MARIN スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > MARIN

2017限定クロモリクロスバイクMARIN NOVATO(マリン ノバト) サムシフター仕様のクロモリ系クロスバイク 

imgrc0067368130.jpg
2017限定クロモリクロスバイクMARIN NOVATO(マリン ノバト)

米国マリンの限定クロモリクロスバイクなんですけど、変速機構が
なんとサムシフター仕様ですよ?
変速機構はインデックスタイプが主流の現在において、実に
レアな限定モデルというべきでしょう。
imgrc0067368123.jpg
フロントダブルとリア8速を、全てサムシフターで変速操作するクロスバイク
とというのも珍しいですね。
大抵リア変速のみの、フロントシングルモデルに良く用いられていますものね。

NOVATO=アメリカ カリフォルニア州マリン カウンティ
にある都市の名前が由来している。

(MARIN BIKESと日本代理店のFFCが共同開発した限定モデルなので
数は少ないモデルになる)

カラーはブラックにシルバーのデカールを配したマットブラック
imgrc0067368118fvs.jpg
艶消しのガンメタシルバーにブラックを配したガンメタシルバー
以上の2色展開。

imgrc0067368129.jpg
見ての通り、左右にサムシフターを配置しています!
最近フリクションタイプの変速機構がまた流行っているのかな。

仮にドロップハンドルの場合バーエンドコントローラーの
場合ハンドルから手を離さなくてはならないですけど。

MARIN NOVATOの場合、ハンドルから手を離さなくていい
フラットバー+サムシフター仕様。
お手軽に変速操作が出来るフリクションタイプだからいいですね。

ダウンチューブ付近に配置されたWレバー変速機構も、一時変速
操作の為、手を離さなくてはなりませんし。

imgrc0067368128.jpg
なるほど。サムシフターを配置することでハンドル周りが
実にシンプル。
しかもセンスが良い事にブラックのスレッドステム仕様。
imgrc0067368120.jpg
フレーム DOUBLE BUTTED 4130 クロモリ

クロモリ系シングルスピードの様なシンプルさ。
しかもサムシフター仕様だから、相当堅牢な仕上がり。
アルミ系クロスバイクよりも、頑丈なのは間違いない。
ハードな条件下で、街乗りに仕様するにはぴったり。
imgrc0067368127.jpg
ブレーキ TEKTRO DUAL PIVOTブレーキ
imgrc0067368126.jpg
フォーク クロモリ リジットフォーク

おお……オールクロモリ系クロスバイクだ。
しかもタイヤはSCHWALBE製。
imgrc0067368125.jpg
フロントディレーラー SHIMANO
リアディレーラー SHIMANO Tourney
クランク CLASSIC FORGED 50/34T
カセット Shimano 8-Speed
変速 16段変速
imgrc0067368124.jpg
シートチューブに誇らしげなクマが星条旗を掲げている!

なんてUSAなクロスバイクだ。
imgrc0067368122.jpg
imgrc0067368121.jpg
タイヤ SCHWALBE LUGANO 700X28C

耐摩耗性がある、シュワルベ「ルガノ」を採用。

ここ最近のカーボンパーツなどをふんだんに採用してロードスペック
に限界まで近づけた「フラットバーロード」とは対極にある、街乗り最
重要視のクロスバイクというべきでしょう。
【クロモリ限定モデル】MARIN(マリン)NOVATO(ノバト)クロモリクロス・アーバンバイク【送料プランC】 【完全組立】

2017年01月24日 トラックバック(0) コメント(0)

30周年限定モデル MARIN FOUR CORNERS 30th LIMITED MODE(マリンフォーコーナーズ)

imgrc0065051379.jpg
MARIN FOUR CORNERS 30th LIMITED MODE

30周年記念モデル マリン フォーコーナーズ。
クロモリスローピングツーリングバイクって、珍しいですね。
マットニッケルが渋いフレームには4130クロモリフレームを採用。
しかもディスク仕様か……。


バネ感のあるしなやかな走りとシンプルな外観が特徴的となります。
リアエンドにはスルーアクスルを採用。
imgrc0065051371.jpg
タイヤ SCHWABE SILENTO 700 x 40C

700×40Cとクッション性の高いタイヤを初期で採用。
なんでこんな仕様になったかというと、ツーリングの際
大量の荷物を積むことを、最初から想定している為。
imgrc0065051373.jpg
キャリアダボ穴もあるので、ツーリングにもってこいか。
一見ストリート系クロモリにも見えるけど、
フロントリアキャリアを搭載してバッグなどを装着し長旅
にも対応可能。

ワイドなタイヤクリアランスとメカニカルディスクブレーキ!
ロードツーリングを完璧にこなせる様に設計されています。
imgrc0065051378.jpg
シフター SHIMANO SORA

