SURLY スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > SURLY

2014 SURLY ECR ツーリング向け&トレイル向けファッティバイクを試乗体験してみる。

DSCN8899.jpg
SURLY ECR ツーリング向けファッティバイクということで試乗しましたよ。
なんと29erに3インチという、タイヤサイズ!

山も走れるしツーリング用にキャリアも搭載可能、しかもトレーラーも
牽引可能!

もう車みたいですね。
実に走行感がたまらない一台でして……買おうかな……。

(試乗体験談)
うーん、あれ? 軽い? なんでここまで走行感が軽いんだろう?
26×4インチサイズのFAT BIKE ムーンランダーとは全く別の走行感。
これは、29erのせいかな? 軽くてどんどん前に進む進む。

とはいえ、強烈すぎる安定感がまるでトラック。そうそう爆走大型トラック
でも運転している感覚だった。
これはやばい! 本当に楽しい!
重心が低いせいか、どこまでも体をゆだねられる。


一応ツーリングモデルらしいけど、この万能感がいい!
特にキャリアやトレーラーを付けないでも、街乗りに使えそうだ。
というより、これはムーンランダーより移動範囲が圧倒的に広がりそう。
(ま、最悪の荒れ道はムーンランダーの方が有利だろうけど)

軽い大型トラックが、どこまでも速度を出せるという感じ。やはり
クロスバイクに近い感じもする。
しかも速度を出せる上にこの安定感だから、かなりの量の荷物を積載
出来そう。
DSCN8910.jpg
(サーリーECRのおかげで、ちょっと29erに対する見方が変わった)

今まで29er系MTBって、走破性があり巡航が得意だけど低速が重いという
イメージがあった。
しかし、29erツーリングモデルだと大変扱い易く、どの速度域でも
楽しめるのですね。
特にこのコックピットみたいな、ハンドルは大変コントロールしやすい
し、安定感があり、なおかつ安全な感じがする。
DSCN8912.jpg
縦のパターンが入ったグリップ。握った時のホールド感が絶妙。
しかも変速はサムシフターなので、扱いやすい。
DSCN8900.jpg
フロントフォークSurly ECR, TIG-welded custom-butted 4130 CroMoly,
80mm suspension corrected, 1-1/8˝ steerer tube,
203mm disc brake clearance
DSCN8906.jpg
タイヤ Surly Knard 29x3, 27tpi
確かに山道すら走破してしまうパワー感のあるタイヤだった。
速度を出している最中は、思ったより転がる。
DSCN8914.jpg
ディスクブレーキ Avid BB7 , HS rotors. 180/160 front & rear
DSCN8901.jpg
フレーム Surly ECR, 100% Surly 4130 CroMoly steel. ED coated.
Double-butted main triangle. TIG-welded
DSCN8907.jpg
Surly ECR,はツーリングバイクとしてだけではなく、トレイルバイクとしても使えるとか。
確かに……。
スタッフ様曰く、やはり使用目的別にFAT BIKEを選択することを勧められた。
しかし、本当に扱いやすいFAT BIKEだったなあ。
これに乗ると、行動範囲が一気に世界が広がりそうだ。なんせ、マッドコンディション
の路面程楽しく走れそうだし。
実にやばい一台。
DSCN8909.jpg
DSCN8904.jpg
クランク Surly O.D., 36/22t
フロント ディレラー Shimano SLX FD-M676D,
Problem Solvers direct mount adaptor
DSCN8905.jpg
DSCN8902.jpg
リア ディレーラーShimano Deore RD-M591, 9-speed
Shimano HG61-9, 9-speed. 12-14-16-18-21-24-28-32-36t

いずれにしても期待していいFAT BIKEだとおもいますよ。
( ;゚ω゚) Surly ECRの走行性能には、生活感とドラマ性があるのではないかと。

Wiggle GTセール最大50%OFF

2013年11月23日 トラックバック(0) コメント(0)

2014 SURLY MOONLANDER FAT BIKEにとうとう試乗した!!

DSCN8916.jpg

FAT BIKEにとうとう試乗した!!
ヽ('∀`)ノ SURLY MOON LANDER 最高!!

おおおおおおおおおおおおおおおお
こ、これが26×4.8インチの迫力か!!??? 




なんだこのブルドーザーみたいな、ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴッゴゴゴッ走行音は。
速度が乗ってくると
ぐーぐーぐーぐーーーーーーーーーーーーーっ、とまるで周囲を破壊しながら
走る勢いが快感。

爆走状態です。
これはたまりませんね。
26インチ! 100mm幅リム! 驚異の26×4.8インチタイヤ仕様
木の根っ子や、岩場、雪、氷上、砂漠などを走破可能というのは本当だわ。
ひょっとすると、さすがの雪には無力かな?と思っていたのですが
この安定感なら、いける!!!

