corratec(コラテック) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > corratec(コラテック)

2017 Corratec R.T.CARBON試乗体験インプレ  格安で、フラグシップクラスの性能が手に入る!

DSCN5397nf (2)
2017 Corratec R.T.CARBON
オールラウンド用のR.T. CARBONに試乗してみました。
(´・ω・`)b ようやく、格安でフラグシップクラスの性能を有した、2017年完成車モデルが見つかりました!

お金を出せば、高性能なモデルって沢山あるんですが。
逆に格安で、フラグシップクラスと戦える完成車モデルとなるとあまりないですよね。

このR.T. CARBONは通常のキャリパーブレーキ採用タイプ。
見た目通常のオールラウンドモデルだが、カムテール形状を
取り入れた、エアロ性能にもこだわったモデルなんですが。

これは久々のHITですね!
DSCN5409fr.jpg
2017 Corratec CCT EVO
ついでに CCT EVO撮影しておいたので、参考までに。
このCCT EVOは見ての通りダイレクトマウント方式。こちらもカムテール形状の
エアロダイナミックスを取り入れたロード。
強力なエアロ性能と加速性能を有しているそうな。

今回はキャリパーブレーキを採用した、R.T. CARBONに試乗しました。
DSCN5403nf (1)
R.T. CARBON 105試乗体験インプレ

極軽っっ!!!
異常だ……この走行感の軽さは異常過ぎる!!!


てっきりドイツロードらしく、直進安定性に優れて、しっかりとした走りのロードモデルだ
とばかり思っていました……
なんという軽さ&剛性だ……

ゼロ加速時が「極軽」なので、スムーズに発進!
その後、R.T. CARBONフレームが有する強力な剛性が走りを引き継ぎ、高速で疾走可能!!
凄まじすぎる高性能ドイツロードだ!
今まで乗ったドイツ系ロードモデルの中で、最高峰クラスの性能と言っていいだろう!!

DSCN5408kkgl.jpg
(もちろん直進安定性があるが……)
もちろんドイツ系ロードらしく直進安定性もあるが……軽い……軽いよ……
しかも、脚力に応じてフレームがとんでもない反応をするので、まるで
スプリントクラスのパワーを有している!!
これが最新&次世代のドイツロードか……悪寒が走りました。
DSCN5405jmgf (1)
直進安定性+軽さ+高剛性(反応性が高目)
とりあえず、この3要素がR.T. CARBONの特徴。
エアロ性能に関してはちょっと良く分からなかったが、ちょっと今までにない
走行性能。
R.T. CARBONは画像で見ての通り、フレームが細目で、そんなに剛性なさそうじゃ
ないですか?
あるんですよ! どこにあの剛性が隠れているんだ??

湘南バンクの直線で、超強力な加速性能とパワーを見せつけてくれたので……
せっ、戦慄しました。
DSCN5397nf (1)
DSCN5401gtr.jpg
トップチューブのブリリアントライオンが実にカッコいい。
でも走行性能は、デザイン以上だというか……

R.T. CARBONはミドルグレードクラスですが、加速時は
フラグシップクラスのパワーを発動(いや、もう召喚レベルか)
します。
DSCN5402mg (2)
カムテール形状のダウンチューブ!
もしかして、直線の加速でエアロ性能が発動していたのだろうか??
いずれにしても、普通のフレームじゃない事は確か。
DSCN5403nf (2)
DSCN5405jmgf (2)
ダウンチューブにエンブレムが飾られていた。
Cのロゴが浮き出ていて、奥ゆかしい。
DSCN5407mg.jpg
Corratec R.T.CARBONの弱点はもしかしたら、情報量の少なさにあるのかもしれない。
この異常じみた性能の高さは、ちょっとカタログやHPでは伝わりにくいのでは。
(とりあえずこの記事が、気になった方はCorratec R.T.CARBONに実際に試乗して
もらえれば、高性能さが分かってもらえるはず)

DSCN5402mg (1)
R.T. CARBONはロングライド向けというよりは、間違いなくレース向け
のモデルでしょうね。

かといって、ツーリングやロングライドに使えなくもない。
脚力もそれ程消費しにくいのでは。衝撃吸収性は通常クラス。
DSCN5408cac.jpg
2017 Corratec R.T.CARBONはコンポ別に、幅広く価格設定をしています。
価格表を見て、悪寒が走りました……
105組で、たった25万!?

(;・∀・)……こっ、これだけの高性能を有しているのに??? 普通にプロユースクラスの性能を有したフレームなんだが……
Colnago - V1-R ロードバイク (Ultegra、2016)

2016年12月23日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 CORRATEC DOLOMITI SL試乗体験インプレ  エントリーグレードながらも、どこかレーシー

DSCN5383fgwerfwe.jpg

2017 CORRATEC DOLOMITI SL

コスパが高いドイツアルミロードとして有名な「コラテックDOROMITE SL」に試乗。
街乗りも想定しているアルミロードですが、ちょっと興味があったので乗ってみました。
やはり真面目なドイツロードブランドコラテックですわ。
全然走行性能において、妥協していない!!

