riteway スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > riteway

【速報】2018 RITEWAY SONOMA ADVENTURE&GLACIER-SW MTB代わりに普通に使えそうだ

(´・ω・`)引き続き、2018年モデルRITEWAYの速報です。

k18rit_glacier-sw.jpg
k18rit_glacier-sw2.jpg
2018 RITEWAY GLACIER-SW MINIVELO-BIKE


2018年モデルの RITEWAY GLACIER-SW もタイヤは極太路線で、耐パンクベルトを内蔵している極太1.95インチ幅
TEKTRO Novera メカニカルディスクブレーキを採用しているので、太目のタイヤとの相性もいいのでは?

乗り降りしやすいスタッガードフレーム仕様。シートチューブとトップチューブとの接合部にサポートチューブが付いているので、その部分を持ち手にすることが可能。
(´・ω・`)運搬性能も高いミニベロでもありますが……相変わらず走破性が高そうなミニベロですね。
フロントサスペンションにSWING SHOCKを装備。

先日紹介した2018 RITEWAY SHEPHERDもそうですが、タイヤのボリュームをしっかり確保している新型モデルが見受けられます。
2018年モデルのライトウェイは、走破性を重視したモデルが増えているのかな?
カラーリングも少し、攻撃的な感じになっています。
k118rit_sonoma-adv.jpg
2018 RITEWAY SONOMA ADVENTURE
(´・ω・`)2017年モデルではツーリングに使用可能なスチールフレームだったSONOMA ADVENTUREですが。
どうやら、2018年モデルでもその頑丈なスチールフレーム路線は継続の模様。
2017年モデルはツーリング性の高さを歌っていましたが、2018年モデルからは「街でも山でも」。

ただ29erタイヤを装備したディスクブレーキ仕様!?  
その気になれば、山でも乗れるのか……山……とうとう山か。

登板性能を重視しフロント3段ギアを装備しているので、ツーリングにも対応可能。

クランク SHIMANO FC-A073(50×39×30T)
スプロケット SHIMANO CS-HG200(12-28T)
フロントディレイラー SHIMANO FD-A073
リアディレイラー SHIMANO RD-A070
3×7=21段変速

リーチの短いハンドルバーにすることで、ドロップハンドルのメリットを残しながら握り易いポジションに。
ベンドしたフロントフォークと細身のシートステーにより、しなやかな乗り心地を実現。
コントロール性に優れるメカニカルディスクブレーキ(TEKTRO Mira、メカニカルディスク)。
雨の日でも安定した制動力を発揮します。

k118rit_sonoma-adv2.jpg


 ( ;゚ω゚)ただ、2018年モデルのカラーリングがグロスブラックとグロスチタンシルバー???
あのレトロ感満載のアドベンチャーグリーンやセツゲンホワイトは継続されなかったか……
ツーリングモデルなカラーリングというよりは、グラベルロードの様な攻撃的なカラーリングにイメージチェンジした模様。

アスファルトでは転がり抵抗が低く、オフロードでは強力なグリップ力が得られるKENDA製MTBタイヤ(KENDA SMALL BLOCKS8 29×2.1)を採用。
29erタイヤを装備……税込 77,565 円だそうだから、過酷な環境下でロードを使いたい場合はSONOMA ADVENTURE ならリーズナブルに走れるか。

MTBから乗り換え➝グラベルロード&シクロクロス&アドベンチャーロードという流れが最近出来つつありますが。
その層をSONOMA ADVENTUREは狙っているのかもしれませんね。

【予約受付中】グラベルロードバイク ライトウェイ 2018年モデル ソノマアドベンチャー マウンテンバイク【29インチ×2.1インチ】 RITEWAY 2017 SONOMA ADVENTURE GRAVEL-ROADBIKE MTB【26er】自転車【ワイヤーロックプレゼント】【送料無料】【期間限定防犯登録無料】

2017年05月27日 トラックバック(0) コメント(0)

【速報版】2018 RITEWAY SHEPHERD 量産車世界初のサイズ別ホイール展開を採用したNiauデザイン

k18rit_shepherd.jpg

2018 RITEWAY SHEPHERD CROSSBIKE
(´・ω・`)2018 ライトウェイの予約がスタートした模様。
名称がSHEPHERD CITY(2017)➝ SHEPHERD(2018)になったのか。

おお、フレームサイズ別に適したホイールサイズが用意されている!!



