KUOTA(クォータ) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > KUOTA(クォータ)

2017 KUOTA K-ALL ROAD LFS カモフラージュパターンを施した KUOTAのグラべルロードですよ!

IMG_7443-1.jpg
2017 KUOTA K-ALL ROAD LFS

2017 KUOTA K-ALL ROAD LFS

これはかっこいい! カモフラージュパターンを施した
KUOTAのグラべルロードですよ!

カラー カモフレッシュホワイト、カモフレッシュグリーン
しかもフレームは、グラベルロード専用の強度を有するフレーム。
荒れ道専用のグラベルロードの性能をデザインで表現したんですね


KUOTA K-ALL ROAD LFSに採用されコンポはTiagra・SORAの2種類
になるそうだ。

シクロクロスとロードバイクの間に存在するグラベルロードなので
細いタイヤだけでなく太いタイヤも装着させられることが可能。

IMG_7607.jpg
丁度上から見ると、カモフラージュパターンが目立って見えます。
IMG_7448.jpg
見た目エアロフレームの様に、トップチューブとシートステーが
一体型になっています。
普通にロードとして、高速走行にも対応可能っぽいですね。
IMG_7456.jpg
IMG_7450.jpg
フレームはカーボン。ヘッドチューブから見ると、まるでロードそのもの。
ケーブルもインターナル。
IMG_7454.jpg
フォーク先端にカモフラージュパターンが施してあります。
フロントフォークとリアにダボ穴があるため、前後にフェンダーが
取り付け可能。
ということは、普通にツーリング用としても使える便利さがあると
いう訳ですか。
だからブレーキはメカニカル仕様なのかな。
IMG_7463.jpg

あっ! これは凄い! シートステー上部にもカモフラージュ
パターンが施されている!!
さすがにグラベルロードだけあって、シートステーも堅牢に
出来ていますね。
それでいて、エアロ形状なカーボンフレームなんだからこれは
たまらない。

IMG_7457 (1)
IMG_7509.jpg
2017 KUOTA KIRAL

KUOTA KIRALに新カラーに、カモフラージュパターンが出る!?

これも……似合うな。
案外エアロフレームにカモフラージュパターンって、合うんですね。

カラー名は「カモフレッシュホワイト」というそうな。
ここ最近、MTBやミニベロ、グラベルロードにカモフラージュ
パターンをするのが流行していますが。
とうとうフルカーボンのロングライドやエンデューロ用フレームに
カモフラージュパターンか。
IMG_7516.jpg
IMG_7520.jpg
このデザインは、冬とかに本領発揮しそうですね。
(別に隠す意味はないと思うけど)
IMG_7510.jpg
KIRALはアップライドな姿勢がとれるカーボンフレーム。
これなら街乗りやストリートにも色々楽しめそうな
デザインですね。
IMG_7512.jpg
IMG_7517.jpg
IMG_7513.jpg
IMG_7522.jpg
IMG_7518.jpg
おお……シートポスト上部にまでカモフラージュ!!!!
カモフラージュカラーモデル、もっと増えないかな……
2017年モデル Bianchi(ビアンキ) Intrepida105 (イントレピダ105)[カーボンフレーム]純正ボトル&ケージ付[ロードバイク・ロードレーサー]

2016年07月18日 トラックバック(0) コメント(0)

2016 KUOTA KRYON試乗体験インプレ 最近のミドルグレードエアロロードは、ここまで抵抗感を削ぎ落としているの??

DSCN8692bfd.jpg
KUOTA KRYON

インターマックスブースにおいてイタリアブランドのミドルグレード
エアロモデルKUOTA KRYONに試乗しました。

( ;゚ω゚)……何々?? 最近のエアロロードはミドルグレードでも、ここまで抵抗感を削ぎ落としているの??
これでもまだ、KUOTA KRYONはミドルグレードか……

速度が増せば増すほど、エアロ効果が増大していってどんどん走りが軽くなっていく……


剛性を生かした加速というよりは、極限まで抵抗感を減らした加速感が快感!
しかし、KUOTA KRYONですらこうなんだから、KOUGAR(クーガ)やK-UNO(クノ)
はどんだけ凄い走りをするんだろう??