DSCN5384cds (1)
2017 CORRATEC DOLOMITI SL試乗体験インプレ

これは実に乗り易いアルミロード!
走りがスムーズで、アルミの抵抗感を排除したかのような走行感。
普通エントリーアルミロードだと、もう少し走りが重かったりしますが。
スムーズで抵抗感がないや。

DSCN538c8cds (2)
フレーム CORRATEC7005トリプルバテッドアルミ

(エントリーグレードながらも、どこかレーシー)
コーナーリングをスムーズかつ安定的にこなす、走行性能があります。
直線においては、抵抗を排除しながら徐々にスピードを上げていく。
速度に乗ったら、その速度を「スムーズに維持」する能力があります。
なんというか……7005系アルミフレームを採用しているだけあって
高速でも低速でも速度を維持する能力が高目。

直進安定性が高いドイツロードの性能とは、ちょっと違うかな。
走りの抵抗感が少なく、走りが美しいドイツのStorck
モデルに近いかもしれない。
DSCN5393cds (1)
(脚力が弱くても楽しく乗れる)
CORRATEC DOLOMITI SLは基本的に、普段ロードやバイクに乗っていなくても
楽しく走れるアルミロードですね。
衝撃吸収性を高めて体の負荷を軽減するアルミフレームとは逆かな。
スムーズな走行性能や適度な剛性をDOLOMITI SLは乗り手に提供して
くれる。
だからそれ程体力や、脚力を使わなくても目的地まで到達できるのでは。
DSCN5392cds (1)
(CORRATEC DOLOMITI SLは街乗り&レースで使える)
性能的には、どことなくレーシーな性能を有してしますね。
これなら街乗りにもいけるし、レースに投入してもそれなりにいける
のでは??
強力なレーシング性能という訳ではなく、適度なレーシング性能を確保して
ある。
だから最初は街乗りやツーリングで楽しんだ後、慣れたら草レースやイベント系
のレースに投入しても面白い事になるのでは。
走りの基本的な性能はきちんと押さえてあるので、後は乗り手の実力次第で
どこまでも伸びていきそうなアルミロード。
DSCN5394cds (1)
あくまで個人的な感想だけど実に真面目でいいアルミフレームなので
コンポは最低ティアグラは欲しい。
そんだけドロミテは、良質な7005系フレームだということ。
DSCN5384cds (2)
CORRATEC DOLOMITIフルカーボン PRO CONTROL FORK

DOLOMITI SLには、上位機種にも使用されているフロント
フォーク「PRO CONTROL FORK」を採用。
テーパーヘッドチューブによる剛性の高さとのマッチングに
より、高いコーナーリング性能を実現。

やはり上位機種のフォークを採用しているので、エントリーアルミでも
あれだけコーナーリング性能が異常に高かったのか。
納得、納得。
DSCN5386cs.jpg
DSCN5394cds (2)
DSCN5393cds (2)
DSCN5392cds (2)
DSCN538c8cds (1)

(コラテックはやはりエントリーモデルと言えど、走り重視)

やっぱりコラテックは、真面目で常に高品質なアルミロードを仕上げてきますね。
価格面においてもリーズナブルで買いやすい上に、購入後DOLOMITI SLの
高性能な走りに満足されるはず。
エントリー系アルミロードといえど、走りに妥協したくない方にはうってつけ。

ドロミテはコンポや仕様面でのコスパが高いというよりは、走行性能面での
コスパが高いモデルなんですね。
Cinelli - Saetta Radical Plus (105 - 2016) 35% オフ

2016年12月20日 トラックバック(0) コメント(0)

2015先行モデル! 2015 CORRATEC DOLOMITI NEW SHIMANO 105 COMPACT (5800) 仕様登場

コラテック2 (1)
2015 CORRATEC DOLOMITI ホワイト/グレー (注)画像はTIAGRA仕様。

おお、今度はコラテックの2015先行モデル!!!
2015 CORRATEC DOLOMITI NEW 105仕様か!

エントリークラスのアルミモデルに、新105を持って
きたか……

しかし、アルミとかクロモリ系の先行105スペックモデル
が続々と登場してきましたね。
凄い勢いだ……
5月あたり、2015先行モデルラッシュになるのだろうか……
(多分新105スペックモデルでしょうね)

2015 CORRATEC DOLOMITIの場合 SHIMANO 105 COMPACT (5800)
仕様で、支給開始がなんと5月末!  
5月にはもう出てくるのか……もうあんまり時間ないな……



定価162,000円
サイズ 46、48、50
フレーム CORRATEC 7005 トリプルバテッド アルミ
フォーク DOLOMITI カーボン
メインコンポーネント SHIMANO 105 (5800)
クランク 50 x 34T

