KhodaaBloom(コーダーブルーム) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > KhodaaBloom(コーダーブルーム)

2018年Khodaa Bloom RAIL 700SL LTD SHIMANO TIAGRA 野獣過ぎる……2018年モデルから、一気にカーボンホイール搭載だとぉぉぉぉ!?????



ci-605234_1.jpg
2018年Khodaa Bloom RAIL 700SL LTD SHIMANO TIAGRA


ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル こ、これは……野獣過ぎる……。
いきなりクロスバイクモデルRAIL 700SL LTDに、カーボンホイール搭載だとぉぉぉぉ!?????

ち、ちょっと待てよ……
クロスバイク最軽量8.4kgのRAIL 700SL-LTDのパーツを、更に強化してきた訳か。

只でさえ、ハンドルバーやシートピラー、そしてフォーク部にカーボンを採用した超軽量モンスタークロスバイクだったのに。
今度は、ホイールまでカーボン化かよ……
もしかして、2018年モデルクロスバイクにおいて、最軽量だけではなく、最速仕様かもしれませんぜ?

20170307074209e85cds.jpg
2017 KhodaaBloom RAIL 700SL-LTD
( ;゚ω゚)……えー、アルミリム仕様の2017年モデルですら、あれだけ極軽&超超軽快な快速性を誇っていたのに。
フルカーボン系クロスバイクそのものは「ルイガノLGS-RSR LE」がやってのけてはいたのですが。
ただ、それでもアルミディープリム仕様だったし……
クロスバイクにおいて、完成車状態でいきなりカーボンホイール採用は多分2018 RAIL 700SL LTD が史上初になると推測されます。
ci-605234_11.jpg
サドル Prologo nago EVO nack
( ;゚ω゚)……更にサドルまでグレードUP!!!??
サドルに高グレードのPrologo「nago EVO nack」を2018年モデルよりインストール!!!

ci-605234_2.jpg
ci-605234_12.jpg
2018年モデルはラメ入りブラックカラーで行くか……
RAIL 700SL LTDって、カーボンパーツと軽量アルミフレームの相乗効果で、兎に角走りが美しいんですよね。
カーボンホイール化することで、更に走行性能がどう変化するのか……
ci-605234_5.jpg
ハンドルバー カーボン φ31.8 560mm
シフター SHIMANO SL-4700
ブレーキレバー SHIMANO BL-T610

カーボンハンドルバーにフラットバー用ティアグラシフター、ディオーレグレードのブレーキレバー。
( ;゚ω゚)……超軽快に推進力を解放する高速系クロスバイクだから、変速性能もブレーキ性能もそれに見合ったグレードの物を継続して採用していますね……
ci-605234_4.jpg
フォーク フルカーボンフォーク 1-1/8
ブレーキセット SHIMANO BR-T610

リムのブレーキ接触面はアルミか。カーボン&アルミのハイブリッドホイールなのね。
フロントにDEORE仕様のロングアーチブレーキV-BRAKEを採用。
ci-605234_3.jpg
フォーク フルカーボンフォーク 1-1/8
F.ハブ NOVATEC 28H 100mm

ci-605234_7.jpg
フレーム AL6011 EAST-L
ci-605234_6.jpg
F.ディレーラー SHIMANO FD-4700
ギアクランク SHIMANO FC-R460 48/34T 400/440:170mm,480:175mm

ci-605234_10.jpg
シートピラー カーボン φ27.2 350mm
ci-605234_9.jpg
リム VUELTA C35 カーボン/アルミリム
スポーク 14G ステンレス エアロスポーク
タイヤ Continental GrandPrix 4000S 700×25C

ci-605234_8.jpg
ギア SHIMANO 11-32T CS-HG500-10
R.ディレーラー SHIMANO RD-4700-GS

RAIL 700SL-LTDは見ての通りティアグラ系ロードバイクのパーツを積極採用し、長距離での使用を最初から想定しているクロスバイクモデルではありますが。
8.4kgに、カーボンホイール仕様か……
( ;゚ω゚)……圧巻ですね……。
まさかカーボンホイールまで投入してくるとは、思わなかった……。
ここまでカーボンパーツを採用してくると、後はカーボンバック化か、フルカーボンフレームを採用するしかやることが残っていないのでは?
Khodaa Bloom(コーダブルーム) 2018年モデル RAIL 700SL LTD SHIMANO TIAGRA (レイル 700SL-LTD)[フラットバーロード][ロードバイク・ロードレーサー]