DSCN8691vx.jpg
(誰でも扱いやすく、乗り易いエアロロード)
このエアロフレームは高剛性タイプのエアロロードより、いくらか
快適性が高く乗り易いフレームでした。

ですので、最初エアロロードに乗っているという感覚がなかった
ですね。
普通に乗っていると、自然とエアロ効果を発揮し始めペダルが
実に軽い。
その時点で初めて、「そういえばエアロロードに乗っていたんだ……」
と気づいた。
DSCN8693ngf.jpg
トップチューブがアーチ形状。しかも、アップライドなハンドル位置
だったので扱い易かった。

巡航性能も有しているし、乗りやすいのでこれは万人向けのオールラウンド
タイプのエアロロードかもしれない。

ブランドの説明で「レースからロングライドまで用途を選ばずに高性能を
発揮するモデル」というのが確かにしっくりくる。

ただ、KUOTA KRYONのエアロフレームが有する、エア
ロ効果は、上位エアロロードとほぼ同レベルだと思う。
その代わり、誰でも扱いやすい様な剛性と快適性に
設定してあるのかな。
DSCN8694nf.jpg
ペダリングの力は通常のカーボンロードの70%程度のパワーで
済む感じ。
これは105組みだけど、Di2対応にしたら更に快適感が上がりそうだ。
(ここまで走りが楽なのに、電動変速までしたらちょっと楽すぎてヤバい
かもしれない)


レースに使用するのに、価格を抑えつつ即戦力の完成車ロードですね。
脚力が無くてもエアロ性能が十二分にカバーしてくれるし、長時間
乗っても体力は維持できそう。
DSCN8746n fg
そういえばKUOTA KRYONに試乗した後、気が付いたのですが
快適性高めのコンフォート系ロードよりも、疲労感が少ないのですよ。
インターマックスのスタッフ様にその感想を伝えた所、
(`・ω・´) やはりKUOTA KRYONが有するエアロ効果の恩恵だという熱い、熱い説明が!!



想像以上に、エアロ効果がどの速度域でも発揮されていたと思います。

エアロ性能を強化したエアロロードKUOTA KRYON
を購入する事によりレーシング性能だけではなく、エアロなコンフォート性能
もユーザーは手に入れる事になるのでは。
(価格を抑えたミドルグレードながら、それだけレベルの高いエアロ性能を
KUOTA KRYONは有しているということですね)
KUOTA(クォータ) 2016年モデル KRYON (クレヨン) 105

2015年11月14日 トラックバック(0) コメント(0)

2015 KUOTA KOBALT ミドルグレードエアロモデルを、エントリーモデル化したかの様な、ビジュアルと内容

DSCN5663d (1)
これがKUOTAの新型エントリーモデルKOBALT。
これが一番売れるんだろうな……
SHIMANO NEW 105仕様で定価 ¥219,800
SHIMANO TIAGRA 仕様で定価¥197,800

イタリアンKUOTAのカーボンなのに、ティアグラ仕様だと20万切るんだ……いいなあ。
その代わりそれ程、エアロ形状じゃないんですね。
エアロ形状のシートポストじゃないんだ。(すぐに、交換可能な様に配慮してくれたのかな)
全体的に見事なエアロ風味のフレームなのに、丸型シートポストを持ってきたあたりが
ちょっと親切。

DSCN5683d (1)
しかもエントリーグレードなのにBB386仕様。
この仕様って、ミドルグレードモデルをエントリーグレード化したかの
様ではないですか?

ちなみに画像はフルクラムホイールだけど、実際はVision Team25を採用予定
だそうな。
DSCN5667d.jpg
一見オーソドックスなフレーム形状は、クセの無い、素直なライディングフィールが持ち味。
ブレーキ系、シフト系も全部内臓なので、ちょっとした高級感もあるじゃないですか?
Di2にも対応しているし。

とはいえ更に上位モデルのクレヨンは、エアロシートポストに、BB386だったりするのか。
パワーもエアロ効果もやはり上位モデルの方が向上しているん
でしょうね。
ただし、快適性は相当強化されているそうなので、ちょっと素直で乗り易そうかな。
DSCN5669.jpg
DSCN5670d.jpg
ハンドルとかステムもエントリーモデルとはいえ、Deda製なんだ。