タイヤサイズ:フレームサイズ(適正身長)

24インチ:460(150-160cm)
26インチ:510(160-170cm)
700C:570(170-180cm)


なんでも量産車世界初のサイズ別ホイール展開を採用したNiauデザインだそうです。
ホイールサイズ毎に各部の寸法を細かく調整することで、身長150cmから180cmの人まで、誰が乗っても快適な設計を実現。
日本人の体格データを基に通勤、通学やサイクリングに最適化した乗り心地ですって。

(´・ω・`)24インチから、26インチ、はたまた700Cまで用意されたクロスバイクというのも珍しい。
24インチRITEWAY SHEPHERDの実車見てみたいな。

k18rit_shepherd2.jpg
MATTE NAVY(マットネイビー)、MATTE WHITE(マットホワイト)、MATTE RED(マットレッド)
MATTE GREY SILVER(マットグレイシルバー)、MATTE BLACK(マットブラック)の六色展開。


(´・ω・`)他にも見どころがいっぱいありまして……クランクがシングル化したり、ステムにスマートフォンを固定できるマウントを標準装備。
ペダルもこの価格帯でアルミ製。インテグラルヘッド仕様に、シマノ製Vブレーキとなかなか仕様面では充実しています。
更になんと38mmのタイヤを採用。
カラー数を絞って、パーツやホイールサイズなど機能面を重視が2018年モデルの特徴の模様。




(フォーク)クロスバイクでは上級モデルにしか採用されない6061アルミ素材を採用。

(テスト)国際安全基準である。《ISO4210-6規格》を上回る強度試験をクリア。
欧米スポーツ用自転車として販売可能なレベル

(ペイント)カラーリングは日本のクリエイティブ制作会社《BLK Inc.》が担当。
美しいだけではなく、購入時の色彩を長時間保つ耐候性も備えています。

(ヘッドセット)クロスバイクでは珍しいベアリングパーツが全て内蔵されたインテグラルヘッド仕様。

(ホイール)リム内部を二重構造にして、軽さと強度を両立。
スポークは14番の丈夫なステンレススポークをロードバイクと同じイタリアン組で仕上げています。

(タイヤ)一般的なクロスバイクの32mm幅に比べて幅広な38mmのタイヤを採用。

(スプロケット)11-34T ワイドギアを採用
(クランク)1978年から続くクランク専業ブランド【LASCO】と開発したスパイダーアーム一体成型。

(ブレーキ)安全に直結するブレーキには最大制動力とコントロール性に優れたシマノのVブレーキ《BR-T4000》を採用。

(ハンドル)手前に15度曲がるスイープ角をつけた特別なフラットバーを装備。

(サドル)街乗りの最大の悩みであるお尻の痛みを解消する3層構造。

(ペダル)アルミ一体成型のスタイリッシュなコンパクトペダルを採用。

(バルブ)空気の注入口を守るバルブキャップにアルミ素材を採用。

(ボトルケージボルト)特別仕様のロープロファイルねじを採用。

(キャリアマウント)シートステーの裏側にキャリア用の隠しボトル穴をセットしています。
【予約受付中】ライトウェイ 2018 シェファード クロスバイク RITEWAY SHEPHERD CROSSBIKE 自転車【ワイヤーロックプレゼント】【送料無料】【期間限定防犯登録無料】

2017年05月26日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 RITEWAY SHEPHERD CITY  デジタルネコフラージュカラーは、なんとネコのドット絵!!

IMG_6418.jpg
IMG_6426-820x460.jpg
2017 RITEWAY SHEPHERD CITY (DIGITAL NEKO FLAGE / デジタルネコフラージュ)

2017年モデルのSHEPHERD CITYは14色展開!?
これが噂のドット絵デジタルネコフラージュか。

レトロゲームみたいで楽しいデザインですねー。
おお、トップチューブに猫が大量に隠れている!
IMG_6463.jpg
EIGHT ORANGE METALLIC / エイトオレンジメタリック
IMG_6485.jpg
GALAXY GRAY METALLIC / ギャラクシーグレーメタリック
IMG_6507.jpg
SUNSET BLACK / サンセットブラック
ブラック系カラーリングになると、ステムなどのカラーが
ブラックになるのか。
カラーリング別に、パーツカラーもコーディネートしているん
ですね。やはり芸が細かい。
IMG_6529.jpg
SKY BLUE / スカイブルー
IMG_6553.jpg
IMG_6572.jpg
FORTUNE YELLOW / フォーチューンイエロー

チェーンステー表やチェーンステー裏側にネコが隠れています。
IMG_6578.jpg
CLUBMAN BROWN METALLIC / クラブマンブラウンメタリック