2017年09月21日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 Khodaa Bloom FARNA PRO AERO 8000 SHMANO ULTEGRA  ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル とうとう2018年モデルは重量7kg台前半に突入か……



ci-623832_1.jpg
2018 Khodaa Bloom FARNA PRO AERO 8000 SHMANO ULTEGRA
( ;゚ω゚)……あー、二代目ファーナプロが2018年モデルも出るのか……
しかも、新型8000系SHMANO ULTEGRA 仕様??
あの凶暴なスプリント性能が、2018年モデルも味わえるとは……
20151213165833aabde.jpg
初代Khodaa Bloom Farna PRO (DURA ACE仕様) Honda栃木レプリカカラー
( ;゚ω゚)……これは2016年モデルの初代ファーナプロ。
初登場は2014年モデルあたりから?
確かこの時は路面追従性が際立っていて、その上でスプリント性能や加速性能を強化していた印象だった。
この初代モデルも二代目と同様にフレームへ東レT700+T800フレームを採用。
この初代あたりから、やたらレーシング性能を高めたコーダーブルームが出てきたんですよね。
ci-623832_2.jpg
でもって、これが今回の二代目「ファーナプロエアロ」

二代目の特徴は剛性主体で突進していくレーシングモデルって所かな。
路面追従性は薄まったけど、その代りスプリント性能や加速性能を強化してきた。
コーダーブルームは衝撃吸収性能を強化したモデルが多かったけど、二代目ファーナプロは加速や推進力をバックアップする為の、衝撃吸収性能を用意していますね。
つまり、加速や速度が逃げにくい。
高速性が前面に出てきて、あくまで衝撃吸収性能は補助的な感じ。
一応二代目には「エアロ」というロゴが付いているので、エアロ性能とかも強化しているんだろうけど。
馬鹿みたいに速度が伸びていくので、非常に頼もしいモデルです。
ci-623832_6.jpg
シフター SHIMANO ST-R8000
ci-623832_7.jpg
ハンドルバー SHIMANO PRO PLTコンパクト φ31.8 470/500: 400mm, 540: 420mm
ci-623832_17.jpg
ハンドルステム SHIMANO PRO PLT 470: 90mm, 500: 100mm, 540: 110mm
ハンドル落差を大きくとれるヘッドパーツの採用
ci-623832_11.jpg
ヘッドセット インテグラルヘッド 1-1/8 ~ 1-1/2
ci-623832_8.jpg
フレーム T800&T700 Carbon Frame
ci-623832_5.jpg
ブレーキセット SHIMANO BR-R8000
フォーク Carbon Fork 1-1/8~1-1/2
高剛性と空気抵抗削減を両立するフォーク
ci-623832_12.jpg
推進力&パワーは、フラグシップクラス~ミドルグレードモデルの中間位。
フレームのボリュームと形状で剛性を稼いでいる傾向があります。
とりあえず、パワー面においては現行の標準的なエアロロードを圧倒出来るのでは?
ci-623832_15.jpg
BBセット SHIMANO SM-BB72-41B BB86 プレスフィット
公式でもアナウンスされている通り、コーナーでの立ち上がりや最終局面において力を発揮するモデルですね。
ドン! と低速から一気に加速してくれるパワーを有しています。
ブランド名やハッタリで勝負するモデルではなく、リアルに内容で勝負できるスプリントモデル。