たしかにこれだけグリップが強力で、安定していたら何もこいつを阻む
者はいないだろうなあ。
これだけ走る度にね、タイヤから音が聞こえるなんて初めての体験でして。
速度が変化する度にタイヤの音が変化するなんて、まるで楽器みたいな
バイク。


速度的には、時速20km以下で走るのが一番心地よかったですね。
時速20以上になると、ちょっとペダルが重くなる。
(とはいえ、そのペダルの重みがまた楽しい)
思ったよりも、気軽に乗れたりするものですね。
実にクロモリフレームがいい。
この後アルミ仕様のファッティバイクに乗るのですが、意外にフレーム
素材によって、乗り心地が変化したりもするのだから奥が深いです。
DSCN8931.jpg
DSCN8924.jpg
このハンドル幅が絶妙でして。
これ位大きい幅があるおかげて、幅広ブロックタイヤを良好にコントロール
出来るってもんですよ。
DSCN8925.jpg
DSCN8927.jpg
ブレーキは簡単でメンテナンス製が高いAvid BB7メカニカルディスクブレーキ。
フロントサスもついてないので、毎日乗ってもトラブルに強そうな印象を受けた。
ある意味、この極太タイヤを履いているからこそ出来る芸当かと。
コーナーリングの際の、まるで作業車でカーブしているような独特の感覚
が忘れられない。
DSCN8917.jpg
DSCN8918.jpg
DSCN8923.jpg
DSCN8922.jpg
DSCN8921.jpg
ほんとこれなら、タイヤの上にフレームが乗っかっている様な感覚なの
で、サスペンションなんかいらないや。
低速なら実に軽い走行感も楽しめるので、特にテクニック
とかはいらないかな?
DSCN8919.jpg
コンポはシマノSLXとXTのミックスで、今季よりリア10速化し
たとか。
タイヤは走破性重視のBUD&LOUタイヤ。
DSCN8920.jpg
そういえば、試乗後あちらこちらからSURLY MOON LANDERの
感想を求められた。
やはり気になりますよね。
Wiggle GTセール最大50%OFF

2013年11月21日 トラックバック(0) コメント(0)

SURLY CROSS CHECK SS シクロクロス&シングルスピード試乗体験

DSCN1005.jpg
サーリーのシクロクロスモデルの名車「SURLY CROSS CHECK」
そのフラットバー&シングルスピードモデルですね。
CROSS-CHECK SS

てっきり、快速仕様モデルかと思ったら、なかなか低速~時速30kmあたり
が得意な馬鹿みたいに安定性の高いモデル。

かなり見た目も個性が強力ですが、このCROSS-CHECK SSは路面追従性が
極端に高い。
まるで、地面に吸いつく……いや、一体化したかのような走行感が実に
やばいシングルスピード風シクロクロスバイクです。
もちろん、飛ばそうと思えばどこまでも飛ばせるけど……。


つくづく、これは田舎道向きかな……もう率直にそう思いますよ。
しかも、長時間、長距離、荒れた路面をサーリーモデルで走るとしたら
SURLY CROSS CHECKを選んでしまいそうです。

非常に安定して走るので、凄いまったりした気分になるんですよね。
これほど、安定度が高いシクロクロスもまれかなあ? と思わせる程。

MTBモデルのSURLY TROLLの方が、どういう訳か飛ばせるというのも
面白いですが。

DSCN1014.jpg
Headset Cane Creek 10 1-1/8" threadless. Black
DSCN1008.jpg
Stem Kalloy AS-008, 31.8, Black
Handlebars Salsa Pro Moto 2 Bar 31.8mm clamp. Black
DSCN1007.jpg
Fork 100% CroMoly, lugged + brazed crown. 1-1/8" threadless steerer. Uncut
DSCN1009.jpg
Frame Surly 4130 CroMoly steel. Main triangle double-butted. TIG-welded
DSCN1012.jpg
Crankset & BB Andel 42T. , Black & Shimano UN-54 68x107mm. Square taper
DSCN1016.jpg
うーん、シクロクロスだけあってケーブルはトップチューブ上部
に配置。
DSCN1011.jpg

DSCN1010.jpg
Tires Continental Tour Ride 700c x 42mm. wire bead, W/O reflective strip

結局サーリー全体の感想なんですけど、どのモデルも乗りやすかった
ですね。
人を選ぶメーカーと思っていたら、実は非常に懐の広いというか。
結構使用目的に応じて、バイクとか選ぶ必要とかありますけど
サーリーは、購入後使用目的が変化してもどうとでも対応して
くれそう。
いずれにしても、乗っていて凄いというか、楽しいバイクが多い。

購入後、長期間相棒として活躍してくれそうです。
Cinelli - Strato (Potenza - 2017)

2012年12月17日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 SURLY TROLL(サーリー トロール) 完成車 試乗体験

