

2017年03月06日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 MERIDA CROSSWAY 300-R フロントフォークが2017年モデルからカーボン化したことにより、重量9kg台を達成


17me-crsway300.jpg
2017 MERIDA CROSSWAY 300-R
うおおおおっっ!!!!
以前にも話題にしたけど、これはとんでもない進化を遂げている!!
2016年モデルの MERIDA CROSSWAY 300-Rといえば、7万円台でフロ
ントダブル×リア9速仕様を成し遂げてしまった快速系クロスバイクですが。
(普通はフロントダブル仕様が多い)

とうとう、フロントフォークがカーボン化したことにより、重量9kg台を達成
ですよ。しかもコンポはMTB系アルタススペックで。

しかもスポーツ性を意識し、ロゴのデザインもロードと同じになったのか。
(カーボンフォークや前後で異なる24/28Hホイール、チェーンガード付き
のフロント2速ドライブトレイン仕様)

17merida181.jpg
ハンドルバー Merida Speed Alloy φ31.8L:560mm(38/41/46/50cm)
ハンドルバー径は継続して剛性重視路線の31.8㎜のオーバーサイズを採用。
更に2017年モデルから、遂にカーボンフォークを採用し衝撃吸収性と9kg台の軽量
性を狙ってきたか!
2016年モデル10.4kg➝2017年モデル9.9kg
こいつはたまらんな……ステムもハンドルバーも2017年モデルからブラックカラーに
変更になって精悍になっている。
ブレーキ TEKTRO RX3ミニVブレーキ
17merida182.jpg
シフター Shimano Altus rapidfire
MTB系シフターで、フロントダブル×リア9速を変速操作する形になる。
やっぱり7万円台はいいな。
普通にリア9速になってくるし、パーツのグレードも上がってくる。
17merida183.jpg
フレーム CROSSWAY TFS
シフトワイヤー系はインターナル仕様。
ギヤクランク Lasco VISTO-200P-9S 46-34TL:170mm(38/41/46/50cm)
チェーンガード付きのフロント2速ドライブトレイン
17merida185.jpg
MERIDAがレーシングバイク造りで培ってきた、機械圧縮によってチューブを3次元
造形するTFSアルミニウム製法を走りの基本となるフレームに採用。
基本ロードと同様の6000系アルミ仕様。
17merida187.jpg
リム Alex MRS24 Alloy 700C 24/28H
タイヤ CST Recourse 28C

CROSSWAY 300-Rは街乗りの際の加速性やダッシュ力を強化するための
チェーンステーは短め。
しかも剛性を確保する為に、横方向に潰し加工が入っていますね。
17merida186.jpg
リアディレーラー Shimano Altus
カセット Shimano CS-HG40-9 11-32


シフターだけではなくリアディレーラーもアルタスグレード。

17merida184.jpg
7万円台で購入可能な、フロント2速×リヤ9速で9kg台のカーボンフォーク仕様
クロスバイク。
最近7万円台ではリア9速仕様もモデルが増えてきていますが、まだまだアルミフォーク
仕様が主流だと思います。
最近ではキャノンデールのQUICK 4辺りが7万円台でカーボンフォーク仕様
だったりもしますが。
これから、7万円台のクロスバイクも次第にリア9速&カーボンフォーク仕様が
増えてきそうな気がします。
何気に2017 MERIDA CROSSWAY 300-Rは、7万円台クロスバイクスペックにおいて
リーズナブルな上に、最先端の仕様と言っていいのでは?

8万円台だと、カーボンフォーク仕様が普通になってくるのですけどね。
【MERIDA CROSSWAY 300-R】2017年モデル メリダ クロスウェイ 300-R クロスバイク

2017年02月07日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 MERIDA RIDE200 路面からの衝撃吸収性能に 特化した機能を有しています

cc-merid-ride200_1.jpg
2017 MERIDA RIDE200 マットアントラシート(グリーン)

おおおっ! 新SORA採用の2017年モデルRIDE 200も10万円を切ったか!
97,102円(税込)で販売!!