シクロクロスやグラベルロード的に、悪路を長距離走破する
能力がフォーコーナーズにはある。
とはいえ、ツーリング性能を重視したクロモリバイクでも
あるのか。
imgrc0065051377.jpg
ええのう……マットニッケル。
また長めのヘッドチューブを採用し、アップライトな乗車姿勢を実現。
楽なポジションでのロングライドが可能となっております。
imgrc0065051376 (1)

フォーク クロモリ
ブレーキ TEKTRO メカニカルディスクブレーキ

ロイードバイクのスピードよりも、使い勝手やどっしりした
走行安定性を重視。
フォークもクロモリで、とことん堅牢そうだ。

価格はエントリーモデルだけど、頑丈さに関してはトップクラスの
ロードかもしれない。
もちろんマルチに使えるけど。
imgrc0065051375.jpg
imgrc0065051374.jpg
ヘッドチューブが長い&細いなあ……なんかチタンモデルみたいな
ビジュアル?
アルミ系シクロクロスやツーリングモデルでは、ありえないデザイン
ですね。
どうしても、アルミ系フレームだとフレームが太くなっちゃうじゃない
ですか?

このパイプの細さがやっぱりいいわ。
スタイリッシュ感が、とことん上手い。
imgrc0065051372.jpg
フロント&リアディレーラー SHIMANO SORA
クランク SHIMANO SORA 50/39/30T
カセット:SHIMANO ALIVIO 12-36T


シマノSORA27スピードドライブトレイン!
フロントトリプル仕様なので、荷物を大量に積載して
坂道もどんどんいけそうだ。
imgrc0065051370.jpg


imgrc0065051269.jpg
アルミグラベルロード/ツーリングバイクMARIN GESTALT


ちなみに、アルミのMARIN GESTALTだとスローピングフレームに
ボリュームが増す。
imgrc0065051265.jpg
これはこれで魅力的ではあるけど。
細身のスローピングがいいなら、FOUR CORNERSという事になるん
でしょうね。
2016モデルMARIN(マリン)GESTALT1(ゲスタル1)グラベルロードバイク・ツーリングバイク【送料プランC】

2016年05月20日 トラックバック(0) コメント(0)

2015 MARIN ARGENTA SE-C(マリン アルジェンタSE-C) ブルホーンカスタム

imgrc0064101681ujyh.jpg
MARIN ARGENTA SE-C ブルホーンカスタム

MARIN  ARGENTA SEといえばアーバン系アルミロード
として、アメリカでは販売されていませんが、2014年あたりから
日本での販売が開始されたモデルです。

乗り心地の良い6061系アルミに、クラリススペック2×8SPEEDの
アーバン系ロードなので、見ての通りレース系ロードではないですけど。

ARGENTA SE-C をブルホーンカスタムにして、さらにスタイリッシュに
こだわったカスタム仕様。
変速操作はブリヂストンヘルムズの様なレーバー変速ではなく、クラリスSTI
で行う事になります。

オリジナルカスタム車
ハンドル ブルホーンバー(TNI)
ステムKCNC
バーテープ ITM
imgrc0064101688.jpg
ダークグレーパーツを採用。こうして見ると、なんだか引き締まった
シングルスピード風のテイスト。

ドロップハンドルは嫌だけど、ロングライド向けに乗りたい方にも。

バーテープカラーがイエローなのは、ロゴカラーに合わせたんで
しょう。
imgrc0064101682.jpg
imgrc0063603982.jpg
MARIN ARGENTA SEの金属製のヘッドバッジには、
おなじみのグリズリーベアーではなくて、マウンテンバイク発祥の地、
タマルパイス山が描かれている。
(タマルパイス山は、サンフランシスコ市内から見て北に30km位置する)
やっぱりこういうデザインを見ると、カリフォルニアのブランド
なんだなと思う。
imgrc0064101684.jpg
ブルホーンの先端にSTIレバーを搭載。
なんとなく個人的に、ブルホーンって先端に変速レバーを取り付けて。
変速操作をする感覚も楽しいけど。
STIの場合は、よりお気楽に変速操作が出来るからこれはこれでいいかな。
imgrc0064101683.jpg
販売価格8万円クラスながら、カーボンフォーク仕様。
imgrc0064101685.jpg
ブレーキ TEKTRO R340 サイドプル
imgrc0064101687.jpg
元々MARIN  ARGENTA SEのロゴデザインは90年代MTB
のデザインを意識したそうだけど、お見事にアーバンバイク風に見えますね。
ブルホーンにカスタムすると、こうなるのか。

元々カリフォルニアのMTB系ブランドですが、そのテイストを
ロードでも楽しめる様にリデザインされたのが、このアルジェンダ。


クランク SHIMANO CLARIS 50/34T
カセット Shimano HG50 11-30, 8 Speed
フロントディレーラー&リアディレーラー SHIMANO CLARIS
imgrc0064101686.jpg
リム ALEX DC19
タイヤ SCHWALBE LUGANO 700 x 25C