(´・ω・`)ある意味今までの、コーダーブルームらしからぬパワーモデルとも言えます。
ただ、剛性主体の高剛性スプリントモデルとも違い、それなりに快適性も確保はしてありますが。
今後コーダーブルームの走りの性能や方向性が、少しづつ軌道修正していく予感がします。
ci-623832_9.jpg
F.ディレーラー SHIMANO FD-R8000-F直付
ギアクランク SHIMANO FC-8000 52/36T 470: 170mm, 500/540: 172.5mm

ci-623832_14.jpg
F.ハブ SHIMANO WH-RS500
R.ハブ SHIMANO WH-RS500
リム SHIMANO WH-RS500
スポーク SHIMANO WH-RS500
タイヤ Continental GrandPrix4000S 700×25C
チューブ Continental RACE 28 LIGHT 700×20-25C

ci-623832_13.jpg
R.ディレーラー SHIMANO RD-R8000-SS
ギア SHIMANO CS-R8000 12-25T

ci-623832_16.jpg
サドル Fizi:k ARIONE Black
シートピラー SHIMANO PRO PLT φ27.2 400mm 20mmオフセット

ci-623832_3.jpg
サイズ
470mm(適応身長:155-170cm)
500mm(適応身長:165-175cm)
540mm(適応身長:170-185cm)
重さ
完成車:7.3kg(470mm)
フレーム:1,000g/フォーク:395g(500mm)
変速 22 Speed

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル とうとう2018年モデルは7kg台前半に突入か……
2017年モデル105仕様は8kg台前半だったけど。
ci-623832_4.jpg
Khodaa Bloom(コーダブルーム) 2018年モデル FARNA PRO AERO 8000 SHMANO ULTEGRA (ファーナプロエアロ8000)[カーボンフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

2017年09月20日 トラックバック(0) コメント(0)

KhodaaBloom RAIL 700SE スプラッシュデザイン  KhodaaBloom10 周年モデル記念モデルが登場!!



スプラッシュ
KhodaaBloom RAIL 700SE スプラッシュデザイン

ヽ('∀`)ノ KhodaaBloom10 周年、おめでとうございます!!
今回、KhodaaBloom10 周年モデル記念モデルが登場!!

なんとKhodaaBloomは、今年誕生から10 周年を迎えるそうだ……いつの間に……

これを記念し、『10 周年記念モデル』として人気のクロスバイクRAIL(レイル)700 ベースの特別デザインを施したスペシャルエディションモデルを限定発売。
今回は第一弾として、RAIL700SE スプラッシュデザインが販売される。


スペシャルエディションモデルは、第1弾から第3弾にわたって、それぞれ異なるデザインのモデルを販売するそうだ。各モデルの販売スケジュールは以下の通り。
【10 周年モデル記念モデル発売スケジュール】
第1 弾 発売開始時期 7 月26 日(水)  台数限定100 台
第2 弾 発売開始時期 9 月上旬予定  台数限定100 台
第3 弾 発売開始時期11 月上旬予定  台数限定100 台

(´・ω・`)今回のRAIL700SE スプラッシュデザインが第一弾の様ですね。
KhodaaBloomの誕生10周年を記念してRAIL700をベースに制作。

KhodaaBloom RAIL 700SE スプラッシュデザインは、デザインだけではなく通常のRAIL 700のパーツも強化したスペシャル仕様。
①タイヤサイズ
  RAIL 700:700×28C→RAIL 700スペシャルエディション:700×32C
②ブレーキレバー
  RAIL 700:TEKTRO ML520→RAIL 700スペシャルエディション:SHIMANO BL-T4000
③ギアクランク
  RAIL 700:PRO WHEEL48/36/26T→  RAIL 700スペシャルエディション:FSA DYNA DRIVE 48/36/26T