これで、エントリーグレードと言われても……いいなあ。
DSCN5663d (2)
DSCN5675d (1)
ブラックかと思ったら、これグレー×イエローカラーだった。
その他にもグレー×ブルー、ホワイト×ブラックカラーが存在する。
重量1090g フォーク470g
どうも、ホワイト×ブラックが人気らしい。
分かるなあ……いいなあ、買った人。最近は初めての一台に、こんないいフレーム
が手に入るのか……。
ホワイトもいいけど、このグレー×ブルーもいい。
昨日の2015 FELT F7といい、なんてこうエントリー系カーボンモデルがこうも充実して
いるんだろう?
DSCN5675d (2)
105仕様で定価21万、TIAGRA 仕様で定価19万でしょう?
なんと悩ましい価格設定。
多分ショップは全力を挙げて、新105を勧めてくるはず。(確かにその方がいいのは、実に
良く分かる。旧105とティアグラスペックの場合でも、体感的に全然違うし)

思わずこの絶妙かつ巧妙な心理をついた値段設定を見て唸ってしまった。
もし円高だったら105仕様も19万クラスだったかもしれないかと思うと……。
そう考えると、為替相場ってバイク界全般の仕様や価格にとんでもない影響を
及ぼしているですね。

そういえば、全然全く関係ないけど2014年モデルで
シフターだけ旧105、他はティアグラスペックのロード
仕様が凄まじく多かったじゃないですか?

さすがに2015年モデルはその傾向が消えて、新105フ
ルスペックが激増しまくり。
DSCN5683d (2)
このモノステーといい、どう見てもエントリーグレードじゃないですよね。
新105ホイールと、フレームのデザインの相性も良さげだし。
MERIDA(メリダ) 2015年モデル RIDE 400 ライド400 【ロードレーサー(ロードバイク)】【ロードバイク】

2014年10月10日 トラックバック(0) コメント(0)

2015 KUOTA KHYDRA展示車に油圧ディスクブレーキBR-RS785が実装されている!

FG5.jpg
2015 KUOTA KHYDRAの展示品に油圧ディスクブレーキBR-RS785が
実装されている!
これが機械変速式油圧ディスクブレーキって奴か。

 KUOTA KHYDRAはディスク専用カーボンフレームだから、見事にフ
ィットしている。
全然違和感ないや。

シフターは機械式変速ST-RS685なのかな?
リア11速を変速しつつ、油圧ディスクを操作するなんて
どんな感覚なんだろ?
ケーブル……いや油圧だからホースか。
全然ホースが見えないや。ホース類の見事にカーボンフレーム内に
内蔵されている。
FG46.jpg

遠くから見ると、ディスクもあまり目立たないもんで。
その内機械式ブレーキキャリパーが、Wレバー変速みたいなレトロ扱
いされてしまう日が来るんだろうか。


普通にディスクブレーキ専用カーボンフレームがどんどん身近にな
ってきていませんか?
最初から、キャリパーブレーキ台座が消滅しているし。

だから、見た目がすっきりしているのかな。
FG56787.jpg
フロントフォークに油圧ディスクブレーキBR-RS785を固定しています。
マウントタイプはポストマウント方式。
ハブ軸に対して直角方向にボルトを通して固定。
利点はパッドの位置調節が用意であるし、ブレーキ力を面で受けるので
ブレーキング力が高い。
FG325 (2)
シマノが提唱する規格、センターロック方式ディスクローター
SM-RT99が確認できます。
放熱性に優れたアイステクノロジーローター&パッドにより、どの
様な環境下においても安定した制動力を維持。



ワイヤーの伸びにより、ブレーキング性能が変化するワイヤー式
ディスクブレーキと油圧式は違うんですね。
FG65.jpg

油圧式なので、レバー→マスターシリンダーからの入力でピストン
を動かすのでパッドの残量に関わらず安定したブレーキングを維
持出来る。
やはり長時間走るロングライド系モデルなので、長時間&長距
離という環境下にこの油圧ディスクブレーキが適しているのでしょう。

へえ、取り付け位置はシートステーだけではないんですか。
チェーンステーと、シートステーの間に上手く収納してあるですね。
ディスクブレーキ台座はカーボンだけに見えますが、内部にアルミ補
強が入っているそうな。
cc-rm-classic-n_1.jpg
cc-rm-classic-n_2.jpg
あと個人的にメモ用ですいませんがBD-1Classic に限定カラー仕様
が登場したそうな。
(なんと、グラファイトカラ―とスコッチブライトカラーの2色!)

