LOUIS GARNEAU(ルイガノ) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > LOUIS GARNEAU(ルイガノ)

2017 louisgarneau LGS-MV2PRO (´・ω・`)あえて、2009年モデルLGS-MV2PROと比較してみた

100000041615-l2.jpg
2017 louisgarneau LGS-MV2PRO 20型 ミニベロ
(´・ω・`) 伝統のロード&メカニカルディスクブレーキ仕様の「LGS-MV2PRO」2017年モデルが地味に売れているらしい。
(現在あさひ売り上げ3位)

久々にLGS-MV2PROを見てみたけど、現在はクラリスリア8速仕様なんですね。
MAIN COMPONENTS SHIMANO CLARIS(16 SPEED)
元々メカニカルディスクやロードコンポをミニベロに2009年当時に既に持ってきていた、先駆者的なスピードミニベロでして。
2009年モデルを久々に観察してみると↓

PAP_0386_convert_20081110091904xsa (2)
2009 LGS-MV2 PRO
( ;゚ω゚)おお! フレームの形状が全然現在と違う!!
そうそう、当時はパイプをスローピング気味にシンプルに溶接した感があった。

とはいえ、2009年当時においてなんとSHIMANO MECHANICAL DISC BRAKE仕様!
既に2009年当時にディスクブレーキを積極的に取り入れていたんですね。

更に2009年モデルといえど既にリア9速(SHIMANO SORA)仕様!

ある意味、時代がようやく LGS-MV2 PROに追いついたと言えますね。

(ルイガノは実験機的な最新コンポを採用したモデルを、先行して市場に投入してくることがある)
PAP_0386_convert_20081110091904xsa (1)
更に2009年モデルなのに、フロント30mmトラベルのヘッドサスペンションを装備。
カラーリングも遊んでいて、これはラベンダーですよ。
価格もなかなか高級路線で、2009年当時\90,300でした。

(´・ω・`)ちょっとやっている事が、速すぎたのかな。カラーリングなんかもある意味先駆的。
ようやく現在において、ディスク化が流行したし。
まさか、LGS-MV2 PROが今頃人気が出てくるとは。

100000041615-l1.jpg
2017 LGS-MV2PRO
で、改めて2017年モデルを観察してみると……
フレームがとことん流線型に進化しています。
トップチューブの滑らかな曲線なんて、2009年当時においてはあり得ない形状。
しかも、シートステーの長さって2009年モデルに比べて、とことん延長している。
やはりアルミの金属加工技術って、進化しているんですね。
100000041615-l0.jpg
(´・ω・`)ブレーキもこの2017年モデルは、SHIMANO HYDRAULIC DISC仕様ですからね。
ブレーキ面においても進化の跡が見てとれます。
販売価格は74,844円(税込)と、2009年モデルと比べて多少リーズナブルになっているのが人気の秘密かな??

( ;゚ω゚)しかし、あえて2009年モデルと現在の2017年モデルを比較してみたけど。
ここまでフレーム形状に差があるとは思わなかった。
最近のアルミモデルの走行性能って、劇的に変化していますけど。
LGS-MV2PROの走行性能も、全然当時と違うんだろうな。

しかも、2009年当時のほうがリア変速段数が多かったとは気が付かなかった。
ルイガノ [louisgarneau] 【お店で受取り専用】 2017 LGS-MV2PRO 20型 ミニベロ

2017年05月08日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 louisgarneau LGS-BTN  ロングセラー化しつつあるフラットハンドルツーリング系クロスバイク

DSCN4223fds (1)
2017 louisgarneau LGS-BTN
2014年モデルから初登場し、ルイガノ得意のクロモリ系クロスバイクと
なった2017 LGS-BTN 。

2017年モデルにもラインナップに加わり、ちょっとしたロングセラー化しそうな
クロスバイクですね。

クロモリツーリングフレームをクロスバイク用に改修した
ちょっと面白いモデルです。
(6万円台ながら4130クロモリに、リア8速仕様。割とリーズナブルながら
多機能なクロスバイクモデルでもある。やはりツーリング系バイクがベースな
だけはある)
201612081903383cascsc8f.jpg
LOUIS GARNEAU LGS-CT
元々LGS-BTN はツーリングバイクの「LGS-CT」をベースにフラットハンドル化した
フラットハンドルツーリング系クロスバイク。