クラブマンブラウンメタリック?
英国風のSHEPHERD CITYか。
ツーリング系に使うには、楽しいカラーリングかもしれない。
使用目的別にカラーリングを選択できるのもいいですね。
IMG_6580.jpg
RED HOT METALLIC / レッドホットメタリック
IMG_6584.jpg
KIWI GREEN METALLIC / キウイグリーンメタリック
IMG_6585.jpg
SNOW DOME WHITE METALLIC / スノードームホワイトメタリック
IMG_6586.jpg
MARIN ROUGE PURPLE METALLIC / マリンルージュパープルメタリック
IMG_6442.jpg
SABER BLUE METALLIC /セイバーブルーメタリック

もしかして、クロスバイクとしては2017年モデル中最多の
カラー展開??
以前から、年を追うごとにどんどんカラーリングが増えていき
ましたが。

もちろん、フェンダー、スタンド、キャリアーなども取り付け可能。
買い物からツーリングまでこなせるお得な一台。
日本人の体形に合わせたフレーム設計も健在。
コンポはターニーをメインに、ブレーキ、ハブに至るまで全て
シマノ製パーツで統一。
cc-ritwy-shepcity_5.jpg
シフター SHIMANO ST-EF510
cc-ritwy-shepcity_19.jpg
ハンドル アルミ合金
ステム アルミ合金
ギア数 3×8=24段変速
cc-ritwy-shepcity_8.jpg
フォーク 軽量スチール
cc-ritwy-shepcity_3.jpg
フレーム NFデザイン 6061アルミ合金
cc-ritwy-shepcity_7.jpg
ブレーキ SHIMANO BR-T4000 Vブレーキ
やはり、この辺は徹底してシマノ製にこだわっていますね。
cc-ritwy-shepcity_9.jpg
フロントハブ SHIMANO HB-TX800
この価格帯にしては、きちんとシマノ製ハブを採用。
cc-ritwy-shepcity_11.jpg
フロントディレーラー SHIMANO TOURNEY FD-TX800
クランク SHIMANO TOURNEY FC-TX801 (48x38x28T)
cc-ritwy-shepcity_12.jpg
タイヤ KENDA 700x32C
cc-ritwy-shepcity_13.jpg
サドル マシュマロサドル
cc-ritwy-shepcity_15.jpg
リアディレーラー SHIMANO TOURNEY RD-TX800
スプロケット SHIMANO CS-HG200 (12-32T)
cc-ritwy-shepcity_16.jpg
リム ALEX Z1000
cc-ritwy-shepcity_17.jpg
重量 12.2kg
フレームサイズ 380 / 420 / 460 / 500
適応身長 380(150〜170 cm)
420(155〜175 cm)
460(160〜180 cm)
500(165〜185 cm)
《在庫あり》RITEWAY(ライトウェイ) 2017年モデル SHEPHERD CITY (シェファードシティ)[Vブレーキ仕様][クロスバイク]

2016年07月26日 トラックバック(0) コメント(0)

2016 RITEWAY GLACIER SW  相変わらず、足回りがミニベロ離れしている一台ですね。

100000030969-l0.jpg
2016 RITEWAY GLACIER SW ステルスブラック

お!  RITEWAY GLACIER SWが2016年も出るんですね!
これ、極太タイヤを生かした走破性がたまらない、ちょっと変わったMT
B風味のミニベロとして今の時代を先取りした一台です。

フロントに、サンツアー製スイングショックのサスペンションを
いち早く取り入れた方向性は今見ても斬新。

極太タイヤに強力な制動性を持たせる為に、機械式ディスクブレ
ーキまで採用。

フレームは一時期のクロモリ&18速ではあったんですけど、2015
年8月31日モデルからシンプルにアルミ&8速仕様にまとめてき
ています。
100000030969-l1.jpg
毎年カラーリングには謎が隠されているそうだけど。
このフェスティバルイエロー/パープルカラーは、何をイメー
ジしたカラーリングなんだろう??
シェファード シティにも同じカラーリングデザインのモデルが
ありますよね。

2015年モデルの場合は、ズ●キ ハス○ーをイメージしたオ
レンジとホワイトのカラーリングが面白かった。

100000030969_01.jpg
ブレーキレバー SHIMANO BL-T4000
シフター Shimano SL-M310


クロモリ時代のGLACIER SWは、なんと変速操作をサムシフター
で行う仕様でした。
あのアナログ感のある変速操作がまた街乗りでは楽しいのですが。
今回は、トリガーシフトのおかげで変速段数も、確認し易い工夫が
してあります。
リア8速なので、右側だけで変速操作が可能なのでシンプルですね。
100000030969_09.jpg
ステム KALLOY アルミ、角度可変式
100000030969_04.jpg
フォーク SR SUNTOUR SF12-SW-D-20"
100000030969_02.jpg
タイヤ Kenda K-1046、20×1.95"、耐パンク仕様