しかも、フロントフォークはカーボンですが、コラムまでカーボンですからね。
見えない所で真面目なモデルですよ。
フレームが快適性重視のRide Lite-single 6066高張力トリプルバテッドア
ルミフレームを採用を採用。
cc-merid-ride200_7.jpg
上位105スペックRIDE400と同様のアルミフレーム。X-TAPERヘッドチュー
ブにより快適性とハンドリングを両立。掛かりの良さと振動吸収性能を併せ
持つコンパクトリヤトライアングルなど、快適性と走りを両立させるテクノロ
ジーを各部に採用。
cc-merid-ride200_6.jpg
ハンドル周りも新SORAのおかげですっきり。
SCULTURAはレース仕様&推進力重視のフレーム仕様ですが、RIDEは
ロングライド&ツーリング仕様。
衝撃吸収性の強化と、上向きな姿勢で楽に乗る為のモデル。
cc-merid-ride200_9.jpg
X-TAPER HEADTUBE
外部バテッドしたヘッドチューブ形状と大径ベアリングを持つテーパーヘッ
ドセットを採用。ヘッド周りの剛性だけでなくカーボンフォークま
で高剛性化する事が可能。

下りやコーナーリングなどのハンドリングの安定性と正確性に一役買います。
cc-merid-ride200_11.jpg
ブレーキ Shimano Sora
cc-merid-ride200_10.jpg
フォーク Road carbon Race

コラムまでカーボンで作られたフルカーボンフォークを採用。あらゆる条件
で確実なハンドリングとブレーキングを実現し快適性も向上させた。
cc-merid-ride200_8.jpg
フレーム Ride Lite-Single BSA
cc-merid-ride200_5.jpg
仕上げの美しさと溶接強度を両立した、Smooth Welding 製法によ
るRide Lite-Single BSAフレーム
cc-merid-ride200_20.jpg
ケーブルはインターナル仕様。エントリーモデルながら、ケーブルの
露出が極端に少ないですね。
cc-merid-ride200_19.jpg
BBセット Shimano octalink
cc-merid-ride200_12.jpg
ギヤクランク Shimano R345 50-34 [octa]
フロントディレーラー Shimano Sora D
cc-merid-ride200_13.jpg
cc-merid-ride200_14.jpg
流石にメリダモデルなので、溶接跡が美しい。
トップチューブからシートステーに段差を設けてあるので、路面からの
衝撃を散らし、快適性の高い走行性能を実現。
細かい振動まで対処してくれる、フルカーボンフォークとの相乗効果も
期待できる。
cc-merid-ride200_18.jpg
チェーンステーがダイナミックな扁平形状。
メリダは、チェーンステー形状による路面からの衝撃吸収を
得意とする。
cc-merid-ride200_17.jpg
タイヤ Maxxis Detonator 25 fold
リム MERIDA comp SL 20 pair
cc-merid-ride200_16.jpg
リアディレーラー Shimano Sora SS
ギヤ Sunrace CS-9S 11-32

サンレースの32Tワイドギアを搭載! ツーリングの際の坂道にも対応できる
仕様になっている。
cc-merid-ride200_15.jpg
サドル MERIDA Race
シートピラー MERIDA road comp SB12 27.2
cc-merid-ride200_3.jpg
2017 MERIDA RIDE200 マットオレンジ(ブラック)
cc-merid-ride200_4.jpg
フレーム形状やシートステーを見てみると、やはりRIDE200はMTBのフレー
ム形状やシートステーの形状を意識しつつ、路面からの衝撃吸収性能に
特化した機能を有しています。

MERIDA(メリダ) 2017年モデル RIDE 200 (ライド200)[コンフォートロード][ロードバイク・ロードレーサー]

2016年10月26日 トラックバック(0) コメント(0)