吉祥寺にあるLOUIS GARNEAU STOREでオリジナル車として限定販売され
ていたモデルをベースに開発されて量産化された。

LGS-BTNは、サムシフターでリア変速を行うタイプですね。
パーツもレザー風にまとめて、街乗り感を強調。

何気にルイガノはクロモリ系クロスバイクモデルのラインナップが
以前から豊富でした。
一時期SHIMANO製SORA仕様のクロモリフラットバーロードLGS-LCF
とか、あさひ限定仕様ルイガノスチールモデルLGS-LHF(グリップシフタ
ー仕様)が出ていましたけど。


LGS-BTN普段は街乗りで使用して、いざとなったらツーリング系クロスバイク
として遠乗りにも十二分に使えそうだ。
DSCN4229gdf.jpg
シフター MICROSHIFT SL-SL-A08R
ツーリング系ロードの仕様ながら、サムシフターを持ってきたことで
街乗り感を演出している。

ブレーキ TEKTRO ALLOY CANTI
ブレーキは、カンチブレーキ仕様。
DSCN4228fds (1)
ハンドルバー  ALLOY FLAT (540mm)
ステム ALLOY QUILL ANGLE 17 DEGREE

DSCN4230fds (1)
ベルなどがステム付近に配置され、見た目は街乗り系クロスバイクなんだけど。
でも、フレームや仕様はツーリング色が隠れているところがLGS-BTN の
魅力だろう。
本格的なツーリングモデル程ではないけど、気軽にツーリングモデルとしての機能を
日常的に仕様可能。
DSCN4230fds (2)
フロントフォーク 4130 CR-MO
ハブ ALLOY QR 36H
スポーク STAINLESS
リム ALLOY 700C
タイヤ KENDA K803 700X35C

さすがにタイヤがごついですね。35Cサイズか。
割と遠距離の通勤通学にも、走破性を発揮できそうだ。
DSCN4228fds (2)
クランクセット ALLOY 42T (170mm)
フリーホイール SHIMANO CS-HG31 11-30T 8SPD


クロモリツーリングフレームをベースに、フロントギアをシングル仕様にして
手軽な街乗り仕様として演出。
クロモリフレームならではの快適な乗り心地を楽しめる上に、強靭なクロモリ系
クロスバイクとして過酷な環境下でもいけそうだ。
DSCN4223fds (2)
サドル LG CITY
【3/18 10:00開始!スマホエントリーでポイント10倍!】【※30%OFF!】【送料無料】ルイガノ 2016 LGS-BTN【クロスバイク】【LOUIS GARNEAU】【2016年モデル】【自転車】【※沖縄・離島は送料無料対象外】【運動/健康/美容】

2017年01月15日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 louisgarneau LGS-RSR1 2017年モデルLGS-RSRシリーズって、全モデル驚愕の4アームクランク仕様!

( ;゚ω゚)2017年モデルのLGS-RSRシリーズって、全モデル4アームクランク仕様なんです……ね……
遂に4アームクランク化の波が、クロスバイク&フラットバーロードにも押し寄せてきたか!


しかもRSR1はフル105、RSR2はフルティアグラ、RSR3はフル新SORA仕様ですぜ?
新SORAが登場してきたおかげで2017年モデルから、フラットバーロードのRSRシリーズ
が全シリーズ4アームクランク仕様になった訳か。
しかもエントリーモデルのRSR4もトリプル4アームくクランク仕様のSR SUNTOURを
採用。
DSCN4196vcsd (2)
2017 louisgarneau LGS-RSR1

なんで、こんなにルイガノはRSRシリーズに気合いを入れているんだろう?
フル105、フルティアグラ、フルSORAが揃い踏みかよ。
下手なロードモデルよりも、パーツが充実しているじゃないか?

例えばこのRSR1はクロスバイクとしては軽量の、8.6kg!
インターナル仕様のアルミフレームにカーボンストレートハンドル、カーボンシートポスト
などで固めた、夢の105&リア11速仕様カーボンハイブリッドクロスバイク。

4アームクランク仕様に加えて、なんと105スペックをトリガーシフトでコントロール
出来るのが魅力!
DSCN4196vcsd (1)
2017 louisgarneau LGS-RSR2