ブレーキレバーがシマノ製、クランクがFSAにパワーUPしていますね。
タイヤ幅も28C→32Cへと太目に。


(ざっくり、コーダーブルームの歴史を追ってみる)
f24cs_blu_convert_20090211125511hrt.jpg
PAP_0428_convert_20081110093055vfddfwewe.jpg
2009 Khodaa Bloom F2.4 CS (コーダブルーム F2.4 CS)

コーダーブルームといえば、スタート時はシティバイクやレディス系モデルが主力。
( ;゚ω゚)ホダカの女性社員達がプロデュースした、女子力の高いバイクブランドだった。
女子力の強い華やかなデザインのバイクが実に多かったし、妙な遊びもあった。
(まだ、この頃はフルサイズのロードは出ていなかった。クロスバイクやミニベロがメイン)

DSCN3093erfwe.jpg
2013 khodaa bloom Farna 700-105
2012~2013年モデルにかけて、次第にスポーツ色が強くなってきました。
GIANTのスポーツバイクの技術が、次々に投入されたモデルが多くなってきています。
このFarna700-105は、わずか10万円台で 105スペック&8kg台という驚異のコスパを実現したアルミモデル。

大体この時期か? GIANTグループの傘下ホダカ自転車を有する、KhodaaBloomブランドが一気に女子系→スポーツバイク系に路線変更してきた時代は?
このあたりが、コーダーブルームの分岐点だったんでしょう。

この後コーダーブルーム発のロードモデルが激増。
(下手するとGIANTグループすら圧倒する高コスパモデルを一気に市場へ投入してきた時期ですね。

( ;゚ω゚)……この当時のFarna700-105は、KhodaaBloomの皮を被った「影のGIANT日本戦略モデル」という噂も。
20161127094054d7bhrr.jpg
2017 Khodaa Bloom FARNA ULTIMATE

( ;゚ω゚)2017年現在……いつの間にか、主力国内系スポーツバイクブランドへ成長。

個人的にFARNA ULTIMATEなんて、国内系ブランドにおいて最速ロードモデルだと思っているのですが。
ここ数年間におけるコーダーブルームブランドの急成長ぶりは目を見張るものがありました。
今や国内系スポーツバイクブランドにおいて、無くてはならない存在に。

(´・ω・`)とはいえ今回のKhodaaBloom RAIL 700SE スプラッシュデザインって、KhodaaBloom設立時における「遊び」「ユニークさ」に戻った感があります。
第二弾、第三段の10周年記念モデルが個人的にちょっと楽しみ。
KHODAA BLOOM コーダ ブルーム 2018 RAIL 700 SE レ...

2017年08月02日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 KhodaaBloom RAIL700 4代目「RAIL700」もクラス最軽量9.4kgを達成!! 

100000046160-l1.jpg
2018 KhodaaBloom RAIL700
ほほう……2018年モデルも販売価格6万円台で9.4kg!!

日常使いにおける「軽量性」を限界まで追求した、ジャパニーズブランドのクロスバイクですが。

国内販売中の10万円以下/前3段変速機付きクロスバイクにおいて最軽量を誇るクロスバイクだけあって流石に軽いですね……
2015年モデル以来、この軽量性を維持している点が恐ろしい。
EAST Lフレームも採用しているし、キビキビとした加速性能を日常で楽しむならやっぱりこれ。
hrdsrgsrhs3543.jpg
SHIMANOALTUS RD-M2000-SGS リアディレーラー 9速仕様。
ギア SHIMANO CS-HG50-9 11-30T

r70001-5.jpg

F.ディレーラー SHIMANO FD-M370
ギアクランク PROWHEEL 48/36/26T 400/440:170mm,480:175mm

フロントトリプルにリア9速(3×9=27SPEED)
ズボンの裾汚れを予防するギアカバーを用いて、あえてブラックカラーでドライブトレインカラーを統一。


201703070742406edcdscsbfx.jpg
2017 KhodaaBloom RAIL 700SL-LTD
2018 KhodaaBloom RAIL700のフレームには、あの8.4kgの超軽量クロスバイク「KhodaaBloom RAIL 700SL-LTD」と同様のフレーム「EAST L」が採用されています!!
(´・ω・`)2018 KhodaaBloom RAIL700って、上位アルミモデルの軽量アルミフレームがいきなり6万円台で手に入るので、結構美味しいクロスバイクモデル。
その美味しさが受けて、もう4代目ですよ。
このままロングセラー化しそうな勢い。
r70001-4.jpg
EAST L (Ex-Aluminum Shaping Technology Light)