SARLY 48

万能MTB 2013 SURLY TROLL 完成車に試乗しました。
見事なナスビカラーですねえ。

フェンダー、キャリアーを取り付ける事が出来る上に、トレーラー
まで牽引する事を想定しているMTBとは聞いていましたが。

凄い気に入りました。

(試乗した感想)
ぶっちゃけ、このオープンバーのおかげで凶悪なママチャリの様な
走行感。
サス付きMTBや29erMTBとは完全に別の、領域にいるMTBですね。

なんという機動力! 不思議な位走る、走る!
もうここまで走ってくれると……ああ、今まで一体乗ってきたMTBって
何だったのだろうと思わせる程の走り。

ここまで、軽やかに走ってくれるのか!
スピードは乗るし、このスピード感は絶妙。
スピード系クロスバイクに近いかな……特にスピード感が存分に
楽しめてしまった。

サーリー専用トレーラーを取り付ければ、100kgの荷物でも運搬して
くれるというから、とにかくやばいMTB
これは……ユーザー次第で、どうとでもカラーが変わるMTBだと思う。

ま、とりあえず、サーリートロール完成車の乗り味は、非常に機動力
がある、飛ばせるMTBであるのは間違いない。

オープンバーなら、非常にコントロールしやすいので確かに重量物
を積載しても十二分にいけるとは思う。
そういう意味において、感覚的にママチャリかなという気もする。
(しかし、凄いスピードの乗りだった。この走りはちょっと衝撃的)
DSCN1028.jpg
Headset Ritchey Logic Comp 1-1/8" threadless. Black
DSCN1029.jpg
Shifters Shimano Deore 3 x 9 Rapidfire
DSCN1027.jpg
Frame Surly 4130 CroMoly steel. Main triangle double-butted. TIG-welded.
DSCN1021.jpg
Tires Kenda Kiniption, 26 x 2.3
DSCN1023.jpg
Front Derailleur Shimano Deore M590. Top pull. 28.6mm clamp
Crankset & BB Andel RSC6, 24/34/46t. Black & Shimano UN-55 73x122mm. Hollow spindle, square taper
DSCN1025.jpg
Seatpost Kalloy SP-342 27.2 x 350mm. Black
Seatpost Clamp Surly stainless 30.0mm
DSCN1024.jpg
Rear Hub Shimano Deore Disc, model M529, 32h, QR. Black
DSCN1032.jpg
Spokes 14g DT Swiss spokes
DSCN1034.jpg
Saddle WTB SST Comp Steel rails. Black vinyl. Feels pretty o.k.
GT - Grade AL CX (Rival - 2017)

2012年12月16日 トラックバック(0) コメント(0)

SURLY DISC TRUCKER (サーリーディスク トラッカー)試乗体験

DSCN0985.jpg
DSCN0986.jpg

 ヽ(`Д´)ノ サーリーロングホールトラッカーの後継モデル、サーリーディスク
トラッカー に試乗してみました!!
クロモリツーリングバイク……しかもディスクブレーキ搭載でかっこいい……!
メンテ重視でメカニカルディスクブレーキ仕様。


( ;゚ω゚)ホイールはなんと26インチ! 4130クロモリですよ。
しかもキャリアや、マッドガードなど様々なパーツも楽しめるとか……
他にも、シートステーにスポークホルダーがあるなど、なかなか実用的な
ツーリング用に考えられているモデルですね。


(試乗した感想)
ヽ('∀`)ノおお、実にソフトに進む!
一見重量感があるけど、とても軽くて乗り易過ぎる!!
驚いた!
もちろん、速度もしっかり出せるけどそれ以上にこの優雅なソフト感が
実に面白い。

もっとツーリングモデルとして、重みのあるモデルかとおもったら自由自在
に動けて、機動力があるなあ。

26インチホイールが、やっぱり楽しすぎるなあ。
700Cホイール立った場合、どんな走行感になるんだろう?

安定性もしっかりあるけど、この軽快感はどこからきているんだろう?
凄い普段用に欲しい、欲しい!

久々のバーエンド変速も、実に頼もしい限りですよ。
これで、バニアバッグとか搭載して荷物を派手に積載しても、相当いけそうな
気がする。

とはいえ、ここまでソフトで軽やかに走ってくれるとは……
DSCN0993.jpg
個人的にこのバーエンド操作がやみつきになる面白さ。
DSCN0994.jpg
DSCN0995.jpg
DSCN0987.jpg
(´・ω・`)ツーリングバイクにも、ディスクブレーキがどんどん採用されていますね。
大重量を運搬する場合は、確かにカンチよりも安心かも。
カンチとかVブレーキの場合、重量を積載するとすぐブレーキシューもへ
たりますし。
DSCN0988.jpg
DSCN0996.jpg
DSCN0998.jpg
DSCN0989.jpg
DSCN1000.jpg
DSCN0991.jpg

ディスクブレーキ搭載していますけど、リアキャリアも取り付けやすそう。
いいなあ。
毎日使うにはやっぱりこれかな……
DSCN0990.jpg
おお、エンドの形状がキャリア取り付けの際、すごい作業がやりやすそう。
これは凝っていますね。
へー、凄いなあ。
DSCN0992.jpg
GT - Sanction Expert (2017)

2012年12月14日 トラックバック(0) コメント(0)