セカンドグレードLGS-RSR2
こちらの場合、ティアグラスペック4アームクランク仕様。

フルティアグラブラック4アームクランクに合わせて、ブラックモノト
ーンカラーのSHIMANO WH-R501Aまで採用!
DSCN4190vds (1)
2017 louisgarneau LGS-RSR3
LGS-RSR3はブレーキまでSORA仕様の、新型SORAスペックを採用した
リーズナブルフラットバーロードです。
8万円台ながら、4アームクランク仕様のクロスバイクが供給される時代に
なったか……
6061アルミフレームにカーボンフォーク仕様と、リーズナブルながら
このモデルもロードに近い。
インターナルフレームだから、RSR1やRSR2と同様のエアロ風アルミフレーム
なんだろうか?
DSCN4195vds (2)
DSCN4190vds (2)
ハンドルバー ALLOY FLAT (560mm)
ステム ALLOY A-HEAD ANGLE 7 DEGREE

シフター SHIMANO SORA
SORAグレードの9速フラットバー専用シフターか。
フロントダブル仕様でも対応可能。
という事は、割と変速操作もスポーティーにこなせそうですね。
しかも新ソラだから、旧ソラよりも更に変速操作の快適度や
精度が向上しているはず。
何気に8万円台にしては、美味しいスペックだ。
DSCN4192gvr.jpg
フォーク UD CARBON
ブレーキ SHIMANO SORA
リム ALEX ID19
タイヤ KENDA K1018 700X25C

DSCN4193vds.jpg
フレーム 6061 ALUMINUM
B/B (B/B WIDTH/AXLE) SHIMANO SORA (68mm)
フロント&リアディレーラー SHIMANO SORA
クランク SHIMANO SORA 50X34T
フリーホイール SHIMANO CS-HG50-9 11-30T 9SPD
サドル SDG FLY
重量:420mm/9.5kg、460mm/9.6kg、500mm/9.7kg


うーんなんと8万円台ながら、ロードな性能&操作性をフラットバーロードで
再現させていますね。
新ソラを採用することにより、軽快な変速操作もいけそうですし。
元々、デザイン性の高いフラットバードロードを楽しめるモデルでしたが。
どちらかというと、2017年モデルは機能性を高めてきている印象を
受けます。
しかし、RSRシリーズが全て4アームクランク化するとは……何気に
凄い事なんですけど……
[お店で受取り専用][ルイガノ]2017 LGS-RSR1 カラー:グロスLGホワイト クロスバイク

2017年01月12日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 louisgarneau LGS-RSR2 11万という販売価格ながら、限界までパーツグレードを高めたフラットバーロード

DSCN4199fwe (2)
2017 louisgarneau LGS-RSR2

ルイガノのフラットバーロードシリーズのセカンドグレード
4アームクランクティアグラスペックを搭載し、11万円台ながら
ハイレベルの操作性を獲得したクロスバイクです。

すげー! ティアグラブラック4アームクランクに合わせて、パーツも
オールブラックカラーだ!
ブラックモノトーンカラーのSHIMANO WH-R501Aまで持ってきて
とことんブラックにこだわっているとは。

やはりフラグシップモデルのRSR1と同じく、坂道や街乗りにも対応出来る様に
4アームクランクのコンパクトドライブ仕様。
エントリーグレードのロードモデルを圧倒する2×10速仕様ですぜ?

420mm/9.1kgの軽量クロスバイクモデルでもあるのですが、
やはりRSRシリーズの弱点だった衝撃吸収性を強化していますね。
トップチューブを平ための形にしたことでフレーム上部がしならせ、コンフォート
性能を稼いでいます。
DSCN4199fwe (1)
ハンドルバー ALLOY FLAT (560mm)
ステム ALLOY A-HEAD ANGLE 7 DEGREE
シフター SHIMANO TIAGRA

高速フラットバーロードに相性の良い、10速対応のティアグラフラットバー
用シフターを採用。
ロードに迫る高い走行性能を持つRALEIGH RADFORD7にも採用されて
いますね。

DSCN4197few (2)
ブレーキ SHIMANO TIAGRA
ブッレーキレバー SHIMANO BL-R550

フロントフォーク UD CARBON
ヘッドセット FSA NO.42B/CUP 1-1/8"/1.5"ALLOY INTERNAL


以前とは違い現在のRSR2はテーパーヘッドチューブに、カーボン
フォーク仕様なのでコーナーリングに強い操作性を有しているのも
羨ましい。

ブレーキもSHIMANO TIAGRAを採用し、高速やロングライド時でも
確実な制動力を有している。
DSCN4197few (1)
ホイール SHIMANO WH-R501A
タイヤ KENDA K1092 700X25C