さて、上記で述べた通り軽量アルミフレームはRAIL 700SL-LTDとRAIL700は同様なんですよね。
しかもRAIL700はフルアルミながら、カーボンパーツを使用せずによく9.4kgまで持っていったもので。

( ;゚ω゚)ま、RAIL 700SL-LTDはティアグラスペックに、ハンドルバー、フロントフォーク、シートステーにカーボンパーツを投入した変態軽量クロスバイクだけどさ。

RAIL 700SL-LTDはロードバイクのパーツを採用し、長距離を最初から想定している。ロングライドにも使えるし、軽快な疾走感を楽しめるのが魅力。

RAIL700は日常用で、軽やかな走行感を楽しむ為に軽量性を目指したそうな。
いずれにしても「EAST L」だから、軽快な走行感を両機共に楽しめる。
r70001-3.jpg
RAIL700もRAIL 700SL-LTDと同様に、硬質のスポンジグリップを採用。
衝撃吸収性を和らげると同時に、軽量化をスポンジグリップで狙っている。
何気に握った感じが実にドライで、ちょっとしたクール感もある。
某スポーティー系ミニベロの軽量モデルにも、良く登場するグリップですね。
r70001-1.jpg
ブレーキセット SHIMANO BR-T4000 
MTB用ALIVIOスペックのシマノ製Vブレーキ。

(´・ω・`)ちなみにRAIL 700SL-LTDには高速性に対応する為、DEORE仕様のロングアーチブレーキV-BRAKEを採用してある。
以前から思っていたけど、RAIL シリーズは結構速度が出てしまうからブレーキ面において妥協が無い。
コーダーブルーム、スポーツ系ロードファーナシリーズにもその傾向がある。
2613bb8ee42b5231ee542fb8b746c9bd.jpg
ホイール NOVATEC製ハブを採用
r70001-2.jpg
タイヤ MAXXIS Detonator FOLDABLE 700×28C 
MAXXIS Detonatorか。
乗ってみた時28Cサイズの太さよりも、軽量感が前面に出ていた記憶がある。
もっとも、いくらか砂利を含んだ場所での走行だったけど。
乗り心地というよりは、軽快性重視のタイヤという印象。
ディスクブレーキ仕様のRAIL 700Dのタイヤサイズは走破性重視の700×32Cだから、やはりRAIL700は快速性重視のタイヤサイズなんですね。
コーダーブルーム [khodaa_bloom] 【お店で受取り選択可】 2018 RAIL700 (レイル) クロスバイク

2017年07月16日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 khodaa bloom RAIL700D 日常での利便性を高めた、ディスクブレーキ系クロスバイク

100000046167-l0.jpg
2018 khodaa bloom RAIL700D
コーダーブルーム2018年モデルの予約が始まった様です。
軽量アルミAL6061 EAST-Lフレームに、MTB系メカニカルディスクブレーキ「シマノBR-M375」を搭載したモデル。
品質やアフターパーツも充実しているシマノ製ディスク製品を採用するあたりが、コーダーブルームですね。
幅広32Cサイズタイヤを搭載し、走破性、快適性、安定感を高めたRAILシリーズ系クロスバイクモデルとも言えるでしょう。

100000046167_01.jpg
100000046167_02.jpg
SHIMANO「BR-M375」ディスクブレーキを標準装備
更に走破性、視認性重視のKENDA K-1029 700×32C リフレクトタイヤを採用。走破性も期待できる。