カラーリングはマットブラックカラーがベースになっている。
日本限定仕様ということで、都内でスーツを着ながら走るのに
似合うカラーリングを考慮した結果、このマットブラックカラーが
MARIN ARGENTA SE採用されたらしい。

しかし、ブルホーン化すると、逆にスーツだけではなくカジュアル系
にも普通に似合いそうだ。
【エントリ/2shopでP5倍(2/17 10時まで)】【限定カスタムモデル/ブルホーン化】MARIN(マリン)ARGENTA SE-C(アルジェンタSE-カーボンフォーク)ロードバイク・アーバンバイク【送料プランC】

2015年02月16日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 MARIN MUIRWOODS 29er MTBテイストを色濃く残した29erクロスバイク

o0750050012572131338.jpg

これは、かなり渋いクロモリモデルですよ。
29erホイールのUSAクロモリクロスバイクです。

確かに29erMTBはスピードが乗ると、なかなかの機動力を見せて
くれますが、それをマリンはクロスバイクに応用したモデル。
だから、仕様を見るとMTBメーカーのマリンらしくMTB
テイストが色濃く残っていますね。


しかもフロントサスもありませんが、フレームはクロモリ&クロモリ
リジットフォークという渋さ。

山用29erをマリンらしく、クロモリクロスバイク仕様にしてその走破性
を獲得しつつスピード性を強化しています。

あくまで毎日乗る事を想定して、ブレーキメカニカルディスクブレーキ
採用。

あと、機能面の他にグラフィックスが2013モデルの場合洗練されて
いる点が気に入りました。
(特にトップチューブあたり)
o0500033312572131885.jpg
うーんUSAらしくハンドル幅がそれなりにあってかっこいい
ですね。
道路幅が狭い路面では、いくらか厳しいかもしれませんが、
購入時カットする手もあります。

シフターはShimano Acera Rapid Fire Plus
o0500033312572131714.jpg
ケーブルもクールなカラーリングですね。
グリズリーベアーもヘッドバッジに描かれています。
o0500033312572131713あ
ブレーキ Tektro Novela Mechanical Disc
o0500033312572131336.jpg
クロモリフレームにもグラフィックがあしらわれています。
MTB系クロモリフレームを採用しているので、強靭
なフレームになっています。
o0500033312572131715.jpg
o0500033312572131335.jpg
MARINのロゴも、きちんとあしらわれています。
o0500033312572131712.jpg
クランクはトリプル TruVativ E300 C 3.0, 48/38/28T
SHIMANO DEORE搭載 カセット11-32  8 SPEED
フロント3×リア8=24SPEED

o0500033312572131884.jpg
タイヤはスリックタイヤを採用した1.6

一応日本で販売されているMARIN MUIRWOODS 29erは
クロスバイクとしての展開になっています。
しかしUSA本国においては、街乗り及び、郊外などへ長距離
移動する事を計算して設計されたとか。
だからこそ、29erなんでしょう。


やっぱり米国ではシティコミューターみたいな、実用的な指導手段
としてこういうモデルが求められているんですね。

ぶっちゃけ、行先を考えた時このMUIRWOODS 29erなら日本国内に
おいても、大抵の場所へ移動出来てしまうのも心強い。
2013モデルMARIN(マリン)MUIRWOODS29r(ミュアウッズ29r)29erクロスバイク【送料プランB】

2013年06月12日 トラックバック(0) コメント(0)

2010 MARIN LOMBARD(マリン ロンバルド)

img10634690270.jpg
ちょっと、気になるモデルMARIN LOMBARDです。
MTBメーカーのMARINが作ったロードだけあって、まるでしシクロ
クロスバイクみたい。
なんと、タイヤはMaxxis Overdrive, 700 x 35cとかなり太め。しかも
ビレーキは強力なディスクブレーキと、ちょっと面白い仕様になって
います。

フレームは6061 アルミトリプルバテッド。で、ダウンチューブが前輪
の形に合わせて変形しているのが、なにか心に響きますね。
何かデザインに陽気な悪意みたいのを感じます。
トップチューブも、なにか波の様にうねっています。これはもう「遊ん
だ」成型を試みています。
そういえば、ケーブルもトップチューブの上の方に配置されていると
いう事はやっぱり肩で担ぐ為に計算しているのかも。
うーん。

クランクはトリプル52/42/30T。正に悪路というか田舎道を走る為の仕
様みたいです。

コンポーネントは新登場のShimano 2300で固め、しかもなぜかブラック
カラーでシャープに固めています。

(´・ω・`)……それにしても、なぜかこのブログではシクロクロスが大人気
です。意外に世の中はシクロクロスを求めているのでしょうか?
もしかして、スピードだけを追い求める時代は終わりを迎えてつつあるの
かも。
ところで。今日は雨の中を走らなくてはならず、現在清掃大会です。

2009年12月03日 トラックバック(0) コメント(0)