ホイールにはSHIMANO WH-R501Aを採用。
(スポーク形状エアロ&ブラックモノトーンカラー)
あれ? いつの間にRSR2はシマノ製ホイールを採用していたんだ?
以前はアレックスリムだったけど。
現在のRSR2はフルティアグラ仕様に、シマノ製ホイール仕様と
完全武装。
DSCN4200fwe.jpg

フロント&リアディレーラー SHIMANO TIAGRA
クランク SHIMANO TIAGRA 50X34T
カセット SHIMANO CS-HG500-10 12-28T 10SPD

B/B (B/B WIDTH/AXLE) SHIMANO TIAGRA(68mm)
サドル SDG FLY
シートポスト ALLOY


SDG FLY
ロードやクロスカントリーからダウンヒルまで、FLYはパフォーマンスの高いサドル。
レール仕様のFlyは軽量ナイロン素材のベースで優秀なサポート力のため
に適度にくぼんだ形状をしています。

しかし、販売価格11万ながら予算が許す限り、
限界までパーツグレードを高めているフラットバーロードですね。
ホイール、コンポ、サドルに至るまでまるで死角はない。
[お店で受取り専用][ルイガノ]2017 LGS-RSR2 クロスバイク

2017年01月09日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 louisgarneau LGS-RSR1 フル105スペック&カーボンパーツを採用し、ロードの走りをクロスバイクで再現!

DSCN4186vsd (2)
2017 louisgarneau LGS-RSR1
ルイガノの傑作フラットバーロードLGS-RSR1についてですが、2017年モデルも
フル105スペック&カーボンパーツを採用し、ロードの走りをクロスバイクで再現
しようと試みています!

元々ロード代わりに使えるクロスバイクという事で、一定のクロスバイクマニア
ユーザー層向けに販売が継続している人気モデルですが。


2017年モデルも、カーボンストレートハンドル、カーボンシートポストなど
カーボンをふんだんに採用したカーボンハイブリッド仕様クロスバイク。
重量は8.6kg!!
(もちろんカーボンフォーク仕様)

元々ロードの様に長距離を走破する為に105ロードスペックを組み込んだ
クロスバイクだったのですが、どうしても路面からの衝撃が上半身に来るのが
欠点でした。
それをカーボンパーツでカバーした高級モデルがLGS-RSR1という訳です。
最近の6061アルミフレームとカーボンパーツの恩恵で、もはや硬いクロス
バイクではなくなった印象。

ドライブトレインもホイールも全てシマノブランドで固めていますので
コストカットに走りがちなクロスバイクとしては、非常に贅沢な仕様と
言うべきでしょう。
41p08fZFtu.jpg
SHIMANO SL-RS700

RSR1はリア11速仕様なので、シフターも11速フラットバー専用シフター
SHIMANO SL-RS700ラピットファイヤーを採用しているのか。
このシフターのおかげで、ドロップハンドルにしなくてもフラットバーで
11速を楽しめる。
某105スペック11速仕様のダホン系スピードミニベロでも採用されて
いたりします。
DSCN4185vfds (1)
ブレーキ SHIMANO 105
フロントフォーク UD CARBON
ホイール SHIMANO WH-RS010
タイヤ KENDA K1092 700X25C


シマノ製ホイールに105スペックブレーキなど、ハイスペックな仕様を
継承してきたクロスバイク。
タイヤサイズも、ロードで普及している25Cサイズを採用。
DSCN4187v (1)
フレーム 6061 ALUMINUM
モデルを更新するごとに、フレーム形状がどんどんカーボンフレームに近い
形状に近づいていっていますね。
最初は丸形フレームでしたが。2014年モデルあたりからインターナル仕様
になり、エアロ化しつつある。
DSCN4187v (2)
フロントディレーラー SHIMANO 105
DSCN4185vfds (2)
クランク SHIMANO 105 50X34T
DSCN4186vsd (1)
サドル SDG FLY
シートポスト ALLOY CARBON 27.2mm (350mm)

後輪の突き上げを滑らかにするベント形状のアルミフレームが、長距離でも疲労
を軽減し、キビキビとしたレスポンスを実現。

DSCN4186vsd (2)
105スペックフロントダブル仕様のドライブトレイン。
ココだけ見ると、まるでクロスバイクの使用に見えませんね。
他社のクロスバイクと比較しても、限界までロードスペックにこだわった
クロスバイクと言えましょう。
[お店で受取り専用][ルイガノ]2017 LGS-RSR1 カラー:グロスLGホワイト クロスバイク

2017年01月08日 トラックバック(0) コメント(0)