相変わらず、足回りがミニベロ離れしている一台ですね。
でもこれだけの仕様を有したミニベロながら、コストを抑えてい
るのがありがたい。
100000030969_03.jpg
ブレーキ TEKTRO NOVELA、機械式ディスクブレーキ
100000030969_05.jpg
クランクセット LASCO、170mm、42T
100000030969_08.jpg
フレーム 6061アルミ、リアドロップアウト幅135mm
B.B.パーツ SHIMANO BB-UN26、カートリッジ式

チェーンステーに「no bike,no life」というロゴがふってあるのかな?
ライトウェイ名物の猫デザインは、この辺に隠れているんだろうか……

100000030969_06.jpg
リアディレーラー SHIMANO FD-TX800、TOURNEY TX
カセット SHIMANO CS-HG31、11-30T
グリップ マシュマログリップ
サドル マシュマロサドル

ありとあらゆるパーツにおいて衝撃吸収&快適性にこだわっ
ている一台。
(マシュマログリップにマシュマロサドルを採用)
タイヤやフロントサスだけではなく、こんな所にまで気を
配っているあたりが、ジャパニーズブランドならではかと。
【RITEWAY GLACIER SW】2017年モデル ライトウェイ グレイシア SW ミニベロ

2015年08月31日 トラックバック(0) コメント(0)

2016 RITEWAY SHEPHERDCITY(ライトウェイ シェファードシティ)  ネコフラージュカラーが面白い!

IMG_0012csd (1)
これが新型RITEWAY SHEPHERDCITYのネコフラージュカラーモデル。
牛ですよね。どう見てもホルスタイン。
でも、よくよく見ると↓
IMG_0216fwe (2)
じっーっとトップチューブをよく見ると、ホルスタインの黒い柄の中
に猫が隠れていますね!
牛デザインのクロスバイクかと思ったら、実は猫がメインの
デザイン!?
さすがグッドデザイン賞を受賞したモデルだけの事はある。

デザイン面に関しては、2016年モデルも面白い展開!

クリア塗装を2回繰りかえす「DCCフィニッシュ」のおかげで
色褪せしにくく、傷に強いフレームに仕上がっています。

2016年RITEWAY SHEPHERDCITYモデルもカラーバリエーションが豊富で
「スターダストブルーメタリック」
「レッドホットメタリック」
「クラブマンブラウンメタリック」
「ジラフイエローメタリック」
「フェスティバルイエロー&パープル」
「メティオグレーメタリック」
「プラネタリウムブルーメタリック」
「キウイブルーメタリック」
「スノードームホワイトメタリック」
「マリンルージュパープルメタリック」
「オレンジジュースメタリック」
「ネコフラージュ」
なんと怒涛の12色展開!!
こんなにカラー選択に幅があるのか!? これなら、必ず
好みの色が見つかりそうですね。
IMG_0013gr (1)

フレームは6061
フォークは軽量スチール
コンポは長い間使用して欲しいので、2016年モデルもオールシマノパ
ーツで固めてくるそうです。
コンポシマノ クランク&リアディレーラー TOURNEY TX 3×8=24速
シフター シマノ EF-51
ブレーキ シマノ ALIVIO BR-T4000 Vブレーキ。
タイヤ 700×32C

やはりクロスバイクらしい、快適な乗り心地を維持する為に
700×32Cサイズのタイヤを選択してきました。
コンポも、5万円程度で購入可能な3×8段路線を堅持しています。
IMG_0014fghjo.jpg
いつまでもずっと大切に乗り続けてほしいから。
ライトウェイは、性能が長持ちするフルシマノスペックを
毎年必ず採用してくれますね。
コンポも、5万円程度で購入可能な3×8段路線を堅持。

サドルに、低反発素材「マシュマロサドル」などを採用。
日本人&初心者本位のクロスバイクとして仕上がっています。

とはいえ、2016年モデルはこの「ネコフラージュ」カラーなど
かなりデザイン面で遊んでいる印象。
あと「フェスティバルイエロー&パープル」カラーもフレーム
とフロントフォーク&チェーンステーのカラーが異なるので
実にカラーセンスが面白そうです。
《在庫あり》Riteway (ライトウェイ)2015年モデル SHEPHERD CITY(シェファードシティ) 【クロスバイク(タイヤ細めハイスピード向き)】【クロスバイク】

2015年06月26日 トラックバック(0) コメント(0)