大好きなミニベロなので、この追加カラ―が出てきた事がちょっと
嬉しい。
かっこいいし、それになんか懐かしさもあるし。
BD-1Classic の定番カラ―ブルーとレッドも売れているのかな?
BD-1(ビーディーワン) 2014年モデル Classic クラシック 【折りたたみ自転車(スポーティー)】【折りたたみ自転車(フォールディングバイク)】

2014年07月26日 トラックバック(0) コメント(0)

KUOTAの新型ロングライドモデル2014KUOTA KIRALなど、新型3モデルを観察してみる

DSC04009.jpg
ちょっと、2014 KUOTAに、超高速対応ロングライドモデル、ディスク搭載モデル
が出ていると聞き、軽くチェックしてみました。
(´・ω・)……機会があったら後日実車の方も、確認したいと思います。


で……これがKUOTAの新型ロングライドモデルKUOTA KIRALですか。
トップチューブが長くて、ダイナミックなアーチ形状ですねー。
うわー、確かに長時間乗ってもいけそう……フレームも、衝撃吸収性を
高めに設定してあるそうですよ。

シートステーまでアーチ形状になってる。徹底した快適ロードモデルなん
だなあ。
KUOTAがここまでコンフォート性能にこだわる時代になったと
いう事か。

定価は コンポーネントグレード別に設定

ULTEGRA Di2(6870)完成車が¥499,047(税抜)。
ULTEGRA(6800)完成車が¥380,952(税抜)。
105完成車¥299,047(税抜)。
フレームセット¥236,190(税抜)

BBはFSAの新型「BB386(EVO)」を採用。
DSC04010.jpg
なんて太いヘッドチューブだろう……
てっきり快適重視のロングライドモデルかと思っていたら、加速性能が
大変優秀らしい。

ホイールベースもそれなりにあるし、巡航性能にも長けているのは分かりますが
巡航中、更に加速する能力にも長けているとか。

ほお……ロングライドモデルで、推進力のある戦闘用モデル???
どの程度、速能力が優れているんだろう?
DSC04011s
KUOTA KHYDRA(キドラ)
これがKUOTA KIRALのディスクブレーキ搭載モデル。
フレームセット定価¥274,285(税抜)
ディスクブレーキ搭載可能だけあって、KUOTA KIRALよりもフレームは
高めの設定。
ディスクブレーキ搭載可能なだけあって、フレームの堅牢性も高いのかな?
DSC04012あ
超高速ロングライドモデルだけあって、強力な制動力を持つディスクブレーキ
を搭載させたそうな。
(そこまで、高速巡航出来るのか……)
やっぱり各社、ロングライドモデルあたりのディスク化に懸命になっているの
かな。
KIRALもディスク搭載のKHYDRAも、ボリュームのあるトップチューブ&ダウンチ
ューブに対してリアが細めではないですか?
なんかそのあたりが、不気味なんですよ。しかもディスク対応までしちゃうん
ですよね?
気になるなあ……
DSC04000s
フラグシップモデルの2014 KUOTA KOM「KING OF MOUNTAIN」
ですけど。
蛍光色バージョンがあるんですね。
今回の特徴として、軽量化ではなく徹底的に剛性を強化。
ただでさえ、ボリュームのあるフレームに、なんと補強リブ
までかませてきた!?
(しかも、外部補強リブ)
DSC0400あ1
おおおおおおおお、これだけボリュームのあるフレームなのに
更に補強リブが入っている!!!!
剛性をどこまで高めれば気が済むんだろう??
Bianchi (ビアンキ) 2014年モデル SEMPRE PRO Ultegra (センプレプロ アルテグラ)【ロードレーサー】【ロードレーサー(カーボン)】

2013年10月12日 トラックバック(0) コメント(0)