スプロケット12-28T (11SPEED)
ハンドルバー ITM ALCOR 80
ホイール SHIMANO WH-RS11

コラテック2 (2)
シルバー/グレー

へえ、2015 CORRATEC DOLOMITI NEW 105って
2014モデルDOLOMITI ULTEGRAの歯数に近いんですね。

2014 CORRATEC DOLOMITI ULTEGRAの場合
クランク SHIMANO ULTEGRA、50x34T
スプロケット SHIMANO ULTEGRA、11-28T、11S


2015 CORRATEC DOLOMITI NEW 105の場合
クランク 50 x 34T
スプロケット12-28T (11SPEED)


2014モデルSHIMANO 旧105の場合スプロケットは12-25T、10S
だったので、11速化と共にワイドな設定になったんですね。

いずれにしても、これはみんなアルテグラスペックじゃなく、2015新105
スペックの方に走るんだろうな。
新105の方がお得ですよ、と暗にコラテック様が囁いているかの
様だ。
コラテック4
ブラック/イエロー
ホイールは11速対応 堅牢な作りのSHIMANO WH-RS11でいくのか。
ホイールも、11速化と言う事で2014アルテグラスペックと同じ。
コラテック5
インディゴブルー/グレー



個人的に旧コロネスとかCT-ROADとかの、コラテックアルミロード
が好きだったので、紹介してしまった……。
自分自身価格を抑えつつ、高性能なアルミロードが欲しい場合
コラテックは価格以上の性能を見せてくれるので、お得感があ
るのですよ。
とにかくDOLOMITIの2015先行モデル11速化は嬉しいニュース。
Cinelli - MASH Work (2017)

2014年04月26日 トラックバック(0) コメント(0)

2013モデル CORRATEC動画集


2013 CORRATEC X-VERT CARBON

2013 CORRATEC INSIDE LINK

2013 CORRATEC R.V. CARBON XT

2013 CORRATEC R.T. CARBON SX

2013 CORRATEC DOLOMITI 105 COMPACT, R501
 
さてと、そろそろ撮りためていた2013モデル動画をUPしないと賞味期限
が過ぎてしまうので、コラテックを中心に。
(かなりごった煮みたいな動画ですが)
でも、2014モデルが出てきてしまいますものね。


海外の方が動画を拝見されているようで、嬉しい限り。
やはり日本国内の自転車事情が気になるのかな?
何気に、日本で販売されているバイクは、世界から注目されているんですねえ。

にしても、CORRATEC INSIDE LINKが、カッコよすぎる……
全体として見てみると、コラテックのロードもMTBもフレーム
構造が似ているんですね。
最近は、どのメーカーもエアロ形状みたいなMTBが増えて
いるのかな。
ブルー&ブラックカラーがかっこえええ。

しまった……来年はコラテックのMTBとかも試乗しなくては。

ついでに、ビアンキもおまけで。

2013 BIANCHI INFINITO ULTEGRA Di2 COMPACT

2013年01月29日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 CORRATEC CT-ROAD SORA COMPACT 試乗体験インプレ

DSCN0183.jpg

(`・ω・´)……6061アルミニウム&シマノソラを採用した、コラテックエント
リーロードCORRATEC CT-ROAD SORA COMPACTです。

日本限定のオリジナルロングライドモデルということで、8万クラスと
格安。

コラテックなら、エントリー系でもそれなりの走行性能があるだろうと
いうことで試乗しました。

(試乗した感想)
ああ、なるほどー。
一応ロングライドモデルという事ですが、軽いペダリングでもぐいぐい
前に引っ張っていってくれる力を持ったアルミロードですね。


( ;゚ω゚)驚いた事に、コラテックにしてはかなり快適性&衝撃吸収力
が高め。
乗り易いし、たしかにこれは初めてロードに乗る方にはうってつけ
なのでは。

しかし、さすがにコーナーリングが少し辛い……ハイスピードでは
あまり曲がりたくないけど。

これで8万クラスのアルミロードという割には、結構走る方なのでは。

とりあえず、アルミといえど硬さとか、乗りずらさとかは気にしなくて
いいと思う。
逆にアルミなのに、本格的に快適性を高めています。
普段ロードやバイクに乗っていなくても、週末いきなり乗るパターンでも
いいかも。

コロネスとか、RTカーボンなどのモデルは戦闘的で、レース用という
感じだけど。CT-ROAD は本当の意味での長距離快適モデルなんだなあと
実感。
DSCN0184.jpg
乗り易く、なおかつ大した脚力を必要としないよく考えられた
モデル。
派手さはないけど、堅実なエントリーロード。
DSCN0192.jpg
トップチューブ高めで乗りやすい。
DSCN0190.jpg
上位モデル譲りのテーパードヘッドチューブ
DSCN0185.jpg
DSCN0189.jpg
DSCN0188.jpg
DSCN0186.jpg
DSCN0187.jpg
こうして見ると、シートステーの形が凝っているんですよね。
これが、あの快適性の秘密かな?
チェーンステーの形状も、ちょっと特殊。
DSCN0195.jpg
デザインに派手さがないので、あまり注目されないかもしれないけど
凄く手堅く仕上がっているのは確か。
これだけ衝撃吸収性が高くて、すいすい進むのに定価8万クラスなん
だから、恐ろしい。

長時間乗れば、更にCT-ROADのいいところが見つかる気がする。
CORRATEC コラテック’02Super Brow Fun Cornate【中古】

2012年12月11日 トラックバック(0) コメント(0)