コーダーブルームとしては天候に左右されない制動性を狙って、このメカニカルディスクSHIMANO「BR-M375」を採用したそうだ。
2016年モデルBIANCHI系クロスバイク「ROMA2 SHIMANO SORA」などにも採用されていた、MTB系ディスクブレーキでもあります。
(ちなみに現在の2018 ROMA2 SHIMANO SORAは油圧ディスク化している)

ローマ2同様、コーダーブルームRAILシリーズも結構速度が出ますから。
確かにディスクブレーキクラスの制動性が欲しくなりますよね。

また、周囲の光を反射して視認性を高めるリフレクトタイヤを標準装備。
日常使いもそうですが、夜間での走行を想定して視認性を重視している。
20170307074209e85cds.jpg
DSCN8832vwsdfoj.jpg
2017 KhodaaBloom RAIL 700SL-LTD
しかも、クロスバイク最軽量8.4kgのKhodaaBloom RAIL 700SL-LTD「AL6011 EAST-L」フレームと同様のフレームを、2018 khodaa bloom RAIL700Dにも採用している。
ディスクモデルのkhodaa bloom RAIL700Dにも、「AL6011 EAST-L」フレームが繰り出す軽快なダッシュ力を期待してしまう。
20170307074243d17cd.jpg
2017 KhodaaBloom RAIL 700SL-LTD ブレーキ
余談だけどコーダーブルームは以前からブレーキパーツが真面目で、このフラグシップクロスバイクRAIL 700SL-LTDには「DEORE」グレードのVブレーキを用意。
100000046167-l1.jpg
100000046167_04.jpg
カラーリングはダークブルー、マットブラック。
しかも、両カラー共にチェーンステー裏にカモフラージュ柄を施してある。

やっぱりコーダーブルームはブラック系が人気ですが。なんとなくアーミーテイストですね。
100000046167_03.jpg
スタンド・ライト・ベルを始めから装備しているので、初期投資をいくらか抑えて日常的に使用可能。

スペック

サイズ 400mm(適応身長:155~170cm)440mm(適応身長:165~180cm)480mm(適応身長:170~190cm)
参考重量 10.9kg(480mm)
変速 27 Speed
フレーム AL6061 EAST-L
フォーク アルミフォーク
BBセット VP-BC73 68-120mm
ギアクランク SHIMANO FC-M371-L 48/36/26T 400/440:170mm 480:175mm カバー付
チェーン KMC X9
F.ディレーラー SHIMANO FD-M3000 Acera
R.ディレーラー SHIMANO RD-M2000-SGS ALTUS
シフター SHIMANO ST-M4000 ALIVIO
ブレーキセット SHIMANO BR-M375
ブレーキレバー SHIMANO ST-M4000 ALIVIO
ギア SHIMANO CS-HG300-9 11-32T
ヘッドセット セミインテグレーテッド 1-1/8
ハンドルバー アルミ φ25.4 540mm
ハンドルステム 400:80mm 440:90mm 480:100mm
サドル オリジナルサドル
シートピラー φ27.2 350mm
シートクランプ φ31.8
ペダル フラットペダル
F.ハブ Formula 32H 100mm
R.ハブ Formula 32H 135mm
リム 700C F:32H R:32H
スポーク 14G ステンレス
タイヤ KENDA K-1029 700×32C リフレクトタイヤ
チューブ CST 700×32C FV バルブ長:48mm
付属品 ベル、リフレクター、キックスタンド、バッテリーライト

(´・ω・`)2018 khodaa bloom RAIL700DってMTBスポーツ系パーツを多用しつつも、普段乗りなどの日常性を高めている所が長所かもしれません。
コーダーブルーム [khodaa_bloom] 【お店で受取り選択可】 2018 RAIL700D (レイル) クロスバイク

2017年07月14日 トラックバック(0) コメント(0)